検索 - みる会図書館

検索対象: 思想 2016年第9号(第1109号)

思想 2016年第9号(第1109号)から 162件ヒットしました。

思想 2016年第9号(第1109号)


括 的 な 報 告 を 行 っ た り す る た め で は あ り ま せ ん 。 さ ら に 言 え 中 か ら 三 点 を 取 り 上 げ ま し た が 、 当 然 な が ら そ れ ら は そ の 他 ば 「 事 態 を 取 り 戻 す 」 こ と 、 そ し て ま た 正 統 派 の 様 相 を 改 め の 多 く の 問 題 と 絡 み 合 っ て い ま す 。 三 つ の 問 題 と は 以 下 の と て 描 き 出 す こ と が 目 的 な の で も あ り ま せ ん 。 そ う で は な く 現 お り で す 。 状 を 確 認 す る た め で あ り 、 本 セ ン タ ー の 発 端 と な っ た 諸 問 題 、 一 、 哲 学 的 な も の の 問 も そ し て 今 な お 発 端 で あ り 続 け て い る 諸 問 題 に つ い て 我 々 が ど 、 お よ び 哲 学 と 政 治 の 関 係 の 問 題 こ ま で 進 ん で き た の か を 確 認 す る た め な の で す 。 こ の こ と は 一 一 、 全 体 主 義 の 問 題 勿 論 、 我 々 自 身 の 問 「 開 会 〔 Ouverture 〕 ( 2 ) 」 冒 頭 の 問 三 、 我 々 が 退 引 と 呼 ん だ も の の 問 題 を 指 し て い る わ け で す が 、 た だ し 条 件 と し て 、 い 力 に し て 今 度 は こ れ ら の 問 い 自 体 が 問 い に 付 さ れ た の か を 考 え 合 い ず れ も 途 方 も な い 問 題 で す 。 と は い え 現 段 階 で も こ の 問 わ せ て み る こ と が 必 要 で す し 、 ま た そ の 間 に こ れ ら の 間 い か 題 に つ い て 本 質 的 な 特 徴 を 指 摘 し て お く こ と は で き る は ず で ら 新 た に 持 ち 上 が っ て き た 問 い も そ こ に 加 え る 必 要 が あ る で す 。 し よ う 。 こ こ に あ る の は 正 統 派 の 立 場 な ど で は な く 、 あ る 問 哲 学 的 な も の の 問 い 題 系 で す 。 た と え そ れ が 形 作 ら れ つ つ あ る 問 題 系 、 お の れ 自 身 を 模 索 し て い る 問 題 系 だ と し て も で す 。 手 短 か で は あ り ま そ れ で は 第 一 の 点 、 哲 学 的 な も の の 問 題 お よ び 哲 学 と 政 治 す が 、 今 日 我 々 は こ の よ う な 問 題 系 に 立 ち 戻 っ て み た い と 考 の 関 係 の 問 題 で す 。 最 初 に 、 も つ ば ら セ ン タ ー の 名 称 を 説 明 え て い ま す 。 す る た め に 「 哲 学 的 な も の と 政 治 的 な も の の 本 質 的 な 相 互 ー と い う わ け で 単 純 に 言 え ば こ う で す 。 こ の 問 題 系 の 構 築 に 帰 属 」 を 強 調 し た 際 ( 思 い 違 い で な け れ ば 、 こ れ は そ も そ も ジ ャ ッ ク ・ デ リ ダ が 述 べ て い た こ と で す ( 3 ) ) 、 我 々 は 何 を 念 頭 に 置 い お い て ( こ の 問 題 系 の 空 間 の 構 築 、 と 言 っ た 方 が 良 い か も し れ ま せ ん 。 む し ろ そ れ こ そ が こ の よ う な セ ン タ ー の 理 念 な の で す か ら ) 、 て い た の で し よ う か 。 我 々 は ど こ ま で 進 ん で き た の か 。 論 争 の 的 に な っ て い る 問 題 当 時 述 べ た こ と で す が 、 以 下 の 点 に だ け も う 一 度 注 意 を 喚 と は ど の よ う な も の な の か 。 言 い 換 え れ ば 、 問 い を 立 て る こ 起 し て お き た い と 思 い ま す 。 と に 関 し て 我 々 が 見 解 の 一 致 を み て い る 問 題 と は い か な る も の な の だ ろ う か こ の よ う な 哲 学 的 な も の と 政 治 的 な も の の 相 互 的 な 係 わ り 手 つ 取 り 早 く 、 論 旨 を す っ き り さ せ る た め に 我 々 は 問 題 の 合 い ( 政 治 的 な も の が 哲 学 的 な も の に 対 し て 外 的 だ っ た り 先 行 し

思想 2016年第9号(第1109号)


