博友 - みる会図書館


検索対象: 全ての本
944799件見つかりました。

1. 週刊文春 2017年7月13日号

・ニ物ャを・第を た』という趣旨の文面を書 当時文科相群馬博友会の幹部が打ち日報には〈博友会後援会年である清和研の。ハーティー はいすれ、強ー宿 会費のお願いを郵送作業〉券購入のノルマも課せられくよう指示されました。驚 黷”だった下村氏明ける。 “強・れた・のように・・ . は国会でこの「東京の博友会が毎年秋に〈博友会年会費納入状況チており、近畿博友会会長のきましたが、なにぶん初め 2 ェック〉といった言い回し 疑惑について行なっているバーティーに こんな懺悔の言葉が日報にてのことで、『下手に逆ら も・をを 【こう答弁しては、会長ら幹部は群馬からも頻繁に登場するが、これは残されている。 うとこのまま帰れなくなる 参加しています。詳しくはは下村事務所が博友会のカ〈今回、私の力不足でノルのでは』と不安になり、言 二 0 一 1 を日良 〈地方の博友覚えていませんが、。ハーテネの管理をしていたことをマが達成できませんでしわれる通りに書いて捺印し をー・第こま第では 1 会は、各地域ィー券を何枚も買う時もあ意味する。 た。皆を引っ張っていく立ました。ただ、私は今もあ ・、、れ ) 、いっキれを 量ーは震ーわ血で 各博友会には年会費だけ場にありながら情けなくてれは寄附などではなく、年 一の有志の皆さりました」 ・物代の . れ物′義第 のををして鋼 0 れてをお 止んで運営をし下村事務所が作成したリでなく、下村氏の所属派閥仕方がありません〉 会費だったと思っています」 当の・は 4 、まを第 政治資金に詳しい神戸学 ー、。ていただいてストでは、一四年九月二十 ′ ( をおり・まして 院大学法学部の上脇博之教 六日には中部博友会も一一 + 国会答弁と明らかに矛盾 一、鸞私の事務所で万円分のパーティー券を購 授はこう語る。 さらに下村氏は国会で政治資金のカラクリが問題「今回文春が入手した入金 第輌 ( 叫 ~ 震 - は一切タ , チ入。下村氏の国会答弁とは 「 ( 博友会の ) 名簿の管理は視されたのです」 リストは事実上の裏帳簿に 。←いを」を」。。惠一しておりませ明らかに矛盾している。 ん。私は、財それどころか、日報やリ しておりません」と強弁し この件は弁護士などから当たると考えられる。さら 政面も含め、これら団体にストには各博友会が、実はていたが、博友会バーティ成る市民団体が一五年一一一に博友会の政治団体として 疑 の係る具体的な運営に関する下村事務所を司令塔とした ーの入金リストでは各博友月、東京地検に政治資金規の実態が記されている日報 答事柄は一切承知しておりま組織であることを窺わせる会をグループ分けしたうえ正法違反の疑いで刑事告発の存在も明らかになった以 虚せん ( 中略 ) 地方の博友会″証拠″があちこちに散見で個人名を列記し、払った したが、下村氏は昨年十一上、前回の検察捜査は不起 されるのだ。 巡から寄附を受けたり、 金額や集めた合計額を細か月に「嫌疑なし」の不起訴訴という結論ありきの極め 処分とされた。 事券の購入をしてもらったこ て杜撰なものだったと言わ 〈 6 月 7 日の近畿博友会のく管理してもいるのだ。 誌とはありません〉 ( 一五年一一会場は帝国ホテルになりま博友会関係者の解説。 中部若手博友会の元顧問ざるを得ません」 月二十六日予算委員会 ) 記者会見で、小誌記事を した。 100 人で行いま「地方の博友会が年会費とが振り返る。 しかし、実際には「群馬す。大臣が仰るようにきちして集めたカネは、下村氏「昨年十月に検事さんから「選挙妨害」と非難し、「都 博友会」の名義でバーティんと会費を納めてくれる人が代表の自民党支部への『下村先生の件で、一度来議選が終わったら丁寧にお に集まって貰いますので、 ″寄附 4 として処理されるて下さい』と電話があり、答えいたします」と語って ー券の購入がなされていた。 群馬博友会は群馬県出身そのために個人会員を増や一方で、領収書の但し書き東京地検に行きました。通 いた下村氏。だが、小誌が の下村氏の中学・高校時代すようにいたします〉 は″年会費″とされていまされたのは、厚いドアで厳送った質問状に一切回答し の同級生が中心となって立 これは一四年一一月二十六した。下村氏は『年会費と重に管理された部屋でしなかった。 ち上げた組織で、年に一度日付の日報に書かれた、近いうのは寄附のことなんでた。検事さんからは『年会教育行政を司ってきた元 県内で開かれる講演会には畿博友会の会長から下村事す』と国会で繰り返し説明費だと思っていたものは寄文部科学大臣の言葉はかく 約四百名が集まるという。務所への報告内容である。 していましたが、こうした附でした。私の勘違いでしも軽いのである。 ども . は教えられない◆凛の願 、達文科大臣 塾業界から「違法献金 =

