検索 - みる会図書館

検索対象: 写楽 仮名の悲劇

写楽 仮名の悲劇から 486件ヒットしました。

写楽 仮名の悲劇


国 語 教 科 書 の 現 状 を 弾 劾 し 、 ロ 語 訳 聖 書 の 文 。 今 日 体 を 批 判 し 、 言 葉 の 雑 学 を 楽 し む : ・ 丸 谷 才 一 著 日 本 語 の た め に の 日 本 語 プ ー ム に 先 鞭 を つ け た 画 期 的 名 著 / 昼 寝 、 散 歩 、 酒 、 料 理 、 オ ン ナ 、 ス ポ ー ツ 、 お っ と 。 男 の 世 界 丸 谷 才 一 著 男 の ホ ケ ッ ト 文 学 の 話 も 忘 れ ち ゃ い け な い ・ の 森 羅 万 象 を 語 る 大 百 科 。 イ ラ ス ト ・ 和 田 誠 。 相 変 ら す 欠 陥 だ ら け の 国 語 教 科 書 。 で た ら め な 大 学 人 試 国 語 問 題 : ・ 。 名 著 「 日 本 語 の た 丸 谷 才 一 著 桜 も さ よ な ら も 日 本 語 め に 』 か ら 十 年 、 再 び 問 う 日 本 語 の あ り 方 / 息 づ ま る よ う な 国 家 論 の 応 酬 。 大 人 の 恋 愛 。 丸 谷 才 一 著 裏 声 で 歌 へ 君 か 代 最 上 の ユ ー モ ア と エ ロ テ ィ シ ズ ム 。 ス リ グ な 展 開 の う ち に 国 家 と は 何 か を 問 い か け る 。 「 男 ご こ ろ 」 は 遊 び ご こ ろ 、 思 わ ず 唸 ら さ れ 一 」 フ つ る 名 論 卓 説 が あ れ ば 、 ま さ か と 笑 っ て し ま う 丸 谷 才 一 著 男 ご ホ ラ 話 も あ る 。 著 者 一 流 の 知 的 閑 談 話 。 ど う も 、 や つ ば り 、 ま あ ま あ ー ー 私 た ち が 使 う 日 本 語 は 、 あ い ま い な 表 現 に 満 ち て い る 。 森 本 哲 郎 著 日 本 語 表 と 裏 言 葉 を 通 し て 日 本 人 の 物 の 考 え 方 を 追 求 す る 。

写楽 仮名の悲劇


な ぞ 第 一 章 謎 へ の 挑 戦 や ま た い こ く 写 楽 の 謎 と 邪 馬 台 国 の 謎 の 類 似 性 へ 私 は こ の 論 文 で 一 つ の 謎 に 挑 戦 し よ う と 思 う 。 そ れ は 写 楽 は だ れ か と い う 謎 で あ る 。 こ の 写 楽 は だ れ か と い う 謎 は 、 邪 馬 台 国 は ど こ に あ る か と い う 謎 と 一 見 よ く に て い る 。 二 一 , つ の 謎 は 日 本 史 上 の 数 あ る 謎 の う ち で も っ と も 興 味 深 い 謎 で あ る 。 も ち ろ ん そ れ は 学 問 的 に お も し ろ も 重 要 な 謎 で あ る が 、 同 時 に ジ ャ ー ナ リ ス テ ィ ッ ク に も 面 白 い 謎 で あ る 。 戦 後 、 邪 馬 台 国 に つ い て 実 に 多 く 本 が 書 か れ 、 そ の い く つ か は ベ ス ト セ ラ ー に な っ た 。 も ひ み こ ち ろ ん 、 三 世 紀 初 頭 の 百 を 越 し た 国 々 の 連 合 体 で あ る 倭 を 支 配 し て い る 女 王 卑 弥 呼 の 住 ん で い た 邪 馬 台 国 が ど こ に あ る か と い う 問 題 は 、 わ れ わ れ が 日 本 人 で あ る か ぎ り 、 無 関 心 で お ら れ な い 問 題 で あ る が 、 こ の 問 題 が 多 く の 学 者 、 あ る い は 学 者 で な い 人 の 関 心 を 引 き 、 次 々 と ぎ し わ じ ん で ん そ れ に 関 す る 本 が 書 か れ る の は 、 こ の 謎 解 き に 用 い ら れ る 文 献 が ほ ほ 『 魏 志 倭 人 伝 』 に 書 か れ て い る 二 千 字 の 言 葉 に 限 ら れ る こ と に も よ ろ う 。 ち ょ う せ ん わ

