検索 - みる会図書館

検索対象: 労働安全衛生マネジメントシステム―OHSAS18001:2007 日本語版と解説

労働安全衛生マネジメントシステム―OHSAS18001:2007 日本語版と解説から 282件ヒットしました。

労働安全衛生マネジメントシステム―OHSAS18001:2007 日本語版と解説


284 引 用 ・ 参 考 文 献 1 ) 厚 生 労 働 省 安 全 衛 生 部 国 際 室 編 ( 2001 ) : ILO の 労 働 安 全 衛 生 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム に 関 す る ガ イ ド ラ イ ン , 中 央 労 働 災 害 防 止 協 会 2 ) 厚 生 労 働 省 の ウ エ プ サ イ ト http://www.mhlw.go.jp/ 3 ) ジ ェ ー ム ス ・ リ ー ズ ン ( 1997 ) : Managing le Risks of Organizational Accidents, Ashgate Publishing Ltd. ( 塩 見 弘 監 訳 , 高 野 研 ー ・ 佐 相 邦 英 訳 ( 1999 ) : 組 織 事 故 , 日 科 技 連 出 版 ) 4 ) 豊 田 寿 夫 ( 2008 ) : プ ラ ッ シ ュ ア ッ プ OHSAS18001 : 2007 の リ ス ク ア セ ス メ ン ト , 標 準 化 と 品 質 管 理 , Vol. 61 , No. 4 , p. 27-34 , 日 本 規 格 協 会 ( 2008 年 4 月 ) 5 ) ( 財 ) 日 本 適 合 性 認 定 協 会 編 ( 2002 ) : 適 合 性 評 価 ハ ン ド ブ ッ ク , 日 科 技 連 出 版 社 6 ) 向 殿 政 男 ・ 宮 崎 浩 一 ( 2007 ) : 安 全 の 国 際 規 格 第 1 巻 ー 安 全 設 計 の 基 本 概 念 , 日 本 規 格 協 会 7 ) 吉 澤 正 ( 1997 ) : 統 計 的 ア プ ロ ー チ と マ ネ ジ メ ン ト ア プ ロ ー チ , 統 計 情 報 , 全 国 統 計 協 会 連 合 会 ( 1997 年 4 月 号 ) 8 ) 吉 澤 正 監 修 ( 2000 ) : OHSAS18001 ・ 18002 労 働 安 全 衛 生 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム 対 訳 と 解 説 , 日 本 規 格 協 会 9 ) 吉 澤 正 監 修 ( 2004 ) : 増 補 版 OHSAS18001 ・ 18002 労 働 安 全 衛 生 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム 対 訳 と 解 説 , 日 本 規 格 協 会 10 ) 吉 澤 正 編 ( 2007 ) : 環 境 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 入 門 ー ISO ガ イ ド ラ イ ン か ら の 展 開 ! , 日 本 規 格 協 会 11 ) 吉 田 敬 史 , 寺 田 博 編 著 ( 2005 ) : ISO 14001 : 2004 要 求 事 項 の 解 説 , 日 本 規 格 協 会 12 ) 労 働 省 安 全 衛 生 部 計 画 課 監 修 ( 1999 年 ) : 災 害 防 止 対 策 シ リ ー ズ 12 安 全 衛 生 活 動 推 進 の 基 礎 知 識 , p. 22 , 労 働 新 聞 社

労働安全衛生マネジメントシステム―OHSAS18001:2007 日本語版と解説


OHSAS 18001 : 2007 労 働 安 全 衛 生 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム 日 本 規 格 協 会 豊 田 寿 夫 ・ 平 林 良 人 ・ 吉 澤 正 岡 本 和 哉 ・ 雫 文 男 吉 澤 正 監 修 日 本 語 版 と 解 説

