検索 - みる会図書館

検索対象: 増補改訂 財務3表一体理解法

増補改訂 財務3表一体理解法から 288件ヒットしました。

増補改訂 財務3表一体理解法


第 — 章 財 務 3 表 の 基 礎 知 識

増補改訂 財務3表一体理解法


第 5 章 英 文 会 計 の 基 礎 知 識

増補改訂 財務3表一体理解法


す す よ ね う 見 の た 法 。 考 だ 人 ん け 税 る で 等 と わ 支 税 か 払 ら 額 目 リ 当 純 利 を ス 算 外 — す る 日 税 業 の 活 : 本 の 支 動 日 接 法 C は わ か り や す で 欄 は な の な ク ) で に 法 額 が 記 ネ し い る わ で の 期 の は 0 の よ る キ ヤ シ コ . フ ロ の 図 表 5 ー 8 直 接 法 の Cash 利 OW statement 営 業 活 動 に よ る キ ャ ッ シ ュ フ ロ ー 営 業 収 入 商 品 の 仕 入 支 出 人 件 費 支 出 そ の 他 の 営 業 支 出 利 息 の 受 取 利 息 の 支 払 法 人 税 等 の 支 払 営 業 活 動 か ら 生 み 出 さ れ た 現 金 投 資 活 動 に よ る キ ャ ッ シ ュ フ ロ ー 有 価 証 券 の 取 得 有 価 証 券 の 売 却 固 定 資 産 の 取 得 固 定 資 産 の 売 却 投 資 活 動 に 使 っ た 現 金 財 務 活 動 に よ る キ ャ ッ シ ュ フ ロ ー 借 入 実 行 借 入 返 済 株 式 発 行 自 己 株 式 の 取 得 配 当 金 支 払 財 務 活 動 か ら 生 み 出 さ れ た 現 金 現 金 及 び 現 金 同 等 物 の 増 ( 減 ) 現 金 及 び 現 金 同 等 物 の 期 首 残 高 現 金 及 び 現 金 同 等 物 の 期 末 残 高 引 9 第 5 章 英 文 会 計 の 基 礎 知 識

増補改訂 財務3表一体理解法


今 や 借 方 (Debit) 、 貸 方 (c 「 edit) と い う の は シ ン ポ ル の よ う な も の で 、 そ れ 自 体 に は 意 味 が な い と い う の が 一 般 的 な 認 識 に な っ て き て い ま す 。 こ の 「 借 方 ・ 貸 方 」 が 「 貸 借 対 照 表 」 の 「 貸 借 」 で す 。 そ も そ も 「 借 方 ・ 貸 方 」 の 意 味 が わ か ら な い 人 に と っ て は 、 貸 借 対 照 表 の イ メ ー ジ が 作 り に く い の で す 。 第 1 章 の ペ ー ジ の 「 coffee B 「 eak 2 」 で 説 明 し た の で 繰 り 返 し に な り ま す が 、 貸 借 対 照 表 は 「 財 産 残 高 一 覧 表 」 と い う 意 味 で す 。 欧 米 の 会 計 の 専 門 家 も 、 そ の 意 味 が よ く わ か っ て い る 人 は 、 BaIance Sheet を 「 財 産 残 高 一 覧 表 」 の イ メ ー ジ で 理 解 し て い ま す 。 読 者 の み な さ ん も そ の よ う に 理 解 し て お い て く だ さ い 引 5 第 5 章 英 文 会 計 の 基 礎 知 識