写楽 仮名の悲劇


第 九 章 巨 匠 豊 国 の サ ク セ ス ・ ス ト ー 絵 の よ う に 、 顔 の 輪 郭 線 と 鼻 の 距 離 と が 一 定 で は な い が 、 し か し 一 人 一 人 の 鼻 が 見 事 に 描 き 分 け ら れ て い る 。 あ る い は こ れ は 、 ひ そ か に 豊 国 の 新 し い 方 法 論 の 発 見 を 語 っ た の で あ ろ う か 。 な お 、 同 年 に 出 た 『 ど う け 百 人 一 首 』 は 大 谷 徳 次 を 主 人 公 と し た も の で 、 そ こ に は わ れ わ れ が 写 楽 絵 で 見 る 徳 次 そ っ く り の 人 物 が 登 場 し て い る 。 一 す 繪 六 目 の 画 こ う し て 寛 政 五 年 が 暮 れ 、 い よ い よ 問 題 の 寛 政 六 年 に な る 。 前 か ら 述 べ て い る よ う に 、 寛 政 六 年 と い う 年 は 、 一 一 人 の 天 才 的 な 役 者 似 顔 絵 師 が 登 場 す る 、 日 本 浮 世 絵 史 上 に お い て 画 期 的 な 年 で あ る 。 豊 国 は 生 ま れ 育 っ た 土 地 や 、 父 の 影 響 か ら み て も 役 者 絵 を 描 く の に 最 も 好 都 合 な 条 件 を 備 え て い て 、 す で に 「 浮 絵 忠 臣 蔵 」 よ い よ こ の 年 を 期 に お い て 芝 居 絵 を 試 み て い た が 、 い し て 錦 絵 に よ る 役 者 似 顔 絵 を 試 み る の で あ る 。 春 章 や 目 春 好 や 春 英 な ど の 先 例 が 手 本 と な っ た に 違 い な い 「 夙 に 歌 川 豊 春 の 門 に 入 り て 、 浮 世 絵 を 学 び 、 師 名 の 豊 字 を 譲 ら れ 、 豊 国 と 称 へ 、 一 陽 斎 と 号 し 、 歌 川 は な ふ さ い っ て う 氏 を 称 す る を 許 さ る 。 後 に 英 一 蝶 が 画 風 を 慕 ひ 、 ま た 浪 花 の 玉 山 、 江 戸 の 春 英 が 風 を 慕 ふ 。 よ く 当 時 と な

