検索 - みる会図書館

全データから 213081件ヒットしました。

月刊 C MAGAZINE 1990年4月号


PART ANSI C と 日 本 語 処 理 の 課 題 猪 瀬 武 久 ( SC22 / CWG 主 査 ) ANSI C 規 格 に 対 す る 日 本 語 処 理 の 問 題 は , 現 在 日 本 の 情 報 処 理 学 会 の SC22 / C ワ ー キ ン グ グ ル ー プ に よ っ て 整 理 ・ 検 討 ・ 提 案 が 行 わ れ て い る 。 PART2 で は , こ の グ ル ー プ の 主 査 で あ る 猪 瀬 氏 に 日 本 語 処 理 の 問 題 に つ い て 解 説 し て も ら っ た 。 ANSI C と C の 国 際 化 機 能 日 本 言 誕 理 の 問 題 マ 丿 バ イ ト 従 来 の ASCII 1 文 字 の 範 囲 で は , い わ ゆ る char と い う デ ー タ 型 が あ る 。 char 型 で は , 1 文 字 = 1 バ イ ト と , 文 字 ど バ イ ト の 概 念 が 一 致 し て い た 。 し か し , 日 本 語 や 中 国 語 な ど の よ う な , 1 文 字 = 2 バ イ ト 以 上 の マ ル チ バ イ ト 文 字 ( 多 バ イ ト 文 字 ) が 混 在 す る と , 文 字 と い う 単 位 の 扱 い が 非 常 に や っ か い に な っ て し ま う 。 256 の 文 字 セ ッ ト で す ん で い た 世 界 と , 何 千 何 万 に も の ば る 文 字 を か か え る 世 界 と で は , そ の 困 難 さ に お い て は る か に 異 な っ て い る と い え る 。 た し か に , ASCII の 世 界 で は C 言 語 で テ キ ス ト 処 理 の ア プ リ ケ ー シ ョ ン は 問 題 な く 書 50 CMAGAZINE 19 4 け て い た 。 し か し , 日 本 語 の よ う に マ ル ヂ バ イ ト の 世 界 に な っ て く る と , 1 文 字 が 複 数 バ イ ト か ら な っ て い る こ と か ら , さ ま ざ ま な 問 題 を 呈 し て い る の が 現 状 で あ る 。 そ の コ ー ド の 衝 突 日 本 語 処 理 の 問 題 点 典 型 例 を 以 下 に 見 て み よ う 。 し よ う 。 こ の 例 で は , ASCII 文 字 か ら の シ フ バ イ ト 文 字 列 「 日 本 語 」 と 書 い た 場 合 を 想 定 と い う よ う に , 文 字 列 リ テ ラ ル 中 に マ ル チ "abcde 日 本 語 fghik" し ) 。 た と え ば , 的 な コ ン セ プ ト と し て 理 解 し て い た だ き た し て 話 を 進 め る 。 こ で 述 べ る こ と は 基 本 す る た め に 実 際 と は 多 少 異 な る が , 簡 略 化 挙 げ ら れ る 。 こ で は , わ か り や す く 説 明 ま ず 問 題 点 の ひ と つ に , コ ー ド の 衝 突 が ト イ ン コ ー ド と し て 3 バ イ ト の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス が あ り , さ ら に 「 日 本 語 」 と い う マ ル チ バ イ ト 文 字 列 が 出 て き て , シ フ ト ア ウ ト コ ー ド と し て 3 バ イ ト の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス が 存 在 し , 再 び ASCII 文 字 に 戻 っ た と す る 。 こ の と き , 「 日 」 を 構 成 す る 1 バ イ ト 目 が 「 " 」 に 一 致 し て し ま っ た ら ど う な る だ ろ う か ? 当 然 , 文 字 列 は こ こ で 閉 し ら れ て し ま い , プ ロ グ ラ マ の 意 図 と は 異 な っ て し ま う 。 あ る い は , printf 関 数 の 書 式 指 定 の な か に お い て は , % は 書 式 の 制 御 文 字 に 用 い ら れ る が , た ま た ま 漢 字 の な か の 1 バ イ ト に % と 本 語 」 の 「 日 」 と い う の は , 論 理 的 に そ れ 以 上 ま う と い う 問 題 点 が 挙 げ ら れ る 。 本 来 , 「 日 次 に , 論 理 的 単 位 を 強 引 に 切 り 離 し て し 論 理 単 位 の 切 断 日 本 語 処 理 の 問 題 点 イ ト の 世 界 に は 存 在 す る 。 よ う な コ ー ド の 衝 突 と い う 問 題 が マ ル チ バ も ま た お か し な こ と に な っ て し ま う 。 一 致 す る コ ー ド が あ っ た 場 合 に は ,