労働安全衛生マネジメントシステム―OHSAS18001:2007 日本語版と解説


5 り 対 応 し た . そ の 後 の 認 証 制 度 の 発 展 の 状 況 に つ い て は , 本 書 3.2 で 触 れ る が , IS09000 シ リ ー ズ 及 び IS014000 シ リ ー ズ の 改 訂 も 進 み , 労 働 安 全 衛 生 分 野 で も 品 質 ・ 環 境 分 野 と の 統 合 的 な マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム を 導 入 す る 組 織 も 増 え た こ と か ら , 世 界 的 な ニ ー ズ に 応 え て , O HSAS プ ロ ジ ェ ク ト グ ル ー プ は 2006 年 以 来 , OHSAS 18000 シ リ ー ズ の 改 訂 を 進 め , 以 下 の よ う に タ イ ト ル も 変 更 し て , 2007 年 に OHSAS の 改 訂 版 を 発 行 し た . ・ OHSAS 18001 : 2007 Occupational health and safety management systems ー ー Requirements そ の タ イ ト ル に お い て , 旧 版 の Specification ( 仕 様 ) が Requirements ( 要 求 事 項 ) と 変 更 さ れ , IS09001 や ISO 14001 と 並 ん で , 認 証 制 度 に 使 用 さ れ る 要 求 事 項 規 格 と し て の 立 場 を 明 確 に し た . な お , そ の 指 針 規 格 で あ る OHSAS 18002 の 改 訂 は 現 在 進 行 中 で あ り , 2008 年 内 の 改 訂 版 発 行 が 期 待 さ れ て い る . さ て , OHSAS18001 : 2007 の 発 行 に 対 応 し て は , 旧 版 と 同 じ よ う に , 日 本 規 格 協 会 内 に 新 た に "OHSAS 日 本 版 作 成 委 員 会 " が 結 成 さ れ , 日 本 版 と し て 国 内 で 広 く 認 め ら れ る こ と を 目 指 し て 注 意 深 く 和 訳 を 行 い , さ ら に 上 述 の 書 籍 『 対 訳 と 解 説 』 を 大 幅 に 刷 新 し て 本 書 を 出 版 し , 国 内 で の 利 用 に 供 す る こ と と な っ た . 本 書 は , 前 身 で あ る 『 対 訳 と 解 説 』 が 労 働 安 全 衛 生 分 野 で 広 く 利 用 さ れ た こ と に 鑑 み , 新 し い OHSAS18001 : 2007 の 日 本 版 を 普 及 す る 決 定 版 と し て 装 い を 新 た に し て , 多 く の 関 係 者 の 利 用 に 供 す る も の で あ る . 今 回 は , OHSAS18001 の 指 針 で あ る OHSAS18002 の 改 訂 が 遅 れ て い る こ と も あ り , 前 身 の 『 対 訳 と 解 説 』 , あ る い は IS09001 や IS014001 の ポ ケ ッ ト 版 サ イ ズ の 書 籍 に 採 用 さ れ る こ と の あ る 対 訳 形 式 を 避 け , 本 書 で は , そ の 規 格 の 主 要 部 を , 逐 条 に 取 り 上 げ て , 日 本 版 と 英 語 を 対 比 さ せ , 逐 条 に 解 説 す る こ と を 中 心 に し た . そ れ を 第 2 章 と し , 第 1 章 で は , マ ネ ジ メ ン ト ア プ ロ ー チ の 必 要 性 , 今 回 の 主 要 な 改 訂 と そ の 意 図 , 労 働 安 全 マ ネ ジ メ ン ト の 原 則 と 特 徴 に つ い て , 第 3 章 で は 本 規 格

