検索 - みる会図書館

検索対象: 女帝の古代史

女帝の古代史から 249件ヒットしました。

女帝の古代史


た が 、 こ れ に よ り 直 ち に 草 壁 皇 子 の 遺 児 て あ る 珂 瑠 皇 子 が 皇 太 子 に 立 て ら れ 、 天 武 天 皇 ↓ そ の 嫡 子 ・ 草 壁 皇 子 ↓ そ の 嫡 子 ・ 珂 瑠 皇 子 と い う 嫡 系 継 承 が よ う や く 定 ま っ た 。 そ し て 彼 女 の 譲 位 て 珂 瑠 皇 子 が 即 位 し て 文 武 天 皇 と な る こ と ( 六 九 七 年 ) に よ り 、 そ れ が 実 現 す る こ と と な っ た 。 こ の 時 、 珂 瑠 皇 子 は わ す か 十 五 歳 て あ り 、 こ れ ま ぞ の 王 位 継 承 て は あ り え な い 若 さ だ っ た 。 即 位 年 齢 の う え て 劇 的 な 変 化 が あ っ た と い え る だ ろ う 。 だ い じ よ う て ん の う そ の 後 、 持 統 は 政 治 の 表 舞 台 か ら 退 く の て は な く 、 「 太 上 天 皇 」 と し て 政 治 的 に 未 熟 な せ ん み よ う 若 年 の 文 武 を 後 見 し つ づ け ナ の ち に 紹 介 す る 元 明 天 皇 の 即 位 宣 命 に 、 持 統 は 文 武 天 皇 と と も に 天 下 を 治 め た と あ る 。 さ ら に 大 宝 律 令 の 完 成 ( 七 〇 一 年 ) も わ が 目 て 確 認 し た の ち 、 大 宝 二 年 ( 七 〇 一 l) 十 二 月 に 波 乱 に 富 ん だ 五 十 八 年 ほ ど の 生 涯 を 閉 じ た の て あ る 。 そ の 後 は 、 藤 原 不 比 等 ら が 文 武 を 支 え る こ と に な る 。 な お 、 「 太 上 天 皇 」 と は 退 位 し た 天 皇 の 称 号 だ が 、 大 宝 令 ( 養 老 令 も ) に 天 皇 と 同 等 の 地 位 と し て 規 定 さ れ て い る 。 こ れ は 唐 制 に は な く 日 本 独 自 の も の て あ り 、 文 武 を 後 見 す る た め に 持 統 の 強 い 意 志 に よ っ て 設 け ら れ た と 考 え ら れ て い る 。 一 」 の ト - フ に 、 皇 位 継 承 ル ー ル と し て の 嫡 系 主 義 は 群 臣 た ち に は 容 易 に 受 け 入 れ ら れ な か っ た が 、 そ れ は き わ め て 当 然 な こ と て あ っ た 。 な ぜ な ら ば 、 一 般 的 に 古 代 日 本 社 会 の 地 位 や 財 産 の 継 承 ル ー ル は 傍 系 継 承 だ っ た か ら て あ り 、 一 方 、 模 範 と す べ き 先 進 国 の 唐 箭 近 138

