検索 - みる会図書館

検索対象: 群像 2017年 1月号

群像 2017年 1月号から 359件ヒットしました。

群像 2017年 1月号


と っ て 意 味 が あ る の は 、 前 回 も 触 れ た よ う に 以 下 の 二 つ の そ の 冒 頭 に 「 私 は 」 を 、 末 尾 に 「 と 書 い た 」 を 付 け 加 え て 点 に よ る 。 み れ ば た ち ど こ ろ に 姿 を 現 す 。 な ぜ な ら そ れ は 「 事 実 ら し ま ず ひ と つ は 、 な る ほ ど 「 主 語 」 が な く て も 多 く の 場 う 」 で あ っ て 「 事 実 」 そ の も の で は な い し 、 こ の 現 実 で は 合 、 意 味 が 通 じ る の だ と し た ら 、 そ れ で も 書 か れ る 「 私 」 な く こ の 小 説 で あ る の だ か ら だ 。 そ ん な こ と は 当 た り 前 だ と 、 書 か れ る こ と の な い 「 私 」 の 間 に は 、 如 何 な る 違 い が と 思 う だ ろ う が 、 あ ら ゆ る 「 三 人 称 の 小 説 」 は 実 の と こ ろ 潜 在 的 な 「 一 人 称 」 で 書 か れ て い る の で あ っ て 、 そ れ も 何 あ る の か 。 た と え ば 今 後 、 機 械 翻 訳 の 技 術 が 飛 躍 的 に 向 上 し て い っ た と し て も 、 英 語 の 小 説 を 日 本 語 に 翻 訳 し た 場 合 度 も 述 べ て き た 当 た り 前 だ と す る な ら ば 、 そ れ は 結 局 、 に は 「 人 称 代 名 詞 」 の 煩 雑 さ が 、 逆 に 日 本 語 の 小 説 を 英 語 と っ く に 乗 り 越 え て き た 筈 の 「 超 越 的 一 人 称 」 と 似 か よ っ の 翻 訳 に 掛 け た 際 に は 「 主 語 」 の 追 加 が 問 題 に な る こ と だ て く る 。 ろ う 。 そ れ を 自 動 化 す る こ と も お そ ら く 可 能 だ が 、 翻 訳 作 し か し 「 三 人 称 」 に は 「 天 来 の 、 他 域 か ら の 、 異 界 か ら の 「 声 」 」 は 聞 こ え て こ な い 。 な ら ば 「 声 」 抜 き に そ れ を 可 能 業 に お け る 「 主 語 成 分 」 の 濃 度 の 設 定 は 原 テ ク ス ト の 書 き に す る の が 「 三 人 称 」 と い う こ と な の か 。 な ぜ 「 私 」 と 書 手 と テ ク ス ト そ れ 自 体 の 個 性 を 設 定 す る こ と で も あ る か ら 、 許 容 さ れ る 範 囲 内 ( そ の 画 定 も 容 易 で は な い が ) で パ い た 途 端 に 「 視 界 の 限 定 」 や 「 発 話 時 点 の 制 約 」 が 語 り を ラ メ ー タ を ど の よ う に 配 分 す る か は ケ ー ス パ イ ケ ー ス に な さ ま ざ ま に 拘 束 し 、 そ し て 「 私 」 と 書 か な い だ け で そ う し ら ざ る を 得 な い の で は あ る ま い か 。 た こ と 全 部 を 免 れ る の か 。 こ こ に 考 え る べ き 問 題 が あ る 。 そ し て こ の こ と は 翻 訳 だ け の 話 で は な い 。 主 語 な し で も こ こ で 金 谷 武 洋 の 「 主 語 不 要 論 」 が か か わ っ て く る 。 金 谷 は 「 日 本 語 」 に お け る 「 主 語 」 す な わ ち 「 人 称 代 名 詞 」 書 け る の に 何 故 だ か 消 さ れ ず 残 さ れ た 主 語 の 紛 れ も な い 過 剰 さ の 問 題 と 、 書 か れ て い な い 主 語 の 暗 黙 の 不 気 味 な 駆 動 の 存 在 理 由 と 機 能 様 態 が 外 国 語 と は 著 し く 異 な っ て い る こ の 問 題 。 そ れ か ら 「 私 」 を 書 く / 書 か な い は 、 そ の 他 の 人 と を 明 ら か に し て 「 日 本 語 に 主 語 は い ら な い 」 と 主 張 し 論 説 た 。 し か し 、 そ れ は 「 日 本 語 文 法 」 で は 外 国 語 と 同 様 ・ 同 称 代 名 詞 、 た と え ば 「 彼 」 と 書 く / 書 か な い と 何 か 違 い が と い う 意 味 で 等 に 「 主 語 」 を 扱 う 必 要 も 必 然 性 も な い 、 あ る の か 。 書 か れ ざ る 「 私 」 と 書 か れ ざ る 「 彼 」 は そ の 不 あ っ て 、 一 切 の 「 主 語 Ⅱ 人 称 代 名 詞 」 を 「 日 本 語 」 か ら な 要 性 に お い て 同 じ な の か 否 か 。 新 も う 一 点 は 「 視 点 」 の 問 題 で あ る 。 大 森 望 は 「 日 本 語 で く す の が 正 し い と い う こ と で は な い し 、 無 論 の こ と 、 そ ん は 、 視 点 が 固 定 さ れ て お り 、 そ の こ と が 読 者 に 共 有 さ れ て な 事 態 に は な っ て い な い 。 私 た ち の 当 面 の 「 人 称 論 」 に

