検索 - みる会図書館

検索対象: 正論 平成20年10月1日発行 通巻439号

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号から 270件ヒットしました。

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


当 イ ュ ー ト ピ ア 学 術 賞 い t 叩 Essay aPP Award 銀 賞 副 賞 50 万 円 銅 賞 副 賞 10 万 円 【 顕 影 】 金 賞 副 賞 100 万 円 法 学 、 政 治 学 、 社 会 学 、 国 際 関 連 諸 学 、 そ の 他 人 文 社 会 科 学 全 般 ) に 関 す る 論 文 。 人 文 社 会 科 学 分 野 ( 宗 教 学 、 仏 教 学 、 哲 学 、 人 間 学 、 心 理 学 、 教 育 学 、 語 学 、 経 営 学 、 経 済 学 、 【 募 集 内 容 】 学 術 研 究 に 携 わ る 研 究 者 、 教 育 者 、 学 生 、 そ の 他 専 門 的 知 識 を 有 す る 人 ( 共 同 執 筆 も 可 ) 。 【 対 象 】 ュ ー ト ピ ア 社 会 建 設 に 寄 与 す る 研 究 論 文 を お 寄 せ く だ さ い 。 「 幸 福 の 科 学 ュ ー ト ピ ア 学 術 賞 」 を 創 設 い た し ま す 。 創 造 的 で 優 れ た 研 究 活 動 を 称 え 、 学 術 の さ ら な る 発 展 と 振 興 を 目 的 と し た 幸 福 の 科 学 お 問 合 せ : 幸 福 の 科 学 ユ ー ト ピ ア 学 術 賞 事 務 室 http://www.irhpress.co.jp/essay/ 募 集 要 項 詳 細 、 申 請 書 フ ォ ー マ ッ ト は 下 記 ホ ー ム ペ ー ジ よ り 【 締 め 切 り 】 2008 年 11 月 30 日 ( 消 印 有 効 ) ■ 主 催 / 幸 福 の 科 学 出 版 協 力 / 宗 教 法 人 幸 福 の 科 学 、 幸 福 の 科 学 学 園 〒 1 41-0022 東 京 都 品 川 区 東 五 反 田 1 -2-38 幸 福 の 科 学 ユ ー ト ヒ 。 ア 学 術 賞 事 務 室 TEL : 03-5793-1516 e-mail:[email protected] ・ jP

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


東 京 都 千 代 田 区 内 に あ る 東 京 電 力 の 中 2 央 給 電 指 令 所 で は 、 五 〇 ヘ ル ツ を 中 心 と 〈 新 連 載 〉 悲 し き 。 原 , 子 9 し て 常 に 十 一 〇 ・ 二 ヘ ル ツ の 範 囲 に 収 ま 0 科 学 記 者 が 解 く 誤 解 ・ 曲 解 ・ 偏 見 る よ う 制 御 し て い る 。 こ の 制 御 が ほ と ん ど 神 業 に 近 い の だ 。 主 な 理 由 は 二 つ あ る 。 そ の ひ と つ は 、 電 産 経 新 聞 論 説 委 員 ・ 長 辻 象 平 力 の 消 費 量 が 一 日 の う ち に 急 速 に 、 し か 現 代 の 日 本 人 に と っ て 、 電 気 は に き わ め て 重 要 な 役 割 を 果 た す 中 枢 機 能 も 大 き く 変 動 す る か ら だ 。 業 水 や 空 気 に 近 い 存 在 か も し れ な 部 門 が 存 在 す る 。 夜 の 間 、 低 下 し て い た 電 力 消 費 が 朝 を ネ い 。 ス イ ッ チ を 入 れ る だ け で 、 テ 「 中 央 給 電 指 令 所 」 だ 。 発 電 し た 電 気 迎 え て 社 会 の 活 動 が 始 ま る に つ れ て 増 え の レ ビ が 点 き 、 ク ー ラ ー が 室 温 を 快 は 、 ガ ス の よ う に は 貯 め ら れ な い 。 電 力 始 め る 。 季 節 に も よ る が 、 夏 場 の 九 時 台 」 適 に 保 ち 、 夜 は 部 屋 や 街 路 を 明 る 会 社 は 工 場 や オ フ ィ ス を は じ め 家 庭 な ど で は 、 わ ず か 十 分 間 の う ち に 一 〇 〇 万 キ 一 尸 く 照 ら す 。 省 エ ネ や 家 計 の 節 約 と で 使 わ れ る 電 気 と 同 量 の 電 気 を 発 生 さ せ ロ ワ ッ ト も 電 力 消 費 が 増 加 す る 。 こ れ は 、 山 梨 県 一 県 分 に 相 当 す る 電 力 だ 。 い う 意 識 は あ 「 て も 使 い た い と き て い る 。 ヒ 日 に 必 要 な だ け 使 え る も の と 思 っ て 「 ほ と ん ど 秒 単 位 で 、 需 要 電 力 と 供 給 電 オ ペ レ 1 タ ー 席 の 前 の 壁 面 に は 、 天 井 い る ま で の 高 さ が あ る コ ン ト ロ 1 ル バ ネ ル が 力 を 一 致 さ せ る 必 要 が あ る の で す 」 そ の 電 気 は 電 力 会 社 が 供 給 し て 東 京 電 力 中 央 給 電 指 令 所 の 黒 澤 淳 夫 グ 並 ぶ 。 そ の ひ と つ が 需 給 監 視 盤 だ 。 △ ロ 糸 い る 。 原 子 力 や 火 力 、 水 力 発 電 所 ル ー ブ マ ネ ー ジ ャ ー は 語 る 。 右 寄 り の 位 置 に は 、 東 京 電 力 が 保 有 す に 加 え て 、 太 陽 光 な ど の 再 生 可 能 全 ュ 1 ザ 1 が 使 う 電 力 に 発 電 量 が 追 い る 原 子 力 ・ 火 力 ・ 水 力 の 発 電 所 と 現 在 の 中 エ ネ ル ギ ー も 電 気 の 発 生 源 だ 。 こ っ か な い と き は 、 ど う な る か 。 出 力 が び っ し り 表 示 さ れ て い る 。 れ ら の 発 電 シ ス テ ム で 生 ま れ た 電 「 周 波 数 が 落 ち て 電 気 の 質 が 低 下 し 、 さ そ の 横 の 画 面 に は 曲 線 グ ラ フ が 表 示 さ 号 気 が 送 電 線 や 変 電 所 を 経 由 し て 、 家 庭 や ら に 進 め ば 、 電 力 の シ ス テ ム 障 害 や 大 規 れ て い る 。 赤 い 線 が 管 内 の 一 都 八 県 に お 年 オ フ ィ ス や 工 場 に 届 け ら れ る 。 け る 午 前 零 時 か ら 現 在 ま で の 電 気 の 需 要 模 な ト ラ ブ ル に 発 展 し か ね ま せ ん 」 こ の こ と は 、 誰 で も 知 っ て い る 。 し か 逆 に 発 電 量 が 使 用 量 を 上 回 っ て も い け 量 の 推 移 を 表 し 、 緑 の 線 が そ れ を ま か な 平 し 、 世 の 中 一 般 に は ほ と ん ど 知 ら れ て お な い 。 関 東 甲 信 越 や 東 北 地 方 で 使 わ れ て う 原 子 力 と 火 力 発 電 量 を 示 し て い る 。 ら ず 、 そ れ で い て 、 時 々 刻 々 の 電 力 需 給 い る 電 気 の 周 波 数 は 五 〇 ヘ ル ツ だ 。 こ の 真 下 の 画 面 が 周 波 数 計 だ 。 中 央 を 証 = 1 ロ