筆 す べ き こ と で す 。 こ の こ と は 我 々 自 身 が そ の 間 い を 強 調 し 係 に 従 っ て 生 じ る の で し よ う か 。 そ し て ま た こ の 関 係 は て い た と い う こ と と は ま た 別 の 話 で す ( 関 係 の 問 い は 例 え ば 、 一 一 = ロ 語 活 動 、 芸 術 、 死 、 エ ロ テ ィ シ ズ ム へ の 関 係 に お い て リ オ タ ー ル が ル フ ォ ー ル の 内 に 看 取 し た 「 我 々 と い う 前 提 」 に 関 し 政 治 的 な も の に 関 し て 何 を 明 ら か に す る こ と が で き る の で し て 、 あ る い は ラ ン シ ェ ー ル に と っ て は 〔 労 働 者 〕 階 級 に つ い て 一 般 的 よ う か 。 も う 一 度 言 い ま す が 、 こ こ で 我 々 は 一 群 の 問 い を 指 に 言 え る 唯 一 の 賓 辞 。 ー ー 「 あ る 他 者 の 場 所 に 〔 そ の 代 わ り に 〕 い る こ し 示 し て い る に す ぎ ま せ ん 。 例 え ば 同 一 性 の 社 会 的 構 成 と し あ る の 内 に 、 あ る い は さ ら に ス ー レ ー ズ が 改 め て 取 り 上 げ た て の ( か っ 社 会 的 「 同 一 性 」 の 構 成 と し て の ) 同 一 化 の 問 い 、 「 母 」 の 問 題 の 内 に 介 入 し て き ま す ) 。 一 般 的 に 言 え ば 、 こ の 間 さ ら に い は 「 根 源 的 」 な い し 原 ー 根 源 的 な 社 会 性 の 問 い い は 一 つ の 主 題 の よ う に ー ー 実 を 言 え ば 、 今 な お ほ と ん ど 主 は 原 ー 社 会 性 の 問 い で す 。 こ の 原 ー 社 会 性 に お い て 、 あ る い 題 化 さ れ て い な い 主 題 で す 、 仮 に 完 全 に 主 題 化 さ れ る こ と が は そ れ に 従 っ て 政 治 的 な も の の 退 引 が 丸 ご と 争 点 と な る の で あ り う る と し て 、 の 話 で す が ー ー ー 執 拗 に 現 れ て く る の だ と 述 す ( こ の 問 い は ベ ル ク ソ ン か ら フ ロ イ ト 、 フ ッ サ ー ル 、 ヾ ノ タ イ ユ 、 べ る こ と が で き ま す 。 そ の 主 題 と は 緩 み / 脱 結 合 〔 ミ 一 s 〕 お そ ら く は そ の 他 幾 人 か を 経 由 し て ハ イ デ ガ ー と レ ヴ ィ ナ ス へ と 至 な い し 解 離 〔 ミ s き c ~ ミ と い う 主 題 で あ り 、 そ れ ゆ え 我 々 が る 、 い わ ば 現 代 の 思 考 全 体 に と っ て の 激 し い 強 迫 観 念 で あ り 躓 き の 名 付 け た も う 一 つ の 問 題 を 参 照 す る よ う 促 す 主 題 で す 。 す な 場 所 で あ り 続 け て い る こ と に 注 意 を 喚 起 し て お か な く て は な り ま せ わ ち 、 ん ) 。 そ れ ゆ え に い わ ゆ る 母 の 問 い は 我 々 に と っ て ま ず は 母 四 、 母 の 問 題 。 リ オ タ ー ル に と っ て も ス ー レ ー ズ に と っ て 的 な 退 引 の 問 い 退 引 と し て の 母 の 問 い 母 の 退 引 の 問 い も 、 こ れ は 「 危 険 を 孕 ん だ 」 名 称 で す 。 で す が 少 な く と も 今 な の で す 。 の と こ ろ は こ の 名 称 を 用 い て お き ま し よ う 。 そ し て ま ず は 何 五 、 最 後 に 、 こ う し た 特 徴 が い ず れ も 政 治 的 な も の の 特 殊 よ り も あ る 問 い の 指 標 と し て 用 い て お き ま す 。 我 々 は こ の 問 性 を 参 照 す る よ う 促 す も の だ と し て も ー ー 〔 ド ゥ ニ ・ 〕 カ ン ブ い を フ ロ イ ト か ら 受 け 取 り 、 そ し て ま た 実 際 に フ ロ イ ト 自 身 シ ュ ネ ル と の 議 論 を 継 続 し て み る な ら ー ー 我 々 が 参 照 し て い の 言 葉 遣 い で そ れ を 論 じ て い ま す 。 こ れ は 同 一 化 の 問 題 で あ る の は 経 験 的 な も の の 特 殊 性 で は 決 し て あ り ま せ ん 。 た し か っ て 、 こ の 問 題 は ま た ミ メ ー シ ス の 問 題 系 全 般 に 関 係 さ せ る に 政 治 的 な も の は 経 験 的 な も の を 通 し て 自 ら に 注 意 を 引 き っ こ と が で き ま す し 、 か っ そ う し な け れ ば な り ま せ ん 。 す な わ け る こ と も あ る か も し れ ま せ ん が 、 し か し 我 々 が 参 照 し て い ち 、 フ ロ イ ト に よ る と 「 他 人 に 対 す る 最 初 の 態 度 決 定 〔 き l- る の は 以 下 の よ う な 「 事 実 」 、 「 哲 学 的 事 実 」 ( 哲 学 的 ー 政 治 的 フ ァ ク ト ウ ム ・ ラ テ ィ オ ニ ス き ミ 〕 」 〔 リ で あ る 同 一 化 は 、 い か に し て 、 ど の よ う な 関 理 性 の 一 種 の 理 性 の 事 実 ) な の で す 。 す な わ ち 、 少 な く と も ア ル シ

思想 2016年第9号(第1109号)


ジ ャ コ ブ ・ ロ ゴ ザ ン ス キ 「 二 重 廻 し で 厳 重 に ( マ ル ク ス の 最 大 の 目 的 で あ る 。 論 集 な ら び に 論 考 の 題 名 に 掲 げ ら れ た ロ ジ ッ ク の 存 在 ー 論 理 へ の 序 論 ) 」 「 退 引 (retrait) 」 と い う 語 は 既 に 「 開 会 」 で も 、 い や さ ら に 一 九 八 二 年 一 月 一 八 日 そ れ 以 前 か ら 援 用 さ れ て い た も の で あ っ た が 、 こ こ で は 改 め ク ロ ー ド ・ ル フ ォ ー ル 「 民 主 主 義 と い う 問 題 」 て 政 治 的 文 脈 で ( 少 な く と も そ の 問 題 圏 が ) 規 定 さ れ て い る 。 一 九 八 一 一 年 一 一 月 一 五 日 訳 者 と し て は 、 か く し て 提 起 さ れ た 「 政 治 的 な も の 」 と そ の ジ ャ ッ ク ・ ラ ン シ ェ ー ル 「 労 働 者 の 表 象 あ る い は 見 つ 「 退 引 」 に 関 す る 問 題 が 、 今 日 な お 取 り 組 む べ き 問 題 で あ る か ら な い 階 級 」 と 考 え て お り 、 そ う し た 議 論 に 一 」 寄 与 す る こ と を 願 っ て や ま な 一 九 八 二 年 五 月 三 日 ド ゥ ニ ・ カ ン プ シ 、 ネ ル 「 政 治 哲 学 の 最 も 一 般 的 な 条 件 文 体 に つ い て 蛇 足 な が ら 付 け 加 え て お く と 、 訳 出 に あ た っ に つ い て 」 て は 「 セ ン タ ー 」 で の 発 表 を 元 に し た 論 考 で あ る こ と を 考 慮 一 九 八 二 年 六 月 七 日 し て 敬 体 を 採 用 し た 。 リ オ タ ー ル に 言 及 し た 箇 所 に も み ら れ フ ィ リ ッ プ ・ ス ー レ ー ズ 「 母 は 政 治 的 な も の の 本 質 の る と お り 「 書 き 起 こ し 」 で あ る 以 上 、 言 い 換 え れ ば 一 度 書 き オ フ サ イ ド 蚊 帳 の 外 か ? 」 一 一 = ロ 葉 に な っ て い る 以 上 、 そ こ に 口 頭 の 調 子 の 名 残 を 過 度 に 求 ラ ヾ レ ト と 一 九 八 二 年 六 月 二 一 日 め る の は 滑 稽 で は あ ろ う 。 し か し な が ら ラ ク ー フ ィ リ ッ プ ・ ラ ク ラ バ ル ト 、 ジ ャ ン リ ュ ッ ク ・ ナ ナ ン シ ー の 他 の 著 作 、 共 作 と 比 。 へ た 場 合 、 本 論 文 の 表 現 な ら ン シ ー 「 政 治 的 な も の の 「 退 引 」 」 び に 論 旨 は 明 快 に 思 わ れ る こ と も 事 実 で あ る 。 以 上 の 理 由 か ら 試 み に で は あ る が 、 訳 文 の 処 理 の 一 環 と し て 敬 体 を 用 い た こ の う ち ル フ ォ ー ル の 発 表 に つ い て は 既 に 日 本 語 訳 が 存 在 こ と を ご 了 承 さ れ た い 。 な お 、 「 三 つ の 問 題 」 の 見 出 し は 訳 す る こ と に 加 え ( 訳 注 〔 4 〕 を 参 照 ) 、 「 政 治 的 な も の に 関 す る 者 に よ る 挿 人 で あ る 。 哲 学 的 研 究 セ ン タ ー 」 に つ い て は 本 解 題 末 尾 に 挙 げ た 文 献 を 参 照 さ れ た い 。 ま た 訳 出 し た 論 文 で も 引 用 さ れ て い る 『 政 治 文 献 的 な も の を 賭 け 直 す 』 の 巻 頭 論 文 「 開 会 」 ( 一 九 八 〇 年 一 二 月 松 葉 祥 一 「 政 治 的 な も の 〔 か ら 〕 の 引 退 ー ー ナ ン シ ー + ラ ク 八 日 ) に も 日 本 語 訳 が あ る ( 注 ( 2 ) を 参 照 ) 。 い わ ば そ の 「 続 ラ バ ル ト と 「 政 治 的 な も の に つ い て の 哲 学 的 研 究 セ ン 編 」 を 、 「 セ ン タ ー 」 が 持 ち え た 哲 学 的 ・ 政 治 的 意 義 の 検 討 タ ー 」 」 、 『 哲 学 的 な も の と 政 治 的 な も の 開 か れ た 現 象 の た め の 「 歴 史 的 資 料 」 と し て 提 示 す る こ と が 、 本 稿 の 訳 出 学 の た め に 』 青 土 社 、 二 〇 一 〇 年 、 第 五 章 。

