検索 - みる会図書館

検索対象: 群像 2016年 12月号

群像 2016年 12月号から 309件ヒットしました。

群像 2016年 12月号


2 ・ 日 本 文 学 に 「 人 称 」 は い ら な い ? が 罷 り 通 っ て し ま っ た の か と い え ば 、 そ の 淵 源 は 明 治 期 に ま で 遡 る と 金 谷 は 言 う 。 日 本 が 開 国 し て 外 来 語 が 入 っ て き 日 本 語 学 や 文 法 学 を 専 門 と す る 人 に と っ て は 常 識 に 属 す た タ イ ミ ン グ で 、 日 本 語 文 法 が 整 備 さ れ た こ と に よ っ て 、 る 話 題 だ ろ う が 、 そ の 筋 で は よ く 知 ら れ た 「 主 語 無 要 論 」 本 来 は 日 本 語 に は 不 要 だ っ た さ ま ざ ま な 事 柄 が 付 け 加 え ら や 「 主 語 否 定 論 」 な ど と 呼 ば れ る 立 場 が あ る 。 そ の 提 唱 者 れ て し ま っ た と い う の で あ る 。 で あ る カ ナ ダ 在 住 の 言 語 学 者 、 日 本 語 教 師 の 金 谷 武 洋 は 、 著 書 『 日 本 語 に 主 語 は い ら な い 』 に お い て 、 お お よ そ 次 の 私 を 含 め た 日 本 語 教 師 に と っ て の 一 番 の 問 題 は 何 か と よ う な こ と を 述 べ て い る 。 一 一 一 一 口 え ば 、 そ れ は 英 語 や 仏 語 と 日 本 語 の 根 本 的 な 違 い が ど カ ナ ダ の ケ ベ ッ ク 州 モ ン ト リ オ ー ル と い う 英 仏 語 両 用 の の 文 法 書 に も 明 記 さ れ て い な い こ と だ 。 国 内 国 外 で 使 わ 言 語 環 境 で 日 本 語 を 教 え る と い う い さ さ か 特 殊 な 経 験 を 長 れ て い る ほ と ん ど の 「 日 本 語 教 科 書 」 が 基 本 的 に は 「 学 年 積 ん で き た 金 谷 は 、 英 語 や 仏 語 で は 「 文 に は 主 語 と 述 語 校 文 法 」 に 基 づ い て お り 、 そ の 学 校 文 法 は 西 洋 語 、 特 に が あ る 」 と 一 一 = ロ え る が 、 日 本 語 に か ん し て は そ れ は 誤 っ た 主 英 文 法 を 下 敷 き に し て い る か ら で あ る 。 ( 『 日 本 語 に 主 語 は い ら な い 』 ) 張 で し か な い 、 と 断 言 す る 。 そ し て 何 故 、 そ の よ う な 誤 解 万 . ム ト 見 ム 刪 亠 栄 禾 / 一 三 口 一 三 ロ ~ 半 回 「 一 人 称 」 の 発 見 ま で ( 承 前 ) 佐 々 木 敦 236

群像 2016年 12月号


で 独 立 し た 一 つ の 文 な の だ と い う こ と で あ る 。 裏 返 せ ば 、 調 の 意 味 を 持 た せ る 場 合 な ど を 除 い て 主 語 の 人 称 代 名 詞 を こ の 「 お 、 し 、 し し ー ! 」 に は 、 英 語 で は 必 要 な 「 I ( 」 と コ s 」 使 わ な い 9 「 ダ ミ ー 主 語 」 と 呼 ば れ る も の が あ る 。 「 lt is が 最 初 か ら 含 ま れ て い る の で あ る 。 「 I ( 」 は 要 ら な い 。 何 ho (. 」 や 「 lt オ teno'clock. 」 と い っ た 文 中 の 「 I ( 」 の こ と 故 な ら 「 主 語 」 自 体 が 不 要 で あ る か ら だ 。 ま た コ s 」 す な で 、 「 そ れ 自 身 は 意 味 が な い の に 、 文 を 成 立 さ せ る こ と を わ ち 「 Be 動 詞 」 も 日 本 語 で は 必 須 で は な い 。 何 故 な ら 唯 一 の 目 的 と し て 使 わ れ る 言 葉 の こ と で あ る 」 。 つ ま り 「 お し し ー ! 」 と い う 形 容 詞 だ け で す で に 述 語 に な っ て 「 主 語 」 と い う 存 在 は 、 一 一 = ロ 語 の 別 を 問 わ ず 「 文 法 」 の 成 立 い る か ら で あ る 。 「 こ こ で ま た 強 調 し て お き た い の は 、 中 と 深 く か か わ っ て い る の で あ る 。 シ ェ イ ク ス ピ ア は ダ ミ ー 国 語 や 朝 鮮 語 の 形 容 詞 も ま た 日 本 語 と 同 じ く そ の ま ま で 述 主 語 の な い 無 主 語 文 を 書 い て い た 。 だ が 、 そ の 後 、 ま ず 語 に な れ る と い う 事 実 だ 。 つ ま り Be 動 詞 の よ う な 繋 辞 「 英 文 法 」 が 「 主 語 」 を 必 須 の 要 件 と し て ゆ く プ ロ セ ス が ( copu 一 a ) が い ら な い 」 。 こ れ も 裏 返 す な ら 、 日 本 語 の 形 容 あ り 、 次 い で そ れ が 本 来 「 主 語 」 を 必 要 と し な か っ た 「 日 詞 に は 、 あ る 種 の 使 用 状 況 に お い て は 「 繋 辞 」 の 機 能 が 装 本 語 」 に も 強 引 に 適 用 さ れ た 結 果 、 多 く の 矛 盾 や 齟 齬 を 生 填 さ れ て い る と い う こ と に な る だ ろ う 。 み 出 す こ と に な っ た と い う わ け で あ る 。 金 谷 は 、 あ く ま で も 「 英 語 」 中 心 に 文 法 や 構 文 を 思 考 し よ う と す る 姿 勢 を 金 谷 は 、 マ ル チ ネ の 論 を 敷 衍 し て 、 英 仏 語 な ど の 「 主 語 の 条 件 」 を 、 以 下 の 四 つ に 整 理 す る 。 「 英 語 セ ン ト リ ッ ク 」 ( エ ゴ セ ン ト リ ッ ク の 駄 洒 落 ) と 呼 ん で 揶 揄 し て み せ る 。 ( あ ) 基 本 文 に 不 可 欠 の 要 素 で あ る 。 こ の よ う に 金 谷 は 「 主 語 無 要 論 」 を 展 開 す る の だ が 、 彼 ( い ) 語 順 的 に は 、 ほ と ん ど の 場 合 、 文 頭 に 現 れ る 。 が 立 論 に あ た っ て 前 提 と し た の が 、 三 上 章 に よ る 「 主 語 抹 ( う ) 動 詞 に 人 称 変 化 ( つ ま り 活 用 ) を 起 こ さ せ る 。 殺 論 」 で あ る ( 金 谷 は 三 上 の 評 伝 『 主 語 を 抹 殺 し た 男 』 も 著 し て い る ) 。 『 日 本 語 に 主 語 は い ら な い 』 で も 、 金 谷 は 、 ( え ) 一 定 の 格 ( 主 格 ) を も っ て 現 れ る 。 ( 同 ) 三 上 の 『 象 は 鼻 が 長 い 』 を 参 照 し て い る 。 こ こ か ら は 金 谷 論 こ の よ う に 見 る と 、 英 仏 語 に は 「 主 語 」 と い う 概 念 が 必 の 記 述 を 通 し て 三 上 の 主 張 を か い つ ま ん で 述 べ て み よ う 。 説 須 で あ る こ と が わ か る 。 だ が 金 谷 に よ れ ば 、 実 は 英 仏 語 で 三 上 章 の 構 文 論 の 特 徴 は 、 そ の 主 著 で あ る 『 象 は 鼻 が 長 い 』 の 奇 妙 な 題 名 に 端 的 に 示 さ れ て い る 。 三 上 が 着 目 す る さ え 、 「 主 語 」 が 出 現 し た の は 十 二 世 紀 頃 の こ と で あ り 、 新 そ れ 以 前 し 。 こ ま 主 語 Ⅱ 人 称 代 名 詞 は 、 ほ と ん ど 使 用 さ れ て い の は 、 日 本 語 に お け る 「 は 」 と 「 が 」 の 違 い で あ る 。 な か っ た と 言 う 。 現 在 も イ タ リ ア 語 や ス ペ イ ン 語 で は 、 強