2. 週刊文春 2017年7月13日号

す。またご協力をさせて頂日本語教育振興協会の幹部る。こうした陳情は頻繁に男性が重い口を開く。 検証する記事をい きます〉 が法務省に働きかけてくれ持ち込まれているようだ。 「詳しい日付までは覚えて掲載している。み : 続けて、榮氏は自身の対た結果だったと思います」 一方、加計学園の博友会いませんが、私は。ハーティ学習塾の経営者 : 0 : 応を下村氏に報告している。 しかし、日本語教育振興への″闇献金″と同じく、 ー券を引き受けるとそれをから政治家に転〉 〈↓佐藤秘書官を通じて担協会は「二〇一〇年の事業政治資金規正法違反が疑わみんな売ってしまうんです。身した下村氏 当に色々動いて頂きまし仕分け以降、法務省への申れるケースはほかにもある。それで集めたお金を渡した は、文教族とし た。佐藤秘書官にも御礼申請などの手続きは個別の日 小誌は前号で、一二年かだけです。ただ、二万円のての地歩を固め し上げました〉 本語学校に委ねられてい ら三年分の博友会の入金リ バーティー券はそう簡単にる一方、塾業界 冒頭の三月十日の「日る」 ( 高山泰専務理事 ) と断ストを精査する限り、 " 闇売れるものじゃないから、 や学校関係者な、 報」とあわせると、山手学言し、関与を否定するのだ。献金 4 が疑われるケースは 私が貰ったボクシングやプどを中心に全国 院は下村事務所に陳情した榮氏の日報にはこれ以外合計約一千万円にのばるとロ野球のチケットと合わせ網の後援会「博 結果、〈特例〉により、ビ にも、下村氏と同じ早稲田指摘した。なかでも一回のて渡したり、足りない分は友会」を立ち上 ザ発給を受けた。その過程大出身の元塾経営者で、三 ーティー券購入額が最も補填したりしていました」げた。東京に拠 で、文科省の官僚で当時、十年来の盟友とされる金融高額だったのは二百万円。 仮に二百万円の原資が、 点を置く博友会 大臣秘書官だった佐藤光次プローカーからの依頼で、 一二年九月二十八日、都内貸金業者の言う通りだとしを筆頭に、東北 2 に 郎氏が動いたというのだ。 モンゴル人女性に対するで貸金業を営んでいた七十ても、これはバーティー券博友会、群馬博 山手学院の〈ご協力〉と " 在留資格。の口利きを行代の男性からの入金だ 0 購入を取りまとめる「あ 0 友会、中部博友会、近畿博 ~ は何だったのか。一四年のなったとする記述もみられた。 せん」行為の疑いがある。友会、中四国博友会、九州 「博友会」バ ーティー入金 収支報告書に記載義務があ・沖縄博友会という七つの る二十万円を超えているに後援会組織で、いずれも下リ リ = トによれば、山手学院ニ百万円献金を認めた貸金業者 は例年の倍、二十万円のバ もかかわらず、貸金業者の村氏を招いた大掛かりな講硺 ーティー券を購入している。 「豊島区内で不動産業や貸回の。ハーティー券売買の支名前はどこにも記載されて演会を定期的に開催。前述 山手学院の横田美奈子代金業を営んでいた資産家で、払いは百五十万円を上限と いないため政治資金規正法の日本語学校を経営する山 表は経緯をこう説明する。石破茂前地方創生相や小池すると定められている。貸違反の可能性があるのだ。手学院も東北博友会の会員購 券 「ビザ発給について下村事百合子都知事の支援者とし金業者からの二百万円の入 さらに闇献金が疑われるだ。 務所に電話で状況を聞いてても知られていました。彼金はこの上限を超えている二十万円を超えるバーティ地方の博友会も実態は政 もらったことは事実です。 が下村氏の地盤である板橋ことになる。そのうえ、二ー券購入者のなかで看過で治団体だが、政治団体とし← 確、 力にバーティー券も購入区に住んでいたことから縁十万円を超えるパーティー きないのが、一三年十月一一て届出がなされているのはた 1 ' しました。ただ、特別に働ができ、下村氏は彼が最高券購入の場合、収支報告書日に三十万円の入金を行な東京の博友会のみ。これがだ きかけをしてもらったとい顧問を務めていたチャリテに氏名などを記載しなけれった「群馬博友会」である。政治資金の透明化を謳った昉 う認識はまったくありませィーイベントにも参加してばならないが、その記載が 小誌は二〇一五年二月か政治資金規正法に反してい 2 ん。実際には日本語学校の いた」 ( 貸金業者の知人 ) どこにも見当たらないのだ。 ら十回にわたり下村元文科る可能性があると小誌は指 審査を行なう法務省認可の政治資金規正法では、一 当事者である貸金業者の相の政治献金と教育行政を摘したのだ。 山学 山譽弊