労働安全衛生マネジメントシステム―OHSAS18001:2007 日本語版と解説


6 ま え が き を 活 用 す る 際 に 必 要 と な る , 国 際 的 な 認 証 の 状 況 , ILO-OSH ガ イ ド ラ イ ン と の 関 係 , 組 織 に お け る 全 体 的 な マ ネ ジ メ ン ト に お け る 位 置 付 け な ど を 解 説 し た . ま た , 付 録 に は OHSAS 日 本 版 規 格 と 認 証 サ ー ビ ス に つ い て の 重 要 な 情 報 を ま と め た . な お , OHSAS18001 : 2007 の 翻 訳 に よ る 日 本 版 の 作 成 に あ た っ て の 方 針 を , 次 の よ う に 設 定 し た . 《 翻 訳 方 針 》 ① 日 本 の 労 働 安 全 衛 生 に 関 す る 法 令 及 び 主 要 指 針 類 に お け る 用 語 を , 原 則 と し て 取 り 入 れ , 我 が 国 の 労 働 安 全 衛 生 行 政 と 整 合 を は か る . ② OHSAS 18001 : 2007 の 改 訂 趣 旨 を 尊 重 し , 原 則 と し て ILO-OSH ガ イ ド ラ イ ン 及 び JISQ 14001 : 2004 ( 同 規 格 の 2004 年 改 訂 時 に 取 り 込 ま れ た JISQ9001 関 連 規 格 の 用 語 を 含 む ) の 訳 語 に 合 わ せ て , 規 格 間 の 両 立 を は か る . ② -1 安 全 面 を 規 格 に 含 め る た め の 指 針 で あ る ISO/IECGuide51 に 基 づ い て 開 発 さ れ た 機 械 安 全 分 野 の A レ ベ ル 規 格 ISO 12100-1 : 2003 , ISO 12100-2 : 2003 , ISO 14121-1 : 2007 に 使 わ れ て い る 関 連 用 語 に つ い て は , す る こ と が 望 ま し い " と 機 械 的 に 訳 す . " should" は " ち , "shall" は 文 末 で " ・ ( し ) な け れ ば な ら な い " ③ shall と should は , JIS Q 9001 : 2008 ( 発 行 予 定 ) に 合 わ せ る . 応 じ て 参 照 す る . ( 本 書 付 録 5 に 参 考 規 格 一 覧 を 示 す . ) JIS B 970 1 : 2004 , JIS B 970 2 : 2004 , JIS B 9702 : 2000 を 通 じ て , す な わ 必 要 に に 参 加 し て い る こ と に 加 え , 今 回 の 改 訂 で は ISO/IEC Directive 第 2 部 の 規 則 性 を 高 め て い る と と も に , 多 く の 国 の 関 係 者 が OHSAS プ ロ ジ ェ ク ト グ ル ー プ ILO-OSH ガ イ ド ラ イ ン 等 の 規 定 を 十 分 考 慮 に 入 れ て , そ れ ら の 規 格 と の 両 立 以 上 の 方 針 に 多 少 の 説 明 を 加 え て お こ う . O HSAS 規 格 は , 国 際 的 に は , 義 " ( 3 ) の 各 用 語 の タ イ ト ル に 適 用 す る . ④ 補 足 的 な 英 語 の カ ッ コ 書 き を , 積 極 的 に 使 用 す る . 特 に ・ ・ 用 語 及 び 定

