検索 - みる会図書館

検索対象: あうる 2012年 夏号

あうる 2012年 夏号から 48件ヒットしました。

あうる 2012年 夏号


ZCO 図 書 館 の 東 日 本 大 震 災 で 被 災 さ れ た 学 校 が 解 散 図 書 館 へ の 支 援 特 定 非 営 利 活 動 法 人 昨 年 度 実 施 し ま し た 被 災 図 o) 「 図 書 館 の 学 校 」 は 、 全 事 書 館 へ の 支 援 事 業 に つ き ま し 業 を 図 書 館 振 興 財 団 に 引 継 ぎ 、 て は 、 前 号 ( 2012 / 2 + 3 月 2012 年 4 月 1 日 に 解 散 し 号 ・ 105 号 ) で く わ し く ご 紹 ま し た 。 現 在 、 清 算 手 続 き を 介 し ま し た 。 2012 年 度 も す す め て い ま す 。 引 き 続 き 実 施 し て い ま す 。 今 年 度 は 学 校 図 書 館 中 心 と し て 評 議 員 会 ・ 理 事 会 お り 、 実 際 に 学 校 図 書 館 か ら 公 益 財 団 発 足 後 は じ め て の 多 く の 申 請 を い た だ い て い ま 評 議 員 会 ・ 理 事 会 を 2012 す 。 図 書 館 の 再 開 、 整 備 等 に 年 6 月 日 に 開 催 し ま す 。 2 必 要 な も の を 、 金 銭 で な く 物 012 年 度 の 事 業 計 画 お よ び 品 で 送 付 し て お り ま す 。 予 算 案 等 を 審 議 す る 予 定 で す 。 図 書 館 振 興 財 団 ホ ー ム ペ ー ジ (URL: 「 . toshokan. or.jp/) お よ び 次 号 機 関 誌 ( 秋 号 ・ 9 月 幻 日 発 行 予 定 ) で お 知 ら せ し ま す 。 図 書 館 振 興 財 団 事 務 局 ニ ュ ー ス 「 調 べ る 学 習 講 座 ガ イ ド ブ ッ ク 」 の 公 開 に 高 齢 者 ) 向 け に 「 調 べ る 学 習 」 の 方 法 を 教 え る 講 座 に つ い て 説 明 。 主 に 公 共 図 書 館 向 け に 、 講 座 の 運 営 方 法 ・ 講 座 の 内 容 に つ い て 、 手 順 を 追 っ て 具 体 的 に 示 し て い ま す 。 2011 年 春 か 、 ら 一 旻 に か け 、 座 間 市 立 図 書 館 、 八 王 子 市 図 書 館 、 大 阪 狭 山 市 立 図 書 館 で 実 施 さ れ て い る 講 座 を 実 際 に 見 学 し 、 関 係 者 よ り 聞 取 り 調 査 を 行 い ま し た 。 ま た 文 京 区 立 小 石 川 図 書 館 で 開 催 さ れ た 「 図 書 館 の 学 校 」 の 「 図 書 館 ま な び 塾 」 で は 「 図 書 館 の 学 校 」 が 運 営 を 担 い ま 2 つ の 事 業 委 員 会 の メ ン バ よ り 結 成 さ れ た ワ ー キ ン グ グ し た の で 、 そ の 実 践 内 容 も 織 ル ー プ ( 大 串 夏 身 理 事 ・ 小 畑 信 夫 理 り 込 み ま し た 。 座 間 市 と 八 王 事 ・ 長 倉 美 惠 子 理 事 ) が ガ イ ド プ 子 市 の ご 担 当 者 か ら は 企 画 書 等 も 提 供 い た だ き 、 資 料 と し ッ ク を 作 成 し ま し た 。 子 ど も 向 け の 「 調 べ る 学 て 掲 載 し て い ま す 。 習 」 の 講 習 会 や 体 験 講 座 は 比 ガ イ ド ブ ッ ク は 、 図 書 館 振 較 的 数 多 く 開 か れ て い ま す が 、 興 財 団 ホ ー ム ペ ー ジ の 「 コ ン 大 人 を 対 象 に し た も の は 少 な ク ー ル の 部 」 よ り ダ ウ ン ロ ー ド で き ま す 。 せ ひ ご 活 用 く だ い の が 現 状 で す 。 こ の ガ イ ド ブ ッ ク で は 、 般 の 方 ( と く 、 レ 第 4