3. 土をはかる (はかるシリーズ)

土壌保全事業全国協議会、一九七九年 渋谷政夫・小山雄生・渡辺久男「重金属測定法」博友社、一九七八年 青木淳一「土壌動物 , 北隆館、一九七二年 地カ問題研究会編「地カ増進法解説」地球社、一九八五年 土壌微生物研究会「土の微生物ー博友社、一九八一年 江川友治「土じよう・肥料学。技報堂、一九七二年 福田紀文ら「桑園の土壌診断と改良の手引、日本蚕糸新聞社、一九八四年 橋元秀教「有機物施用の理論と応用ー農村漁村文化協会、一九七七年 本田雅健「イオン交換」南江堂、一九五四年 石沢修一「微生物と植物生育 , 博友社、一九七七年 伊東正夫訳監修 ()0 ミュッケンハウゼン ) 「土壌の生成・性質と分類 , 博友社、一九七三年 岩田進午「土のはなし」大月書店、一九八五年 河田弘「バーク ( 樹皮 ) 堆肥ー博友社、一九八一年 川口桂三郎ら「改訂新版土壌学」朝倉書店、一九七四年 」川靖夫・渡辺裕・山本克巳「土壌中の粘土鉱物の電子顕微鏡写真、「農業技術研究所報告 108