写楽 仮名の悲劇


こ の 初 学 者 向 き の 役 者 絵 入 門 書 と い う べ き 書 物 で 、 豊 国 自 ら が 語 っ た 画 論 が 、 豊 国 絵 ば か り か 写 楽 絵 を も 十 分 説 明 し う る 理 論 を 提 供 す る と す れ ば 、 そ れ は 前 章 に お い て 私 が 行 っ た 、 写 楽 を 豊 国 と 考 え た 場 合 に お け る さ ま ざ ま な 写 楽 に 関 す る 謎 の 解 明 と と も に 、 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 を さ ら に い っ そ う 強 め る も の で あ ろ う 。 以 上 の 論 証 で 、 私 は ほ ば 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 を 十 分 証 明 し え た と 思 う 。 も ち ろ ん こ の 仮 説 を 、 私 、 ま ま で の 学 者 お よ び 非 学 者 の 、 世 間 を 騒 が せ る に は 十 分 興 明 は 絶 対 と は 考 、 ん て は い な い 力 し 味 深 い 話 題 で あ っ た 写 楽 別 人 説 を 、 多 少 学 問 的 基 礎 の 上 に 立 た し め る こ と が で き た と 思 う 。 手 近 に あ っ た 「 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 」 レ 」 国 こ の 長 い 写 楽 論 の 途 中 で 、 し ば し ば 、 私 は 写 楽 論 が た だ の 推 理 遊 び に 尽 き る も の で は な く 、 一 そ れ は 江 戸 文 化 論 あ る い は 、 さ ら に 日 本 文 化 論 の 問 題 と 深 く 関 わ ら ね ば な ら な い と 論 じ た 。 第 そ れ は 次 の よ う な 意 味 で あ る 。 私 は 、 人 に 字 を 書 く よ う 求 め ら れ る と き に 、 し ば し ば 「 真 理 は 手 近 に 隠 れ て い る 」 と 書 く 。 ー の 上 に 立 て ら れ て い る 。 も ち ろ ん 、 私 の 日 本 古 代 に 関 す る 学 説 は す べ て そ の よ う な モ ッ ト 先 に 信 念 が あ っ て 、 そ こ か ら 学 説 が 発 見 さ れ た わ け で は な く 、 い ろ い ろ 考 え て 到 達 し た 説 が 、 実 は 最 も 手 近 に あ っ た と い う こ と で あ る 。 何 ら か の 偏 見 の た め に 、 人 は そ の 手 近 な も の を 見 よ う と し な い 。 真 理 は い つ も 手 近 に あ っ て 、 常 に 人 に 語 り か け て い る の に 、 人 は そ の 真 理 の 435 る 。

写楽 仮名の悲劇


あ る と し た ら 、 学 者 と し て は 、 そ れ に 対 し て 沈 黙 し て い る の が 、 も っ と も 賢 明 で あ る よ う に 思 わ れ る 。 写 楽 絵 と の め ぐ り 合 い 自 分 の 無 知 を 知 る と い う の が 古 代 ギ リ シ ャ の 最 大 の 哲 学 者 と い わ れ る ソ ク ラ テ ス の 知 恵 で あ っ て 、 理 性 で も っ て 知 り う る こ と と 、 知 り え な い こ と を は っ き り 分 か っ て 理 性 で も っ て 知 り う る こ と の み を 論 じ る の が 、 近 代 ヨ ー ロ ッ パ の 最 大 の 哲 学 者 と い わ れ る デ カ ル ト の 知 恵 で あ っ た 。 こ の 問 題 に た い し て も こ の よ う な 二 人 の 哲 学 者 の 態 度 に 従 っ て 、 エ ボ ケ ー ( 判 断 中 へ 止 ) を す る こ と が 、 も っ と も 理 性 的 な こ と で あ る よ う に 田 5 わ れ る 。 私 は 昭 和 四 十 年 頃 か ら ず っ と 日 本 の 古 代 研 究 を 主 な 仕 事 と し て き た が 、 邪 馬 台 国 に つ い て こ れ は 、 日 本 古 代 に つ い て 多 く の 本 を 書 い て き た 人 間 と し て 、 一 ほ と ん ど . 何 も っ て い な い 異 例 な こ と で あ ろ う 。 お そ ら く 多 く の 古 代 史 家 を 初 め と し て 、 い や し く も 古 代 研 究 者 と 自 ら 名 乗 り な が ら 、 何 ら か の 形 で 邪 馬 台 国 に つ い て 論 じ な い 人 間 は 、 ほ と ん ど あ る ま い 。 も ち ろ ん 私 に も 、 再 三 再 四 、 邪 馬 台 国 に つ い て 書 い て く れ と い う 要 求 が 、 多 く の 出 版 社 か ら あ っ た が 、 私 は 、 そ れ を い つ も 拒 否 し た 。 『 魏 志 倭 人 伝 』 は 比 較 文 化 論 と し て 大 変 興 味 深 い が 、 そ れ で も っ て 邪 馬 台 国 は ど こ に あ る か き ん き を 論 じ る の は 、 大 変 む つ か し い こ と の よ う に 思 わ れ る 。 九 州 地 方 に あ る と か 、 近 畿 地 方 に あ い う こ と か 可 能 で あ る と し て も 、 そ こ が 今 の 日 本 の ど こ で あ る か と い う こ る と い 、 つ 一 」 と は 、 : ろ