思想 2016年第9号(第1109号)


何 が 問 わ れ て い る の で し よ う か 。 我 々 に と っ て 。 ー ー 問 題 が 実 際 、 一 方 で 非 常 に 一 般 的 な 意 味 が あ り ま す ( 一 般 的 す ぎ る 、 こ こ で は か な り 共 有 さ れ た も の で あ る こ と は こ れ ま で に 見 て あ る い は 粗 す ぎ る と 思 わ れ る か も し れ ま せ ん が ) 。 こ れ は 「 開 始 」 き た と お り で す ハ イ デ ガ ー の 歩 み を 踏 襲 し つ つ 、 し か し で の 我 々 の 発 言 で は 「 全 体 主 義 現 象 」 の 名 の も と に 語 ら れ た な が ら 一 層 、 頑 と し て 政 治 的 な 明 晰 さ と 決 意 を も っ て 、 ハ ン も の で す 〔 2 〕 。 そ れ が 意 味 し て い た の は 政 治 的 な も の の 余 す ナ ・ ア レ ン ト が 全 体 主 義 ( 6 ) の 名 の も と に 初 め て 思 考 し 分 析 と こ ろ な き 実 現 、 す な わ ち 政 治 的 な も の の 全 面 的 君 臨 で あ る し た こ と が 問 題 な の で す 。 と 同 時 に ( ハ ン ナ ・ ア レ ン ト が 述 。 へ て い る よ う に 〔 3 〕 、 そ の 他 一 切 我 々 は 以 前 マ ル ク ス 主 義 に 関 す る サ ル ト ル の 表 現 を も じ っ の 準 拠 領 域 が 排 除 さ れ 、 「 す べ て は 政 治 的 で あ る 」 と い う 物 言 い が た こ と が あ り ま す が 〔 1 〕 、 今 回 は そ の 意 味 を 曲 げ る こ と な く 今 日 ほ と ん ど 至 る 所 で 支 配 的 と な っ て い ま す ) 、 こ の 君 臨 な い し 「 現 代 の 乗 り 越 え 不 可 能 な 地 平 」 と は 全 体 主 義 で あ る 、 と 言 支 配 の も と で の 哲 学 的 な も の の 実 現 で す 。 と り わ け 主 と し て う こ と も で き た の で す 。 い ず れ に せ よ 、 今 日 は そ う 一 言 う こ と 近 代 的 な 形 象 を 纏 っ た 哲 学 的 な も の の 実 現 な の で す が 、 そ の に し ま し よ 、 つ 。 形 象 は 〈 主 体 〉 を め ぐ る 諸 種 の 哲 学 が ( こ う 一 一 = 〕 う 必 要 が あ る な ら 、 し か し こ の よ う な 言 い 回 し が 暗 に 意 味 し て い る の は 何 な の ま さ に 形 而 上 学 が ) 描 い て き た も の で す 。 こ の よ う な 支 配 の も か 、 そ れ に つ い て 共 通 了 解 を 得 て お く こ と は な お 必 要 で す 。 と で 、 政 治 的 な も の は 目 立 た な い 〔 Ⅱ 現 れ な い を 、 e ミ 〕 も の と な り ( 「 そ ん な の は 自 明 の こ と だ 」 と い う 具 合 に 明 白 な も の と さ さ ら に は そ の 前 に 、 全 体 主 義 と い う 概 念 に こ こ で ど の よ う な 意 味 が 与 え ら れ て い る の か と い う 点 に つ い て も で す 。 そ こ で れ ) 、 こ の 目 立 た な さ は 全 能 の 力 に 見 合 っ た も の な の だ と 第 二 の 問 い に 移 り ま し よ う 。 我 々 は 考 え て き ま し た ー ー そ し て 今 で も そ う 考 え て い ま す 。 逆 も ま た 然 り で す 。 だ か ら こ そ 我 々 は 同 時 に 「 政 治 的 な も の 全 体 主 義 の 問 題 の 退 引 」 に つ い て 語 ら ね ば な ら な か っ た の で す ー ー ー こ の 点 に ま ず は ま だ 問 題 を 明 確 に す る た め の 説 明 で は あ り ま す つ い て は ま た す ぐ 後 で 戻 っ て き ま し よ う 。 が ー ー 実 際 に は 我 々 に と っ て 二 つ の 意 味 が こ の 概 念 の 中 で 重 全 体 主 義 現 象 を こ の 種 の 一 般 化 に 委 ね る と 、 経 験 的 に そ れ な り 合 っ て く る と い う こ と を 強 調 し て お き ま す 。 あ る 程 度 ま を 把 握 し 、 論 じ る こ と が ま っ た く で き な く な っ て し ま う の は で 読 み 込 め ば こ の 二 つ の 意 味 が 結 局 は 一 つ だ と い う こ と も あ 当 然 で あ る 。 そ の よ う な 非 難 の 声 が 聞 こ え て き そ う で す 。 し り う る で し よ う が 、 そ れ で も 両 者 を 区 別 す る こ と か ら 始 め る か し な が ら 、 こ う す る こ と で 我 々 の 世 界 の い く つ か の 「 事 方 が 有 益 で あ る こ と は 変 わ り ま せ ん 。 実 」 の 分 析 に 手 を つ け る こ と が で き る よ う に な り ま す 。 我 々

