検索 - みる会図書館

検索対象: 古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか

古代の皇位継承 天武系皇統は実在したかから 240件ヒットしました。

古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか


古 代 の 皇 位 継 承 天 武 系 皇 統 は 実 在 し た か 遠 山 美 都 男 歴 史 文 化 ラ イ プ ラ リ ー 242 吉 川 弘 文 館

古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか


古 代 の 皇 位 継 承 天 武 系 皇 統 は 実 在 し た か 遠 山 美 都 男 歴 史 文 化 ラ イ プ ラ リ ー 242

古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか


次 目 3 天 武 系 皇 統 は 実 在 し た か ー プ ロ ロ ー グ ・ : 「 天 智 系 」 と 「 天 武 系 」 の 対 立 と い う 見 方 / 「 天 智 系 」 皇 統 説 の 登 場 / 泉 涌 寺 の 歴 史 か ら 考 え る / 中 世 の 「 正 統 」 理 念 か ら 考 え る 七 世 紀 の 王 位 継 承 天 智 以 前 の 王 位 継 承 起 点 ー 推 古 大 王 の 遺 詔 / 舒 明 大 王 か ら 皇 極 大 王 へ / 乙 巳 の 変 ー 皇 極 大 王 か ら 孝 徳 大 王 へ / 孝 徳 大 王 か ら 斉 明 大 王 へ 称 制 ー 天 智 の 即 位 事 情 : 斉 明 大 王 の 急 死 と 称 制 / 斉 明 大 王 の 遺 業 継 承 / 王 位 継 承 の 改 造 計 画 壬 申 の 乱 ー 天 武 の 即 位 事 情 : ・ 天 智 後 継 は 大 友 王 子 / 大 海 人 王 子 の 立 場 / 内 乱 の 共 同 謀 議 / 天 皇 の 誕 生 目 次 、 6 2 3

古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか


次 目 3 天 武 系 皇 統 は 実 在 し た か ー プ ロ ロ ー グ ・ : 「 天 智 系 」 と 「 天 武 系 」 の 対 立 と い う 見 方 / 「 天 智 系 」 皇 統 説 の 登 場 / 泉 涌 寺 の 歴 史 か ら 考 え る / 中 世 の 「 正 統 」 理 念 か ら 考 え る 七 世 紀 の 王 位 継 承 天 智 以 前 の 王 位 継 承 起 点 ー 推 古 大 王 の 遺 詔 / 舒 明 大 王 か ら 皇 極 大 王 へ / 乙 巳 の 変 ー 皇 極 大 王 か ら 孝 徳 大 王 へ / 孝 徳 大 王 か ら 斉 明 大 王 へ 称 制 ー 天 智 の 即 位 事 情 : 斉 明 大 王 の 急 死 と 称 制 / 斉 明 大 王 の 遺 業 継 承 / 王 位 継 承 の 改 造 計 画 壬 申 の 乱 ー 天 武 の 即 位 事 情 : ・ 天 智 後 継 は 大 友 王 子 / 大 海 人 王 子 の 立 場 / 内 乱 の 共 同 謀 議 / 天 皇 の 誕 生 目 次 、 6 2 3

古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか


七 世 紀 後 半 か ら 八 世 紀 に か け て の 皇 位 継 承 を 概 観 す る と 、 つ ぎ の よ う に 「 天 智 系 」 と 説 明 さ れ る こ と が 多 い と い え よ 、 つ 。 お お あ ま の み こ て ん む じ ん し ん 「 天 武 系 」 の 対 六 七 二 年 に 起 き た 壬 申 の 乱 に よ り 、 大 海 人 王 子 ( 天 武 天 皇 ) は そ の 兄 天 し 立 と い う 見 方 じ お お と も の み こ 在 智 大 王 の 後 継 者 で あ る 大 友 王 子 を 倒 し て 即 位 し た ( 後 述 す る よ う に 、 天 実 皇 号 の 始 用 は 天 武 天 皇 か ら と 考 え る の で 、 古 代 の 史 実 に つ い て 述 べ る 場 合 に は 大 王 ・ 王 子 、 天 じ と 、 つ ル 皇 ・ 皇 子 の よ う に 使 い 分 け た ) 。 天 武 以 後 、 皇 位 は そ の キ サ キ ( 皇 后 ) だ っ た 持 統 天 皇 を へ く さ か べ の み こ 天 て 、 六 九 七 年 、 天 武 の 孫 ( 草 壁 皇 子 の 息 子 ) に あ た る 文 武 天 皇 へ と 引 き 継 が れ た 。 そ し て 、 げ ん し よ 、 つ げ ん め い 十 ′ い 、 つ ん 七 〇 七 ( 雲 四 ) 年 の 文 武 没 後 は 文 武 の 母 で あ る 元 明 天 皇 ( 天 智 の 娘 ) と 彼 の 姉 元 正 天 皇 天 武 系 皇 統 は 実 在 し た か ー ・ プ ロ ロ ー グ も ん む て ん