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


で き な い 次 の 世 代 を 産 み 育 て て い る の で 最 近 、 小 学 1 年 生 の 落 ち 着 き が な い こ が し つ か り し て い る か ら だ と 思 い ま す 。 は な い か と 感 じ ま す 。 と に げ つ そ り し て い る 先 生 が 急 増 し て い 流 動 人 口 が 多 く 人 の か か わ り が 消 え た 都 教 育 熱 心 な 家 庭 か ら も 犯 罪 者 が 生 ま す 。 獣 じ み た 子 供 た ち 、 自 己 主 張 だ け 市 部 か ら 、 教 育 の 崩 壊 が 始 ま っ て い る と の 親 た ち へ の 対 応 に 追 わ れ て 、 現 場 で 悲 言 い 切 れ ま す 。 ま れ て い ま す 。 石 井 知 育 偏 重 だ か ら な ん で す よ ね 。 鳴 を 上 げ て い る 。 都 の 教 育 委 員 会 は 、 そ 中 学 、 高 校 の 先 生 た ち は 、 男 性 女 性 を 盗 む な 、 殺 す な 、 助 け 合 え と い う 人 間 教 れ で も 「 想 定 通 り の 退 職 者 数 で す 」 と 言 問 わ す 「 命 の 危 険 を 感 じ な が ら 生 き て い 育 で は な い の で す 。 出 世 競 争 だ け が 価 値 い 繕 う が 、 内 実 は 修 復 し が た い 。 辞 め て る 」 と は っ き り 一 言 う 先 生 も い ま す 。 と な り 、 情 緒 的 き ず な が 育 っ て い か な い く 先 生 た ち へ の 対 策 を 持 っ て い ま せ 教 員 、 子 供 た ち と も 、 精 神 疾 患 か ら の 考 察 も 必 要 で あ る と 感 じ ま す 。 心 理 学 。 秋 葉 原 の 事 件 も 、 母 子 の 間 の 支 配 と ん 。 服 従 が 強 か っ た よ う で す が 、 能 力 に 差 が 対 馬 、 種 子 島 、 屋 久 島 、 大 島 で 学 校 を 者 、 ク レ ッ チ マ 1 の 分 析 を 読 ん で 納 得 し あ る の は 当 た り 前 。 努 力 し た こ と を 評 価 見 学 さ せ て も ら い ま し た 。 島 嶼 ( と う し ま し た 。 そ う う つ 型 、 分 裂 、 粘 着 質 な ど よ ) 部 は 崩 壊 が 起 き て い な い 。 地 域 社 会 い ろ い ろ あ る と 思 い ま す が 、 専 門 医 の 見 し て や る こ と が 大 切 で す 。 地 か ら の 助 言 を 現 場 の 先 生 が 得 ら れ る と 。 部 め 域 訴 O 』 婦 見 良 い と 思 い ま す 。 「 心 の 闇 を さ ぐ る 」 と 昭 法 く や よ 密 の 受 言 い ま す が 、 そ ん な に 人 類 は 賢 く な い 学 書 生 る い と 人 を ' ー ー 氏 啾 際 新 」 で も 心 理 学 の 基 礎 知 識 を も て ば 、 理 解 で 【 、 、 . を 第 ~ ( 、 ( 稲 小 小 開 『 壁 な 」 賞 き る こ と は は る か に 増 え ま す 。 っ 早 て 料 。 『 ま 時 。 へ 」 無 開 』 原 讀 正 経 験 を 元 に た ど り つ い た 知 恵 が 、 道 徳 た れ を 事 日 展 る 井 ル 溝 , 」 、 や , ~ ( 【 家 主 毎 、 ← 3 で あ り 宗 教 な の だ と 思 」 ま す 。 道 徳 と 宗 教 史 を 学 校 で 教 え る こ と で 、 教 育 に 秩 序 の 膨 脚 警 設 運 は で を 取 り 戻 す こ と が で き る と 感 じ て 」 ま 奈 校 校 棘 消 0 = い 一 修 学 学 放 『 黻 砌 す 聞 き 手 / 産 経 新 聞 文 化 部 ・ 牛 田 久 美 5 石 士 の 民 る 革 ど 作 り 7 3 は 修 都 住 え 改 な 合 返 士 冗