群像 2017年 1月号


読 点 を 打 ち 、 改 行 し た 。 段 落 ( バ ラ グ ラ フ ) と 段 落 、 文 章 中 上 健 次 『 半 蔵 の 鳥 』 ( セ ン テ ン ス ) と 文 章 間 に 、 響 き 合 う リ ズ ム が な い な ど と い う こ と は な い 、 と 最 初 か ら 確 信 し て い た 。 そ れ が 「 盲 信 だ 非 情 な ま で の 非 常 時 が 滲 み ( ろ う ) 」 と 判 断 さ れ た わ け だ 。 す な わ ち 、 日 本 語 の 使 い 手 と し て 未 熟 だ 、 と 。 ゲ ラ を 見 な が ら 、 読 点 の 位 置 の 修 正 の 鉛 筆 古 川 日 出 男 が 異 様 な 頻 度 で 入 「 て い た り す る と 、 こ こ は 作 文 教 室 か よ と 愕 然 と し た 。 し か し 、 誰 だ っ て 理 解 で き る は ず だ が 、 こ れ は ま と も な 日 本 語 だ 、 と い う 文 章 と 、 こ れ は 、 ま と も な 、 日 本 語 、 だ 、 と い う 文 章 は 異 な る 。 何 が 異 な る か と 言 え ば 、 書 き 手 の 意 図 が 異 な る 。 ま た 、 こ れ が ま と も な 日 本 語 だ 、 と 書 け 問 題 は 「 美 し い 」 と い う こ と を ど う 定 義 す る か 、 で あ り 、 ば 、 書 き 手 の 主 張 の 度 合 い が 変 わ る 。 こ れ を 読 点 で 区 切 っ そ れ が 「 日 本 語 」 に 対 し て ど う 働 く か 、 だ ろ う 。 さ い わ い 、 て 、 こ れ が 、 ま と も な 、 日 本 語 、 だ 、 と す れ ば ェ ク ス ク ラ メ 僕 は 日 本 語 で 文 章 を 綴 る こ と を 生 業 と す る 小 説 家 だ か ら 、 日 ー シ ョ ン ・ マ ー ク を 文 末 に 付 し て も い な い の に 叫 ん で い る こ 頃 、 何 に 留 意 し て い る の か 、 を 挙 げ れ ば 、 当 面 の 課 題 が 炙 り と が わ か る 。 さ ら に 改 行 し て み よ う 。 出 さ れ る 。 こ れ は 簡 単 に ロ に で き る 。 二 、 助 詞 、 二 、 読 占 、 こ れ が 。 三 、 改 行 だ 。 も っ と 別 な 言 い 方 を す れ ば 、 小 説 家 で デ ビ ュ ー な あ 、 こ れ が 。 し た ( す る ) 瞬 間 か ら 、 ま た 、 デ ビ ュ ー 直 後 の 何 年 間 か 、 ま と も な 。 も っ と も 頻 繁 に 校 閲 お よ び 編 集 者 の チ ェ ッ ク を 受 け た の が 、 そ う だ 、 ま と も な 。 こ れ ら の 三 点 だ っ た 。 日 本 語 、 だ 。 つ ま り 、 こ う い う こ と だ 。 僕 は お か し な 助 詞 の 使 い 方 を し と 書 い た ら 、 こ こ に は 強 烈 な 何 か が 生 じ る 。 こ の 場 合 、 お か し な 読 点 の 打 ち 方 を し た 。 ラ グ ラ フ だ の セ ン テ ン ス だ の 読 点 だ の 、 を 超 え て 、 句 点 、 ま 誰 も し な い よ う な 改 行 を し た 。 も ち ろ ん 当 人 か ら し て み れ ば 、 「 お か し い 」 な ど と い う 価 た セ ン テ ン ス 未 満 の 語 ( ワ ー ド ) の カ 、 と い う も の が 前 景 化 値 を 追 求 し た こ と は 一 度 も な い 。 も っ と も 意 味 を な す 助 詞 を す る 。 し か し 、 こ う し た こ と を 作 家 デ ビ ュ ー 以 前 か ら 延 々 二 十 用 い よ う と し て 、 も っ と も 適 切 な リ ズ ム を 付 与 せ ん が た め に 年 以 上 も 考 え て き て 、 た と え ば 「 あ の 改 行 が よ か っ た 」 と 褒 め 美 し い 日 本 語 210

群像 2017年 1月号


「 美 し い 日 本 語 」 と い う の は 反 語 の よ う に 響 く 。 あ り も し な い も の を あ る と 強 弁 す る 、 そ の 強 弁 に よ っ て 浮 か び 上 が る も の が 反 面 教 師 に な る と い う わ け で あ る 。 あ る い は 、 ど の よ う な 言 語 も 日 々 刻 々 と 変 化 し て い る の で あ り 、 日 本 語 も 例 外 で 、 し た が っ て 世 代 に よ っ て 「 美 し い 」 と す る 日 本 語 も 違 う は ず で あ り 、 つ ま る と こ ろ 、 「 美 し い 日 本 語 」 を 問 う こ と は 、 日 本 語 の 変 化 を 浮 き 彫 り に す る こ と で あ る 、 と い う よ う な こ と で あ る 。 だ が 、 そ う い う 皮 肉 な 見 方 を 一 方 に お き な が ら 、 「 美 し い 日 本 語 」 と い う こ と で 瞬 時 に 思 い 浮 か ん だ の が 一 葉 の 「 に ご り え 」 だ っ た 。 明 治 す な わ ち 文 化 の 過 渡 期 で あ る 。 変 化 す る 日 本 語 な ど 一 葉 に と っ て は 自 明 の こ と だ っ た だ ろ う 。 そ の 変 化 を 前 提 に し て 、 な お か っ 不 朽 の 文 章 を 書 か ね ば な ら な い と い う 矛 盾 を 、 敢 然 と 引 き 受 け て 書 か れ た の が 一 葉 の 文 章 だ っ た と い う 気 が す る 。 描 か れ て い る 主 題 も む ろ ん の こ と だ が 、 描 き 方 つ ま り 文 体 も ま た 鬼 気 迫 る の で あ る 。 樋 口 一 葉 「 に ご り え 」 変 る も の と 変 ら な い も の 三 浦 雅 士 美 し い 日 本 語 「 に ご り え 」 の 第 五 章 は 二 段 に 分 か れ る が 、 そ の 二 段 目 は か ら て ん ち く 「 お 力 は 一 散 に 家 を 出 て 、 行 か れ る 物 な ら 此 ま ゝ に 唐 天 竺 の 果 ま で も 行 っ て 仕 舞 た い 、 あ ゝ 嫌 だ 嫌 だ 嫌 だ 、 何 う し た な ら 人 の 声 も 聞 え な い 物 の 音 も し な い 、 静 か な 、 静 か な 、 自 分 の 心 も 何 も ば う っ と し て 物 思 ひ の な い 処 へ 行 か れ る で あ ら う 」 と い う 一 一 一 一 口 葉 で 始 ま り 、 以 下 、 次 の よ う に 続 く 。 つ ま ら ぬ 、 く だ ら ぬ 、 面 白 く な い 、 情 な い 悲 し い 心 細 い 中 に 、 何 時 ま で 私 は 止 め ら れ て 居 る の か し ら 、 こ れ が 一 生 か 、 一 生 が こ れ か 、 あ ゝ 嫌 だ 嫌 だ と 道 端 の 立 木 へ 夢 中 に 寄 か ゝ っ て 暫 時 そ こ に 立 ど ま れ ば 、 渡 る に や 旧 し 渡 ら ね ば と 自 分 の 謳 ひ し 声 を 其 ま ゝ 何 処 と も な く 響 い て 来 る 、 仕 方 が な い 矢 張 り 私 も 丸 木 橋 を ば 渡 ら ず ば な る ま 父 さ ん も 踏 か へ し て 落 て お 仕 舞 な さ れ 、 祖 父 さ ん も 同 じ 事 で あ っ た と い ふ 、 何 う で 幾 代 も の 恨 み を 背 負 て 出 た 私 な れ ば 為 る 丈 の 事 は し な け れ ば 死 ん で も 死 な れ ぬ の で あ ら う 、 情 な い と て も 誰 れ も 哀 れ と 思 ふ て く れ る 人 は あ る ま じ く 、 悲 し い と 言 へ ば 商 売 が ら を 嫌 ふ か と 一 ト ロ し ま : っ に 言 は れ て 仕 舞 、 ゑ ゝ 何 う な り と も 勝 手 に な れ 、 勝 手 に な れ 、 私 に は 以 上 考 へ た と て 私 の 身 の 行 き 方 は 分 ら ぬ な れ ば 、 分 ら ぬ な り に 菊 の 井 の お 力 を 通 し て ゆ か う 、 人 情 し ら ず 義 理 し ら ず か 其 様 な 事 も 思 ふ ま い 、 思 ふ た と て 何 げ ふ て い す く せ う な る 物 ぞ 、 此 様 な 身 で 此 様 な 業 体 で 、 此 様 な 宿 世 で 、 何 う し た か ら と て 人 並 み で は 無 い に 相 違 な け れ ば 、 人 並 の 事 を 考 へ て 苦 労 す る 丈 間 違 ひ で あ ろ 、 あ ゝ 陰 気 ら し い 148