写楽 仮名の悲劇


上 、 他 の 作 家 と 画 風 を 比 較 検 討 す る こ と は ま っ た く 無 意 味 で あ る か ら だ 。 だ が 、 こ の 問 題 の 直 接 の 当 事 者 で な い 私 か ら 見 る と 、 写 楽 の 正 体 を 探 る の に 前 記 三 つ の 方 法 を 過 不 足 な く 駆 使 し て い る 論 者 は 、 あ ま り 多 く な い よ う に 見 受 け ら れ る 。 逆 に 言 え ば 、 こ の 三 つ を 駆 使 し 、 ど の 方 面 か ら も 納 得 の い く 解 答 を 得 る こ と が で き れ ば 、 そ れ は 最 も 写 楽 の 正 体 に 肉 薄 し た 説 だ と い う こ と が で き よ う 。 う め は ら た け し と よ く に せ つ こ の 梅 原 猛 氏 の 「 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 」 は 、 そ う い う 意 味 で 近 年 の 最 も 豊 か な 収 穫 の 一 つ で あ る 。 こ れ が 推 理 小 説 な ら 、 写 楽 は 豊 国 で あ る と 、 解 説 に 書 い た り は し な い 。 そ れ は 「 犯 人 」 の 名 を 明 か し て し ま う と い う 基 本 的 な エ チ ケ ッ ト に 反 す る か ら だ 。 ( 最 近 は 解 説 の 方 か ら 先 に 悲 の 読 む 読 者 が 多 く 、 こ ん な こ と に も 注 意 を 払 う 必 要 が 出 て き た ) 名 し か し 、 今 回 の 場 合 は 問 題 で は な い 。 写 楽 の 正 体 が 、 な ぜ 豊 国 と 一 言 え る か 。 そ の 論 証 の 部 楽 分 に 面 白 さ の 中 心 が あ る か ら で あ る 。 写 楽 は な ぜ 豊 国 な の か 、 な ぜ そ れ が 「 悲 劇 」 な の か 。 そ れ は 本 文 を 読 む こ と に よ っ て 、 読 者 は 充 分 に 理 解 し て 頂 け る と 思 う 。 著 者 の 梅 原 猛 氏 は 、 哲 学 者 で あ り な が ら 、 こ こ 数 年 日 本 文 化 史 を 書 き 換 え る 論 考 を 次 々 と え ん 発 表 し 、 「 梅 原 日 本 学 」 の 創 始 者 と も 言 わ れ て い る 。 ま た 最 近 は 創 作 に も 手 を 染 め 、 市 川 猿 の す け 之 助 演 ず る と こ ろ の ス ー ー カ プ キ 「 ヤ マ ト タ ケ ル 」 や 「 オ グ リ 」 の 作 者 と し て も 名 高 い 。 し か し 、 こ れ ま で 梅 原 氏 の 興 味 は ど ち ら か と い う と 、 古 代 か ら 中 世 に 傾 い て い た よ う に 田 5 か き の も と の ひ と ま ろ わ れ る 。 ア イ ヌ 文 化 、 日 本 神 話 、 万 葉 集 、 柿 本 人 麻 呂 か ら 世 阿 弥 ま で 、 梅 原 日 本 学 は 日 本 468 お も し ろ ぜ あ み

