検索 - みる会図書館

検索対象: 問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?から 168件ヒットしました。

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?


に 現 れ る 、 口 頭 語 的 な 表 現 で 、 地 の 文 に は ま ず 使 わ れ る こ と が 使 う の は ど っ ち ? あ り ま せ ん 。 つ ま り 、 形 容 詞 + 「 で す 」 に は 、 昔 か ら 文 章 語 と し て は ど こ と な く 落 ち 着 か な い 感 じ が あ っ て 、 何 と な く 適 格 性 「 融 通 」 を 「 ゆ う づ う 」 と 書 く の が 本 則 、 「 ゆ う ず う 」 と 書 く の が 許 容 。 こ を 欠 く 表 現 だ と 意 識 さ れ て い た よ う で し た 。 国 語 審 議 会 で も 昭 れ ほ ん と ? 和 二 七 年 発 表 の 「 こ れ か ら の 敬 語 」 で 、 次 の よ う に 言 っ て い ま す 。 〈 こ れ ま で 久 し く 問 題 と な っ て い た 形 容 詞 の 結 び 方 ー ー ー た 「 現 代 仮 名 遣 い 」 で は 、 「 ゆ う す う 」 と え ば 「 大 き い で す ー 「 小 さ い で す 」 な ど は 、 平 明 ・ 簡 素 な 一 言 が 本 則 、 「 ゆ う づ う 」 が 許 容 。 「 融 通 」 い 方 と し て 認 め て よ い 。 〉 は 歴 史 的 仮 名 遣 い で は 「 ゆ う づ う 」 国 語 審 議 会 の 「 お 墨 つ き 」 を 得 た と は い え 、 こ の 、 形 容 詞 + だ が 、 現 代 語 の 意 識 で は 一 一 語 に 分 解 し に く い も の と し て 、 そ の よ う 「 で す 」 は 、 そ の 日 を 境 に し て 大 手 を 振 っ て 歩 き 始 め た わ け で に 決 め た 。 「 じ ん ず う り き ( 神 通 は あ り ま せ ん 。 口 頭 語 で は 問 題 が な い と し て も 、 文 章 語 と し て カ ) ・ 一 日 じ ゅ う ・ さ か す き ・ と き わ は 、 ど こ か 気 に な る 言 い 方 と し て 、 そ の 後 も 存 在 し 続 け て き ま ず 」 が 本 則 、 「 じ ん づ う り き ・ 一 日 ち し た 。 確 か に 、 日 常 語 で あ る 「 美 し い ー や 「 う れ し い ー に 「 で ゅ う ・ さ か づ き ・ と き わ づ 」 が 許 容 。 す 」 が つ い た 「 美 し い 〔 う れ し い 〕 で す ー は 、 平 明 ・ 簡 素 で 、 か っ 、 か な り 一 般 的 な 言 い 方 だ と 思 わ れ ま す が 、 ち ょ っ と 古 風 * 本 則 Ⅱ 「 現 代 仮 名 道 い 」 に お け る に 「 で す 」 が な 語 感 を も つ 「 か た じ け な い 」 や 「 つ つ が な い ー

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?


ま え が き 一 昨 年 、 現 代 の 日 本 語 に つ い て い ろ い ろ な 面 か ら 深 く 解 説 し た 『 明 鏡 国 語 辞 典 』 を 刊 行 し た 。 そ れ を 記 念 し て 、 全 国 の 高 等 学 校 の 国 語 科 の 先 生 方 に 「 気 に な る 日 本 語 」 を 指 摘 し て い た だ き 、 そ れ ら の 用 法 に つ い て 解 説 す る と い う 試 み を 行 っ た と こ ろ 、 大 変 な 好 評 を い た だ い た 。 そ こ で 今 回 、 よ り 具 体 的 な 情 報 な ど も 加 え て 書 き 改 め 、 一 冊 の 本 と し て 刊 行 す る こ と と し た 。 日 本 語 。 フ ー ム と い わ れ 、 日 本 語 に 関 す る 本 が 数 多 く 出 版 さ れ て い る が 、 本 書 は 、 単 に 「 使 っ て は い け な い 」 と う し て そ う い う 表 現 が 生 「 こ の 用 法 は 間 違 っ て い る 」 と 指 摘 す る だ け の 本 で は な し ま れ て く る の か 、 誤 用 で あ っ た と し て も 、 そ の 誤 用 が 生 ま れ て く る い わ ば 「 誤 用 の 論 理 」 は 何 な の か を 究 明 し て い る 。 表 題 と し た 「 問 題 な 」 も 味 な 使 い 方 だ と 思 う が 、 問 題 の あ る 表 現 で あ る 。 本 書 「 問 題 の 日 本 語 」 に つ い て 疑 問 を 持 ち 考 え る と き の 一 助 に な れ ば 幸 い で あ る 。 二 〇 〇 四 年 十 二 月 『 明 鏡 国 語 辞 典 』 編 者 北 原 保 雄