あうる 2012年 夏号


編 集 後 記 図 書 館 に 関 わ る 雑 誌 の 多 く は 、 図 書 館 運 営 、 た 外 交 官 の オ ス マ ン ・ サ ン コ ン さ ん に 図 書 館 図 書 館 学 を 視 野 に お い て い る 。 図 書 館 の お 客 か 助 け て く れ た 、 と い っ た こ と を 楽 し く 語 っ 様 で あ る 利 用 者 を 対 象 と し た 雑 誌 は 、 わ が 国 て い た だ い た 。 に お い て は 皆 無 で は な い た ろ う か ? 公 益 財 団 法 人 の 機 関 誌 と し て 刊 行 形 態 に 限 図 書 館 は 利 用 者 の た め に あ る 。 公 益 財 団 法 界 も あ る が 、 当 面 は 、 こ ん な 思 い を 込 め て お 人 図 書 館 振 興 財 団 の 機 関 誌 と し て 再 ス タ ー ト 届 け し よ う と 、 岩 崎 書 店 の 協 力 も 得 て ス タ ッ し た 本 誌 『 あ う る 』 の コ ン セ プ ト は 、 を フ 一 同 意 気 込 ん で い る 。 手 に 取 っ て く だ さ っ 再 生 さ せ 世 界 ト ッ プ の 経 営 者 と 称 賛 さ れ る 元 た 方 々 に 、 広 く 図 書 館 の 利 用 者 の 皆 様 に 届 く O O の Jack Welch Jr. で は な い が "Custo- よ う ク こ れ は い け る ク と 紹 介 を お 願 い す る 次 mer is first. 。 で あ る 。 ク 図 書 館 っ て 、 か く も 第 で あ る 。 役 立 っ ・ 楽 し い 所 ク と い っ た こ と を お 伝 え す 常 任 理 事 石 川 徹 也 る た め の 雑 誌 を 目 指 す こ と と し た 。 そ , つ は 一 一 一 口 い な が 、 ら も 機 関 誌 で あ る こ と か ら 、 図 書 館 振 興 財 団 の 事 業 活 動 の 成 果 を お 伝 え す , ) の た び 機 関 誌 制 作 担 当 と な り ま し た 。 公 る 義 務 が あ る 。 そ こ で 、 財 団 の 中 心 的 な 事 業 益 財 団 法 人 へ の 業 務 移 行 と 並 行 し て の 編 集 作 「 図 書 館 振 興 助 成 事 業 」 「 図 書 館 利 用 促 業 で 、 試 行 錯 誤 の 連 続 で し た が 、 リ ニ ュ ー ア 進 事 業 」 「 図 書 館 活 性 化 事 業 」 の 3 事 業 の 成 ル 第 1 号 が 無 事 に 完 成 し 、 ほ っ と し て い ま す 。 果 を "Customer is first. 。 の 観 点 で 構 成 し た 。 こ ち ら の 取 材 に 央 く 応 じ て く だ さ っ た み な さ 例 え は 、 「 助 成 事 業 」 に よ る 短 期 留 学 の 効 果 ま 、 原 稿 を お 寄 せ い た だ い た み な さ ま に 、 を 村 上 直 子 さ ん に 、 「 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る の 場 を 借 り て お 礼 申 し 上 げ ま す 。 学 習 コ ン ク ー ル 」 の 受 賞 に よ る 大 学 入 学 体 験 公 益 財 団 法 人 の 機 関 誌 に な り ま し た が 、 Z を 望 月 麗 さ ん に 語 っ て い た だ い た 。 「 選 書 事 図 書 館 の 学 校 の 機 関 誌 と し て 親 し ま れ て 業 」 に 関 連 し て 話 題 の 本 に つ い て は 、 図 書 き た 『 あ う る 』 の 内 容 を 一 部 ひ き つ ぎ つ つ 、 館 ・ 出 版 社 ・ 著 者 の 三 者 に 、 そ れ ぞ れ の 立 場 財 団 事 業 に あ わ せ て コ ン テ ン ツ の 幅 を 広 げ て ・ か ら 言 葉 を い た だ い た 。 い き た い と 考 え て い ま す 。 末 永 い ご 愛 読 の ほ そ し て ク 図 書 館 っ て 、 か く も 役 立 っ ・ 楽 し ど 、 よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。 