群像 2016年 12月号


2 ・ 日 本 文 学 に 「 人 称 」 は い ら な い ? が 罷 り 通 っ て し ま っ た の か と い え ば 、 そ の 淵 源 は 明 治 期 に ま で 遡 る と 金 谷 は 言 う 。 日 本 が 開 国 し て 外 来 語 が 入 っ て き 日 本 語 学 や 文 法 学 を 専 門 と す る 人 に と っ て は 常 識 に 属 す た タ イ ミ ン グ で 、 日 本 語 文 法 が 整 備 さ れ た こ と に よ っ て 、 る 話 題 だ ろ う が 、 そ の 筋 で は よ く 知 ら れ た 「 主 語 無 要 論 」 本 来 は 日 本 語 に は 不 要 だ っ た さ ま ざ ま な 事 柄 が 付 け 加 え ら や 「 主 語 否 定 論 」 な ど と 呼 ば れ る 立 場 が あ る 。 そ の 提 唱 者 れ て し ま っ た と い う の で あ る 。 で あ る カ ナ ダ 在 住 の 言 語 学 者 、 日 本 語 教 師 の 金 谷 武 洋 は 、 著 書 『 日 本 語 に 主 語 は い ら な い 』 に お い て 、 お お よ そ 次 の 私 を 含 め た 日 本 語 教 師 に と っ て の 一 番 の 問 題 は 何 か と よ う な こ と を 述 べ て い る 。 一 一 一 一 口 え ば 、 そ れ は 英 語 や 仏 語 と 日 本 語 の 根 本 的 な 違 い が ど カ ナ ダ の ケ ベ ッ ク 州 モ ン ト リ オ ー ル と い う 英 仏 語 両 用 の の 文 法 書 に も 明 記 さ れ て い な い こ と だ 。 国 内 国 外 で 使 わ 言 語 環 境 で 日 本 語 を 教 え る と い う い さ さ か 特 殊 な 経 験 を 長 れ て い る ほ と ん ど の 「 日 本 語 教 科 書 」 が 基 本 的 に は 「 学 年 積 ん で き た 金 谷 は 、 英 語 や 仏 語 で は 「 文 に は 主 語 と 述 語 校 文 法 」 に 基 づ い て お り 、 そ の 学 校 文 法 は 西 洋 語 、 特 に が あ る 」 と 一 一 = ロ え る が 、 日 本 語 に か ん し て は そ れ は 誤 っ た 主 英 文 法 を 下 敷 き に し て い る か ら で あ る 。 ( 『 日 本 語 に 主 語 は い ら な い 』 ) 張 で し か な い 、 と 断 言 す る 。 そ し て 何 故 、 そ の よ う な 誤 解 万 . ム ト 見 ム 刪 亠 栄 禾 / 一 三 口 一 三 ロ ~ 半 回 「 一 人 称 」 の 発 見 ま で ( 承 前 ) 佐 々 木 敦 236

思想 2016年第9号(第1109号)


括 的 な 報 告 を 行 っ た り す る た め で は あ り ま せ ん 。 さ ら に 言 え 中 か ら 三 点 を 取 り 上 げ ま し た が 、 当 然 な が ら そ れ ら は そ の 他 ば 「 事 態 を 取 り 戻 す 」 こ と 、 そ し て ま た 正 統 派 の 様 相 を 改 め の 多 く の 問 題 と 絡 み 合 っ て い ま す 。 三 つ の 問 題 と は 以 下 の と て 描 き 出 す こ と が 目 的 な の で も あ り ま せ ん 。 そ う で は な く 現 お り で す 。 状 を 確 認 す る た め で あ り 、 本 セ ン タ ー の 発 端 と な っ た 諸 問 題 、 一 、 哲 学 的 な も の の 問 も そ し て 今 な お 発 端 で あ り 続 け て い る 諸 問 題 に つ い て 我 々 が ど 、 お よ び 哲 学 と 政 治 の 関 係 の 問 題 こ ま で 進 ん で き た の か を 確 認 す る た め な の で す 。 こ の こ と は 一 一 、 全 体 主 義 の 問 題 勿 論 、 我 々 自 身 の 問 「 開 会 〔 Ouverture 〕 ( 2 ) 」 冒 頭 の 問 三 、 我 々 が 退 引 と 呼 ん だ も の の 問 題 を 指 し て い る わ け で す が 、 た だ し 条 件 と し て 、 い 力 に し て 今 度 は こ れ ら の 問 い 自 体 が 問 い に 付 さ れ た の か を 考 え 合 い ず れ も 途 方 も な い 問 題 で す 。 と は い え 現 段 階 で も こ の 問 わ せ て み る こ と が 必 要 で す し 、 ま た そ の 間 に こ れ ら の 間 い か 題 に つ い て 本 質 的 な 特 徴 を 指 摘 し て お く こ と は で き る は ず で ら 新 た に 持 ち 上 が っ て き た 問 い も そ こ に 加 え る 必 要 が あ る で す 。 し よ う 。 こ こ に あ る の は 正 統 派 の 立 場 な ど で は な く 、 あ る 問 哲 学 的 な も の の 問 い 題 系 で す 。 た と え そ れ が 形 作 ら れ つ つ あ る 問 題 系 、 お の れ 自 身 を 模 索 し て い る 問 題 系 だ と し て も で す 。 手 短 か で は あ り ま そ れ で は 第 一 の 点 、 哲 学 的 な も の の 問 題 お よ び 哲 学 と 政 治 す が 、 今 日 我 々 は こ の よ う な 問 題 系 に 立 ち 戻 っ て み た い と 考 の 関 係 の 問 題 で す 。 最 初 に 、 も つ ば ら セ ン タ ー の 名 称 を 説 明 え て い ま す 。 す る た め に 「 哲 学 的 な も の と 政 治 的 な も の の 本 質 的 な 相 互 ー と い う わ け で 単 純 に 言 え ば こ う で す 。 こ の 問 題 系 の 構 築 に 帰 属 」 を 強 調 し た 際 ( 思 い 違 い で な け れ ば 、 こ れ は そ も そ も ジ ャ ッ ク ・ デ リ ダ が 述 べ て い た こ と で す ( 3 ) ) 、 我 々 は 何 を 念 頭 に 置 い お い て ( こ の 問 題 系 の 空 間 の 構 築 、 と 言 っ た 方 が 良 い か も し れ ま せ ん 。 む し ろ そ れ こ そ が こ の よ う な セ ン タ ー の 理 念 な の で す か ら ) 、 て い た の で し よ う か 。 我 々 は ど こ ま で 進 ん で き た の か 。 論 争 の 的 に な っ て い る 問 題 当 時 述 べ た こ と で す が 、 以 下 の 点 に だ け も う 一 度 注 意 を 喚 と は ど の よ う な も の な の か 。 言 い 換 え れ ば 、 問 い を 立 て る こ 起 し て お き た い と 思 い ま す 。 と に 関 し て 我 々 が 見 解 の 一 致 を み て い る 問 題 と は い か な る も の な の だ ろ う か こ の よ う な 哲 学 的 な も の と 政 治 的 な も の の 相 互 的 な 係 わ り 手 つ 取 り 早 く 、 論 旨 を す っ き り さ せ る た め に 我 々 は 問 題 の 合 い ( 政 治 的 な も の が 哲 学 的 な も の に 対 し て 外 的 だ っ た り 先 行 し