群像 2016年 12月号


先 生 の 得 意 な の は 詩 で あ っ た 。 ( 中 略 ) そ の 代 わ り 自 分 の だ ろ う 」 。 こ の 二 種 の 例 は い ず れ も 受 動 文 だ が 、 こ こ か ら に 読 ん で く れ る の で は な く っ て 、 自 分 が 一 人 で 読 ん で 楽 わ か る こ と は 、 英 語 で は 意 味 内 容 の 変 形 が ほ と ん ど 生 じ る し ん で い る こ と に 帰 着 し て し ま う か ら つ ま り は こ っ ち の こ と の な い 「 受 動 変 形 」 が 、 日 本 語 で は 時 と し て デ リ ケ ー ト 損 に な る 。 ( 同 ) で 複 雑 な 差 異 に 結 び つ く と い う こ と で あ る 。 そ れ は 「 あ る 状 況 に お け る 制 御 可 能 性 の 有 無 が 問 題 と な る の で あ る 」 。 こ こ に 二 度 出 て く る 「 自 分 」 は 、 一 度 目 は 書 き 手 で あ 駆 け 足 で 金 谷 武 洋 の ( そ し て 彼 を 通 し て 三 上 章 の ) 「 主 語 無 要 論 」 を 繙 い て き た が 、 も ち ろ ん そ の 主 張 に は さ ま ざ り 、 二 度 目 は 「 先 生 」 で あ る 。 し か も 二 種 類 の 「 自 分 」 は 一 文 の 内 に 共 在 し て い る 。 こ こ で の 「 自 分 」 は 「 主 語 」 と ま な 疑 問 や 反 論 が 寄 せ ら れ て い る 。 金 谷 が 撃 っ て い る 敵 は い う 概 念 と は 明 ら か に 無 関 係 で あ る 、 と 金 谷 は 述 べ る 。 「 英 語 セ ン ト リ ズ ム 」 す な わ ち 「 英 語 中 心 主 義 」 だ が 、 結 「 は 」 や 「 自 分 」 以 外 に も 、 金 谷 は 日 本 語 の 格 助 詞 の 特 殊 局 の と こ ろ 、 そ れ は 文 法 学 者 た ち の ア カ デ ミ ッ ク な 世 界 の な 機 能 に つ い て 幾 つ も 指 摘 し て い る 。 た と え ば 「 が 」 に か 諍 い で し か な い と す る 反 応 も あ り 得 る だ ろ う 。 し か し こ う ん し て は 、 「 熊 が 太 郎 を 殺 し た 」 と い う 文 章 と 、 そ れ を 受 し て み る と 、 今 も 書 き 連 ね て い る 「 日 本 語 」 に お い て 「 主 動 文 に し た 「 太 郎 が 熊 に 殺 さ れ た 」 と い う 文 章 は 、 表 わ さ 語 」 と 呼 ば れ て い る も の が 、 ま た 「 人 称 代 名 詞 」 と さ れ て い る も の が 、 い か に も 奇 態 な 、 一 種 の 怪 物 に も 思 わ れ て く れ て い る 事 実 は 同 じ で も 、 英 文 に お け る 能 動 文 と 受 動 文 の る 。 む ろ ん 実 際 に は そ れ は 「 日 本 語 」 だ け の 話 で は な い 意 味 内 容 の 同 一 性 と は 異 な る 、 ニ ュ ア ン ス の 変 化 が 認 め ら れ る と 言 う 。 「 「 太 郎 が 熊 に 殺 さ れ た 」 は 単 に ( 略 ) 「 熊 が ( 「 ダ ミ ー 主 語 」 の こ と を 思 い 出 し て み れ ば よ い ) 。 だ が 、 太 郎 を 殺 し た 」 の 視 点 を 変 え た も の で は な く 、 熊 が 太 郎 を こ こ ま で の 話 を 、 私 た ち の 目 下 の 問 題 に 引 き 寄 せ て み る な 殺 し た 事 実 の 他 に 「 そ の 状 況 下 で 太 郎 は 無 力 だ っ た 」 と い ら ば 、 次 の よ う に な る だ ろ う 。 う 意 味 が 加 わ っ て い る の で あ る 」 。 ま た 「 に 」 に か ん し て 「 日 本 語 」 に 「 主 語 ⅱ 人 称 代 名 詞 」 は 必 要 か 否 か 、 そ も そ は 、 「 ( せ つ か く 出 か け た の に ) 雨 に 降 ら れ た 」 と 「 ( 大 事 も そ う 呼 び 得 る よ う な 何 か が 「 日 本 語 」 に は あ る の か な い な 時 に ) 電 話 に 鳴 ら れ た 」 と い う 二 つ の 文 を 比 較 す る と 、 の か 、 と い っ た 問 題 は さ て お き 、 私 た ち に と っ て 重 要 な 問 、 は 、 も し か し た ら 不 要 で あ る の か も し れ な い 、 そ も そ も 同 じ く 「 に 」 が 使 用 さ れ て お り 、 「 雨 」 も 「 電 話 」 も 無 生 物 で あ る に も か か わ ら ず 、 前 者 は ご く 普 通 に 許 容 出 来 る 文 存 在 し て さ え い な い の か も し れ な い 「 人 称 代 名 詞 」 が 、 日 だ が 、 後 者 は 奇 妙 な 感 じ が す る と 述 べ る 。 そ れ は 「 日 本 人 本 語 小 説 、 日 本 文 学 に お い て 、 そ れ で も 今 な お 幾 度 と な く の 一 言 語 感 覚 か ら は 「 雨 」 は 有 生 性 が よ り 高 い と 見 な さ れ る 書 き つ け ら れ て い る の だ と し た ら 、 そ れ が 意 味 す る こ と は 245 新 ・ 私 小 説 論

