検索 - みる会図書館

検索対象: 天皇誕生

天皇誕生から 268件ヒットしました。

天皇誕生


図 系 る 十 市 皇 女 め を 弓 削 皇 子 武 天 藤 原 鎌 足 智 ( 中 臣 ) 光 明 子 天 こ れ に 対 し て 、 弓 削 皇 子 が 立 ち 上 が り 、 何 か を い お う と し た 。 だ が 、 葛 野 王 が 一 喝 す る と 、 皇 子 は ロ を つ ぐ ん だ 。 皇 后 は 葛 野 王 の 一 言 が 国 に 安 泰 を も た ら し た と し て 、 彼 を 激 賞 し た 。 こ の 会 議 が 開 催 さ れ た の は 、 高 市 皇 子 の 死 後 と あ る か ら 、 六 九 六 年 の 後 半 か 、 翌 年 初 頭 の こ と と 思 わ れ る 。 葛 野 王 は こ の 会 議 の 席 上 、 か っ て 古 き よ き 時 代 に 行 な わ れ て い た 父 子 継 承 に 回 帰 す る こ と こ そ 、 皇 位 継 承 を め ぐ る 争 い ( 壬 申 の 乱 を 想 定 し て い る ら し い ) の 芽 を 取 り 除 く 唯 一 最 良 の ① 天 智 天 皇 ③ 持 統 天 皇 ② 天 武 天 皇 額 田 姫 王 大 江 皇 女 大 友 皇 子 ⑤ 元 明 天 皇 草 壁 皇 子 ④ 文 武 天 白 葛 野 王 不 比 等 宮 子 元 ⑥ 正 皇 ⑦ 聖 武 天 皇

天皇誕生


途 で あ る 、 と 主 張 し た と い う 。 こ の 会 議 の 結 果 、 天 武 天 皇 の 孫 で 草 壁 皇 子 の 子 で あ っ た 珂 瑠 皇 子 ( 文 武 天 皇 ) が 即 位 、 や が て 、 そ の 子 の 聖 武 天 皇 へ と 皇 位 は 伝 え ら れ 、 結 果 的 か っ 表 面 的 に は 、 天 武 の 直 系 ( 正 確 に は 草 壁 の 直 系 と い う べ き だ ろ う ) に よ っ て 皇 位 が 継 承 さ れ て い く こ と に な る 。 葛 野 王 の 主 張 に も か か わ ら ず 、 わ が 国 で は 早 く か ら 父 子 継 承 が 行 な わ れ て い た と い う の は 、 歴 史 的 事 実 と は 異 な る 。 ま た 、 六 ・ 七 世 紀 、 皇 位 は 厳 密 に は 兄 弟 間 で 継 承 さ れ て い た と は い え な い 。 た だ 、 少 な く と も 父 子 継 承 で な か っ た こ と だ け は 間 違 い な い 。 七 世 紀 末 と 語 葛 野 王 の 発 言 は 、 今 後 は 父 子 直 系 に よ る 皇 位 継 承 を 実 現 し よ う で は な い か と い う 、 の い う こ の 段 階 の 理 想 な り 目 標 な り を 、 過 去 の 歴 史 に 仮 託 し た も の と 考 え ら れ て い る 。 要 す る に 父 生 誕 子 直 系 に よ る 皇 位 継 承 は 、 過 去 の あ る 時 期 に 実 際 に あ っ た わ け で は な く 、 こ れ か ら そ の 実 現 が 目 の そ 指 さ れ て い る の で あ っ て 、 欠 史 八 代 の 見 事 な ま で の 父 子 直 系 の 皇 統 譜 は 、 そ の よ う な 目 標 を 支 え 皇 る 歴 史 的 根 拠 と し て 、 こ の 時 期 に 創 作 さ れ た の で は な い か と い う の で あ る 。 と だ が 、 そ れ は 違 う の で は あ る ま い カ 国 七 世 紀 末 に な っ て 、 皇 位 の 継 承 は 父 子 直 系 で 行 な お う と い う こ と に な っ た こ と は 間 違 い な 、 。 令 そ し て 、 明 ら か に 造 作 さ れ た 欠 史 八 代 の 父 子 直 系 に よ る 皇 位 継 承 の 所 伝 が 、 結 果 的 に 、 そ れ を 正 律 当 化 す る こ と に 利 用 さ れ た こ と も み と め ら れ よ う 。 だ が 、 欠 史 八 代 の 父 子 継 承 と い う 虚 構 は 、 七 世 紀 末 葉 の 皇 位 継 承 問 題 と は も と よ り 無 関 係 に 造 作 さ れ た と 考 え た ほ う が よ い 。 な ぜ な ら ば 、 父 か る

