検索 - みる会図書館

検索対象: 「文明論之概略」を読む 上

「文明論之概略」を読む 上から 288件ヒットしました。

「文明論之概略」を読む 上


交 通 整 理 と は 、 い っ た い わ れ わ れ は 何 を 主 題 と し て 議 論 し て い る の か 、 と い う 問 題 で す 。 交 通 整 理 を し な い と ど う な る か 。 同 じ 言 葉 を 使 い な が ら 、 そ れ ぞ れ そ の 言 葉 に 勝 手 な 意 味 を 付 し て 議 論 し て い る と 、 ま っ た く 議 論 が 実 質 的 に か み 合 わ な い 。 、 わ ん や 新 造 語 が 氾 濫 し て 、 そ れ コ い い と か 、 感 じ が 悪 い と か い う 評 価 を つ け た 議 論 が 減 茶 苦 茶 に 多 く な る と 、 み ん な 精 神 的 に ノ イ ロ ー ゼ に な っ て し ま う 。 そ こ で 議 論 の 交 通 整 理 を し て 、 争 点 を 明 確 に し 、 不 毛 な 論 争 を で き る だ け な く し て い く 。 つ ま り 交 通 整 理 の お 巡 り さ ん の 役 が 必 要 に な っ て く る 。 当 時 、 そ れ は 非 常 に 切 実 な 問 題 だ っ た だ ろ う と 思 う の で す ね 。 ま あ 今 の 日 本 に も 、 別 の 意 味 で そ う い う 問 題 は あ る け れ ど も 、 価 値 体 系 が 一 挙 に 崩 壊 し た 維 新 直 後 に は 、 と く に そ れ が 必 要 だ っ た だ ろ う と 思 い ま す 。 他 方 で は 、 混 沌 の な か で 不 毛 な 議 論 ば か り が 氾 濫 す る と 、 逆 に 、 こ れ じ や ど う し よ う も な い じ ゃ な い か 、 何 と か 思 想 的 な 秩 序 づ け を し な い と し よ う が な い じ ゃ な い か 、 と い う 考 え が 有 力 に な っ て く る 。 混 沌 の 反 動 と し て 、 天 下 の 議 論 を 画 一 化 し た 方 が よ い と い う こ と に な る 。 こ れ が 第 二 の 問 題 で す 。 画 一 化 と い う と 、 は じ め か ら わ る く ひ び く け れ ど 、 こ れ を 国 民 的 合 意 に し て と い う か 、 政 府 な ど が コ ン セ ン サ ス を 決 め て し ま お う と す る 。 そ れ に も い ろ い ろ な 形 が あ っ て 、 た と え ば 、 教 育 勅 語 な ど が の ち に 出 て く る の も 、 こ う い う 要 請 が 背 景 に な っ て い ま す 。 国 民 が 遵 奉 す る 一 つ の 信 念 体 系 ( be 一 一 efsystem ) を 公 権 力 が つ く り 出 し て い く 、 そ れ に よ っ て 新 国