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?


お 連 絡 / ご 連 絡 冖 質 問 〕 メ ー ル の タ イ ト ル の 欄 に 「 お 連 絡 」 と あ る メ ー ル が 来 ま し た が 「 ご 連 絡 . か 正 し い の で は な い で し よ う か か な り し つ か り し 〔 答 え 〕 「 お 」 と 「 ご 」 の 使 い 分 け に は 、 た 決 ま り が あ り ま す 。 漢 語 ( 昔 、 中 国 か ら 伝 来 し て 日 本 語 と な り 、 字 音 で 読 む 語 。 ま た 、 日 本 で 作 ら れ た 語 の う ち 、 字 音 で 読 む 語 ) に は 「 ご ー を 冠 し 、 和 語 ( 漢 語 が 渡 来 す る 前 か ら 日 本 に あ っ た 日 本 固 有 の 語 。 や ま と こ と ば 。 字 訓 で 読 む 語 ) に は 「 お 」 を 冠 す る と い う ル 1 ル で す 。 た だ 、 か な り し つ か り は し て い ま す が 、 ず い ぶ ん ゆ れ の あ る こ と も 事 実 で す 。 『 明 鏡 国 語 辞 典 』 編 集 部 で ア ン ケ 1 ト を し た も の を 見 て み ま し よ う ( 表 を 参 照 ) 。 そ れ に よ り ま す と 、 「 記 入 」 「 安 心 」 「 家 族 ー 「 注 文 ー 「 立 派 」 ち ? 「 学 問 の 一 修 行 ・ 修 業 ) 」 で は 、 求 道 性 を 強 調 し た 「 修 行 」 が 本 来 的 な 書 き 方 で あ っ た が 、 近 年 学 問 に お け る 求 道 性 を 排 し た 「 修 業 ( し ゅ ぎ よ う ) 」 も 広 く 行 わ れ 、 今 「 学 問 の 修 行 」 と 書 く と 、 古 風 な 趣 が 出 る 。 「 修 業 ( し ゅ う ぎ よ う ) 」 も よ く 使 わ れ 、 「 学 問 の ~ 修 業 ( し ゅ ぎ よ う ) ・ 修 業 ( し ゅ う ぎ よ う ) ) 」 で は 、 前 者 は 努 力 に 、 後 者 は 修 得 に 重 点 を お い た 言 い 方 と な っ て い る 。 ↓ 前 項 使 う の は ど っ ち ? 「 学 問 の 宀 修 行 ・ 修 業 ご で は 、 ど っ

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?


問 題 日 夲 語 「 明 鏡 国 語 辞 典 」 編 者 北 原 保 雄 編 【 い ? 大 修 館 書 店 と 物 」 か お め ? 何 か お か

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?