い 所 ク に つ い て 、 巻 頭 言 で 、 国 内 外 で 学 を 極 制 作 担 当 牟 田 清 文 め た 細 谷 亮 太 先 生 に 図 書 館 利 用 の 冥 利 を 、 ま あ う る 2012 年 夏 号 ( 公 益 財 団 去 人 図 書 館 振 興 財 団 機 関 誌 106 号 ) 2012 年 6 月 21 日 発 行 ( 季 刊 ) 発 行 人 不 井 昭 編 集 公 溢 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 ・ ( 株 ) 岩 崎 書 店 発 行 公 溢 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 〒 112-0012 東 京 都 文 京 区 大 塚 3 ー 5 ー 9 ア ー ト デ ィ レ ク シ ョ ン 野 澤 享 子 (Permanent YeIIow orange) 表 紙 撮 影 小 野 雅 史 ( コ ン テ ン ツ 株 式 会 社 ) 表 紙 ・ 本 文 ン イ ア ウ ト Permanent YeIIow Orange イ ラ ス ト 北 原 明 日 香 印 刷 ・ 製 本 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 ◎ Library Advancement Foundation 2012 Printed ⅲ Japan 次 号 予 告 『 あ う る 』 秋 号 は 9 月 20 日 の 刊 行 で す 。 秋 と な れ ば 、 「 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 コ ン ク ー ル 」 の 地 域 コ ン ク ー ル た け な わ の こ ろ 。 各 地 の コ ン ク ー ル の 経 過 の 様 子 を 中 心 に お 届 け し ま す 。

あうる 2012年 夏号


2012 年 度 ■ 図 書 館 員 専 門 職 育 成 活 動 助 成 事 業 国 立 大 学 法 人 名 古 屋 大 学 [ 所 在 地 ] 愛 知 県 名 古 屋 市 [ 事 業 の 名 称 ] lLl(lnfo 「 mation Lite 「 acylnstruction) ラ イ プ ラ リ ア ン 育 成 事 業 [ 事 業 期 間 ] 201 2 年 5 月 1 日 ~ 2013 年 3 月 31 日 [ 所 在 地 ] 宮 城 県 東 松 島 市 東 松 島 市 図 書 館 ・ 図 書 館 運 営 助 成 事 業 [ 助 成 金 額 ] 3,300,000 円 [ 助 成 金 額 ] 1 757 , 61 7 円 [ 事 業 期 間 ] 201 2 年 9 月 ~ 201 3 年 2 月 古 地 図 の デ ジ タ ル 化 及 び 閲 覧 用 地 図 の 作 製 事 業 [ 事 業 の 名 称 ] [ 所 在 地 ] 奈 良 県 橿 原 市 橿 原 市 [ 助 成 金 額 ] 1 608 , 514 円 [ 事 業 期 間 ] 201 2 年 5 月 1 日 ~ 2013 年 3 月 31 日 高 鍋 藩 校 明 倫 堂 貴 重 資 料 電 子 化 事 業 [ 事 業 の 名 称 ] [ 所 在 地 ] 宮 崎 県 高 鍋 町 高 鍋 町 役 場 [ 助 成 金 額 ] 7 , 597 914 円 [ 事 業 期 間 ] 201 2 年 7 月 1 日 ~ 2013 年 3 月 31 日 [ 事 業 の 名 称 ] ℃ T 地 域 の 絆 保 存 プ ロ ジ ェ ク ト 助 成 事 業 者 一 覧 国 立 大 学 法 人 岡 山 大 学 附 属 図 書 館 [ 所 在 地 ] 岡 山 県 岡 山 市 [ 事 業 の 名 称 ] 三 浦 家 文 書 デ ジ タ ル ・ ギ ャ ラ リ ー 構 築 事 業 [ 事 業 期 間 ] 201 2 年 4 月 ~ 2013 年 3 月 [ 助 成 金 額 ] 3 OOO OOO 円 堺 市 立 中 央 図 書 館 [ 所 在 地 ] 大 阪 府 堺 市 [ 事 業 の 名 称 ] 「 堺 市 史 」 フ ル テ キ ス ト ( 全 文 ) デ ジ タ ル 化 に よ る 一 般 公 開 シ ス テ ム 事 業 [ 事 業 期 間 ] 助 成 決 定 後 ~ 2013 年 3 月 31 日 [ 助 成 金 額 ] 6 912,000 円 彦 根 市 [ 所 在 地 ] 滋 賀 県 彦 根 市 [ 事 業 の 名 称 ] う つ り ゆ く 城 下 町 彦 根 の す が た ー 城 下 町 絵 図 等 の デ ジ タ ル 化 と 複 製 ー [ 事 業 期 間 ] 201 2 年 5 月 1 日 ~ 2013 年 3 月 31 日 [ 事 業 の 名 称 ] [ 所 在 地 ] 宮 城 県 南 三 陸 町 南 三 陸 町 教 育 委 員 会 [ 助 成 金 額 ] 5,040,000 円 [ 事 業 期 間 ] 201 2 年 4 月 ~ 2013 年 3 月 市 立 米 沢 図 書 館 デ ジ タ ル ラ イ ブ ラ リ ー 構 築 事 業 [ 事 業 の 名 称 ] [ 所 在 地 ] 山 形 県 米 沢 市 米 沢 市 [ 助 成 金 額 ] 7 480 OOO 円 [ 助 成 金 額 ] 2 , 295 , OOO 円 [ 事 業 期 間 ] 2012 年 5 月 1 日 ~ 2013 年 3 月 31 日 デ ジ タ ル 化 南 三 陸 町 史 ( 旧 志 津 川 町 誌 ・ 歌 津 町 史 ) 保 存 の た め の