労働安全衛生マネジメントシステム―OHSAS18001:2007 日本語版と解説


1.2 旧 版 か ら の 主 要 な 改 訂 と そ の 意 図 35 そ の 際 , OHSAS 18001 と 労 働 安 全 衛 生 法 に は , 構 造 的 に 次 の 点 で 違 い が あ る の で 留 意 し な け れ ば な ら な い . a) 組 織 : 事 業 者 と 事 業 場 の 概 念 OHSAS 18001 で は , ISO 9000 , ISO 14000 と 同 様 に 管 理 対 象 を 法 人 等 の " 組 織 " ( 3.17 organization) と し て い る . こ れ に 対 し , 労 働 安 全 衛 生 法 1 で は , 労 働 基 準 法 と 相 ま っ て い る た め , 事 業 場 / 事 業 所 (workplace) を 対 象 と し て い る . よ っ て , 法 令 に お け る 措 置 義 務 者 は 事 業 者 (employer) と 規 定 し て い て , OHSAS 18001 に お い て 法 人 等 を 指 す " 組 織 " ( 3.17 organization) と は 完 全 に は 一 致 し な い . 同 様 に , ILO-OSH ガ イ ド ラ イ ン で も , 事 業 場 と 事 業 者 (employ (r) 概 念 を 明 確 に 分 け て 使 用 し て い る . OHSAS18001 で は , 法 人 等 の 組 織 の 最 終 的 な 責 任 は , ト ッ ブ マ ネ ジ メ ン ト と す る が , 労 働 安 全 衛 生 法 1 で は , 事 業 者 を 身 分 犯 と し て 明 記 し て い る . 労 働 安 全 衛 生 法 の 事 業 者 の 定 義 は , 両 罰 規 定 の 解 釈 か ら , 組 織 の 代 表 者 ( 法 人 の 代 表 者 , 事 業 主 ) と す る こ と が 検 察 庁 の 積 極 説 と し て 実 務 で 通 用 し て い る . ま た , 同 様 の 両 罰 規 定 の 解 釈 か ら , 事 業 場 の 事 業 者 に 委 任 さ れ た 実 行 行 為 の 身 分 を 有 す る 者 も , 措 置 義 務 者 と さ れ て い る . 例 え ば , OHSAS18001 で 選 任 さ れ た 管 理 責 任 者 の ト ッ ブ マ ネ ジ メ ン ト と , 司 法 警 察 ・ 検 察 官 庁 の 事 業 者 ( 代 表 取 締 役 ) の 強 権 解 釈 と は , 相 違 す る 場 合 も あ る . そ の 場 合 は , 解 釈 の 相 違 を 争 っ て も OHSAS18001 を 根 拠 と し た 解 釈 適 用 は 免 責 に は な ら な い の は 規 定 の と お り で あ る . よ っ て , 事 業 者 に よ る 措 置 義 務 が 法 令 の 要 求 事 項 と な っ て い る 部 分 は , 法 令 を 確 実 に 順 守 す る こ と に 留 意 す る 必 要 が あ る . ISO 9001 , ISO 14001 の 審 査 手 法 や 内 部 監 査 手 法 に よ る 責 任 概 念 を 類 推 解 釈 し た 場 合 に は , 日 本 で は , そ の 行 為 で 影 響 を 与 え る 者 も , 刑 法 総 論 の 適 用 に よ り , 労 働 安 全 衛 生 法 1 の 教 唆 犯 や 幇 助 犯 と し て , 司 法 処 分 の 対 象 に な る . よ っ て , 特 別 刑 法 に 関 す る 役 割 を 理 解 し , 法 令 順 守 に 留 意 す る 必 要 が あ る . b) 措 置 と 処 置 に つ い て 労 働 安 全 衛 生 法 1 で は , 事 業 者 の 講 す べ き 措 置 義 務 を 定 め て い る . 厚 生 労

