検索 - みる会図書館

全データから 139322件ヒットしました。

現代日本の文学 32 伊藤 整 集


北 海 道 小 樽 忍 路 湾

札幌・小樽・富良野・旭山動物園(楽楽 北海道 2)


, ラ 札 幌 市 街 北 部 第 北 海 道 大 学 北 海 道 庁 旧 本 庁 舎 人 訂 元 ・ 大 通 公 園 流 プ ラ ナ 物 館 / 市 立 幌 病 院 図 書 館 、 ② 北 夫 国 際 交 流 会 館 ー 留 学 ク ラ ー ク 館 北 7 西 8 0 清 華 亭 - ゴ ク 酉 10 一 偕 楽 園 - 北 7 西 6 一 -- - ー ー 北 6 西 5 ヨ ド バ シ わ り 公 カ メ ラ ー に = 大 原 簿 記 専 門 学 校 ツ ボ ロ 西 明 イ ン 札 幌 - ー Ⅱ 「 ・ JR サ ・ サ ツ ボ ロ 主 井 ガ ー デ ン 王 プ ラ 0 匕 海 道 旅 客 ・ 2 、 0 年 6 月 2 日 Ⅱ テ ル 第 通 ヒ 普 ・ 鉄 道 本 社 西 ビ ル セ ン ユ リ ← : 變 ー - 北 5 西 7 , 京 王 プ 五 条 手 稲 通 り 一 二 一 一 こ 一 「 北 5 西 フ ー 5 7 ー ア ス テ ィ 45 ー ル ハ ー ・ 北 海 学 北 方 生 物 圏 い キ 林 フ ィ ブ ル ド セ ン タ ー 植 物 、 ・ 札 幌 西 通 北 海 庁 別 6 宮 部 金 吾 保 険 事 務 p 園 . ・ バ チ ラ ー 記 屋 旅 館 - / ・ 、 = 北 方 民 族 ド 博 物 館 本 資 料 館 、 北 大 植 物 新 9 で ⑧ 海 道 道 警 察 部 庁 舎 び 道 議 事 堂 高 山 植 物 園 ・ 北 2 西 5 , 宀 な 気 匚 卩 ー 塰 導 支 社 立 文 書 館 別 - 北 1 西 6 北 1 西 4 サ 0 ガ デ 冫 ④ ・ ま 熹 有 島 武 郎 後 楽 園 ホ テ ル ー 地 下 鉄 東 西 線 靆 通 西 6 -- 、 、 、 文 学 碑 し 当 第 1 後 楽 園 ホ テ 北 5 西 10- 4 西 7 北 3 西 5 さ っ 北 、 道 庁 道 庁 有 、 市 視 力 障 害 者 コ 福 祉 セ ン タ ー げ さ ほ ろ 0 び 日 幌 市 資 料 館 円 山 ハ 園 へ 西 11T 1 丁 目 ~ 9 ホ テ ク フ リ ン

北海道 (楽楽―北海道 1 )


