検索 - みる会図書館

検索対象: 黄金の日々月夜の珈琲館

黄金の日々月夜の珈琲館から 5件ヒットしました。

黄金の日々月夜の珈琲館


う そ 嘘 を つ け 嘘 を そ り ゃ あ ・ : も ち ろ ん : 相 変 わ ら ず 克 ち ゃ ん に 会 う た め じ ゃ な い か : 野 暮 だ ね ・ : お 取 り 込 み 中 大 変 申 し 訳 あ り ま せ ん が じ ゃ ・ : そ ー い う こ と だ 悪 さ を す る な よ 青 木 先 生 教 授 が お 呼 び で す 置 い て け ば り ム d イ

黄金の日々月夜の珈琲館


Ⅷ い う か 、 懐 か し い と い う か : : : 。 知 り 合 っ て 間 も な い し 、 知 ら な い こ と の ほ う が ず っ と 多 い の に 、 一 緒 に い る の が と て も 自 然 で 、 違 和 感 も 不 安 も 感 じ な い ん で す 」 「 運 命 の 出 会 い 、 と い う や っ か な ? 」 : か も し れ な い 「 そ う : う そ 嘘 の つ け な い 性 格 な の だ ろ う 。 岡 野 は 小 さ な 声 で そ う 答 え る と 、 耳 ま で 真 っ 赤 に し な が ら 、 「 同 性 相 手 に 変 か も し れ な い け ど 」 と 付 け 加 え た 。 「 少 し も 変 じ ゃ な い さ 」 「 え っ ? 」 「 人 を 好 き に な る の に 、 性 別 も 年 齢 も 関 係 な い と 俺 は 思 っ て る 」 あ ん ど 思 い が け な い 青 木 の 言 葉 を び つ く り し た 表 情 で 聞 い て い た 岡 野 の 顔 に 、 ほ っ と 安 堵 の 色 が 浮 か ん だ 。 ま だ 付 き 合 い は 浅 い ら し い が 、 岡 野 と 津 川 と は 、 い い 関 係 を 築 い て い っ て い る ら し い 「 先 生 に も そ う い う 相 手 が い る ん で す ね : : : 」 し ば ら く し て 、 ね る と も な し に 岡 野 が 呟 い た 。 「 出 会 え た こ と に 感 謝 で す よ ね 」 な っ い っ し ょ

黄金の日々月夜の珈琲館


180 「 だ か ら 、 一 九 九 二 年 の ・ : 「 な 、 何 を 言 っ て る の ? 」 ろ う ば い つ ぶ や 女 が 狼 狽 し た よ う に 呟 い た 。 「 違 う よ 。 今 は も う 九 五 年 だ 」 「 九 五 年 ・ : ・ : ? 」 「 そ う 。 君 は 一 一 十 一 歳 で は な い し 、 今 は 一 九 九 一 一 年 で も な い ー 、 っ そ 「 ど う い う こ と ? そ れ 。 そ ん な こ と 、 僕 は ・ ー ー 嘘 だ : 岡 野 が 、 途 方 に 暮 れ た よ う な 顔 で 呟 い た 。 語 尾 が わ ず か に 震 え て い る 。 形 が つ く ほ ど 強 く バ ッ グ を 握 り し め た ま ま 、 女 が 叫 ん だ 。 「 ど : : : ど う し て 」 き お く あ 「 彼 の 記 憶 は 事 故 に 遭 う 直 前 の 一 九 九 二 年 で 止 ま っ て い る ん だ 。 そ れ 以 降 の 出 来 事 に つ い て は 、 決 し て 書 き 込 ま れ る こ と が な い 。 数 か 月 か ら 約 一 年 : : : そ の 時 々 に よ っ て 記 憶 で き き れ い る 日 々 の 長 さ は 違 う が 、 そ れ も 一 定 期 間 が 過 ぎ る と 次 第 に 薄 れ 、 し ま い に は 綺 麗 さ つ ば り リ セ ッ ト さ れ て し ま う ん だ よ 。 , ・ : : 何 も か も ね 」 「 う そ :

