検索 - みる会図書館

検索対象: 嘘

嘘から 94件ヒットしました。


あ 七 六 五 ノ レ 四 が 変 別 ポ 涙 凍 裏 疑 る ノ レ き ン 容 れ ネ り 惑 ー し 、 オ 嘘 3 目 次 242 186 143 102 84 59 38


83 嘘 し か し ど う し て も 、 あ の 鬼 隊 長 と ラ フ , = ル の キ ス シ ー ン と い う 世 に も 珍 し い 光 景 が 頭 の 中 に 浮 か ん で ぎ て は く れ な い 。 い き さ っ 「 ど う に も わ か ら ん 。 経 緯 を 教 え て く れ 」 お も も や が て シ ド ー が 真 剣 な 面 持 ち で 言 う と 、 ラ フ , = ル は も の す ご く 嬉 し そ う な 顔 で 頷 い た 。


227 嘘 な ん と 言 わ れ た の か 、 い ま い ち よ く わ か ら な い 。 そ れ ほ ど に 、 マ ッ ク ス の 言 葉 は ラ フ ァ エ ル の 予 想 を 大 き く 越 え て い た 。 こ う け い し ゃ 「 も し 私 の 推 測 が 正 し け れ ば 、 お ま え は 我 が 国 の 最 高 権 力 者 の 正 式 な 後 継 者 と い う こ と に な き か ん る 。 あ い に く 本 国 と 連 絡 が と れ ぬ 状 態 だ か ら 確 認 は と れ な い が 、 い ず れ 私 が 帰 還 す る 際 に は お す じ よ う ま え も 連 れ て い く 。 そ う す れ ば 、 お ま え の 素 姓 も は っ き り す る だ ろ う 」 ラ フ ァ エ ル は ぎ よ っ と し た 。 「 じ よ 、 冗 談 じ ゃ ね ー よ ! 誰 が 火 星 な ん か 行 く か よ ! 」 「 だ が 、 こ の ま ま こ こ に い て は 、 お ま え は い ず れ 気 が ふ れ る 」 な お も 反 論 し よ う と し て い た ラ フ ァ エ ル は 、 そ の ま ま 声 を 失 っ た 。 こ う む 「 お ま え だ け で は な い 、 周 囲 の 人 間 も 迷 惑 を 被 る だ ろ う 。 ュ ー ベ ル メ ン シ ュ の 力 が 暴 走 し た 時 、 彼 は 破 壊 神 の 使 徒 と 化 す 。 止 め ら れ る の は 同 種 の ユ ー ベ ル メ ン シ ュ だ け だ 。 お ま え が 理 性 を 完 全 に 失 っ た 時 、 お ま え は 友 人 た ち を そ の 手 で 引 き 裂 く こ と に な る の だ そ 」 ラ フ ァ エ ル は 首 を 振 る 。 呆 然 と し た ま な ざ し を マ ッ ク ス に 向 け な が ら 。 う そ 「 ー ー 嘘 だ 」 「 嘘 で は な い 。 私 は 、 そ の よ う な 例 を い く つ も こ の 目 で 見 て き た 。 分 裂 期 に 入 っ た ユ ー ベ ル メ ぶ ん れ つ き


