検索 - みる会図書館

検索対象: 世界 2016年 10月号

世界 2016年 10月号から 330件ヒットしました。

世界 2016年 10月号


加 と だ と 思 い ま す 。 パ ー ル ・ バ ッ ク が つ い に 自 覚 で き な か っ た 、 西 洋 語 と 東 ア 貶 ジ ア の 言 葉 、 二 十 世 紀 に お け る ア ジ ア と 西 洋 の 関 係 の 悲 哀 。 「 ゴ ー イ ン グ ・ ネ イ テ イ プ 」 を 書 き な が ら 、 そ う い う こ と を 界 何 度 も 考 え ま し た 。 世 国 藉 で 終 わ ら な い 問 題 リ ー ビ そ れ で い ま 、 本 当 に 「 ゴ ー イ ン グ ・ ネ イ テ イ プ 」 が あ る と す れ ば 、 そ れ は 日 本 語 で 話 す 、 日 本 人 の 生 活 と 一 体 と な る : : : と い う こ と で は な く て 、 そ の 一 一 一 一 口 語 の 文 体 へ と 飛 び 込 ん で 、 自 分 の 文 章 を 書 い て 、 読 者 の 判 断 を 待 つ 。 そ う い う プ ロ セ ス の 中 に 入 る こ と だ と 思 う 。 温 人 種 で も 生 い 立 ち で も な く 、 文 体 の 問 題 で あ る 、 と い う こ と が 重 要 で す ね 。 日 本 人 が 建 て た 家 か ら 始 ま っ た リ ー ビ さ ん の 幼 年 の 記 憶 が 、 一 九 四 九 年 以 前 の 大 陸 の 時 間 と 結 び つ い た 、 『 模 範 郷 』 の そ の 日 本 語 を 読 ん で 、 私 は 興 奮 し た わ け で す が 、 そ の 興 奮 は 、 日 常 で は 遭 遇 す る こ と の な い 感 触 の 文 体 で 書 か れ て い る こ と に も 由 来 し て い る 。 リ ー ビ さ ん カ ノ ま ヾ ー ル ・ バ ッ ク は な ぜ 中 国 語 で 書 か な か っ た か 、 と い う 問 い を 投 げ か け た と き 、 私 は 、 お 前 は な ぜ 日 本 語 で 書 い て い る の か 、 そ う 問 わ れ て い る よ う に も 感 じ た ん で す 。 「 越 境 」 と か 「 新 し い 日 本 語 」 と い う の は 、 形 式 的 に は 簡 単 に 言 え る 。 書 き 手 の 国 籍 が 多 様 化 し て 日 本 文 学 は 豊 か に な っ て き た と い う 言 い 方 が さ れ る と き 、 私 は 当 事 者 の 一 人 と し て 、 そ の こ と に 甘 え て は い け な い と 思 う ん で す ね 。 だ っ て 、 た だ 国 籍 が 違 う だ け で 、 イ コ ー ル 私 が 日 本 文 学 の 枠 を 押 し 広 げ て い る 、 と い う こ と に は な ら な い で し よ う 。 一 人 ひ と り の 作 家 は 、 そ れ ぞ れ ど ん な 日 本 語 を 書 く か と い う こ と で 評 価 さ れ な け れ ば な ら な い 。 ネ イ テ イ プ た ち が つ く り 上 げ た 日 本 文 学 を た だ そ れ ら し く な ぞ る だ け で は 、 「 越 境 」 の 意 味 は な い 。 逆 に 言 え ば 、 外 国 籍 の 人 が 日 本 語 を 書 い て い る か ら と い っ て 、 必 ず し も そ の 文 体 に 私 た ち が 刺 激 さ れ る と は 限 ら な い 。 そ れ こ そ 日 本 人 に も 、 日 本 語 に 新 し い 生 命 を 吹 き 込 も う と す る 作 家 は た く さ ん い ら っ し ゃ い ま す 。 私 は む し ろ 、 そ う い う 方 た ち に 鼓 舞 さ れ な が ら 書 い て い ま す 。 つ ま り 、 国 籍 で は な く て 文 体 の 問 題 を 分 か ち 合 え る 人 た ち 。 リ ー ビ 僕 は 最 近 、 国 際 的 な 場 で も 、 「 日 本 文 学 の 多 国 籍 化 の 草 分 け 」 と よ く 言 わ れ ま す 。 そ れ は 重 要 な こ と だ と 認 識 し て い ま す け れ ど も 、 な ん だ か 不 思 議 な 感 じ も す る 。 僕 は そ も そ も 西 洋 の 特 権 を 何 と か 抜 け 出 し て 、 現 代 の 日 本 人 の 感 性 と 一 体 と な っ た と こ ろ で 日 本 語 を 書 き 出 し た か ら 。 こ れ は 、 や つ ば り 国 籍 で 始 ま る 問 題 だ け れ ど も 、 国 籍 で 終 わ る 問 題 で は な い 。 言 語 体 験 ー ー ー 何 語 の 中 で 、 ど う い う 形 で 生 き て い る か と い う こ と が 、 本 当 の 問 題 な ん だ と 思 い ま す 。 ー ー ー 本 日 は ど う も あ り が と う ご ざ い ま し た 。 ( 写 真 = 田 中 み ど り 、 聞 き 手 編 集 部 堀 由 貴 子 、 奈 倉 龍 祐 )