「文明論之概略」を読む 上


交 通 整 理 と は 、 い っ た い わ れ わ れ は 何 を 主 題 と し て 議 論 し て い る の か 、 と い う 問 題 で す 。 交 通 整 理 を し な い と ど う な る か 。 同 じ 言 葉 を 使 い な が ら 、 そ れ ぞ れ そ の 言 葉 に 勝 手 な 意 味 を 付 し て 議 論 し て い る と 、 ま っ た く 議 論 が 実 質 的 に か み 合 わ な い 。 、 わ ん や 新 造 語 が 氾 濫 し て 、 そ れ コ い い と か 、 感 じ が 悪 い と か い う 評 価 を つ け た 議 論 が 減 茶 苦 茶 に 多 く な る と 、 み ん な 精 神 的 に ノ イ ロ ー ゼ に な っ て し ま う 。 そ こ で 議 論 の 交 通 整 理 を し て 、 争 点 を 明 確 に し 、 不 毛 な 論 争 を で き る だ け な く し て い く 。 つ ま り 交 通 整 理 の お 巡 り さ ん の 役 が 必 要 に な っ て く る 。 当 時 、 そ れ は 非 常 に 切 実 な 問 題 だ っ た だ ろ う と 思 う の で す ね 。 ま あ 今 の 日 本 に も 、 別 の 意 味 で そ う い う 問 題 は あ る け れ ど も 、 価 値 体 系 が 一 挙 に 崩 壊 し た 維 新 直 後 に は 、 と く に そ れ が 必 要 だ っ た だ ろ う と 思 い ま す 。 他 方 で は 、 混 沌 の な か で 不 毛 な 議 論 ば か り が 氾 濫 す る と 、 逆 に 、 こ れ じ や ど う し よ う も な い じ ゃ な い か 、 何 と か 思 想 的 な 秩 序 づ け を し な い と し よ う が な い じ ゃ な い か 、 と い う 考 え が 有 力 に な っ て く る 。 混 沌 の 反 動 と し て 、 天 下 の 議 論 を 画 一 化 し た 方 が よ い と い う こ と に な る 。 こ れ が 第 二 の 問 題 で す 。 画 一 化 と い う と 、 は じ め か ら わ る く ひ び く け れ ど 、 こ れ を 国 民 的 合 意 に し て と い う か 、 政 府 な ど が コ ン セ ン サ ス を 決 め て し ま お う と す る 。 そ れ に も い ろ い ろ な 形 が あ っ て 、 た と え ば 、 教 育 勅 語 な ど が の ち に 出 て く る の も 、 こ う い う 要 請 が 背 景 に な っ て い ま す 。 国 民 が 遵 奉 す る 一 つ の 信 念 体 系 ( be 一 一 efsystem ) を 公 権 力 が つ く り 出 し て い く 、 そ れ に よ っ て 新 国