4. 週刊文春 2017年7月6日号

「加計学園カり 0 万円」は 物相との親さを置伝、自ら。 又大臣に就いた下げ 界を全まつの県に第々と 一ざせているのだが、第ぐことに ! 復搬会が政、体の届は 一陽の政資金【をい壱て . 、 . - 何 ? 部による 安問ショック ! ◆達文科大臣 業界喝「違法献 第一 ~ 月ャ三日、文第物学有 1 大にをには全第から集ま「 れた下村物文文都科学大に 第 - 鬯の物、会第量「博友金」 しの各第鮻の金曇と事ー長 らズ、・リとを、えた・ 2015 年に問題になった博友会 ーーー主四 0 ー : を 5 ! 0 1 り日 , ミ」 2 山 3 年物友会ツ入金次况 ↓、を : 0 こいを寺当を こに」 4 、 9 37 ロ挙櫨 敬地 . ⅸ てえ っ整 〈 9 月日学校加計学 これは、小誌が入手した た 3 な 期〈 2013 年博友会。ハ ませ をイー入金状況〉と題された 大文書である。博友会とは、 科当時、文部科学大臣だった一 とさ》 国園出はツよ、な 、 -0 、し 下村博文衆院議員 ( の 三憎 ご生 後援会であり、毎年、大規 のんおをしのみ研カ図 山臣が - を請せない長を気とこ物修学 りた大す 蜜申ま手室物こと清ご 模な資金集めパーティーを よい非で き置けお家たた、 長是し 開いている。 山れの事山学。大し山会購たの りでを 濱をこ相しし論報 加計学園によるバーティ 因おし報園科の方 図博第ト長ごまま 学に 9 ご学理です務学劇のツ会としは ー券購入は、翌年の〈 20 計臣しせ山由ま寧計四月ケ川養ま長な 物えも二 ~ 情か岡理「加中 5 チを会決会細 陳◇ 14 年博友会バーティー入 金状況〉にも記されている。官の関与を示す文科省の内 〈間月間日学校山中一部文書の存在が報じられた。 郎加計学園 1 ' 000 ' 「六月十九日の会見で安倍 晋三首相は『 ( 新たな事実を ) そして、この献金は、博指摘されれば真摯に説明す 友会の政治資金収支報告書る』と述べていましたが、 のこは記載されていない。 二十四日には『速やかに 獣医学部新設を巡り、安 ( 獣医学部の ) 全国展開を目 倍政権を揺るがす一大疑惑指す』と開き直りました。 円に発展した加計学園問題。 問題は、首相の″腹心の友″ 違法の疑いのある金銭の流のために、必要性の疑わし れが明るみに出るのは初めい獣医学部新設を認め、し てのことである かもそこに公費が投入され るということ。その過程 文科省の前川喜平前事務で、さまざまな便宜が図ら 次官の告発で事態が大きくれたのではないかという疑 動いた加計学園問題が収東惑が浮上していますが、安 を見せない。国会閉会直後倍首相は論点をズラそうと には、萩生田光一官房副長しています」 ( 政治部デスク ) 内部文書入手

5. 土をはかる (はかるシリーズ)

一九八一年 大政正隆「土の科学ー日本放送出版協会、一九七七年 ペドロジスト懇談会編「土壌調査ハンドブック」博友社、一九八四年 佐々木清一「我国のペドロジーの思想」、一九八七年 須藤談話会編「土をみつめる」三共出版、一九八六年 高井康雄・三好洋「土壌通論」朝倉書店、一九七七年 高井康雄・西尾道徳訳 (). J ラッセル ) 「土壌の世界、講談社、一九七一年 田中明編「酸性土壌とその農業利用」博友社、一九八四年 山根一郎「改訂新版土壌学の基礎と応用」農村漁村文化協会、一九七一年 同右「耕地の土壌学ー同右、一九八一年 和田秀徳ら訳 ( S. W. ビュールら ) 「ペドロジー、土壌学の基礎、博友社、一九七七年 110

6. 土をはかる (はかるシリーズ)

事典 一一一井進午監修「最新土壌肥料植物事典」博友社、一九七〇年 高井康雄ら編集「植物栄養土壌肥料事典」養賢堂、一九七六年 分析法 浅見輝男ら「土壌成分のサンプリングー講談社、一九七六年 土壌微生物研究会「土壌微生物実験法ー養賢堂、一九七五年 土壌物理研究会「土壌物理用語事典」養賢堂、一九七六年 土壌物理測定委員会「土壌物理性測定法ー養賢堂、一九七五年 土壌調査法編集委員会編「土壌調査法ー博友社、一九七八年 土壌養分測定法委員会「土壌養分分析法。養賢堂、一九七〇年 日本土壌肥料学会監修「土壌標準分析・測定法」博友社、一九八六年 農林水産省農蚕局農産課編「土壌環境調査における土壌、水質及び作物分析法 . 引用ならびに参考文献 107