天皇誕生


天 皇 王 朝 の 性 格 の 国 朝 令 先 王 朝 大 和 盆 地 に 発 祥 せ る 祭 司 的 王 数 代 あ る も 詳 細 不 明 古 王 朝 呪 教 王 朝 王 」 崇 神 王 朝 崇 神 ・ 成 務 ・ 仲 哀 ( 三 代 ) る 道 研 よ 弘 の 仁 徳 王 朝 ( 応 神 ) 仁 徳 ・ 履 中 ・ 反 正 ・ 允 恭 ・ 木 梨 軽 ・ 雄 略 ( 七 代 ) に 黛 史 中 王 朝 征 服 王 朝 説 立 後 仁 徳 王 朝 飯 豊 青 ( 一 代 ) 野 替 成 水 交 家 新 王 朝 継 体 王 朝 継 体 天 皇 以 下 歴 代 の 天 皇 ( 但 し 宣 化 天 皇 を 除 く ) 統 一 王 朝 ま た 、 水 野 氏 は 歴 代 天 皇 諡 号 」 も 着 目 し 、 新 ・ し い 型 0 諡 号 を ・ つ ・ 古 ・ い 時 - 代 ・ の ・ 天 皇 、 は 、 す べ て 崩 年 干 支 註 記 を 欠 い た 、 実 乏 し い 天 皇 ば ・ か り で あ っ て 、 そ れ ら 天 皇 の 言 が 後 に な っ て 造 グ で 号 が 過 側 ざ ん を 既 に ・ そ れ ら 天 皇 の 存 在 自 体 も 創 造 さ れ た 一 」 と は 明 ら か で あ る と し た 。 さ ら に 、 水 野 氏 は 天 皇 の 空 位 に も 注 目 し 、 空 位 は 中 国 的 な 五 行 思 想 や 九 皇 ・ 五 帝 ・ 三 王 説 な ど に よ っ て 、 日 本 の 歴 代 構 成 を 合 理 化 し よ う と し た た め に 生 じ た も の で あ っ て 、 そ の 数 に 無 理 や り 合 わ せ る た め に 必 要 数 の 天 皇 を 造 作 し な け れ ば な ら な く な る こ と も あ っ た に 違 い な い と 考 え た 。 こ の よ う な 実 在 の 天 皇 系 譜 の 復 元 作 業 を ふ ま え 、 水 野 氏 は さ ら こ 、 れ ら 実 在 の 天 皇 も す べ て 血 縁 関 係 で 結 ば れ て い た わ け で は な く 、 互 い に 血 統 を 異 に す 二 つ の 王 」 分 け ら れ る の で は 王 朝