「文明論之概略」を読む 上


の 問 題 が 入 っ て く る 。 福 沢 は 『 概 略 』 の な か で こ の デ ィ レ ン マ も 取 扱 っ て い ま す 。 『 概 略 』 の 目 次 を 見 ま す と 、 第 一 章 に 「 議 論 の 本 位 を 定 る 事 」 と あ り ま す 。 ど う し て 最 初 に 「 議 論 の 本 位 を 定 る 事 」 を も っ て き た の か 、 と い え ば 、 今 、 く り 返 し 申 し ま し た 優 先 順 位 の 門 題 と 連 動 し て い る の で す 。 議 論 の 本 位 を 定 め る と は 、 何 を 何 よ り 先 に 解 決 し な け れ ば な ら な い か 、 何 が 現 在 の 切 迫 し た イ ッ シ ュ で あ る か 、 を ま ず 明 ら か に す る と い う こ と で す 。 つ ま り 、 福 沢 は 内 容 に 立 ち 入 る 前 に 、 ま ず 、 こ の 本 は 何 を テ ー マ に し て い る か 、 こ れ を ひ っ く り 返 し て い え ば 、 何 を テ 1 マ に し て い な い か 、 と い う こ と を 明 ら か に し た か っ た の で す 。 だ れ で も 本 を 読 む と き は 、 こ の 本 は 何 を 書 い て い る の だ ろ う と 思 い ま す ね 。 し か し 、 何 を テ ー マ と し て い な い か と い う 点 に 注 意 す る ほ う が む し ろ 大 事 だ と 思 い ま す 。 私 は 日 本 の 書 評 を 読 ん で 気 に な る の は 、 こ う い う こ と が 書 か れ て い な い 、 と い っ て 批 判 す る 式 の も の が 多 い こ と で す 。 と く に 、 自 分 が た ま た ま 知 っ て い る こ と が 書 か れ て い な い と 文 句 を い う 。 私 は そ う い う 一 一 = ロ い 方 は お か し い と 思 い ま す 。 著 者 は 一 定 の 問 題 意 識 を も っ て 、 あ る 視 角 か ら 照 明 を 当 て て い る わ け で す 。 で す か ら 、 意 識 的 に あ る 側 面 を 捨 象 し て い る 場 合 が あ る 。 課 題 を 持 っ た 書 物 で あ る か ぎ り 、 何 で も か で も 容 れ る 風 呂 敷 に は な り ま せ ん 。 あ る 対 象 に こ の 側 面 か ら 光 を 当 て る と い う こ と は 、 必 然 的 に 他 の 側 面 を や む を 得 ず 排 除 す る こ と に な り ま す 。 し た が っ て 、 逆 に 何 が そ こ で の テ 1 マ で な い か を 知 る こ と に よ っ て 、 対 象 を よ り 鮮 明 に 浮 び 上 ら せ る こ と が で き る の で さ だ む

「文明論之概略」を読む 上


奏 で こ そ あ れ 、 け っ し て 突 然 噴 出 し た 現 象 と は 思 わ れ な い の で す 。 こ う い う と 、 い や 古 典 離 れ は そ ん な 長 い 由 来 に 根 ざ し て い る も の で は な い 、 現 に わ れ わ れ の 時 代 は も っ と 東 西 の 古 典 に な じ ん だ も の だ 、 と い う 異 論 が 、 戦 前 ・ 戦 中 派 か ら 出 さ れ る こ と が 予 想 さ れ ま す 。 と く に 旧 制 高 校 懐 か し が り 屋 か ら 出 そ う で す 。 青 年 時 代 の 読 書 と い う か ぎ り で ア ム ・ マ イ ン に あ は 、 な る ほ ど 、 そ う い え る で し よ う 。 十 年 以 上 前 に 、 私 は フ ラ ン ク フ ル ト ・ る ゲ 1 テ ・ ハ ウ ス に 立 寄 っ た こ と が あ り ま す 。 そ こ に 訪 問 者 の 記 帳 簿 が あ り ま す が 、 私 が お ど ろ い た の は 、 日 本 人 の 名 前 が 非 常 に 多 い だ け で な く 、 肩 書 の つ い た 名 刺 が 残 さ れ て い る こ と で す 。 そ れ を 見 る と 、 文 学 者 ・ 研 究 者 よ り は む し ろ 、 何 々 会 社 専 務 取 締 役 と か 、 何 々 省 何 々 局 長 と い っ た 実 務 家 が 目 に つ き ま す 。 べ つ に 統 計 を と っ た わ け で は あ り ま せ ん が 、 世 界 各 国 か ら の 訪 問 者 の な か で 、 こ う い う 実 務 家 や 役 人 の 比 率 を 調 べ た ら 、 日 本 は お そ ら く 群 を 抜 い て 高 い の で は な い で し よ う か 。 日 本 は 大 し た 国 だ 、 と 私 は ほ ほ え ま し い 思 い を し ま し た 。 こ う い う 人 々 は さ だ め し こ の 記 念 館 に 立 寄 っ て 、 旧 制 高 校 ・ 大 学 予 科 と い っ た 時 代 に 、 た と え 『 フ ァ ウ ス ト 』 で な く と も 、 『 若 き ヴ ェ ル テ ル の 悩 み 』 と か 、 エ ッ ケ ル マ ン の 『 ゲ ー テ と の 対 話 』 と か を 読 ん ひ た で 、 熱 っ ぽ く 友 と 語 り 合 っ た 思 い 出 に し ば し 浸 っ た こ と で し よ う 。 し か し 、 問 題 は む し ろ こ こ に あ り ま す 。 果 し て ゲ ー テ が ど こ ま で そ の 後 こ う い う 人 々 の 身 に つ い た 栄 養 分 に な っ て い る で し よ う か 。 青 年 時 代 の 古 典 の 読 書 が 、 た ん な る 「 な っ メ ロ 」 で な