増補改訂 財務3表一体理解法


り 紙 を 出 し て い る の を 見 か け ま す が 、 あ れ は 期 末 に 商 品 が ど れ く ら い 残 っ て い る か を 確 認 し て い る の で す 。 通 常 、 そ の 期 の 売 上 原 価 を 計 算 す る 方 法 は 、 図 表 2 ー 3 に 示 す 通 り で す 。 つ ま り 、 前 の 期 に 在 庫 と し て 残 っ て い た 「 期 首 商 品 棚 卸 高 」 に 、 当 期 に 仕 入 れ た 「 当 期 商 品 仕 入 高 」 を 足 し て 、 そ こ か ら 期 末 に 在 庫 と し て 認 識 さ れ た 「 期 末 商 品 棚 卸 高 」 を 差 し 引 き ま す 。 こ れ が 、 そ の 期 の 正 し い 売 上 原 価 に な り ま す 。 礎 今 回 の 例 で 言 え ば 、 み な さ ん の 会 社 は ス タ ー ト し た 去 ば か り で す か ら 期 首 商 品 棚 卸 高 は 「 0 」 で す 。 当 期 商 ~ 方 卸 円 高 高 価 円 算 棚 万 入 卸 品 仕 入 高 は 、 現 金 仕 入 の 150 万 円 と 買 掛 の 仕 入 の 7 仕 棚 ロ 0 商 0 品 品 50 万 円 を 足 し て 900 万 円 に な っ て い ま す 。 期 末 商 体 の 商 商 表 期 末 ロ 卩 、 、 、 価 っ 0 ロ ロ 棚 缶 高 カ 100 万 円 で す か ら 、 今 期 の 1800 万 円 期 当 期 原 の 売 上 を あ げ る た め に 使 っ た 原 価 は 、 実 は 800 万 円 財 高 卸 入 円 章 だ っ た と い う こ と で す 。 棚 棚 円 仕 万 ロ 万 ロ 0 こ の 計 算 方 法 が わ か れ ば 、 の 売 上 原 価 の 下 に 期 第 商 商 0 商 0 2 期 首 商 品 棚 卸 高 、 当 期 商 品 仕 入 高 、 期 末 商 品 棚 卸 高 が こ 期 9 当 期 図 の 順 番 に 並 ん で い る 理 由 が 理 解 で き る と 思 い ま す 。 売 上 原 価 = 高

増補改訂 財務3表一体理解法


方 、 の 左 側 は 、 こ の 仕 入 の た め に 現 金 150 万 円 を 支 払 っ た の で 、 現 金 及 び 預 金 が 195 万 円 か ら 菊 万 円 に 減 り 、 の 左 側 の 合 計 も 125 万 円 と な り ま す 。 で す か ら 、 の 左 右 が 一 致 し ま す 。 直 接 法 で は 、 商 品 仕 入 は ま さ に 営 業 活 動 に か か わ る お 金 の 動 き で す か ら 、 営 業 の 「 商 品 の 仕 入 支 出 」 に マ イ ナ ス で 150 万 円 を 計 上 し ま す 。 の 一 番 下 ま で 計 算 す る と 、 現 金 & 同 等 物 期 末 残 高 は 菊 万 円 に な り 、 の 現 金 及 び 預 金 の 菊 万 円 と 一 致 し て い る こ と が 確 認 礎 で き ま す 。 基 一 方 、 間 接 法 oco の 一 番 上 に は 、 の 税 引 前 当 期 純 利 益 の 「 マ イ ナ ス 175 」 が 入 り ま す 。 ~ こ れ は 今 回 の 仕 入 の 支 出 を 反 映 し た も の で す か ら 、 間 接 法 で 作 業 は あ り ま せ ん 。 「 マ イ ナ ス 1 75 」 を そ の ま ま 下 に 降 ろ す と 、 直 接 法 (-)cn の 営 業 活 動 に よ る 計 の 「 マ イ ナ ス 175 」 と 表 一 致 し ま す 。 務 財 さ て 、 こ こ で 疑 問 を 持 た れ た 方 が い ら っ し ゃ い ま せ ん か 。 「 商 品 を 仕 入 れ て ま だ 販 売 し て な い の だ か ら 、 そ の 商 品 は 『 在 庫 』 に な る の で は な い か 」 と い う 疑 問 で す 。 も し 「 在 庫 」 と 認 識 章 第 さ れ る の な ら 、 の 資 産 の 在 庫 に 商 品 150 万 円 を 記 載 し な け れ ば な り ま せ ん 。 し か し 、 こ こ で 在 庫 150 万 円 を 記 載 す る と 、 の 左 右 が 一 致 し な く な り ま す 。 こ の こ と に つ い て は 、 102 ペ ー ジ か ら の 7 ー 2 で 詳 し く 説 明 し ま す 。