天皇誕生


歳 と 、 『 日 本 書 紀 』 に 較 べ て 、 や や 押 さ え め と い っ た と こ ろ 。 ま ず 前 者 で あ る が 、 こ の よ う に 整 然 と し た 父 子 直 系 に よ る 皇 位 継 承 は も ち ろ ん 歴 史 的 な 事 実 で は な く 、 あ る 段 階 の 皇 位 継 承 の 実 態 を ふ ま え て 、 「 皇 位 継 承 は か く あ る べ し 」 と い う 理 想 を 投 影 し て 作 ら れ た も の で は な い か と 考 え ら れ て い る 。 か い ふ う そ う か ど の 神 ・ ・ 」 こ れ に 0 い て は 、 『 懐 風 藻 』 葛 野 王 伝 が 参 考 に な る ( 現 代 語 訳 ) 。 に 編 ま れ た 漢 詩 集 で あ る が 、 一 部 の 作 者 に 略 伝 が 付 さ れ て い る 。 葛 野 王 は 、 『 懐 風 藻 奈 語 天 智 皇 の 、 で あ り 、 壬 申 の で 敗 れ 自 殺 し た 大 友 皇 子 の 子 で あ る 。 ち な み に 、 母 は 天 武 天 皇 の の む す 十 市 皇 女 。 高 市 皇 子 が 亡 く な っ た 後 、 天 武 天 皇 の 皇 后 、 鷓 野 讃 良 皇 女 ( 持 統 天 皇 ) は 皇 族 ・ 貴 族 を 禁 中 そ に 召 集 し 、 だ れ を 皇 嗣 に す る か を 話 し 合 わ せ た 。 時 に 皇 族 や 貴 族 ら は 、 そ れ そ れ 私 情 に ま か せ て 候 補 者 の 名 前 を あ げ た の で 、 会 議 は 収 拾 の つ か な い あ り さ ま と な っ た 。 こ の 時 、 葛 野 王 皇 天 AJ は す す み 出 て 、 つ ぎ の よ う に 述 べ た 。 家 国 「 顧 み る に わ が 国 家 は 、 神 代 以 来 、 父 子 相 続 で 皇 位 を 継 承 し て ま い り ま し た 。 も し 兄 弟 で 皇 令 位 を 継 承 し た な ら ば 、 そ れ が 内 乱 の 原 因 と な る の は 必 定 。 ど う し て 天 の 御 心 を わ れ ら が 測 る 律 こ と が で き る で し よ う か 。 人 間 関 係 か ら 推 し 量 る な ら ば 、 皇 嗣 は お の ず と 決 ま っ て い る と い え ま し よ う 。 わ れ ら が 口 を 挟 む 余 地 な ど 、 あ り ま す ま い お ち う の の さ ら ら ひ つ じ よ う