群像 2017年 1月号


は な い か な と 思 っ て い た 。 「 美 し い 」 と 「 正 し い 」 は 似 て い て 、 そ こ か ら は み 出 す も の に バ ッ テ ン を つ け る 感 じ が す る 。 そ れ で も 文 法 や 語 法 に 照 ら ー 文 彩 の 技 法 し て 「 正 し い ー 日 本 語 は 存 在 す る と い え る だ ろ う 。 そ の 「 正 し い 」 日 本 語 す ら 、 慣 用 に よ っ て 変 化 し て い く こ と は 知 ら れ 中 島 京 子 先 日 、 知 人 が あ る 雑 誌 に 文 章 を 渡 し た ら 、 「 行 か れ な い 」 を 全 部 「 行 け な い 」 に 直 さ れ て し ま っ た と 話 し て い た 。 こ れ は 子 ど も の こ ろ 「 花 い ち も ん め 」 で 遊 ん で 「 お 釜 、 底 抜 け 、 行 か れ な い 」 と 歌 っ た 人 間 に と っ て は か な り シ ョ ッ ク な こ と 群 像 編 集 部 が ど う し て 「 美 し い 日 本 語 」 と い う 特 集 を 組 む こ と に し た の だ か 、 詳 し い こ と は き い て い な い の だ け れ ど だ 。 「 行 か れ な い 」 は 、 可 能 の 否 定 だ が 、 現 在 の 「 正 し さ 」 も 、 こ ん な ス ト レ ー ト な タ イ ト ル を 見 る と 、 ひ っ か け 問 題 を に 照 ら し て み る と 、 夏 目 漱 石 が 使 い そ う な 「 古 語 」 的 な 感 じ が す る の だ ろ う か 。 私 自 身 は 、 「 行 け な い 」 よ り 「 行 か れ な 前 に し た 受 験 生 の よ う な 気 持 ち に な る の は 否 め な い 。 な に を し て 「 美 し い 」 と い う の か 。 た と え ば 、 安 倍 首 相 が い 」 の ほ う が 一 字 多 い 分 だ け 、 言 葉 に 含 ま れ る 感 情 が 複 雑 で イ メ ー ジ す る 「 美 し い 国 」 と 、 私 が い い な あ と 思 う 国 の あ る 豊 か だ と 感 じ る 。 と こ ろ で 、 私 が 美 し さ を 感 じ る 日 本 語 と は ど う い う も の か べ き 姿 は 違 う の で 、 「 美 し い 国 」 と 言 わ れ る と 、 正 直 ち ょ っ と 怖 い 書 か な く て は な ら な い の だ っ た 。 そ う 正 面 切 っ て 聞 か れ る と 、 よ く わ か ら な く な る 。 「 美 し い 」 に は 反 動 的 な 響 き が あ る 。 大 江 健 三 郎 の 文 章 は 悪 今 年 、 必 要 が あ っ て 、 夏 の 間 ず っ と 大 岡 昇 平 を 読 ん で い 文 と か 、 村 上 春 樹 の 文 章 は 翻 訳 調 と か 言 わ れ て 、 「 美 し い 」 た 。 私 は 読 書 に 時 間 が か か り 、 一 冊 の 本 が 読 み 切 れ な い こ と と い う 評 価 は 聞 い た こ と が な い 。 で も 、 ど ち ら か と い え ば も 往 々 に し て あ る 。 し ば し ば 文 章 に 引 っ か か っ て し ま う の 「 美 し く な さ 」 に 価 値 が あ り 、 「 美 し い 」 に 閉 じ 込 め ら れ て し だ 。 こ れ は 「 美 し い 」 「 美 し く な い 」 の 問 題 に 帰 し て い い の ま う 保 守 反 動 的 な 日 本 語 に 、 外 国 語 的 な 構 造 な り 、 言 い 回 し か 、 む し ろ 「 好 き 」 「 嫌 い 」 な の で は な い か と い う 気 も す る 。 な り を 輸 血 し て 新 し い 日 本 語 の 可 能 性 を 広 げ る こ と の ほ う 高 校 生 の こ ろ か ら 『 野 火 』 が 好 き だ っ た 。 な ぜ 好 き な の か が 、 「 美 し い 日 本 語 」 に 凝 り 固 ま る よ り ず っ と よ い こ と だ 、 は う ま く 言 え な か っ た か ら 言 わ な か っ た 。 内 容 が 内 容 な の と い う よ う な 考 え 方 は 、 わ り と 広 く 受 け 入 れ ら れ て い る の で 大 岡 昇 平 『 野 火 』 美 し い 日 本 語 202