あうる 2012年 夏号


入 賞 作 品 文 部 科 学 大 臣 賞 調 べ る 学 習 部 門 小 学 生 の 部 ( 低 学 年 ) な ん と こ と し も " 続 ・ し ん ご う っ て ど う な っ て る の ? 〈 て つ 道 へ ん 〉 遠 山 晃 大 朗 市 原 市 立 姉 崎 小 学 校 2 年 ( 千 葉 県 ) 調 べ る 学 習 部 門 小 学 生 の 部 ( 中 学 年 ) ん 5 や つ ば り こ の 味 ・ こ の 香 り な ん で こ ん な に 幸 せ な 気 持 ち に な る の ? 私 を 幸 せ に し て く れ る の は だ れ ? 2011 年 私 の 幸 せ さ が し の 旅 が は じ ま っ た 關 ま こ 白 山 市 立 東 明 小 学 校 4 年 ( 石 川 県 ) 調 べ る 学 習 部 門 小 学 生 の 部 ( 高 学 年 ) 鼾 八 ナ カ ワ ク ? い び き は ひ び く よ ど こ ま で も 大 澤 曉 人 豊 島 区 立 池 袋 第 三 小 学 校 5 年 ( 東 京 都 ) 調 べ る 学 習 部 門 中 学 生 の 部 消 え た ・ ・ ? 富 津 岬 の し っ ぽ 坪 井 比 呂 袖 ヶ 浦 市 立 蔵 波 中 学 校 2 年 ( 千 葉 県 ) 調 べ る 学 習 部 門 高 校 生 の 部 有 事 の 際 日 本 は 国 民 を 守 れ る か ー 民 間 活 用 と 国 民 保 護 の 視 点 か ら ー 藤 永 貴 史 清 教 学 園 高 等 学 校 3 年 ( 大 阪 府 ) 調 べ る 学 習 部 門 大 人 の 部 な ぜ 神 話 の 聖 地 に 万 葉 の う た と 植 物 5 散 策 の も り に 万 葉 の か お り 5 蔵 原 敬 吾 ( 宮 崎 県 ) 観 光 庁 長 官 賞 調 べ る 学 習 部 門 小 学 生 の 部 ( 高 学 年 ) 海 苔 5 仕 入 れ 紙 が 語 る 諏 訪 海 苔 商 人 の 歴 史 5 北 澤 み な み 茅 野 市 立 永 明 小 学 校 6 年 ( 長 野 県 ) 栄 え あ る 賞 に 選 ば れ た 作 品 を 紹 介 し ま す ( 敬 称 略 学 校 ・ 学 年 は 受 賞 時 ) 優 秀 賞 ・ 図 書 館 の 学 校 賞 優 秀 賞 ・ 日 本 児 童 教 育 振 興 財 団 賞 調 べ る 学 習 部 門 小 学 生 の 部 ( 低 学 年 ) 調 べ る 学 習 部 門 小 学 生 の 部 ( 低 学 年 ) だ い す き な だ ん ご む し だ い け ん き ゅ う ー か に つ て ふ し ぎ ど ぶ ガ ニ の 正 体 を さ ぐ ろ う ー 松 岡 未 侑 桑 名 市 立 益 世 小 学 校 1 年 ( 三 重 県 ) 重 城 大 翔 袖 ヶ 浦 市 立 奈 良 輪 小 学 校 2 年 ( 千 葉 県 ) 調 べ る 学 習 部 門 小 学 生 の 部 ( 中 学 年 ) 調 べ る 学 習 部 門 小 学 生 の 部 ( 低 学 年 ) じ ー や ん ど こ い っ た ? Ⅱ わ っ ぱ と き ゅ 一 つ り 5 死 ん だ ら ど う な る ? 5 両 角 帆 夏 茅 野 市 立 宮 川 小 学 校 2 年 ( 長 野 県 ) 内 山 日 菜 市 原 市 立 光 風 台 小 学 校 3 年 ( 千 葉 県 ) 調 べ る 学 習 部 門 小 学 生 の 部 ( 中 学 年 ) 調 べ る 学 習 部 門 小 学 生 の 部 ( 高 学 年 ) よ う す が へ ん だ ! 金 魚 の 黒 ち ゃ ん 憂 き ? 浮 き ! 浮 世 絵 髙 良 優 太 ・ 髙 良 崇 太 5 ゴ ッ ホ が 愛 し た 浮 世 絵 の 魅 力 を 探 る 5 大 野 城 市 立 大 野 東 小 学 校 3 年 ( 福 岡 県 ) 大 西 真 由 調 べ る 学 習 部 門 中 学 生 の 部 東 京 学 芸 大 学 附 属 小 金 井 小 学 校 6 年 ( 東 京 都 ) 屋 号 を 知 る 昔 を 知 る 調 べ る 学 習 部 門 中 学 生 の 部 ア シ ラ フ ィ ・ キ ャ ヌ ー シ PIants SaIty SoiI 袖 ヶ 浦 市 立 平 川 中 学 校 2 年 ( 千 葉 県 ) 5 塩 ス ト レ ス と 塩 分 吸 収 の 研 究 5 調 べ る 学 習 部 門 中 学 生 の 部 辻 貴 大 慶 應 義 塾 普 通 部 3 年 ( 神 奈 川 県 ) 新 四 国 相 馬 霊 場 八 十 八 ヶ 所 僕 の 街 の 四 国 調 べ る 学 習 部 門 高 校 生 の 部 油 下 知 広 慶 應 義 塾 普 通 部 2 年 ( 神 奈 川 県 ) 大 阪 狭 山 市 の 観 光 化 ー 住 宅 地 の 観 光 開 発 化 は 可 能 か ー 優 秀 賞 ・ 日 本 児 童 図 書 出 版 協 会 賞 森 本 佳 佑 清 教 学 園 高 等 学 校 3 年 ( 大 阪 府 ) 調 べ る 学 習 部 門 大 人 の 部 調 べ る 学 習 部 門 小 学 生 の 部 ( 低 学 年 ) 相 州 古 道 は 「 鉄 」 の 道 海 の 森 マ ン グ ロ ー プ 榊 原 信 夫 八 王 子 千 人 塾 ( 東 京 都 ) 宇 谷 怜 央 奈 城 南 短 大 附 属 小 学 校 2 年 ( 大 阪 府 ) 図 書 館 活 動 部 門 学 校 図 書 館 の 部 調 べ る 学 習 部 門 小 学 生 の 部 ( 中 学 年 ) 「 先 生 、 図 書 館 で 授 業 を し て み ま せ ん か ? 」 い ろ 色 ヘ ン シ ン 5 花 の 色 の ふ し ぎ 5 図 書 館 を 活 用 し た 授 業 の 支 援 中 田 結 香 菜 袖 ヶ 浦 市 立 長 浦 小 学 校 3 年 ( 千 葉 県 ) 5 誉 田 中 学 校 図 書 館 教 育 の 実 践 記 録 5 調 べ る 学 習 部 門 小 学 生 の 部 ( 高 学 年 ) 小 林 弘 典 ( 司 書 教 諭 ) ・ 辻 千 里 ( 教 諭 ) ・ 鎌 田 美 保 子 ( 学 校 司 書 ) 日 本 の た ん ぽ ぽ を 守 り た い ー 羽 曳 野 市 立 誉 田 中 学 校 ( 大 阪 府 ) 佐 久 間 日 菜 袖 ヶ 浦 市 立 中 川 小 学 校 6 年 ( 千 葉 県 ) 調 べ る 学 習 部 門 中 学 生 の 部 マ ン ガ 文 化 と 日 本 人 木 原 崚 名 古 屋 市 立 森 孝 中 学 校 3 年 ( 愛 知 県 ) 優 秀 賞 ・ 日 本 図 書 館 協 会 賞 調 べ る 学 習 部 門 小 学 生 の 部 ( 高 学 年 ) み ん な が 大 好 き 図 書 館 化 計 画 5 原 田 小 図 書 委 員 会 で 取 り 組 み た い こ と 5 福 留 健 志 宇 美 町 立 原 田 小 学 校 6 年 ( 福 岡 県 ) 優 秀 賞 ・ 活 字 文 化 推 進 会 議 賞 調 べ る 学 習 部 門 高 校 生 の 部 紅 梅 紫 苑 萩 氷 5 平 安 時 代 に 爆 発 的 に 色 名 が 増 え た 謎 を 追 う 5 石 田 ゆ い 歩 渋 谷 教 育 学 園 渋 谷 高 等 学 校 2 年 ( 東 京 都 ) 優 秀 賞 ・ 読 売 新 聞 社 賞 調 べ る 学 習 部 門 大 人 の 部 北 海 道 の 稲 と 米 と わ ら ー 寒 地 稲 作 発 祥 の 地 か ら ー 清 水 邦 子 ( 北 海 道 ) 優 秀 賞 ・ 毎 日 新 聞 社 賞 調 べ る 学 習 部 門 高 校 生 の 部 日 本 の 医 療 は ど こ に 向 か う の か ? 5 医 療 ツ ー リ ズ ム を 中 心 と し て 5 宮 島 俊 介 青 山 学 院 高 等 部 2 年 ( 東 京 都 ) ※ 優 秀 賞 ・ 海 外 子 女 教 育 振 興 財 団 賞 は 該 当 な し 7 、