群像 2016年 12月号


在 し な い 、 「 わ た し ・ あ な た ・ か れ 」 な ど は 、 単 な る 「 名 根 本 的 に 西 洋 語 と は 異 な っ た シ ス テ ム を 有 す る 日 本 語 詞 」 な の だ と 言 う の で あ る 。 た と え ば 「 日 本 語 の 「 私 」 は に 、 無 理 矢 理 に 英 文 法 の 機 構 を 当 て 嵌 め よ う と し た せ い 「 昨 日 そ こ に 行 っ た 私 」 な ど と 「 名 詞 修 飾 」 が 可 能 だ 。 っ で 、 お か し な こ と に な っ て し ま っ た 。 こ の 問 題 は 、 と り わ ま り 、 「 昨 日 そ こ で 買 っ た 机 」 に お け る 一 般 名 詞 の 「 机 」 け 外 国 語 話 者 に 日 本 語 を 習 得 さ せ よ う と す る 教 育 の 現 場 で と 同 じ よ う に 使 え る 。 こ れ に 対 し て 、 例 え ば 英 語 の 〈 I 〉 顕 在 化 す る と 金 谷 は 言 う 。 そ し て そ の 最 た る も の が 、 主 語 で は そ う は い か な い 。 「 強 調 形 」 と 呼 ば れ る 〈 Me 〉 、 あ る と 人 称 代 名 詞 に か か わ る 誤 解 で あ る と 続 け る 。 英 文 法 を 下 い は 「 再 帰 形 」 の 〈 Myself) な ど の 形 に 直 さ な く て は 「 名 敷 き に し た 「 学 校 文 法 」 が 齎 す 誤 解 と 、 現 実 の 日 本 語 環 境 詞 修 飾 」 が 不 可 能 で あ る 」 。 日 本 語 の 「 私 」 は 英 語 に お い に お け る 事 実 と の 違 い は 、 た と え ば 次 の よ う な こ と で あ る 。 て は 〈 I 〉 だ け で は な い 。 使 用 さ れ る 状 況 に 応 じ て 〈 Me 〉 や 〈 MyseIf 〉 に 変 化 さ せ な い と ま と も に 使 え な い 。 こ の こ ( 誤 り ) 日 本 語 に も 、 英 仏 語 と 同 様 に 、 品 詞 と し て の 人 と を 金 谷 は 、 , 端 康 成 と 大 江 健 三 郎 の ノ ー ベ ル 文 学 賞 受 賞 記 念 講 演 の タ イ ト ル に よ っ て 説 明 す る 。 周 知 の よ う に 川 端 称 代 名 詞 が あ る 。 「 私 」 が 英 語 の 《 I 》 や 仏 語 の 《 Je 》 ' 相 当 す る よ う に 「 あ な た 」 は 同 じ 順 で 《 You 》 と の 講 演 の 題 名 は 「 美 し い 日 本 の 私 」 だ が 、 英 訳 を 行 な っ た 《 Vous 》 、 「 彼 」 は 《 He 》 と 《 I 一 》 な ど と 一 致 す る 。 サ イ デ ン ス テ ッ カ ー は 、 こ れ を そ の ま ま 英 語 に 直 訳 す る こ と は 出 来 な か っ た 。 英 語 の 題 名 は 「 Japan, the BeautifuI, ( 事 実 ) 英 仏 語 で は 、 名 詞 と 人 称 代 名 詞 に は 構 文 的 に 異 and MyseIf 」 で あ る 。 川 端 を 踏 ま え た 大 江 の 受 賞 講 演 「 あ な っ た 働 き が あ る 。 日 本 語 に は そ の 違 い が な い 。 つ ま り い ま い な 日 本 の 私 」 も 、 こ れ に 倣 っ て 英 題 は 「 Japan,the 「 わ た し ・ あ な た ・ か れ 」 な ど は す べ て 、 文 法 的 に は 単 Ambiguous, andMyseIf 」 な の で あ る 。 な る 名 詞 で あ っ て 、 こ れ ら を 人 称 代 名 詞 と 呼 ん で 別 の 品 金 谷 は 「 実 は 日 本 語 教 育 で 言 う 「 名 詞 修 飾 」 と い う 言 葉 詞 を 立 て る 必 然 性 は ま っ た く な い 。 日 本 語 に 人 称 代 名 詞 は 実 に コ 一 一 一 口 い 得 て 妙 」 で あ る 。 名 詞 修 飾 が で き る か ら こ そ 論 が い ら ず 、 英 仏 語 に は 必 要 で あ る 理 由 は 、 双 方 の 基 本 文 「 私 」 は 名 詞 な の だ が 、 〈 I> は そ の ま ま 「 名 詞 修 飾 」 で き の 違 い に 由 来 し て い る 。 ( 同 ) な い の だ か ら 「 名 詞 」 と は 別 の 品 詞 と し て 扱 う べ き だ 。 現 に 英 仏 語 な ど で は そ う し て い る 。 そ れ ら が 「 名 詞 」 と は わ 新 ざ わ ざ 別 立 て で 呼 ば れ る 「 人 称 代 名 詞 」 な の で あ る 」 と 続 つ ま り 金 谷 は 、 日 本 語 に は 英 語 の 〈 I 〉 や 仏 語 の 〈 Je 〉 の よ う な 「 人 称 代 名 詞 」 と 呼 ば れ る べ き 品 詞 は そ も そ も 存 け る 。 日 本 語 の 「 私 」 等 と 英 語 の 〈 I 〉 が 完 全 に イ コ ー ル