増補改訂 財務3表一体理解法


や か で は あ り ま す が 、 日 本 の 伝 統 で あ る 「 良 い 物 を 大 切 に 長 く 使 う 」 と い う 環 境 共 生 の 思 想 を 世 界 に 広 め る こ と に も 貢 献 で き る か も し れ ま せ ん 。 商 売 の 「 価 値 」 は 十 分 あ り そ う で す 。 陶 器 の こ と を 英 語 で China と 言 い ま す が 、 漆 器 は Japan で す 。 そ こ で 、 み な さ ん は 「 TheJapan 」 と い う 会 社 を 設 立 す る こ と に し ま し た 。 ③ 一 つ ひ と つ の 取 引 ご と に 財 務 3 表 を 見 る 手 法 会 社 を 設 立 し て 商 売 を 始 め る と 、 実 に さ ま ざ ま な 取 引 が 発 生 し ま す 。 銀 行 か ら 運 転 資 金 を 借 り た り 設 備 投 資 を し た り し て 、 商 売 の 基 礎 を 築 く こ と が ま す 必 要 で し よ う 。 最 初 は 信 用 が な い の で 、 商 品 を 現 金 で 仕 入 れ て 現 金 で 販 売 し な け れ ば な り ま せ ん 。 し か し 、 し だ い に 実 績 が 積 み 上 が っ て い く と 、 買 掛 で 商 品 を 仕 入 れ て 売 掛 で 販 売 す る こ と が で き る よ う に な り ま す 。 そ う し て 利 益 を あ げ ら れ る よ う に な る と 、 社 員 に 給 料 を 支 払 っ た り 、 借 り て い た お 金 を 返 し た り し て 次 に 備 え ま す : こ れ か ら み な さ ん は 、 財 務 3 表 を 見 な が ら 、 い ま 述 べ た よ う な 一 つ ひ と つ の 取 リ ( イ ー こ 半 、 つ 数 字 の 動 き を 順 々 に 追 っ て い き ま す 。 そ し て 、 そ の 財 務 3 表 で 、 前 述 し た < か ら ま で の 5 つ の 「 つ な が り 」 を 、 具 体 的 な 数 字 で 確 認 し て い き ま す 。 ペ ー ジ の 図 が 、 こ れ か ら み な さ ん が 作 る 財 務 3 表 の 「 完 成 形 」 で す ( 単 位 は 、 す べ て 万 円

増補改訂 財務3表一体理解法


⑨ 商 品 7 LOO 万 円 分 を 「 買 掛 」 で 仕 入 れ る 運 転 資 金 を 借 り た お か げ で 手 元 資 金 が 潤 沢 に な り ま し た 。 勇 ん で 製 造 元 に 連 絡 す る と 、 何 と 「 お た く と は 商 売 の 実 績 が で き た し 、 あ ん た 、 何 だ か 信 頼 で き そ う だ 。 こ れ か ら は 現 金 払 い で な く て も 、 し い よ 」 と 言 っ て く れ た の で し た 。 借 金 を す る 前 に 電 話 を し て お け ば よ か っ た と 後 し ま し た が 、 製 造 元 が 自 分 を 信 用 し て く れ た こ と は う れ し い 限 り で す 。 こ れ か ら あ な た の 会 社 は 製 造 元 に 対 し て 、 現 金 払 い で は な く 「 買 掛 」 で の 商 売 が ス タ ー ト す 礎 基 る わ け で す 。 つ ま り 、 あ な た の 会 社 は 製 造 元 か ら 商 品 は 受 け 取 る の で す が 、 そ の 代 金 は 後 に な 法 解 っ て か ら 支 払 え ば よ い と い う 商 売 の 形 態 が 始 ま る の で す 。 「 買 掛 」 の 取 引 を 説 明 す る 前 に 読 者 の み な さ ん に お 伝 え し て お き た い こ と が あ り ま す 。 そ れ は 、 表 こ の 第 2 章 は こ れ か ら が 本 番 と い う こ と で す 。 こ れ ま で の 取 引 は 比 較 的 簡 単 な も の で し た 。 そ れ は す べ て 現 金 の 動 き を 伴 う 取 引 で し た 。 概 念 的 に は 収 支 計 算 書 の 世 界 と 大 き な 違 い は あ り ま 財 章 せ ん 。 こ こ か ら つ い に 現 金 の 動 き の な い 取 引 が 始 ま り ま す 。 複 式 簿 記 が 難 し く 感 じ る 理 由 の ひ と つ は 、 収 支 計 算 書 と 違 っ て 現 金 の 動 き の な い 取 引 を 処 理 第 す る か ら で す 。 こ こ か ら 売 掛 と 買 掛 の 取 引 が 4 問 ほ ど 続 き ま す の で 、 少 し 気 合 い を 入 れ て 読 み 進 め て く だ さ い 。 と は 言 っ て も 、 考 え 方 自 体 は そ れ ほ ど 難 し い も の で は あ り ま せ ん 。 同 じ よ う