世界 2016年 10月号


て 本 当 に よ か っ た ( 笑 ) 。 口 に し て 初 め て 自 分 で も 、 こ の 島 て き た の に 、 自 分 は 日 本 人 で な い と い う こ と に ち ょ う ど 悩 ん は 自 分 に と っ て 何 な の か と い う こ と を 意 識 さ せ ら れ る 。 で い ま し た 。 日 本 は 一 つ で は な い と 思 う し 、 自 分 の よ う な 日 温 さ ん に 出 会 う 前 に も 、 在 日 台 湾 人 の 友 達 が い ま し た 。 た 本 人 が い て も い い は ず だ と 感 じ る 一 方 で 、 ど ん な に 日 本 語 が ぶ ん 彼 ら も 、 台 湾 籍 、 中 華 民 国 籍 だ け れ ど も 、 十 年 前 の 温 さ 自 分 の 感 性 と し て 染 み 込 ん で い て も 、 私 は 日 本 人 と し て 認 め 界 ら れ な い の で は な い か と 考 え て い た 。 そ う い う と き に 、 日 本 ん の よ う に 、 台 湾 は た だ お ば あ さ ん の 家 の あ る と こ ろ 、 と い 世 う 感 覚 で い る よ う に 見 え た 。 そ れ に 対 し て 、 僕 は 「 じ ゃ 、 日 語 の 作 家 で 、 日 本 の 作 家 で あ る リ ー ビ 英 雄 が 世 に も 美 し い 景 色 を 指 さ し て 、 「 こ こ は あ な た の 国 で も あ る 」 と 言 う ん で す 本 人 で い い じ ゃ な い か 」 と 、 日 本 人 に だ っ て 色 々 な 出 身 の 人 が い る ん だ か ら 、 そ う い う ふ う に 考 え て い た 。 よ 。 そ の 日 本 語 が 自 分 に と っ て ど れ だ け 大 き か っ た か 。 で も 、 温 さ ん は 、 た ぶ ん 新 し い 世 代 で あ る と い う こ と と 、 こ れ は い ま も そ う で す が 、 私 は 台 湾 に 対 し て も 、 日 本 に 対 そ の 人 的 な 文 学 へ の 姿 勢 、 両 面 が あ っ て 、 結 局 お ま え は 何 し て も 、 距 離 を 感 じ る 。 ど ち ら に 対 し て も 、 自 分 の も の な の 人 で あ る と か 、 そ う い う 結 論 に 単 純 に は 行 か な い 。 よ り 複 雑 に 、 自 分 の も の で な い と い う 感 覚 が あ る 。 か と い っ て 日 本 の な 、 豊 か な 問 題 を 文 学 に し よ う と し て い る 。 そ う い う 姿 勢 を 現 在 に 対 し て 「 私 は 日 本 人 じ ゃ な い か ら 、 こ の 国 が ど う な ろ う と か ま わ な い 」 と は ま っ た く 思 え な い し 、 台 湾 に 対 し て も も つ 人 に は 、 出 会 っ た こ と が な か っ た と 思 い ま す 。 そ う な ん で す ね 。 今 年 一 月 の 台 湾 の 総 統 選 挙 で は 初 め て 投 票 ま 文 体 と 政 治 に も 行 き ま し た 。 た だ 、 投 票 は で き て も 、 そ こ で 育 た な か っ 温 リ ー ビ さ ん と 毎 週 の よ う に ゼ ミ で 話 し 込 ん で い た 二 十 た と い う の が あ る か ら か 、 自 分 は こ こ の 一 員 で あ る と 思 い き る の に は た め ら っ て し ま う 。 で も 、 そ う で あ る か ら こ そ 、 台 三 、 四 歳 の 頃 に 私 は 、 自 分 が 日 本 語 で で き る こ と は 何 だ ろ う 、 自 分 の 書 く 日 本 語 っ て 一 体 何 だ ろ う と 考 え 始 め ま し た 。 そ し 湾 と 自 分 と の 距 離 を 日 本 語 で 一 言 語 化 し よ う と 意 気 込 む と き に て そ れ は 小 説 家 を 本 気 で 志 す よ う に な る 時 期 と 重 な っ て い る 私 は 、 言 い 知 れ ぬ 安 ら ぎ を 覚 え る ん で す ( 笑 ) 。 た ぶ ん 、 「 こ ん で す 。 こ は あ な た の 国 で も あ る 」 と い う 、 リ ー ビ さ ん の そ の 日 本 語 そ の 問 い を 突 き 詰 め る と 、 や つ ば り 曽 祖 父 母 と か 祖 父 母 の を 台 湾 の 東 海 岸 を 走 る 列 車 の 中 で 聞 い た あ の 瞬 間 、 私 と 台 湾 、 世 代 、 つ ま り 日 本 統 治 時 代 の 台 湾 も 絡 ん で く る 。 「 中 華 民 国 そ し て 私 と 日 本 語 の 本 当 の 関 係 が は じ ま っ た よ う に 思 い ま す 。 籍 」 と い う 言 葉 も 一 筋 縄 で は い か な く て 、 日 本 に い る と 「 中 リ ー ビ 僕 も あ の 瞬 間 、 そ う い う せ り ふ を 言 え る 相 手 が い

世界 2016年 10月号


2 4 5 ー 「 父 と 私 」 か つ け い な か っ た の で あ る 。 一 九 四 六 年 一 月 、 栄 養 失 調 で 脚 気 に な り か け て い た 朴 氏 は 、 基 礎 の 穴 に 落 ち 、 腰 と 首 筋 を 強 打 し た 。 一 カ 月 ほ ど 作 業 を 休 成 績 優 秀 で 中 学 を 卒 業 し た 朴 氏 は 、 日 本 語 が 得 意 だ っ た 。 め た が 、 腰 と 首 が 痛 む 後 遺 症 が 現 在 ま で 残 っ て い る 。 歴 史 が 好 き な 朴 氏 は 、 収 容 所 で 新 羅 の 王 族 を 主 人 公 に し た 小 ソ 連 側 は 当 初 、 朝 鮮 人 が 日 本 軍 捕 虜 に 混 じ っ て い る こ と を 説 を 書 い た が 、 そ れ も 日 本 語 だ っ た 。 認 識 し て い な か っ た 。 し か し 日 本 人 捕 虜 と の ト ラ ブ ル な ど が と は い え 、 初 等 教 育 し か 受 け て い な い 朝 鮮 人 捕 虜 に は 、 ほ 絶 え な か っ た こ と や 、 朝 鮮 人 た ち の 分 離 要 求 な ど に よ り 、 一 と ん ど 日 本 語 が 話 せ な い 者 も い た 。 「 半 分 く ら い は 、 あ ま り ( 5 ) 日 本 語 を 話 せ な か っ た 。 間 島 省 ( 満 州 ) か ら 来 た 人 は と く に 九 四 六 年 春 ご ろ に 朝 鮮 人 だ け が 別 棟 に 移 さ れ た 。 分 離 さ れ た 朝 鮮 人 た ち を 統 括 し て い た の は 、 満 州 で 中 学 校 そ う だ っ た 。 そ こ そ こ 話 せ る の が 半 分 く ら い 。 本 当 に う ま く 教 師 を し て い た 朝 鮮 人 だ っ た 。 「 日 本 軍 の 士 官 候 補 生 だ っ た 話 せ る の は 少 な か っ た 」 と い う 。 こ の 割 合 は 、 日 本 の 教 育 秩 の で 、 選 ば れ た の だ と 思 う 」 と 朴 氏 は 回 想 し て い る 。 作 業 現 序 に お け る 中 等 教 育 進 学 率 を 反 映 し て い た だ ろ う 。 場 で は 日 本 人 捕 虜 た ち と 一 緒 に 働 い た が 、 生 活 が 分 離 さ れ た と は い え 、 し ば ら く た っ と 、 こ う し た 不 自 然 な 状 態 は 消 え あ と は 、 ト ラ ブ ル は あ ま り な か っ た と い , つ 。 て い っ た 。 や が て ハ ン グ ル 文 字 の 壁 新 聞 が 、 収 容 所 の 壁 を 飾 る よ う に な っ た 。 「 新 聞 紙 く ら い の 紙 で 、 収 容 所 に 貼 り 出 し そ の 責 任 者 は 、 作 業 に 出 る さ い の 日 課 な ど を 、 日 本 語 で 朝 鮮 人 捕 虜 た ち に 訓 一 小 し て い た 。 作 業 所 で 現 場 を 指 揮 す る 朝 鮮 た 。 何 回 か 作 っ た と 思 う 。 内 容 に つ い て は 、 ソ 連 か ら も 日 本 人 班 長 た ち も 、 日 本 語 を 使 っ て い た 。 そ し て 収 容 所 に も ど っ 側 か ら も 、 何 も 言 わ れ な か っ た 」 と い う 。 朴 氏 が 書 い た 小 説 て 日 常 生 活 を す る と き は 、 朝 鮮 も 、 別 の 捕 虜 が 朝 鮮 語 に 訳 し 、 壁 新 聞 に 出 し た 。 語 で 話 し て い た 。 他 の 収 容 所 で は 、 ソ 連 側 の 働 き か け で 、 マ ル ク ス 主 義 を 掲 求 舜 朴 氏 は 「 な ぜ 日 本 語 で 訓 示 し げ た 「 民 主 運 動 」 が 行 な わ れ 、 壁 新 聞 も そ れ に 動 員 さ れ た 例 李 た の か は わ か ら な い 」 と い う 。 が 多 い 。 し か し 朴 氏 の 場 合 、 帰 国 時 に ハ バ ロ フ ス ク に 異 動 す 影 る ま で 、 民 主 運 動 を 経 験 し た こ と が な か っ た と い う 。 撮 し か し 当 時 の 朝 鮮 人 青 年 た ち が 収 容 所 で の 会 話 は 、 「 食 べ 物 や 作 業 の 話 が 中 心 」 だ っ た 。 育 て ら れ て き た 言 語 秩 序 は 、 命 氏 毅 令 や 教 育 は 日 本 語 、 日 常 一 一 一 一 口 語 は 「 帰 国 」 は 彼 ら の 最 大 の 関 心 事 だ っ た の で 、 「 国 に 帰 る ん だ と 朝 鮮 語 と い う も の だ っ た 。 そ れ い う 話 は よ く 出 た が 、 政 治 問 題 を 話 し た り す る 余 裕 は な か っ た 。 韓 国 が 南 と 北 に 分 か れ て し ま う な ん て 、 み ん な 考 え て も 以 外 の 秩 序 を 、 彼 ら は 経 験 し て