思想 2016年第9号(第1109号)


い く の で す 。 こ の 錯 綜 し た 警 察 は 至 る と こ ろ に い る 政 治 的 警 察 と い っ た も の で は あ り ま 性 」 の よ う な 何 か が 引 き 退 い て せ ん 。 だ か ら と い っ て 今 日 の 民 主 主 義 が 、 ト ク ヴ ィ ル が 描 き ( 経 済 ー 社 会 ー 技 術 ー 文 化 的 ) 集 合 体 が 何 に 対 応 し て い る の か 、 出 し た 民 主 主 義 と 同 じ で あ る と い う こ と に は な り ま せ ん 。 そ そ れ を ハ ン ナ ・ ア レ ン ト の 記 述 か ら 借 用 し た 三 つ の 特 徴 に よ し て も し ト ク ヴ ィ ル の 民 主 主 義 の 内 に 古 典 的 全 体 主 義 が 胚 胎 っ て 経 済 的 な 見 地 か ら 規 定 す る こ と が で き ま す 。 ア ニ マ ル ・ ラ ボ レ ン ス し て い た と す る な ら 、 今 日 の 民 主 主 義 か ら 別 の 何 か が 、 前 代 一 、 「 労 働 す る 動 物 の 勝 利 」 、 す な わ ち 労 働 者 な い し 生 産 者 未 聞 の 全 体 主 義 が じ わ じ わ と 生 ま れ て き て な ど い な い と 言 う と し て 定 義 さ れ た 人 間 の 勝 利 ( 9 ) 。 こ と が ど う し て で き る で し よ う か 。 少 な く と も こ れ が 提 起 さ 二 、 社 会 的 な も の 〔 le き c ミ 〕 、 社 会 そ の も の ( ゲ マ イ ン シ ャ フ れ て い る 問 い で あ り 、 そ の た め に 全 体 主 義 と い う 概 念 を ( も ト と 区 別 さ れ た ゲ ゼ ル シ ャ フ ト ) に よ っ て 「 公 共 空 間 」 が 規 定 さ う 一 度 言 い ま す が 、 あ る 程 度 ま で 読 み 込 ん だ 場 合 に ) 一 般 化 す る こ れ た り 覆 い 尽 く さ れ た り す る 点 。 こ の 社 会 的 な も の と は 、 一 一 一 一 口 と は さ ほ ど 無 分 別 な こ と だ と は 思 え な い の で す 。 い 換 え れ ば 端 的 な 生 や 生 計 に 応 じ て 統 御 さ れ た 共 同 ー 生 活 な い し 相 互 依 存 の こ と で あ り 、 そ う し た も の は 公 的 、 政 治 的 な 「 退 引 」 の 問 題 目 的 そ れ 自 体 に 応 じ て 統 御 さ れ て い る の で は な い 。 こ の よ う に 仮 定 し て み る と 、 残 っ て い る の は 第 三 の 間 い 三 、 権 力 か ら 区 別 さ れ る 要 素 と し て の 権 威 の 喪 失 。 こ の 権 す な わ ち 「 退 引 〔 retrait 〕 」 の 問 い ー マ ) の 超 越 で す 。 で す が 、 既 に お 気 づ 威 は あ る 創 設 行 為 ( ア レ ン ト に と っ て の モ デ ル は ロ き の よ 、 つ こ 、 こ の 問 い は 多 く の 点 で 今 ま で 述 。 へ て き た こ と に 的 性 格 に 関 わ る も の で あ り 、 そ の 喪 失 は 自 由 の 喪 失 に も 比 肩 含 ま れ て い ま す 。 で す か ら い く つ か の 点 は 繰 り 返 し に な ら ざ す る (2) 。 に る を え な い で し よ う 。 我 々 に と っ て 、 こ れ ら の 特 徴 は 先 に 言 及 し た ば か り の 「 前 褪 退 引 を 話 題 に す る こ と で 言 い た か 0 た の は 、 手 短 に 、 ま た 代 未 聞 の 全 体 主 義 」 に 関 す る 問 題 の 輪 郭 を 描 き 出 し て い ま す 。 こ の 全 体 主 義 に 対 し て は も は や 「 古 典 的 全 体 主 義 」 へ の 批 判 の ち ょ っ と 挑 発 的 な 言 い 方 を し ま す が 、 私 が 以 下 で 近 代 都 市 と で 済 ま せ る こ と は で き ま せ ん 。 こ う 言 っ て ( あ る い は 言 い 直 し も 呼 ぶ も の の 中 で ( あ る い は そ こ か ら ) 何 か が 引 き 退 い て い く と い 的 う こ と で す 。 も は や 国 家 と さ え 呼 。 へ な い マ キ ャ ヴ ェ リ 的 て ) み ま し よ う 。 今 一 度 ル フ ォ ー ル と リ オ タ ー ル の 用 語 を 借 り て 言 う と 、 も し 古 典 的 全 体 主 義 が 超 越 の 体 内 化 と 現 前 化 に 斑 な 意 味 に お い て も 、 お そ ら く は ヘ ー ゲ ル 的 な 意 味 に お い て も そ う は 呼 べ な い ー ー 複 雑 に し て 巨 大 な 集 合 体 が 構 成 さ れ る 際 よ っ て 生 じ る と す れ ば ( ナ チ ズ ム に お け る 芸 術 作 品 、 ス タ ー リ ニ に 、 ま さ し く 都 市 の よ う な 何 も の か 、 あ る い は 都 市 の 「 都 市 ズ ム に お け る 歴 史 の 理 性 ) 、 前 代 未 聞 の 全 体 主 義 は 超 越 の 解 消

思想 2016年第9号(第1109号)