群像 2016年 12月号


レ ッ ク ・ エ フ ィ ン ジ ャ ー の ハ ー ド ボ イ ル ド 『 重 力 が 衰 さ て 、 金 谷 は 、 フ ラ ン ス の 言 語 学 者 ア ン ド レ ・ マ ル チ ネ え る と き 』 の 翻 訳 で は 、 一 人 称 小 説 で あ る に も か か わ ら が 提 唱 し た 「 主 語 の 定 義 」 を 紹 介 す る 。 ず 、 原 文 に は 多 数 存 在 す る 「 I 」 が 四 ペ ー ジ 目 ま で 一 度 も 出 て こ な い こ と 、 そ れ ど こ ろ か 「 「 お れ 」 以 外 の 人 称 代 名 主 語 は 、 他 の あ ら ゆ る 一 一 = ロ 語 学 的 事 実 と 同 じ で 、 そ の ( 具 体 詞 だ っ て 、 三 ペ ー ジ 中 、 会 話 の 中 に 一 箇 所 出 て く る だ け 。 的 ) 振 る 舞 い に お い て の み 定 義 づ け ら れ る も の だ 。 も し 命 や れ ば で き る の で あ る 」 と も 書 い て い る 。 令 文 、 省 略 文 以 外 で 、 あ る 要 素 が 述 語 と 不 可 分 に 現 れ る で は 、 英 語 の 原 文 で は や た ら と ひ し め い て い る 人 称 代 名 な ら 、 そ れ は 主 語 で あ る 。 こ の 不 可 分 性 を 持 た な い も の は 詞 を 減 ら す コ ツ は と い う と 、 大 森 は 「 い ち ば ん だ い じ な の 主 語 で は な い 。 そ れ は 形 ( 例 え ば 語 幹 ) や 文 中 の 位 置 が は 視 点 を し つ か り 固 定 す る こ と 。 視 点 が 一 人 称 の 場 合 は 簡 ど う あ れ 、 他 の 補 語 と 同 じ く 一 つ の 補 語 に 過 ぎ な い 。 ( 同 ) 単 。 た と え ば 、 小 説 の 書 き 出 し に 「 わ た し は 自 分 が 道 路 に 寝 て い る こ と に 気 が つ い た 」 と 書 い て あ れ ば 、 「 気 が つ く マ ル チ ネ の バ ス ク 語 に か ん す る 論 文 の 一 部 を 金 谷 が 訳 し と 道 路 に 寝 て い た 」 で だ い た い 。 主 語 が だ れ な の か 読 た 文 章 を 引 い た 。 金 谷 は こ こ で マ ル チ ネ の 言 う 「 振 る 舞 い 者 に は っ き り わ か っ て い る 場 合 に は 、 省 い ち ゃ っ て 問 題 な comportement 」 と い , 2 一 一 一 口 葉 に 注 目 す る 。 文 法 的 に 正 し い 」 と 述 べ て い る 。 つ ま り 日 本 語 で は 、 視 点 が 固 定 さ れ て い か ど う か よ り も 「 実 際 の 言 語 行 為 に お け る あ る 名 詞 句 の お り 、 そ の こ と が 読 者 に 共 有 さ れ て い さ え す れ ば 、 主 語 Ⅱ 構 文 論 上 、 形 態 論 上 の 振 る 舞 い 」 が 重 要 な の だ と い う こ と 人 称 代 名 詞 が な く て も 文 の 意 味 は 通 じ る ( 場 合 が 多 い ) 。 で あ る 。 そ し て 、 こ の 点 を 鑑 み る と 、 日 本 語 で は 「 主 語 」 こ れ は 私 た ち の 「 新 し い 私 小 説 論 」 に と っ て 極 め て 示 唆 的 と い う 特 別 な 意 味 を 帯 び た 言 葉 は 必 須 で は な い 。 金 谷 は な 指 摘 と 言 え る が 、 ひ と ま す 金 谷 の 議 論 に 戻 ろ う 。 「 友 達 の 家 に 招 か れ て ク ッ キ ー を 勧 め ら れ た 」 と い う 状 況 戻 る 前 に 一 点 触 れ て お く と 、 金 谷 は 、 英 語 か ら 日 本 語 へ を 想 定 す る 。 「 食 べ て み る と お 世 辞 抜 き で と て も お い し い 。 の 翻 訳 と は 逆 の ケ ー ス に つ い て も 触 れ て い る 。 村 上 龍 の 芥 友 達 も 会 心 の 作 と 見 え て 、 こ ち ら の 反 応 を 待 っ て い る 様 子 川 賞 受 賞 作 『 限 り な く 透 明 に 近 い プ ル ー 』 の 英 訳 版 と 仏 訳 だ 。 さ て 、 何 と 言 え ま 、 。 し し た ろ う か 」 版 を 原 文 と 並 べ て み る と 、 日 本 語 に は な か っ た 「 人 称 代 名 「 お し し し ー ! 」 だ け で 十 分 だ ろ う と 金 谷 は 述 べ る 。 だ 詞 」 が 多 数 付 与 さ れ て い る こ と が わ か る 。 何 故 そ う す る の が 、 こ れ を 英 語 で 言 う と コ ( is good! 」 に な る 。 金 谷 の 主 か と い え ば 、 も ち ろ ん 「 英 語 の 基 本 文 か ら 言 っ て 「 そ う し 張 は 、 こ の 場 合 の 「 お い し い ー ! 」 は 、 正 し い 文 か ら な い と 非 文 法 的 に な っ て し ま う か ら 」 で あ る 」 。 「 I ( 」 と 「 一 s 」 が 省 か れ た の で は な く 、 そ れ だ け で 必 要 十 分 240