② と し て 挙 げ て い る 「 さ ま ざ ま な 可 能 性 を 秘 め た 若 い 国 。 の よ う な 使 い 方 が 一 方 に あ り ( こ の 場 合 当 然 プ ラ ス の 意 味 に 限 ら れ ま す ) 、 「 可 能 」 と い う 語 は 〈 で き る 〉 と い う 意 味 を 表 す の で す か ら 、 一 一 = ロ 語 感 覚 に す ぐ れ た 人 か ら 、 「 可 能 性 」 を マ イ ナ ス の 事 態 に 用 い る の は お か し い と い う 意 見 が 出 て く る の は 当 然 か も し れ ま せ ん 。 た だ し 、 も と も と 「 可 能 性 ー は 、 possibility の 訳 語 と し て 使 わ れ だ し 、 の ど の 場 合 を も 表 す も の で し た 。 学 術 用 語 が 日 常 語 と し て も 使 わ れ る よ う に な る こ と は 多 く あ り ま す が 、 こ の 語 の 場 合 、 「 可 能 」 〈 で き る 〉 と い う 語 と 「 可 能 性 」 と い う 語 と で 意 味 の ず れ が 生 じ て い る た め 、 現 代 で も し ば し ば そ の 使 い 方 が 問 題 に な る の だ と 思 わ れ ま す 。 ・ 「 台 風 が 上 陸 す る 可 能 性 が あ り ま す 」 の よ う に 、 「 可 能 性 」 を 否 定 的 な 事 態 、 好 ま し く な い 事 柄 に 対 し て も 使 う の は 、 間 違 い と は = = = え ま せ ん 。 ( 小 林 賢 次 )

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?


[ 編 者 紹 介 ] 北 原 保 雄 ( き た は ら や す お ) 1936 年 、 新 潟 県 柏 崎 市 生 ま れ 。 1966 年 、 東 京 教 育 大 学 大 学 院 修 了 。 文 学 博 士 。 筑 波 大 学 名 誉 教 授 ( 前 筑 波 大 学 長 ) 。 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 理 事 長 。 ■ 主 な 著 書 [ 文 法 関 係 ] 『 日 本 語 の 世 界 6 日 本 語 の 文 法 』 ( 中 央 公 論 社 ) 、 『 日 本 語 助 動 詞 の 研 究 』 ( 大 修 館 書 店 ) 、 『 文 法 的 に 考 え る 』 ( 大 修 館 書 店 ) 、 旧 本 語 文 法 の 焦 点 』 ( 教 育 出 版 ) 、 『 表 現 文 法 の 方 法 』 ( 大 修 館 書 店 ) 、 「 青 葉 は 青 し 、 か 』 ( 大 修 館 書 店 ) な ど 。 [ 古 典 関 係 ] 「 大 蔵 虎 明 本 狂 言 集 の 研 究 本 文 篇 』 全 3 巻 ( 共 著 、 表 現 社 ) 、 『 狂 言 記 の 研 究 』 全 4 巻 ( 共 著 、 勉 誠 社 ) 、 『 延 慶 本 平 家 物 語 本 文 篇 ・ 索 引 篇 』 ( 共 著 、 勉 誠 社 ) 、 『 舞 の 本 』 ( 共 著 、 岩 波 書 店 ) な ど 。 ■ 主 な 辞 典 『 古 語 大 辞 典 』 ( 共 編 、 小 学 館 ) 、 「 全 訳 古 語 例 解 辞 典 』 ( 小 学 館 ) 、 「 反 対 語 対 照 語 辞 典 』 ( 共 編 、 東 京 堂 出 版 ) 、 『 日 本 語 逆 引 き 辞 典 』 ( 大 修 館 書 店 ) 、 旧 本 国 語 大 辞 典 第 2 版 』 全 問 題 な 日 本 言 吾 ー ー ー ど こ が お か し い ? 何 が お か し い ? も ん だ い に ほ ん ご 1 3 巻 ( 共 編 、 小 学 館 ) 、 『 明 鏡 国 語 辞 典 』 ( 大 修 館 書 店 ) な ど 。 @Kitahara Yasuo 2004 北 原 保 雄 き た は ら や す お 第 9 刷 ー ー 2005 年 2 月 10 日 初 版 第 1 刷 ー ー 2004 年 12 月 10 日 編 者 発 行 者 一 一 一 一 鈴 木 一 行 NDC810 168P 195 発 行 所 株 式 会 社 大 修 館 書 店 〒 1 01 ー 8466 東 京 都 千 代 田 区 神 田 錦 町 3 ー 24 [ 出 版 情 報 ] http: 〃 www.taishukan.co.jp 振 替 00190 ー 7 ー 40504 電 話 03 ー 3295 ー 6231 ( 販 売 部 ) 03 ー 3294 ー 2352 ( 編 集 部 ) 装 丁 ・ 本 文 テ サ イ ン 一 一 一 井 之 上 聖 子 印 刷 ・ 製 本 一 一 文 唱 堂 印 刷 株 式 会 社 ISBN4-469-22168-6 Printed in J 叩 an れ て い ま す 。 図 本 書 の 全 部 ま た は 一 部 を 無 断 で 複 写 複 製 ( コ ピ ー ) す る こ と は 、 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 禁 じ ら