「 ( 」 」 〔 」 」 」 ・ ・ ・ ・ 西 五 丁 目 槽 川 通 り ー 4 ・ 生 一 一 ン コ 、 ロ 当 や 第 育 学 、 合 博 物 館 3 引 上 ロ 講 堂 北 9 西 も ク ラ ー ク 博 士 の 胸 像 P35 正 門 ・ . 学 術 女 流 館 札 幌 キ リ ス ト 教 会 実 験 室 ・ 東 横 イ ン 札 幌 駅 西 口 北 大 前 ク ラ ー ク 館 北 8 西 5 北 8 西 7 北 7 西 8 受 一 、 = ' ー 1 洋 菓 子 き の と や 大 丸 店 p. 引 北 菓 楼 大 丸 札 幌 店 清 華 亭 9 FRESH ICE CREAMERY ilca 大 丸 札 幌 店 -p.48 KINOTOYA CAFÉ 大 丸 札 幌 店 北 6 西 5 - 北 7 西 6 偕 楽 園 ー ホ テ ル ク レ ス ト 札 幌 緑 地 ホ テ ル ョ ド バ シ 0 ク レ セ ン ト 京 阪 札 幌 カ メ ラ ホ テ ル 札 幌 ー 大 原 簿 記 専 門 学 校 0 工 学 北 海 道 大 学 札 幌 街 北 部 0 医 學 ロ 保 健 科 P35 、 1 境 究 市 立 幌 病 院 。 経 済 図 書 館 年 記 . 会 館 事 務 園 ② 北 大 国 際 交 流 会 館 小 樽 へ 留 学 セ ン ー 「 北 ハ 条 通 り .9 = ・ - 北 7 酉 10 を 一 西 JR イ ン 札 幌 ー 〕 ー ー ー 。 日 サ ツ ボ ロ 5 サ ツ ボ ロ 5 北 海 道 旅 客 鉄 道 本 社 西 ビ ル 京 王 プ ラ ザ ー 朝 訛 祕 ホ テ ル 札 幌 ー 北 5 西 7 ・ 京 王 プ ラ ザ ホ テ - 北 5 西 7 - 北 4 西 8 ー 匣 北 5 西 7 西 4 ー 0 0 に ア ス テ ィ 45 ホ テ ル ノ ー ス イ ン 札 p. 45 鮨 と : ホ テ ル ハ ー ス 毎 日 会 館 北 3 西 5 ハ ン ノ キ 林 ー 北 3 西 6 ー 道 庁 前 金 平 寿 司 p. 45 石 狩 支 庁 庁 別 館 び 北 、 道 庁 宮 部 金 吾 記 念 バ チ ェ ラ 記 館 中 村 屋 旅 館 道 庁 前 北 方 民 族 博 物 館 本 資 料 館 北 遒 立 文 曷 館 市 視 力 障 害 荐 コ 福 祉 セ ン タ ー 北 大 植 物 園 9 部 庁 舎 6 道 第 議 事 堂 = 。 ー 北 2 西 5 北 ニ 条 通 り 北 2 西 10 ー ー ー ー ー ー ー 北 海 道 放 送 HBC 会 館 札 幌 メ デ ィ ア ・ s 〒 y 幌 テ レ ビ 、 テ 札 幌 ノ ← ク 「 放 送 ム 館 ー ガ ー デ ン バ レ 戈 。 一 一 中 央 署 ⑩ TT 北 海 道 支 社 道 立 文 書 館 別 館 こ ⑦ 北 一 条 局 プ ラ ザ - 北 1 西 9 を 一 - 大 通 8 - 北 1 西 6 - 北 1 西 10 ー 北 1 西 4 6 幌 第 2 北 条 中 局 同 庁 舎 ー ・ 北 大 物 ビ ル 札 幌 デ サ 享 〇 大 通 公 園 ホ テ ) 1 1 〒 目 駅 前 に 二 学 院 9 大 通 西 8 9 ~ 「 二 大 通 西 1 0- 大 通 西 4 黒 田 清 隆 之 像 , ー 大 通 西 4 、 . 札 幌 市 資 料 館 有 島 武 郎 大 通 西 1 1 後 楽 園 ホ テ ル ー ー こ 一 地 下 鉄 東 西 線 ー . 二 一 - 大 通 西 6 文 学 碑 内 通 59 大 通 西 西 1 1 丁 目 円 山 公 園 へ 酉 11 丁 目 駅 系 テ ル リ ソ ル 0 札 幌 0 西 1 1 丁 目 駅 前 9 せ 冫 リ ン ト リ ニ テ ィ 札 幌 ホ テ ル オ ー ク ラ ー ー ー ー . 後 楽 園 ホ テ 3 中 殿 ー 0 南 1 局 ー 9 北 5 西 ー 北 五 条 手 稲 通 り 北 5 西 10- 中 央 区 9 北 5 西 1 0 北 海 道 大 学 北 方 生 物 圏 フ ィ ー ル ド 科 学 セ ン タ ー 植 物 園 北 4 西 7 山 P31 札 幌 西 び 」 通 社 会 保 険 事 務 所 さ つ ほ 北 海 道 庁 旧 本 庁 舎 バ ラ 園 ・ 高 山 植 物 園 ・ 0 0 植 物 園 前 c- つ ま ろ 芸 文 化 の ホ テ ル さ っ ぽ い 西 1 0 P32.33 ] 札 幌 第 3 6 合 同 6 日 銀 -NTT コ ム ウ ェ ア 大 通 西 7 ト --