世界 2016年 10月号


私 は ま ず 、 何 度 も 問 い か け ら れ て き た 質 問 を 改 め て 投 げ か の 中 に 「 慰 安 婦 」 問 題 を 囲 い 込 ま な い 時 に の み 可 能 だ と い う 点 だ 。 け る こ と で 本 稿 の 長 い 旅 程 を 始 め よ う と 思 う 。 二 〇 一 五 年 一 二 ・ 二 八 日 韓 合 意 後 、 日 本 軍 「 慰 安 婦 」 問 題 は 解 決 さ れ た の 本 稿 は 、 共 同 の 作 業 過 程 と 共 同 の 記 憶 の 産 物 で あ る 。 筆 者 が 二 〇 〇 二 年 か ら 話 を 聞 き 始 め た 人 々 、 内 部 者 で あ り な が ら か ? だ と し た ら こ の 運 動 は 失 敗 し た の か 、 成 功 し た の か ? 界 成 功 と 失 敗 に 関 す る 診 断 は こ れ ま で 実 際 、 あ ま り に も 容 易 に 、 世 外 部 者 と し て 筆 者 が 参 加 し 観 察 し た こ と 、 出 会 い を 意 味 化 す 時 に は 暴 力 的 に な さ れ て き た 。 さ ら に は 、 陳 腐 な 「 民 族 主 る 人 々 の ナ ラ テ イ プ が 縦 横 に つ む が れ た 物 語 の 一 部 で あ る 。 義 」 論 争 と 絡 み 合 う と 、 収 拾 の つ か な い 一 人 歩 き を 始 め 本 来 植 民 地 期 か ら 一 一 〇 一 六 年 の 現 在 ま で 、 時 間 を 遡 り 空 間 を 行 き の 姿 を 見 失 っ て し ま う 。 来 し な が ら 彼 女 た ち が 語 っ た 経 験 が ぎ っ し り と 詰 ま っ た バ ッ ュ ン ジ ョ ン 筆 者 は 、 こ の よ う な 問 い の 方 向 性 を 次 の よ う に 変 え て 、 本 チ ワ ー ク だ 。 と り わ け 二 〇 一 二 年 か ら お こ な っ て き た 尹 貞 シ ン へ ス ュ ン ミ ヒ ャ ン チ ョ ン ジ ン ソ ン ユ ン ヨ ン エ 稿 を 始 め よ う と 思 う 。 日 本 軍 「 慰 安 婦 」 問 題 解 決 運 動 は ど の 玉 、 申 蕙 秀 、 池 銀 姫 、 尹 美 香 、 鄭 鎭 星 、 尹 榮 愛 の ロ 述 生 涯 よ う に 始 ま り 、 進 め ら れ て き た の か ? あ る 人 々 は な ぜ 他 の 史 は 、 本 稿 の 基 礎 資 料 で も あ る 。 人 々 が 徹 底 的 に 目 を 背 け て い た 事 案 に 関 心 を 持 ち 、 自 ら 歴 史 こ れ も ち ろ ん 、 書 く 者 の 責 任 回 避 の た め の 弁 明 で は な い 。 的 不 正 義 の 責 任 を 負 お う と し た の か ? そ れ は 誰 な の か ? ら 全 て の 物 語 は 、 書 き 手 で あ る 筆 者 の 視 点 で 見 て 、 聞 い て 、 そ の 人 々 は 自 身 に 直 接 関 係 の な い こ と に な ぜ こ れ ほ ど 長 い 間 読 み 、 経 験 し 、 分 析 し た 内 容 を 中 心 と し た も の で あ り 、 筆 者 責 任 感 を 持 ち 続 け な が ら 運 動 に 深 く 関 わ り 続 け る こ と が で き の 価 値 観 、 認 識 論 、 立 ち 位 置 、 知 識 の 狭 隘 さ 、 時 間 の 制 約 、 た の か ? こ の 人 々 の 責 任 と 活 動 を 共 有 し 継 承 す る と い う こ 何 よ り も 個 人 的 で 経 験 的 な 制 約 が 決 定 的 な 影 響 を 与 え て い る 。 と は 、 私 た ち に と っ て ど の よ う な 意 味 を 持 つ の か ? 今 後 、 そ こ で 、 彼 女 た ち の 声 を 借 り て 私 の 話 を し て い る 今 、 私 は 一 私 た ち は 何 を 、 ど の よ う に す べ き な の か ? 層 恥 じ 入 っ て い る 。 予 測 の 立 た な い こ の 旅 程 を 無 事 終 え る こ 類 似 の 事 案 が 絡 ん で は い る が 、 運 動 の 歴 史 と 、 こ れ に 関 わ と が で き る か 怖 れ て も い る 。 こ の 長 い 旅 程 の た め に 、 私 に た っ て き た 人 々 ( 主 体 ) に 関 す る も の が 、 主 な 問 い で あ る 。 日 く さ ん の 話 を し て く だ さ っ た 方 々 に 感 謝 の 気 持 ち を 伝 え た い 。 本 軍 「 慰 安 婦 」 問 題 に 対 す る 理 解 と 運 動 の 未 来 に も 関 わ る 問 そ し て 、 長 い 物 語 を 聞 い て く だ さ る 『 世 界 』 関 係 者 の 皆 様 と い だ 。 注 意 す べ き は 、 以 上 の 問 い に 対 す る 応 答 は 、 過 去 と い 日 本 の 読 者 に も 深 い 感 謝 を 申 し 上 げ る 。 う 特 定 の 時 間 、 植 民 地 朝 鮮 と い う 特 定 の 空 間 、 法 的 な 枠 組 み オ ク