209 嘘 ど こ か で 聞 い た こ と の あ る 名 前 だ 。 も っ と も マ ッ ク ス な ど あ り ふ れ た 名 前 だ が 「 じ ゃ 、 じ ゃ あ マ ッ ク ス 。 あ ん た 、 俺 の こ と 助 け て く れ た み た い だ け ど : : : そ の 、 な ん で か よ く わ か ん ね ー け ど 、 と り あ え ず 礼 は 言 う 。 で 、 俺 、 倒 れ て か ら ど れ ぐ ら い 寝 て た わ け ? 」 「 そ ろ そ ろ 五 日 か 」 「 五 日 ! 」 ラ フ ァ エ ル は 目 を 剥 い て 叫 ん だ 。 け が 「 嘘 だ ろ : : : そ り や た し か に 俺 、 け っ こ う 回 復 早 い ほ う だ け ど : : : で も あ ん な ひ で ー 怪 我 、 た っ た の 五 日 で い く ら な ん で も ・ : : ・ 」 「 別 に 不 思 議 な こ と で は な い 。 弾 丸 さ え 取 り 除 い て し ま え ば 、 ユ ー ベ ル メ ン シ ュ の 肉 体 は す ぐ に 回 復 す る 」 「 え 、 ユ 、 ー ベ ル : 「 そ れ に お ま え は 、 255 基 地 の 時 は こ ん な も の で は な か っ た だ ろ う 。 あ の 時 は 弾 丸 を 受 け て も び く と も し な か っ た 。 弾 丸 を は じ め か ら 通 し て い な い よ う に も 見 え た が : : : 」 ラ フ ァ エ ル は わ け が わ か ら ず 、 顔 を し か め た 。 そ の 表 情 を ど う と っ た の か 、 マ ッ ク ス は わ ず か に 口 元 を つ り あ げ て 言 っ た 。 「 そ う だ な 、 255 と い え ば 、 私 も お ま え に 礼 を 言 わ ね ば な ら な い な 」 「 礼 ? 」 ュ


213 嘘 「 キ ャ ッ ス ル ? 」 「 あ の : : : 俺 と 一 緒 に 地 下 道 へ 」 あ あ 、 と マ ッ ク ス は 3 た 。 「 全 員 、 無 事 に 島 か ら 出 た 。 安 心 し ろ 」 あ ん ど ラ フ ァ エ ル の 顔 に 安 堵 が ひ ろ が る 。 「 そ 、 そ っ か 」 よ く 考 え れ ば 、 非 常 に 奇 妙 な 会 話 で あ る 。 そ も そ も 敵 で あ る , ク ス に 自 分 の 味 方 の 生 死 を 尋 ね る と こ ろ か ら し て 妙 だ が 、 そ れ に 対 し て 「 安 心 し ろ 」 と 応 じ る , ク ス も か な り 妙 だ 。 だ が 双 方 と も 、 そ ん な こ と な ど ま る で 気 に し て は い な い よ う だ 0 た 。 , ク ス は 今 度 こ そ 部 屋 か ら 出 て 行 き 、 ラ フ ァ = ル は お と な し く 椅 子 に 座 0 て 待 っ こ と に し た 。 と り あ え ず キ ャ , ス ル が 無 事 に 島 か ら 出 ら れ た の な ら ば 、 急 い で こ こ か ら 逃 げ る 必 要 も な い 。 体 も 本 調 子 で は な い し 、 無 理 は し な い ほ う が い い 。 我 な が ら い つ も 無 茶 ば か り し て い る が 、 今 回 は 結 構 き び し い 状 態 に あ る こ と ぐ ら い は な ん と な く わ か る 。 ( : : : で も 、 キ ャ ッ ス ル が 生 き て て く れ て よ か 0 た ) ラ フ ァ = ル は 心 か ら そ う 思 0 た 。 も 0 と も 敵 で あ る , ク ス の 言 葉 を 頭 か ら 信 じ る ほ う が お か し い の か も し れ な い が 、 な ぜ か ラ フ , = ル は 、 彼 が 嘘 を 言 0 て は い な い よ う な 気 が し た 。


101 嘘 『 つ ま り 、 そ う い う こ と だ 。 お ま え が 望 ま な い こ と を 俺 が す る わ け に も い か な い 』 で は 望 め ば 、 彼 は も っ と そ ば に 来 た と い う の だ ろ う か 。 も ち ろ ん 、 そ ん な 仮 定 は 無 意 味 だ 。 庇 護 さ れ る こ と な ど 、 キ ャ ッ ス ル は 少 し も 望 ん で は い な い の だ か ら 。 し か し あ の 時 の = イ ゼ ン の 表 情 は 、 い つ も の 冗 談 め か し た も の で は な か 0 た よ う な 気 が す イ = ス 、 と い う こ ち ら の 言 葉 を ど こ か で 望 ん で い る よ う に も 見 え た の は , ー ー 自 分 の 傲 慢 な 思 せ ん こ く い こ み に す ぎ な か っ た の だ ろ う か 。 つ い 先 刻 ラ フ ァ = ル が 見 せ た 真 剣 な 表 情 と 重 な る と 思 う の る 。