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


士 冗 い う の は 契 約 的 で 、 き わ め て 捉 わ れ な 「 そ れ な の に 何 故 ? と い う 疑 間 へ の 答 え を 八 木 氏 は 「 お わ り に 」 で 書 い て い 関 係 で は あ る け れ ど も 、 主 君 を 変 え い る 。 氏 に よ れ ば 、 人 が 何 か を 信 じ る て ゆ こ う と い う 積 極 的 要 素 は 出 て こ 三 浦 展 著 と い う 場 合 に は 二 種 類 あ っ て 、 一 つ は す 、 「 無 責 任 」 で あ る の に 対 し て 、 他 ベ ス ト セ ラ ー ズ ・ 七 0 五 円 「 自 分 の 外 に あ る 事 柄 な り 命 題 な り を 方 、 「 君 、 君 た ら す と も 、 臣 、 臣 た ら 対 象 と し て 信 じ る 」 場 合 、 今 一 つ は ざ る べ か ら す 、 と い う 場 合 に は 、 君 臣 テ レ ビ の バ ラ エ テ ィ ー 番 組 な ど を 見 て 「 対 象 を 外 に あ る も の と し て 信 じ る の 関 係 を 自 分 の 宿 命 と し て 引 き 受 け て い い る と 、 ま る で 「 水 商 売 の 女 か ? ー と 思 で は な く 、 自 分 が 何 も の か に 信 従 す る が 故 に 、 「 ど う し て も 主 君 を 正 し く う よ う な 、 け ば け ば し い 顔 と 服 に 包 ま れ る 」 「 対 象 と の 間 に 人 格 的 相 互 応 答 が し て い か な け れ ば い け な い と い う 非 常 た 女 子 大 生 が 出 て く る 。 ま あ 今 ど き の 大 あ る 」 場 合 で あ る 。 こ の 意 味 を 私 な り に 強 い 能 動 的 な 態 度 に 逆 流 し て い く ー 学 生 の 価 値 な ん て 、 戦 前 の 小 学 生 レ ベ ル と 変 わ ら な い 。 何 し ろ 、 ゼ イ タ ク さ え 言 わ な け れ ば 、 希 望 者 全 員 が 大 学 に 入 れ る 八 木 ・ 西 尾 両 氏 の 決 定 的 違 い は 何 か 「 全 入 時 代 」 な の だ 。 学 力 で は 〃 自 信 の な い ″ 大 学 は 学 生 を 早 期 に 確 保 す る た め に 解 釈 す れ ば 、 西 尾 氏 の 場 合 は 、 日 本 ( 『 忠 誠 と 反 逆 』 ) と 指 摘 し た 。 分 離 可 に 、 <O 入 試 ( い わ ゆ る 一 芸 入 試 ) や 推 の 伝 統 ・ 文 化 と 天 皇 と 自 己 の 三 者 の 切 能 ・ 離 脱 可 能 で あ る が 故 に 手 厳 し く 批 薦 入 試 の 枠 を ど ん ど ん 増 や し 、 お 笑 い タ 断 が 可 能 ( そ も そ も 別 物 ? ) で あ る の 判 で き て し ま う 西 尾 氏 と 、 そ れ を 不 可 レ ン ト や ス ポ ー ツ 選 手 な ど 、 知 名 度 の 高 い 人 を 客 員 教 授 に し て 、 何 と か 、 受 験 生 時 に 対 し て 、 八 木 氏 の 場 合 に は 三 位 一 体 能 で あ る と 感 じ る が 故 に 臣 下 の 責 務 と し て 強 く 諫 言 せ ざ る を 得 な い 八 木 氏 。 と い う 感 覚 の 中 で 言 論 を 展 開 し て い に 「 来 て い た だ く 」 し か な い る 、 と い う こ と に な ろ 一 つ か 。 両 氏 の 似 か よ っ た 議 論 に 秘 め ら れ た 本 そ ん な 〃 下 流 大 学 み の 学 生 の 多 く は 、 八 木 氏 は 自 ら を 「 草 奔 の 臣 」 と 呼 ぶ 質 的 な 相 違 を 感 じ と っ た が 故 に 、 竹 田 就 職 し た と こ ろ で 、 ″ 使 え る 人 材 み に な の が 、 西 尾 氏 は 「 最 近 自 分 を 『 臣 下 』 と 氏 は 八 木 氏 と 論 じ 合 う こ と が で き た の る ハ ズ が な か ろ う 。 企 業 の 人 事 担 当 者 時 は 、 「 高 校 生 を 採 っ た ほ う が よ っ ほ ど マ 書 呼 ぶ 言 論 人 が い て ア ナ ク ロ に び つ く り で は な か ろ う か 、 と い う の が 私 の 推 測 シ 」 と た め 息 。 極 限 ま で 大 衆 化 し た 大 学 し て い ま す 」 と 書 い て い る 。 か っ て 丸 で あ る 。 9 3 山 真 男 は 「 君 、 君 た ら ざ れ ば 去 る 」 と 皇 學 館 大 学 教 授 新 田 均 に 鉄 槌 を 下 し 、 胸 の す く 一 冊 。 下 流 大 学 が 日 本 を 減 ば す /