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?


真 っ 茶 冖 質 問 〕 「 水 が 真 っ 茶 色 に な っ た 」 と 言 う 人 が い ま す が 、 「 真 っ 茶 」 と い う 語 は 国 語 辞 典 に は 載 っ て い ま せ ん 。 誤 用 な の で し よ 、 つ カ 冖 答 え 〕 「 真 っ ー と い う 接 頭 語 ( 他 の 語 の 上 に 付 い て 、 意 味 を 添 え た り 調 子 を 整 え た り す る も の ) が ど の よ う な 語 に 付 く の か と い う 問 題 で す ね 。 た し か に 、 「 真 っ 茶 」 「 真 っ 茶 色 」 と い う の は 、 あ ま り 一 般 的 で は あ り ま せ ん が 、 特 に 誤 用 と い う こ と で は な く 、 接 頭 語 「 真 っ ー の 用 法 が 拡 大 し 、 そ う し た 言 い 方 も 表 れ て い る の だ と い う こ と に な る で し よ う 。 色 彩 語 に 「 真 ー の 類 が 付 く 場 合 、 ま ず 基 本 的 な も の と し て 「 真 っ 白 ー 「 真 っ 黒 」 と 「 真 っ 赤 ー 「 真 っ 青 ー が 挙 げ ら れ ま す が 、 ち ? ネ ッ ト で 検 索 す る と 、 「 欠 け が え の な い 存 在 」 な ど と い う 表 現 に 出 会 う 。 も ち ろ ん 、 「 掛 け 替 え 」 の 誤 り だ が 、 「 掛 け 替 え ( Ⅱ 代 わ り と し て 備 え て お く も の ) 」 の 意 が 、 欠 け 損 じ た も の の 代 わ り に 用 意 し て お く も の の 意 に 誤 解 さ れ て 、 生 じ た も の で あ ろ う 。 あ る い は 、 「 欠 け て は な ら な い 存 在 」 と い う 連 想 も あ る か も し れ な い 。 な お 、 表 記 と し て は 「 か け が え 」 が 最 も 多 く 、 あ と 「 掛 け 替 え ↓ 掛 け が え 」 と 続 く 。 8 使 う の は ど っ ち ? 「 掛 け が え 」 「 欠 け が え 」 、 ど っ

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?