群像 2016年 12月号


と は 言 え な い と 考 え ら れ る 理 由 は 他 に も 多 々 あ る 。 誰 も が 要 な も の を 敢 え て 付 け 足 す こ と に よ っ て 新 た な 意 味 作 用 が 首 肯 し 得 る も の と し て は 、 ひ と り の 人 物 が 、 場 合 に よ っ て 成 さ れ る 状 況 が あ り 得 る の だ 。 た と え ば 「 一 love you 」 の 複 数 の 一 人 称 を 使 い 分 け て い る と い う 事 実 が 挙 げ ら れ る だ 日 本 語 訳 は 「 愛 し て る 」 で 問 題 な い 。 こ れ を 「 私 は あ な た ろ う 。 金 谷 は 「 平 均 的 な 日 本 人 サ ラ リ ー マ ン 」 が 、 会 社 で を 愛 し て い る 」 と 直 訳 す る の は 冗 長 で あ り 無 粋 で も あ る は 「 私 」 を 、 非 公 式 な 場 、 プ ラ イ ベ ー ト な 場 で は 「 僕 」 や が 、 し か し 敢 え て 「 私 は ・ あ な た を ・ 愛 し て い る 」 と 記 す 「 俺 」 を 、 自 分 の 子 ど も に 対 し て は 「 パ パ 」 や 「 お 父 さ ん 」 / 口 に す る こ と で 生 起 す る 強 調 な ど の ニ ュ ア ン ス が 日 本 語 を 使 用 し て い る 場 合 、 最 初 の 三 つ は 文 法 上 「 人 称 代 名 詞 」 の 実 践 で は 起 こ り 得 る 。 金 谷 は 「 日 本 語 の 「 基 本 文 」 は 、 と さ れ て い る が 、 最 後 の 二 つ は 明 ら か に 「 名 詞 」 で あ る こ 人 称 代 名 詞 か ら 一 切 自 由 で あ り 、 そ れ ら が 不 要 で あ る 」 と と を ど う 説 明 す る の か と 問 う 。 「 高 ら か に 宣 言 」 す る 。 「 構 文 的 に 必 要 な も の を 、 あ え て 言 わ な い と し た ら そ れ は 「 省 略 」 と 言 え よ う 。 日 本 語 に お い 双 方 の 「 人 称 代 名 詞 」 の 数 が 英 仏 語 と 日 本 語 で ま る で て は 多 く が 「 初 め か ら ゼ ロ 」 の 謂 で あ る 。 日 本 語 の 人 称 代 違 う の は 何 故 か 。 そ の 意 味 が 対 応 し て い な い か ら で あ 名 詞 は い わ ば 「 裸 の 王 様 」 と 同 じ で 、 着 て い る は ず の 服 が る 。 英 仏 語 の 〈 I 〉 と 〈 Je 〉 は 時 間 を 遡 れ ば 語 源 も 同 じ 見 え な い の で は な く 、 最 初 か ら ス ッ ポ ン ポ ン の 裸 な の だ 」 。 で 、 対 話 に お け る そ の 共 通 の 意 味 は 「 You と 話 し て い る 金 谷 は 「 人 称 代 名 詞 日 主 語 」 の 要 不 要 を め ぐ っ て 、 伊 丹 こ の 自 分 」 で し か な い 。 つ ま り 「 You 」 と 「 I 」 は 相 互 十 三 が 手 掛 け た 翻 訳 に か ん す る エ ピ ソ ー ド を 紹 介 し て い 排 他 的 で あ っ て 、 「 I 」 と は 「 非 You 」 、 「 You 」 と は 「 非 る 。 伊 丹 は 、 ウ ィ リ ア ム ・ サ ロ ー ヤ ン の 『 ノ I 」 を 意 味 す る 。 そ れ 以 外 に は 意 味 的 に 無 色 な 、 単 な る ク レ イ ジ ー 』 を 訳 す に あ た っ て 「 原 文 の 人 称 代 名 詞 を 可 能 符 牒 な の で あ る 。 ( 同 ) な 限 り 省 略 し な い 」 と い う ル ー ル を 自 ら に 課 し た 。 金 谷 は 伊 丹 が 「 「 僕 の 父 は 僕 の 母 に 、 彼 女 が 僕 と 僕 の 父 を 彼 女 の 符 牒 Ⅱ 記 号 で あ る か ら こ そ 、 基 本 的 に 英 仏 語 で は 〈 I 〉 車 で 送 る こ と を 断 わ っ た 」 と い う よ う な 文 章 に 読 者 が ど こ や 〈 Je 〉 を 省 略 出 来 な い 。 そ れ を 消 す こ と は 、 文 に お い ま で 耐 え て く れ る か 私 に も 自 信 は な い が 、 し か し 、 仮 に こ て 、 発 話 に お い て ( 他 の 部 分 に も 影 響 を 及 ば す こ と に な る れ を 「 マ マ は 車 で 送 っ て く れ る と 言 っ た が バ バ は 断 わ っ か ら だ 。 と こ ろ が 逆 に 日 本 語 に お い て は 、 む し ろ 「 私 」 あ た 」 と い う 風 に 訳 す な ら 、 こ の 小 説 は ( 中 略 ) や さ し く て る い は 「 あ な た 」 を 省 略 し な い こ と に よ っ て 付 加 的 な 意 味 物 判 り の い い お 父 さ ん の 子 育 て 日 記 と い う 水 準 に と ど ま っ が 生 じ る 場 合 が あ る 。 金 谷 の 主 張 に 即 し て 言 い 直 せ ば 、 不 て し ま っ た だ ろ う と 思 わ れ る 」 と 「 訳 者 あ と が き 」 で 述 べ 238