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


と て も で き な か っ た の は 、 や は り 彼 自 身 の プ ラ イ ド が 邪 魔 を の 一 方 で 中 途 採 用 の 多 く は 正 社 員 か ら の 転 職 に 限 定 さ れ る 。 し た の で あ る 。 新 卒 採 用 だ け が 正 規 の レ 1 ル と し て ま か り 通 る 社 会 に お い し か し プ ラ イ ド と い っ て も 、 そ れ は 「 社 会 が 個 人 に 求 め る て は 、 学 歴 だ け が 努 力 と し て 認 め ら れ る 。 そ の 一 方 で 、 一 度 よ う な 当 た り 前 の 生 活 を す る 」 と い う 、 ご く ご く 人 間 と し て レ ー ル を 降 り た 人 間 を 評 価 す る 評 価 軸 は 存 在 し な い 。 タ イ ム は 当 た り 前 の 自 尊 心 に 過 ぎ な い 。 そ れ す ら う ち 捨 て な け れ マ シ ー ン で 過 去 に さ か の ば っ て 高 校 生 ぐ ら い か ら や り 直 せ る な ら ば ま だ し も 、 一 度 正 規 の レ 1 ル を 降 り た 人 間 が 新 た に 学 ば 、 尊 厳 を 守 る こ と が で き な い ほ ど 、 彼 は 追 い 込 ま れ て い た 歴 を 得 る こ と は 難 し い の で あ る 。 彼 は オ タ ク に 逃 げ る こ と は で き な か っ た 。 い わ ば 、 学 歴 と い う 「 過 去 の 努 力 ー の み が 努 力 と し て 認 め 逃 げ ら れ な か っ た と い う 状 況 に 対 し て 、 「 逃 げ す に 努 力 す る べ き だ っ た の だ 」 と い う 批 判 は 簡 単 に で き る 。 し か し 、 果 ら れ 、 ラ リ ー タ ー や 工 場 労 働 者 と し て の 努 力 、 す な わ ち 「 今 た し て 彼 が 社 会 に 組 み 込 ま れ る た め の 努 力 と は な ん だ っ た の 現 在 、 そ し て こ れ か ら の 努 力 ー は い っ さ い 認 め ら れ な い の で あ る 。 た ろ う カ ? 「 ま だ 若 い の だ か ら チ ャ ン ス が あ る は ず だ 」 と 思 う 人 も い る 私 は 彼 が オ タ ク に 逃 げ ら れ な か っ た と い う 点 に つ い て は 、 痛 々 し く は あ る が 、 決 し て ク リ テ ィ カ ル な 間 題 で は な か っ た の だ ろ う が 、 今 の 社 会 は レ 1 ル か ら 外 れ た 人 間 を 受 け 入 れ る と 考 え て い る 。 彼 に と っ て ク リ テ ィ カ ル だ っ た の は 、 派 遣 労 よ う な 寛 容 な 社 会 で は な い 。 私 が 月 刊 誌 『 論 座 』 ( 朝 日 新 聞 社 ) に 『 「 丸 山 眞 男 」 を ひ っ 働 者 と し て 生 活 す る 限 り 、 彼 が 安 定 し て 生 活 で き る だ け の お ば た き た い 歳 フ リ 1 タ 1 。 希 望 は 、 戦 争 。 』 と い う 論 文 る 金 を 手 に す る こ と は で き な か っ た 点 に あ る と 考 え て い る 。 . な こ う し た 状 況 は 、 加 藤 容 疑 者 に 同 情 を 寄 せ る 若 者 た ち に 共 を 書 い た の も 、 こ の 不 条 理 を 糾 弾 し た い が た め で あ る 。 こ の 論 文 の 中 で 私 が 「 希 望 , し た の は 、 戦 争 と い う 個 人 の 。 し か し 世 間 は 「 努 力 が 足 り な い 」 通 し て い る と 言 っ て い し 力 と 全 く 関 係 な い 強 大 な 力 に よ っ て 、 今 の 自 分 た ち が 暮 ら す 「 や る 気 を 出 せ 」 と 突 き 放 す 。 社 会 そ の も の が 変 化 せ ざ る を 得 な い 状 況 に 陥 る こ と で あ る 。 鬼 で は 、 彼 ら は 努 力 を す れ ば 、 正 社 員 に な れ た の だ ろ う か ? バ ブ ル 崩 壊 後 に 既 得 権 益 者 た ち が 作 り 上 げ た 、 経 営 者 と 正 社 殺 員 が 非 正 規 労 働 者 の 上 が り を 奪 い と る よ う な 社 会 体 制 が 、 他 キ 戦 争 を 希 望 す る し か な い 社 会 の 何 か の 力 に よ っ て 、 崩 壊 さ せ ら れ る こ と を 望 ん だ の で あ る 。 9 2 し か し 、 私 が 「 希 望 は 戦 争 」 と 提 示 し た こ と に 対 し て 「 革 今 の 正 社 員 の 採 用 は 、 そ の 多 く を 新 卒 採 用 に 頼 っ て い る 。 そ