世界 2016年 10月号


加 と だ と 思 い ま す 。 パ ー ル ・ バ ッ ク が つ い に 自 覚 で き な か っ た 、 西 洋 語 と 東 ア 貶 ジ ア の 言 葉 、 二 十 世 紀 に お け る ア ジ ア と 西 洋 の 関 係 の 悲 哀 。 「 ゴ ー イ ン グ ・ ネ イ テ イ プ 」 を 書 き な が ら 、 そ う い う こ と を 界 何 度 も 考 え ま し た 。 世 国 藉 で 終 わ ら な い 問 題 リ ー ビ そ れ で い ま 、 本 当 に 「 ゴ ー イ ン グ ・ ネ イ テ イ プ 」 が あ る と す れ ば 、 そ れ は 日 本 語 で 話 す 、 日 本 人 の 生 活 と 一 体 と な る : : : と い う こ と で は な く て 、 そ の 一 一 一 一 口 語 の 文 体 へ と 飛 び 込 ん で 、 自 分 の 文 章 を 書 い て 、 読 者 の 判 断 を 待 つ 。 そ う い う プ ロ セ ス の 中 に 入 る こ と だ と 思 う 。 温 人 種 で も 生 い 立 ち で も な く 、 文 体 の 問 題 で あ る 、 と い う こ と が 重 要 で す ね 。 日 本 人 が 建 て た 家 か ら 始 ま っ た リ ー ビ さ ん の 幼 年 の 記 憶 が 、 一 九 四 九 年 以 前 の 大 陸 の 時 間 と 結 び つ い た 、 『 模 範 郷 』 の そ の 日 本 語 を 読 ん で 、 私 は 興 奮 し た わ け で す が 、 そ の 興 奮 は 、 日 常 で は 遭 遇 す る こ と の な い 感 触 の 文 体 で 書 か れ て い る こ と に も 由 来 し て い る 。 リ ー ビ さ ん カ ノ ま ヾ ー ル ・ バ ッ ク は な ぜ 中 国 語 で 書 か な か っ た か 、 と い う 問 い を 投 げ か け た と き 、 私 は 、 お 前 は な ぜ 日 本 語 で 書 い て い る の か 、 そ う 問 わ れ て い る よ う に も 感 じ た ん で す 。 「 越 境 」 と か 「 新 し い 日 本 語 」 と い う の は 、 形 式 的 に は 簡 単 に 言 え る 。 書 き 手 の 国 籍 が 多 様 化 し て 日 本 文 学 は 豊 か に な っ て き た と い う 言 い 方 が さ れ る と き 、 私 は 当 事 者 の 一 人 と し て 、 そ の こ と に 甘 え て は い け な い と 思 う ん で す ね 。 だ っ て 、 た だ 国 籍 が 違 う だ け で 、 イ コ ー ル 私 が 日 本 文 学 の 枠 を 押 し 広 げ て い る 、 と い う こ と に は な ら な い で し よ う 。 一 人 ひ と り の 作 家 は 、 そ れ ぞ れ ど ん な 日 本 語 を 書 く か と い う こ と で 評 価 さ れ な け れ ば な ら な い 。 ネ イ テ イ プ た ち が つ く り 上 げ た 日 本 文 学 を た だ そ れ ら し く な ぞ る だ け で は 、 「 越 境 」 の 意 味 は な い 。 逆 に 言 え ば 、 外 国 籍 の 人 が 日 本 語 を 書 い て い る か ら と い っ て 、 必 ず し も そ の 文 体 に 私 た ち が 刺 激 さ れ る と は 限 ら な い 。 そ れ こ そ 日 本 人 に も 、 日 本 語 に 新 し い 生 命 を 吹 き 込 も う と す る 作 家 は た く さ ん い ら っ し ゃ い ま す 。 私 は む し ろ 、 そ う い う 方 た ち に 鼓 舞 さ れ な が ら 書 い て い ま す 。 つ ま り 、 国 籍 で は な く て 文 体 の 問 題 を 分 か ち 合 え る 人 た ち 。 リ ー ビ 僕 は 最 近 、 国 際 的 な 場 で も 、 「 日 本 文 学 の 多 国 籍 化 の 草 分 け 」 と よ く 言 わ れ ま す 。 そ れ は 重 要 な こ と だ と 認 識 し て い ま す け れ ど も 、 な ん だ か 不 思 議 な 感 じ も す る 。 僕 は そ も そ も 西 洋 の 特 権 を 何 と か 抜 け 出 し て 、 現 代 の 日 本 人 の 感 性 と 一 体 と な っ た と こ ろ で 日 本 語 を 書 き 出 し た か ら 。 こ れ は 、 や つ ば り 国 籍 で 始 ま る 問 題 だ け れ ど も 、 国 籍 で 終 わ る 問 題 で は な い 。 言 語 体 験 ー ー ー 何 語 の 中 で 、 ど う い う 形 で 生 き て い る か と い う こ と が 、 本 当 の 問 題 な ん だ と 思 い ま す 。 ー ー ー 本 日 は ど う も あ り が と う ご ざ い ま し た 。 ( 写 真 = 田 中 み ど り 、 聞 き 手 編 集 部 堀 由 貴 子 、 奈 倉 龍 祐 )