労働安全衛生マネジメントシステム―OHSAS18001:2007 日本語版と解説


1.1 OH&S マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム の 意 義 27 2006 年 以 来 , 世 界 的 な ニ ー ズ に 応 え て OHSAS18000 シ リ ー ズ の 改 訂 を 進 め , 2007 年 に OHSAS の 改 訂 版 を 発 行 し た . 以 下 の よ う に タ イ ト ル も 変 更 し た . ・ OHSAS 18001 : 2007 Occupational health and safety management systems Requirements そ の タ イ ト ル に お い て , 旧 版 の Specification ( 仕 様 ) が Requirements ( 要 求 事 項 ) と 変 更 さ れ , IS09001 や ISO 14001 と 並 ん で , 認 証 制 度 に 使 用 さ れ る 要 求 事 項 規 格 と し て の 立 場 を 明 確 に し た . 改 訂 版 で の 主 要 な 変 更 点 に つ い て は , 本 書 1.2 で ま と め て お く . ま た , 本 書 第 2 章 の 逐 条 解 説 の な か で 詳 し く 触 れ る . な お , 前 述 の と お り , そ の 指 針 規 格 で あ る OHSAS 18002 の 改 訂 は 現 在 進 行 中 で あ り , 2008 年 内 の 発 行 が 期 待 さ れ て い る . 1.1.3 国 内 で の 対 応 1999 年 に OHSAS 18001 が 公 表 さ れ た 当 時 , ウ ラ ン 加 工 施 設 事 故 , 字 宙 開 発 分 野 に お け る H-II ロ ケ ッ ト の 打 上 げ 失 敗 , 鉄 道 ト ン ネ ル に お け る 相 次 ぐ コ ン ク リ ー ト 落 下 事 故 等 の 事 故 が 多 発 し た . こ の よ う な 技 術 基 盤 へ の 信 頼 性 の 低 下 は , 国 民 の 安 全 や 安 心 の 面 で , 深 刻 な 影 響 を も た ら し た . こ れ は , 技 術 立 国 を 標 ば う し て い る 我 が 国 に と っ て は 由 々 し き 事 態 で も あ っ た . 政 府 は , こ の よ う な 深 刻 な 事 態 に 早 急 に 対 応 す る た め , 関 係 省 庁 で 構 成 さ れ る " 事 故 災 害 防 止 安 全 対 策 会 議 " を 設 置 し , " 事 故 災 害 防 止 安 全 対 策 会 議 報 告 書 ( 1999 年 12 月 8 日 ) " を 発 表 し た . ( 1 ) " 労 働 安 全 衛 生 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム に 関 す る 指 針 " 発 表 こ れ と 平 行 し て , 0HSAS18001 な ど で 検 討 さ れ て い た , " 新 し い マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム に よ る 事 故 災 害 防 止 " と い う 新 し い ア プ ロ ー チ の 導 入 が 旧 労 働 省 で も 検 討 さ れ , 1999 年 4 月 30 日 に , 労 働 省 ( 当 時 ) 告 示 第 53 号 " 労 働 安 全 衛 生 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム に 関 す る 指 針 " 3 ] ( 本 書 付 録 1 ) が 発 表 さ れ た . こ れ は , 1998 年 2 月 よ り , 労 働 組 合 , 使 用 者 団 体 , 研 究 者 の 協 力 を 得 て 検 討 作 業 に 取 り 組 み , 中 央 労 働 基 準 審 議 会 の 答 申 を 受 け て 発 表 さ れ た も の で あ る . こ の 告 示 は , 章 節 の 構 造 は OHSAS18001 や ISO 14001 と は 異 な る が , 基 本 と す る

