検索 - みる会図書館

検索対象: 書の十二則

書の十二則から 213件ヒットしました。

書の十二則


図 5 ー 7 徐 三 庚 楷 書 対 聯 ( 観 峰 館 蔵 ) 140

書の十二則


天 地 元 守 宙 洪 芫 日 月 盈 異 図 0 ー 20 北 魏 張 猛 龍 碑 図 0 ー 21 張 裕 釗 の 楷 書 41 序 章 毛 筆 と 脳 、 運 筆 と 個 性 ・ 作 風

書の十二則


き ゅ - つ か く っ す ぐ に き れ い に で き た ら 成 功 で す 。 図 1 ー 7 の 最 澄 ( 七 六 七 ー 八 二 二 ) に よ る 「 久 隔 帖 は 、 弘 仁 四 年 ( 八 一 三 ) に 高 雄 山 寺 の 空 海 の 元 に あ っ た 弟 子 の 泰 範 に 宛 て た 書 状 で 、 品 格 の 溢 れ た 作 風 は 唐 代 に 盛 行 し た 王 羲 之 や 欧 陽 詢 の 書 法 を 踏 ま え た も の で す が 、 そ の 図 1 ー 7 最 澄 「 久 隔 帖 」 59 第 1 則 振 り 子 に 動 か す

書の十二則


下 か ら 上 〈 の 動 き で は 筆 先 を す ば め て 細 く し ま す 。 上 か ら 下 に 動 く 際 に 筆 先 が 線 の 左 に あ り 、 右 側 を 側 面 が 通 る こ と も 横 方 向 へ の 連 動 の と き と 同 じ で す 。 ぺ い ふ つ 図 2 ー 7 は 北 宋 の 米 董 ( 元 章 、 一 〇 五 一 ー 一 一 〇 七 ) の 「 張 李 明 帖 」 と 呼 ば れ る 作 品 の 部 そ し よ く こ う て い け ん 分 で す 。 米 董 は 蘇 軾 ( 東 坡 ) 、 黄 庭 堅 ( 山 谷 ) と 共 に 宋 の 三 大 家 に 数 え ら れ た 、 中 国 書 道 史 上 の 屈 指 の テ ク ニ シ ャ ン で し た 。 米 董 は 王 羲 之 の 書 法 に 傾 倒 し た と さ れ ま す が 、 そ の 運 筆 に は 旋 回 運 動 が 盛 ん に 現 わ れ て い ま す 。 と く に 図 2 ー 8 は そ の 書 作 中 で 、 王 羲 之 の 図 2 ー 7 米 董 「 張 李 明 帖 」

書の十二則


を 再 現 す る こ と に 腐 心 し 、 か っ そ れ に 強 い 自 負 を 抱 い た 人 で す が 、 そ の 王 羲 之 書 法 の 精 彩 の 大 き な 要 因 と し て 、 こ の パ ネ の 放 ち 出 し の 連 動 が あ り ま す 。 こ ん ・ こ ・ つ は ん に や き ょ ・ つ か い だ し 図 4 ー 5 の 空 海 書 「 金 剛 般 若 経 解 題 、 は 空 海 ( 七 七 八 ー 八 三 五 ) の 般 若 経 講 義 の 下 書 き で あ っ た と 考 え ら れ て い る も の で 、 練 達 の 行 草 書 は ま ば ゆ い ば か り の 精 彩 を 放 っ て い ま す が 、 こ の 精 彩 も 米 董 に お い て 見 た 、 パ ネ の 放 ち 出 し の あ ざ や か な 連 動 に よ っ て 生 み 出 さ れ て い ま す 。 空 海 も ま た 王 羲 之 書 法 を 中 国 の 一 流 の 書 人 に 勝 る と も 劣 ら ぬ 程 に 身 に つ け て い ま し た 。 唐 朝 に 留 学 し て そ の 書 法 を 存 分 に 修 得 し た ば か り で な く 、 か っ て 東 大 寺 正 倉 院 に は 厖 大 と ・ つ も ぼ ん な 量 の 王 羲 之 書 法 の 搨 模 本 ( 精 巧 な 透 か し 写 し ) が 収 / = 蔵 さ れ て お り 、 そ れ が 嵯 峨 天 皇 の 弘 仁 年 間 に 出 蔵 さ れ て 、 嵯 峨 天 皇 か ら 篤 い 信 任 を 受 け て い た 空 海 は 、 そ れ ら を 目 に す る 機 会 に 恵 ま れ て い た こ と で し よ う 。 図 い ま 一 つ 、 図 4 ー 6 は 清 代 後 期 の 何 紹 基 ( 一 七 九 九 ー 一 八 七 三 ) の 書 作 か ら と り 出 し た も の で す 。 何 紹 基 は 王 羲 之 系 統 の 書 に は あ ま り 関 心 を 示 さ ず 、 篆 書 や 122