関東東北じゃらん 2016年9月号


北 斗 市 三 大 祭 り き じ ひ き 高 原 ま つ り 00r 第 北 斗 市 茂 辺 地 さ け ま つ り 北 斗 の 魅 力 が た つ ぶ り 楽 し め る お 祭 り で 年 中 賑 わ い ま す Ⅱ 北 斗 市 で は 春 ・ 夏 ・ 秋 に か け て 、 地 元 が も っ 魅 力 を 最 大 限 に 活 か し た お 祭 リ を 開 催 し て お リ 、 毎 年 多 く の 市 民 や 観 光 客 で 賑 わ い ま す 。 見 じ さ ビ イ 上 を 売 サ き 遡 鮭 販 料 月 産 す を て ・ 、 た か わ ・ 、 市 と し つ 行 ト 斗 こ と の が ン 北 る め け ス ペ 広 大 な 風 景 の 中 で 地 元 産 の 和 牛 な ど で バ ー ベ キ ュ ー が 楽 し め る 夏 の 恒 例 イ ベ ン ト 。 ス テ ー ジ シ ョ ー を 楽 し め た リ 、 パ ノ ラ マ 展 望 台 へ の 無 料 送 迎 バ ス も 運 行 さ れ る 。 北 斗 市 は 桜 の 名 所 と 北 人 も 時 楽 ご 道 育 だ 以 推 な 斗 も 花 期 し た で つ れ 上 定 イ ・ ・ つ 市 少 見 に め え は た 桜 の 樹 、 の な に は ま の 珍 も 。 法 齢 ま 桜 く 足 遠 す あ し の こ 亀 3 す の な を 方 。 る く は こ 寺 0 。 各 く 運 か 開 桜 、 北 ま の 0 所 、 ぶ ら 花 が 見 海 で し 年 、 を 」 9 ス ~ 北 斗 桜 回 廊 毎 年 5 月 上 旬 頃 に 開 催 さ れ る 「 北 斗 桜 回 廊 」 で は 、 法 亀 寺 や 松 前 藩 戸 切 地 陣 屋 跡 、 大 野 川 沿 い 桜 並 木 な ど の 桜 の 名 所 を 舞 台 に 、 桜 を 満 喫 で き る イ ベ ン ト が 開 催 さ れ ま す 。 開 催 期 間 中 は 、 ラ イ ト ア ッ プ も 行 わ れ 、 幻 想 的 な 桜 を 楽 し む 事 も で き ま す 。 北 斗 市 は 見 こ た え た 0 ぶ り , , 歴 史 を 感 じ さ せ る 建 造 物 や 北 海 道 ら し い 大 絶 景 パ ノ ラ マ な ど 、 見 て 楽 し め る の も 北 斗 市 の 魅 力 で す 。 北 海 道 水 田 発 祥 の 地 、 北 斗 市 海 地 ヒ 斗 市 は 庫 恵 ま れ た 豊 富 な 海 の 幸 北 斗 市 は 北 海 道 水 田 発 祥 ん の 地 で あ リ 、 古 く か ら 農 業 丿 が 盛 ん に 行 わ れ て い ま す 。 最 近 で は 北 斗 市 で 誕 生 し く た 「 ふ つ く リ ん こ 」 が 北 海 道 の 推 奨 品 種 と な リ 、 全 国 っ に 美 味 し い お 米 を 供 給 し 3 て い ま す 。 