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


あ る 。 学 生 や 青 年 労 働 者 た ち が 、 激 し く 益 供 与 を 受 け た 大 物 議 員 や 権 力 を わ が も の 命 運 に 、 日 本 の 底 流 を 深 く 抉 り な が ら 突 出 し 世 界 の 変 革 を 夢 見 た あ の 時 代 に 、 の と し て い る 黒 い 男 た ち は 、 さ ぞ か し 慌 黒 く な が れ て ゆ く 河 を 見 た の か 。 黒 田 和 美 は 、 一 気 に ラ ッ シ ュ ・ バ ッ グ し て ふ た め い た こ と で あ ろ う 。 日 興 証 券 利 て み せ た の で あ る 。 益 供 与 の 嫌 疑 を か け ら れ た 衆 議 院 議 員 新 こ こ ま だ し も の も 着 け ず に 夜 を 舞 ふ 一 そ れ は 「 抱 か れ て 死 す と ふ 至 福 」 に 満 井 将 敬 が 、 品 川 の ホ テ ル で 首 吊 自 殺 し た 条 さ ゆ り に あ ら ね ど わ れ は ち た 時 代 で あ っ た 。 性 も ま た 抑 圧 の 鎖 を と い う 報 に 接 し た の は 、 そ の 翌 日 の こ と 断 ち 切 ろ う と し て い た の で あ る 。 性 ( 根 で あ っ た 。 爆 弾 発 言 を 封 じ ら れ た の だ 一 条 さ ゆ り 、 一 九 三 七 ( 昭 和 十 一 l) 年 源 的 暴 力 ) の 回 復 を か か げ 若 松 孝 一 一 が 蜂 な 、 と 思 っ た 。 六 月 、 新 潟 県 柏 崎 市 に 生 ま れ る 。 六 歳 で 起 し 、 足 立 正 生 、 大 和 屋 竺 ら が そ の 旗 の 北 朝 鮮 に 祖 国 を も つ 新 井 家 が 、 日 本 に 両 親 と 死 別 。 中 学 卒 業 後 、 さ ま ざ ま な 職 下 に 結 集 し た 。 帰 化 し た の は 、 新 井 将 敬 が 大 阪 府 立 北 野 種 の 後 、 ス ト リ ッ パ 1 に 転 じ 、 迫 真 の 演 高 校 に 進 学 し た 年 。 以 後 、 慶 應 医 学 部 ↓ 技 で 検 挙 歴 は 九 回 に 及 び 、 関 西 ス ト リ ッ 東 大 理 ↓ 東 大 経 済 学 部 ↓ 新 日 鉄 ↓ 大 蔵 プ の 女 王 と い わ れ 、 人 気 を 博 し た 。 一 九 省 ↓ 政 務 秘 書 官 ↓ 衆 議 院 議 員 と 、 ひ た す 七 二 年 ( 三 十 五 歳 ) 、 大 阪 で の 引 退 興 行 ら に 上 昇 を 志 向 し 続 け た 男 に 、 金 融 疑 獄 で 当 局 の 警 告 を 無 視 し て 熱 狂 し た 観 客 に ニ ・ 一 九 新 井 将 敬 縊 れ た る 夜 を 渡 り ゆ の ス ケ 1 プ ゴ ー ト と い う 罠 が 仕 掛 け ら れ 「 特 出 」 を 披 露 、 公 然 猥 褻 罪 で 逮 捕 さ れ く て い た 。 検 察 の 逮 捕 許 諾 請 求 を 、 議 院 運 る 。 最 高 裁 ま で 争 っ た が 、 七 四 年 有 罪 が 営 委 員 会 は 、 本 人 の 弁 明 も 審 査 も す る こ 確 定 、 六 ヶ 月 を 服 役 。 六 〇 年 代 後 半 か ら 不 可 解 な 死 で あ る と 思 っ た 。 テ レ ビ に と な く 許 諾 し た の は そ の た め で あ る 。 一 七 〇 年 代 に 到 る 学 園 闘 争 当 時 に は 新 左 翼 映 し 出 さ れ た 自 信 た つ ぶ り な 表 情 を 、 九 九 八 年 二 月 十 九 日 、 ま だ 五 十 歳 だ っ か ら 「 反 権 力 の 象 徴 」 と ま つ り あ げ ら れ ま で も は っ き り と 思 い 起 こ す こ と が で き た 。 る 。 取 材 の 記 者 た ち を 前 に 「 明 日 に な れ 黒 田 和 美 は 、 日 本 に 忠 誠 を 誓 い な が ら 引 退 後 は 、 大 阪 西 成 区 ( 釜 ヶ 崎 の ) 愛 ば す べ て が 分 か る 」 と 、 笑 み を 浮 か べ な 日 本 に 裏 切 ら れ 、 つ い に は 永 遠 に 口 を 封 隣 地 区 の ア パ ー ト の 一 室 で 暮 ら し 、 居 酒 が ら 彼 は き つ ば り と 言 い 放 っ た の だ 。 利 じ ら れ て し ま っ た タ フ で 誇 り 高 か っ た 男 屋 の 優 し い マ マ さ ん と し て 住 人 に 慕 わ れ

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


過 去 か ら 未 来 に 向 か う 自 民 党 の 「 正 統 聞 」 に 、 「 戦 後 日 本 の 大 宰 相 ・ 吉 田 茂 氏 と の つ き 合 い を 重 視 し 、 自 民 党 の 最 大 支 性 」 ( レ ジ デ マ シ 1 ) と は 何 か 、 と い う 名 誉 会 長 に 貴 重 な 遺 品 が 」 と い う 思 わ せ 持 母 体 と い わ れ る ま で と な っ た 。 間 題 に 突 き 当 た る と き 、 吉 田 茂 元 首 相 を ぶ り な 見 出 し の 付 い た 記 事 が 載 っ た 。 創 麻 生 氏 自 身 は 、 公 明 党 に 関 し て 自 ら を 祖 父 に 幼 少 時 代 を 育 っ た 麻 生 氏 が 、 保 守 価 学 会 の 池 田 名 誉 会 長 へ 吉 田 元 首 相 の 孫 支 援 し て く れ る と 確 信 し て い る よ う で 、 政 治 家 と し て の 「 正 統 性 . を 有 し て い る が 自 ら の 書 と 遺 品 を 届 け た 、 と い う 記 事 周 囲 に は 「 ( 公 明 党 は ) 大 丈 夫 だ 」 と 言 い 続 け て い る と い う 。 し か し 、 そ れ で も 自 体 に 、 麻 生 氏 の 名 前 は 登 場 し て い な い こ と は 論 を ま た な い 。 公 明 党 が 本 当 に 麻 生 氏 を 総 理 に 担 ぎ 上 げ そ の 時 代 の 潮 流 に 公 明 党 が 便 乗 し て き が 、 「 吉 田 茂 元 首 相 を 持 ち 上 げ る こ と に た こ と は 注 目 に 値 す る 。 公 明 党 が 創 価 学 よ っ て 、 そ の 孫 で あ る 麻 生 太 郎 と の 親 密 る ま で 、 全 面 的 に 支 援 す る の か ど う か 会 に よ る 情 報 力 や 政 治 分 析 力 に よ っ て 、 度 を 強 調 し た ラ ブ コ 1 ル だ 」 と い う 見 立 は 、 定 か で は な い 。 公 明 党 は 常 に 「 保 険 」 を 掛 け な が ら 動 い て お り 、 ま た 「 保 次 の 首 相 の 座 に は 、 「 保 守 派 」 の 可 能 性 て も あ っ た 。 永 田 町 で は 、 麻 生 幹 事 長 と 創 価 学 会 の 守 、 と は 基 本 的 に 「 水 と 油 の 関 係 」 だ か 理 が あ る と 見 て い る こ と に な る か ら だ 。 現 実 に 公 明 党 は 麻 生 氏 に 急 接 近 し 、 彼 八 尋 頼 雄 副 会 長 と の 良 好 な 関 係 は よ く 知 ら だ 。 福 田 首 相 で 総 選 挙 に 臨 む 可 能 性 も 「 に 大 き な 影 響 力 を 与 え 始 め て い る 。 麻 生 ら れ て い る し 、 公 明 党 の 北 側 一 雄 幹 事 長 想 定 し つ つ 、 公 明 党 主 導 の 政 局 は 維 持 し 太 幹 事 長 誕 生 と い う 政 局 を 作 り 出 し た の と は 、 組 閣 が 行 わ れ た 一 日 、 早 速 夜 の 会 て い く こ と に 最 大 の 狙 い が あ る 。 生 い す れ に せ よ 、 麻 生 新 幹 事 長 が 公 明 党 麻 は 、 公 明 党 の 麻 生 氏 へ の 個 人 的 な 親 近 感 合 を 行 っ て 杯 を 重 ね て い る 。 麻 生 氏 に し よ り も 、 次 の 総 選 挙 で 勝 利 す る 可 能 性 が て み れ ば 、 中 川 秀 直 氏 ら 「 上 げ 潮 派 」 が を 相 手 に 、 危 険 な 賭 け に 出 た こ と は 間 違 閣 い な い 。 し か し 、 「 保 守 派 の 代 表 格 」 で 造 高 く 、 か つ 自 ら の 影 響 力 を 高 め ら れ る 親 い っ 再 び 政 敵 と し て 現 れ る か も し れ ず 、 密 な 政 権 を 作 る た め に い ま の う ち に 恩 を 組 む 相 手 は 強 大 で あ る ほ ど 好 都 合 だ っ た あ る 麻 生 氏 の 存 在 が 、 公 明 党 の " 道 具 。 田 売 ろ う と い う 「 一 挙 両 得 」 を 狙 っ た 実 利 の だ ろ う 。 公 明 党 と そ の 支 持 母 体 の 創 価 と し て 利 用 さ れ る だ け に 終 わ り 、 こ れ ま た 目 的 に よ る も の だ 。 公 明 党 は 、 福 田 首 相 学 会 は 、 今 回 の 組 閣 に 備 え て 、 あ り と あ で の よ う に 「 保 守 派 」 を 排 除 す る だ け な ら で は な く 、 「 次 は 保 守 派 の 麻 生 氏 の 時 代 ら ゆ る 手 を 事 前 に 打 ち 、 公 明 党 の 自 民 党 ら 、 自 民 党 に と っ て も 、 国 民 に と っ て も 許 へ の 影 響 力 は 、 も は や あ ら ゆ る 面 で 頂 点 い よ い よ 公 明 党 の 存 在 は 「 厄 介 な 敵 , と だ 」 と 踏 ん で い る の だ 。 公 な る 可 能 性 も 高 い の で あ る 。 自 公 政 権 が 大 敗 し た 参 院 選 直 後 の 昨 年 に 達 し た 。 自 民 党 の ほ と ん ど の 議 員 は 、 5 8 八 月 十 六 日 、 創 価 学 会 の 機 関 紙 「 聖 教 新 各 選 挙 区 ) 」 と に 置 か れ る 創 価 学 会 の 幹 部