あうる 2012年 夏号


両 町 の 教 育 委 員 会 に は 「 避 難 所 運 営 や 復 旧 に お し ゃ べ り す る わ す こ 、 : し こ し 力 な い で も 、 な に も て い ま し た 。 向 け た 業 務 に よ る 現 地 の 多 忙 さ を 考 え 、 す べ て し て い な い と 津 波 の こ と を 思 い 出 す か ら 、 図 書 そ ん な 折 、 湖 山 図 書 館 に 支 援 の 話 が あ り ま し 請 け 負 い た い 。 あ く ま で も 滝 沢 村 の 押 し 売 り と 館 か ら 借 り た 本 を 自 分 の 場 所 で 読 む ん で す 」 た 当 館 は 大 き な 被 害 が な か っ た こ と か ら 、 図 , っ こ と で 」 と え ま し た 。 聞 け ば 、 そ う な の か と 合 点 が い き ま す が 、 避 書 館 流 通 セ ン タ ー 及 び 図 書 館 振 興 財 団 の ダ ン ボ そ し て 、 ま も な く 、 山 田 町 立 図 書 館 、 大 槌 町 難 所 と い う 特 殊 な 環 境 を 理 解 し て い な か っ た 自 ー ル 書 架 、 横 浜 市 の 図 書 館 ボ ラ ン テ ィ ア 団 体 い た だ い て 、 ゴ ー ル デ ン ウ ィ ー 図 書 館 か ら 了 承 一 分 と し て は 、 目 か 、 ら ウ ロ コ が 落 ち る よ , つ な 思 い 「 舞 鶴 」 か ら の 図 書 購 入 寄 贈 の 申 し 出 な ど の 支 ク 明 け か ら 運 行 を 開 始 。 両 町 と も 、 週 2 回 の 運 で し た 。 援 を こ の 両 校 に ま わ す こ と に し ま し た 。 行 で 、 各 町 2 コ ー ス 、 計 4 コ ー ス の 運 行 を 行 い , ) の よ う な 共 同 生 活 に お い て 、 み ん な で 共 有 そ の ほ か も 、 被 災 の た め 休 館 し て い た 山 田 町 7 月 か ら は 避 難 所 が 閉 鎖 さ れ た の で 、 仮 設 住 宅 す る も の は 、 た と え 本 で も 自 分 ひ と り で 独 占 で 立 図 書 館 や 大 槌 町 立 図 書 館 の 開 館 に 向 け 、 図 書 の コ ー ス を ま わ る こ と に し ま し た 。 き す 、 読 む の に 時 間 が か か る 月 説 ( 、 よ 敬 遠 さ れ る 館 流 通 セ ン タ ー の マ ー ク の 無 償 提 供 、 富 の で す 。 で も 、 「 図 書 館 か ら 借 り た 本 」 な ら 貸 士 通 東 北 シ ス テ ム ズ ( 現 富 士 通 シ ス テ ム ズ ・ イ ー ス ト ) の 移 動 図 書 館 「 か っ こ う 号 」 の 出 期 間 は 「 自 分 の 本 」 と し て 身 の ま わ り に お い 図 書 館 シ ス テ ム iLiswing の 2 か 年 無 償 提 供 に 実 績 と 利 用 者 の 声 て お く こ と が で き る の で す 。 避 難 所 な ど で は 、 つ い て も 橋 渡 し な ど を 行 , っ こ と が で き ま し た 。 被 災 地 で の 運 行 は 日 間 。 想 定 よ り も 多 く の 図 書 館 の 個 人 貸 し 出 し が 有 効 だ と 認 識 で き 、 移 山 田 町 立 図 書 館 は 2011 年 Ⅱ 月 に 、 大 槌 町 利 用 者 869 人 に 2921 冊 の 貸 出 を し ま し た 。 動 図 書 館 の 果 た す 役 割 は 大 き い 、 と 田 い 、 い た り 立 図 書 館 も 翌 年 6 月 に は 、 開 館 し ま し た 。 土 小 1 し 4 に 。 避 難 所 に は 支 援 物 資 と し て 送 ら れ た 本 や 雑 誌 か 棚 に 並 ん で い て 、 雑 誌 は 多 く の 人 が 読 ん だ 形 支 援 物 資 を 跡 が あ る の に 、 そ れ 以 外 の 本 は き れ い な ま ま で 必 要 な と こ ろ に ま わ す し た 。 「 小 説 な ど は 、 人 気 が な い の か な ? 」 と 思 っ て い た ら 、 と ん で も な い 、 移 動 図 書 館 で 借 移 動 図 書 館 車 を た く さ ん 利 り ら れ る 本 の 大 半 は 小 説 や 随 筆 な ど で す 。 用 し て く れ た の が 、 岩 手 県 立 な せ だ ろ , っ と 、 疑 問 に 思 っ て い た と き に 、 リ 不 陸 中 青 少 年 の 家 で 授 業 を 行 っ 用 者 の 方 か ら こ ん な 話 を 聞 き ま し た 。 て い た 、 大 槌 町 立 大 槌 小 学 校 「 避 難 所 の 本 は み ん な の も の だ か ら 、 避 難 所 内 と 山 田 町 立 船 越 小 学 校 の 子 ど の 自 分 の 場 所 に 持 っ て い き づ ら い の で す よ 。 タ も た ち で し た 。 被 災 し た 両 校 食 後 の 1 時 間 ぐ ら い は 特 別 す る こ と が な い ん で は 、 体 育 館 な ど で 授 業 を す る す か 、 作 業 な ど で 疲 れ た 人 が 眠 っ て い る か ら 、 、 不 便 な 学 校 生 活 を 送 っ ・ 大 規 模 災 害 時 の 図 書 館 の 役 割 と 図 書 館 相 互 支 援 に つ い て こ の 活 動 を 通 じ て 、 3 つ の 教 訓 を 得 ま し た 1. 移 動 図 書 館 車 の 有 効 性 に つ い て 避 難 所 を 拠 点 と し た 図 書 館 サ ー ビ ス が 展 開 で き る の で 、 日 ご ろ か ら 、 周 辺 市 町 村 な ど が 連 携 し た 支 援 環 境 を 構 築 し て い く 必 要 が あ り ま す 2 、 図 書 館 再 開 に 向 け た 支 援 に つ い て 岩 手 県 で は 県 立 図 書 館 が 中 心 と な っ て 、 被 災 館 の 図 書 を 支 援 し て い ま す 。 こ の 支 援 の ネ ッ ト ワ ー ク を 継 続 的 に 連 携 し て い く こ と が 図 書 館 の 新 た な サ ー ビ ス 発 展 へ と つ な が る の で は 、 と 期 待 し ま す 3. ニ ー ズ と 支 援 の パ イ プ ラ イ ン の 確 保 被 災 市 町 村 の 図 書 館 の ニ ー ズ を 周 辺 図 書 館 が キ ャ ッ チ し 、 民 間 企 業 か ら の 支 援 が ス ム ー ズ に い く た め の 仕 組 み が 早 期 復 旧 に 不 可 欠 だ と 感 じ ま し た