世界 2016年 10月号


米 国 の 意 思 が 作 用 し た 。 米 国 は 、 日 本 と の 新 し い 同 盟 関 通 し て 東 北 ア ジ ア 情 勢 を 統 制 し よ う と し た の で あ る 。 2 運 動 の 起 源 と そ の 背 景 第 二 に 、 韓 国 内 の 政 治 的 要 因 も 無 視 で き な い 。 米 軍 政 、 分 日 本 軍 「 慰 安 婦 」 問 題 解 決 運 動 の 始 ま り を 一 九 九 〇 年 の 挺 断 、 戦 争 と 軍 事 独 裁 政 権 等 に よ り 、 韓 国 は 事 実 上 、 植 民 地 の 対 協 結 成 の 時 期 と 理 解 し て い る 人 が 多 い 。 し か し 筆 者 は 、 日 過 去 事 清 算 に 関 わ る 問 題 を 提 起 す る 余 力 も 意 思 も な か っ た 。 パ ク チ ョ ン ヒ 本 軍 「 慰 安 婦 」 問 題 解 決 運 動 の 歴 史 は 、 日 本 の 植 民 地 時 代 の と り わ け 朴 正 熙 軍 事 政 権 は 一 九 六 五 年 の 日 韓 条 約 当 時 、 経 済 女 性 た ち の 凄 惨 な 経 験 か ら 胚 胎 さ れ 、 一 九 八 〇 年 代 の 中 頃 に 的 、 軍 事 的 理 由 か ら 国 民 を 犠 牲 に し 、 日 本 と の 結 託 を 選 ぶ こ 本 格 的 に 運 動 と し て 発 芽 し た と 見 て い る 。 と に よ り 植 民 地 支 配 責 任 を 積 極 的 に 問 お う と し な か っ た 。 あ る 者 は 運 が 良 く て 、 ま た あ る 者 は 暮 ら し 向 き が 良 く て 、 第 三 に 、 多 く の 女 性 学 者 が 度 々 指 摘 し て き た よ う に 、 韓 国 悪 運 を 避 け る こ と が で き た が 、 多 く の 女 性 た ち が 「 単 に 『 植 の 家 父 長 制 と 民 族 主 義 が 社 会 ・ 文 化 的 な 背 景 に あ る 。 女 性 の ( 3 ) 民 地 』 朝 鮮 に 生 ま れ た と い う 罪 」 だ け で 拭 い 難 い 苦 痛 に 耐 え 貞 操 が 重 要 視 さ れ て い た 当 時 、 敵 軍 ( 他 の 民 族 ) に よ っ て 汚 さ な け れ ば な ら な か っ た 。 日 本 軍 「 慰 安 婦 」 問 題 に 対 す る 長 き れ た 女 性 の 身 体 は 家 族 と 国 家 の 恥 で あ り 、 民 族 の 恥 だ っ た 。 わ た に 亘 る 沈 黙 と 無 視 が 内 外 で 続 い た 理 由 に つ い て は 、 金 富 子 氏 こ れ ら 男 性 家 父 長 、 民 族 主 義 者 た ち は 被 害 女 性 た ち に 長 き に を は じ め 多 く の 学 者 た ち が す で に 指 摘 し て い る 。 筆 者 は 、 国 亘 る 沈 黙 を 意 図 的 に 、 ま た は 非 意 図 的 に 強 要 し た ば か り で な 際 政 治 的 な 状 況 、 日 本 の 問 題 は 言 う ま で も な く 、 韓 国 政 府 の く 、 ポ ス ト ・ コ ロ ニ ア ル な 外 傷 を 増 幅 さ せ た 。 無 能 と 韓 国 社 会 全 般 に 深 く 根 を 張 っ た 家 父 長 制 と 民 族 主 義 の 第 四 に 、 日 本 国 内 の 問 題 を と り あ げ な い わ け に は い か な い 。 史 問 題 と 考 え て い る 。 日 本 政 府 は 、 強 い 民 族 主 義 ド ラ イ プ を か け る こ と に よ り 、 戦 決 具 体 的 に は 、 第 一 に 、 東 京 裁 判 と サ ン フ ラ ン シ ス コ 講 話 条 後 の 国 家 再 建 に 成 功 す る 。 こ れ は 、 日 本 国 民 に 戦 争 の 加 害 者 題 約 な ど 未 解 決 の 戦 後 処 理 の 問 題 が あ る 。 ド イ ツ と は 異 な り 、 と し て の 罪 責 感 や 責 任 で は な く 、 被 害 者 意 識 を よ り 大 き く 持 た せ る ア イ ロ ニ ー を 生 む こ と に な る 。 日 本 は 戦 争 犯 罪 に 対 し て 寛 大 な 処 分 を 受 け 、 天 皇 に 対 す る 処 安 分 も 免 れ る こ と に な る 。 そ の 背 景 に は 、 新 た に 形 成 さ れ た 冷 最 後 に 、 何 よ り も 、 女 性 に 対 す る 集 団 性 暴 力 を 意 味 化 し 社 軍 戦 秩 序 に お い て 、 ソ 連 や 中 華 人 民 共 和 国 、 朝 鮮 民 主 主 義 人 民 会 問 題 化 す る 能 力 を 持 た な か っ た 我 々 自 身 の 問 題 が 最 も 大 き 共 和 国 に 対 す る 西 欧 民 主 主 義 の 防 護 壁 の 役 割 を 日 本 に 求 め る 。 そ れ ゆ え 当 事 者 た ち は 被 害 を 具 体 的 に 発 話 す る 一 一 一 一 口 語 を 持 ( 2 ) ( 4 )