「文明論之概略」を読む 上


だ 「 正 統 論 」 と い う と 、 そ れ は オ ー ソ ド キ シ ー の 意 味 で は な い 。 あ る 皇 帝 が 王 位 継 承 法 に も と づ き 、 も し く は 「 禅 譲 」 に よ っ て 前 皇 帝 か ら 帝 位 を 譲 り う け る と 「 正 統 」 に な る が 、 外 か ら 実 お う ・ も 、 つ 力 で 奪 い と っ た 場 合 は 「 簒 奪 」 に な る 。 「 王 莽 の 簒 奪 」 が そ の 典 型 で す 。 こ の 中 国 の 正 統 論 は 、 歴 史 的 な 問 題 で あ る と 同 時 に そ れ 自 体 非 常 に ア ク チ ア ル な 問 題 だ っ た の で す 。 具 体 的 に は 夷 狄 の 圧 迫 下 に あ る 南 宋 の 立 場 を ジ ャ ス テ ィ フ ァ イ す る と い う こ と で す 。 た だ 「 正 統 」 と 称 す る 要 件 は 何 か を め ぐ っ て 、 王 陽 脩 、 司 馬 光 、 蘇 東 坡 、 朱 熹 、 な ど 学 者 に よ っ て そ れ ぞ れ 説 が ち が う の で 、 こ れ が 中 国 の 正 統 論 の 論 争 に な り 、 宋 学 が 日 本 に 入 っ て く る と 、 江 戸 時 代 の 儒 者 に よ っ て や か ま し く 論 じ ら れ ま し た 。 日 本 の 場 合 に は 、 聖 人 の 道 そ れ 自 体 に 即 し て の 論 争 と 、 こ れ を 日 本 史 に 適 用 し た 場 合 の 論 争 ー ー た と え ば 南 北 朝 正 閏 論 争 ー ー ・ と 二 つ の 次 元 で 入 り み だ れ て 議 論 に な る の で す が 、 そ れ に は こ こ で は 立 ち 入 り ま せ ん 。 血 と こ ろ で 、 と く に 私 が 面 白 い と 思 い ま す の は 、 儒 学 の 場 合 は 、 そ の 根 本 に あ る の は 治 国 平 天 統 下 の 理 念 で す 。 だ か ら 、 儒 学 に お け る オ ー ソ ド キ シ ー つ ま り 何 が 聖 人 の 「 教 え 」 の オ ー ソ ド 体 キ シ ー で あ る か と い う こ と は 、 何 が 政 治 権 力 の 本 筋 で あ る か と い う レ ジ テ ィ マ シ ー の 問 題 と 必 国 然 的 に か ら み 合 っ て く る と い う こ と な の で す 。 講 今 日 一 般 に 正 統 異 端 と い う 場 合 の 正 統 は 、 「 オ ー ソ ド キ シ ー 」 の 訳 語 で す 。 オ ー ソ ド キ シ ー は 第 を 前 提 と し て い ま す 。 マ ル ク ス 主 一 定 の 教 義 ー ー 悪 い 意 味 で な く い え ば 一 定 の 「 ド グ マ 」 て き 175