「 戦 争 す る 」 ( fa 一 re la guerre ) と は 何 を 意 味 す る の か 。 一 見 し 一 戦 争 は 国 家 と 国 家 の あ い だ で 起 き る た と こ ろ 、 こ の 降 い に 答 え る の は 「 和 平 す る 」 ( fa 一 re la paix) と は 何 を 意 味 す る か を 問 う よ り 単 純 で あ る 。 戦 争 と は あ る 事 数 々 の テ キ ス ト で ル ソ ー は ま さ に 以 下 の 二 重 の 問 い を 立 て 実 の 状 態 で あ る 。 一 方 的 で 野 蛮 な 暴 力 が あ る だ け で 、 ど ん な て い た 。 人 は 何 を も っ て 「 真 に 」 戦 争 と 呼 び う る の か 。 こ の 形 に せ よ 戦 争 が 存 在 す る に 十 分 で あ る 。 と こ ろ が 和 平 す る に 問 い に 対 す る 答 え か ら い か な る 紛 争 の 形 が 導 き 出 さ れ る の か 。 は 、 法 秩 序 を 確 立 し 、 当 事 国 双 方 が 受 け 入 れ 可 能 な 協 定 と そ 始 め に 『 社 会 契 約 論 』 ( 一 七 六 二 年 ) 第 一 編 第 四 章 の よ く 知 ら れ の 協 定 の 保 障 を 見 出 し 、 倫 理 的 か っ 政 治 的 理 性 を は た ら か せ た テ ー ゼ を 引 い て お こ う 。 「 戦 争 は 人 間 と 人 間 の 関 係 で は な る こ と が 前 提 条 件 に な る 。 く て 、 国 家 と 国 家 の 関 係 で あ る 。 国 家 と 国 家 の 関 係 で は 、 個 し か し 、 こ の 単 純 に 見 え る 対 立 に は ニ ュ ア ン ス を つ け る 必 人 は 、 人 間 と し て で も 市 民 と し て で も な く 、 た だ 兵 士 と し て 要 が あ る 。 あ ら ゆ る 紛 争 、 あ ら ゆ る 暴 力 が 「 戦 争 」 と は 言 え 偶 然 に も 敵 同 士 に な る の だ 」 ( 3 ) 。 さ ら に 続 け て 、 「 そ れ ぞ れ な い か ら だ 。 し て み る と 、 「 戦 争 す る 」 と は 正 確 に 何 を 意 味 の 国 家 が 敵 と す る こ と が で き る の は 、 他 の 諸 国 家 だ け で あ っ す る か を 知 ら な け れ ば な ら な い 。 戦 争 は い か な る 目 的 の も と て 、 人 間 を 敵 と す る こ と は で き な い 」 。 に 行 わ れ る の か 。 戦 争 に 勝 っ と は ど う い う こ と か 。 無 限 に 戦 ル ソ ー は 『 社 会 契 約 論 』 で は こ の テ ー ゼ を 論 証 し て お ら ず 、 争 を 繰 り 返 さ な い た め に 戦 争 す る に は ど う す れ ば い い の か 。 他 の 二 つ の 著 作 で 議 論 を 展 開 し て い る 。 そ の 一 つ は よ く 知 ら こ れ ら の 問 い は こ ん に ち 焦 眉 の 急 で あ る 。 昨 年 一 一 月 末 に れ た 『 人 間 不 平 等 起 源 論 』 ( 一 七 五 五 年 ) で あ り 、 も う 一 つ は あ ま り 知 ら れ て い な い 。 二 つ 目 の 著 作 は 、 こ れ ま で 不 完 全 な る 共 同 通 信 が 行 っ た 世 論 調 査 に よ れ ば 、 日 本 人 の 八 〇 パ ー セ ン 別 々 の 断 片 と し て 知 ら れ て い た が 、 最 近 の 草 稿 研 究 に よ っ て ト が イ ス ラ ム 過 激 派 の テ ロ が 日 本 で も 起 こ り う る と 答 え て い る ( 1 ) 。 ア メ リ カ で 最 初 に 「 テ ロ と の 戦 争 」 (War on Terror) と 首 尾 一 貫 し た 一 つ の 全 体 と し て 確 定 さ れ た 。 ル ソ ー が 『 戦 争 想 思 呼 ば れ た 「 非 対 称 的 戦 争 」 に か か わ る 間 題 が 、 い ま フ ラ ン ス 法 諸 原 理 』 の タ イ ト ル で 出 版 を 計 画 し て い た 著 作 の 人 念 に 準 ム ロ 政 で 、 世 界 中 で 大 き な 議 論 を 呼 ん で い る 。 テ ロ と の 闘 い を 軽 々 備 さ れ た 草 稿 が そ れ で あ る 〔 1 〕 。 そ の 批 評 校 訂 版 は 、 注 解 っ 一 し く 「 戦 争 」 と 呼 ぶ の は ど う で も 、 い こ と で は な い 。 戦 争 と き 共 著 と し て 二 〇 〇 八 年 に 刊 行 さ れ て い る ( 4 ) 。 い う 語 の 選 択 は テ ロ と の 闘 い の 様 態 を ど う 考 え る か に 関 わ っ 『 戦 争 法 諸 原 理 』 は の つ け か ら 戦 争 の 起 源 に つ い て 間 い か て く る ( 2 ) 。 け る 。 戦 争 は い っ か ら 、 い か な る 理 由 で 人 類 の 歴 史 に 登 場 し た の か 。 こ の 問 い は 、 ル ソ ー が 根 本 的 な 誤 り と 見 な す ホ ッ プ

思想 2016年第9号(第1109号)