台 風 が 上 陸 す る 可 能 性 が あ り ま す 〔 質 問 〕 ニ ュ ー ス で 「 台 風 が 上 陸 す る 可 能 性 が あ り ま す 」 と よ く 言 っ て い ま す か 、 こ れ は 「 ・ : お そ れ が あ り ま す 」 と 言 う べ き で は な い て し よ う か 冖 答 え 〕 た し か に 、 こ の 場 合 、 「 台 風 が 上 陸 す る お そ れ が あ り ま す 」 と 言 い 換 え る こ と が で き 、 そ の 方 が 自 然 か と 思 い ま す が 、 な か な か む ず か し い 問 題 で す 。 こ れ が 、 「 台 風 が 上 陸 す る 可 能 性 が 高 ま っ た 」 の よ う に 、 そ の 程 度 性 を 問 題 と す る よ う に な る と 、 「 お そ れ が 高 ま っ た 」 は や や 不 適 当 に な る で し よ う 。 ほ か に 、 「 見 込 み 」 「 公 算 ー な ど が あ り 、 「 実 現 性 」 あ る い は が い ぜ ん せ い 「 蓋 然 性 」 な ど を 使 い 分 け る こ と も 考 え ら れ ま す が 、 「 可 能 性 」 と い う の は こ う し た 類 義 語 の 中 で 、 最 も 使 い 方 の 広 い 語 だ か ら 「 べ き 」 は 、 文 語 助 動 詞 「 べ し 」 の 連 体 形 。 サ 変 や 五 段 動 詞 の 場 合 は そ の 終 止 形 に 付 く 。 「 愛 す べ き 」 の 「 愛 す 」 は 、 ロ 語 五 段 の 「 愛 す 」 の 終 止 形 と 見 る よ り も 、 文 語 サ 変 「 愛 す 」 の 終 止 形 と 見 る べ き 。 「 い か に 信 ず べ き か 」 ( 「 信 ず 」 も 文 語 サ 変 ) と 同 じ よ う に 、 文 語 的 な 表 現 。 ネ ッ ト 検 索 で は 、 「 愛 す る べ き 」 も 少 数 現 れ る が 、 編 集 部 の 検 索 資 料 で は 、 「 愛 す 〕 愛 す る Ⅱ 。 ロ 」 で あ っ た 。 「 愛 す る べ き 」 は ま だ 限 り な く 誤 用 8 使 う の は ど っ ち ? 【 0 「 い か に 宀 愛 す ・ 愛 す る 〉 べ き か 」 、 ど っ ち ?

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?


″ 問 題 な 日 本 語 〃 を 募 集 し て い ま す 。 現 代 の 日 本 語 を 考 え る サ イ ト 「 明 鏡 日 本 語 な ん で も 質 問 箱 」 へ 日 ご ろ 気 に な っ て い る 言 葉 を ぜ ひ お 寄 せ く だ さ い 。 http ://www.taishukan.8.jp 、 meikyo 、

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?


お 連 れ 様 が お 待 ち に な っ て お り ま す 冖 質 問 〕 「 お 連 れ 様 が お 待 ち に な っ て お り ま す 」 の よ う に 、 「 お り ま す 」 を 尊 敬 表 現 で 使 っ て よ い の で し よ う か 〔 質 問 〕 「 公 園 に は 桜 が 咲 い て い ま す 」 と 言 う と こ ろ を 「 咲 い て お り ま す 」 と 言 っ て も よ い の で し よ う か 冖 答 え 〕 「 お 連 れ 様 ー も 「 お 待 ち に な る 」 も 聞 き 手 の 連 れ の 人 に 対 す る 尊 敬 語 で す が 、 「 : ・ て お り ま す ー は 、 尊 敬 語 で は な い の で 、 こ の 表 現 は や や 不 適 当 で す 。 「 お 連 れ 様 が お 待 ち に な っ て お ら れ ま す ー と す べ き で し よ う 。 現 在 「 お る 」 は 、 「 こ こ に は だ れ も お ら ん の か 」 「 何 を し て お る 」 の よ う に 単 独 で 使 う と 、 古 風 で 西 日 本 方 言 的 な 言 い 方 と な 使 う の は ど っ ち ? 「 田 中 記 者 は 被 害 者 宀 を ・ に ) 取 材 し た 」 、 ど う 違 う ? 「 5 一 を ・ に ) 取 材 す る 」 で は 、 5 ヲ に は 〈 記 事 に し た い と 思 う 対 象 物 〉 が 、 5 ニ に は 〈 情 報 の 発 信 源 〉 が く る 。 「 受 章 者 冖 選 挙 戦 〕 を 取 材 す る 」 と い え ば 、 そ れ を 内 容 と す る 記 事 が 、 「 受 章 者 〔 選 挙 戦 〕 に 取 材 す る 」 と い え ば 、 そ こ か ら 得 た 肩 報 の 記 事 が 書 き た い の で あ る 。 「 選 挙 戦 を 幹 事 長 に 取 材 す る 」 と す れ ば 、 対 象 と 情 報 源 の 関 係 が よ り は っ き り 見 え て く る 。