「文明論之概略」を読む 上


義 も キ リ ス ト 教 も 回 教 も そ う で す 。 そ こ で 何 が そ の ド グ マ の 正 統 な 解 釈 で あ る か と い う こ と が オ 1 ソ ド キ シ ー の 問 題 で す 。 た だ 、 キ リ ス ト 教 の 場 合 で い え ば 、 正 統 と 異 端 と い う 問 題 は 、 キ リ ス ト 教 の 教 義 を め ぐ っ て 、 い ず れ が 本 当 の キ リ ス ト 教 で あ る か の 争 い で す か ら 、 必 ず し も 政 治 と は 関 係 は あ り ま せ ん 。 オ ー ソ ド キ シ ー の 立 場 か ら 、 そ れ と 背 反 し た 教 え を 「 異 端 」 と す る 。 こ れ が ヘ テ ロ ド キ シ ー あ る い は ヘ レ ジ ー で す 。 本 当 の 教 え に 対 し て 、 そ の 「 外 」 ( へ テ ロ ) に あ る 教 え で す 。 も ち ろ ん 、 キ リ ス ト 教 の 場 合 で も 、 教 会 と 政 治 権 力 と が か ら み 合 っ て き ま す か ら 、 結 局 は 政 治 思 想 の 問 題 に も な っ て く る の で す が 、 儒 学 と ち が う と こ ろ は 、 儒 学 の ド ク ト リ ン は 、 内 容 そ の も の が 治 国 平 天 下 と い う 政 治 思 想 だ と い う こ と で す 。 で す か ら 何 が 本 当 の 古 代 聖 人 の 教 え で あ る か 、 何 が 唐 虞 三 代 の 道 で あ る か 、 と い う こ と は 、 何 が 政 治 の 本 筋 で あ る か と い う 問 題 と 内 面 的 な 連 関 が あ る こ と に な り ま す 。 儒 学 の 言 葉 で い え ば 、 聖 人 の 道 が 失 な わ れ れ ば 天 下 が 乱 れ る の で す 。 だ か ら 必 ず し も 政 治 を 中 心 課 題 と し な い キ リ ス ト 教 史 に お い て 、 た と え ば プ ロ テ ス タ ン ト と カ ト リ ッ ク と が ど ち ら が オ ー ソ ド ッ ク ス で あ る か と い 、 つ 問 題 と は ど 、 つ し て も ち が っ て き ま す 。 も ち ろ ん キ リ ス ト 教 で も 結 局 は 政 治 と 関 係 し て き ま す が 、 本 来 的 に は 、 人 間 の 究 極 的 な 救 済 の 問 題 で す 。 「 わ が 王 国 は こ の 世 の も の に あ ら ず 」 と イ エ ス が い う の は そ れ を 示 し て い ま す 。 と こ ろ が 儒 学 の 治 国 平 天 下 は 、 本 来 政 治 哲 学 の 問 題 な の で す 。 そ う す る と 、 そ こ で は 、 176

「文明論之概略」を読む 上


は な い か ら 権 力 の 根 拠 づ け に な り え ま す 。 だ か ら 「 正 当 」 と い う 字 を 用 い る と 、 倫 理 上 の 正 当 性 と ま ぎ ら わ し く な る の で 、 政 治 学 で は ふ つ う 政 治 的 正 「 統 」 性 と 書 き ま す 。 福 沢 の 作 っ た こ の 訳 語 を 使 え ば 、 ポ リ テ ィ カ ル ・ レ ジ テ ィ マ シ ー は 「 政 統 」 と 一 語 で 表 現 さ れ 、 倫 理 的 正 当 性 と の 区 別 が 明 ら か で す 。 こ の 語 が 廃 語 に な っ た の を 残 念 に 思 う 理 由 は も う 一 つ あ り ま す 。 私 が 、 何 十 年 も 前 か ら テ ー マ に し て い る こ と の 一 つ は 、 中 国 史 に お け る 「 正 統 論 」 と オ ー ソ ド キ シ ー と い う 意 味 の 正 統 と い っ た い ど う い う 関 係 に あ る か と い う こ と で す 。 ふ つ う 今 日 、 正 統 と い う と オ ー ソ ド キ シ ー の 訳 語 と し て 用 い ら れ ま す 。 政 治 的 正 統 性 、 政 治 上 の い ろ ん な 制 度 な り 政 治 構 造 な り が 自 分 を 単 ツ 。 、 で い え ば 、 純 な 暴 力 以 外 の 基 礎 に 基 礎 づ け る 仕 方 、 つ ま り 福 沢 の い う 「 政 統 」 は ヨ ー ロ orthodoxy で は な く て 、 legitimacy( 英 ) 、 Legitimität ( 独 ) 、 légitimité ( 仏 ) の 方 に 当 り ま す 。 他 方 、 中 国 の 宋 の 時 代 に 欧 陽 脩 ・ 司 馬 光 ・ 朱 熹 な ど に よ っ て 盛 ん に 論 じ ら れ た 「 正 統 論 」 と は ど う い う 関 係 に な る か 。 直 接 の 問 題 と し て は 、 中 国 の 正 統 論 は レ ジ テ ィ マ シ ー の 方 に 当 る わ け で す 。 と い う の は 、 そ れ は 歴 史 的 問 題 と し て 呉 ・ 蜀 ・ 魏 の 三 国 の う ち ど れ が 漢 の 王 室 の 「 正 統 な 」 継 承 者 で あ る か と い う 問 題 だ か ら で す 。 こ の 正 統 に 対 立 す る 歴 史 的 な 言 葉 は 「 簒 奪 」 に な り ま す 。 usurpation で す 。 本 筋 の 継 承 者 で な い の に 権 力 を 奪 い と る の が 簒 奪 で す 。 こ の 王 朝 の 正 統 論 を め ぐ っ て 、 さ き ほ ど の よ う な 宋 学 者 が 盛 ん に 論 陣 を 張 っ た 。 で す か ら 中 国 で は た さ ん だ っ 174