天皇誕生


雄 略 は 「 有 徳 の 天 皇 」 と 絶 賛 さ れ る 一 方 で 「 大 悪 の 天 皇 」 と 恐 れ ら れ た 。 雄 略 死 後 は そ の 子 の せ い ね い 清 寧 天 皇 ( シ ラ カ ノ タ ケ ヒ ロ ク = オ シ ワ カ ヤ マ ト ネ コ ) が 皇 位 を 継 承 し た が 、 彼 に は 皇 后 も い な け れ ば 後 嗣 も な く 、 皇 統 が 断 絶 す る 危 機 を 迎 え て し ま う 。 こ の 時 、 履 中 の 孫 で 、 か っ て 雄 略 に 謀 殺 さ れ た 市 辺 押 磐 ( イ チ ノ ( / オ シ イ ワ ノ ) 皇 子 の 遺 児 二 名 が 播 磨 で 発 見 さ れ る 。 か れ ら は 清 寧 に よ り 皇 嗣 と し て 迎 え ら れ 、 清 寧 没 後 、 ま ず 最 初 に 弟 の け ん ぞ う 顕 宗 天 皇 ( オ ケ 、 ク メ ノ ワ ク ゴ ) が 即 位 す る 。 父 が 天 皇 で は な い 人 物 が 即 位 し た の は 、 仲 哀 に 続 に ん け ん い て こ れ で 二 例 目 で あ る 。 顕 宗 の 没 後 は 、 そ の 兄 で あ る 仁 賢 天 皇 ( オ オ ケ 、 オ オ シ 、 オ オ ス 、 シ マ ノ イ ラ ッ コ ) が 即 位 し た 。 皇 位 継 承 に お い て 兄 弟 の 順 が 逆 転 し た の は 、 こ れ が 最 初 で あ ろ う 。 ぶ れ つ 仁 賢 の 後 は そ の 子 の 武 烈 天 皇 ( オ ( ッ セ ノ ワ カ サ ザ キ ) が 襲 っ た 。 し か し 、 武 烈 は 先 の 清 寧 と 同 じ よ う に 後 嗣 が い な か っ た 。 そ し て 、 民 衆 に 対 し 残 虐 行 為 の 限 り を 尽 く し て 、 死 去 す る 。 こ こ け い た い で 再 び 皇 統 断 絶 の 危 機 で あ る が 、 こ れ を 救 っ た の は 応 神 天 皇 の 五 世 孫 、 継 体 天 皇 ( オ ホ ド 、 ヒ コ フ ト ノ ミ コ ト ) そ の 人 で あ っ た 。 彼 は 亡 き 武 烈 の 姉 で あ る 手 白 髪 ( タ シ ラ カ ノ ) 皇 女 の 婿 と い う こ と で 皇 位 を 継 承 し た 。 こ う し て 、 皇 統 断 絶 の 危 険 は 再 び 回 避 さ れ 、 新 た に 継 体 を 起 点 と す る 皇 統 が そ の 歩 み を 開 始 す る こ と に な る 。 以 上 が 『 日 本 書 紀 』 の 描 く 継 体 ま で の 天 皇 の 歴 史 で あ る 。 こ れ に よ る な ら ば 、 父 子 継 承 、 兄 弟 継 承 な ど 、 時 代 に よ っ て バ リ = ー シ ョ ン は あ る も の の 、 基 は り ま う と く

天皇誕生


騎 馬 民 族 征 服 王 朝 説 を う け て 、 最 初 に 古 代 日 本 に お け る 王 朝 交 替 を 体 系 的 に 論 述 し た の は 水 野 ゅ う 祐 氏 で あ り 、 そ れ は 一 九 五 二 ( 昭 和 二 十 七 ) 年 の こ と で あ っ た 。 そ の 大 胆 な 構 想 と そ れ を 裏 付 け よ う と す る 論 証 は 、 水 野 氏 の 著 書 『 日 本 古 代 王 朝 史 論 序 説 』 ( 小 宮 山 書 店 ) に 詳 し い か ん し そ れ に よ る な ら ば 、 ま ず 水 野 氏 は 、 『 古 事 記 』 に 見 え る 天 皇 の 崩 年 干 支 ( 天 皇 が 亡 く な っ た 年 の 干 支 ) に 着 目 す る 。 『 古 事 記 』 に は 崇 神 ・ 成 務 ・ 仲 哀 ・ 応 神 ・ 仁 徳 ・ 履 中 ・ 反 正 ・ 允 恭 ・ 雄 略 ・ あ ん か ん び だ つ よ う め い す し ゅ ん す い こ 継 体 ・ 安 閑 ・ 敏 達 ・ 用 明 ・ 崇 峻 ・ 推 古 の 十 五 天 皇 に つ い て の み 崩 年 干 支 が 記 さ れ て い る 。 そ の う ち 安 閑 ・ 用 明 ・ 崇 峻 ・ 推 古 を 除 く 、 他 の 十 一 天 皇 の 崩 年 干 支 は 『 日 本 書 紀 』 の そ れ と は ま っ た く 糸 」 合 ( 天 皇 の 系 譜 を 記 し た 書 物 ) に 記 載 さ れ て い た 、 信 用 す る に 足 り 伝 で あ る と 定 す る 。 き ん め い き な し の か る そ し て 、 上 記 の 十 五 天 皇 に 木 梨 軽 太 子 ・ 飯 豊 青 皇 女 ・ 欽 明 天 皇 を 加 え た 計 十 八 代 こ そ が 実 在 の 交 せ ん か と ' 賢 ・ ・ " ・ ・ 武 烈 の - 叫 ・ 天 皇 化 天 皇 の 計 十 七 代 は 架 空 の 天 皇 に す ぎ な い と 論 じ た 。 水 野 氏 は 江 上 氏 に な 一 ら い 、 「 ハ ッ ク ニ シ ラ ス ス メ ラ ミ コ ト 」 Ⅱ 崇 神 天 皇 の 存 在 を 重 視 し 、 こ れ を 実 在 最 初 の 天 皇 と 考 万 え た 。 そ し て 、 こ れ ら 非 実 在 の 天 皇 が 考 え 出 さ れ 、 天 皇 系 譜 の な か に 加 え ら れ た の は 、 『 古 事 記 』 章 『 日 本 書 紀 』 の 編 纂 過 程 に お い て 、 「 万 世 一 系 の 神 聖 な る 皇 統 」 を 証 明 す る た め で あ っ た と 述 べ た の で あ る 。