世界 2016年 10月号


る 話 の 印 象 も ま ざ り あ っ て い ま す 。 だ か ら 台 湾 の 問 題 に 対 し た で し よ う 。 そ の キ ャ ラ バ ン で 台 湾 の 東 海 岸 を 下 っ て い く と 、 て 「 一 体 、 あ な た は ど う 思 う ん だ 」 と 問 わ れ て も 、 そ ん な に 電 車 の 窓 か ら 海 岸 沿 い の 崖 が ず ー っ と 見 え た 。 そ れ で 、 親 父 が ら ん び す っ き り し た 答 え は 出 せ な い 。 リ ー ビ さ ん が 言 わ れ た よ う に 、 と 一 緒 に 台 湾 南 端 の 鵝 鑾 鼻 近 く の 危 な い 道 を 行 っ た こ と を 思 作 家 と し て 、 「 私 に と っ て の 台 湾 」 と い う 言 い 方 し か で き な い 出 し て 、 亜 熱 帯 の 地 域 な の に 、 青 森 と か 陸 中 海 岸 を 思 わ せ い ん で す ね 。 る よ う な 、 灰 色 と 白 色 の 中 間 の 崖 、 そ の 景 色 に 本 当 に 圧 倒 さ リ ー ビ だ か ら 、 知 ら な い の に 知 っ て い る ふ り を し て は い れ た 。 何 と い う フ ォ ル モ サ 、 何 と い う 美 し い 島 だ と 思 っ て 、 け な い と 田 5 う 。 わ か ら な い 、 と い う こ と を 正 直 に 書 け ば 、 、 。 そ の と き 温 さ ん に 言 っ た の が 、 「 こ こ は あ な た の 国 で も あ る 」 、 え ん れ ん か 以 前 、 大 好 き な 大 陸 の 作 家 で あ る 閻 連 科 さ ん と 対 談 を し た と と い , っ こ と だ っ た 。 き も 、 読 者 に ま だ わ か ら な い 、 す べ て は 未 解 明 で あ る と 言 え 僕 が 台 湾 を 訪 れ た の は た ぶ ん 四 三 年 ぶ り 、 温 さ ん が 東 海 岸 る の は 実 は 素 晴 ら し い こ と だ 、 そ う い う 締 め く く り に な っ た 。 を 旅 し た の も 、 初 め て に 近 か っ た と 思 う ん だ け れ ど も : よ う や く 六 割 く ら い 河 南 の 方 言 が わ か る よ う に な っ た け れ ど 、 日 皿 は 、 。 ほ と ん ど 行 っ た こ と の な い と こ ろ で 、 台 湾 に は 大 陸 の 農 民 に つ い て 、 十 割 わ か っ た ふ り を し て 語 る の は 、 文 自 分 の 知 ら な い 、 こ ん な に も 豊 か な 景 色 が あ る ん だ と び つ く り - し た 。 学 者 と し て 非 常 に ま ず い 。 常 に 「 わ か る 」 と 「 わ か ら な い 」 の 間 に い る 。 人 間 の 本 当 の 体 験 と い う の は 、 そ う い う こ と だ リ ー ビ 温 さ ん は 、 た し か そ の 頃 に 、 自 分 は 台 湾 人 だ け れ と 思 う 。 ど こ ま で わ か ら な か っ た か を 厳 密 に 厳 密 に 書 け ば 、 ど も 、 自 分 に と っ て の 台 湾 は 、 日 本 の お 土 産 を い つ も 持 っ て 世 界 が リ ア ル に 浮 か び 上 が る は ず で す 。 い く 、 お ば あ さ ん の 住 む 台 北 の マ ン シ ョ ン だ け 、 そ う い う 話 を し て い た 。 で も 、 そ の 台 湾 の 国 籍 を 担 っ て い る 。 自 分 に と = 「 距 離 」 を 言 葉 に す る っ て 台 湾 は 何 な の か 。 そ れ ぞ れ の 内 面 に は 台 湾 と い う 場 所 が リ ー ビ 温 さ ん の 『 台 湾 生 ま れ 日 本 語 育 ち 』 で も 、 台 湾 は っ き り あ る の に 、 あ く ま で 外 部 に い る 人 間 と し て 、 台 湾 に む へ の 親 し み と 距 離 が 同 時 に あ っ て 、 と て も 文 学 者 ら し い 姿 勢 ア プ ロ ー チ し て い る 。 そ の 点 で は 、 僕 た ち の あ い だ に 共 通 す 読 を に な っ て い る と 思 い ま す 。 る も の が あ る の か な と 思 い ま す 。 郷 い ま も よ く 憶 え て い る の は 、 二 〇 〇 五 年 に 、 津 島 佑 子 さ ん 温 こ の と き 私 は ま だ 大 学 院 生 で 、 通 訳 の お 手 伝 い も か ね 範 が リ ー ダ ー だ っ た 日 台 作 家 キ ャ ラ バ ン に 僕 も 温 さ ん も 参 加 し て 作 家 キ ャ ラ バ ン に 参 加 し た の で す が 、 東 京 で ず っ と 暮 ら し

