検索 - みる会図書館

検索対象: 古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣から 12件ヒットしました。

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


う そ 幸 せ に な り た く て 、 と き に 人 は 、 目 覚 め て い な が ら 、 嘘 と い う 名 の 夢 を 見 る 。 嘘 は 現 実 こ こ ち ょ か せ の が と 時 間 の 枷 を 逃 れ た 想 像 の 自 由 で あ り 、 嘘 を 楽 し む こ と は 心 地 好 い 心 弱 い 者 は 、 夢 を 現 実 に 持 ち こ ん で 、 嘘 の 世 界 の 住 人 に な ろ う と す る 。 嘘 が 他 人 に 対 し 存 在 す る 時 、 偽 る こ と に も 、 偽 ら れ る こ と に も 、 大 き な 意 味 が あ る 。 き ず 他 人 を 陥 れ た り 、 傷 つ け た り す る こ と の な い 嘘 は 、 そ れ が 嘘 で あ る と 知 ら れ な い 限 り 、 誰 も 不 幸 に す る こ と は な い 。 真 実 を 偽 っ て 得 ら れ る も の が 、 真 実 よ り も は る か に 重 い と 判 せ ん た く 断 さ れ る 時 、 多 く の 場 合 、 人 は 真 実 よ り も 嘘 を 選 択 す る 。 人 が 生 き て い く う え で 信 じ て い く 驤 楸 は 、 必 ず し も 真 実 で な く と も よ い 嘘 も 、 真 実 で あ る と 信 じ ら れ て い る あ い だ は 、 ま ぎ れ も な い 真 実 で あ り え る 。 嘘 し か 知 ら な い 者 に と っ て の 真 実 は 、 そ の 嘘 そ の も の で あ る 。 偽 ら れ て い る 者 に 真 実 を 告 げ る こ と は 、 正 し い 行 動 で あ る と は 限 ら な い 。 世 界 に と っ て の 真 実 か 。 個 人 に と っ て の 真 実 か 。 嘘 が 真 実 と し て 存 在 す る に は 、 強 い 意 志 と 力 が 必 要 で あ る 。 お う き ゅ う り ん り 〈 王 宮 倫 理 学 者 レ イ ズ リ お と し い い つ わ き ょ こ う ろ ん ・ ナ ー ド 著 「 虚 構 論 」 よ り 一 部 抜 粋 〉 ば っ す い

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


( こ い つ 、 ひ ょ っ と し て : ・ こ の 場 に い る 連 中 の 誰 に も 教 え て い な い 、 自 分 の 名 前 を 口 に 出 さ れ 、 キ 1 ツ は ひ く っ と を ひ き つ ら せ る 。 動 揺 し た ら し い キ ー ツ に 、 ち 誇 っ た 顔 で 妖 精 が 笑 っ た 。 う そ か く む だ 「 そ う よ ! わ た し 、 心 が 読 め る ん だ か ら ! 隠 し ご と も 嘘 も 、 ぜ ー ん ぶ 無 駄 よ っ ー 今 し ゃ べ あ ん た が 何 考 え て る か だ っ て 、 喋 れ る ん だ か ら ね ! 」 「 だ っ た ら 何 だ よ ? そ れ が ど う し た ? 言 い た き や 言 え よ 。 そ れ に 、 俺 は 芸 人 だ よ 。 ひ と あ っ ち こ っ ち 渡 り 歩 い て 、 他 人 に 言 え な い よ う な こ と も や っ て き た し 、 嘘 だ っ て 山 ほ ど っ い て る よ 。 嘘 を つ く の も 商 売 さ ! 俺 が ! 生 き て く た め だ か ら な ! ぜ ん ぜ ん ま っ た く 悪 か あ な い ね ー ま ら な け れ ば 犯 罪 者 で は な い 。 キ ー ツ の そ れ は 、 レ 見 つ か ら な け れ ば 犯 罪 で は な い 。 じ こ こ う て い む え ん イ ム に は お よ そ 無 縁 な 、 あ ま り に 乱 暴 な 自 己 肯 定 理 論 。 世 の 中 に 犯 罪 者 、 お よ び 犯 罪 者 予 備 軍 は 、 掃 い て 捨 て る ほ ど い る 。 法 と 秩 序 の 軋 者 で き ゅ う て い た い き あ る 宮 廷 兵 士 の ル ド ウ ィ ッ ク は 、 や れ や れ と 溜 め 息 を つ く 。 こ ん な 考 え 方 を す る 連 中 が 、 ば っ 世 の 中 に は 多 す ぎ る の だ 。 罰 せ ら れ る 犯 罪 者 は 、 九 割 が 何 ら か の 常 習 者 で あ り 、 性 質 的 に 危 険 な 、 要 注 意 人 物 で あ る 。 「 な あ に よ ! 開 き 直 る の ? 信 じ ら ん な い っ ! 」 「 信 じ て も ら わ な く っ て け っ こ う ー は ー 」 い