き じ ひ き 高 原 北 海 道 を ぐ る っ と 見 渡 す 。 広 大 な 大 地 を 体 感 。 新 幹 線 を 降 リ た 、 す ぐ に 体 感 し た い の は 北 海 道 広 大 な 大 地 。 そ れ を す ぐ に 体 感 す る 事 が で き る の が 、 新 函 館 北 斗 駅 か ら 車 で 正 式 名 称 は 「 厳 律 シ ト ー 会 灯 台 の 聖 母 大 ま い 、 18 9 6 年 に フ ラ ン ス 、 オ 朽 分 の と こ ろ に あ る 「 き じ ひ き 修 道 院 」 と い し 高 原 」 で す 。 パ ノ ラ マ 展 望 台 か ら ラ ン ダ 、 イ タ リ ア 、 カ ナ ダ か ら 総 勢 9 人 の は 、 大 沼 、 駒 ヶ 岳 や 津 軽 海 峡 を 一 修 道 士 た ち が 日 本 最 初 の 男 子 ト ラ ピ ス ト 望 す る こ と が で き 、 そ の 壮 大 な 修 道 院 を 創 設 し ま し た 。 戦 後 、 こ の 修 道 院 で つ く ら れ る バ タ ー や ク ッ キ ー が 人 々 に 親 風 景 は 圧 巻 の 一 言 で す 。 し ま れ 、 今 で は 北 海 道 を 代 表 す る 名 産 と し て 全 . ま 1. 国 的 に 広 が リ ま 》 北 斗 市 に は 津 軽 海 峡 か ら 採 れ る 海 の 恵 み と 、 古 く か ら 盛 ん に 行 わ れ て い る 農 業 の 両 方 を 楽 し め る の が 北 斗 市 の 魅 力 の 一 つ 。 静 寂 な た た ず ま い を み せ 、 「 「 訪 れ る 人 々 の 心 を 和 ら げ る 0 2013 年 か ら は じ め 、 全 国 に 向 け て 新 試 験 的 に 養 殖 が た な 北 斗 市 の 特 産 品 と 始 ま リ 、 2 015 し て の 広 が リ が 期 待 さ 年 初 め て 予 約 直 れ ま す 。 売 会 が 行 わ れ た 北 斗 市 の 新 し い 魅 キ 力 。 実 リ の い い 肉 厚 の カ キ は 北 斗 ( カ 市 民 を は じ め 多 、 内 を , 朗 く の 人 に 「 美 味 し 一 我 後 海 道 内 を ホ ッ キ 貝 ホ ッ キ 貝 は 北 斗 市 を 代 表 す る 特 産 品 。 全 国 で こ こ 北 斗 市 だ け で 行 わ れ ア / て い る 「 ホ ッ キ 突 き 漁 」 と 呼 ば れ る 漁 法 で 行 わ れ 、 地 元 漁 師 の 経 験 、 と 勘 が 生 み 出 し て い る 海 の 幸 で す 。 ~ ー 言 益 に 1 駅 、 く PR 企 画