いける ダウンロード 確信編 どんなファイルも手に入れる手口の検証


第 6 章 ジ ャ ン ル 別 プ ロ テ ク ト 事 情 CIony><XL は ド イ ツ で 開 発 さ れ た も の だ が 、 日 本 語 化 バ ッ チ が イ ン タ ー ネ ッ ト 上 に 出 回 っ て い る の で 安 心 し て 欲 し い 。 CIonyXXL の 入 手 先 の IJ 日 L は 記 載 し な い が 、 検 索 エ ン ジ ン が 便 利 で あ る こ と は い う ま で も な い 。 ClonyXXL バ ー ジ ョ ン v2.0.0.6 CIonyXXL の イ ン ス ト ー ル と 日 本 語 化 CIony><><L 本 体 と 日 本 語 化 バ ッ チ を ダ ウ ン ロ ー ド し た ら 、 ClonyXXL 本 体 を 解 凍 し 、 解 凍 フ ォ ル ダ 内 の 実 行 フ ァ イ ル を ダ ブ ル ク リ ッ ク し て イ ン ス ト ー ル す る 。 [next] ボ タ ン を 次 々 と ク リ ッ ク し て い け ば 問 題 な く 完 了 す る は ず だ 。 こ の 後 す ぐ に 日 本 語 化 す る た め 、 最 後 の 起 動 の チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス は オ フ に し て お こ う 。 イ ン ス ト ー ル が 完 了 し た ら 、 日 本 語 化 バ ッ チ を 解 凍 し 、 そ の 中 の フ ァ イ ル を CIonyXXL を イ ン ス ト ー ル し た フ ォ ル ダ に コ ピ ー す る 。 そ の 後 、 日 本 語 化 バ ッ チ の 実 行 フ ァ イ ル を 実 行 す れ ば よ い 。 「 正 常 」 と 表 示 さ れ れ ば 、 問 題 は な い 。 次 に ロ ony>(><L を 起 動 す る と 、 言 語 を 選 択 す る ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス が 表 示 さ れ る の で 、 一 覧 か ら [Japanese] を 選 択 す れ ば 日 本 語 化 は 完 了 だ 。 も し 表 示 さ れ な か っ た ら 、 い っ た ん 適 当 な 言 語 を 選 択 し て ClonyXXL が 起 動 さ せ た 後 、 メ イ ン メ ニ ュ ー の 左 か ら 2 番 目 の メ ニ ュ ー ( 日 本 語 で は [ 言 語 ] ) か ら [Japanese] を 選 択 す れ ば 日 本 語 化 さ れ る 。 な お 、 起 動 時 に エ ラ ー が 表 示 さ れ る 場 合 が あ る が 、 そ の 場 合 は 何 度 か 起 動 し な お せ ば 問 題 な い は す だ 。 筆 者 の 環 境 で も 同 じ こ と が 起 き た が 、 そ の 後 の 動 作 で 困 っ た こ と は 起 き な か っ た 。 ま た 、 「 ASPI Laye 「 が な い 」 旨 の メ ッ セ ー ジ が 表 示 さ れ た ら 、 ASPI Layer ド ラ イ バ を イ ン ス ト ー ル し て か ら 再 起 動 し よ う ( P. 176 参 照 ) 。 ClonyXXL 日 本 語 化 プ ロ グ ラ ム バ ー ジ ョ ン Current_ReIease-01 開 発 者 D 旧 ECT-. .K 氏 http://www.neime-i.itss.ac/ 182