「文明論之概略」を読む 上


の エ コ ノ ミ 1 ・ を は か る こ と が 、 無 政 府 的 混 沌 状 況 を 脱 す る の に 、 ど う し て も 必 要 に な っ て く る 。 こ れ を 福 沢 の 直 面 し た 現 実 状 況 に 即 し て 考 え る と 、 問 題 は 「 方 今 日 本 に て 議 論 家 の 種 類 を 分 て ば 、 古 風 家 と 改 革 派 と 二 流 あ る の み 」 と い う こ と に な り ま す 。 福 沢 に と っ て は 、 日 本 の 独 立 が 当 面 の 最 高 命 題 で し よ う 。 独 立 を 維 持 し て い く た め に は 、 古 風 家 と 改 革 派 が 対 立 し て 内 乱 に な っ て し ま っ て は 何 も か も オ ジ ャ ン に な っ て し ま う 。 「 改 革 家 は 穎 敏 に し て 進 み て 取 る も の な り 、 古 風 家 は 実 着 に し て 退 て 守 る も の な り 」 。 退 い て 守 る 者 は 、 よ く 言 え ば 着 実 だ が 、 メ ダ ル の 裏 の 頑 陋 に な り や す い 。 進 ん で 取 る 者 は 、 穎 敏 だ け れ ど も 、 軽 率 で 、 新 し い も の に す ぐ と び つ い た ー ル し て 矯 正 し て ゆ く 問 題 で あ る り し や す い こ の そ れ ぞ れ の 短 所 は 、 む ろ ん 自 分 で コ ン ト ロ と と も に 、 タ イ プ の ち が っ た 人 間 と 組 む 場 合 の 組 み 方 の 問 題 で す 。 相 手 は 自 分 に な い 長 所 を 持 の っ て い る と み れ ば 、 組 め る 。 で す か ら そ れ は 存 在 論 の 問 題 よ り は も の の 見 方 の 問 題 に な っ て く る ず る わ け で す 。 実 際 、 こ の 。 ハ ラ グ ラ フ の 後 半 に 「 昔 封 建 の 時 に 、 大 名 の 家 来 、 江 戸 の 藩 邸 に 住 居 し ゅ う て き こ く ゆ う す る 者 と 国 邑 に 在 る 者 と 、 其 の 議 論 常 に 齟 齬 し て 、 同 藩 の 家 中 殆 ど 讐 敵 の 如 く な り し こ と あ り 」 め と 述 べ て い ま す が 、 こ れ は お そ ら く 中 津 藩 に お け る 彼 の 見 聞 に も と づ く も の で し よ う 。 の 何 い く べ き も の で は あ る け れ ど も 、 そ こ れ ら の 弊 害 は 、 「 智 見 の 進 む に 従 て 」 自 分 で 取 り 除 い て 2 う い う 心 掛 論 だ け で は 片 付 か な い 。 で は 、 ど う し た ら よ い か 。 そ こ で 、 「 之 れ を 除 く に 最 も 有 力 第 な る も の は 人 と 人 と の 交 際 な り 」 と い う 、 福 沢 の も う 一 つ の 、 非 常 に 大 切 な 命 題 が 生 ま れ て く