あうる 2012年 夏号


利 用 促 進 事 業 募 集 の ポ ス タ ー が で き ま し が 第 16 回 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 コ ン ク ー ル 作 品 募 集 を し ろ い 第 た い ・ 0 物 ・ ー 土 ~ を す 籌 第 準 】 ・ 第 1 ~ , ・ 物 必 い リ は つ を い ~ 二 立 習 町 と 学 ま 熊 ち 市 校 る て 大 た 生 ・ 松 学 べ け 県 先 場 若 小 室 影 津 町 書 調 づ 島 子 撮 会 熊 図 一 ! っ 福 ニ ル ス の ふ し き な 物 ま - を ^ の 小 し を な 第 , 女 の 子 が 持 っ て い る 本 . に ユ ー ワ イ ド 学 研 の 図 鑑 動 物 」 / 今 泉 忠 明 監 修 / 学 習 研 究 社 男 の 子 が 持 っ て い る 本 : 「 こ ど も が は じ め て で あ う せ か い ち ず 絵 本 」 / と だ こ う し ろ う 作 ・ 絵 / 戸 田 デ ザ イ ン 研 究 室 ・ 募 集 期 間 2012 / 9 / 15 土 ー 11 / 30 金 必 着 結 果 発 表 : 2013 / 1 月 中 旬 ( 図 書 館 振 興 財 団 ホ ー ム ペ ー ジ に て ) 第 彰 式 : 2013 / 3 月 上 旬 ・ お 問 い 合 せ 先 公 益 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 〒 112 ー 0012 東 京 都 文 京 区 大 塚 3-5-9 住 友 成 泉 小 石 川 ビ ル 別 館 5 階 [TEL] 03 ー 3943 ー 4743 [FA 刈 03 ー 5978-3291 [URL] http://www.toshokan.0 「 . jp 調 べ る 学 習 コ ン ク ー ル ・ 応 募 資 格 小 学 1 年 生 以 上 ど な た で も ・ 日 本 人 学 校 、 補 習 授 業 校 、 現 地 校 な ど に ご 所 属 の 皆 様 も ご 応 募 い た だ け ま す ・ 主 催 公 益 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 ・ 後 援 文 部 科 学 省 / 観 光 庁 / 東 京 都 教 育 委 員 会 / 横 浜 市 教 育 委 員 会 / 日 本 児 童 教 育 振 興 財 団 / 海 外 子 女 教 育 振 興 財 団 / 日 本 図 書 館 協 会 / 読 書 推 進 運 動 協 議 会 / 日 本 児 童 図 書 出 版 協 会 / 読 売 新 聞 社 / 活 字 文 化 推 進 会 議 / 毎 日 新 聞 社 / 日 本 教 育 新 聞 社 / 教 育 新 聞 社 / 全 私 学 新 聞 / 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 / 丸 善 株 式 会 社 / 株 式 会 社 図 書 館 流 通 セ ン タ ー / 図 書 館 蔵 書 検 索 サ イ ト ・ カ ー リ ル / 株 式 会 社 ジ ュ ン ク 堂 書 店 / 株 式 会 社 雄 松 堂 書 店 / 株 式 会 社 文 教 堂 グ ル ー プ ホ ー ル デ ィ ン グ ス ( 申 請 中 ) ・ 募 集 す る 作 品 公 共 図 書 館 や 学 校 図 書 館 を 使 っ て 調 べ 、 ま と め た 作 品 テ ー マ は 自 由 で す ・ 応 募 者 本 人 の 創 作 で 未 発 表 の 作 品 に 限 り ま す ・ 入 賞 作 品 の 著 作 財 産 権 は 「 図 書 館 振 興 財 団 」 に 帰 属 し ま す ・ 作 品 の 言 語 は 日 本 語 お よ び 英 語 に 限 ら せ て い た だ き ま す 英 語 で 書 か れ た 作 品 を 応 募 す る 場 合 は 、 必 ず 日 本 語 の 要 約 を 添 付 し て く だ さ い ・ 賞 ( 予 定 文 部 科 学 大 臣 賞 / 観 光 庁 長 官 賞 / 優 秀 賞 優 良 賞 / 奨 励 賞 / 佳 作 ・ 奨 励 賞 以 上 の 賞 を 受 賞 さ れ た 方 へ の 副 賞 と し て 図 書 カ ー ド を 進 呈 し ま す 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 活 動 賞 ( 新 設 ) ・ 「 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 」 を 支 援 す る 活 動 を 顕 彰 し ま す 検 索 phOtO = mo 「 i koichi / design = yonoichi yoshio 公 益 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 32

あうる 2012年 夏号


2 ・ 公 益 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 の 事 業 公 益 財 団 法 人 と し て の 認 可 を 得 て 、 2012 別 に 各 々 複 数 の 選 書 員 に て 選 書 し 、 そ の 結 ー マ 設 定 は 自 由 、 応 募 資 格 は 小 学 校 1 年 生 年 4 月 1 日 か ら 、 図 書 館 の 発 展 に 寄 与 す る こ と 以 上 で す 。 個 人 で も グ ル ー プ で も 応 募 で き 果 を 公 開 し て い ま す 。 原 則 月 単 位 で 図 書 館 ま す 。 を 目 的 に 、 「 図 書 館 振 興 助 成 事 業 」 「 図 書 館 利 用 振 興 財 団 の ウ エ プ サ イ ト で 公 開 し ま す 。 促 進 事 業 」 「 図 書 館 活 性 化 事 業 」 の 3 事 業 を 中 各 地 で 、 同 趣 旨 の コ ン ク ー ル 「 地 域 コ ン ・ 公 共 図 書 館 用 図 書 に 新 た に 活 動 を 開 始 し ま し た 。 そ れ ぞ れ の 事 ク ー ル 」 を 開 催 し て い た だ い て い ま す ・ 学 校 図 書 館 用 図 書 業 の 概 要 を 紹 介 し ま す 。 ( 2011 年 度 は 地 域 ) 。 作 品 の 募 集 窓 口 ・ 大 学 ( 総 合 ) 図 書 館 用 図 書 の 業 務 を 、 こ の 地 域 コ ン ク ー ル の 事 務 局 で ・ 児 童 書 行 っ て い ま す 。 近 隣 に 地 域 コ ン ク ー ル の 事 ・ 科 学 読 み 物 一 図 書 館 振 興 助 成 事 業 務 局 が な い 場 合 は 、 直 接 、 図 書 館 振 興 財 団 図 書 館 の 振 興 を 目 的 に 、 次 の 4 分 野 の 事 業 計 の 事 務 局 に ご 応 募 い た だ け ま す 。 地 域 コ ン 三 図 書 館 活 性 化 事 業 画 に 助 成 を 行 う 公 募 型 の 事 業 で す 。 応 募 書 類 の ク ー ル で 優 秀 と 審 査 さ れ た 作 品 が 全 国 コ ン ク ー ル に 推 薦 さ れ 、 例 年 1 月 に 最 終 審 査 を 図 書 館 活 動 の 活 性 化 を 目 的 に 、 下 記 5 件 の 支 審 査 ( 一 次 審 査 ) の 後 、 面 接 審 査 三 次 審 査 ) を 行 い ま す 。 行 い 、 受 賞 作 品 が 決 定 し ま す 。 財 団 事 務 局 援 事 業 を 行 い ま す 。 一 図 書 館 員 専 門 職 育 成 活 動 に 対 す る 助 成 受 付 分 も 一 地 域 の 分 と し て 審 査 、 全 国 コ ン 一 機 関 誌 『 あ う る 』 ( 季 刊 ) の 発 行 お よ び 出 一 一 図 書 館 員 専 門 職 海 外 派 遣 に 対 す る 助 成 ク ー ル へ 推 薦 し ま す 。 版 活 動 三 民 間 図 書 館 の 設 立 に 対 す る 助 成 2011 年 度 ( 第 回 ) の 応 募 作 品 数 柱 と な る 3 事 業 ( 図 書 館 振 興 助 成 事 業 、 四 図 書 館 運 営 に 対 す る 助 成 は 29 ' 739 点 。 応 募 点 数 は 順 調 に 拡 大 図 書 館 利 用 促 進 事 業 、 図 書 館 活 性 化 事 業 ) し 、 メ デ ィ ア で 報 道 さ れ る 機 会 も 増 加 し て の 活 動 状 況 を お 知 ら せ す る た め に 季 刊 ( 6 月 、 9 月 、 肥 月 、 3 月 ) で 発 行 し て い ま す 。 お り 、 社 会 に 浸 透 し て き て い る と 考 え て い 一 一 図 書 館 利 用 促 進 事 業 ま す 。 基 本 的 に は 図 書 館 振 興 財 団 友 の 会 「 図 書 図 書 館 利 用 の 促 進 を 図 る た め に 、 次 の 2 つ の な お 、 「 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 コ ン 館 の ) 校 」 の 会 員 ( 後 述 し ま す ) に 頒 布 し ま す 活 動 を 継 続 し 実 施 し ま す 。 ク ー ル 」 は 登 録 商 標 で す 一 「 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 コ ン ク ー ル 」 一 一 選 書 事 業 一 一 研 修 事 業 公 共 図 書 館 や 学 校 図 書 館 を 使 っ て 調 べ た 図 書 館 振 興 、 図 書 館 利 用 促 進 、 図 書 館 活 多 種 多 様 な 新 刊 出 版 物 を 対 象 に 、 図 書 館 こ と を ま と め た 作 品 の コ ン ク ー ル で す 。 テ に と っ て 有 用 と 考 え る 新 刊 出 版 物 を 、 目 的 性 化 等 に 関 す る 課 題 に つ い て 、 研 修 会 ・ 検