7. 週刊文春 2017年7月6日号

の時も首相夫妻、下村官房「日報」だ。 さらに、この日、山中氏手なお願いですが、何卒面りました。 副長官夫妻、そして加計氏フィギュアスケートのチはこう陳情を重ねた。 会させて頂けないでしよう 会長は勿論の事、加計学 6 ・まで一緒に渡米していましケットをとってほしいと、 〈岡山理科大学の設置申請か〉 園も知らない繋がりが出来 た」 ( 官邸関係者 ) った陳情、その対応結果、の件で、文科省に何度も連文科省のトップに対してとても嬉しいと喜んでお 0 2 一三年三月、今日子夫人政治献金の入金状況の報絡をしたのですが込み合って、担当部署への″口利られました〉 は広島加計学園の教育審議告、講演や面会のアポインているとの理由で取り合っ き 4 を依頼しているのだ。 中四国博友会とは何か。 委員に就任。同年九月に トの調整など、一日の動きて頂けません。 5 月末が申大臣秘書官でもある榮氏の文科政務官を経験し、文教 は、グループの英数学館小が丁寧に記されている。 請でそれまでに 2 、 3 回は対応は、極めて迅速だった。族として台頭しつつあった 学校のチラシに〈最高の教 一四年の日報に再三、登質問し書類を整えたいと思 〈↓事務方を通して、お願下村氏は、全国各地に塾や 育環境を与え続けていま場する人物が加計学園の山っていますので、大変身勝いをいたしました〉 学校関係者を集めた後援会 す〉などとコメントを寄せ中一郎秘書室長 ( 当時 ) だ。 を立ち上げていた。その一 ている。 つが、中四国博友会である。 四月一一 + 一日の〈日程調口利き直後に後援会入会 「加計氏は今日子夫人だけ整・関係各所への連絡・入 小誌はこの博友会を巡る でなく、下村氏に対して力等〉の項目にはこうある。 加計学園の中核である岡依頼から二日後、四月二十疑惑を二〇一五年に報じて も、互いの秘書を通じてマ 〈加計学園山中室長より山理科大はこの頃、獣医学三日、山中氏は下村事務所いる。各地の博友会は、下 メに連絡を取るようになり大臣にお繋ぎして頂いた 部だけでなく、教育学部のを訪問した。その時のやり村氏を支援するため組織的 ました」 ( 加計氏周辺 ) 山本順三先生と日に会食新設も目指していた。予定取りを、榮氏は下村氏にこ かっ継続的に政治活動を 小誌の手元にその動きがすることになりました。もでは、一五年四月開学を目う報告している。 ーティーも開いてい 詳細にわかる下村事務所内し宜しければ、是非大臣も指しており、文科省への学〈中四国博友会をご案内をるにもかかわらず、政治団 部の文書がある。 ご参加下さい〉 部新設の申請は一四年五月し、中四国博友会後援会に体として登録されておら 〈報告書〉と大書され、日榮氏はこう対応した。 末に迫っていた。 入って下さることになりまず、政治資金規正法違反の さかえ 付の横には〈榮友里子〉。 〈↓せつかくのお話しです「獣医学部でも問題になっ した。 5 月の講演会はあい疑いがあるというものだ。 榮氏は、事務所を仕切るが、生憎他の予定がありまていますが、学部の新設に 、加計学園の行事と重日報に登場する西川敏博 金庫番であり、下村氏が最すが、大臣にはその旨お伝は教員確保など様々な条件なり、出席できないのでチ氏は中四国博友会の会長を も信頼する秘書だ。下村氏えしておきます〉 があります。結局、一五年ケットを購入したいとのお務めていた人物で、下村氏 が文科相に就任すると大臣 山本氏は、下村氏と同じ四月の新設はかないません申し出がありました。 ( 略 ) の有力支援者の一人だ。 秘書官に起用された。 清和会所属の参院議員。選でしたが、一五年八月末に 会長とご相談をして、清「〈学校行事〉で中四国博 〈報告書〉は、日付ごと挙区は愛媛県、地元事務所は文科省の認可を得て、翌和研のチケットを、西川会友会の講演会に参加できな に、〈日程調整・関係各所を今治市に置いている。 一六年四月の開設にこぎ着長のカウントでご協力をしい加計側に対し、五月十三 への連絡・入力等〉、〈陳情獣医学部を新設予定の今けました。認可した時の文てもらう事にいたしまし 日に開催される清和会のバ ・ご報告事項・その他連絡治市に影響力を持つ国会議科相が下村氏です」 ( 文科 た。間枚ご協力頂けるよう ーティー券を十枚、一一十万 事項〉、そして、行った業員を、下村氏が加計学園に省幹部 ) なので、会長からチケット円分購入してもらったので 務などが記された榮氏の紹介した形だ。 学部新設を巡る口利きのを届けて頂く段取りで決ましよう。各地の博友会に 4