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


ん だ か や や こ し そ う に な っ て き た こ と に 、 う ろ た え る 。 「 あ の 、 今 は そ ん な こ と で も め て る 場 合 で は : ま ち 「 ね え え レ イ ム ! 聞 い て よ 。 ウ リ デ イ ケ っ て い う の は ね 、 あ の 街 に こ の 人 が 来 た と き こ う や に 、 香 屋 の 女 主 人 っ て い う の が こ の 人 に つ け た 名 前 な の よ ! 本 当 の 名 前 は ね え 」 穏 や か な 声 だ っ た が 、 き つ ば り と レ イ ム に 拒 絶 さ れ 、 得 意 満 面 に 、 嬉 々 と し て 話 し 聞 よ う せ い か せ よ う と し て い た 妖 精 は 、 は っ と 口 を つ ぐ ん だ 。 反 射 的 に 強 い 調 子 で 言 っ て し ま い 、 妖 精 を 嫌 な 気 分 に さ せ た だ ろ う と 、 レ イ ム は 気 が 差 し た 。 「 ご め ん 、 教 え て く れ な く て も い い ん だ 。 妖 精 さ ん に は わ か ら な い か も し れ な い け ど 、 人 間 に は い ろ い ろ 、 つ ま ら な い 、 け ど 、 と て も 大 切 な 事 情 が あ る も の だ か ら : : : 」 お さ な 親 に も ら っ た 名 前 を 、 大 切 に 思 わ な い 者 は い な い 。 そ れ な の に 、 幼 い こ ろ に 花 街 に 売 ら む す め こ き よ う は い せ き れ た 娘 が 、 そ の ま ま そ の 街 で つ け ら れ た 名 前 を 名 乗 る と し た な ら ば 、 生 ま れ 故 郷 か ら 排 斥 さ れ 、 帰 る 場 所 の な い こ と を 意 味 し て い る の だ と 、 レ イ ム は 受 け と っ た 。 「 彼 女 の 名 前 が 嘘 の 名 前 で も 、 僕 は ち っ と も か ま わ な い 。 だ か ら 、 そ れ は き っ と 、 彼 女 が 嘘 を つ い た っ て 、 僕 が だ ま さ れ て い る わ け じ ゃ な い っ て こ と だ と 思 う ん だ よ 」 む り 無 理 に 真 実 を 暴 き た て る 必 要 は 、 感 じ な い 。