書の十二則


ジ し よ う 。 日 本 で も 文 部 省 に よ る 中 等 教 員 採 用 試 験 で あ ぶ ん け ん る 文 検 の 習 字 科 で は こ の 書 法 が 強 制 さ れ 、 自 ず か ら 学 き 校 教 育 に お い て も 、 そ の 強 い 影 響 が あ り ま し た 。 1 ③ の 横 画 の 練 習 か ら 始 め よ う 図 こ れ ら の 横 画 の う ち 、 振 り 子 運 動 の 運 筆 に 最 も 近 い ー の 動 の は ③ に な り ま す 。 振 り 子 運 動 を 応 用 し て 、 ま ず 図 1 き を イ メ ー ジ し 、 軽 く こ の よ う に 筆 を 執 っ て 動 か し て み ま し ょ 筆 運 う 。 さ ら に 動 き が こ な れ て き た ら 、 墨 を 含 ん で 実 際 に 書 い て み の ③ ま し よ う 。 こ の 場 合 、 筆 を 強 く 使 い す ぎ た り 筆 圧 を 加 え す ぎ る 横 と 、 動 き が 重 く な っ た り 筆 先 が も つ れ た り し ま す 。 そ う い う こ 7 と の な い よ う 、 極 力 運 筆 を 軽 く し て 、 明 る い 線 が 出 る よ う に 気 図 持 ち を 集 中 し て く だ さ い さ て 、 い よ い よ 横 画 で す ( 図 1 ー 参 照 ) 。 先 ほ ど と 同 じ 運 筆 を し て 、 ま ず 空 中 で か ら 人 り -a で 方 向 が 変 わ り ま す 。 方 向 が

書の十二則


右 払 い 右 払 い は 楷 書 ・ 行 書 で は 形 作 り ま す が 、 草 書 に は 堅 固 し く な る の で 付 け な い の 普 通 で す 。 隷 書 で は 右 払 い で は な く 、 波 磔 に な り ま す ( 漢 代 に は 草 書 に 波 磔 を 加 え た 章 草 と 呼 ば れ る 特 異 な 字 体 が あ り ま し た ) 。 楷 書 の 右 払 い ( 図 7 ー 3 ) で は 、 起 筆 で 筆 先 を 菊 度 左 上 方 向 に 整 え 、 そ の ま ま 運 筆 し ま す 。 こ の と き 、 心 持 ち 筆 管 を 左 回 り に す る と 、 あ と の 払 い で の 方 筆 先 向 転 換 が 楽 に な り ま す 。 た だ し 、 あ く ま で も ほ ん の 心 持 ち で 運 す 。 点 に 至 っ て 筆 管 を 度 程 度 左 回 転 し 、 筆 先 を 左 方 に 方 の 向 転 換 し て 右 方 に 払 い 出 し ま す 。 こ の 点 で 断 筆 す る 人 と し な い 人 が あ り ま す 。 こ れ は あ く 書 ま で も 技 法 上 の 好 み の 問 題 で あ っ て 、 断 筆 す る と 点 の 認 識 楷 が 作 風 に 明 瞭 に 表 れ ま す 。 例 え ば 欧 陽 詢 書 法 や 北 朝 系 の 楷 書 で あ れ ば 、 断 筆 を 加 え た 方 が 作 風 の ア ク セ ン ト に な り 、 虞 世 図 南 な ど 南 朝 系 の 書 法 で あ れ ば 、 断 筆 で で き る 節 目 は 柔 ら か さ の 妨 げ に な る で し よ う 。 行 書 の 場 合 は 流 れ を 重 ん し ま す か ら 筆 先 の 158