8. 週刊文春 2017年7月6日号

の間で、「既存の大学・学名や購入金額をェクセルフ政治資金規正法に詳しい いたとすれば、下村氏の法が取り次いでいました」 リストは次のような過程 部では対応が困難な場合」 アイルでリスト化したもの神戸学院大教授の上脇博之的または政治的責任が問わ 6 れます」 - 脅などの四条件をクリアすれだ。左側から順に〈入金日氏が指摘する。 で作成されていたという。 当然ながら、小誌はこの「博友会には専用の口座も ば、獣医学部新設を認めるグループ氏名所属金「このリストが事実であれ 0 2 ことが決まった。 額〉などが記されている。 ば、政治資金規正法違反の リストや榮氏の日報が、本あり、銀行に入金された金 「この″石破四条件″は高 一二年は、九月二十一日不記載にあたり、五年以下物であることを慎重に確認額を確認して、リストに記 ードルですが、獣医学 に、加計学園が一枚二万円の禁固または百万円以下のしている。 載します。下村氏は、バー 部新設に向け、ついに風穴のバーティー券を十枚、二罰金を受ける可能性があり 一四年の入金リストのエ ティー券の売れ行きを細か ます。 が開いたのも事実。そし十万円分購入している。 クセルデータの更新日時は くチェックしており、前年 て、この後、官邸や内閣府しかし、下村氏が一二年加計学園には税金が原資一四年十一月七日、作成者より購入枚数が減っている からの圧力によって、この十二月、文科相に就任するの私学助成金も投じられてと最終更新者は「衆議院」。支援者がいれば、下村氏か 相 首″石破四条件″はなし崩し と、入金額は一三年、一四おり、本来、高い透明性が日報の更新日時は、一四年ら秘書が厳しく指摘される 安にされ、獣医学部新設が認年とも百万円に増えている。求められる。にもかかわら十一月二十七日。作成者と こともあるそうです」 ( 同前 ) すめられたのです」 ( 同前 ) 二年連続で百万円という額ず、文科相という立場にあ最終更新者は同じく「衆議 リストには、収支報告書 重下村事務所の内部文書をはリストでも群を抜く。 りながら、加計学園から違院」。 の記載と一致している入金 氏精査していくと、文部行政 問題なのは、加計学園に法または不適切な。ハーティ衆院議員の議員会館の事もある。 下の最高権力者となった下村よるバーティー券購入は、 ー券購入を受ける一方、学務所には、衆議院から。ハソ 一三年のリストによれ 氏と加計学園収支報告書に記載されてい部設置を巡って口利きしてコンが貸与されている。 ば、日本医師連盟は九月一一 が関係を深めないことだ。 十五日、五十万円を入金し ている。 & 、洋て」く様子が政治資金規正法では = + 「ご指摘いただいた通り事実」 見てとれる。万円を超えるパーティー券 日本医師連盟の収支報告 一 ) 冒頭の〈博購入を受けた場合、収支報さらに、最終更新は一四毎日夜に、メールで下村氏書では、やはり同じ日付で = 友会パーテ→告書に記載しなくてはいけ年十一月。加計学園を巡る」送ります。日報は秘書だ同じ金額が「会費」として けでなく、アルバイトも書博友会に支出されている。 4 ー入金状況〉。ないと規定されている。一疑惑が発覚した今年三月以 博友会は毎年二年の二十万円について降にデータが書き加えられかないといけない。 もし送博友会の収支報告書にも 十月頃に大規は、記載義務はないが、一た形跡は見当たらない。 信を怠ったら『届いていな「政治資金。ハーティーに係 = 模な政治資金三年、一四年の百万円につ 小誌は複数の下村事務所 。すぐにくれ』と怒られる収入」欄に、同日同額の バーティーを いては記載する必要があ関係者に、リストや日報をます。下村氏が気になった ーティー券を購入したこ 開催してい る。ところが、博友会をは見せ、確認を求めた。事務点は、電話や対面で『もう とが、報告されている。 少し詳しく教えて』と聞か 一方、パーティー券の購 イ物る。〈入金状じめ、下村氏の政治団体の所関係者が語る。 況〉は、バー 収支報告書 ( 一三年、一四 「これは下村事務所で作成れ、新たな指示を受けたり入者によっては加計学園の ティー券を購年 ) に加計学園の名前は一している日報やリストに間します。榮氏は事務所の中ように収支報告書に記載さ 入した支援者切見当たらない。 違いありません。日報は、 心人物で、重要案件は彼女れていないケースも目立 1