古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか


聖 武 天 皇 の 皇 統 再 建 計 画 ル 2 あ へ の ひ め み こ 光 明 皇 后 が 七 一 八 ( 養 老 一 l) 年 に 生 ん だ 阿 倍 内 親 王 は 、 後 に 古 代 最 後 の 阿 倍 内 親 王 女 性 天 皇 、 孝 謙 ・ 称 徳 天 皇 と な る が 、 彼 女 は な ぜ 結 婚 し な か っ た の で あ 「 不 婚 」 の 理 由 プ つ 、 つ 、 か 阿 倍 の 場 合 、 早 い 段 階 か ら 光 明 子 が 生 む で あ ろ う 皇 子 ( 彼 女 の 同 母 弟 ) が 文 武 皇 統 の 継 承 者 と な る 予 定 で あ っ た か ら 、 た と え ば 彼 が 幼 少 で あ り 、 そ の 即 位 ま で に 多 く の 年 月 を 要 す る 場 合 、 彼 女 が 「 中 継 ぎ 」 と し て 即 位 す る 一 、 と が 予 定 さ れ て い た の で あ る 。 即 位 し た 彼 女 に 夫 や 息 子 が あ っ た 場 合 、 彼 ら の 存 在 が 皇 統 を 受 け 継 ぐ 予 定 の 皇 子 に よ る 皇 位 継 承 を 脅 か す 危 険 性 が あ っ た 。 そ れ を あ ら か じ め 除 い て お く た め に 、 彼 女 は 配 偶 者 を も た な い こ と 天 平 の 三 姉 妹 ー ー 聖 武 の 娘 た ち の 婚 姻

古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか


後 醍 醐 天 皇 後 村 上 天 皇 光 厳 上 皇 光 明 天 皇 崇 光 天 皇 後 花 園 天 皇 こ の 時 、 天 智 や そ の 娘 の 元 明 、 光 仁 ・ 桓 武 父 子 の 位 牌 が 泉 涌 寺 に 納 め ら れ た の は 、 こ れ ら 天 皇 の 位 牌 が 京 都 府 内 に あ っ た か ら で あ っ た 。 そ れ に 対 し て 、 奈 良 ( 平 城 京 ) を 基 盤 に し た 天 武 と そ の 子 孫 の 天 皇 の 位 牌 が 、 京 都 や そ の 周 辺 の 寺 院 に 祭 ら れ て い な か っ た の は 当 然 で あ ろ う 。 こ の 場 合 の 「 天 智 系 」 と 「 天 武 系 」 の 相 違 と は 、 京 都 と そ の 周 辺 の 寺 に そ の 位 牌 が 祭 ら れ て い る か 否 か の 違 い に す ぎ な い 。 要 す る に 、 天 皇 の 位 牌 が ど こ に 安 置 さ れ て い る か な ど は 、 八 世 紀 の 史 実 と は お よ そ 無 縁 の 話 で あ ろ う 。 泉 涌 寺 に お け る 歴 代 天 皇 の 位 牌 の 祭 ら れ か た か ら 、 古 代 に お け る 「 天 智 系 」 に 対 す る 「 天 武 系 」 と い う 意 識 の 実 在 、 「 天 智 系 」 と 「 天 武 系 」 と の 対 立 関 係 と い う 史 実 を 読 み 取 る こ と は で き な い と い わ ね ば な ら な い 。 つ ぎ に 、 こ の 問 題 を 中 世 独 特 の 天 皇 観 か ら 考 え て お き た い 。 中 世 の 天 ば ん せ い い つ け い 中 世 の 「 正 統 」 皇 観 は 後 世 の 「 万 世 一 系 」 の 天 皇 観 と は 明 ら か に 異 な る の で あ る が 、 理 念 か ら 考 え る そ こ で は 「 天 智 系 」 が 主 流 と さ れ る の に 対 し 「 天 武 系 」 は 非 主 流 と さ れ て い る の で あ る 。