黄金の日々月夜の珈琲館


150 ほ お ふ く 最 初 の ば ん や り が 嘘 の よ う に 、 岡 野 は わ ざ と 頬 を 膨 ら ま せ て 抗 議 し た 。 ま な ざ 対 す る 津 川 の 眼 差 し に は 、 か ら か い な が ら も な ん と も い え な い 優 し い 光 が 宿 っ て い る 。 「 こ れ も 、 モ デ ル は 津 川 ? ち ょ う ど 三 人 の 前 に あ っ た 絵 を 見 て 、 青 木 は 訊 い た 。 「 そ う で す 。 と い っ て も 、 は っ き り そ う と は わ か ら な い か も し れ な い け ど 」 と ら 「 そ ん な こ と は な い 。 絵 の こ と は よ く 知 ら な い が 、 と て も 特 徴 を 捉 え て る と 思 う よ 。 絵 だ 」 「 改 め て そ う 言 わ れ る と 、 な ん だ か 照 れ ま す 」 「 モ デ ル が い い の さ 。 な っ ー 「 あ ー っ ! 」 恥 ず か し そ う に 肩 を す く め た 岡 野 の 横 で 、 津 川 が 茶 々 を 入 れ る 。 「 そ れ に し ち ゃ 、 実 物 よ り カ ッ コ よ す ぎ る 」 青 木 も 負 け ず に 言 葉 を 挟 ん だ 。 ぶ お と こ か 「 や つ ば り 美 化 し す ぎ た な 。 今 度 か ら も っ と 醜 男 に 描 こ う つ ! 」 か ん べ ん 「 お い 、 あ ん ま り シ ュ ー ル な の は 勘 弁 し て く れ よ 」 ふ ん い き 砕 け た 口 調 の 津 川 に 、 す っ か り 雰 囲 気 も 和 ん だ 時 だ っ た 。 う そ や さ

黄金の日々月夜の珈琲館


「 無 理 っ て : い っ た い な ん の 話 な ん だ と ね よ う と し て 、 青 木 は 質 問 を 変 え た 。 先 ほ ど 医 局 で 見 た 写 の う り 真 の こ と が 脳 裏 に 浮 か ん だ か ら だ 。 「 彼 ら と ず い ぶ ん 立 ち 入 っ た 仲 な ん だ な 」 「 お ま え の 知 り た い こ と は わ か る よ 」 前 を 向 い た ま ま な の で 表 情 ま で は わ か ら な か っ た が 、 津 川 が 身 じ ろ ぐ 気 配 が あ っ た 。 「 写 真 、 見 た ん だ ろ ? そ の ま ま さ 。 俺 た ち の 付 き 合 い は 、 も う 五 年 近 く に な る 」 う そ 「 五 年 ? ま さ か : : : 嘘 だ ろ ? と て も そ ん な ふ う に は ー ー ー 」 「 見 え な い だ ろ う な 。 彼 の 意 識 の 中 じ ゃ 、 ま だ 出 会 っ て 一 年 に も な っ て な い ん だ か ら 」 「 ど う い う 意 味 な ん だ ? コ = ロ 葉 の ま ま だ よ 」 津 川 の 答 え に 、 青 木 は 顔 を し か め た 。 日 道 が 混 み あ っ て き た 。 週 末 の 夕 方 と い う こ と も あ る の か も し れ な い 。 そ の せ い か ど う か い ら だ 金 は わ か ら な か っ た が 、 津 川 の 声 に は わ ず か に 苛 立 ち が 感 じ ら れ た 。 「 人 の 誣 な ん て 、 儚 い も ん だ な 」 つ ぶ や 信 号 を 前 に 、 ス ピ ー ド を 落 と し な が ら 津 川 が ば ん や り と 呟 い た 。 こ