群像 2016年 12月号


で 独 立 し た 一 つ の 文 な の だ と い う こ と で あ る 。 裏 返 せ ば 、 調 の 意 味 を 持 た せ る 場 合 な ど を 除 い て 主 語 の 人 称 代 名 詞 を こ の 「 お 、 し 、 し し ー ! 」 に は 、 英 語 で は 必 要 な 「 I ( 」 と コ s 」 使 わ な い 9 「 ダ ミ ー 主 語 」 と 呼 ば れ る も の が あ る 。 「 lt is が 最 初 か ら 含 ま れ て い る の で あ る 。 「 I ( 」 は 要 ら な い 。 何 ho (. 」 や 「 lt オ teno'clock. 」 と い っ た 文 中 の 「 I ( 」 の こ と 故 な ら 「 主 語 」 自 体 が 不 要 で あ る か ら だ 。 ま た コ s 」 す な で 、 「 そ れ 自 身 は 意 味 が な い の に 、 文 を 成 立 さ せ る こ と を わ ち 「 Be 動 詞 」 も 日 本 語 で は 必 須 で は な い 。 何 故 な ら 唯 一 の 目 的 と し て 使 わ れ る 言 葉 の こ と で あ る 」 。 つ ま り 「 お し し ー ! 」 と い う 形 容 詞 だ け で す で に 述 語 に な っ て 「 主 語 」 と い う 存 在 は 、 一 一 = ロ 語 の 別 を 問 わ ず 「 文 法 」 の 成 立 い る か ら で あ る 。 「 こ こ で ま た 強 調 し て お き た い の は 、 中 と 深 く か か わ っ て い る の で あ る 。 シ ェ イ ク ス ピ ア は ダ ミ ー 国 語 や 朝 鮮 語 の 形 容 詞 も ま た 日 本 語 と 同 じ く そ の ま ま で 述 主 語 の な い 無 主 語 文 を 書 い て い た 。 だ が 、 そ の 後 、 ま ず 語 に な れ る と い う 事 実 だ 。 つ ま り Be 動 詞 の よ う な 繋 辞 「 英 文 法 」 が 「 主 語 」 を 必 須 の 要 件 と し て ゆ く プ ロ セ ス が ( copu 一 a ) が い ら な い 」 。 こ れ も 裏 返 す な ら 、 日 本 語 の 形 容 あ り 、 次 い で そ れ が 本 来 「 主 語 」 を 必 要 と し な か っ た 「 日 詞 に は 、 あ る 種 の 使 用 状 況 に お い て は 「 繋 辞 」 の 機 能 が 装 本 語 」 に も 強 引 に 適 用 さ れ た 結 果 、 多 く の 矛 盾 や 齟 齬 を 生 填 さ れ て い る と い う こ と に な る だ ろ う 。 み 出 す こ と に な っ た と い う わ け で あ る 。 金 谷 は 、 あ く ま で も 「 英 語 」 中 心 に 文 法 や 構 文 を 思 考 し よ う と す る 姿 勢 を 金 谷 は 、 マ ル チ ネ の 論 を 敷 衍 し て 、 英 仏 語 な ど の 「 主 語 の 条 件 」 を 、 以 下 の 四 つ に 整 理 す る 。 「 英 語 セ ン ト リ ッ ク 」 ( エ ゴ セ ン ト リ ッ ク の 駄 洒 落 ) と 呼 ん で 揶 揄 し て み せ る 。 ( あ ) 基 本 文 に 不 可 欠 の 要 素 で あ る 。 こ の よ う に 金 谷 は 「 主 語 無 要 論 」 を 展 開 す る の だ が 、 彼 ( い ) 語 順 的 に は 、 ほ と ん ど の 場 合 、 文 頭 に 現 れ る 。 が 立 論 に あ た っ て 前 提 と し た の が 、 三 上 章 に よ る 「 主 語 抹 ( う ) 動 詞 に 人 称 変 化 ( つ ま り 活 用 ) を 起 こ さ せ る 。 殺 論 」 で あ る ( 金 谷 は 三 上 の 評 伝 『 主 語 を 抹 殺 し た 男 』 も 著 し て い る ) 。 『 日 本 語 に 主 語 は い ら な い 』 で も 、 金 谷 は 、 ( え ) 一 定 の 格 ( 主 格 ) を も っ て 現 れ る 。 ( 同 ) 三 上 の 『 象 は 鼻 が 長 い 』 を 参 照 し て い る 。 こ こ か ら は 金 谷 論 こ の よ う に 見 る と 、 英 仏 語 に は 「 主 語 」 と い う 概 念 が 必 の 記 述 を 通 し て 三 上 の 主 張 を か い つ ま ん で 述 べ て み よ う 。 説 須 で あ る こ と が わ か る 。 だ が 金 谷 に よ れ ば 、 実 は 英 仏 語 で 三 上 章 の 構 文 論 の 特 徴 は 、 そ の 主 著 で あ る 『 象 は 鼻 が 長 い 』 の 奇 妙 な 題 名 に 端 的 に 示 さ れ て い る 。 三 上 が 着 目 す る さ え 、 「 主 語 」 が 出 現 し た の は 十 二 世 紀 頃 の こ と で あ り 、 新 そ れ 以 前 し 。 こ ま 主 語 Ⅱ 人 称 代 名 詞 は 、 ほ と ん ど 使 用 さ れ て い の は 、 日 本 語 に お け る 「 は 」 と 「 が 」 の 違 い で あ る 。 な か っ た と 言 う 。 現 在 も イ タ リ ア 語 や ス ペ イ ン 語 で は 、 強