天皇誕生


Ⅱ 中 国 的 王 朝 一 一 一 そ の 興 亡 の 物 語 彼 は 、 兄 ア ナ ホ ノ 天 皇 が 暗 殺 さ れ た と 聞 く や 、 天 皇 を 殺 害 し た マ ヨ ワ ノ 王 を は じ め と し て 、 同 母 兄 で あ る ヤ ツ リ ノ シ ロ ヒ コ ・ サ カ ア イ ノ ク ロ ヒ コ を そ の 手 で 倒 し 、 さ ら に 勢 い に 乗 じ て イ チ ノ へ ノ オ シ イ ワ ノ 皇 子 を も そ の 手 に 掛 け て 殺 し て い る 。 み ず か ら の 即 位 を 切 り 拓 く た め に 、 ラ イ ヴ ア ル と な る 皇 子 た ち を す べ て 薙 ぎ 倒 し 、 文 字 ど お り 血 の 滴 り 落 ち る 手 で 王 位 を み 取 っ た の で あ る 。 こ れ は あ り そ う で 、 な か な か な い 話 と い え よ う 。 わ が 国 に お い て 王 位 継 承 を め ぐ る 争 い に は 、 流 血 が 付 き 物 の よ う に 思 わ れ が ち で あ る が 、 こ れ だ け 多 く の 王 族 の 血 が 一 時 に 流 れ た 事 例 も 他 に な い だ ろ う 。 寺 西 貞 弘 氏 は 、 こ れ ら の 図 記 事 か ら 皇 位 の 兄 弟 継 承 が 成 立 す る る 以 前 に は 、 一 定 の 兄 弟 の み な ら め ず 、 そ の 従 兄 弟 た ち も 候 補 者 に な 位 る よ う な 、 世 代 内 継 承 と よ ぶ べ き 略 皇 位 継 承 が 行 な わ れ て い た の で は な い か と 推 測 し て い る ( 『 古 代 天 允 恭 天 皇 履 中 天 皇 市 辺 押 磐 皇 子 中 蒂 姫 安 康 天 皇 坂 合 黒 彦 皇 子 八 釣 白 彦 皇 子 雄 略 天 皇 ー ・ 眉 輪 王 179