群像 2016年 12月号


R E V 一 E W ー 、 ア イ ′ 験 を な ど 一 三 00 第 に ー る ー ー ー ・ 一 一 一 さ ま 第 」 の 多 ・ 性 を 物 飛 し 第 的 ア ン ソ 0 ジ は 」 羹 参 + 第 人 第 物 を 亠 ふ 第 ネ 第 を 樹 た 夏 の 澤 語 池 池 澤 夏 樹 の 個 人 編 集 と し て 現 在 刊 行 さ れ て の 言 葉 」 「 日 本 語 の 性 格 」 の 十 章 か ら 成 る 。 く る 。 わ れ わ れ が 現 在 用 い て い る 日 本 語 と い る 『 日 本 文 学 全 集 』 全 三 十 巻 は 、 こ れ ま で 池 澤 氏 は あ と が き で 、 こ の 巻 が 全 集 の 意 図 は 、 明 治 半 ば に 国 民 国 家 の 形 成 と と も に 作 ら に 類 書 の な い 画 期 的 な 全 集 で あ る が 、 そ の 最 を 凝 縮 し た も の で あ る と 言 っ て い る 。 れ た 「 国 語 」 に す ぎ な い と い う 当 た り 前 で は 大 の 特 徴 は 「 古 事 記 」 「 万 葉 集 」 な ど の 古 典 《 結 果 は 人 工 衛 星 の 高 さ に カ メ ラ を 据 え て 、 あ る が 、 し か し 深 く 自 覚 さ れ な い 事 柄 に も 直 か ら 現 代 文 学 ま で を 網 羅 し 、 さ ら に 古 典 作 品 八 世 紀 か ら 二 十 一 世 紀 ま で の 間 に こ の 列 島 の 面 す る だ ろ う 。 い や 、 近 代 以 降 に お い て も 外 を 現 代 作 家 に 翻 訳 さ せ る と い う ス リ リ ン グ な 全 域 で 起 こ っ た 言 語 現 象 を 微 速 度 撮 影 で 撮 っ 国 語 の 翻 訳 と い う 面 か ら み れ ば 、 そ の 一 言 語 的 試 み が な さ れ て い る 。 本 書 は 三 十 巻 目 に あ た た 動 画 の よ う な も の に な っ た 。 / 時 を 追 っ て な 変 容 は 一 目 瞭 然 と な る 。 本 書 で は 、 坪 内 逍 る が 、 古 代 か ら 現 代 ま で の さ ま ざ ま な ジ ャ ン あ ち ら こ ち ら で 花 が 咲 く 。 そ れ を 上 か ら 見 遥 か ら 岡 田 利 規 ま で 六 人 の ハ ム レ ッ ト ( 第 三 ル の 日 本 語 の ア ン ソ ロ ジ ー で あ る 。 「 古 代 の る 。 大 輪 の も の あ り 密 や か な も の も あ り 、 日 幕 第 一 場 ) の セ リ フ To be, or not ( 0 be, 文 体 」 と し て 「 祝 詞 」 を 巻 頭 に 、 「 漢 詩 と 漢 文 」 本 語 ・ 漢 語 ・ 琉 球 語 ・ ア イ ヌ 語 と 、 言 語 ご と that オ the question" の 訳 が 載 っ て い る が 、 な が ら な が ら の 章 で は 菅 原 道 真 、 絶 海 中 津 、 一 休 宗 純 、 良 に 色 が 異 な る 。 そ の 間 を 自 在 に 飛 び 回 っ て 蜜 逍 遥 の 「 存 ふ る か : : : 存 へ ぬ か : : : そ れ が 疑 寛 、 頼 山 陽 の 「 日 本 外 史 」 、 そ し て 漱 石 の 漢 を 集 め 花 粉 を 運 ぶ 蝶 や 蜂 は 、 花 の 種 類 を 超 え 問 ち ゃ 」 か ら 福 田 恆 存 の 「 生 か 、 死 か 、 そ れ 詩 が 、 そ れ ぞ れ 中 村 真 一 郎 、 寺 田 透 、 富 士 正 て 文 学 的 価 値 を 受 け 渡 す 翻 訳 者 だ ろ う か 。 》 が 疑 問 だ 」 を 通 過 し 、 岡 田 訳 の 「 こ の ま ま こ 晴 、 唐 木 順 三 、 頼 成 一 ・ 頼 惟 勤 、 吉 川 幸 次 郎 千 数 百 年 に 及 ぶ こ の 国 の 言 葉 は 、 ま さ に 無 う し て い る べ き か そ れ と も そ れ を や め る べ き ら の 訳 者 を 得 て 並 べ ら れ 、 以 下 「 仏 教 の 文 体 」 数 の 「 翻 訳 者 」 を 必 要 と し て い る の で あ り 、 か と い う の が 問 題 で 」 ま で 、 こ の 百 年 余 の 日 「 キ リ ス ト 教 の 文 体 」 「 琉 球 語 」 「 ア イ ヌ 語 」 日 本 語 と 呼 ば れ る 言 語 自 体 の 多 様 性 と 重 層 性 本 語 の 流 動 が 手 に 取 る よ う に 分 か る 。 「 音 韻 と 表 記 」 「 現 代 語 の 語 彙 と 文 体 」 「 政 治 と が 、 そ の こ と 自 体 の う ち に 明 ら か に な っ て 改 め て 言 う ま で も な く 、 中 国 か ら 伝 播 し た 越 境 す る 日 本 語 富 岡 幸 一 郎 B 〇 〇 K 一 三 ロ 書 286

群像 2016年 12月号


三 上 は 、 ま す 係 助 詞 「 は 」 と 、 「 が 」 及 び 同 じ レ ベ ル で 扱 わ れ る べ き 「 を ・ に ・ と ・ で 」 な ど 格 助 詞 と を 峻 別 す る 。 何 故 な ら 係 助 詞 と 格 助 詞 に は 、 文 法 的 に 大 き な 違 い が あ る か ら だ 。 格 助 詞 は 動 詞 と の 文 法 関 係 を 示 す が 、 係 助 詞 は 示 さ な い の で あ る 。 ま し て や 主 語 ・ 述 語 に よ る 主 述 関 係 と い う も の は 日 本 語 に な い 、 と 主 張 し た 。 三 上 は 格 助 詞 「 が 」 を 他 の 格 助 詞 と 同 じ レ ベ ル に 並 べ る か ら 、 が 格 の 名 詞 句 は 主 語 と な り え ず 、 単 な る 「 主 格 補 語 」 に す ぎ な い 。 補 語 は 基 本 文 の 不 可 欠 要 素 で は な い か ら 日 本 語 の 基 本 文 は 「 述 語 一 本 立 て 」 だ と い う の が 三 上 の 主 張 で あ る 。 ( 同 ) 金 谷 は 「 か く し て 三 上 は 、 「 は 」 と 「 が 」 が い ず れ も 主 語 の マ ー カ ー で は な い 以 上 、 日 本 語 に 主 語 は 無 要 で あ り 、 そ の 基 本 文 は 述 語 の み の 一 本 立 て で あ る こ と 。 一 方 、 英 仏 語 な ど 西 洋 語 で は 主 述 の 二 本 立 て で あ る こ と を 明 解 に 宣 言 し た の で あ る 」 と 続 け る 。 金 谷 は 豊 富 な 文 例 を 挙 げ て い る が 、 重 要 な 点 は 、 「 5 は 」 も 「 5 が 」 も 「 5 」 の 部 分 は 英 仏 語 に お け る 「 主 語 」 と は 違 う の だ と い う こ と 、 そ れ か ら 係 助 詞 「 は 」 は 、 「 が 」 や 「 を ・ に ・ と ・ で 」 な ど の 格 助 詞 と は ま っ た く 異 な る 次 元 に あ る 助 詞 だ と い う こ と で あ る 。 金 谷 は 「 は 」 を 「 文 字 通 り の ス ー 。 ハ ー 助 詞 で 、 そ の 本 当 の 役 割 は 、 単 文 の 境 界 を 越 え る と こ ろ に あ る 」 と 述 べ て い る 。 端 的 に 言 っ て 「 は 」 は 「 主 語 」 で は な く 「 主 題 」 を 示 す も の な の だ と 、 金 谷 は 三 上 を 継 い で 主 張 す る 。 そ し て そ れ は 「 単 文 の 境 界 を 越 え る 」 の だ 。 い っ た い ど う い う こ と カ ? ・ 三 上 に よ れ ば 、 助 詞 「 は 」 の 働 き は 節 を 越 え ( コ ン マ 越 え ) 、 文 さ え 越 え る ( ピ リ オ ド 越 え ) こ と が で き る 。 そ の 点 に お い て 「 は 」 は 「 が 」 以 下 の 格 助 詞 と 明 ら か に ハ ワ ー が 違 う の だ 。 三 上 は 夏 目 漱 石 の 『 吾 輩 は 猫 で あ る 』 の 冒 頭 を 引 用 す る 。 吾 輩 は 猫 で あ る 。 名 前 は ま だ 無 い 。 ど こ で 生 れ た か 頓 と 見 当 が っ か ぬ 。 何 で も 薄 暗 い じ め じ め し た 所 で ニ ャ ー ニ ャ ー 泣 い て 居 た 事 丈 は 記 憶 し て 居 る 。 三 上 の か み そ り は こ れ を 見 事 に 腑 分 け し て い く 。 冒 頭 の 題 目 「 吾 輩 は 」 に 、 「 名 前 は ま だ 無 い 」 以 下 の 3 文 が ヒ リ オ ド を 3 回 に 「 お ん ぶ し て 」 お り 、 結 果 「 は 」 は 、 。 わ た っ て 越 え て い る 、 と 分 析 す る の だ 。 つ ま り 、 以 下 の よ う な 図 で 示 せ る の で あ る 。 「 吾 輩 は 」 ↓ 猫 で あ る 。 ↓ 名 前 は ま だ 無 い 。 ↓ ど こ で 生 れ た か 頓 と 見 当 が っ か ぬ 。 ↓ 何 で も 薄 暗 い じ め じ め し た 所 で ニ ャ ー ニ ヤ 242