表 象 ( 呈 示 〔 ミ 3 一 len 〕 ) す る こ と が で き る と 想 定 さ れ る 、 自 己 み せ る 太 陽 王 の 超 越 的 で 栄 光 に 輝 く 至 高 性 は 、 た だ 。 フ ル ジ ョ へ の 関 係 で あ る 。 こ の よ う な 関 係 は 例 え ば 、 ル フ ォ ー ル に と ア 権 力 、 商 品 経 済 、 近 代 国 家 、 等 々 の 確 立 に 巻 き 込 ま れ 、 隷 っ て 政 治 的 な も の の 定 義 、 お よ び 「 社 会 的 な も の の そ れ 自 体 属 す る と い う 形 で し か 決 し て 生 じ な か っ た と い う こ と で し へ の 顕 現 」 と し て の 政 治 的 な も の を め ぐ る 彼 の 問 題 意 識 の 根 た 〔 7 〕 ー ー 同 様 の こ と は 適 宜 変 更 を 加 え た 上 で 、 よ り 古 代 的 底 に あ る 。 な 至 高 性 に つ い て も 言 わ な け れ ば な ら な い か も し れ ま せ ん 。 以 上 の 三 つ の 規 定 が 、 バ タ イ ユ が 至 高 性 〔 主 権 〕 と 呼 ん だ も そ の 上 こ の 観 点 か ら す る と 、 ポ リ ス に つ い て 、 ロ ー マ の 創 設 の の 内 で そ の 他 の 規 定 と 結 集 す る と い う こ と は あ り う る で し に つ い て 、 何 が 起 こ り 、 何 が 起 こ ら な か っ た の か 、 ノ ン ナ う 。 そ し て も し こ の 至 高 性 と い う 語 が 政 治 的 な も の の 本 質 ア レ ン ト に 問 、 尋 ね て み る 必 要 も あ る で し よ う 。 同 様 に 、 に 関 わ る 規 定 を 取 り ま と め て い る の だ と す れ ば ( そ の 際 政 治 的 我 々 の 一 人 が 昨 年 話 題 に し た ヘ ー ゲ ル の 「 君 主 」 は 、 政 治 的 な も の は 、 単 に そ の 名 に 値 す る 国 家 に 要 求 さ れ る 特 徴 で は な い ど こ な も の の 哲 学 的 根 拠 づ け の 極 地 に お い て 、 決 し て 生 じ な か っ ろ か 、 む し ろ 政 治 的 な も の に よ っ て す べ て の 人 が そ れ ぞ れ 差 し 向 け た 〔 Ⅱ 場 を 持 た な か っ た 〕 至 高 性 へ と 向 か っ て 極 限 ま で 張 り つ め ら れ る 至 上 の 目 的 Ⅱ 終 焉 と 見 做 さ れ て い る ) 、 そ の 場 合 、 政 治 的 た カ ( と こ の カ の 断 絶 ) に つ い て 証 言 す る も の で す ( リ 。 ま た そ な も の の 退 引 は 至 高 性 の 退 引 に 他 な ら な い の で す 。 の 至 高 性 の 「 来 る 、 へ き 」 場 所 は ま さ に そ れ が 生 じ な か っ た た そ れ は と も か く 、 こ の よ う な 退 引 に よ っ て 何 か が 現 れ る 、 め に 謎 め い た ま ま で あ り 、 究 極 的 に は 固 有 化 し え な い ま ま な あ る い は 何 か が 解 放 さ れ る の で す 。 少 な く と も 我 々 は 、 ど う の で す 。 ま た ル フ ォ ー ル が 示 し て い る よ う な 民 主 主 義 の 本 質 ノ ス タ ル ジ ー や ら 引 き 退 い た ら し い 何 か を 郷 愁 に 駆 ら れ て 慨 嘆 せ よ と い も ま た 、 同 様 の 「 非 ー 場 〔 non-lieu 〕 」 な い し 「 非 ー 生 起 〔 non ・ う 規 則 に 従 っ て 考 え よ う と は し て い ま せ ん ( 「 大 い な る 失 敗 」 と avoir-lieu 〕 」 を 伴 わ ず に は い ま せ ん 。 退 い う 審 判 に 同 意 し て お き ま す ) 。 こ の 退 引 が 政 治 的 な も の の 争 点 こ れ ま で 述 べ て き た こ と か ら は 決 し て 、 生 じ な か っ た も の の を 新 た な も の と し て 描 き 直 す 〔 、 こ 、 ミ 戔 〕 こ と を 可 能 に し 、 さ を 引 き 起 こ す 〔 場 を 与 え る 〕 こ と が 目 下 肝 心 な の だ 、 と い っ こ も ら に は 要 求 す る は ず だ と い う 仮 定 の も と に 問 い を 立 て て い る こ と に は な り ま せ ん 。 仮 に そ う 考 え る と し た ら 、 あ た か も 政 的 の で す ( じ 。 治 的 な も の を 引 き 退 い た 状 態 か ら 抜 け 出 さ せ る こ と が で き る 斑 そ し て ま ず は 、 引 き 退 い た 何 か は お そ ら く 実 際 に は 決 し て か の よ う に ( あ る い は 政 治 的 な も の の 退 引 が 単 な る 隠 遁 ・ 引 退 ・ 退 生 じ な か っ た と い う こ と が 出 発 点 で す 。 他 な ら ぬ バ タ イ ユ が 却 〔 retraite 〕 に 過 ぎ な い か の よ う に ) 考 え て い る こ と に な り ま す 。 示 し た の は 、 万 人 に 対 し て 皆 に 共 通 す る 至 高 性 を 現 前 さ せ て 退 引 か ら 「 抜 け 出 す 」 必 要 は な く 、 政 治 的 な も の が お そ ら く

思想 2016年第9号(第1109号)


ト ま 、 つ こ 、 こ の 政 冶 的 な も の と い う の は 政 冶 を 指 し て は い ま せ ん 。 中 国 の 歴 代 皇 帝 、 べ ナ ン の 国 王 、 ル イ 一 四 世 、 ド イ ツ 社 会 民 主 主 義 、 等 々 に み ら れ る 政 治 の こ と で は な い の で す ( 最 こ う し た 点 を 説 明 し て も な お 、 数 々 の 問 い が 残 っ て い る こ 後 の 二 つ の 例 で は 、 政 治 と 政 治 的 な も の と は 決 し て 異 質 な も の で は と は 言 う ま で も あ り ま せ ん 。 我 々 に と っ て 主 要 な 問 い は こ う な い の で す が ) 。 こ こ で も ま た 簡 単 に 注 意 を 促 し て お き ま し ょ で す 。 今 日 姿 を 見 せ 、 支 配 的 と な っ て い る 政 治 的 な も の は ド グ マ う 。 思 い 起 こ し て い た だ き た い の は 何 ら か の 教 義 で は あ り ま 我 々 が も し 仮 に 素 直 に ハ イ デ ガ ー 主 義 者 で あ る と す る な せ ん 。 も っ と 単 純 な こ と で 、 明 確 な 説 明 で す 。 「 開 始 」 の 中 ら ば 、 技 術 と 言 っ て も い い で し よ う 。 で す が 、 今 す ぐ に 詳 細 で 、 先 ほ ど 読 ん だ 一 節 は こ の よ う に 続 い て い ま し た 。 に 立 ち 人 る こ と は で き ま せ ん が 、 い く つ か の 理 由 か ら 我 々 は そ う 言 わ な い ほ う が 得 策 だ と 考 え て い ま す ー ー ・ い ず れ に せ よ 、 そ も そ も こ の よ う な 理 由 で 、 我 々 は 政 治 的 な も の に つ い 今 日 姿 を 見 せ 、 支 配 的 と な っ て い る 政 治 的 な も の は 、 哲 学 的 て 語 る こ と に よ っ て 政 治 を 指 し 示 す の を 回 避 し た の で す 。 な も の が 、 程 度 は と も か く 退 引 し て い る 結 果 な の で は な い で 反 対 に 、 政 治 的 な も の 、 な い し は 政 治 的 な も の の 本 質 に つ し よ う か 。 す な わ ち 、 哲 学 的 な も の が 何 ら か の 形 で 現 実 化 て の カ ~ 」 、 ゝ ナ は 、 我 々 に と っ て は 哲 学 の ( こ う 言 っ た 方 が ( ハ イ デ ガ ー が 形 而 上 学 に つ い て 語 っ て い る 意 味 で の 現 実 化 ) し た 結 よ け れ ば 、 形 而 上 学 の ) 政 治 的 前 提 そ の も の に ま で 遡 っ て な 果 で も あ る の で は な い で し よ う か 。 さ れ ね ば な ら な い も の で す 。 す な わ ち 本 質 と い う も の の 或 こ の よ う な 問 い は 、 す で に 提 起 し た の で そ れ 自 体 と し て 改 る 政 治 的 な 規 定 に ま で 遡 る と い う こ と で す 。 し か し そ の よ め て 論 じ る こ と は し ま せ ん が 、 哲 学 的 な も の と 政 治 的 な も の う に 本 質 を 規 定 す る と い う こ と は 何 ら か の 政 治 的 な 立 場 を が 結 合 し て 閉 域 を な し て い る の で は な い か と い う 疑 念 を 含 ん 退 と る と い う こ と で は な く 、 政 治 的 な も の の 措 定 そ の も の で で い ま す ー ・ ・ ・ 結 合 し た 閉 域 と い っ て も そ れ が 唯 一 の 閉 域 で あ の す 。 ギ リ シ ア の 都 市 国 家 か ら 、 近 代 に お い て 主 体 が 政 治 的 る こ と を 意 味 し ま せ ん し 、 さ ら に は そ こ か し こ に 見 ら れ る 単 な も の の 性 質 を 定 め ( そ し て 政 治 的 な も の が 主 体 の 性 質 を 定 め ) 純 な 閉 域 だ な ど と 言 い た い わ け で も あ り ま せ ん 。 「 閉 域 〔 clö- 的 る よ う に し て 展 開 し て き た も の ま で を 考 え て み る と 良 い で ture 〕 」 と い う 語 は 「 終 焉 Ⅱ 目 的 日 n 〕 」 と い う 語 と 同 じ く 、 プ ロ グ ラ ム 斑 し よ う 。 言 い 換 え れ ば 、 今 な お 思 考 し な く て は な ら な い の ま ず は あ る 計 画 の 達 成 な ら び に プ ロ グ ラ ミ ン グ に よ る 拘 束 を は 、 思 考 に よ る 政 治 の 新 た な 制 度 化 ( な い し 教 化 ) で は な く 、 示 し て い ま す 。 お そ ら く 間 う に 値 す る の は こ う し た 境 界 画 定 西 洋 的 と 呼 ば れ る 思 考 の 政 治 的 な 制 度 化 Ⅱ 創 設 な の で で あ り 、 克 服 し が た い そ の 性 質 な の で す 。 ポ ジ シ ョ ン ポ ジ シ ョ ン