写楽 仮名の悲劇


山 東 京 伝 は こ の よ う な 黄 表 紙 文 学 の 大 成 者 で あ っ た 。 寛 政 三 年 を 契 機 に 彼 の 作 品 は か わ り 、 そ れ 以 前 に あ っ た 諷 刺 的 な 話 は た い へ ん 心 学 的 に な る が 、 そ れ は そ れ で 十 分 面 白 い の で あ る 。 心 に 善 玉 と 悪 玉 と が あ っ て 、 そ れ が 人 間 に 乗 り 移 っ て 、 善 や 悪 を 行 わ せ る と い う 話 や 、 心 の 吹 矢 を 吹 い て 様 々 な 人 間 の 現 象 を あ ら わ れ さ せ る と い う 話 な ど 、 日 本 文 学 の 長 い 歴 史 の 中 で 全 く 独 自 の 文 学 と い わ ね ば な ら な い 才 こ の よ う な 文 学 が 、 今 ま で あ ま り 評 価 さ れ て い な か っ た の は 、 日 本 の 学 問 が 専 門 化 さ れ す 天 人 ぎ た か ら で あ る 。 黄 表 紙 は 文 学 と 同 時 に 絵 画 な の で あ る 。 そ こ に お い て 絵 画 は 、 現 代 小 説 に る お け る 挿 絵 の よ う な 従 属 的 な 役 割 を 果 た す の で は な い 。 そ れ は 文 章 と 絵 画 と 相 伴 っ て ひ と っ め の 情 緒 を 醸 し 出 す の で あ る 。 作 者 は わ ざ と 文 章 を 止 め て 、 そ の 詳 細 な 説 明 を 絵 画 に 委 せ て い 屋 る 部 分 も あ る 。 文 章 と 絵 画 は 必 ず し も 一 致 せ ず 、 多 少 喰 い 違 う と こ ろ が あ る が 、 そ の 喰 い 違 元 う と こ ろ が 、 ま た 何 と も い え ず 面 白 い の で あ る 。 こ の 黄 表 紙 の 伝 統 は ど こ か で 絵 巻 物 の 伝 統 を 引 い て い る 。 絵 巻 物 も 、 絵 と 文 章 両 方 か ら 味 わ わ ね ば な ら な い 。 し か し 絵 巻 物 の 研 究 で 問 題 と な る の は 、 あ く ま で 絵 画 で あ り 、 そ の 文 章 が ま と も に 取 り 上 げ ら れ た こ と は 少 な い 。 た と え ば 北 野 天 満 宮 に 秘 蔵 さ れ て い た 「 北 野 天 神 縁 起 絵 巻 』 の 文 章 は 、 『 愚 管 抄 』 の 著 者 、 慈 円 自 ら の も の で あ る と 、 源 豊 宗 氏 は 主 張 し て い る 。 と す れ ば 、 こ の 『 北 野 天 神 縁 起 絵 巻 』 の 絵 と 文 章 は 、 『 愚 管 抄 』 の 思 想 と の 関 連 に お い て 研 究 さ れ ね ば な ら な い か 、 い ま だ か っ て こ の 絵 巻 物 に 書 か れ た 文 章 の 思 想 を 『 愚 管 抄 』 の 思 想 と 関 係 さ せ て 考 え た 研 究 は な い 。 同 じ よ う な こ と が 黄 表 紙 に つ い て も い え る 。 黄 表 紙 の 125