「文明論之概略」を読む 上


序 古 典 か ら ど う 学 ぶ か 開 講 の 辞 に か え て 「 古 典 離 れ 」 の 背 景 料 理 ・ 育 児 か ら セ ッ ク ス に い た る ま で 世 は す べ て こ れ ハ ウ ・ ツ ウ の 時 代 に 、 古 典 の 読 み 方 と か 学 び 方 に つ い て 弁 ず る の は 、 何 と も 気 が 重 い 話 で す 。 ( ウ ・ ツ ウ と い う 問 い が そ も そ も 怪 し か ら ぬ か ら で は あ り ま せ ん 。 私 た ち の 生 き 方 を 問 題 に す る こ と は 、 あ る 意 味 で は み な ハ ウ ・ ツ ウ に 帰 着 し ま す 。 困 る と す れ ば 、 そ れ は 現 在 に お け る ( ウ ・ ツ ウ と い う 学 習 の 仕 方 ー ー ・ あ え て や や こ し い 表 現 を 使 え ば 、 、 ウ ・ ツ ウ の ( ウ ・ ツ ウ に あ る の だ と 思 い ま す 。 な ら う よ り 慣 れ よ 、 と い う 古 語 が あ り ま す が 、 「 習 熟 」 と い う 学 習 の 仕 方 が あ ま り に も 忘 れ 去 ぶ 学 ら れ て 、 目 や 耳 に よ っ て 簡 便 迅 速 に 情 報 を 獲 得 す る 仕 方 が 、 あ ら ゆ る 領 域 で 氾 濫 し て い ま す 。 簡 便 迅 速 な 情 報 の 獲 得 の 必 要 は 、 「 時 間 」 と 関 連 し 、 ま た 「 競 争 」 と 関 連 す る 問 題 で す 。 で す か ら お の す 典 ら 、 た と え ば 受 験 と も な れ ば 、 本 を 読 む に も 「 読 書 百 遍 、 意 自 か ら 通 ず 」 な ど と 呑 気 な こ と を 古 い っ て は お ら れ な い の は 当 り 前 で す 。 昔 か ら 受 験 参 考 書 と い う 類 の 本 は 、 こ の 意 味 で ( ウ ・ ツ 序 ウ の 典 型 で し た 。 と こ ろ が 、 受 験 に 限 ら ず 、 絶 え ず こ の 種 の 「 時 間 切 れ 」 に い ら だ ち 、 こ の 種

「文明論之概略」を読む 上


敗 戦 の と き に 「 国 体 の 護 持 」 を め ぐ っ て あ ん な に 大 き な 騒 ぎ に な っ た の も 、 一 つ は ー ー 支 配 層 の 利 害 と 結 び つ い た ー ー ー 民 族 的 ア イ デ ン テ ィ テ ィ を 保 持 す る と い う 問 題 で あ っ た か ら で す 。 こ れ が 、 異 質 文 明 が 怒 濤 の よ う に 流 れ こ ん だ 幕 末 維 新 に お い て 、 い か に 切 実 な 問 題 で あ っ た か 、 と い う こ と は す ぐ お 分 り だ ろ う と 思 い ま す 。 尊 王 攘 夷 か ら 一 変 し て 開 国 に な る 。 こ ん な に メ チ ャ ク チ ャ に 、 ま た 急 激 に 西 洋 文 明 を と っ て 、 い か に し て 日 本 は な お 日 本 で あ り 続 け る の か と い う デ ィ レ ン マ を 背 負 っ て い か な け れ ば な ら な い 。 そ れ に 対 し て い ろ い ろ な 思 想 的 な 答 え が あ り 、 理 論 的 解 決 の 試 み が あ る 。 『 文 明 論 之 概 略 』 も そ の な か の 一 つ の 試 み な の で す 。 い ま い 「 た の が 第 一 の デ ィ レ ン 「 だ と す れ ば 、 一 「 變 。 ( 一 . 制 度 的 な 革 命 と 精 神 革 命 の 間 の 問 題 で す 。 こ れ も 何 も か も 一 度 に で き な い と い う 意 味 で デ ィ 、 レ ン マ な の で す 。 制 度 的 変 革 を 先 に す る の か 、 そ れ と も 精 神 革 命 を 先 に す る の か 、 ま ず ど っ ち の ほ う が 大 事 な の か と い う こ と で す ね 。 福 沢 の 言 葉 で い え ば 、 文 明 開 化 の 進 展 と 独 立 自 尊 の デ ィ レ ン マ で す 。 い ま の 社 会 は ど ん ど 明 開 化 し て い く け れ ど 、 独 立 の 精 神 は 文 明 化 と と も に か え っ て 減 退 し て い く の で は な い か と い う 一 。 沢 の 憂 慮 ( 本 書 「 序 」 参 照 ) は こ の デ ィ レ ン マ か ら 発 し て い ま す 。 第 三 一 は 、 国 内 の 改 革 と 対 外 的 独 立 の 確 保 の あ い だ の デ ィ レ ン マ で す 。 こ れ は の ち に 、 民 権 と 国 権 の 問 題 に な っ て き ま す 。 国 内 の 改 革 を 先 に す る の か 、 そ れ と も ま ず 対 外 的 な 独 立 を 確 保 す る の か 。 維 新 に お い て は 非 常 に 切 迫 し た デ ィ レ ン マ な の で す 。 一 つ だ け 例 を 挙 げ て お き ま す