群像 2016年 12月号


ビ 」 と は 「 文 脈 コ ン テ ク ス ト 」 の 隠 喩 な の 子 に な る 。 と 同 時 期 の デ ビ ュ ー だ が 十 年 間 特 別 警 戒 中 」 の た す き を 掛 け て 外 出 し て い で = 一 作 し か 小 説 を 発 表 し て お ら ず 、 も 0 ば ら て 、 や が て ゾ ン ビ を 何 人 ( 何 体 ) も 処 理 す る だ 。 そ し て こ の 隠 喩 は 、 と て も 大 き な 意 味 と 持 ち 前 の 美 貌 に よ 0 て 各 種 媒 体 に 露 出 し て い 羽 目 に な 0 て ゆ く 。 全 体 は 二 部 に 分 か れ て お か な り 小 さ な 意 味 の 二 重 に な 0 て い る 。 る 桃 咲 カ ヲ ル こ と 海 東 理 江 は 、 読 み 手 と し て り 、 人 物 紹 介 と 基 本 的 な 状 況 説 明 が な さ れ る 大 き い 方 は 、 む ろ ん 、 現 在 の 日 本 社 会 を の 能 力 ゆ え に 理 想 が 高 く 、 な か な か 小 説 が 書 第 一 部 、 さ ま ざ ま な 謎 が 露 わ に な り 、 物 語 が 覆 0 て い る 息 苦 し く 鬱 陶 し い 「 文 脈 依 存 性 」 け な い の だ が 、 そ ん な 自 分 の 存 在 の あ り 方 に 大 き く 展 開 す る 第 二 部 と 、 ゾ ン ビ と 文 学 を め で あ る 。 同 調 圧 力 と 言 い 換 え て も い い だ ろ 内 心 疑 問 を 感 じ て も い る 。 の 担 当 編 集 者 で ぐ る 一 風 変 わ 「 た 群 像 劇 と し て 、 見 せ 場 満 載 う 。 ラ ス ト に 至 0 て 著 者 の 姿 勢 は 明 確 に 示 さ れ る 。 だ が 、 そ れ と 同 時 に 、 こ こ で は は る か あ る 須 賀 は 、 文 芸 誌 編 集 と し て の 経 験 の 浅 さ の ス ケ ー ル の 大 き な 作 品 と な っ て い る 。 に 小 さ な 世 界 、 す な わ ち 「 文 学 」 や 「 文 壇 」 を 自 覚 し な が ら 、 会 社 の 利 益 に 大 き な 貢 献 を 羽 田 圭 介 は 何 故 、 こ ん な 小 説 を 書 い た の だ に お け る 「 ゾ ン ビ 化 し た 文 脈 」 の 不 毛 さ が 徹 、 と い う よ り も 明 確 に 赤 字 部 ろ う か 。 結 末 ま で 読 み 進 め れ ば 、 作 者 が こ の す る こ と が な い 門 で あ る 自 分 の 仕 事 に ジ レ ン マ を 感 じ て い 荒 唐 無 稽 な 作 品 に こ め た メ ッ セ ー ジ は 明 ら か 底 的 に 晒 け 出 さ れ る 。 こ れ は ま 0 た く も 0 て る 。 文 芸 業 界 に も ゾ ン ビ の 影 響 は 波 及 し て お と な る 。 キ ー ワ ー ド は 題 名 に 含 ま れ て い る 単 絵 空 事 な ど で は な い 、 と 著 者 は 言 い た い の で 。 オ し か 。 が し か し 、 こ れ は 「 文 学 」 「 文 壇 」 語 「 コ ン テ ク ス ト 」 で あ る 。 屍 者 の コ ン テ ク よ よ 、 り 、 ゾ ン ビ に な り か け た ま ま 仕 事 を 続 け て い の 存 在 意 義 に 異 を 唱 え る 、 た だ 単 に 正 し い だ る 者 も い れ ば 、 夏 目 漱 石 な ど 文 豪 た ち が ゾ ン ス ト 、 ゾ ン ビ の 文 脈 と は 、 い っ た い 何 か ? ビ と し て 蘇 「 て き た り も し て い る 。 長 崎 の 実 こ こ で 言 う 「 文 脈 」 と は 、 ま さ に 「 ゾ ン ビ 映 け の 批 判 と も 違 う 。 何 故 な ら 著 者 は 、 自 分 自 家 住 ま い で 、 バ イ ト を し な が ら 小 説 家 デ ビ = 画 」 に つ い て 提 示 さ れ て い る よ う な 「 お 約 身 を 実 験 体 と し て 、 こ の 紛 れ も な い 「 ゾ ン ビ ー を 目 指 し て い る 南 雲 晶 は 、 各 種 新 人 賞 〈 の 束 」 の こ と で あ り 、 阿 吽 の 呼 吸 の 「 阿 吽 」 の の コ ン テ ク ス ト 」 を 体 現 し よ う と し て い る か 応 募 も 出 版 社 へ の 持 ち 込 み も 上 手 く い か す 、 こ と で あ り 、 空 気 を 読 む と か 読 ま な い と か の ら だ 。 「 空 気 」 の こ と で あ る 。 つ ま り 、 何 で あ れ 他 そ う 、 と い う 頭 文 字 の 著 者 は 、 あ の あ い っ そ 自 費 出 版 で 本 を 出 そ う か と 考 え て い と 、 自 ら 進 ん で ゾ ン ビ に 噛 ま れ て み せ た の る 。 長 崎 に も ゾ ン ビ が 出 現 し 、 彼 は 家 族 と と 人 同 士 や 集 団 Ⅱ 共 同 体 に お い て コ ミ ュ ニ ケ ー も に ゾ ン ビ が 居 な い と 言 わ れ て い る 北 海 道 〈 シ , ン が 成 立 す る 際 の 暗 黙 の 前 提 と な る 諸 条 だ 。 彼 は こ う 問 い か け て い る 。 さ て 読 者 の 皆 評 書 と 向 か う 。 区 の 福 祉 事 務 所 に 勤 務 す る 新 垣 件 が 「 文 脈 」 で あ る 。 こ の 「 文 脈 」 な る も の さ ん 、 私 は す で に ゾ ン ビ に な 「 て い ま す か ? ( 講 談 社 刊 ・ 税 別 定 価 一 六 〇 〇 円 ) は 、 ケ ー ス ワ ー カ ー と し て 多 数 の 生 保 受 給 者 が 、 本 作 を 通 底 す る 主 題 と な っ て い る 。 あ り を 担 当 し な が ら 、 上 司 の 指 示 で 「 変 質 暴 動 者 」 て い に 言 っ て し ま え ば 、 こ の 物 語 の 「 ゾ ン