9. 夏目漱石全集 15

いるのである。 類がないだらう」と言った正宗白鳥の批評は首肯して よかろう。白鳥は「漱石が小説は書かないでも、この 上田敏は漱石の後輩であるが、時を同じくして、東 調子で、英国各時代の文学史を書残してゐたなら、も京帝国大学の講師となり、競争のような形で英文学を 講じた僚友であり、ライ・ハルでもあった。その上性行 っと有難かった」とまで無遠慮に言い放っている。 才能などの上で、対蹠的なものがあった。当時読売新 漱石の「文学評論」の特色は、やはり個別的な「文聞で正宗白鳥が二人を並論して漱石をあけ、敏をおと したことも、しがないジャーナリズムのゴシップ的記 学評論」であって、その各作家間の連絡・連関あるい は脈絡の上に、個々の作家を置いて見る、という文学事であるとはいえ、二人の気持の上に多少のかけをお 史上の位相・位置の決定に関しては、比較的関心をも とさすにはいなかったであろう。ことに二人とも同時 にシェークス。ヒアを講じた期間があり、受講する学生 っていない。その意味でも、彼は「文学史家」である 以上に「評論家」であったといえるだろう。あるいはの間にも比較私議するものの多かったことは、金子健 「学者」である以上に「芸術家」であったといっても同二の「人間漱石」に出ている当時の日記その他によっ じことである。 てうかがうことができる。 各作家論の中でも、もっともすぐれているのがスウ漱石が敏をどう見ていたかは、菊池寛の「友と友の 間」が参考になる。それによると、漱石は敏を評して イフト論であることは、すでに戸川秋骨以来の定評で あるといってよい。 これについては改めて解説を省く「博く知っていたことは、確に博く知っていたね。が、 が、次にポープ論がすぐれていることは、これまた上その博く知っているある部分を押して行くと、それが どれぐらい深いかは、ちょっと間題たがね」という意 田敏以来の定論である。上田敏はイギリスにもこれほ ど詳細にポー。フの特色を論究したものはないと言って味のことを言ったとある。

10. 医学なるほど辞典

「猥褻な話大好き」板坂元、ベストセラーズ 「生薬の世界」三橋博、講談社 「体の仕組みがわかる本」鈴木弘文、健友館 「健康のためのスポーツ医学」池上晴夫、講談社 「子供の成人病を治す本」大国真彦、健友館 「歯を守る」覚道幸男、稗田豊治、小西浩ニ、講談社 「電子治療で病気を治す」近藤宏ニ、健友館 「医学おもしろ事典」中村治雄監修、主婦と生活社 「病気を治す食べもの百科」根本幸夫、健友館 フ化粧法〃常識のウソ」戸田浄、青春出版社 「若がえりヨーガ健康体操」磯﨑文雄、健友館 「ガンにならない食事」小柳達男、潮文社 「切らずに治す腎・尿路結石」小柴健監修、豊沢豊雄著、健友館 「からだ雑学事典」佐伯誠一、日本実業出版社 「医療費に強くなる本」谷みゆき、太田貞司、健友館 「医学おもしろデーターバンク」健康医学同人会編、光書房 「タバコはこんなに害になる」平山雄、健友館 「自分の身体を知る本」川嶋昭司、風濤社 「歯のことが何でもわかる本」長谷川幸久、健友館 「まちがい健康学」志賀貢、毎日新聞社 「早わかり医学検査用語」鈴木弘文、中沢弘、健友館 「間違った健康常識」千葉健一郎、ミリオン出版社 「『足・腰・肩』痛みの科学」西法正、廣済堂出版 「酒飲みをはげます本」志賀貢、廣済堂出版 「発病のシグナル」織田敏次監修、講談社