札幌・小樽・富良野・旭山動物園(楽楽 北海道 2)


楽 つ ほ ん 、 再 発 旭 富 小 札 ら く ら く ど こ に 行 き た い ? 何 を し た い ? 7 つ の キ ホ ン 早 わ か り ガ イ ド 北 海 道 の 四 季 コ コ へ 行 き た い ! 楽 楽 解 決 ! モ デ ル ル ー ト 人 気 の 2 大 都 市 を 行 く 開 拓 の 歴 史 と 運 河 散 歩 札 幌 司 1 泊 2 日 日 本 一 の 動 物 園 と 見 渡 す 限 り の 花 畑 へ ! 旭 山 動 物 園 と 絶 景 ド ラ イ ブ 1 泊 2 日 太 古 の エ ネ ル ギ ー を 実 感 ! 温 泉 と 2 つ の 湖 巡 り 1 泊 2 日 北 の 食 材 と 旬 の 時 季

関東東北じゃらん 2016年9月号


北 斗 市 っ て ん な ト コ 何 度 そ も 来 た く な る 、 北 斗 市 。 津 軽 海 峡 に 面 し , 毎 か ら 採 れ る ホ ッ キ を 代 表 と レ = 斤 鮮 - 、 介 類 、 そ し て ふ つ く り ん こ や ト マ ト な ど の 農 作 物 、 さ ら に き じ ひ き 高 原 や ト ラ ピ ス ト 修 道 院 、 北 斗 桜 回 廊 な ど 魅 力 い つ ば い の 道 南 の 街 。 。 。 よ り も 北 斗 市 に は 、 温 か く 迎 え て く れ る フ レ ン ド リ ー 人 々 の 笑 顔 が あ り ま す 。 北 斗 旅 、 北 海 道 新 幹 線 で 行 く ! ー ほ ぐ と り つ ぶ ー 新 函 館 北 斗 木 古 内 青 函 ト ン ネ ル 奥 津 軽 い ま べ つ 新 青 森 七 戸 十 和 田 八 戸 盛 岡 仙 台 福 島 宇 都 宮 大 宮 東 京 北 海 道 新 幹 線 お も て な し 企 画 北 海 道 新 齢 線 ■ 第 キ ャ ラ ク タ ー ・ 、 0 " ! 00 、 = 200 ど 0 、 も 、 キ 、 、 北 斗 市 公 式 キ ャ ラ ク タ ー 会 場 内 に は 地 元 北 斗 市 や 北 海 道 各 地 の " う ま い も ん " を 提 供 す る コ ー ナ ー が あ リ 、 降 リ て す ぐ 地 元 と 北 海 道 全 体 の 魅 力 に 触 れ ら れ て 、 ち ょ っ と 得 し た 気 分 に な れ ま す 。 6s リ N AMIO : 00 ~ PM5 : 00 北 海 一 2016 ま ず は 北 斗 市 や 全 道 各 地 の 食 の 魅 力 で お 出 迎 え ! ! 北 海 道 新 幹 線 の 終 着 駅 「 新 函 館 北 斗 駅 」 で は 、 11 月 6 日 ( 日 ) ま で の 毎 週 末 、 駅 前 の 公 園 ス ペ ー ス で 地 元 北 斗 市 や 北 海 道 各 地 の グ ル メ を 提 供 し て い る お も て な し イ ベ ン ト 「 北 海 道 お も て な し ス テ ー シ ョ ン 2016 」 が 開 催 さ れ て い ま す 。 主 催 / 北 海 道 ・ 北 斗 市 の 新 函 館 北 斗 駅 西 側 公 園 見 て 楽 し む 食 べ て 楽 し む 第 な ウ 工 ル カ ム ビ ー ル プ レ ゼ ン ト ク ー ポ ン QR コ ー ド を ア ク セ ス し て 表 示 さ れ た 画 面 を ロ ・ ・ .. ロ ス テ - シ ョ / 提 示 す る と ウ ェ ル カ ム ピ ー ル を プ レ ゼ ン ト ! ! 。 ・ 。 [ 有 効 期 限 ] 2016 年 8 月 31 日 ( 水 ) ま で - 新 幹 線 - 0 市 営 立 体 駐 車 場 至 函 館 駅 → “ 至 札 新 函 館 北 斗 駅 斗 市 観 交 済 セ ン タ ー 至 新 青 森 駅 -• 美 味 し い も の に 舌 鼓 を 打 ち な が ら 、 ニ コ ン サ ー ト や 郷 土 芸 能 な ど 、 多 彩 な プ ロ グ ラ ム で 新 幹 線 来 道 者 を お も て な し 。 南 口 駅 前 広 場 毎 週 ま ク ー ポ ン 1 回 に つ き ウ 工 ル カ ム ビ ー ル 1 杯 ※ 一 部 、 祝 祭 日 も 開 催 予 定 。 96 2016 9.1

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


昭 和 41 年 夏 夫 人 と 北 海 道 旅 行 中 の ス ナ ッ プ

札幌・小樽・富良野・旭山動物園(楽楽 北海道 2)