女帝の古代史


に は 、 王 位 ( 皇 位 ) 継 承 も 直 系 ( 嫡 系 ) 継 承 と な る の が 論 理 的 な 必 然 て あ っ た と い っ て よ と こ ろ が 、 天 武 の 実 力 行 使 に よ り 、 「 不 改 常 典 」 と し て 定 め ら れ た て あ ろ う 王 位 の 直 系 継 承 は い っ た ん 挫 折 す る こ と に な っ た 。 し か し 、 天 武 も 天 智 と 同 様 に 律 令 制 の 完 成 を 目 指 し た 統 冶 者 て あ り 、 そ の 即 位 時 に は 唐 帝 国 か ら の 圧 迫 も 解 消 さ れ て い な か っ た 。 そ れ ゆ え 、 後 継 者 を 自 身 の 男 王 た ち か ら 選 定 す る の は 必 然 の こ と て あ っ た 。 し か も 、 自 ら が 壬 申 の 乱 を 引 き 起 こ し た 当 事 者 て あ っ た が ゆ え に 、 よ り い っ そ う 円 滑 な 王 位 ( 皇 位 ) 継 承 を 実 現 し よ う と 切 実 に 願 っ た は ず だ ろ う 。 こ の よ う な 状 況 の も と 、 天 武 に も 難 題 が 持 ち 上 が る 。 す な わ ち 、 「 皇 太 子 」 草 壁 皇 子 と 、 資 質 の 点 て よ り 優 れ て い た と 思 わ れ る 大 津 皇 子 と が 、 わ す か 一 歳 の 年 齢 差 て 並 存 し て い た の て あ る 。 壬 申 の 乱 て 活 躍 し た 高 市 皇 子 も 優 れ た 人 物 て あ っ た と 思 わ れ る が 、 母 の 出 自 が こ の 二 人 に 比 べ る と 明 ら か に 劣 っ て い た 。 し か し 天 武 は 、 天 智 と 同 じ 轍 を 踏 む わ け に は い か な か っ た 。 そ こ ぞ 、 彼 は 血 統 を 厳 密 に と ら え 、 王 位 継 承 候 補 者 を ご く 少 数 に 限 定 て き る う の の さ ら ら の ひ め み こ 嫡 系 継 承 を 、 鷓 野 讃 良 王 女 ( 持 統 ) と と も に 実 現 し よ う と し た の ぞ は な い だ ろ う か 。 し か 母 親 の 血 統 を 重 ん じ る こ と は 、 古 代 日 本 に 固 有 の 双 方 的 社 会 に 適 合 的 て あ る 。 ま た 律 令 制 が 本 格 的 に 機 能 し 始 め る と 、 そ の 権 力 の 中 核 ぞ あ る 王 ( 天 皇 ) の 個 人 的 資 質 や 政 治 的 て つ 八 世 紀 135 律 令 制 下 の 女 帝 た ち

女帝の古代史


に 限 定 し よ う と す る そ の 本 質 ゆ え に 、 早 く も 聖 武 の 段 階 て 破 綻 す る こ と に な っ た 。 し た が っ て 、 嫡 系 継 承 の 維 持 と い う 目 的 と 切 り 離 せ な い 、 律 令 制 下 の 女 帝 も そ の 終 焉 を 迎 え ざ る を 得 な か っ た の て あ る 。 し か し 、 そ の 娘 の 孝 謙 ・ 称 徳 女 帝 は 、 そ の 血 統 ゆ え の 嫡 系 意 識 と 不 婚 に 終 わ ら ざ る を 得 な い 現 実 か ら 、 天 武 ・ 草 壁 皇 統 た た 一 人 の 、 真 の 女 性 天 皇 と し て 行 動 し た の て あ る 。 そ し て 、 彼 女 の 死 に よ り 皇 位 の 嫡 系 継 承 が 完 全 に 終 わ っ た あ と 、 新 た な 皇 位 継 承 の シ ス テ ム を 模 索 す る た め に は 、 嫡 系 主 義 を に な っ た 天 武 ・ 草 壁 皇 統 か ら 離 れ な け れ ば な ら な か っ た 。 そ れ ゆ え に 、 こ の 後 、 他 戸 親 王 が 皇 太 子 を 廃 さ れ て 、 渡 来 系 氏 族 出 身 の 母 を 持 っ 異 母 兄 弟 の 山 部 親 王 ( の ち の 桓 武 天 皇 ) が 立 太 子 の の ち 即 位 に 至 る の は 、 あ る 意 味 て は 必 然 て あ っ た と い え る の て あ る 。 八 世 紀 183 律 令 制 下 の 女 帝 た ち