古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか


5 天 武 系 皇 統 は 実 在 し た か る 。 そ の 天 皇 の 名 前 は つ ぎ の と お り 。 桓 武 天 皇 嵯 峨 天 皇 天 智 天 皇 光 仁 天 皇 ・ も ん と / 、 じ ゅ ん な 清 和 天 皇 光 孝 天 皇 淳 和 天 皇 文 徳 天 皇 し ら か わ か ざ ん む ら か み 白 河 天 皇 花 山 天 皇 村 上 天 皇 醍 醐 天 皇 あ ん と く た か / 、 、 ら ご し ら か わ 後 鳥 羽 天 皇 像 安 徳 天 皇 高 倉 天 皇 後 白 河 天 皇 ご ほ り か わ っ ち み か ど 土 御 門 天 皇 後 堀 河 天 皇 四 条 天 皇 像 後 字 多 天 皇 こ 、 つ ご ん ご む ら か み 後 醴 醐 天 皇 後 村 上 天 皇 光 厳 天 皇 光 明 天 皇 こ ま っ ご え ん ゅ う す ・ こ 、 つ 後 光 厳 天 皇 後 円 融 天 皇 後 小 松 天 皇 崇 光 天 皇 ご か し わ ば ら ご っ ち み か ど し よ 、 つ こ 、 つ ご は な ぞ の 称 光 天 皇 後 花 園 天 皇 後 土 御 門 天 皇 後 柏 原 天 皇 よ 、 つ こ 、 つ ご よ 、 つ ぜ い ご な ら お お ぎ ま ち 後 陽 成 天 皇 後 奈 良 天 皇 正 親 町 天 皇 陽 光 天 皇 後 光 明 天 皇 後 西 天 皇 後 水 尾 天 皇 明 正 天 皇 中 御 門 天 皇 桜 町 天 皇 霊 元 天 皇 東 山 天 皇 桃 園 天 皇 後 桜 町 天 皇 後 桃 園 天 皇 光 格 天 皇 た い し よ う 明 治 天 皇 大 正 天 皇 仁 孝 天 皇 孝 明 天 皇 こ れ ら の う ち 陽 光 天 皇 と は 正 親 町 天 皇 の 第 一 皇 子 で 、 後 陽 成 天 皇 の 父 で あ る 誠 仁 親 王 さ ね ひ と