群像 2017年 1月号


い と 思 い も せ ず 、 そ れ き り 放 り だ し て あ っ た も の で し た 。 泉 鏡 花 「 売 色 鴨 南 蛮 」 そ れ で ま だ 読 ん で い な い 作 品 を 読 も う と 思 っ て 選 ん だ の が 、 「 売 色 鴨 南 蛮 」 で し た 。 意 味 は よ く 分 か ら な い な が ら 、 虚 空 に 浮 か ぶ 美 の 世 界 新 東 宝 映 画 の よ う な ど ぎ つ い お 下 劣 さ が 漂 っ て く る タ イ ト ル に 引 か れ た の か も し れ ま せ ん 。 と こ ろ が 、 こ れ に や ら れ ま し た 。 冒 頭 の 女 の 赤 い 長 襦 袢 の 中 条 省 平 描 写 に つ づ い て 、 神 田 ・ 万 世 橋 付 近 の 川 辺 に 咲 く 花 の 情 景 が 出 て く る の で す が 、 こ の 花 を 描 く 文 章 の 喚 起 力 と リ ズ ム の 、 文 字 ど お り 、 と り こ に な り ま し た 。 一 一 一 口 葉 の 美 と い う あ い ま い な 観 念 が 、 自 分 に の つ び き な ら な そ の 物 語 に も 驚 き ま し た 。 主 人 公 は 秦 宗 吉 と い う 大 学 病 院 し 問 題 と し て 迫 っ て き た の は 、 十 九 歳 の と き で し た 。 の 医 師 な の で す が 、 彼 は か っ て 十 七 歳 の と き 、 頼 ま れ て 買 っ て き た 煎 餅 を ひ も じ さ の あ ま り 盗 み 喰 い し て し ま い 、 そ れ を そ の こ ろ 、 私 は 東 京 外 国 語 大 学 の 英 米 語 学 科 と い う と こ ろ に 籍 を 置 い て い た の で す が 、 新 学 期 が 始 ま っ て 数 週 間 ほ ど で 知 人 に 見 ら れ て 、 恥 ず か し さ か ら 自 殺 し よ う と し た の で し つ ま ら な い 授 業 に 心 の 底 か ら う ん ざ り し て し ま い ( 聴 く に 値 た 。 そ れ を 救 っ て 一 緒 に 家 出 し て く れ た の が 、 亡 き 母 の 面 影 し た 授 業 は 河 野 一 郎 の イ ギ リ ス 小 説 の 講 読 だ け で し た ) 、 ま を 宿 す お 千 と い う 近 所 の お 妾 さ ん 。 し か し 、 逃 避 行 の 先 で 、 も な く 大 学 に ほ と ん ど 行 か な く な り 、 プ ー タ ロ ー 同 然 の 生 活 お 千 は 美 人 局 か 何 か の 罪 で 警 察 に 捕 ま っ て し ま い 、 そ れ き り 宗 吉 と は 生 き 別 れ 。 こ こ で 冒 頭 に 回 帰 し て 、 宗 吉 が 駅 で 見 か を だ ら だ ら と 送 っ て い ま し た 。 中 学 高 校 で 当 時 は や り だ っ た 学 生 反 乱 の 真 似 ご と に 加 わ っ て 、 こ の 世 に 破 壊 し て は い け な け た 赤 い 長 襦 袢 の 女 は 、 品 川 の 遊 郭 で 女 郎 に な っ て 気 が 狂 っ て し ま っ た お 千 だ っ た と い う オ チ で す 。 い も の な ど 何 ひ と つ な い 、 な ど と た わ 言 を ほ ざ い て い た 罰 が 当 た っ た の か も し れ ま せ ん 。 安 手 の 極 致 の メ ロ ド ラ マ 、 あ り え な い ご 都 合 主 義 の 連 続 そ ん な お り 、 い つ も の 習 慣 で 自 宅 の 風 呂 場 に 本 を も ち こ ん で 、 物 語 の す べ て の 焦 点 は 、 狂 っ た お 千 の 胸 に 顔 を う ず め て で 風 呂 桶 に 漬 か り な が ら 読 み は じ め た の で す が 、 そ の と き な 泣 き じ ゃ く る 宗 吉 の 最 後 の 姿 に 絞 ら れ る の で す が 、 そ の 宗 吉 ん と な く 選 ん だ の が 、 ) 泉 鏡 花 の 新 潮 文 庫 版 『 歌 行 燈 ・ 高 野 と い っ し ょ に 、 私 も 滂 沱 の 涙 を 流 し て い た の で す 。 こ れ は ひ 聖 』 で し た 。 中 学 か 高 校 時 代 に 国 語 の 課 題 図 書 と し て 買 っ た と え に 、 あ ら ゆ る リ ア リ ズ ム の 桎 梏 を 軽 々 と こ え て 、 虚 構 の 気 が す る の で す が 、 有 名 な 表 題 作 を 二 編 読 ん で 、 と く に 面 白 夢 物 語 を ひ た す ら 言 葉 の 力 だ け で 、 ま ぎ れ も な い 現 実 と し て 美 し い 日 本 語 170