女帝の古代史


し 等 0 ) の 王 障 女 天 て 、 側 生 帝 武 っ 紀 の 皇 系 理 て 、 位 は て 、 か 由 あ 継 承 嫡 ら 天 場 主 知 位 地 か 義 置 位 系 が 皇 に 子 持 現 律 れ わ 段 を 消 抱 れ 制 り 下 む 否 位 の 帝 つ だ の 的 さ 中 な れ 性 だ す 継 と 考 義 統 っ 特 ら 方 強 れ が 継 る 徳 中 半 。 女 謙 律 顕 承 著 ( 優 王 第 帝 は 令 に 子 女 は た 嫡 の 徳 帝 - に 王 し 場 族 司 制 統 帝 女 明 義 味 嫡 不 兀 持 可 を 後 分 位 同 女 承 の 女 の て 、 237 そ の と し て 第 は け 嫡 系 主 称 の 死 後 れ ま ん た し ) る し て 白 の ら 姿 を す な る そ れ と と も に 継 ぎ と し て 女 も 終 迎 し か し 系 本 来 ん て 矛 盾 か ら 八 世 紀 後 の 孝 謙 称 帝 を と た も と し て づ け ら る フ し た 女 天 と し て 皇 ( 太 を 経 て 正 式 即 性 族 の れ 低 生 し と い ん る フ は も 男 帝 . と ほ ぼ と な る 自 ら の わ け に は ゆ か 不 。 婚 も い ら れ た フ た 童 て 、 の 両 帝 嫡 系 継 承 を 維 す る た ま さ 中 て 、 あ と く 兀 の 合 系 に よ て は じ め て 実 さ め 女 本 に 継 導 ぎ と て の た 性 位 と な っ 兀 、 継 正 統 世 末 に な る と 令 格 入 と も に お け る 。 系 主 考 ん ら れ る 孑 隹 測 き る 。 人 物 も 存 在 す る そ し ) 多 は 俗 自 勺 カ れ た 'l 生 た と く い フ 面 ま オ ご 強 く ー 表 て な か た ま 世 た 古 白 な 極 ( 治 斉 婚 能 明 姻 こ 女 通 の よ フ 王 祭 族 て 、 王 従 あ 的 属 っ 特 す 性 を し た も の あ た と 田 ッ じ 、 れ た し 推 、 女 王 は を し て 男 性 る と 女 帝 の 本 質

女帝の古代史


皇 極 の 系 譜 関 係 は 記 さ れ ず 、 斉 明 ( 天 豊 財 ) は 孝 徳 の 「 子 」 と 、 持 統 ( 総 持 ) は 天 武 の 「 子 」 、 元 明 ( 阿 用 ) も 文 武 の 「 子 」 と 、 そ れ ぞ れ 記 さ れ る 。 ま る て 父 子 間 の 継 承 が 一 つ の あ る べ き 姿 て あ る か の よ う な 記 述 て あ る 。 さ ら に 元 正 に つ い て の 記 述 は な く 、 こ れ ら の 女 帝 ( 王 ) は い ず れ も 女 性 と は 記 さ れ な い 。 こ れ が 、 ほ ば 同 様 の 内 容 を 持 っ 『 宋 史 』 ( 元 代 の 一 三 四 五 年 に 成 立 ) 日 本 伝 て は か な り 正 確 と な り 、 す べ て 天 皇 号 が 加 え ら れ 、 以 下 の よ う に 記 さ れ る 。 お き な が た ら し ひ め ・ 神 功 ー ー 「 次 神 功 天 皇 、 開 化 天 皇 の 曾 孫 女 、 ま た 息 長 足 姫 天 皇 と い ふ 」 ・ 推 古 ー ー 「 次 推 古 天 皇 、 欽 明 天 皇 の 女 な り 」 ・ 皇 極 ー ー 「 舒 明 天 皇 、 次 皇 極 天 皇 」 あ め と よ た か ら い か し ひ た ら し ひ め ・ 斉 明 ー ー 「 次 天 豊 財 重 日 足 姫 天 皇 」 ぢ ・ そ 、 フ ・ 持 統 ー ー 「 天 武 天 皇 、 次 持 総 天 皇 」 ・ 元 明 ー ー 「 次 阿 閉 天 皇 」 ・ 元 正 ー ー 。 「 阿 閉 天 皇 、 次 皈 依 天 皇 」 ・ 孝 謙 ー ー 「 次 孝 明 天 皇 、 聖 武 天 皇 の 女 な り 」 た か の ひ め ・ 称 徳 ー ー 「 次 高 野 姫 天 皇 、 聖 武 天 皇 の 女 な り 」 8