185 嘘 人 質 は 、 た し か に 無 事 と り か え し た 。 チ ェ ル ヌ イ は 助 け る こ と は で き な か っ た が 、 そ の 点 で キ ャ ッ ス ル た ち を 責 め ら れ る 者 は い な い だ ろ う 。 彼 女 た ち は こ の 困 難 な 任 務 を 、 ほ ・ ほ 完 璧 な 形 す い こ う で 遂 行 し た と い っ て よ い 。 め い よ か っ て ゲ ヴ ァ ラ が 言 っ た と お り 、 キ ャ ッ ス ル た ち に は 名 誉 と 隊 員 た ち の 尊 敬 が 与 え ら れ る こ と に な る だ ろ う 。 し か し そ ん な こ と は 、 隊 員 た ち に は ど う で も い い こ と だ っ た 。 彼 ら は 五 人 の 仲 間 を 失 っ た の な ぐ さ だ 。 名 誉 な ど な ん の 慰 め に も な ら な い 。 特 に キ ャ ッ ス ル や シ ド ー に は 二 人 が 共 に 失 っ た も の は 、 あ ま り に も 大 き す ぎ た 。


37 嘘 ま で の 経 緯 か ら い っ て 、 キ ャ ッ ス ル に 頭 が あ が ら な い 。 「 そ 、 そ う だ な 。 ご 苦 労 だ っ た 」 い げ ん た も ゲ ヴ ァ ラ が と り あ え ず 表 面 上 は 威 厳 を 保 っ て 言 う と 、 キ ャ ッ ス ル は 椅 子 か ら 立 ち 上 が っ て い 「 で は 、 失 礼 し ま す 」 か ん べ き 完 璧 な 敬 礼 を し て 、 彼 女 は 部 屋 か ら 出 て 行 っ た 。 遠 ざ か る 足 音 を 聞 き な が ら 、 ゲ ヴ ァ ラ は 深 い 息 を つ く 。 「 : : : あ と で ア ヴ ド ウ ル 伍 長 あ た り か ら い ろ い ろ 聞 き 出 す か な 」 の ん き 呑 気 に 呟 く 彼 は 、 自 分 が と ん で も な い 種 を ま い て し ま っ た こ と に 全 く 気 が つ い て い な い の だ っ こ 0 い き さ っ