群像 2016年 12月号


と に 関 し て は 、 あ く ま で も こ の 「 深 淵 」 の 上 で ど の よ う な そ の も の と ま っ た く お な じ も の で あ る よ う に 見 え る こ と 振 る 舞 い を 行 う か が 、 そ こ で は 唯 一 の 基 準 な き 基 準 と な る が あ る 。 し か し 、 作 家 に と っ て 自 然 発 生 的 な 資 質 な ど と だ ろ う 。 彼 が そ れ 以 前 に 書 か れ て き た も の の 最 良 の 部 分 を い う も の は な い 。 作 家 は 方 法 の 探 究 を つ う じ て 資 質 に 達 救 う た め に は 、 む し ろ 「 書 い て 行 」 く 中 で 彼 の 方 法 を 探 る し 、 資 質 を え ら び と る の で あ る 。 し か な い の で あ る 。 こ こ で は 、 言 語 の 行 為 遂 行 性 が あ か ら さ ま に 露 呈 し た 形 こ こ に 書 か れ て い る の は 実 体 的 な 作 家 主 義 で も な け れ で 現 れ て い る 。 画 定 で き な い 一 つ の 言 葉 が 別 の 意 味 へ と 浮 ば 、 単 純 な 構 築 主 義 的 思 考 で も な い 。 こ こ で 「 方 法 の 探 し 転 換 し て し ま う こ と 、 あ る い は 思 想 が 形 式 化 し て 当 初 究 」 と は 、 自 ら の 「 資 質 」 を 選 び と る 行 為 と 切 り 離 せ な い と は 正 反 対 の 意 味 に す ら 転 用 可 能 と な り う る と い う 問 題 も の と し て 語 ら れ て い る 。 行 為 遂 行 性 の 次 元 に お い て 、 コ は 、 言 語 の 伝 達 に 関 す る 大 き な 問 題 を 指 し 示 し て い る 。 だ ン テ ク ス ト の 「 深 淵 」 を 開 い て し ま う よ う な 言 葉 を 記 し つ が し か し 、 こ の よ う な 問 題 を 十 分 に 引 き 受 け つ つ も 、 大 江 つ 、 そ こ で こ そ 自 己 の 「 資 質 」 と 呼 べ る も の を 掘 り 起 こ す に お い て は 、 詩 や 小 説 に お い て 採 ら れ る 「 方 法 」 が そ れ 自 「 方 法 」 を 探 る こ と 。 大 江 に お け る 様 々 な 「 方 法 の 探 究 」 体 に お い て 伝 達 し て く る 特 異 性 こ そ が 、 文 学 の 問 題 と し て と は 、 言 語 の 「 深 淵 」 を 前 提 と し た 上 で 、 そ こ に あ る 「 資 置 か れ る の で あ る 。 こ こ で 、 大 江 が 「 中 野 重 治 と 『 梨 の 、 質 」 を 、 「 方 法 」 を 媒 介 と し て 改 め て 見 出 し て ゆ く た め の 花 』 の 文 章 」 に お い て 、 『 梨 の 花 』 の 「 方 法 」 の 独 創 性 に 方 途 な の で あ る 。 つ い て 述 べ て い た こ と を 見 て み よ う 。 レ イ ト ・ ス タ イ ル 晩 年 様 式 の コ ギ ト 「 梨 の 花 」 の 方 法 は き わ め て 独 創 的 な も の だ 。 こ の 方 法 を 意 識 的 に 達 成 さ れ た も の で な く 、 a 三 ficie 一 な も の で な か っ て 津 島 佑 子 は 、 大 江 の 語 る 「 生 の 意 味 」 は 「 無 意 く 、 中 野 重 治 氏 の 資 質 そ の も の で あ っ て 、 す で に 方 法 と 味 」 、 あ る い は 数 学 の 「 解 な し 」 ( 発 散 ) の 問 題 と 同 じ も の よ ぶ こ と は 妥 当 で な い と す る 意 見 は 、 と く に 中 野 重 治 氏 で は な い か と 肯 定 的 な 意 味 で 述 べ て い た ( 「 『 懐 か し い 年 へ の の 熱 心 な 読 者 に よ っ て な さ れ る こ と が 多 い が 、 私 は そ れ 手 紙 』 に 重 ね て 思 う こ と 」 ) が 、 こ の 「 解 な し 」 と は 「 深 淵 」 に 月 し な い 。 の こ と だ と 受 け 取 れ る だ ろ う 。 九 〇 年 代 半 ば ま で の 小 説 に 真 に 独 創 的 な 方 法 は 、 あ ま り に も そ の 作 家 の 本 質 に ね お け る 神 秘 主 義 的 傾 向 は 『 宙 返 り 』 を 書 し た 後 冫 、 ' こ 大 江 の 作 ざ し 本 質 以 外 の な に も の も 抱 合 し て い な い た め に 、 資 質 品 か ら 後 退 し て ゆ く が 、 小 説 そ の も の が 世 界 に お い て 「 深 105 新 た な 「 方 法 序 説 」 へ ー ー 大 江 健 三 郎 を め ぐ っ て