あうる 2012年 夏号


助 成 事 業 2011 年 度 の 図 書 館 振 興 助 成 事 業 は 、 予 算 8500 万 円 に て 公 募 の 準 備 を 進 め て い ま し た 。 し か し 、 2011 年 3 月 Ⅱ 日 発 生 の 東 日 本 大 震 災 に よ る 被 災 図 書 館 へ の 支 援 に 使 途 す る た め に 、 募 集 を 「 資 料 の デ ジ タ ル 化 等 新 た な 図 書 館 サ ー ビ ス の 構 築 事 業 」 の み に 絞 り 、 幻 件 の 応 募 の 中 か ら 以 下 の 7 機 関 の 事 業 に 助 成 す る こ と を 決 定 い た し ま し た 。 今 号 で は 、 こ の 中 か ら 、 長 野 県 図 書 館 協 会 よ り ご 提 出 い た だ い た 報 告 書 を 、 「 長 野 県 市 町 村 史 誌 目 次 情 報 デ ー タ ベ ー ス 事 業 」 に つ い て ご 紹 介 し ま す 。 こ の 事 業 は 2010 年 度 も 助 成 対 象 だ っ た た め 、 報 告 書 の 助 成 期 間 が 2010 年 7 月 か ら 翌 々 年 の 6 月 ま で 、 と な っ て い ま す 。 次 号 以 降 も 引 き 続 き 、 助 成 対 象 者 の 事 業 報 告 を 順 次 、 紹 介 し て ま い り ま す 。 2011 年 度 図 書 館 振 興 助 成 事 業 実 施 報 告 事 業 の 名 称 越 後 佐 渡 テ ジ タ ル ラ イ ブ ラ リ ー 第 2 次 事 業 長 野 県 市 町 村 史 誌 目 次 情 報 デ ー タ ベ ー ス 事 業 ー Love SAGA! ~ 佐 賀 の 歴 史 ・ 文 化 の 創 造 と 発 信 大 分 県 立 図 書 館 と 大 分 大 学 と の 協 同 に よ る 戦 前 期 地 方 新 聞 画 像 デ ー タ ベ ー ス の 構 築 図 書 館 所 有 DVD ラ イ ブ ラ リ の ノ ヾ リ ア フ リ ー 化 事 業 県 指 定 文 化 財 「 吉 田 家 文 書 」 デ ジ タ ル デ ー タ を 元 に 「 写 真 帳 」 を 作 成 す る 事 業 「 デ ジ タ ル ラ イ プ ラ リ ー い わ て 」 推 進 事 業 事 業 者 名 新 潟 県 立 図 書 館 事 業 期 間 2011 年 4 月 1 日 ~ 2012 年 3 月 31 日 2011 年 7 月 ~ 201 2 年 6 月 2011 年 度 長 野 県 図 書 館 協 会 佐 賀 県 立 図 書 館 2011 年 4 月 ~ 2012 年 3 月 大 分 県 立 図 書 館 特 定 非 営 利 活 動 法 人 メ デ ィ ア ・ ア ク セ ス ・ サ ポ ー ト セ ン タ ー 2011 年 9 月 1 日 ~ 2012 年 3 月 31 日 2011 年 度 陸 前 高 田 市 教 育 委 員 会 2011 年 4 月 1 日 ~ 2012 年 3 月 31 日 岩 手 県 立 図 書 館