天皇誕生


子 直 系 に よ る 皇 位 継 承 と い う 虚 構 の 成 り 立 ち は 、 欠 史 八 代 の 天 皇 た ち が い ず れ も 驚 く ば か り の 長 寿 と さ れ て い る 虚 構 と の 関 連 に お い て 、 説 ぎ 明 か さ れ ね ば な ら な い と 思 わ れ る か ら で あ る 。 る も に 見 せ か け よ う と し て 、 系 譜 を 古 い 時 代 に 向 か っ て 思 い 切 り 延 長 し よ う と 試 み た 場 合 で あ る 。 そ の 結 果 、 の 伸 び 切 っ た 長 い 長 い 系 譜 を 埋 め る た め 、 幾 人 か の 天 皇 の 創 出 が 急 務 に な る で あ ろ う 。 だ が 、 い く ら 数 代 の 天 皇 を 創 造 で き た と し て も 、 か れ ら が 兄 弟 同 士 で あ り 、 兄 弟 間 で 皇 位 を 継 ら ち 承 し て い た の で あ れ ば 、 埒 が あ か な い 。 長 く 伸 び 切 っ た 系 譜 の い わ ば 空 白 を 埋 め る こ と は 、 と て も で き な い 。 や は り 、 か れ ら は 父 か ら 子 へ 、 子 か ら 孫 へ と い う よ う に 直 線 的 に 皇 位 を 継 承 し て い っ て こ そ 、 空 白 部 分 は 何 と か 満 た さ れ る こ と で あ ろ う 。 そ れ で も 、 短 命 の 天 皇 が 続 い た と な る と 、 空 白 を 埋 め る こ と は 難 し い 。 だ が 、 か れ ら が 百 歳 を 超 え る 長 寿 で あ れ ば 、 こ れ で 万 全 と い え る で あ ろ う 。 現 に 、 『 日 本 書 紀 』 に よ れ ば 、 綏 靖 天 皇 か ら 開 化 天 皇 ま で の 八 代 で 在 位 年 数 の 総 計 は 、 四 八 三 年 に な る 。 欠 史 八 代 の 諸 天 皇 が 兄 弟 継 承 を 行 な っ て お り 、 し か も 短 命 で あ っ た な ら ば 、 五 百 年 近 い 年 月 を 稼 ぐ こ と は 到 底 不 可 能 で あ っ た で あ ろ う 。 父 子 直 系 虚 と 寿 い う 、 同 一 の 目 的 達 成 の た め に 、 お 互 い に 助 け 合 い 、 そ し て 補 い 合 う 関 係 に あ っ た と 考 え る べ き な の で あ る 。

天皇誕生


き ん め い て い る 。 継 体 は 、 六 、 七 世 紀 に 実 在 し た 大 王 ( 正 確 に は 治 天 下 大 王 ) の 直 接 の 起 点 と な っ た 欽 明 天 皇 の 実 父 と さ れ て い る か ら 、 そ の 実 在 性 を こ と さ ら に 疑 う 必 要 は な い と 思 わ れ る 。 『 日 本 書 紀 』 が 描 く 皇 位 継 承 の 上 で は 、 た し か に 武 烈 と 継 体 は 連 続 し て い る が 、 武 烈 と 継 体 の あ い だ に は 大 き な 断 絶 が 横 た わ っ て い る こ と を 見 の が し て は な ら な い 。 武 烈 は 仁 徳 天 皇 に 始 ま る 物 語 Ⅱ 世 界 の 一 登 場 人 物 で あ る が 、 他 方 継 体 そ の よ う な 虚 構 の な か の 人 物 で は な く 、 違 い く 実 在 の 人 物 だ っ た の で あ る 。 だ が 、 継 体 が 実 在 の 大 王 で あ っ た と し て も 、 彼 が 応 神 の 五 世 孫 で あ っ た と い う 点 に つ い て は な お 検 討 が 必 要 で あ る 。 『 日 本 書 紀 』 は 継 体 を 応 神 の 五 世 孫 と す る が 、 そ の 父 ヒ コ ウ シ ノ ( 彦 主 人 ) 語 物 王 と 母 フ リ ヒ メ ( 振 媛 ) の 名 前 を あ げ る だ け で 、 応 神 と ヒ コ ウ シ ノ 王 の あ い だ の 数 代 に つ い て は 冫 い た っ て は 、 継 体 の 父 母 の 名 前 す ら 書 か れ て い な い 。 興 何 も 記 し て い な い 。 『 古 事 記 』 こ し や く に ほ ん ぎ の こ の 記 述 の 空 白 を 埋 め る の が 、 鎌 倉 時 代 に 成 立 し た 『 釈 日 本 紀 』 ( 『 日 本 書 紀 』 の 注 釈 書 ) が 引 そ 一 用 す る 「 上 宮 記 」 の 一 節 で あ る 。 「 上 宮 記 」 と は 、 「 上 宮 」 と よ ば れ た 聖 徳 太 子 ( 厩 戸 皇 子 ) の 伝 王 記 と い わ れ て い る が 、 そ う で は な く 、 「 上 宮 」 Ⅱ 聖 徳 太 子 が 執 筆 ・ 編 纂 し た ( と 伝 え ら れ て い る ) 国 歴 史 書 と 考 え る の が 妥 当 で あ る 。 す で に 散 逸 し て し ま っ た こ の 「 上 宮 記 」 に は 、 継 体 の 父 母 双 方 の 祖 先 系 譜 が 掲 載 さ れ て い る 。 そ れ に よ る な ら ば 、 応 神 天 皇 と 思 わ れ る ホ ム タ ワ ケ ノ ( 凡 牟 都 和 希 ) 王 の 子 が ワ カ ヌ ケ フ タ マ 225