増補改訂 財務3表一体理解法


図 表 1 ー 2 す べ て の 会 社 に 共 通 す る 3 つ の 活 動 投 資 お 金 を 利 益 を 集 め る す る あ げ る サ ー ビ ス 業 で も 事 務 所 は 必 要 で す し 、 机 や 本 棚 も 必 要 で す 。 わ ず か な お 金 で は あ り ま す が 、 そ れ を 何 か に 投 資 し 、 そ の 投 資 し た も の を 活 用 し て 利 益 を あ げ て い る の で す 。 こ の 圉 ↓ 圉 ↓ と い う 3 つ の 活 動 は 、 す べ て の 事 業 に 共 通 す る 3 つ の 活 動 な の で す 。 実 は 、 こ の 3 つ の 活 動 を と と OTJ と い 、 つ 3 っ の 表 を 使 っ て 表 し て い る の で す 。 図 表 1 ー 2 の 右 下 に co と い う 表 が あ り ま す 。 の 表 の 構 造 は 後 ほ ど 詳 し く (D 業 資 務 説 明 し ま す の で 、 こ こ で は 全 体 像 だ け を 理 解 し て く だ さ O 営 投 財 と い う 表 は 、 真 ん 中 に 線 が 引 い て あ り 、 左 右 に 分 か れ て い ま す 。 な ぜ 左 右 に 分 か れ て い る か と い う と 、 の 右 側 に そ の 会 社 が 「 こ れ ま で に ど う や っ て お 金 を 集 め て き た か 」 と い う こ と が 表 さ れ て い て 、 の 左 側 に そ の 「 集 め て き た お 金 を 何 に 投 資 し た か 」 が 表 さ れ て い ま す 。 そ し て 、 図 表 1 ー 2 の 左 下 に あ る で 、 1 事 CD 23 第 1 章 財 務 3 表 の 基 礎 知 識

増補改訂 財務3表一体理解法


に な り ま す 。 逆 に 言 え ば 、 財 務 3 表 の つ な が り を 理 解 せ す に 、 表 の 構 造 や 仕 訳 の 勉 強 ば か り し て も 、 会 計 が 腹 の 底 か ら わ か っ た と い う 感 じ に は な か な か な れ な い と 思 い ま す 。 今 ま で の 勉 強 法 は 、 会 計 の 森 の 一 本 一 本 の 木 の 勉 強 ば か り す る も の で し た が 、 本 書 で 紹 介 す る 勉 強 法 は 、 会 計 の 森 全 体 を 木 と 木 の つ な が り を 明 ら か に し な が ら 理 解 し て い く と い う も の で す 。 先 程 、 「 簿 記 ・ 仕 訳 を す っ 飛 ば し て 」 と い う 言 い 方 を し ま し た が 、 正 し く 一 一 一 口 え ば 簿 記 ・ 仕 訳 を す っ 飛 ば す わ け で は あ り ま せ ん 。 こ こ か ら 先 の 説 明 は 理 解 し て い た だ く 必 要 は あ り ま せ ん が 、 私 の 勉 強 法 は 、 仕 訳 帳 を 使 っ て 伝 票 の 仕 訳 作 業 を す る の で は な く 、 と の 中 で 直 接 仕 訳 を 行 い 、 そ れ に 現 金 の 動 き を 表 す O co を セ ッ ト で 勉 強 す る と い う も の な の で す 。 こ の こ と に つ い て も 、 本 書 を 読 み 終 え る こ ろ に は そ の 意 味 を 理 解 し て い た だ け る と 思 い ま す 。 こ の 財 務 3 表 を 一 体 に し た 勉 強 法 を 使 え ば 、 会 計 の 全 体 像 と 基 本 的 な 仕 組 み が 理 解 で き る だ け で な く 、 時 価 会 計 ・ 減 損 会 計 ・ 税 効 果 会 計 ・ 退 職 給 付 会 計 ・ 自 己 株 式 の 取 得 ( 金 庫 株 ) と い っ た 複 雑 な 会 計 も 、 そ の 仕 組 み が 手 に 取 る よ う に 理 解 で き る の で す 。 19 第 1 章 財 務 3 表 の 基 礎 知 識