写楽 仮名の悲劇


幻 と を 断 定 す る の は む つ か し い 。 少 な く と も 今 の 私 に は 不 可 能 で あ る 。 し か し 邪 馬 台 国 に つ い て 論 じ る 以 上 は 、 や は り そ れ が ど こ に あ る か を 正 確 に 認 定 す る 必 要 が あ ろ う が 、 そ れ を す る ム 肥 ・ 刀 は 私 に は よ い 。 な そ と お も し ろ 私 が 古 代 に つ い て 書 い た 書 物 は 、 し ば し ば 推 理 小 説 に 比 せ ら れ 、 謎 解 き の 面 白 さ は 小 説 以 上 だ と い わ れ た 。 そ れ は 、 学 者 に と っ て 名 誉 な こ と か 、 不 名 誉 な こ と か は 一 概 に い え な い が 、 と に か く そ う い う 評 判 の あ る 私 が 邪 馬 台 国 に つ い て 書 い た と し た ら 、 ど ん な に 鮮 や か に こ の 積 年 の 謎 を 解 く か 、 読 者 は そ れ を 期 待 す る で あ ろ う が 、 そ の 期 待 を と て も 満 た す こ と は で き 非 2 の そ う 思 っ て 、 私 は 邪 馬 台 国 に つ い て 何 ら か の 新 し い 認 識 が 私 を 訪 れ る 時 ま で 何 も 語 ら な い 仮 こ と に し た の で あ る 。 こ れ は や は り 私 の 認 識 者 と し て の 良 心 で あ る と 思 う 。 そ う い う 私 か ど 楽 う し て 邪 馬 台 国 以 上 に 困 難 な 、 そ し て 専 門 で も な い 近 代 の 、 し か も 到 底 解 決 不 可 能 で あ る と 思 わ れ る 写 楽 に つ い て 、 今 一 冊 の 本 を 書 こ う と す る の か 、 そ れ に つ い て 少 し 弁 明 す る 必 要 が あ ろ 、 つ 。 私 は 今 ま で の 自 己 の 人 生 を 哲 学 者 と し て 規 定 し て き た 。 哲 学 と い う の は 、 ギ リ シ ャ 語 で フ あ い ち イ ロ ソ フ ィ ア 、 愛 智 を 意 味 す る 。 そ れ ゆ え 私 は た だ 西 洋 の 哲 学 の 研 究 を す る こ と に 満 足 せ ず 、 何 か 根 源 的 に 私 の 好 奇 心 を そ そ る こ と が あ れ ば そ こ に お も む き 、 な り ふ り か ま わ ず そ れ を 知 か き の も と の ひ と ま ろ ろ う と し た 。 そ う い う 態 度 で 私 は 日 本 研 究 に お も む き 多 く の 本 を 書 い た 。 法 隆 寺 や 柿 本 人 麿 な ど は 、 あ る 日 、 そ の 謎 が 私 の 認 識 を 刺 戟 し 、 私 は あ た か も 何 も の か に そ そ の か さ れ る よ う に 、

写楽 仮名の悲劇


え の も と ゆ う さ い 役 割 を し て い た 。 馬 琴 を 通 じ て 豊 国 が 蔦 屋 と 親 し く な っ た こ と も 十 分 考 え ら れ る 。 榎 本 雄 斎 氏 は 、 寛 政 , ハ 年 以 前 に 豊 国 は 蔦 屋 か ら 八 点 の 錦 絵 を 出 し た と い う が 、 年 代 考 証 に 若 干 問 題 が あ る に し て も 寛 政 , ハ 年 以 前 、 豊 国 が 蔦 屋 と 何 ら か の 関 係 を も っ た こ と は ま ち が い か な い 。 寛 政 六 年 当 時 の 蔦 屋 と 豊 国 の 関 係 は 、 新 し い ヒ ッ ト を 待 望 す る 一 流 版 元 と 、 従 来 専 属 で あ っ た 二 流 版 元 か ら 自 由 に な ろ う と す る 野 心 満 々 た る 芸 術 家 と の 関 係 で あ り 、 魚 心 に 水 心 と い う も の で あ ろ う 。 理 も し も 、 こ の よ う に し て 版 元 ・ 蔦 屋 と 、 新 進 浮 世 絵 師 ・ 豊 国 の 間 に 新 し い 浮 世 絵 の 出 版 の れ 計 画 か 進 め ら れ て い た と し て も 、 そ れ は 泉 市 に 内 緒 に 進 め ら れ た に 違 い な い 。 そ の 計 画 を 蔦 屋 な り 豊 国 な り が 泉 市 に 持 っ て い っ て も 、 泉 市 は 決 し て 受 け つ け な か っ た で あ ろ う 。 豊 国 に 旧 は 、 「 お 前 は わ し の 恩 を 忘 れ た か 。 ま っ た く 売 れ な い 浮 世 絵 師 で あ っ た お 前 が 、 こ れ ま で に に れ 楽 な れ た の は 一 体 誰 の お か げ だ 」 と 開 き な お る こ と が で き る 。 蔦 屋 に 対 し て も 、 「 あ な た も ひ し る ど い 人 で す ね 。 せ つ か く 私 が 苦 労 し て 育 て あ げ た 絵 師 を さ ら っ て い っ て 、 旨 い 汁 だ け お 吸 い 十 に な ろ う と さ れ る と は 、 蔦 屋 さ ん も 少 し ヤ キ が 回 っ た ん じ ゃ あ あ り ま せ ん か 」 と 、 高 飛 車 に ひ そ 出 る こ と が で き る 。 お そ ら く 事 前 に 許 可 を も ら う の は む ず か し い と 知 っ て 、 二 人 は 密 か に 出 版 の 計 画 を 進 め た の で は な い か 。 し か し 、 い っ か は ば れ る に せ よ 、 や は り 本 名 で は 困 る 、 仮 名 を つ か わ ね ば な ら な い 、 と い う こ と に な っ た と 、 私 は 田 5 う 。 も し も こ の 時 、 豊 国 か 蔦 屋 か ら 新 し い 形 式 の 大 量 の 浮 世 絵 を 出 版 し た と し た ら 、 本 名 で は な く 仮 名 が 使 わ れ た と 考 え ね ば な る ま い