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


国 語 力 の あ る 子 ど も に 育 て る 置 で あ る 。 の つ べ ら ば う な 時 間 と 空 間 ん の 違 和 感 も な く 一 つ で あ る と 語 っ て 3 つ の ル ー ル と 3 つ の 方 法 い る 。 異 な る も の が 異 な る ま ま で 、 そ に 、 メ リ ハ リ と 表 情 を 与 え て く れ る と 水 島 酔 著 い っ て も い し れ ぞ れ に 所 を 得 て い る 、 と 。 い っ て み れ ば 本 書 は 、 無 媒 介 な 自 足 と こ ろ で 、 こ の 儀 式 の 感 覚 か ら 徐 々 デ ィ ス カ バ ー 携 書 ・ 一 000 円 に 遠 ざ か る の が 戦 後 の 日 本 で あ り 、 著 か ら 離 れ る こ と を 強 い ら れ た 一 個 の 魂 子 供 の 学 力 低 下 へ の 不 安 が 高 ま る と と 者 個 人 の 精 神 も そ の 後 の 自 意 識 の 成 長 が 、 再 び 新 た な 自 足 、 媒 介 ( 自 己 否 も に 中 学 受 験 熱 は ヒ ー ト ア ッ プ し 、 親 は と と も に 、 こ の 無 媒 介 な 自 足 に 安 住 す 定 ) を 経 た 自 足 に た ど り 着 く こ と が で 子 供 を 学 習 塾 に 駆 り 立 て る 。 著 者 は 塾 で る こ と を 許 さ れ な く な る 。 至 福 の 時 間 き た と 思 う ま で の 軌 跡 で あ る 。 の 指 導 経 験 か ら 、 子 供 の 発 達 段 階 を 無 視 の 直 後 に 、 疎 開 先 の 島 根 の 山 奥 で 受 け 工 学 部 か ら 文 学 部 英 文 科 へ の 転 部 、 し た 、 ひ た す ら 難 間 に 挑 ま せ る 塾 の 指 導 が い か に 多 く の 勉 強 嫌 い を 生 み 出 し て い る か 、 と い う 落 と し 穴 に 一 貫 し て 警 鐘 を 再 び た ど り 着 い た 新 た な 「 自 足 」 鳴 ら し て き た 異 色 の 塾 経 営 者 だ 。 国 語 指 導 で も そ れ は 同 様 だ 。 諞 文 の 一 る 猛 烈 な い じ め は 、 独 り 立 ち を 始 め た 多 く の 師 友 と の 出 会 い 、 岩 波 映 画 社 時 部 を 読 ま せ 、 記 述 内 容 に つ い て 読 み 取 れ 魂 と 周 囲 と の 必 す し も 幸 福 で は な い 新 代 、 文 芸 評 論 家 時 代 、 大 学 紛 争 、 ロ ン た か を 間 う 長 文 読 解 間 題 と 作 文 指 導 。 そ ト た な 運 命 の 予 兆 に ほ か な ら な い 。 長 じ ド ン や オ ー ス ト ラ リ ア へ の 留 学 : ・ れ ら は 塾 の 指 導 現 場 で は 得 て し て ひ た す て か ら の 著 者 の 自 己 規 定 の 一 つ が 、 他 時 代 を 見 る 著 者 の ま な ざ し は ほ と ん ど 時 ら 量 を こ な す か 、 い た す ら に テ ク ニ カ ル 人 を 愛 せ ぬ 者 「 愛 の 不 能 者 」 と い う の 揺 る ぎ が な い 。 そ う い え ば こ の 日 本 で は 、 安 易 な 愛 の 告 白 よ り も 、 「 看 取 る 」 に 走 り が ち で 、 論 理 的 な 思 考 カ ど こ ろ も そ の こ と と 無 関 係 で は あ る ま い の 最 終 章 で 著 者 は 、 ほ ぼ 現 在 の こ と と 「 見 送 る 」 「 看 病 」 の よ う に 「 見 る 」 か 、 結 局 は 国 語 嫌 」 を 生 み 出 し て 」 る 。 し て 、 聖 書 の 字 句 を し み じ み と 味 わ う 「 見 守 る 」 こ と こ そ 何 よ り も 愛 の 実 践 き ち ん と 本 に 向 き 合 い 正 し い 言 葉 を 使 時 う 。 そ の た め に は 子 供 同 士 で 外 で 遊 ぶ こ 書 自 分 と 、 朝 ご と に 神 棚 に 若 水 を 供 え て で あ っ た は す だ 。 評 論 家 ・ 稲 垣 真 澄 と も 大 切 で 、 小 手 先 に 走 る な と 著 者 は 説 拍 手 を 打 つ 自 分 と 、 さ ら に は 仏 壇 に お 7 3 茶 を 供 え て 線 香 を 上 げ る 自 分 と が 、 な 士 冗