女帝の古代史


う 考 え 方 が う か が え 、 こ れ は 双 方 的 な 親 族 原 理 の 特 徴 を 示 す も の て も あ る 。 以 上 の よ う に 、 孝 謙 ・ 称 徳 女 帝 は 聖 武 天 皇 の た だ 一 人 の 「 嫡 子 」 と し て 、 異 例 な こ と に 女 性 皇 太 子 に 立 て ら れ た 。 そ し て そ の 存 在 を 周 知 さ せ る た め の パ フ ォ ー マ ン ス な ど を 経 て 、 中 継 ぎ ぞ は な い 正 統 的 な 女 性 天 皇 と し て 即 位 し た 。 し か し な が ら 、 お そ ら く こ の 時 点 ぞ 彼 女 の 不 婚 は 決 定 し て お り 、 皇 位 の 嫡 系 継 承 は 終 わ り を 告 げ る こ と と な っ た 。 む ろ ん 、 そ の 後 継 者 に つ い て 聖 武 天 皇 は 遺 言 ぞ 道 祖 王 を 指 名 し た が 、 彼 は 嫡 系 の 皇 子 て は な か っ た 。 そ の 後 、 道 祖 王 に 代 え て 大 炊 王 が 皇 太 子 と さ れ 、 淳 仁 天 皇 と し て 即 位 も し た が 、 そ の 状 况 は 変 わ る も の て は な か っ た 。 , 彼 女 自 身 も 後 継 者 に つ い て 苦 慮 し た は ず て 、 僧 の 道 鏡 さ え 候 補 者 と し て 名 乗 り 出 、 た た が 、 結 局 は そ れ を 退 け る こ と に な り 、 聖 武 の 血 統 を 女 系 て 受 け 継 ぐ 他 戸 親 王 を す て に も う け て い た 白 壁 王 を 、 自 ら の 後 継 者 と し て 指 名 し て 亡 く な っ た の て あ る 。 一 」 の し ょ - フ に 、 父 ・ 聖 武 を 失 い 、 母 ・ 光 明 子 を 失 っ た あ と の 称 徳 女 帝 は 、 血 統 の 正 統 性 を 強 く 自 負 し 、 単 な る 中 継 ぎ て は な く 、 む し ろ 天 武 ・ 草 壁 皇 統 の 最 後 の 天 皇 と し て の 意 識 が 明 白 に あ っ た と 考 え ら れ る 。 そ れ ゆ え に 、 律 令 の 規 定 に あ る よ う な 男 帝 と 同 等 の 、 真 の 意 味 て の 女 陸 天 皇 と し て そ の 権 力 を 行 使 し た の て は な い だ ろ う か 。 結 局 、 「 不 改 常 典 」 が ( オ こ よ っ た 皇 位 継 承 に お け る 嫡 系 主 義 と い う 理 念 は 、 後 継 者 を 厳 密 182