天皇誕生


な 歴 史 認 識 を も っ て い た の か と い う こ と で あ る 。 そ れ は 、 『 日 本 書 紀 』 が 『 古 事 記 』 と は 多 少 異 な り 、 七 二 〇 年 に 当 時 の 国 家 権 力 の 手 で 成 立 し て 以 後 、 一 貫 し て 支 配 者 集 団 の 内 部 で 受 容 さ れ 、 尊 重 さ れ て き た 長 い 歴 史 が あ る た め に ほ か な ら な い 。 た し か に 万 世 一 系 ? 明 治 国 家 が 定 め た 大 日 本 帝 国 憲 法 の 第 一 条 に は 、 有 名 な つ ぎ の 一 文 が あ る 。 す な わ ち 、 「 大 日 本 帝 国 ( 万 世 一 系 ノ 天 皇 之 ヲ 統 治 ス 」 で あ る 。 そ し て 、 第 三 条 に は 「 天 皇 ( 神 聖 ニ シ テ 侵 ス へ カ ラ ス 」 と あ っ た 。 天 皇 は 神 の 子 孫 で あ り 、 そ れ ゆ え に こ の 国 を 統 治 す る 資 格 を 有 す る の で あ っ て 、 何 代 に も わ た っ て 同 一 の 一 族 か ら 天 皇 が 選 出 さ れ る と い う 、 世 界 に 類 を 見 な い 皇 位 の 継 承 を 実 現 で き た の も 、 こ の 神 聖 性 に 由 来 す る と い う わ け で あ る 。 こ の よ う な 政 治 思 想 に 歴 史 的 な 根 拠 を 提 供 し て い た の が 、 『 日 本 書 紀 』 に 見 え る 神 話 で あ り 、 そ れ に 続 く 歴 代 天 皇 の 物 語 に ほ か な ら な か っ た 。 『 憲 法 義 解 』 ( 明 治 憲 法 の 解 説 書 ) を 書 い た 伊 藤 博 文 も 、 『 日 本 書 紀 』 の 文 章 を 随 所 に 引 用 し て い る 。 あ ま て ら す お お み か み こ の 『 日 本 書 紀 』 に よ る な ら ば 、 初 代 天 皇 で あ る 神 武 は 、 天 照 大 神 の 孫 で 、 天 照 大 神 の 命 令 に た か ま が は ら あ ま つ ひ こ ほ の に に ぎ の み こ と よ り 高 天 原 か ら 降 臨 し た 天 津 彦 火 瓊 瓊 杵 尊 ( 天 孫 ) の 子 孫 と さ れ て お り 、 以 後 長 き に わ た っ て 、 天 皇 は こ の 天 津 彦 火 瓊 瓊 杵 尊 の 子 孫 か ら 選 出 さ れ 続 け た こ と に な っ て い る 。 万 世 一 系 ( 数 え 切 れ -0