思想 2016年第9号(第1109号)


に つ い て の 間 い か け を 妨 げ る 理 由 は お そ ら く こ こ に は ま っ た く な い し て そ れ ゆ え に 、 何 か ら 出 発 し て 、 何 に 対 し て 、 あ る い は ま で し よ う ) 。 た 何 に 沿 っ て こ の 閉 域 は 自 ら を 描 き 出 し て い る の か 、 と い う い の 開 始 に 対 応 し て い る の だ と 。 こ の 閉 域 は 単 に 何 ら か の 二 、 根 拠 づ け と 主 体 の モ テ ィ ー フ に 対 立 す る 形 で ( あ る い は 、 ラ ン シ ェ ー ル の 分 析 の こ と を 考 え て い る わ け で す が 、 「 階 級 」 の 同 政 治 的 で な い も の 〔 du non も 0 一 三 que 〕 「 に 対 し て 」 描 き 出 さ れ る の で は あ り ま せ ん 。 言 い 換 え れ ば 、 例 え ば 国 家 と の 関 連 で 一 性 の よ う に 何 ら か の 同 一 性 の も と へ の 引 き 受 け 〔 assompt 一 on 〕 と い 「 社 会 」 を 指 し 示 す だ け で は 十 分 で は あ り ま せ ん 。 〔 ピ エ ー う モ テ ィ ー フ に 対 立 し て ) 、 有 限 性 の モ テ ィ ー フ が あ り ま す 。 ル ・ 〕 ク ラ ス ト ル の 分 析 が 提 起 し た 難 し い 問 題 や 〔 8 〕 、 少 な く と も 、 こ こ で は 何 度 も 繰 り 返 し そ れ を 導 人 し て き ま し ー ル が ま さ に こ の 場 で 注 意 を 喚 起 し た 、 「 政 治 的 社 会 」 と し た 。 そ の 際 に は 時 に 政 治 的 全 体 性 の 〈 理 念 〉 と い う 文 脈 を 踏 ま て の 「 市 民 社 会 」 の 第 一 の 定 義 の こ と を 考 え て み る だ け で も え た 上 で の も つ は ら 象 徴 的 な い し 統 整 的 な 観 点 を 採 る こ と も あ れ ば 、 ( ジ ャ コ プ ・ ロ ゴ ザ ン ス キ が 部 分 的 に 採 用 し た も の で す で し よ う 信 ) 。 反 対 に 、 リ オ タ ー ル も 述 べ て い る よ 、 つ に 、 閉 域 は 「 何 も の か 」 に 開 か れ て お り 、 そ の 「 何 も の か 」 と い が ) ミ シ ェ ル ・ ア ン リ の 『 マ ル ク ス 』 の 観 点 を 採 る こ と も あ う の は 「 政 治 的 な も の 」 あ る い は 「 政 治 的 な も の の 本 り ま し た 。 後 者 は 個 人 と 「 数 多 く い る 一 人 一 人 〔 nombreux 質 」 で も あ る の で し よ う が 、 そ れ は 技 術 ー 社 会 的 な も の un 〕 」 の 観 点 で す 朝 。 で す が 、 ご 覧 い た だ い た と お り 、 根 拠 の 中 に お け る 政 治 的 な も の の 全 面 的 完 成 か ら は 引 き 退 い て い づ け と い う 身 振 り を こ の よ う に 回 避 で き る と い う こ と は 確 か る こ と で し よ 、 つ 。 で は あ り ま せ ん 。 そ し て ま た 我 々 が 知 っ て い る と 想 定 さ れ て こ の 「 何 も の か 」 と い う の は そ れ で も な お 、 い く つ か の 規 い る よ う な 「 自 由 」 民 主 主 義 と は 別 の も の を 考 え る こ と が で 定 可 能 な 特 徴 を 示 し て お り 、 最 後 に 我 々 は 手 短 に そ れ を 枚 挙 き る よ う に な る の か ど う か も 確 実 で は な い の だ と 付 け 加 え て 退 し て お く こ と に し ま し よ 、 つ 。 お き ま し よ う 。 そ れ ゆ え 有 限 性 の モ テ ィ ー フ は 、 そ れ が 規 定 の 、 政 治 的 な も の の 形 而 上 学 的 な 根 拠 づ け か ら 逃 れ る 〔 se さ れ る 真 の 場 所 と し て 、 関 係 の 問 い を 必 然 的 に 伴 う よ う に 思 の も dérober 〕 と い う 要 求 。 例 え ば 主 体 に お け る 超 越 的 あ る い は 超 わ れ る の で す 。 的 越 論 的 根 拠 づ け を 逃 れ る と い う 要 求 で す 。 こ の 点 に つ い て は 三 、 我 々 に と っ て 、 い わ ゆ る 「 関 係 の 問 い 」 は 主 要 な 問 題 斑 リ オ タ ー ル が ル フ ォ ー ル に 対 し て 間 い を 投 げ か け る こ と が で で あ り 続 け て い ま す 。 お そ ら く こ の 問 い は そ れ 自 体 が 、 政 治 き ま し た 〔 9 〕 ( ハ ン ナ ・ ア レ ン ト が 用 い て い る 意 味 で の 「 根 拠 づ け 的 な も の の 本 質 の 問 い な の で す 。 さ ら に 言 え ば 、 こ の 問 い か 〔 fondement 〕 」 と 「 創 設 〔 fonda ( 一 on 〕 」 の 間 に な さ れ て 然 る べ き 区 別 セ ン タ ー の 仕 事 の ほ と ん ど 至 る 所 に 顔 を 覗 か せ て い る の は 特 リ べ ラ ル