写楽 仮名の悲劇


国 語 教 科 書 の 現 状 を 弾 劾 し 、 ロ 語 訳 聖 書 の 文 。 今 日 体 を 批 判 し 、 言 葉 の 雑 学 を 楽 し む : ・ 丸 谷 才 一 著 日 本 語 の た め に の 日 本 語 プ ー ム に 先 鞭 を つ け た 画 期 的 名 著 / 昼 寝 、 散 歩 、 酒 、 料 理 、 オ ン ナ 、 ス ポ ー ツ 、 お っ と 。 男 の 世 界 丸 谷 才 一 著 男 の ホ ケ ッ ト 文 学 の 話 も 忘 れ ち ゃ い け な い ・ の 森 羅 万 象 を 語 る 大 百 科 。 イ ラ ス ト ・ 和 田 誠 。 相 変 ら す 欠 陥 だ ら け の 国 語 教 科 書 。 で た ら め な 大 学 人 試 国 語 問 題 : ・ 。 名 著 「 日 本 語 の た 丸 谷 才 一 著 桜 も さ よ な ら も 日 本 語 め に 』 か ら 十 年 、 再 び 問 う 日 本 語 の あ り 方 / 息 づ ま る よ う な 国 家 論 の 応 酬 。 大 人 の 恋 愛 。 丸 谷 才 一 著 裏 声 で 歌 へ 君 か 代 最 上 の ユ ー モ ア と エ ロ テ ィ シ ズ ム 。 ス リ グ な 展 開 の う ち に 国 家 と は 何 か を 問 い か け る 。 「 男 ご こ ろ 」 は 遊 び ご こ ろ 、 思 わ ず 唸 ら さ れ 一 」 フ つ る 名 論 卓 説 が あ れ ば 、 ま さ か と 笑 っ て し ま う 丸 谷 才 一 著 男 ご ホ ラ 話 も あ る 。 著 者 一 流 の 知 的 閑 談 話 。 ど う も 、 や つ ば り 、 ま あ ま あ ー ー 私 た ち が 使 う 日 本 語 は 、 あ い ま い な 表 現 に 満 ち て い る 。 森 本 哲 郎 著 日 本 語 表 と 裏 言 葉 を 通 し て 日 本 人 の 物 の 考 え 方 を 追 求 す る 。

群像 2017年 1月号


と っ て 意 味 が あ る の は 、 前 回 も 触 れ た よ う に 以 下 の 二 つ の そ の 冒 頭 に 「 私 は 」 を 、 末 尾 に 「 と 書 い た 」 を 付 け 加 え て 点 に よ る 。 み れ ば た ち ど こ ろ に 姿 を 現 す 。 な ぜ な ら そ れ は 「 事 実 ら し ま ず ひ と つ は 、 な る ほ ど 「 主 語 」 が な く て も 多 く の 場 う 」 で あ っ て 「 事 実 」 そ の も の で は な い し 、 こ の 現 実 で は 合 、 意 味 が 通 じ る の だ と し た ら 、 そ れ で も 書 か れ る 「 私 」 な く こ の 小 説 で あ る の だ か ら だ 。 そ ん な こ と は 当 た り 前 だ と 、 書 か れ る こ と の な い 「 私 」 の 間 に は 、 如 何 な る 違 い が と 思 う だ ろ う が 、 あ ら ゆ る 「 三 人 称 の 小 説 」 は 実 の と こ ろ 潜 在 的 な 「 一 人 称 」 で 書 か れ て い る の で あ っ て 、 そ れ も 何 あ る の か 。 た と え ば 今 後 、 機 械 翻 訳 の 技 術 が 飛 躍 的 に 向 上 し て い っ た と し て も 、 英 語 の 小 説 を 日 本 語 に 翻 訳 し た 場 合 度 も 述 べ て き た 当 た り 前 だ と す る な ら ば 、 そ れ は 結 局 、 に は 「 人 称 代 名 詞 」 の 煩 雑 さ が 、 逆 に 日 本 語 の 小 説 を 英 語 と っ く に 乗 り 越 え て き た 筈 の 「 超 越 的 一 人 称 」 と 似 か よ っ の 翻 訳 に 掛 け た 際 に は 「 主 語 」 の 追 加 が 問 題 に な る こ と だ て く る 。 ろ う 。 そ れ を 自 動 化 す る こ と も お そ ら く 可 能 だ が 、 翻 訳 作 し か し 「 三 人 称 」 に は 「 天 来 の 、 他 域 か ら の 、 異 界 か ら の 「 声 」 」 は 聞 こ え て こ な い 。 な ら ば 「 声 」 抜 き に そ れ を 可 能 業 に お け る 「 主 語 成 分 」 の 濃 度 の 設 定 は 原 テ ク ス ト の 書 き に す る の が 「 三 人 称 」 と い う こ と な の か 。 な ぜ 「 私 」 と 書 手 と テ ク ス ト そ れ 自 体 の 個 性 を 設 定 す る こ と で も あ る か ら 、 許 容 さ れ る 範 囲 内 ( そ の 画 定 も 容 易 で は な い が ) で パ い た 途 端 に 「 視 界 の 限 定 」 や 「 発 話 時 点 の 制 約 」 が 語 り を ラ メ ー タ を ど の よ う に 配 分 す る か は ケ ー ス パ イ ケ ー ス に な さ ま ざ ま に 拘 束 し 、 そ し て 「 私 」 と 書 か な い だ け で そ う し ら ざ る を 得 な い の で は あ る ま い か 。 た こ と 全 部 を 免 れ る の か 。 こ こ に 考 え る べ き 問 題 が あ る 。 そ し て こ の こ と は 翻 訳 だ け の 話 で は な い 。 主 語 な し で も こ こ で 金 谷 武 洋 の 「 主 語 不 要 論 」 が か か わ っ て く る 。 金 谷 は 「 日 本 語 」 に お け る 「 主 語 」 す な わ ち 「 人 称 代 名 詞 」 書 け る の に 何 故 だ か 消 さ れ ず 残 さ れ た 主 語 の 紛 れ も な い 過 剰 さ の 問 題 と 、 書 か れ て い な い 主 語 の 暗 黙 の 不 気 味 な 駆 動 の 存 在 理 由 と 機 能 様 態 が 外 国 語 と は 著 し く 異 な っ て い る こ の 問 題 。 そ れ か ら 「 私 」 を 書 く / 書 か な い は 、 そ の 他 の 人 と を 明 ら か に し て 「 日 本 語 に 主 語 は い ら な い 」 と 主 張 し 論 説 た 。 し か し 、 そ れ は 「 日 本 語 文 法 」 で は 外 国 語 と 同 様 ・ 同 称 代 名 詞 、 た と え ば 「 彼 」 と 書 く / 書 か な い と 何 か 違 い が と い う 意 味 で 等 に 「 主 語 」 を 扱 う 必 要 も 必 然 性 も な い 、 あ る の か 。 書 か れ ざ る 「 私 」 と 書 か れ ざ る 「 彼 」 は そ の 不 あ っ て 、 一 切 の 「 主 語 Ⅱ 人 称 代 名 詞 」 を 「 日 本 語 」 か ら な 要 性 に お い て 同 じ な の か 否 か 。 新 も う 一 点 は 「 視 点 」 の 問 題 で あ る 。 大 森 望 は 「 日 本 語 で く す の が 正 し い と い う こ と で は な い し 、 無 論 の こ と 、 そ ん は 、 視 点 が 固 定 さ れ て お り 、 そ の こ と が 読 者 に 共 有 さ れ て な 事 態 に は な っ て い な い 。 私 た ち の 当 面 の 「 人 称 論 」 に