書の十二則


圧 を 残 し ま せ ん 。 あ る い は 、 時 に 収 筆 で 隷 書 の 波 磔 の よ う な は ね 出 し を す る こ と も あ り ま す 。 収 筆 に 隷 書 の 場 合 と 同 じ よ う に 、 装 飾 的 な 意 図 が 働 い た も の で し よ う 。 ⑤ は ③ を 起 源 と し 、 唐 代 に 入 っ て 定 着 し た 筆 法 で す 。 ③ の よ う に 起 筆 は 尖 り ま せ ん が 、 筆 圧 を 強 く 残 し た 跡 が な い 、 丸 み の あ る 穏 や か な 書 き ふ り で あ る こ と か ら 円 筆 と い う 形 瓦 ル す 黄 す 洪 荒 日 月 盈 良 お 刎 発 太 耒 暑 図 1 ー 14 智 永 「 真 書 千 字 文 」 65 第 1 則 振 り 子 に 動 か す

書の十二則


懸 針 垂 露 み や じ ま え い し 日 本 の 近 代 書 道 史 を 飾 る 書 人 に 、 宮 島 詠 士 ( 一 八 六 七 ー 一 九 四 三 ) が あ り ま す 。 詠 士 は せ ご が ′ 、 本 名 を 大 八 と い い 、 明 治 二 十 年 に 二 十 歳 の 若 さ で 渡 清 し 、 清 代 末 期 の 碩 学 と し て 著 名 な 張 裕 釗 ( 字 は 廉 卿 、 一 八 二 三 ー 一 八 九 四 。 図 0 ー 線 幻 参 照 ) の 元 で 、 足 か け 八 年 に わ た っ て 経 学 - の や 詩 文 を 学 び ま し た 。 帰 国 後 は 東 京 の 麹 町 他 き ゅ う し ゅ う へ ん 詠 で 善 隣 書 院 を 経 営 し 、 『 急 就 篇 』 な ど 多 く 宮 の 中 国 語 教 科 書 を 編 纂 し て 、 戦 前 ま で の 中 国 語 教 育 に 大 き な 足 跡 を 残 し ま し た 。 張 裕 釗 が 図 偉 大 な 書 人 で も あ っ た こ と か ら 、 詠 士 は 書 法 の 面 に お い て も よ く そ の 遺 鉢 を 継 い で 骨 法 を だ い は ち 3 振 り 子 で 線 を 引 く

書の十二則


メ ー ジ が 形 成 さ れ て お り 、 隷 書 に も ま た 同 様 の こ と が い え ま す 。 と こ ろ が 混 用 と な る と 見 慣 れ て い な い た め 、 非 常 に 奇 異 な も の と し て 目 に 映 る の で し よ う 。 そ れ だ け 起 筆 と 収 筆 は 、 人 の 目 に イ ン 。 ハ ク ト が 強 い と い う こ と も 意 味 し て い ま す 。 前 掲 の 趙 之 謙 は 篆 書 に さ か ん に 隷 書 の 筆 法 を 持 ち 込 ん で い ま す が 、 こ れ も 「 天 発 神 讖 碑 , に よ る 影 響 と み な す こ と が で 去 、 る で し ょ 一 つ 。 起 筆 ・ 収 筆 は 書 く 人 の 志 向 と 個 性 に 直 結 さ ん ば う し ひ し ん そ う し よ く 図 5 ー 6 は 清 末 か ら 中 華 民 国 初 期 の 沈 曽 植 が 、 東 晋 の 「 爨 宝 子 碑 」 を 臨 書 し た も の で た い き ょ - っ す 。 「 爨 宝 子 碑 」 は 東 晋 の 太 亨 四 年 ( 四 〇 五 ) に 雲 南 省 に 建 立 さ れ た も の で 、 隷 書 、 楷 書 、 行 書 の 書 法 が ミ ッ ク ス さ れ て お り 、 飄 々 と し た 古 朴 な 作 風 は 書 法 の 歴 史 に お い て 特 異 な 存 在 と し て 位 置 づ け ら れ て い る も の で す 。 こ こ に お い て も 究 極 の 特 異 性 は 起 筆 、 収 筆 に 求 め ら れ ま す が 、 沈 曽 植 は よ く そ の 特 徴 を 把 握 し 、 し か も 原 作 の 石 刻 の 硬 さ か ら 脱 し て 、 運 筆 と し て な め ら か で 自 然 な も の に 作 り 直 し て い ま す 。 つ い れ ん 図 5 ー 7 は 清 末 の 徐 三 庚 の 楷 書 に よ る 対 聯 で す 。 徐 三 庚 と い う と 誰 も が 「 天 発 神 讖 碑 」 に 影 響 を 受 け た 、 切 り 立 つ よ う な 鋭 角 的 な 篆 書 を 想 起 し ま す が 、 彼 は 北 魏 体 を 踏 ま 138