旭 川 今 愛 別 ~ 東 旭 川 南 1-8. ト 瓸 ⅲ 希 旭 山 動 物 園 旭 川 小 東 旭 川 南 ト 6 ー .- 鷓 川 中 東 旭 川 ポ ン 牛 別 ラ ー メ ン 専 科 く さ び p. 1 - 愛 宕 中 共 栄 小 永 山 南 永 山 西 小 永 山 3-12 旭 川 北 雲 高 乙 旭 ハ ~ 東 陽 中 / 旭 川 第 1 岡 1 5-7 愛宕小@ 東 光 4-7 / 〇 東 栄 小 ー 旭 川 東 郵 便 局 豊 岡 4- あ さ ひ か り ? ー メ ン 村 ・ 山 酒 造 り 資 料 ク 南 永 山 ー ー 永 山 3-5 旭川竜谷高@ 丿 旭 川 市 ら ~ め 蔵 P. 1 東 光 旭 用 東 署 ⑧ 末 広 1-3 ー 、 一 新 旭 川 9 条 19 田 道 北 病 院 一 査 新 能 橋 ー ー よ 怛 川 四 条 、 旭 川 藤 女 〇 花 咲 ス ポ ー ?. 167 高 叫 酒 造 公 園 、 オ を ← ユ デ ト 宮 前 瓸 川 北 高 〇 ス タ ル ヒ , 、 ・ 南 署 中 央 P. 1 中 原 悌 ニ 記 念 旭 川 市 彫 刻 美 術 館 花 1 @ 北 鐐 記 念 館 ・ - 。 大 町 小 : 旭 川 市 井 上 靖 記 念 館 1 条 @北鎮小 旭 川 北 海 道 教 育 夫 中 央 局 附 属 旭 川 中 % 橋 ; 大 雪 地 — ル 館 北 海 道 教 育 大 、 ・ ポ ズ ル 39 { 北 海 道 立 4 条 2 附 属 旭 川 小 ~ 、 術 館 - , 向 陵 小 騫 北 海 道 教 育 大 旭 川 校 鷓 川 商 業 声 神 楽 3 怛 西 を 旭川西高@ ー 10 ノ イ ・ 神 居 3 - 。 -1 条 19 旭 ⅲ 市 科 學 館 サ 9 い ・ 1 ・ 大 雪 た 蔵 Å 楽 神 楽 岡 公 園 ・ ー ー 神 楽 5-12 ー . ィ 神 楽 岡 ・ 三 涌 綾 子 記 念 文 c_ ひ か わ !. ?. 1 神 居 3 」 一 一 外 国 樹 種 見 本 林 @神居東小・一 神 居 東 中 旭 町 2-3 ー - 、 伊 ノ 沢 ス キ ー 旭 川 鷹 栖 ー O / 緑 町 5 @忠和中 忠 和 小 Go 0 第 一 〇 p. 161 屋 総 本 な ) 花 窓 館 p. 1 優 佳 良 織 工 芸 館 際 染 織 美 術 館 雪 の 美 術 館 北 、 伝 統 美 術 工 芸 村 p ・ 1 冊 P. 16 白 伊 野 川 〇 東 海 夫 瓸 キ ャ ン バ ス 山 ト ン ネ ル 、 皿 モ 山 嵐 カ ト ン ネ 深 に サ ン タ ブ レ ゼ ン ト バ ー ク 旭 川 GC ょ -

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


冬 の き び し さ を 感 じ さ せ な い 、 静 か な 北 海 道 の 夏 ( 春 採 の 海 岸 ) 。

日本の天然記念物 6 地質・鉱物


天 然 記 念 物 所 在 地 地 図 北 海 道 い 札 幌 南 西 ] 1 km ヒ 海 道 神 宮 円 山 公 園 札 幌 市 動 物 園 グ ラ ン ド 礼 文 島 円 山 原 林 利 尻 島 公 藻 岩 原 始 林 Ⅱ 焼 尻 の 自 然 林 ④ Ⅱ 天 売 島 海 鳥 繁 殖 地 ① 焼 尻 島 天 売 島 工 ゾ ミ カ サ リ ュ ウ 化 石 ⑥ 地 域 を 定 め ず 指 定 し た も の 北 海 道 犬 ( ア イ ヌ 大 ) ① タ ン チ ョ ウ ① ク マ ゲ ラ ① オ ジ ロ ワ シ ① オ オ ワ シ ① 工 ゾ シ マ フ ク ロ ウ ① 主 な 生 息 地 北 海 道 北 海 道 北 海 道 北 海 道 北 海 道 北 海 道 岩 見 沢 小 樽 札 幌 一 円 山 原 始 林 ④ ー 藻 岩 原 始 林 ④ 野 幌 原 始 林 ④ 後 方 羊 蹄 山 の 高 山 植 物 帯 ③ 歌 才 フ ナ 自 生 北 限 地 帯 ④ 昭 和 新 山 ⑥ 登 別 原 始 林 4 苫 小 牧 奥 尻 島 鶉 川 ゴ ョ ウ マ ッ 自 生 北 限 地 帯 ④ ヒ ノ キ ア ス ナ ロ お よ び ア オ ト ド マ ッ 自 生 地 4 函 館 ロ 渡 島 大 島 オ オ ミ ズ ナ ギ ド リ 繁 殖 地 ① 松 前 小 島 ( 天 然 保 護 区 域 ) ② 松 前 小 島