群像 2017年 1月号


一 一 = ロ 葉 は 、 そ の 言 葉 だ け で 取 り 出 さ れ て 存 在 す る こ と が な く 、 そ の 言 葉 だ け で 意 味 解 釈 が で き る も の で も な い 。 「 雑 誌 」 と 言 っ て も 、 そ の 「 雑 誌 」 が 何 を 意 味 す る か は 、 そ の 言 葉 が ど ん な 状 況 で 発 せ ら れ て い る か を 考 慮 し な け れ ば な ら な い 。 コ ン ビ ニ の レ ジ か 、 出 版 社 の 編 集 部 か 、 廃 品 回 収 の 倉 庫 の 前 か で 、 「 雑 誌 」 の 意 味 は 変 わ る 。 誰 が 誰 に 向 か っ て 、 ど ん な 方 法 で 伝 え て い る か も 、 重 要 な 要 素 で あ っ て 、 同 じ 本 屋 の 店 先 で も 、 店 主 が 販 売 係 に 口 頭 で 伝 え て い る の か 、 親 が 子 ど も か ら の ケ ー タ イ メ ー ル で 伝 え ら 日 本 語 の 研 究 者 を や っ て い る と 、 「 美 し い 日 本 語 と は 何 で れ て い る の か 、 店 主 が 紙 に 書 い て ポ ッ プ 文 字 で 伝 え て い る の か 、 そ れ ぞ れ が 異 な り そ う だ 。 す か 」 と 聞 か れ る こ と が あ っ て 、 そ れ は 私 の 仕 事 に つ い て の 誤 解 か ら 生 じ る 質 問 な の だ ろ う と 思 う 。 一 一 一 一 口 葉 の 美 し さ を も し 判 断 す る と す れ ば 、 こ れ ら の 要 素 も 踏 そ の よ う に 私 に 聞 く 人 は 、 「 つ の ぐ む 」 と か 「 い た い け な 」 ま え た う え で な け れ ば な ら な い 。 言 葉 だ け を 取 り 出 し て 、 そ と か 、 な ん と な く 趣 の あ り そ う な 言 葉 や 、 あ る い は 、 由 緒 あ れ に つ い て 云 々 カ ン ヌ ン し て も 面 白 く な い 。 そ れ ら は り げ な 一 = ロ 葉 を 期 待 し て い る の だ ろ う と 思 う の だ が 、 詩 の 一 行 が 美 し い と 思 う こ と は あ っ て も 、 そ れ は 必 ず 前 記 美 学 的 問 題 で あ っ て 、 言 葉 を 研 究 す る 人 間 に と っ て ち っ と も の 、 言 葉 が 発 せ ら れ た 周 辺 の 状 況 に 支 え ら れ て い る 。 例 え ば 本 質 的 な 問 題 で は な い 。 詩 作 品 と し て タ イ ト ル が あ る 、 作 者 の 署 名 が さ れ て い る 、 紙 上 か ネ ッ ト 上 か は と も か く 不 特 定 多 数 の 目 に 触 れ る よ う な 手 研 究 者 の 立 場 か ら す る と 、 す べ て の 言 葉 は 平 等 、 等 価 値 で わ ゆ る 美 段 で 「 発 表 」 さ れ て い る 、 な ど な ど の コ ン テ ク ス ト が 、 あ ま あ っ て 、 特 別 に 美 し い 言 葉 が あ る わ け で は な い 。 い し い 言 葉 、 詩 的 言 語 と 呼 ば れ る も の は 、 言 語 研 究 に お い て 、 り 意 識 さ れ に く い け れ ど 、 そ の 一 行 の 言 葉 の 背 後 に 存 在 す る 。 と り あ え ず 考 慮 の 外 に 置 か れ る 。 そ の よ う な こ と を 考 え る と 、 さ ま ざ ま な こ と が 明 ら か に 特 別 に 、 美 し い 日 本 語 と い う の は な い 、 と は い う も の の し か し 、 そ う 思 え る よ う な 一 一 = ロ 葉 は 確 か に あ る よ う に 思 う 。 そ れ な っ て い て 、 あ る 言 葉 が 私 た ち の 心 を 動 か し て し ま う 、 心 を は ど ん な 場 合 か 。 揺 ら が せ る こ と が あ る と き 、 そ の 一 一 一 一 口 葉 は 美 し い と 言 っ て も い 美 し い 日 本 語 野 口 英 世 の 母 シ カ の 手 紙 心 が 動 く 言 葉 金 田 一 秀 穂 162