世界 2016年 10月号


「 風 評 被 害 」 と い う 単 語 を 使 う た び に 、 外 国 語 に し て み る ま で は 外 国 人 に も 理 解 し て も ら え る 。 も う 一 つ は 、 日 本 語 で も そ の 内 容 が ち ゃ ん と 定 義 さ れ て お こ と を 思 考 実 験 と し て お 勧 め す る 。 イ ン ド ・ ヨ 」 ロ ッ パ 語 族 で あ れ ば 、 か な ら ず 「 誰 が 、 何 に よ っ て 、 ど ん な 被 害 を 受 け ら ず 、 文 脈 に よ っ て 、 話 者 に よ っ て 自 在 に 意 味 を 変 え て し ま う 言 葉 。 た と え ば 「 か わ い い 」 と か 、 「 癒 し 系 」 、 「 空 気 を 読 た の か 」 定 義 を 明 確 に す る こ と を 余 儀 な く さ れ る は ず だ 。 界 む 」 と い っ た 類 だ ろ う か 。 こ の 第 二 の 単 語 群 の 厄 介 な と こ ろ ち な み に 「 風 評 被 害 で は な い ! 実 害 だ ! 」 と い う 言 い 方 世 は 、 こ の 単 語 を 使 っ て い る 本 人 で さ え も 、 「 そ れ は ど う い う が あ る が こ れ に も 、 主 語 述 語 の 転 倒 が あ る 。 「 風 評 被 害 」 の 意 味 ? 」 と 聞 か れ る と 、 な か な か 説 明 が で き な い こ と 。 そ れ 被 害 者 と さ れ る の は 、 主 に 、 原 発 事 故 の 影 響 を 受 け た と さ れ を 聞 か れ て は じ め て 、 あ い ま い な 使 い 方 を し て い た こ と に 気 る 地 域 の 住 民 や 生 産 者 。 そ れ に 対 し て 「 実 害 だ 」 と い う と き づ か さ れ る 。 の 、 害 を 受 け る 側 は 、 ど ん な に 低 く て も 事 故 が な け れ ば 生 じ 考 え て み れ ば 当 た り 前 だ 。 第 二 の 単 語 群 は 「 あ る 程 度 の イ な か っ た 汚 染 の 影 響 を 受 け る 消 費 者 を 想 定 し て い る こ と が 多 メ ー ジ だ け 共 有 し て わ か り 合 っ た つ も り に な る 」 コ ミ ュ ニ ケ い よ う に 思 う 。 そ れ を い ち い ち 、 主 語 ( 誰 が ) 、 目 的 語 0 ー シ ョ ン の た め の ツ ー ル 。 そ し て 、 そ れ 以 上 深 く 考 え る 「 め ( 誰 に ) 、 動 詞 ( 被 害 を 与 え る ) を 明 確 に 記 述 し て み る と 、 か ん ど く さ さ 」 か ら 解 放 さ れ る た め の 言 葉 だ か ら だ 。 ら く り が よ く 見 え て く る 。 お そ ら く 、 「 風 評 被 害 」 は 、 こ の 第 二 の 単 語 群 に 属 す る 。 「 風 評 被 害 対 策 」 を 語 り 、 情 報 発 信 や 教 育 内 容 を 制 約 し ょ こ の 福 島 訪 間 後 、 長 崎 で 会 っ た バ イ リ ン ガ ル の 英 語 通 訳 者 う と す る 場 合 、 こ の 「 風 評 被 害 」 と い う 言 葉 の 内 容 を 定 義 し に 「 英 語 で 『 風 評 被 害 』 は ど う 訳 す か 」 を 聞 い て み た 。 こ の な け れ ば い け な い 。 何 に よ っ て 、 だ れ が ど ん な 被 害 を 受 け る 通 訳 者 は 、 福 島 第 一 原 発 事 故 以 来 多 く の 外 国 人 専 門 家 を 日 本 の か 。 そ う し て そ の 定 義 に 当 て は ま ら な い も の は 、 今 後 「 風 に 招 き 、 事 故 後 の 状 況 に つ い て の 会 話 や 報 告 を 通 訳 し て き た 。 評 被 害 」 以 外 の 言 葉 で 記 述 す れ ば よ い 。 「 英 語 に は 『 風 評 被 害 』 な ん て 言 葉 な い で す よ 。 *Harmful 間 違 っ た 情 報 ? 差 別 的 発 一 一 一 口 ? 禁 止 用 語 ? そ こ ま で の rumor ( 有 害 な 噂 ) ″ と 訳 し て み る ん で す け ど ね 。 少 し 違 う 。 も の で は な い こ と が 、 ほ と ん ど だ ろ う 。 定 義 も し て い な い 言 日 本 に は 前 か ら あ っ た 言 葉 だ け ど 、 福 島 事 故 の 後 、 特 殊 な 意 葉 で 、 報 道 や 教 育 の 内 容 を 制 限 す べ き で は な い 。 味 づ け で 利 用 さ れ て い る と 思 い ま す 。 こ の 言 葉 で 、 言 い 表 し こ の 一 一 一 品 ト リ ッ ク か ら 、 教 室 を 解 放 す る こ と 。 今 何 よ り も た 気 に な っ て 、 本 当 の 問 題 を 考 え な い 手 段 に な っ て い る 」 先 に 必 要 な こ と だ 。