古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか


と い う 二 代 の 女 帝 を は さ ん で 、 七 二 四 ( 神 亀 元 ) 年 に 文 武 の 息 子 聖 武 天 皇 が 皇 位 を 継 承 し た 。 こ 、 つ け ん て ん び よ う し よ う ほ う 聖 武 の 後 継 者 と な っ た の は そ の 娘 の 孝 謙 天 皇 で あ っ た ( 七 四 九 〈 天 平 勝 宝 元 〉 年 に 即 て ん び よ う ほ う じ 位 ) 。 七 五 八 ( 天 平 宝 字 一 l) 年 、 彼 女 は 独 身 で 後 継 者 が い な か っ た た め 、 皇 位 を 天 武 の 孫 じ ゅ ん に ん と ね り の み こ し よ 、 つ と く に あ た る 淳 仁 天 皇 ( 舎 人 親 王 の 息 子 ) に 譲 っ た が 、 後 に 皇 位 に 復 帰 し て 称 徳 天 皇 と な っ た 。 こ 、 つ に ん こ の 孝 謙 ・ 称 徳 が 七 七 〇 ( 宝 亀 元 ) 年 に 死 去 す る と 、 結 局 、 皇 位 は 天 智 の 孫 、 光 仁 天 皇 に か ん む よ っ て 継 承 さ れ る こ と に な っ た 。 以 後 、 光 仁 の 跡 を 継 い だ 桓 武 天 皇 の 子 孫 に よ っ て 皇 位 は 継 承 さ れ て い く 。 こ の よ う に 天 武 か ら 孝 謙 ・ 称 徳 ま で 、 皇 位 は 天 武 の 子 孫 ( い わ ゆ る 「 天 武 系 」 ) に よ っ て わ ど う 独 占 さ れ て い た と 考 え ら れ て い る 。 七 一 〇 ( 和 銅 一 一 l) 年 に 元 明 が 平 城 京 に 遷 っ て い る か ら 、 平 城 京 を 舞 台 に し た 奈 良 時 代 と は 、 ま さ に 「 天 武 系 」 全 盛 時 代 だ っ た こ と に な る 。 ま た 、 持 統 、 元 明 、 元 正 ら の 女 性 天 皇 が 相 次 い で 登 場 し た の も 、 「 天 武 系 」 の 直 系 に よ る 皇 位 継 承 を 守 り 抜 く た め で あ っ た と い わ れ て い る 。 だ が 、 孝 謙 ・ 称 徳 の 死 去 に よ っ て 「 天 武 系 」 は 断 絶 し 、 「 天 智 系 」 が 復 活 し て そ れ に 取 っ て 代 わ っ た と い う わ け で あ る 。 し か し 、 七 世 紀 末 葉 か ら 八 世 紀 に か け て 、 本 当 に 「 天 智 系 」 に 対 す る 「 天 武 系 」 と い っ じ ん き ー ) よ 、 つ . む

古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか


た 時 点 で 、 今 後 の 皇 位 継 承 を ど う す る の か 、 明 確 な ビ ジ ョ ン を 示 し え な か っ た の で 、 そ の た め に 以 後 皇 位 継 承 を め ぐ る 混 乱 と 紛 争 が エ ス カ レ ー ト し て し ま っ た と い わ れ る が 、 そ れ 幗 は 間 違 っ て い る と 思 わ れ る 。 聖 武 は 少 な く と も 三 代 先 の 天 皇 ま で 、 そ の 目 で 確 実 に 見 据 え 一 三 ロ 再 て い た の で あ る 。 皇 で は 、 聖 武 は 当 初 な ぜ 塩 焼 を 阿 倍 の 次 期 天 皇 と し て 選 ん だ の で あ ろ う か 。 舎 人 親 王 と 新 の 天 田 部 親 王 は 、 か っ て 元 正 か ら 文 武 皇 統 の 護 持 と い う 使 命 を 託 さ れ た 重 要 人 物 で あ っ た 。 し 聖 た が っ て 、 舎 人 の 子 孫 と 新 田 部 の 子 孫 は 、 他 の 皇 族 ら に 比 し て 聖 武 に よ る 皇 統 再 建 の 担 い 手 を 出 し う る 潜 在 的 な 資 格 を も っ て い た こ と に な る で あ ろ う 。 聖 武 が 結 局 、 舎 人 系 と 新 田 部 系 の う ち 、 後 者 か ら 阿 倍 の 次 期 天 皇 候 補 を 選 ん だ の は 、 新 か 亠 ま た り ・ い お え の い ら つ め 田 部 が 藤 原 鎌 足 の 娘 五 百 重 娘 を 母 と し て お り 、 天 智 ・ 天 武 の 子 孫 の な か で も 藤 原 氏 と の 血 縁 関 係 が 最 も 深 い 家 系 だ っ た か ら で は な い か と 考 え ら れ る 。 文 武 皇 統 は 藤 原 氏 の 娘 が 生 む 皇 子 に よ っ て 受 け 継 が れ る と い う 原 則 は す で に 七 三 八 年 の 時 点 で 放 棄 さ れ て い る の で あ る が 、 皇 統 再 生 産 に 果 た し た 藤 原 氏 の 役 割 や 存 在 感 が な お 重 視 さ れ て い た と す れ ば 、 聖 武 か ら 見 て 舎 人 系 よ り 新 田 部 系 が 優 先 さ れ る の は 当 然 だ っ た で あ ろ う 。 後 述 す る よ う に 、 聖 武 に よ る 新 田 部 系 び い き は そ れ こ そ 終 生 の も の だ っ た の で あ る 。