群像 2017年 1月号


虎 吉 は 呆 れ た よ う な 顔 を し て 、 石 田 の 云 う こ と を 聞 い さ て 、 そ う な る と 、 私 は こ の ア ン ケ ー ト に 回 答 す る 術 を て い て 、 石 田 の 詞 が 切 れ る と 、 何 か 云 い そ う に し た 。 石 失 っ て し ま う の だ が 、 そ れ も 芸 が な い の で 、 鵐 外 を 挙 げ る こ 田 は そ れ を 言 わ せ ず に こ う 云 っ た 。 「 い や 。 お 前 の 都 合 は あ る か も 知 れ な い が 、 己 は そ う 極 め た の だ か ら 、 お 前 の 話 を 聞 か な く て も 好 い 。 」 石 田 は 鶏 の 事 と 卵 の 事 と を 知 っ て い た 。 知 っ て 黙 許 し 石 田 は つ い と 立 っ て 奥 に 這 入 っ た 。 虎 吉 は 春 に 、 「 旦 て い た 。 然 る に 鶏 と 卵 と ば か り で は な い 。 リ 男 山 ョ に は 那 か ら お 暇 が 出 た の だ か ど う だ か 、 伺 っ て く れ ろ 」 と 頼 systématiquement に 発 展 さ せ た 、 一 種 の 面 白 い 経 理 法 ん だ 。 石 田 は 笑 っ て 、 「 己 は そ ん な 事 は 云 わ な か っ た と が あ っ て 、 そ れ を 万 事 に 適 用 し て い る の で あ る 。 鶏 を 一 云 え 」 と 云 っ た 。 し ょ に 飼 っ て 、 生 ん だ 卵 を 皆 自 分 で 食 う の は 、 唯 此 sys me を 鶏 に 適 用 し た に 過 ぎ な い 。 鵐 外 は 、 古 今 東 西 の 言 語 を 自 在 に ミ ッ ク ス し 、 ま た 、 初 期 石 田 は こ う 思 っ て 、 覚 え ず 微 笑 ん だ 。 春 が 、 若 し 自 分 か ら 晩 年 に 至 る ま で 変 化 し 続 け な が ら 、 日 本 語 の 内 的 複 数 性 の こ ん な 話 を し た こ と が 、 別 当 に 知 れ て は 困 る と い う の を 一 身 に 体 現 す る 驚 異 的 な 文 体 を 創 出 し た 。 そ れ は 、 決 し て を 、 石 田 は な だ め て 、 心 配 す る に は 及 ば な い と 云 っ た 。 感 覚 的 な 、 勢 い 任 せ の ご ち ゃ 混 ぜ の 文 体 で は な く 、 構 造 的 に 石 田 は 翌 日 米 櫃 や ら 、 漬 物 桶 や ら 、 七 釐 や ら 、 い ろ い ろ な も の を 島 村 に 買 い 集 め さ せ た 。 そ し て 虎 吉 を 呼 ん 安 定 し た 格 調 高 い 美 し い 文 体 だ っ た 。 彼 は 日 常 の ど ん な 些 細 な 事 象 も 、 ど ん な に 苛 酷 で 、 不 条 理 な 現 実 も 取 り 零 す こ と な で 、 こ れ 迄 あ っ た 道 具 を 、 米 櫃 に は 米 の 這 入 っ て い る 、 抽 象 的 な 思 考 か ら 繊 細 な 喜 怒 哀 楽 、 ユ ー モ ア を 遍 く 文 学 儘 、 漬 物 桶 に は 漬 物 の 這 入 っ て い る 儘 で 、 み ん な 遣 っ 的 主 題 と し て 問 題 化 し た 。 て 、 平 気 な 顔 を し て こ う 云 っ た 。 三 島 は 、 「 鵐 外 の 文 体 ほ ど 、 日 本 の ト リ ヴ ィ ア ル な 現 実 の 美 「 こ れ ま で 米 だ の 何 だ の が 、 お 前 の と 一 し ょ に な っ て い る た そ う だ が 、 あ れ は 己 が 気 が 附 か な か っ た の だ 。 己 は 新 断 片 か ら 、 世 界 思 潮 の 大 き な 鳥 瞰 図 ま で 、 日 本 的 な 小 道 具 か し い 道 具 を 買 っ た か ら 、 こ れ 迄 の 道 具 は お 前 に 遣 る 。 ま ら 壮 大 な 風 景 ま で 、 自 由 自 在 に 無 差 別 に と り 入 れ て 、 し か も 考 だ 此 外 に も お 前 の 物 が 台 所 に ま ぎ れ 込 ん で い る な ら 、 遠 少 し も そ こ に 文 体 の 統 一 性 を 損 ね な い よ う な 文 体 と い う も の 〇 慮 を せ ず に 皆 持 っ て 行 っ て く れ い 。 そ れ か ら 鶏 が 四 五 羽 を 、 鵐 外 以 後 の ど の 小 説 家 が 持 っ た か 」 と 評 し て い る が 、 五 ま っ た く 同 感 で あ る 。 創 作 の 最 初 期 に 、 私 が 鵐 外 に 文 体 の 範 い る が 、 あ れ は 皆 お 前 に 遣 る か ら 、 食 う と も 売 る と も 、 を 採 っ た の は 、 そ ん な 次 第 だ っ た 。 勝 手 に す る が 好 い 。 」 美 し い 日 本 語

群像 2017年 1月号


に 存 在 す る も の を 題 材 に し て 、 最 大 限 に 非 効 率 的 に 書 か れ て 「 日 本 語 が 上 達 す る に は 何 を す れ ば い い で す か 」 と い う 質 問 い る 点 で あ る 。 美 し い 乖 離 で あ る 。 を 受 け る が 、 私 は こ れ が 苦 手 で 、 そ の 人 に と 、 、 っ て 日 本 語 が 母 主 な 登 場 人 物 は 怱 卒 者 の 工 場 主 、 そ の 家 の 主 婦 、 先 輩 職 人 語 ま た は 生 き て い く た め の 第 一 言 語 な の で あ れ ば 、 そ れ は の 軽 部 と 、 後 か ら 入 っ て き た 屋 敷 、 語 り 手 の 「 私 」 、 だ い た 「 上 達 す る 」 と は 言 わ な い し 、 意 識 し て 「 磨 く 」 こ と も で き い こ れ で 全 部 。 軽 部 は 「 私 」 を 間 者 で は な い か と 疑 い 、 「 私 」 な い 、 と 答 え る の が 関 の 山 で あ る 。 は 主 人 を 狂 人 で は な い か と 思 い 、 ま た 、 軽 部 の 人 間 性 を 疑 「 美 し い 日 本 語 」 と い う ェ ッ セ イ の 依 頼 を 受 け た ら 、 多 く の 、 屋 敷 を ス パ イ で は な い か と 疑 う 。 し か し 「 劇 薬 」 「 頭 脳 書 き 手 は い わ ゆ る 「 美 文 」 に 背 を 向 け よ う と す る と 思 う 。 少 の 組 織 が 変 化 し て 来 て 」 云 々 の あ た り を 読 む と 、 語 り 手 の 正 な く と も 、 私 に と っ て 「 美 し い 日 本 語 」 と は 「 磨 か れ た 」 気 も 疑 わ し く な る 。 と も か く 文 中 か ら 、 疑 心 、 疑 念 、 疑 惑 の し つ は 初 め に 選 ん だ の は 、 「 上 手 な 」 日 本 語 で は あ り え な い 。 。 上 田 秋 成 / 石 川 淳 の 「 新 釈 雨 月 物 語 」 の 「 白 峯 」 だ っ た 。 こ 靄 が 立 ち 昇 っ て く る の だ 。 文 章 に 異 様 な 圧 迫 感 が あ る 。 読 点 は 少 な い し 、 改 行 も ほ と の 本 は 二 十 代 の 末 、 文 法 破 格 の 英 語 を 書 く ナ イ ジ ェ リ ア 作 家 ん ど な く 、 「 て に を は 」 も 所 々 な ん だ か 関 節 脱 臼 し た み た い の 作 品 を 訳 そ う と 七 転 八 倒 し て い た 頃 に 、 す が る よ う に し て だ し 、 語 順 も 不 自 然 に 思 え る 。 読 み 込 ん だ も の だ 。 石 川 淳 が あ と が き に 、 「 こ の く だ り が ど 「 初 め の 間 は 私 は 私 の 家 の 主 人 が 狂 人 で は な い の か と と き ど う し て 名 文 か 。 文 章 が う ま い か ら 名 文 と い う の で は あ り ま せ き 思 っ た 。 観 察 し て い る と ま だ 三 つ に も な ら な い 彼 の 子 供 が ん 。 こ こ の 文 章 は じ つ に な に も 描 写 し て い な い 。 描 写 な ん そ と い う 馬 鹿 な ひ ま つ ぶ し を し て い な い の で す 」 な ど と 書 い て 彼 を い や が る か ら と い っ て 親 父 を い や が る 法 が あ る か と い っ 語 本 て 怒 っ て い る 。 」 こ れ 、 翻 訳 文 だ っ た ら 、 悪 訳 だ な ん だ と 言 い た の で し び れ た 。 と こ ろ が 、 「 逢 坂 の 関 を 東 へ と 越 え て か わ れ て い る だ ろ う 。 人 称 代 名 詞 の 使 い 方 が 生 硬 だ と か 。 ら 、 お り し も 秋 の 山 山 、 も み じ の 色 を 目 に の こ し て 、 旅 路 い し か し こ の 息 苦 し く 停 滞 す る 文 章 の な か に 、 「 疑 う 視 線 の 躾 そ が ず 、 浜 千 鳥 の 跡 し の ば れ る 尾 張 の 鳴 海 潟 : : : 」 と 、 新 釈 版 の 冒 頭 を 書 き 写 し て み る と 、 や は り 「 美 文 」 に 思 え て し ま 細 密 さ 」 が み ご と に あ ぶ り 出 さ れ て く る 。 時 間 を か け て 読 み る 終 わ っ た 頃 に は 、 読 み 手 は な に も か も を 怪 し む 気 持 ち に な っ 考 う 。 だ か ら こ れ は 止 め に し た 。 考 え て い る う ち に 、 横 光 利 一 の 「 機 械 」 の 文 章 が 美 し い 気 て い る 。 横 光 利 一 の 「 機 械 」 と は 、 世 界 を 疑 わ せ る 装 置 ら し が し て き た 。 原 稿 用 紙 に し て 五 十 枚 ほ ど の 短 編 小 説 で 、 昭 和 五 題 材 と 文 体 は 乖 離 し て い て も 、 内 容 と 文 体 は 美 し く 睦 ん で 初 期 の 町 工 場 ( ネ ー ム プ レ ー ト 製 作 所 ) を 舞 台 に し て い る 。 い る の だ 。 ど こ が 「 美 し い 」 か と い う と 、 機 械 と い う 効 率 を 上 げ る た め 美 し い 日 本 語 ガ ス