写楽 仮名の悲劇


豊 国 の 画 論 が 写 楽 絵 の 秘 密 を 語 る 討 再 前 章 に お い て 一 つ の 問 題 が 残 っ た 。 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 は 、 同 一 舞 台 の 同 一 役 者 を 描 い た 二 人 の 役 者 似 顔 絵 の 類 似 や 、 そ の 方 法 の 特 徴 の 同 一 性 に よ っ て 十 分 成 立 可 能 で あ る と 思 わ れ る が 、 戸 そ 、 つ い 、 つ 仮 説 を と る こ と に よ っ て 、 い ま ま で ほ と ん ど 説 明 さ れ な か っ た 写 楽 に 関 す る さ ま ざ な ぞ A 」 ま な 謎 が 解 決 し う る か ど う か を 、 前 章 で 検 討 し た の で あ る 。 そ の 検 討 の 結 果 、 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 国 に は 、 そ れ を 成 立 不 可 能 に す る 決 定 的 に 不 利 な 事 実 は 全 く な く 、 ま た 少 な く と も 従 来 の 説 よ 一 り は 、 は る か に 写 楽 に 関 す る 謎 を 統 一 的 に 、 し か も 人 間 の 、 い 情 に よ り 自 然 な か た ち で 説 明 し 第 、 つ る こ と か わ か っ た 。 証 明 は 一 応 終 わ っ た よ う に 見 え る が 、 な お 言 及 す べ き 重 要 な 問 題 が あ る 。 豊 国 は 、 文 化 十 四 年 に 『 役 者 似 顔 早 稽 古 』 な る 本 を 書 い て い る 。 初 心 の 人 に 役 者 の 似 顔 絵 を 描 く コ ツ を 説 い た も の で あ る が 、 そ こ で お の ず か ら 、 彼 の 似 顔 絵 の 方 法 が 説 か れ て い る 。 豊 国 は 錦 絵 の ほ か に も 、 役 者 の 舞 台 あ る い は 日 常 の 姿 を 描 い た さ ま ざ ま な 本 を 著 し て い る が 、 そ の 多 く は 式 亭 さ し え う て い え ん ば 三 馬 や 烏 亭 焉 馬 と の 共 著 で あ り 、 彼 は た だ 挿 絵 の み を 描 い て い る の で あ る 。 と こ ろ が こ の 425 第 十 一 章 豊 国 と 江 戸 文 化 の 再 検 討