193 嘘 し て い な か っ た 。 し か し 彼 の 差 し 出 す 知 恵 と 力 が あ ま り に も 魅 力 的 な も の だ っ た の で 、 結 局 は 彼 の 手 を と っ て し ま っ た の だ 。 だ か ら 自 分 た ち に は 、 も う 何 を 言 う 権 利 も な い 。 仮 に 火 星 都 市 の 援 助 で 月 面 都 市 か ら 地 球 の ほ 、 つ し ゅ 、 つ か ん し よ っ 完 全 独 立 を も ぎ と っ た と し て も 、 次 は 援 助 の 報 酬 と し て 、 火 星 の 干 渉 を 受 け ね ば な ら な い 。 っ ま り 、 支 配 者 が 変 わ る だ け の 話 だ 。 そ し て レ ジ ス タ ン ス は 、 目 先 だ け の 勝 利 を 選 ん だ の だ 。 男 は 、 そ れ を 理 解 し て い た 。 だ か ら マ ッ ク ス の 態 度 に も 怒 る 気 に は な れ な か っ た 。 そ ん な こ み じ と を し て も 、 自 分 た ち が 惨 め に な る だ け だ 。 そ れ に 彼 に と っ て は 、 「 地 球 の 大 義 の た め に 」 と う そ い っ た 類 の 見 え 透 い た 外 交 上 の 嘘 さ え 口 に で き な い マ ッ ク ス の あ る 種 の 実 直 さ が 好 ま し く 思 え る 。 マ ッ ク ス は 世 辞 を い っ さ い 口 に し な い か わ り に 、 レ ジ ス タ ン ス に と っ て は 最 高 の 戦 術 を 常 に 編 み 出 す 。 そ れ で 、 充 分 で は な い か 。 彼 は 同 志 で は な い 。 同 志 に は な り え ぬ の だ か ら 。 「 本 当 に 火 星 の 者 な の か ? な ぜ そ れ が こ ん な と こ ろ に い る ん だ 」 「 そ れ は 私 の ほ う が 知 り た い が 、 本 人 に 聞 け ば わ か る こ と だ 。 と に か く 同 種 で あ れ ば 、 私 は 彼 ー ベ ル メ ン シ ュ は 貴 重 な の で な 」 を 本 国 に 連 れ て 帰 る 義 務 が あ る 。 ュ 「 だ が ー ー 」 け い べ っ し つ こ く 反 論 し よ う と す る 男 を 半 ば 軽 蔑 す る よ う に 見 下 ろ し 、 マ ッ ク ス は 言 っ た 。 も ぐ 「 そ れ よ り も 、 一 刻 も は や く 地 下 道 に 潜 っ た 者 た ち を 呼 び 戻 し た ほ う が 良 く は な い か 。 ま も な た ぐ い


119 嘘 え ん え ん き び が 、 本 当 に 厳 し い の は こ れ か ら で あ る 。 な に し ろ 、 地 下 道 を 延 々 十 キ ロ も 歩 か ね ば な ら な い う え 、 敵 が う よ う よ い る 基 地 の 中 に の り こ ま ね ば な ら な い の だ か ら 。 キ ャ ッ ス ル は 息 を つ き 、 今 ま さ に 穴 の 中 へ 降 り ん と し て い る 兵 士 に 目 を 向 け た 。 そ の 途 端 、 ぎ よ っ と す る 。 「 ラ フ ァ エ ル ? 彼 女 の 視 線 の 先 に い る の は 、 ラ フ ァ エ ル だ っ た 。 彼 は 梯 子 に 足 を か け た と こ ろ だ っ た が 、 キ ャ ッ ス ル に 声 を か け ら れ 、 面 倒 く さ そ う に 顔 を こ ち ら に 向 け た 。 「 な ん だ よ 」 じ ん じ よ っ よ め ラ フ ァ エ ル は ぶ つ き ら ぼ う に 返 し た が 、 そ の 顔 は 夜 目 に も わ か る ほ ど 真 っ 青 な 上 、 尋 常 で は な い 汗 が 流 れ て い る 。 「 な ん だ よ っ て : : : あ ん た 、 な ん て 顔 色 し て ん の よ 」 キ ャ ッ ス ル が 顔 を 近 づ け る と 、 ラ フ ァ エ ル は 不 機 嫌 そ う に 目 を そ む け る 。 「 な ん で も ね ー よ 。 あ ん ま 気 持 ち よ く ね ー も ん た て 続 け に 見 た か ら 、 び つ く り し た だ け だ 」 し か ば ね 気 持 ち よ く ね ー も の 、 と は も ち ろ ん 、 味 方 の 屍 の 数 々 を 指 す の だ ろ う 。 た し か に 気 分 が 悪 く し ゆ ら ば な る よ う な 代 物 で は あ っ た 。 し か し 新 兵 な ら い ざ し ら ず 、 そ れ な り の 修 羅 場 を 経 験 し て い る ラ フ ァ エ ル が た っ た あ れ だ け の こ と で こ こ ま で 青 ざ め る こ と は な い だ ろ う 。 う そ 「 嘘 。 具 合 悪 い ん で し よ う が 。 今 そ れ だ け ひ ど い っ て こ と は 、 か な り 前 か ら お か し か っ た の し ろ も の め ん ど う