女帝の古代史


能 力 の 重 要 性 が あ る 程 度 軽 減 さ れ る こ と も 、 お そ ら く 承 知 し て い た の て は な い か と 推 測 す る こ う し た 意 図 を も っ て 、 天 武 は 草 壁 皇 子 を 「 皇 太 子 」 と し ( 天 武 紀 十 年 〈 六 八 一 〉 二 月 条 ) 、 そ の 後 見 と し て 持 統 の 存 在 が あ っ た 。 一 方 、 大 津 皇 子 は 皇 族 て は あ る が 臣 下 に 近 い 存 在 と し て 処 遇 す る こ と と 決 断 し た の て は な か ろ う か 。 だ か ら こ そ 、 天 武 は そ の 死 の 直 前 こ と ′ 」 と く き さ き お ほ き ち ひ さ き い ひ つ ぎ の み こ ま う あ め の し た 「 天 下 の 事 、 大 小 を 間 は ず 、 悉 に 皇 后 及 び 皇 太 子 に 啓 せ 」 ( 天 武 紀 朱 鳥 元 年 ^ 六 八 六 〉 七 月 条 ) と 述 べ 、 「 皇 后 」 野 讃 良 王 女 ( 持 統 ) と 「 皇 太 子 」 草 壁 皇 子 の 二 人 に 後 事 を 託 し た の 。 ' 、 つ つ - っ . 0 0 っ し J 、 持 統 と 草 壁 皇 子 に と り 大 津 皇 子 の 存 在 は や は り 危 険 き わ ま り な い も の て あ り 、 天 武 の 死 の 直 後 に 彼 が 葬 ら れ た の は 、 す て に 述 べ た と こ ろ て あ る 。 し か し な が ら 、 こ の よ う な 皇 位 継 承 ル ー ル に つ い て 、 群 臣 の 同 意 を 取 り つ け る に は 時 間 が 必 要 て あ っ た ら し い し た が っ て 、 「 皇 太 子 」 草 壁 皇 子 は 即 位 に 至 ら な い ま ま 死 去 し 、 そ の 後 、 高 市 皇 子 が 太 政 大 臣 に 任 じ ら れ て 、 持 統 政 権 を 支 え る こ と に な る 。 事 態 が 動 く の は 高 市 皇 子 の 死 後 て あ っ た 。 『 懐 風 藻 』 ( 八 世 紀 半 ば に 成 立 し た わ が 国 最 古 の 漢 詩 集 、 引 用 は 岩 波 ・ か ど の 日 本 古 典 文 学 大 系 本 に よ る ) の 葛 野 王 ( 大 友 王 子 の 長 子 ) 伝 に 次 の よ う な 記 載 が あ る 。 た け ち の み こ み ま か わ う こ う け い し ひ つ ぎ 高 市 皇 子 薨 り て 後 に 、 皇 太 后 王 公 卿 士 を 禁 中 に 引 き て 、 日 嗣 を 立 て む こ と を 謀 ら す 。 時 0 を 136

女帝の古代史


倭 王 「 武 」 ( 大 王 ・ 雄 略 ) の あ と の 政 治 的 空 白 / こ の 時 代 の 女 性 の 地 位 / 伝 承 上 の 女 王 ・ 飯 豊 王 / 未 婚 か 既 婚 か が あ い ま い な 飯 豊 王 世 俗 的 統 治 能 力 に 優 れ た 女 性 王 族 六 、 七 世 紀 の 女 性 王 族 / 手 白 香 王 女 / 春 日 山 田 王 女 / 堅 塩 媛 / 額 田 部 王 女 / 宝 王 女 / 倭 姫 王 推 古 女 王 廐 戸 王 子 は 若 く し て 「 皇 太 子 」 と な っ た の か / 推 古 即 位 前 の 重 要 な 役 割 / 六 、 七 世 紀 の 王 位 継 承 ル ー ル / 推 古 女 王 の 即 位 / 推 古 女 王 の 事 績 / 推 古 女 王 の 評 価 皇 極 ( 斉 明 ) 女 王 皇 極 女 王 の 即 位 事 情 / 上 宮 王 家 滅 亡 事 件 に つ い て の 『 書 紀 』 記 載 の 不 自 然 さ / 上 宮 王 家 滅 亡 事 件 の 真 相 Ⅱ 皇 極 即 位 の 背 景 / 皇 極 女 王 の 事 績 / 斉 明 女 王 の 即 位 事 情 / 斉 明 女 王 の 事 績 / 皇 極 ( 斉 明 ) 女 王 の 評 価 101