群像 2017年 1月号


の 当 時 の 感 覚 を 持 ち こ し て い る 。 採 集 し て 分 類 し て 標 本 に し 宮 澤 賢 治 「 銀 河 鉄 道 の 夜 」 て 観 賞 す る 。 こ れ が こ の 先 も 趣 味 と し て つ づ く は ず だ 。 亡 女 相 5 ス イ ッ チ の 宀 玉 庫 賢 治 さ ん 自 身 も 、 石 の 標 本 を 採 集 す る よ う に 「 日 本 語 」 を 採 集 し て い た だ ろ う 。 賢 治 さ ん は 明 治 二 十 九 年 の 生 ま れ で あ る 。 つ ま り 、 三 十 年 ほ ど 過 去 に は 江 戸 時 代 が あ っ た 。 今 年 は 長 野 ま ゆ - み ・ 平 成 二 十 八 年 で あ る 。 昭 和 の 位 置 に 江 戸 時 代 が あ 0 た こ と に 、 あ ら た め て 驚 く 。 革 命 ど こ ろ で は な い 。 大 政 奉 還 か ら 三 十 年 の あ い だ に 一 、 午 后 の 授 業 電 信 、 郵 便 事 業 が は じ ま り 、 新 聞 が 発 行 さ れ 、 鉄 道 が 敷 か れ 、 ガ ス 燈 が と も り 、 博 物 館 や 動 物 園 が で き 、 博 覧 会 が ひ ら 「 で は み な さ ん は 、 さ う い ふ ふ う こ ー し 月 だ と 云 は れ た り 、 か れ た 。 賢 治 さ ん は そ ん な 史 上 最 高 の 情 報 過 多 の 時 代 に 、 生 乳 の 流 れ た あ と だ と 云 は れ た り し て ゐ た こ の ば ん や り と ま れ 、 青 年 期 を 過 ご し た 人 な の だ 。 「 日 本 語 」 の 採 集 と 分 類 白 い も の が ほ ん た う は 何 か ご 承 知 で す か 。 」 先 生 は 、 黒 と 選 択 は 重 要 で あ っ た に ち が い な い 。 わ た し に と っ て 物 語 ら し い も の を 読 ん だ 初 期 の 作 品 が 「 銀 板 に 吊 し た 大 き な 黒 い 星 座 の 図 の 、 上 か ら 下 へ 白 く け 河 鉄 道 の 夜 」 だ っ た 。 賢 治 さ ん の 童 話 は 、 子 ど も が 読 む に は ぶ っ た 銀 河 帯 の や う な と こ ろ を 指 し な が ら 、 み ん な に 問 を か け ま し た 。 だ い ぶ む ず か し い 。 た が 、 賢 治 さ ん も 「 わ た く し は 、 こ れ ら の ち ひ さ な も の が た り の 幾 き れ か が 、 お し ま ひ 、 あ な た の す き と ほ っ た ほ ん た う の た べ も の に な る こ と を 、 ど ん な に ね が い ま 、 わ た し が も の を 読 ん だ り 書 い た り す る こ と を 、 面 白 ふ か わ か り ま せ ん 。 」 ( 『 注 文 の 多 い 料 理 店 』 序 ) と 書 い て い る 。 が っ て 何 時 間 で も つ づ け て い ら れ る の は 、 子 ど も の こ ろ に 〈 日 本 語 と の つ き あ い か た 〉 を 、 不 十 分 で は あ る に せ よ 学 ん 子 ど も と い う の は 幾 き れ か を 〈 お 気 に 入 り 〉 と し て 、 そ こ ば で お い た お か げ だ 。 ア プ ロ ー チ の 方 法 や 、 妄 想 ス イ ッ チ の 入 か り 何 度 で も く り か え し 読 む も の だ 。 わ た し は 「 銀 河 鉄 道 の 夜 」 の 冒 頭 が 大 好 き で 、 し か も り 方 は 、 八 歳 ぐ ら い の こ ろ か ら 、 ほ ば 変 わ っ て い な い 。 〈 美 し い 〉 か ど う か の 基 準 も 、 鳥 の 羽 の い ろ 、 石 の も よ う な 「 一 、 午 后 の 授 業 」 と い う 章 題 と 一 式 で な け れ ば い け な か っ た 。 そ れ が 、 自 分 の な か に ス ト ッ ク し た イ メ ー ジ に た ど り つ ど に 興 味 を 惹 か れ て 蒐 集 す る 態 度 と ひ と し く 、 そ れ も 子 ど も 美 し い 日 本 語