あうる 2012年 夏号


社 、 ら を も 0 、 様 。 審 査 員 の 講 評 か ら ー を 行 っ た 、 充 実 の 調 査 報 告 。 ま さ に 「 日 本 図 書 館 協 会 取 り 、 近 隣 の 図 書 館 の レ ポ ー ト や 司 書 へ の イ ン タ ビ ュ つ め 、 自 分 な り に 問 題 点 を あ げ 、 ア ン ケ ー ト や デ ー タ を す 。 ど う し た ら 利 用 し や す く な る か 、 図 書 館 の 現 状 を 見 ち に 使 っ て ほ し い と い う 思 い が し つ か り と 伝 わ っ て き ま 図 書 委 員 長 と し て 、 学 校 図 書 館 が 大 好 き で 、 多 く の 友 だ 賞 」 に 相 応 し い 内 容 で す 。 見 事 果 し ま し た 27 田 ま を ょ 肄 れ 担 ? ] 要 一 質 置 1 ゴ ・ ・ は 評 を で す か ? 」 物 第 朝 の た > ー こ : : : 土 ー を 挫 ! は ト 0 も ・ ” 答 え は 、 費 の の % 当 上 い : ご ~ ゲ 窮 た . 第 に 見 読 も と え た 刈 ま ー 一 一 臠 こ 勾 し ま キ は , 物 を 起 え て よ 、 手 の 方 ト 全 イ 本 に う そ 書 が 娉 材 ュ 、 づ ゲ 分 鰐 た 。 物 図 を 物 : 行 の ま 娉 ! を ? ] ー ー -1 質 第 2 ヨ ー ・ 第 : く ま ド を で す か ? ー ・ 第 こ ) - を 館 に 佇 ( 咾 知 ・ ー は 第 も ど 第 廴 は 、 ” い の ス の % 以 上 ロ 当 分 劜 な - -. -- ! 当 当 を も は も え お % に : 当 も 役 げ 取 す い 本 対 を ス 書 れ 組 ー 策 = 疋 図 し 書 す み ん 書 か み な 委 室 す つ 上 に 員 や 利 め す 少 タ 書 言 い ま い 効 長 月 行 学 に 留 い 問 の 使 に 題 か わ 、 の え 対 る 考 図 ナ 進 分 第 第 は ? “ ー リ 新 評 ロ 色 を 毳 に 色 1 し マ い 第 例 え ミ 用 写 第 の 「 か ラ ヤ ル で ー 1 ま の 本 は 水 色 の い 物 分 の 自 天 た 物 を 物 く 眇 ′ を を を 蘇 を ま お づ 新 洋 月 里 第 町 を 館 別 の き 釵 は 下 記 , 蓮 リ 「 こ ! ネ 円 ? ラ な い ( み を ト 「 一 第 小 学 校 の 分 第 ・ ・ ・ ・ み ん な が 大 好 き 図 書 館 化 計 画 ~ 原 田 小 蘰 員 会 で 取 り 組 み た い こ と ~ 原 田 小 図 書 館 原 田 小 絵 本 室 と で た そ っ 員 と し て の 大 を も と 11 月 の ⅱ 冗 間 を 盛 り り む き と し て し ま す る 角 早 決 べ 策 浮 を ひ と っ て ね 考 た い び が る さ ざ な 、 に に た 、 ど 絵 り っ き 楽 す 用 く る に は ど つ し た ら い か ん な が し る イ べ ン ト が し の 者 題 本 の な と 目 的 、 双 ま カ ウ ン ・ い の 見 列 延 校 の 館 と 図 を し 、 て 別 滞 課 小 フ メ ト に ア ン ケ ト 町 内 の ま 館 す 校 ど 愛 長 さ し れ 就 ら 有 オ 0 図 に る に は っ い ク 学 図 に 福 く ん は 調 べ る の に 使 っ た 図 書 館 宇 美 町 立 原 田 小 学 校 図 書 館 福 留 く ん の 通 う 小 学 校 の 図 書 館 。 蔵 書 1 4 , 302 冊 ( 2010 年 4 月 現 在 ) 、 年 間 貸 し 出 し 数 23 , 596 冊 ・ 一 人 当 た り 40.7 冊 ( 2010 年 度 ) 。 校 舎 の 3 階 に 位 置 し 、 教 室 2 つ 分 の 図 書 室 と 1 つ 分 の 絵 本 室 に 分 か れ て い ま す 。 司 書 宇 美 町 立 原 田 小 学 校 6 年 3 組 福 留 健 志 ま す 。 間 の イ ベ ン ト の 企 画 ・ 実 施 等 の 仕 事 を し て い 理 、 貸 出 と 返 却 の 手 続 き 、 読 書 週 間 や 読 書 月 6 年 生 計 24 名 の 図 書 委 員 が お り 、 図 書 の 整 教 諭 2 名 、 司 書 1 名 が 配 属 さ れ て い ま す 。 5 ・ 優 秀 賞 ・ 日 本 図 書 館 協 会 賞 福 岡 県 宇 美 町 立 原 田 小 学 校 6 年 ( 受 賞 時 ) 福 留 健 志 く ん 取 り 組 み た い こ と ~ ~ 原 田 小 図 書 委 員 会 で 図 書 館 化 計 画 「 み ん な が 大 好 き 調 べ る 学 習 部 門 小 学 生 の 部 ( 高 学 年 ) 類 法 を わ か り や す く 説 明 ( 左 ) 同 級 生 に ア ン ケ ー ト を と り ま し た ( 上 ) 原 田 小 学 校 の 図 書 館 は 2 つ に 分 か れ て い ま す ( 中 ) 十 進 分

あうる 2012年 夏号


公 益 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 の 事 業 に つ い て 常 任 理 事 石 川 徹 也 こ の 4 月 、 公 益 財 団 法 人 と し て ス タ ー ト し た 「 図 書 館 振 興 財 団 」 。 「 図 書 館 振 興 助 成 事 業 」 「 図 書 館 利 用 促 進 事 業 」 「 図 書 館 活 性 化 事 業 」 の 3 事 業 を 柱 に 展 開 し て い き ま す 。 そ の 概 要 を 説 明 さ せ て い た だ き ま す 。 1 ・ 「 図 書 館 の 学 校 」 の 解 散 と 事 業 の 継 続 「 図 書 館 の 学 校 」 は 、 1999 年 Ⅱ 月 か ら の 会 費 だ け で の 運 営 は 実 質 不 可 能 に な っ て 新 日 に 発 足 し て 以 来 、 約 年 に 及 び 図 書 館 の 発 ま い り ま し た 。 展 を 願 っ て 諸 活 動 を 行 っ て ま い り ま し た 。 と り 「 図 書 館 の 学 校 」 は 図 書 館 の 利 用 促 進 わ け 「 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 コ ン ク ー ル 」 を 目 的 と し て 活 動 し て き ま し た 。 一 方 、 冒 頭 の は 、 2011 年 度 に は 新 回 を 数 え 、 こ れ ま で に 石 井 理 事 長 の 言 に あ り ま す よ , つ に 、 財 団 法 人 図 も 多 く の 作 品 の 応 募 を い た だ き 、 文 部 科 学 大 臣 書 館 振 興 財 団 は 図 書 館 事 業 の 振 興 を 目 的 に 設 置 賞 の 授 与 、 ま た 2011 年 度 か ら 観 光 庁 長 官 賞 さ れ ま し た の で 、 左 ペ ー ジ に 示 す よ う に 一 体 と を 授 与 す る こ と に 至 っ て ま い り ま し た 。 な っ て 図 書 館 の 発 展 に 寄 与 す る こ と を 念 頭 に 、 し か し 、 活 動 の 拡 充 と 共 に 、 か か る 諸 経 費 の 事 業 の 移 管 、 伴 っ て の 解 散 を 決 議 し 、 公 益 財 団 出 費 が 大 と な り 、 正 会 員 を は じ め と す る 各 会 員 法 人 図 書 館 振 興 財 団 と し て 認 可 を 受 け ま し た 。