世界 2016年 10月号


編 集 後 記 清 宮 美 稚 子 本 誌 編 集 長 ま る で 東 京 オ リ ン ピ ッ ク に 向 け て ゆ る . 権 維 持 装 置 と し て の 「 ア ベ ノ ミ ク ス 」 は 政 府 の 掲 げ る 「 一 億 総 活 躍 」 や 「 介 護 離 や か な 翼 賛 体 制 が 作 り 上 げ ら れ よ う と し ・ 死 守 し た い 。 デ フ レ は 脱 却 で き な く て も 、 ・ 職 ゼ ロ 」 に も 逆 行 し 、 政 策 と し て の 整 合 て い る か の よ う だ 。 リ オ ・ オ リ ン ピ ッ ク ・ 株 価 の 高 止 ま り に は 成 功 し て い る 。 そ れ 電 性 は 完 全 に 破 綻 し て い る 。 閉 会 式 で の 「 マ リ オ 」 の 登 場 は 衝 撃 的 だ . も そ う だ ろ う 。 日 銀 の 異 次 元 金 融 緩 和 以 「 二 〇 二 〇 年 も 安 倍 で 」 と 言 っ て い る 間 ・ つ た 。 こ の ま ま 行 け ば 、 二 〇 二 〇 年 の 開 ・ 降 の 「 爆 買 い 」 で 、 日 経 平 均 株 価 を 構 成 に 、 こ の よ う な モ ラ ル の 底 が 抜 け た 事 態 会 式 に 似 た よ う な コ ス プ レ 姿 で 登 場 す る . す る 企 業 の 九 割 弱 で 日 銀 が 実 質 的 な 大 株 が 平 然 と 進 み 、 貧 困 ・ 格 差 は さ ら に 拡 大 、 の も ま た 同 じ 顔 な の だ ろ う か 。 総 裁 任 期 主 に な っ て い る と い う ( こ れ っ て 資 本 主 義 . 分 断 社 会 の 亀 裂 は 不 可 逆 的 に 広 が り 、 レ 延 長 は す で に 所 与 の も の と し て 、 自 民 党 ・ と 言 え る の か ) 。 株 価 に 下 駄 を は か す も う ・ ジ リ エ ン ス の 低 い 社 会 に 変 容 し て い く 。 内 で 地 固 め さ れ つ つ あ る と 感 じ る 。 本 気 . 一 つ の 機 関 が だ が 、 二 〇 一 六 年 . 全 く 違 う 国 に 作 り 変 え る が ご と き こ の 実 で 異 を 唱 え る 者 は い る の か 。 多 く の メ デ 【 四 5 六 月 期 の 年 金 積 立 金 運 用 実 績 は 五 兆 . 験 を 何 と か 食 い 止 め な け れ ば な ら な い 。 、 ・ イ ア は す で に 骨 抜 き だ 。 世 論 調 査 で 「 二 ・ 円 以 上 の 赤 字 と な っ た 。 二 期 連 続 赤 字 で ・ 戦 後 七 〇 年 の 安 倍 談 話 を 境 に 、 歴 史 の 〇 二 〇 年 も 安 倍 首 相 で 」 が 五 九 % に 上 っ ・ あ り 、 株 価 政 権 維 持 の た め に 半 年 で 一 忘 却 も 急 速 に 進 ん で い る 感 が あ る 。 日 本 ・ た と い う が 、 ひ と 夏 の 興 奮 ゆ え か 、 よ こ 。 オ 〇 兆 円 が 霧 の ご と く 消 え た こ と に な る 。 軍 「 慰 安 婦 」 問 題 を め ぐ っ て は 、 メ デ ィ ・ ま た 「 マ リ オ 」 効 果 か 。 こ の よ う な 大 盤 振 る 舞 い を 通 り 越 し た ・ ア の 報 じ 方 も 一 因 だ が 、 一 二 ・ 二 八 日 韓 東 京 オ リ ン ピ ッ ク に 向 け て の テ ロ 対 策 . 無 茶 苦 茶 が ま か り 通 る 一 方 、 目 立 た な い 「 合 意 」 と 七 月 の 「 和 解 ・ 癒 や し 財 団 」 の 名 の 下 に 、 何 度 か 葬 ら れ た ゾ ン ビ 「 共 ・ な が ら 大 胆 に 、 . 社 会 保 障 が 削 ら れ て い く 。 ・ 発 足 を も っ て こ の 問 題 が ( ソ ウ ル 日 本 大 使 謀 罪 」 の 復 活 が 目 論 ま れ て い る 。 一 気 に ・ た と え ば 、 「 骨 太 の 方 針 」 ( 二 〇 一 五 年 六 月 ・ 館 前 の 少 女 像 の 移 転 問 題 を 除 け ば ) 解 決 し 興 ざ め て も お か し く な い ニ ュ ー ス だ が 。 閣 議 決 定 ) に 明 記 さ れ た 要 介 護 度 の 軽 い 一 た か の よ う に 見 え て い る 。 し か し 決 し て 「 三 分 の 二 」 を 手 に し た 安 倍 首 相 が 、 ・ 人 た ち へ の サ ー ビ ス 見 直 し の 検 討 が 政 府 ・ そ う で は な い 。 韓 国 で は 「 慰 安 婦 」 被 害 次 に の ど か ら 手 が 出 る ほ ど ほ し い も の が . 内 で 進 ん で い る が 、 そ の 一 環 と し て 、 二 者 を 支 援 す る 市 民 団 体 が 中 心 に な っ て 、 何 な の か 、 そ の 振 る 舞 い が 明 ら か に し て . 〇 一 八 年 四 月 か ら 福 祉 用 具 レ ン タ ル の 原 . 「 正 義 ・ 記 憶 財 団 」 が 設 立 さ れ た 。 「 慰 い る 。 八 月 末 の ア フ リ カ 公 式 訪 問 で 例 に ・ 則 自 己 負 担 化 を 目 指 し て い る と い う 。 こ ・ 安 婦 」 な ど 戦 時 性 暴 力 問 題 に 韓 国 の 女 性 よ っ て 大 盤 振 る 舞 い し た の も 、 国 連 改 革 . の こ と を 『 東 京 新 聞 』 が 二 度 に わ た っ て 一 た ち が ど う 真 剣 に 取 り 組 ん で き た か 、 そ ・ と い う 名 の 日 本 の 国 連 安 保 理 常 任 理 事 国 強 一 面 で 報 じ る と 、 オ リ ン ピ ッ ク の 喧 騒 中 ・ の 歴 史 を 総 括 し 責 任 を 伝 承 す る 一 つ の 試 入 り が 狙 い と わ か り や す い ・ に も か か わ ら ず 大 き な 反 響 を 巻 き 起 こ し ・ み と し て 、 今 月 号 か ら 始 ま っ た 李 娜 榮 氏 「 二 〇 二 〇 年 も 安 倍 で 」 の た め に は 、 政 . た 。 介 護 保 険 の 費 用 抑 制 の た め と い う が 、 . の 連 載 を ぜ ひ お 読 み い た だ き た い 。

世界 2016年 10月号


エ ド ワ ー ド ・ コ ー ク 卿 の 、 あ る 判 決 文 の 中 の 次 の く だ り だ 。 会 社 と い う も の は 反 逆 罪 を 犯 せ な い 。 追 放 す る こ と も 破 門 す る こ と も 出 来 な い 。 な ぜ な ら 、 彼 ら に は 魂 が な い 。 こ れ も ま た 、 解 釈 が 難 し い 。 何 し ろ 古 い 時 代 の 文 章 な の で 、 文 脈 に つ い て も 統 一 的 な 理 解 が な か な か 困 難 な よ う で あ る 。 企 業 と い う も の の 黎 明 期 に お い て 、 時 の 法 律 家 た ち は 、 そ の 存 在 を ど の よ う に 受 け 止 め て い た の か 。 そ の こ と の 厳 密 な 解 明 を め ぐ っ て は 、 専 門 家 の 皆 さ ん が 多 く の 業 績 を 積 み 上 げ て お い で の こ と と 推 測 す る 。 門 外 漢 で あ る 筆 者 は 、 た だ ひ た す ら 、 本 稿 の テ ー マ と の 関 係 で 実 に 深 淵 な 示 唆 を 得 た と 思 い そ の 感 慨 に 浸 る ば か り だ 。 人 間 の 営 み と し て の 経 済 活 動 と 企 業 と い う 存 在 さ て 、 そ こ で 本 稿 の テ ー マ で あ る 。 何 と も 話 が 前 後 し て し ま っ て 申 し 訳 な い 。 そ も そ も 、 こ の 寄 稿 に つ い て お 声 を お か け 頂 い た の は 、 株 式 会 社 東 芝 の 不 正 経 理 問 題 と 、 そ の 背 後 に あ る 原 発 事 業 の あ り 方 に か か わ っ て の こ と で あ る 。 会 社 の 法 的 人 格 問 題 と 同 様 、 企 業 の 経 営 分 析 や そ の ガ バ ナ あ に ン ス 問 題 に つ い て も 、 筆 者 は 専 門 家 で は な い 。 し た が っ て 、 企 越 権 領 域 に 踏 み 込 む 者 の 尻 込 み 感 を 否 め な い 。 だ か ら こ そ 、 は 企 イ ン ス ピ レ ー シ ョ ン 探 し に 出 た の で も あ っ た 。 魂 無 た だ 、 改 め て 思 え ば 、 筆 者 の 分 析 対 象 は 経 済 活 動 で あ る 。 経 済 活 動 を め ぐ る 謎 解 き 業 が 生 業 だ と 自 覚 し 、 自 負 し て も い る 。 そ し て 、 企 業 経 営 は 、 経 済 活 動 全 般 の 中 に お い て 実 に 中 核 的 な 位 置 づ け を 占 め て い る 。 そ れ は 間 違 い な い こ と だ 。 し た が っ て 、 企 業 の 行 動 が ど の よ う な 様 相 を 呈 す る か 、 そ こ に ど の よ う な 問 題 が 存 在 す る の か と い う こ と は 、 経 済 活 動 に 関 す る 謎 解 き に 挑 む に あ た っ て 、 注 視 し な い わ け に は い か な い テ ー マ だ 。 さ ら に い え ば 、 経 済 活 動 は 人 間 の 営 み だ 。 経 済 活 動 に 携 わ る 生 き 物 は 、 こ の 世 の 中 に お い て 、 人 間 し か 存 在 し な い 。 経 済 活 動 は 全 く も っ て 人 間 に 固 有 の 営 み な の で あ る 。 そ の よ う な 営 み が 、 人 間 を 不 幸 に す る は ず は な い 。 傷 つ け る は ず は な 。 自 滅 に 追 い 込 む は ず が な い 。 経 済 活 動 と い う も の の あ り 方 を 考 え る 上 で は 、 こ こ が 本 源 的 な 基 本 に な る 。 筆 者 は そ う 考 え る 。 ち な み に 、 経 済 学 の 生 み の 親 と し て 位 置 づ け ら れ て い る ア ダ ム ・ ス ミ ス は 、 そ の 著 書 『 道 徳 感 情 論 』 の 中 で 、 人 間 は 共 感 性 を 有 す る か ら 人 間 な の だ と い う こ と を 言 っ て い る 。 共 感 性 を 有 す る と は ど う い う こ と か 。 要 す る に 、 そ れ は 他 者 の 痛 み が わ か る と い う こ と だ 。 他 者 の 痛 み に 思 い を 馳 せ て 涙 す る こ と が で き る 。 そ れ が 共 感 性 だ 。 も ら い 泣 き が で き る 。 そ れ が 人 間 だ と 経 済 学 の 生 み の 親 が 言 っ て い る 。 も ら い 泣 き の で き る 者 ど う し が 、 お 互 い を 不 幸 に す る は ず か な い 。 し た が っ て 、 人 間 の 営 み で あ る 経 済 活 動 は 、 人 間 を