群像 2017年 1月号


て 、 そ れ は た ん な る 書 物 で し か な か っ た の だ ろ う か : : : ) を し 、 そ の つ か の ま の 体 験 を 普 遍 的 に 語 ろ う と し て も 、 言 葉 は た ち ど こ ろ に 「 美 し い 」 瞬 間 を 裏 切 り 、 「 美 し さ 」 と は お よ 初 め て 読 ん だ と き 、 と り わ け こ こ に 引 用 し た ご く 短 い 章 句 に そ 無 縁 の 領 域 に お の れ を 醜 く さ ら す し か な い 。 実 際 、 普 遍 的 接 し た と き 、 わ た く し は 思 わ ず 「 美 し い 」 と つ ぶ や い て し ま っ た 。 そ の こ と を 、 い ま も 鮮 明 に 記 憶 し て い る 。 と き に 沈 に で あ れ 特 殊 的 に で あ れ 、 「 美 し さ 」 に つ い て 語 る こ と ほ ど 、 あ ら れ も な く 破 廉 恥 な 仕 草 も あ る ま い と 思 う 。 で は 、 そ れ を 黙 し が ち な 対 話 者 で あ っ た 豊 崎 光 一 本 人 に 、 深 夜 の 長 電 話 で い う ま で も な く 、 そ れ が 「 美 そ う つ ぶ や き も し た か と 思 う 。 避 け る に は 、 「 美 し い 日 本 語 」 と い っ た 問 題 提 起 そ の も の か し い 」 と い う 言 葉 で 理 解 し て い る 対 象 そ の も の だ と 思 っ た か ら 目 を そ む け て お く し か な い の だ ろ う か 。 必 ず し も そ う と は い い き れ な い 。 そ れ は ど う い う こ と か ら で は な い し 、 ま し て や そ の 指 摘 が き わ め て 厳 密 な 形 式 性 に お さ ま っ て い る と 思 っ た か ら で も な い 。 何 よ り も ま ず 、 そ れ は た し て そ れ が 「 美 し い 」 と い う 一 一 = ロ 葉 で 誰 も が 知 っ て い る ま で ほ と ん ど 読 ん だ こ と の な い 言 葉 か ら な っ て い た か ら だ 。 体 験 に ふ さ わ し い も の か ど う か は と も か く 、 慣 れ 親 し ん で い あ る い は 、 言 葉 と い う も の が 、 そ の 瞬 間 に 、 初 め て こ の 地 上 た 表 情 と は ま る で 異 な る 相 貌 の も と に 言 葉 が ま が ま が し く 思 に 生 ま れ 落 ち た か の よ う に 思 え た と い っ て も よ し 考 に 迫 っ て く る と き 、 思 わ ず 「 美 し い 」 と つ ぶ や い て し ま う わ ら ず 、 生 ま れ た ば か り の 言 葉 が 、 す で に つ ね に 、 「 美 し さ 」 こ と が あ る 。 そ う つ ぶ や い た の ち 、 人 は た ち ど こ ろ に お の れ と も 「 醜 さ 」 と も 無 縁 に 、 こ の 地 上 に み ち あ ふ れ て い る こ と の 軽 率 さ を 恥 じ 、 言 下 に こ れ を 否 定 す る 。 実 際 、 そ れ は い さ へ の 驚 き と い う べ き だ ろ う か 。 さ か も 「 美 し い 」 言 葉 な ど で は な か っ た 。 「 美 し い 」 と つ ぶ 語 い う ま で も な く 、 豊 崎 光 一 の 『 余 白 と そ の 余 白 ま た は 幹 の 日 や く 主 体 の 脆 弱 さ は 誰 の 目 に も 明 ら か だ か ら で あ る 。 に も か な い 接 木 』 と い う 書 物 は 、 「 美 し さ 」 を 希 求 し て 書 か れ た も か わ ら ず 、 そ れ を 無 理 に も 否 定 す る と い う 行 為 そ の も の の う 美 の で は な い 。 だ か ら 、 そ れ を 前 に し て ご く 他 愛 も な く 「 美 し ち に 、 「 美 し い 日 本 語 」 と い う 概 念 が 、 い わ ば 不 可 視 の フ ィ る い 」 な ど と つ ぶ や い て し ま っ た こ と へ の 羞 恥 心 は 、 あ く ま で え ク シ ョ ン の よ う な も の と し て 視 界 に 浮 上 す る 。 い ま か ら 四 〇 年 も 前 に 豊 崎 光 一 ( 一 九 三 五 5 一 九 八 九 ) が 書 き つ け た ご く 短 隠 し と お す べ き だ と は 思 う 。 だ が 、 そ の つ ぶ や き の 背 後 に 人 は 、 「 美 し い 日 本 語 」 と い う 不 可 視 の フ ィ ク シ ョ ン が 、 言 葉 〇 い 章 句 は 、 そ う し た フ ィ ク シ ョ ン へ と 読 む も の を 誘 っ て い る よ う な 気 が す る 。 に つ い て 一 一 一 一 口 葉 で 語 る も の た ち に と っ て の 誘 惑 と し て 、 不 実 に 『 余 白 と そ の 余 白 ま た は 幹 の な い 接 木 』 と い う 書 物 ( は た し 煌 め い て い る よ う な 気 が し て な ら な い 。 美 し い 日 本 語