労働安全衛生マネジメントシステム―OHSAS18001:2007 日本語版と解説


3.1 ILO-OSH ガ イ ド ラ イ ン と OHSAS 18001 185 ③ IS09001 , ISO 14001 は 第 三 者 機 関 に よ る 審 査 と 認 証 / 登 録 ( ま と め て 認 証 制 度 と い う ) の た め の 基 準 で あ る が , ILO-OSH ガ イ ド ラ イ ン で は , 現 段 階 で は 第 三 者 機 関 認 証 を 要 求 し て い な い . ま た , 各 国 の 法 令 を 超 え た 国 際 法 令 を 提 案 す る も の で も な い こ と を 明 確 に し て い る . ( 3 ) OHSAS 18001 と の 関 係 OHSAS 18001 は , 当 初 は ISO 9001 , ISO 14001 と の 両 立 性 を 重 視 し た も の で , ILO-OSH ガ イ ド ラ イ ン が 要 求 す る " 労 働 者 の 参 加 " が 明 確 な 要 求 事 項 と な っ て い な か っ た . し か し , 07 年 版 で は 労 働 者 の 参 加 が 明 確 に 入 れ ら れ た . 他 の 面 で も , OHSAS18001 が ILO-OSH ガ イ ド ラ イ ン と の 両 立 性 を 目 指 し た こ と に よ り , 実 質 上 , ILO-OSH ガ イ ド ラ イ ン を 第 三 者 機 関 審 査 と 認 証 / 登 録 規 格 と し て 運 用 す る こ と が 可 能 と な っ て い る . 国 内 で の 適 用 の た め に は , 国 内 の 労 働 安 全 衛 生 法 令 等 と の 両 立 性 が 求 め ら れ る . 特 に 日 本 で は , 本 書 1.1.3 で も 述 べ た と お り , 建 設 業 と 陸 運 業 に お い て , 業 種 ご と の 団 体 独 自 の " 労 働 安 全 衛 生 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム 指 針 " 区 9 ] が 公 表 さ れ て い る . ( 4 ) 我 が 国 の 労 働 安 全 衛 生 法 の 特 徴 我 が 国 の 法 規 制 は 大 陸 法 の 影 響 が 強 く , 行 政 法 規 を 中 心 と し て 運 用 さ れ て い る . 原 則 的 な 目 的 , 原 理 や 構 造 は 労 働 安 全 衛 生 法 1 が 規 定 し , 具 体 的 な 基 準 を 定 め る 政 令 は , 労 働 安 全 衛 生 法 施 行 令 , さ ら に 具 体 的 で 詳 細 な 基 準 は 労 働 安 全 衛 生 規 則 , 有 害 物 質 を 対 象 に し た 特 別 の 障 害 防 止 規 則 な ど に よ り 細 か く 定 め ら れ て い る . し か し , 日 本 の 労 働 安 全 衛 生 法 は 英 米 法 の 影 響 も 受 け て い て , 労 働 安 全 衛 生 管 理 体 制 で は , 自 主 的 な 労 働 安 全 衛 生 管 理 体 制 を 取 り 入 れ て い る . ILO の 労 働 安 全 衛 生 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム は , 自 主 的 な 労 働 安 全 衛 生 管 理 体 制 を 発 展 さ せ た も の で あ る . つ ま り , ISO モ デ ル と い わ れ る , 事 業 ( 使 用 ) 者 責 任 と 方 針 の 公 表 と 順 守 の 約 東 , 利 害 関 係 者 に 対 す る 説 明 責 任 , PDCA サ イ ク ル を 活 用 し た 継 続 的 改 善 , 現 在 で は 情 報 技 術 を 活 用 す る こ と も で き る 文 書 化 , 第 三 者 監 査 制 度 等 を 活 用 し た 監 査 員 制 度 の 活 用 な ど が 取 り 入 れ ら れ た も の で あ る .

労働安全衛生マネジメントシステム―OHSAS18001:2007 日本語版と解説


OHSAS 18001 211 ま え が き こ の 労 働 安 全 衛 生 評 価 シ リ ー ズ 規 格 ( 以 下 , OHSAS 規 格 と 略 す ) , 及 び そ れ に 伴 う OHSAS 18002 の 〃 S ノ 80 の 実 施 の た め の 指 針 ) は , 労 働 安 全 衛 生 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム の 評 価 及 び 認 証 用 と し て 認 知 さ れ る 規 格 が 必 要 で あ る と の 要 請 に 応 え て 開 発 さ れ た . OHSAS18001 は , 品 質 , 環 境 , 労 働 安 全 衛 生 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム の 統 合 を 促 進 す る よ う , ISO 9001 : 2000 ( 品 質 ) 及 び ISO 14001 : 2004 ( 環 境 ) マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム 規 格 と の 両 立 性 に 配 慮 し て 開 発 さ れ て い る . そ の 統 合 は 組 織 次 第 で あ る が . こ の OHSAS 規 格 は , 必 要 と 考 え ら れ た と き に , 見 直 さ れ , あ る い は 修 正 さ れ る . 見 直 し は , IS09001 又 は IS014001 の ど ち ら か の 改 訂 版 の 発 行 時 に , 継 続 的 な 両 立 性 を 確 保 す る た め に 実 施 さ れ る . こ の OHSAS 規 格 は , そ の 内 容 が 国 際 規 格 と し て , 又 は 国 際 規 格 に 含 ま れ て 発 行 さ れ た と き に は , 廃 止 さ れ る . こ の OHSAS 規 格 は , 規 格 作 成 の た め の 指 針 で あ る ISO/IEC Directives ( 専 門 業 務 用 指 針 ) 第 2 部 の 規 則 に 従 っ て 起 草 さ れ て い る . こ の 第 2 版 は , 第 1 版 ( OHSAS18001 : 1999 ) を 廃 止 し て そ れ に 代 わ る も の で , 内 容 に か か わ る 技 術 的 な 修 正 が 行 わ れ て い る . 旧 版 か ら の 主 要 な 変 更 点 は , 次 の と お り で あ る . ・ " 衛 生 " の 大 切 さ が よ り 重 要 視 さ れ て い る . ・ OHSAS 18001 は , 旧 版 に お け る よ う な 仕 様 や 単 な る 文 書 で は な く , そ れ 自 体 を 規 格 と 位 置 づ け る . こ れ は , 労 働 安 全 衛 生 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム の 国 家 規 格 の 基 礎 と し て OHSAS 18001 が 採 用 さ れ る ケ ー ス が 増 え て い る こ と を 反 映 し て い る . ・ "PIan-Do-Check-Act" の モ デ ル 図 は , 序 文 に そ の 全 体 像 を 示 す の み と し , 旧 版 で は 主 要 な 細 分 箇 条 の 冒 頭 に 示 し て い た 部 分 図 を 削 除 し た . ・ 箇 条 2 の 参 考 出 版 物 は , 純 粋 に 国 際 的 な 文 書 に 限 定 し た . ・ 新 し い 定 義 を 追 加 し , 旧 版 に あ っ た 定 義 に つ い て も 修 正 し た .