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


「 で も 、 レ イ ム は こ の 人 の こ と で 、 と っ て も 迷 惑 し た じ ゃ な い 」 ま ま え と が よ う せ い 口 を 尖 ら せ 、 頬 に 触 れ る 妖 精 に 、 く す ぐ っ た そ う に レ イ ム は 微 笑 み 、 顔 の 前 に あ げ て い た 手 を お ろ す 。 「 う ん 、 そ う か も し れ な い 。 で も 、 そ れ と こ れ と は 別 だ か ら 。 か ま わ な い っ て 、 言 っ た で し よ う ? 」 「 本 当 に そ う か し ら ? お ろ ゆ が 「 そ う な ん だ 。 妖 精 さ ん か ら 見 た ら 、 真 実 を 歪 め よ う と す る 僕 は 、 す ご く 愚 か か も し れ な い け ど 。 僕 の こ と だ か ら 、 僕 が 決 め た い 。 い い か な ? 「 そ れ は べ つ に 、 い い け ど : 「 あ り が と う 」 妖 精 に 微 笑 み か け る レ イ ム に 、 う ん ざ り し た 顔 で キ ー ツ は 幸 ね る 。 だ い じ よ う ぶ 「 目 、 大 丈 夫 な の か よ ?. 裔 「 あ 、 平 気 で す 。 ち ょ っ と ゴ ミ が 入 っ ち ゃ っ た み た い で 」 の 気 に さ れ な い よ う に 、 レ イ ム は 適 当 な こ と を 言 っ た 。 代 「 ね え レ イ ム 、 キ 1 ツ も 嘘 つ き よ 。 キ ー ツ っ て 自 分 勝 手 で 悪 い 人 だ し 、 レ イ ム は 利 用 さ れ た り 、 騙 さ れ た り し や す い か ら 、 気 を つ け た ほ う が い い わ よ 」 大 声 で 耳 打 ち す る よ う に 、 妖 精 が レ イ ム に 教 え た 。 だ ま ほ お う そ め い わ く

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


第 五 章 散 歩 け い か い し ん あ ら わ 警 戒 心 を 露 に し て 、 キ 1 ツ を 睨 ん だ ウ リ デ イ ケ は 、 マ ン ト を 握 る 手 に 力 を こ め た 。 よ う せ い う そ 妖 精 は キ ー ツ の こ と を 、 嘘 つ き で 信 用 な ら な い と 言 っ て い た 。 妖 精 は 気 に 入 ら な い が 、 忠 告 は あ り が た く い た だ い て お い た ほ う が 、 安 全 で あ る 。 ば か 「 そ れ 以 上 近 寄 ら な い で ! 女 だ と 思 っ て 馬 鹿 に し な い で よ ! な め て か か る と ひ ど い 目 に あ う ん だ か ら ! 」 風 は ウ リ デ イ ケ の 背 後 か ら 、 キ 1 ツ に 向 か っ て 吹 い て い る 。 ウ リ デ イ ケ は マ ン ト を 握 っ こ し お び つ こ う ぶ く ろ て い な い ほ う の 手 を マ ン ト の 内 側 に 入 れ 、 腰 帯 に 吊 る し て あ る 香 袋 に 触 れ た 。 身 に つ け に お 裔 て い る 香 袋 は 、 彼 女 の 身 を 守 る 武 器 で あ る 。 特 別 に 調 合 し た 香 は 、 匂 い た っ こ と よ り も 、 ね ん ま く も ち の 呼 吸 器 の 粘 膜 か ら 吸 収 さ せ る こ と を お も な 目 的 と す る 、 毒 だ 。 こ れ を 用 い れ ば 、 一 時 的 に ま ひ 代 相 手 の 意 識 を 失 わ せ た り 、 感 覚 を 麻 痺 さ せ た り す る こ と が で き る 。 大 声 を 出 す と は 言 わ な か っ た ウ リ デ イ ケ に 、 キ ー ツ は 笑 う 。 す ぐ そ ば に 何 人 も 男 が い る 、 し か も そ の う ち の 一 人 は 見 る か ら に 強 そ う な 宮 廷 兵 士 で さ ん ぼ に ら ど く き ゅ う て い