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?


に 現 れ る 、 口 頭 語 的 な 表 現 で 、 地 の 文 に は ま ず 使 わ れ る こ と が 使 う の は ど っ ち ? あ り ま せ ん 。 つ ま り 、 形 容 詞 + 「 で す 」 に は 、 昔 か ら 文 章 語 と し て は ど こ と な く 落 ち 着 か な い 感 じ が あ っ て 、 何 と な く 適 格 性 「 融 通 」 を 「 ゆ う づ う 」 と 書 く の が 本 則 、 「 ゆ う ず う 」 と 書 く の が 許 容 。 こ を 欠 く 表 現 だ と 意 識 さ れ て い た よ う で し た 。 国 語 審 議 会 で も 昭 れ ほ ん と ? 和 二 七 年 発 表 の 「 こ れ か ら の 敬 語 」 で 、 次 の よ う に 言 っ て い ま す 。 〈 こ れ ま で 久 し く 問 題 と な っ て い た 形 容 詞 の 結 び 方 ー ー ー た 「 現 代 仮 名 遣 い 」 で は 、 「 ゆ う す う 」 と え ば 「 大 き い で す ー 「 小 さ い で す 」 な ど は 、 平 明 ・ 簡 素 な 一 言 が 本 則 、 「 ゆ う づ う 」 が 許 容 。 「 融 通 」 い 方 と し て 認 め て よ い 。 〉 は 歴 史 的 仮 名 遣 い で は 「 ゆ う づ う 」 国 語 審 議 会 の 「 お 墨 つ き 」 を 得 た と は い え 、 こ の 、 形 容 詞 + だ が 、 現 代 語 の 意 識 で は 一 一 語 に 分 解 し に く い も の と し て 、 そ の よ う 「 で す 」 は 、 そ の 日 を 境 に し て 大 手 を 振 っ て 歩 き 始 め た わ け で に 決 め た 。 「 じ ん ず う り き ( 神 通 は あ り ま せ ん 。 口 頭 語 で は 問 題 が な い と し て も 、 文 章 語 と し て カ ) ・ 一 日 じ ゅ う ・ さ か す き ・ と き わ は 、 ど こ か 気 に な る 言 い 方 と し て 、 そ の 後 も 存 在 し 続 け て き ま ず 」 が 本 則 、 「 じ ん づ う り き ・ 一 日 ち し た 。 確 か に 、 日 常 語 で あ る 「 美 し い ー や 「 う れ し い ー に 「 で ゅ う ・ さ か づ き ・ と き わ づ 」 が 許 容 。 す 」 が つ い た 「 美 し い 〔 う れ し い 〕 で す ー は 、 平 明 ・ 簡 素 で 、 か っ 、 か な り 一 般 的 な 言 い 方 だ と 思 わ れ ま す が 、 ち ょ っ と 古 風 * 本 則 Ⅱ 「 現 代 仮 名 道 い 」 に お け る に 「 で す 」 が な 語 感 を も つ 「 か た じ け な い 」 や 「 つ つ が な い ー