労働安全衛生マネジメントシステム―OHSAS18001:2007 日本語版と解説


40 《 4.4.3.2 参 加 及 び 協 議 第 1 章 OHSAS 規 格 の 意 義 -30 SAS 18001 : 200 テ - 組 織 は , 次 の 事 項 に か か わ る 手 順 を 確 立 し , 実 施 し , 維 持 し な け れ ば な ら な い . a) 次 の 事 項 に よ る 労 働 者 の 参 加 - 危 険 源 の 特 定 , リ ス ク ア セ ス メ ン ト 及 び 管 理 策 の 決 定 へ の 適 切 な 関 与 ー 発 生 事 象 の 調 査 へ の 適 切 な 関 与 ー OH & S 方 針 及 び 目 標 の 策 定 及 び レ ビ ュ ー へ の 関 与 ー そ の OH&S に 影 響 す る 何 ら か の 変 化 が 生 じ た 場 合 の 協 議 ー OH & S の 問 題 に 関 す る 代 表 者 の 選 出 労 働 者 に は , OH & S の 問 題 に 関 し て 誰 が 代 表 で あ る か を 含 め , 参 加 の 取 決 め に つ い て 情 報 提 供 が な さ れ な け れ ば な ら な い . b) OH&S に 影 響 す る 変 化 が 生 じ た 場 合 の 請 負 者 と の 協 議 組 織 は , 関 連 す る OH & S の 問 題 に つ い て , 適 切 な 場 合 は , 関 連 す る 外 部 の 利 害 関 係 者 と 協 議 す る こ と を 確 実 に し な け れ ば な ら な い . こ の 規 定 で は , a) 労 働 者 の 参 加 に 関 わ る 手 順 と b) OH&S に 影 響 す る 変 化 が 生 じ た 場 合 の 請 負 者 と の 協 議 に 関 わ る 手 順 を 確 立 し , 実 施 し , 維 持 す る こ と を 要 求 し て い る . a) で は , 何 に つ い て 労 働 者 が 参 加 す る か を 規 定 し て い る . こ の 参 加 の な か に は 利 害 関 係 団 体 か ら の 参 加 も 含 む . 労 働 安 全 衛 生 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム の な か で , 労 働 組 合 と 労 働 者 の 果 た す 役 割 は 不 可 欠 の 構 成 要 素 と し , 労 働 安 全 衛 生 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム 規 格 作 成 , 組 織 ( 事 業 場 ) の 協 議 機 関 へ の 労 働 者 代 表 の 参 加 を 明 確 に し た こ と は , OHSAS18001 の 今 後 の 普 及 に 大 い に 効 果 を 発 揮 す る も の に な る と い え る . 協 議 に つ い て は , 労 働 協 約 の 拡 張 適 用 方 式 , 労 使 審 議 会 方 式 , 労 働 者 代 表 の 参 加 方 式 等 , EU 各 国 内 で も 多 様 な 形 式 が と ら れ て い る . こ の た め , ILO-OSH ガ イ ド ラ イ ン , OHSAS18001 に お い て も , 各 国 の 労 働 安 全 衛 生 法 令 の 協 議 機 関 の 制 定 し た 法 令 の 順 守 を 尊 重 し て い る と こ ろ で あ る . 我 が 国 に お い て は , 労 働 安 全 衛 生 法 に よ っ て , 50 人 以 上 の 事 業 場 に は 労 働 安 全 衛 生 委 員 会 を 設 置 す る こ と が 義 務 付 け ら れ て い る . ま た , 法 令 で 義 務 付