女帝の古代史


ま た 、 彼 女 は わ が 子 ・ 文 武 か ら 皇 位 を 継 承 し た わ け て 、 皇 后 ( 大 后 ) と し て の 経 歴 か ら 即 位 し た 前 代 ま て の 女 帝 ( 王 ) と は 異 な り 、 天 皇 の 母 親 と し て 即 位 に 至 っ た と い え る 。 し か し 、 こ れ は 終 章 て 紹 介 す る 唐 の 則 天 武 后 の 即 位 事 情 と ま さ し く 同 一 て 、 男 生 に 従 属 し た 女 性 王 族 と し て の 一 面 を は っ き り と 確 認 て き る の て あ る 。 元 正 女 帝 の 即 位 事 情 お び と 皇 太 子 と し て の 首 皇 子 ( の ち の 聖 武 天 皇 ) が 存 在 し な が ら 、 元 明 女 帝 の あ と を 受 け て 元 正 ひ た か 天 皇 と し て 即 位 し た の は 、 三 十 六 歳 の 未 婚 の 皇 女 、 水 高 内 親 王 て あ っ た ( 霊 亀 元 年 〈 七 一 五 〉 九 月 ) 。 彼 女 の 即 位 は 元 明 に 比 べ て も さ ら に 異 例 な も の て 、 前 「 皇 后 」 と い う 資 格 な ど を ま っ た く 持 た ず 、 ま た 天 皇 の 母 親 て も な く 、 卑 弥 呼 ・ 壱 以 来 の 未 婚 の 女 性 統 治 者 と な っ た 。 も 3 元 正 女 帝 よ 153 律 令 制 ド の 女 帝 た ち 八 世 紀

女帝の古代史


( 戦 い 抜 き 、 そ の 即 位 後 に 大 后 ( 皇 后 ) と な っ た 。 そ 「 正 妃 」 と な り 、 壬 申 の 乱 を 夫 と と も こ し て 夫 ・ 天 武 の 死 後 ( 六 八 六 年 ) に 、 す て に 「 立 太 子 」 さ れ て い た 二 十 四 歳 の 「 皇 太 子 」 み か ど ま つ り ご と き こ し め 草 壁 皇 子 が 直 ち に 即 位 す る の て は な く 、 彼 女 が 「 臨 朝 称 制 」 ( 仮 に 即 位 ) し た 。 そ の 直 お お つ の み こ ヾ レ と み な さ れ て い た 大 津 皇 子 ( 天 武 と 大 田 王 女 と の 間 の 皇 子 ) 後 に 、 草 壁 皇 子 の 強 力 な ラ イ ノ ノ が 謀 反 の 疑 い を か け ら れ 、 自 殺 さ せ ら れ る ( 六 八 六 年 ) 。 こ の 時 点 。 て は か れ ら 以 外 に も 天 武 た け ち の み こ の 男 王 と し て 、 壬 申 の 乱 に 活 躍 し た 高 市 皇 子 を は じ め と す る 諸 皇 子 は ま だ 多 く 健 在 て あ っ た 。 し か し 、 「 皇 太 子 」 の 草 壁 皇 子 な ど が 即 位 す る こ と な く 、 彼 の 急 死 後 ( 六 八 九 年 ) に 、 齲 野 讃 良 王 女 自 ら が 正 式 に 即 位 す る こ と に な っ た ( 持 統 四 年 〈 六 九 〇 〉 ) 。 そ の と き 彼 女 は 四 十 六 歳 前 後 か と 思 わ れ る 。 こ う し た 経 緯 を ふ ま え る と 、 彼 女 は 前 皇 后 と し て の 経 歴 か ら 即 位 て き た も の と 考 え て よ し か も 、 そ の 即 位 は 次 世 代 に 王 位 が 継 承 さ れ る 時 に 実 現 し た も の て 、 皇 極 の 即 位 事 情 に 類 似 す る も の て あ っ た 。 ま た 天 武 の 死 後 、 三 年 が 経 過 し て も 「 皇 太 子 」 草 壁 皇 子 の 即 位 が 実 現 し な か っ た こ と か ら す る と 、 王 位 継 承 時 に は 血 統 も 重 ん じ ら れ る が 、 個 人 的 な 資 質 ・ 能 力 な ど が 評 価 さ れ 、 三 十 歳 前 後 て 王 位 に つ く と い う 前 代 ま て の 規 範 が 根 強 く 存 続 し て い た と 考 え ら れ る 。 天 武 が 専 制 的 な 政 権 を う ち 立 て た と い っ て も 、 若 年 て 政 治 的 経 験 も い ま だ 十 分 て は な か っ た 草 壁 皇 子 が 、 直 ち に 後 継 者 と し て 即 位 て き る 状 況 て は な か っ た の 125 律 令 制 下 の 女 帝 た ち 八 世 紀