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


ー し こ う し よ く か ぎ 蛍 光 色 の 残 像 と な っ て 目 に 残 る の は 、 鍵 の 形 。 ( こ れ は ・ ・ ・ ・ : ) ひ ょ っ と し て レ イ ム の 腕 に 触 れ よ う と し た ウ リ デ イ ケ を 、 妖 精 が 睨 ん だ 。 「 ち ょ っ と ! あ ん た な ん か が 冷 た い 手 で 気 安 く レ イ ム に ら な い で よ ー と が 咎 め ら れ て 、 ウ リ デ イ ケ は 目 を 剥 く 。 「 あ ん た な ん か っ て 何 ? ど う し て わ た し が そ ん な こ と 言 わ れ な く ち ゃ な ら な い の e: ふ さ わ 「 あ あ ら 、 決 ま っ て る じ ゃ な い 。 あ ん た み た い な の は レ イ ム に 相 応 し く な い か ら よ 」 「 何 で す っ て ? 」 「 レ イ ム に 近 寄 ら な い で よ ! こ の 嘘 つ き ! 女 の 腐 っ た の ! わ た し は ね 、 な あ ん だ っ て お 見 と お し な ん だ か ら ー ふ ん と 顎 を 上 げ 、 妖 精 は レ イ ム の 肩 の 上 か ら ウ リ デ イ ケ を 見 下 ろ す 。 し よ う た い か く む だ 「 あ ん た 本 当 は ウ リ デ イ ケ な ん て 名 前 じ ゃ な い で し ょ ? 正 体 隠 そ う っ た っ て 無 駄 よ ー わ か る ん だ か ら ! 」 さ っ と ウ リ デ イ ケ の 顔 か ら 血 の 気 が ひ い た 。 ウ リ デ イ ケ と 同 じ に 、 レ イ ム に 何 か あ っ た ら し い と 心 配 し て 近 づ い て き た サ ミ ル は 、 な う そ よ う せ い に ら く さ

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


か ら だ お か ん た ち の 身 体 に ぞ っ と 悪 寒 が 走 っ た 。 そ の 声 だ け で 、 嫌 な も の が こ み あ げ 、 じ っ と し て い る の が 辛 く な る 。 ほ の お に が て 自 分 の 吐 い た 炎 を 、 ナ イ ヴ ァ ス が 苦 手 と す る は ず は な い 。 炎 を 踏 み し め 近 づ き な が ら 、 ナ イ ヴ ァ ス は 一 つ き り の 目 を し つ か り と 見 開 き 、 自 分 を 呼 ば わ っ た 男 を 、 ま っ す ぐ に 見 つ め る 。 シ ャ ダ ム ・ レ イ ン が ナ イ ヴ ァ ス を 知 っ て い る の と 同 じ に 、 ナ イ ヴ ァ ス も シ ャ ダ ム ・ よ ん け ん じ ゃ す ん ぶ ん た が レ イ ン を 知 っ て い た 。 四 賢 者 の 一 人 で あ る と い う の で は な く 、 昔 見 た の と 寸 分 違 わ ぬ 姿 を 持 つ 者 と し て 。 神 話 の 時 代 に も 等 し い 昔 は 、 人 間 の 数 も 少 な か っ た 。 「 オ マ エ 、 何 モ ノ : : : は る む じ や き 遥 か 遠 く か ら 問 わ れ て 、 無 邪 気 に シ ャ ダ ム ・ レ イ ン は 笑 っ た 。 わ れ 「 我 は 、 普 通 の 人 間 の 一 人 に す ぎ ぬ の で あ る 。 こ の ま ま 放 っ て お い て も 、 長 く て あ と 五 十 年 く ら い し か 生 き ら れ ぬ 」 う そ い つ わ シ ャ ダ ム ・ レ イ ン の 呟 い た そ れ は 、 嘘 偽 り で は な い 。 シ ャ ダ ム ・ レ イ ン は 死 し て 、 記 と ぎ お く し ゆ く 憶 を も っ た ま ま 、 記 憶 す る 時 代 を 途 切 れ さ せ る こ と な く 、 こ の 世 界 あ る 限 り 、 転 生 す る 宿 命 に あ る 者 。 頭 が あ ま り よ く な い の で 、 や や こ し い こ と は 理 解 で き な か っ た が 、 少 な く と も シ ャ ダ ム ・ レ イ ン が 真 実 を 答 え た こ と だ け は 、 ナ イ ヴ ァ ス に わ か っ た 。 普 通 の 人 間 で 、 当 た り 前 に 死 ぬ 者 な ら ば 、 昔 見 た の と は 別 人 で あ る の だ ろ う と 、 判 断 す る 。 つ ら い や