「文明論之概略」を読む 上


ー 刀 こ れ は い ろ い ろ な 学 問 の 方 法 や 、 著 書 を 批 判 す る 場 合 に も よ く 出 て き ま す が 、 あ あ い う や り 方 は 限 界 が あ る ー ー ー と す ぐ 限 界 の 方 に 目 を 向 け る 。 こ れ が 、 福 沢 の 批 判 す る も う 一 つ の 考 え 方 で す 。 こ れ は 、 後 進 国 が 当 面 す る 問 題 な の で す 。 つ ま り 先 進 国 の た ど っ た コ 1 ス か ら し て 、 文 明 化 の 先 が 見 え て い る で し よ う 。 近 代 文 明 の い ろ い ろ な 欠 陥 が す で に 露 呈 し て い る 。 階 級 対 立 と か 社 会 主 義 、 無 政 府 主 義 な ど の 勃 興 で 、 西 洋 諸 国 も 困 っ て い る 様 子 、 そ う い っ た も の が す で に 見 え て い る 。 そ う す る と 、 な ま じ 先 が 見 え て い る も の だ か ら 、 ま だ そ う い う 問 題 が 深 刻 に な ら な い の に 、 こ れ は 何 と か 防 が ね ば な ら な い と い っ た 予 防 策 の 方 が 先 に 講 じ ら れ る 、 と い う 妙 な 現 象 が お こ り ま す 。 あ る い て 行 く ず っ と 先 に か 月 が 見 え る 、 あ そ こ へ 行 く と 川 に は ま 「 て し ま う か ら 、 と い っ て ず っ と 手 前 で 行 く の を 止 め て は し ま う 。 こ の こ と は 、 明 治 以 後 の 日 本 の 近 代 化 を 見 る 場 合 に 非 常 に 大 切 な 問 題 で す 。 実 際 、 今 歩 で も こ う い う 思 考 法 は 生 き て い ま す 。 新 し い ア プ ロ ー チ か ら 学 ぶ よ り は 、 「 あ の 説 に は 限 界 が の あ る 」 な ど と す ぐ 言 い ま す ね 。 こ れ に 対 立 す る の が 、 福 沢 の 「 人 間 万 事 試 験 の 世 の 中 」 と い う 文 考 え 方 で す 。 と も か く 自 分 で 行 け る と こ ろ ま で 行 っ て み よ う じ ゃ な い か 、 問 題 が 出 て こ な い う 洋 西 と い う 考 え 方 ち に 限 界 、 限 界 と 言 い た て 、 結 局 し り ご み し て ひ っ こ ん で し ま う の は よ く な い 、 講 立 場 に 立 っ て 、 一 方 に で 、 あ る 意 味 で は 、 プ ラ グ マ テ ィ ズ ム に 通 じ て い ま す 。 福 沢 は こ う い う 第 お い て 、 西 洋 文 明 至 上 主 義 、 つ ま り 西 洋 文 明 を 絶 対 視 す る 見 方 、 他 方 に お い て 、 限 界 が あ る か 115