世界 2016年 10月号


し た と き に 何 を 意 味 し て い る の か わ か ら な い 。 な ぜ そ ん な 加 ノ ブ イ リ ・ ヒ バ ク シ ャ 救 援 関 西 」 の コ ー デ ィ ネ ー ト で 実 現 し た も の 。 筆 者 は 同 行 通 訳 と し て 、 カ ー チ ャ と と も に 避 難 指 示 「 区 切 り 」 が 生 じ る の か 、 「 居 住 制 限 」 と 「 帰 還 困 難 」 の 違 い 区 域 、 避 難 指 示 の 解 除 さ れ た 地 域 、 仮 設 住 宅 な ど を 回 っ た 。 は 何 か 。 相 当 言 葉 を 尽 く し て も 理 解 し て も ら え な い 。 「 な ん 原 発 事 故 後 の 日 本 の 状 況 を 自 分 の 目 で 見 た い 。 チ ェ ル ノ ブ か 変 な 区 切 り 方 を し て い る ね 」 と い う こ と だ け が 、 浮 か び 上 界 が っ て く る 。 ィ リ 被 災 地 で 自 分 た ち が 培 っ て き た 、 子 ど も を 守 る 知 恵 を 日 世 本 に 伝 え た い 。 そ ん な 思 い で 、 今 回 日 本 に 来 て く れ た 。 「 居 住 が 制 限 さ れ る 」 な ら そ こ も 「 帰 還 は で き な い 」 は ず 。 原 発 事 故 被 災 地 の 状 況 を ロ シ ア 語 で 説 明 し 、 チ ェ ル ノ ブ イ 何 で こ の 二 つ の 地 域 を 分 け る の ? な ん で 、 そ の 「 居 住 制 限 リ の 経 験 に つ い て 彼 女 が 語 る 言 葉 を 日 本 語 に 変 換 す る 。 そ れ 区 域 」 の 方 は 制 限 を 解 除 し て よ い の ? と い う 具 合 に 。 が 私 の 役 割 だ っ た 。 こ の 一 一 一 品 ギ ャ ッ プ の な か に は 、 よ り 根 本 的 な 何 か が 隠 さ れ て い る 。 日 露 通 訳 の 経 験 は 、 学 生 時 代 の ア ル バ イ ト か ら 数 え れ ば そ れ な り に あ る 。 で も 、 こ の 「 チ ェ ル ノ ブ イ リ 」 「 福 島 第 一 原 今 回 筆 者 が 通 訳 と し て 立 ち 会 っ た の は 、 教 育 者 同 士 の 意 見 発 事 故 」 の テ ー マ は 特 別 む ず か し い 。 交 換 の 場 面 だ 。 チ ェ ル ノ ブ イ リ の 経 験 を 伝 え る ロ シ ア の 教 育 苦 戦 し な が ら 二 つ の 言 語 を 行 き 来 し て い る と 、 こ の 「 む ず 者 と 、 福 島 第 一 原 発 事 故 被 災 地 で 子 ど も た ち に 向 き 合 う 福 島 か し さ 」 の 根 源 が 見 え て く る 。 「 放 射 線 」 「 ペ ク レ ル 」 「 シ ー 県 の 教 育 者 た ち 。 そ の 場 面 で ど ん な カ ル チ ャ ー シ ョ ッ ク が 生 ・ ヘ ル ト 」 な ど の 用 語 が む ず か し い と い う こ と も あ る が 、 そ れ じ 、 ど ん な 言 語 ギ ャ ッ プ が 浮 き 彫 り に な っ た の か 。 通 訳 の 立 だ け で は な い 。 場 か ら 、 記 録 し て お き た い 。 福 島 第 一 原 発 事 故 に つ い て 語 る 日 本 語 を ロ シ ア 語 に 変 換 し 被 災 地 の 「 女 の 子 」 か ら 教 育 者 に よ う と す る と 、 特 殊 な 「 気 持 ち 悪 さ 」 に 直 面 す る 。 原 発 事 故 の 影 響 を 語 る 話 法 や 、 言 い 表 す 語 彙 が ま だ な い と い う こ と を 、 カ ー チ ャ は ウ ク ラ イ ナ 北 東 部 チ ェ ル ニ ゴ フ 州 の セ ミ ョ ノ フ 思 い 知 ら さ れ る 。 こ の 五 年 間 、 変 な 型 に は ま っ た 分 類 の な か 力 と い う 町 の 出 身 。 チ ェ ル ノ ブ イ リ 原 発 事 故 当 時 一 一 歳 だ っ で 、 考 え さ せ ら れ 、 語 っ て き た こ と に 気 づ く た 。 セ ミ ョ ノ フ カ は チ ェ ル ノ ブ イ リ 原 発 か ら 二 〇 〇 畑 ほ ど 離 「 自 主 避 難 者 」 や 「 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域 」 な ど 、 被 災 地 れ て お り 、 事 故 の 情 報 は ほ と ん ど 入 っ て こ な か っ た 。 町 の 人 や 被 災 者 を 区 切 る 日 本 語 が 、 あ ま り に 人 工 的 で 、 外 国 語 に た ち の な か で 、 「 強 い 風 で 窓 枠 が 揺 れ た 」 「 地 震 が あ っ た ん じ