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


さ て 、 第 三 巻 サ プ タ イ ト ル は 、 『 黒 い の 魔 女 』 で す 。 た い じ せ い ま ど 、 つ り よ く く ろ せ い れ い 黒 精 霊 ナ イ ヴ ァ ス ・ ト ル テ ィ ー ン と 対 峙 す る レ イ ム 。 し か し レ イ ム の 聖 魔 道 力 は 、 黒 ひ め ね ら き ず 精 霊 を 傷 つ け る こ と は で き ま せ ん 。 レ イ ム は メ イ ビ ク 姫 を 狙 う 存 在 を 目 の 当 た り に し 、 メ け ん じ ゃ と う イ ビ ク 姫 が 賢 者 の 塔 で 守 ら れ ね ば な ら な い だ け の 事 態 を 、 実 際 に 思 い 知 り ま す 。 呪 術 師 ゼ グ ・ ダ や い の 魔 女 ・ コ ン ス タ ン ス は 、 賢 者 の 塔 か ら メ イ ビ ク 姫 を 解 放 し か く さ く せ っ し よ く こ こ ろ よ う と す る レ イ ム を 、 利 用 し よ う と 画 策 し 、 コ ン ス タ ン ス は レ イ ム と の 接 触 を 試 み ま す 。 だ ま た く も っ と も ら し い 嘘 で 、 コ ン ス タ ン ス は レ イ ム を 騙 そ う と 企 ら む の で す が 予 定 と し て は 、 レ イ ム は こ の 巻 で 、 ル ド ウ ィ ッ ク た ち に 同 行 と 助 力 を 求 め て 仲 間 に な か ぎ り 、 東 と 南 の 鍵 を 手 に 入 れ ま す 。 入 れ る : : : 、 予 定 な ん で す け ど : ・ シ リ ー ズ が 変 わ っ て 、 主 人 公 が デ ィ ー ノ か ら レ イ ム へ 。 第 一 巻 は 、 け っ こ う と ば し て く れ た ん で す け ど ね え : : : 。 や つ ば り 、 熱 血 ぶ っ ち ぎ り の デ ィ 1 ノ に 比 べ る と 、 と ろ い わ 。 そ う い う 性 格 設 定 し ち ゃ っ た の は 、 そ り や 、 私 で す け ど ね 。 レ イ ム 一 人 な ら そ う 問 題 も な い ん だ け ど 、 誰 か と か ら む と 、 会 話 で も 、 ど ー も 、 こ う 、 一 拍 ず れ て 、 ほ え ほ え ふ わ ふ わ し て 、 お っ と り の ん び り に な っ ち ゃ っ て 。 進 行 が 遅 い よ 、 キ ミ : 次 の 巻 で 、 シ リ ー ズ 半 分 終 わ っ ち ゃ う の よ と 、 気 を 引 き 締 め て 、 レ イ ム の 背 中 を 押 し た し り た た お う よ う び と く り 尻 を 叩 い た り し な き ゃ い け な い わ 。 鷹 揚 な の は 、 美 徳 な ん だ け ど も ね え 。 う そ い つ ば く