労働安全衛生マネジメントシステム―OHSAS18001:2007 日本語版と解説


3.4 全 体 的 な マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム で の OHSAS の 位 置 付 け 労 働 安 全 衛 生 法 令 の 順 守 の 観 点 か ら OHSAS 18001 で は , 機 械 を 労 働 者 に 使 用 さ せ る 組 織 ( 事 業 者 ) に つ い て も , 適 用 さ れ る も の で あ る . ( 4 ) 翻 訳 の 統 一 化 こ れ ま で , 我 が 国 で は OHSAS18001 の 翻 訳 と ISO/IEC Guide51, ISO 12100 , IS014121 の 翻 訳 は , 別 々 に 行 わ れ て い た . そ の た め , 英 文 が 同 一 で も 異 な る 訳 が 行 わ れ て い た 部 分 が あ る . 審 査 に あ た っ て は , 必 要 に 応 じ て " 機 械 の 包 括 的 な 安 全 基 準 に 関 す る 指 針 " 7 ] ISO/IEC Guide 51 , ISO 12100 , ISO 14121 に つ い て も 参 考 に す る こ と が 望 ま し 193 3.4 全 体 的 な マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム で の OHSAS の 位 置 付 け ISO 9000 で 定 義 さ れ て い る よ う に , シ ス テ ム は , 単 な る 要 素 の 集 ま り で は な く , 相 互 に 作 用 す る あ る い は 相 互 に 関 連 す る 要 素 の 集 ま り で あ る . そ し て , マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム も , 方 針 及 び 目 標 を 定 め , そ の 目 標 を 達 成 す る た め の シ ス テ ム で あ り , 組 織 の 経 営 管 理 に 関 わ る 要 素 の 集 ま り で あ る が , シ ス テ ム で あ る の で , そ の 要 素 の 間 の 相 互 の 作 用 や 関 連 を 理 解 し て お く こ と が 必 要 で あ る . 品 質 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム , 環 境 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム , OH&S マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム の 間 で , 用 語 と 定 義 に 関 し て , 多 少 の 相 違 は あ る が , こ で は , 重 要 な 概 念 の 関 係 と 重 要 な プ ロ セ ス の 間 の 関 係 の 観 点 か ら , 全 体 的 な マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム で の OH & S の 位 置 付 け を 考 え て み た い . 3.4.1 全 体 的 な マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム の 構 造 ( 1 ) 全 体 的 な マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム ま す , マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム の 定 義 を 比 べ て み る . OH&S マ ネ シ メ ン ト シ ス テ ム - OHSAS 18001 : 2007 3.13 - 組 織 の マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ ム の 一 部 で , OH&S 方 針 を 策 定 し , 実 施 し , OH&S リ ス ク を 運 営 管 理 す る た め に 用 い ら れ る も の .