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


輩 後 輩 の 集 団 生 活 。 あ る 時 、 頂 上 で 飲 む か ら ビ ー ル を 一 ダ ー 戸 塚 小 学 校 か ら 全 寮 制 と は 、 素 晴 ら し い で す ね え 。 野 口 入 校 し た ば か り の 頃 は 、 こ ん な 学 校 が あ る の か と び ス 運 べ と 言 わ れ た こ と が あ り ま す 。 あ ん な 寒 い と こ ろ で 誰 が つ く り し ま し た よ 。 私 は 二 段 べ ッ ド が す ら り と 並 ぶ 三 十 六 人 ビ ー ル な ん か と 思 い つ つ 、 何 ク ソ と 背 負 っ て 登 る 。 も ち ろ ん 部 屋 に 入 れ ら れ ま し た が 、 軍 隊 並 み の 厳 し さ で 、 朝 は 七 時 の 誰 も 飲 ま す に 、 再 び 背 負 っ て 降 り る の で す が 、 こ う し た 理 不 鐘 で 一 斉 に 起 床 。 べ ッ ド メ イ キ ン グ を し 、 洗 面 を し 、 靴 も 磨 尽 と も い え る シ ゴ キ が 私 を 鍛 え て く れ た ん だ と 思 い ま す 。 そ ん な 山 岳 部 が 今 、 部 員 不 足 で 次 々 に 潰 れ て い る と い う 話 い て 、 十 五 分 以 内 に 駆 け 足 で 校 庭 に 集 合 。 遅 れ た ら グ ラ ウ ン を 聞 く と 、 淋 し く な り ま す ね 。 ド を 三 周 。 そ の 間 、 先 生 た ち が 寮 内 を 点 検 し 、 べ ッ ド の シ ー ツ が 弛 ん で い る だ け で 叩 か れ る 。 夜 は 十 時 消 灯 。 も ち ろ ん 私 語 は 厳 禁 。 話 し 声 が 廊 下 に 漏 れ る と 竹 刀 を 持 っ た 先 生 が パ チ 講 演 で 生 徒 叩 い た こ と も ( 野 口 ) ン と 電 灯 を 点 け 、 「 全 員 出 ろ 」 「 後 ろ 向 き に な れ 」 「 両 手 を 壁 本 能 に 従 っ た 体 罰 な ら 善 ( 戸 塚 ) に つ け 」 、 バ ン 、 戸 塚 野 口 さ ん の 場 合 、 学 校 で 質 の い い 体 罰 を 受 け て き た 叩 か れ る の は 尻 で す が 、 思 い っ き り 竹 刀 で や ら れ る の で 、 と い う こ と も 、 本 能 を ト レ 1 ニ ン グ す る 上 で 大 い に 役 立 っ た み ん な そ の 場 で う す く ま り ま し た 。 と く に 校 長 先 生 が 鬼 の よ う に 厳 し く て 、 自 ら も 手 を 上 げ ま し た し 、 保 護 者 か ら 苦 情 を と 思 い ま す よ 。 野 口 質 の い い 体 罰 ? 受 け て も 頑 と し て 受 け つ け な い 熱 血 漢 で し た 。 戸 塚 そ う 。 体 罰 の こ と を 私 は 「 相 手 の 進 歩 を 目 的 と し た 戸 塚 そ う い う 学 校 が 日 本 に も あ れ ば 、 も っ と よ く な る の に ね え 。 近 所 に 遊 び 場 が な く な り 、 異 年 齢 集 団 が 自 然 消 滅 し 有 形 力 の 行 使 」 で あ る と 定 義 し て い ま す 。 相 手 の 進 歩 が 目 的 が た の で あ れ ば 、 大 人 が つ く っ て や ら ね ば な り ま せ ん よ 。 そ の な の だ か ら 、 体 罰 は 悪 で は な い 。 も ち ろ ん 、 何 で も 叩 け ば い す い と い う わ け で は な く 、 質 と 量 が 間 題 で す 。 相 手 に 怪 我 を 負 罰 点 、 全 寮 制 の 学 校 と い う の は 子 ど も の 進 歩 を 促 す 点 で 多 く の メ リ ッ ト が あ る 。 文 部 科 学 省 も 、 そ う し た 学 校 づ く り こ そ 進 わ せ た り 、 完 全 に 参 っ て い る の に 繰 り 返 し 叩 い た り し た の で る は 、 た ん な る 暴 力 に な っ て し ま う 。 自 分 の 欲 求 不 満 解 消 の た 語 め て 欲 し い の だ が : ・ め に 手 を 上 げ る の も 間 題 外 。 そ れ は 体 罰 で は な く 虐 待 で す 。 音 野 口 し か し 現 実 に は 、 そ の 逆 の 方 向 に 進 ん で い る : そ の 点 、 野 口 さ ん の 学 校 で は 、 生 徒 が ル ー ル を 守 ら な か っ 大 学 の 体 育 会 系 の シ ゴ キ も 、 だ ん だ ん 廃 れ る 方 向 に あ り ま 9 す か ら ね 。 私 は 大 学 で 山 岳 部 に 入 り ま し た か ら 、 こ こ で も 先 た 時 に 、 き ち ん と 守 ら せ る と い う 「 進 歩 , を 目 的 と し て 、 怪 幻