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


「 い や 、 あ の 、 そ れ は : 困 っ た キ ー ツ は と っ さ に 、 適 当 な 嘘 を で っ ち あ げ る 。 う ら な し 「 俺 に そ れ く れ た 占 い 師 が さ 、 一 度 誰 か が 手 を つ け た ら 、 食 べ き る か 捨 て る か し ろ っ て 、 む り 言 っ て た ん だ 。 無 理 し て 腹 こ わ し て も 、 つ ま ん な い だ ろ ? だ か ら : : : 」 え ん り よ 「 こ の く ら い な ら 、 自 分 一 人 で 食 べ き れ な い こ と は な い で す 。 今 回 は パ ン を 遠 慮 し て 、 む だ せ つ か く の 肉 を 無 駄 に し な い よ う 、 大 切 に い た だ き ま す 」 こ こ ろ よ そ れ で い い だ ろ う か と 目 で 問 わ れ 、 レ イ ム は 快 く う な ず い た 。 話 の 展 開 で 、 ル ド ウ ィ ッ ク に 全 部 食 べ さ せ て し ま う こ と に な っ て し ま っ た 。 ど く み ( で も 、 先 に 毒 味 と い う こ と で 、 と に か く 食 べ て し ま っ て い る わ け で す し : : : ) ま ど う さ ぐ ( レ イ ム 様 が 、 お か し な と こ ろ が な い か 、 魔 道 で 探 ら れ た の だ か ら : : : ) ( 食 っ て 何 と も な か っ た ん だ か ら : 一 口 も ま る ご と も 、 似 た よ う な も の : ま ち が だ い じ よ う ぶ 他 け 物 の 肉 は 化 け 物 の 肉 に 間 違 い は な い が ・ : : ・ 、 大 丈 夫 、 だ ろ う ・ : 裔 内 心 び く び く し な が ら 、 三 人 は 味 の ろ く に わ か ら な い 朝 食 を 終 え た 。 の 三 人 の 心 配 を よ そ に 、 快 食 快 眠 、 し か も 一 人 だ け 肉 食 の ル ド ウ ィ ッ ク が 、 一 番 元 気 で 、 体 力 が あ り あ ま っ て い る 感 じ だ っ た 。 ル ド ウ ィ ッ ク の こ と は 気 に な っ た が 、 一 部 を 伏 せ て も 、 と に か く 報 告 は 行 わ な け れ ば な ら な い 。 こ ま も の う そ 0 、 だ よ )

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


104 も ろ ひ め ぎ み せ け ん し れ い な 部 分 だ け に 触 れ て 育 っ た 、 世 間 知 ら ず の 姫 君 の よ う に 、 心 弱 く て 、 脆 す ぎ る 。 こ う む す め ま わ は め つ い う 娘 は 、 一 番 大 切 な 部 分 が 見 え な い た め に 、 純 な ま ま 、 周 り を 巻 き こ ん で 、 破 滅 し て い く の が お ち だ 。 レ イ ム じ ゃ な い わ : ・ 「 あ な た は ・ : キ ー ツ を 睨 み つ け る ウ リ デ イ ケ の 目 か ら 、 ば ろ り と 大 の 涙 が 落 ち た 。 ま と も に 視 線 を く ち び る ゆ る か あ わ せ て い る の が 、 い た た ま れ な い と い う 顔 で 、 キ ー ツ は 唇 の 内 側 を 緩 く 噛 む 。 「 あ あ 。 : だ け ど 、 あ ん た よ り 、 あ い つ の こ と を わ か っ て る よ 」 う そ じ わ る 「 嘘 よ : 意 地 悪 ね : ど う し て そ ん な こ と 言 う の よ 」 き れ い 「 俺 が 男 で 、 あ ん た が 女 だ か ら さ 。 女 は い つ で も 綺 麗 で 幸 せ で 、 楽 し そ う に 笑 っ て て 、 や さ い 匂 い が し て 、 そ れ で も っ て 、 男 を 優 し く 受 け 入 れ て く れ る 存 在 で な く っ ち ゃ い け な い 。 ・ 帰 り な よ 。 あ ん た を 大 切 に 思 っ て く れ て る 人 た ち の と こ ろ へ さ 。 き っ と 心 配 し て る ぜ 」 「 そ ん な 人 な ん て 、 い な い わ : ・ や か た 自 分 か ら 捨 て て 、 館 を 出 て き た の だ か ら 首 を 振 り 、 顔 を 手 で 覆 っ て 、 ウ リ デ イ ケ は 泣 き な が ら そ の 場 に り こ ん だ 。 は に が て 女 の 子 に 泣 か れ る の が 苦 手 な キ ー ツ は 、 苦 々 し く 息 を 吐 き 、 腕 組 み し て 立 ち つ く す 。 む り 無 理 を と お そ う と し て い る の は ウ リ デ イ ケ な の だ 。 無 理 な の だ か ら 、 ど う あ が い て も 別 に お