思想 2016年第9号(第1109号)


ロ 他 方 で は 、 理 論 的 な も の と 実 践 的 な も の の 対 立 は そ れ 自 と き も の が あ る 。 現 存 在 は 根 源 的 に 拡 張 さ れ て お り 、 そ の よ 体 が 脱 構 築 さ れ る 、 へ き だ と い う 一 言 表 に は さ ほ ど 困 難 も な く 同 う な 拡 張 の 内 に こ そ 歴 史 と 空 間 性 は 根 源 を 持 っ て い る 。 ラ ク 意 し て い た だ け る だ ろ う 。 し か し そ の 脱 構 築 に お い て は 、 Ⅱ ラ バ ル ト は そ う し た 解 離 と SeIbsthe 一 t 、 す な わ ち 自 己 性 「 単 に 理 論 的 」 で は な い こ と が ( も し そ れ が 理 論 的 で な け れ ば な そ の も の の 構 造 を 関 連 さ せ る 。 ま た ス ー レ ー ズ は ジ ャ ネ 、 フ ら な い と し た 場 合 に ) 最 も 固 有 な 争 点 と な っ て い る 。 そ の よ う ロ イ ト 、 ベ ル ク ソ ン の 内 に 「 解 離 し た 」 も の と し て の 実 効 的 な 脱 構 築 が な さ れ る な ら 、 あ る 仕 事 が 可 能 に な る は ず で あ る 。 な も の と い う モ テ ィ ー フ を 等 し く 見 出 す 。 そ こ か ら 「 統 一 の フ ァ ン ト ム そ れ は 例 え ば 、 政 治 か ら の 離 脱 の 実 効 性 で も な く 戦 闘 的 行 動 幽 霊 」 の 問 題 が 出 て く る 。 す な わ ち 社 会 的 紐 帯 そ れ 自 体 の の そ れ で も な い よ う な 何 ら か の 実 効 性 に 則 っ た セ ン タ ー の 仕 本 質 が 既 に 、 あ た か も 解 離 が 存 在 し な い か の よ う に 振 る 舞 う 事 の よ う な も の に な ろ う 。 何 ら か の 実 効 性 、 以 上 か ら す れ ば 、 こ と に 存 し て い る 。 他 方 で ス ー レ ー ズ は 解 離 概 念 の 臨 床 に 関 退 引 と 一 貫 す る 実 効 性 に 則 っ て : わ る 起 源 に つ い て も 注 意 を 喚 起 し て い る 。 二 、 政 治 的 な も の 。 ヾ ト リ ス ・ ロ ロ ー の 指 摘 に よ れ ば 、 プ ラ ト ン で は 政 治 的 な も の は 神 の 問 題 の 退 引 に お い て 生 じ て お 討 議 は 解 離 、 政 治 的 な も の 、 全 体 主 義 と い う 三 つ の モ テ ィ り 、 ま た 政 治 的 な も の は そ れ 自 体 が 退 引 し た 状 態 に あ り 、 制 ー フ を め ぐ っ て 行 わ れ た 。 度 、 政 体 、 民 主 主 義 等 々 に よ っ て 隠 蔽 さ れ て い る 。 ス ー レ ー 一 、 解 離 〕 ジ ャ ッ ク ・ デ リ ダ は ハ イ デ ガ ー に み ら れ る 現 存 ズ は 次 の よ う な 区 別 を 提 案 す る 。 も し 政 治 的 な も の ド を = ・ 在 CDase の 存 在 論 的 構 造 に お い て 解 離 が 果 た す 役 割 を 強 調 t 一 que 〕 が 以 上 の よ う に 何 ら か の 退 引 の 内 で 標 的 と な っ て い る す る 。 Mitsein 、 共 ー 存 在 ( な い し 共 同 存 在 ) 〔 一 ・ étre-avec ()u en ・ の だ と す れ ば 、 政 治 CIa を 一 三 que 〕 は 「 す べ て は 政 治 的 で あ る 」 と い う 状 態 だ と い う こ と に な ろ う し 、 一 つ の 政 治 は ・ semb 一 e ) 〕 が 決 し て 政 治 的 と は 考 え ら れ て い な い に も か か わ ら ア ジ ャ ン ス マ ン プ リ コ ラ ー ジ ュ ず で あ る 。 こ こ で 解 離 に 関 す る 一 連 の 述 語 、 す な わ ち 気 散 じ 案 配 、 工 作 、 制 度 と な る ( も し そ う だ と す れ は 一 つ か 政 治 と は 「 政 治 」 と い う 類 の 中 の 一 種 で は な い こ と に な ろ う ) 。 そ こ / 散 逸 〔 ze ) ミ 〕 、 分 散 〔 ze 一 ミ e 、 g 〕 等 々 が 争 点 と な っ て い る 。 こ う し た 語 に は 否 定 的 な 響 き が あ る か も し れ な い が 、 で デ リ ダ は 、 政 治 的 な も の が 政 治 的 で あ る 何 ら か の も の の 本 否 定 的 に 捉 え る 。 へ き で は な い 。 む し ろ Zer ・ と い う 接 頭 辞 は 質 と し て 理 解 さ れ る 。 へ き だ と 補 足 す る 。 そ し て カ ン プ シ ュ ネ フ ラ ン ス 語 に お け る 「 脱 〔 dis 〕 」 に 倣 っ て 理 解 す べ き で あ る 。 ル が 、 政 治 は 制 度 的 規 定 を 受 け て い る ( し 、 必 ず し も 本 質 を 持 す な わ ち 現 存 在 の 根 源 的 な 拡 ー 張 / 弛 ー 緩 〔 dis-tension 〕 の ご た な い ) と 反 論 す る の と 同 様 、 デ リ ダ は ま さ に 一 定 の 意 味 の