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


戦 後 の 誤 「 た 思 想 で あ る 。 実 際 に は 個 人 の 能 力 を 超 越 し た 凄 れ た 。 変 わ 「 て 登 場 し た の が 、 い わ ゆ る 進 学 校 で あ る 。 そ こ ま じ い パ ワ 1 を 生 み 出 し た 。 別 な 言 い 方 を す れ ば 、 絆 の 強 さ で は 人 間 学 よ り も 受 験 勉 強 が 優 先 さ れ 、 日 本 史 な ど の 教 養 が 受 験 科 目 に な い と い う 理 由 で 切 り 捨 て ら れ た 。 こ う し て 日 本 で あ る 。 ア メ リ カ は そ の こ と を 知 「 て い た 。 故 に 戦 後 、 こ の 縦 横 の 人 は 、 当 の ア メ リ カ で さ え 予 想 し な か 「 た ほ ど の 精 神 的 カ ル 関 係 を 徹 底 し て 破 壊 し よ う と し た 。 旧 軍 を 潰 し 、 財 閥 を 解 体 タ ゴ に 突 き 進 ん で し ま 0 た の で あ る 。 そ れ で も 、 戦 前 の 教 育 を 受 け た 世 代 が ま だ 経 済 の 主 導 権 を し 、 憲 法 ま で 巧 妙 に 押 し つ け た 。 握 っ て い た 時 代 は 良 か っ た 。 揺 る ぎ な い 経 営 理 念 を 持 っ 松 下 終 戦 時 、 米 大 統 領 ト ル 1 マ ン が 最 高 司 令 官 マ ッ カ ー サ ー に 与 え た 指 令 は 「 日 本 に 対 し 精 神 的 カ ル タ ゴ の 平 和 体 制 幸 之 助 や 行 革 の 鬼 と い わ れ た 土 光 敏 夫 ら が 日 本 経 済 を リ ー ド を 敷 け 」 と い う も の だ 「 た 。 カ ル タ ゴ と は 、 紀 元 前 一 一 六 四 年 し た 。 私 自 身 、 ビ ー ル 王 と 呼 ば れ た ア サ ヒ ピ ー ル 初 代 社 長 の か ら 紀 元 前 一 四 六 年 に か け て 大 国 ロ ー マ に 三 度 の 戦 い を 挑 ん 山 本 為 三 郎 か ら 、 私 心 な き 経 営 理 念 の 何 た る か を 叩 き 込 ま れ だ た め ロ ー マ の 怒 り を 買 「 て 全 土 を 焼 き 払 わ れ 、 女 子 供 ま で た 。 当 時 の 経 営 に は 、 ま だ 「 こ こ ろ 」 が 残 「 て い た だ が 、 戦 後 教 育 を 受 け た 世 代 が い よ い よ 経 営 の ト ッ プ に 立 皆 殺 し に さ れ て 滅 亡 し た 古 代 都 市 国 家 の こ と た 。 つ ま り ト ル ー マ ン の 指 令 は 、 日 本 人 の 精 神 面 を 徹 底 的 に 破 壊 し 、 二 度 と つ よ う に な る と 、 状 況 は 一 変 す る 。 バ ブ ル の 崩 壊 も あ 「 て 、 企 業 経 営 は 「 こ こ ろ 」 を 失 っ て い っ た 。 あ ア メ リ カ に 刃 向 か え な い よ う に し ろ 、 と い う も の だ っ た 。 荀 子 日 く 、 「 義 を 先 に し て 利 を 後 に す る 者 に は 栄 あ り 。 利 こ う し て が 破 壊 し た も の の 中 に 、 日 本 の 優 れ た 教 育 復 の シ ス テ ム が あ る 。 戦 前 に は 旧 制 高 校 が あ り 、 寮 制 で 、 徹 底 し を 先 に し て 義 を 後 に す る 者 に は 辱 あ り 」 と 。 営 今 の 経 営 ト ッ プ に あ る の は 辱 で あ っ て 栄 で は な い 。 ) こ 。 旧 制 高 校 の 卒 業 者 数 は 帝 国 経 た エ リ 1 ト 教 育 が 施 さ れ て し オ 的 本 大 学 の 入 学 定 員 と ほ ば 同 数 。 生 徒 は 選 り 好 み し な け れ ば 無 試 験 で 進 学 で き る の で 、 心 ゆ く ま で 本 質 的 な 学 問 に 打 ち 込 め 戦 後 世 代 の 不 道 徳 が 次 々 と の た 。 そ の 一 方 、 早 く 社 会 に 出 た い と 先 を 急 ぐ 人 材 育 成 の た め 戦 後 世 代 の 企 業 人 の モ ラ ル が い か に 低 下 し て い る か は 、 昨 生 に 高 等 農 林 、 高 等 工 業 、 高 等 商 業 と い っ た 実 業 専 門 学 校 が 整 今 の 経 済 事 件 の ニ ュ 1 ス か ら も 容 易 に 読 み 取 れ る 。 備 さ れ て い た 平 成 十 七 年 十 一 月 に 発 覚 し た 耐 震 強 度 偽 装 事 件 で は 、 金 儲 と こ ろ が 戦 後 の 学 制 改 革 に よ り 旧 制 高 校 の シ ス テ ム は 壊 さ こ