検索 - みる会図書館

全データから 208452件ヒットしました。

埼玉「生命保険加入」血も凍る全手口


小 学 館 文 庫 埼 玉 「 生 命 保 険 加 入 」 血 も 凍 る 全 手 口 久 保 田 滋 小 学 館 文 庫

埼玉「生命保険加入」血も凍る全手口


さ い た ま せ い め い ほ け ん か に ゆ 、 つ ぜ ん て ぐ ち 埼 玉 「 生 命 保 険 加 入 」 血 も 凍 る 全 手 口 ば た し げ る 著 者 ・ 久 保 田 滋 二 〇 〇 〇 年 , ハ 月 一 日 で じ す ト 通 ( ツ を き ネ ト で 一 ッ 入 タ ネ 購 ン た ご 0 イ ・ 士 た 、 発 行 者 は 。 す 山 本 章 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 容 す で 内 ま 便 ・ デ ザ イ ン ー ー 奥 村 靫 正 発 行 所 ー ー ・ ・ ・ ・ ・ ・ 株 式 会 社 小 学 館 い れ 急 〒 一 〇 一 ー 八 〇 〇 一 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 万 一 、 落 丁 ・ 乱 丁 し な 宅 来 只 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 一 一 ー 三 ー な ど の 不 良 品 が あ り ま し た ら 、 「 制 作 部 」 あ て に お 送 の 覧 い り く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 り 替 え い た し ま す 。 庫 ご る ス 電 話 編 集 〇 三 ー 三 一 一 三 〇 ー 五 六 一 七 文 間 あ レ @< 日 本 複 写 権 セ ン タ ー 委 託 出 版 物 〉 制 作 〇 三 ー 三 一 一 三 0 ー 五 一 一 = 一 = 二 の 時 店 ド 本 書 の 全 部 ま た は 一 部 を 無 断 で 複 写 ( コ ピ ー ) す る こ こ 四 書 ア 販 売 〇 三 ー 三 一 一 三 〇 ー 五 七 三 九 と は 、 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。 振 替 〇 〇 一 八 〇 ー 一 ー 一 一 〇 〇 庫 本 書 か ら の 複 写 を 希 望 さ れ る 場 合 は 、 日 本 複 写 権 セ ン 文 タ ー ( 谷 〇 三 ー 三 四 0 一 ー 一 一 三 八 一 l) に ご 連 絡 く だ さ い 。 ISBN4 ー 09 ー 40450 一 ー 5 館 ◎ s 三 ge 「 u Kubota 20 ) Printed in Japan 初 版 第 一 刷 発 行 ち こ お

埼玉「生命保険加入」血も凍る全手口


一 方 、 生 命 保 険 の 外 交 員 に よ る と 、 一 般 的 に は 受 取 人 が 妻 と な っ て い れ ば 、 保 険 契 約 は 簡 単 に 成 立 す る と い う 「 一 緒 に 住 ん で い な く て も 、 夫 が 単 身 赴 任 を し て い る か も し れ な い 。 保 険 金 が 請 求 さ れ て 初 め て 婚 姻 届 が 必 要 と な る 」 と 説 明 す る 。 本 庄 の 事 件 で は 実 際 に 婚 姻 届 も 出 さ れ て い た 。 「 契 約 自 体 は 問 題 が な く 、 犯 罪 性 が な け れ ば 保 険 金 は 支 払 わ れ る だ ろ う 」 と 生 保 関 係 者 は 一 一 一 口 う 。 ま た 被 害 者 の ほ と ん ど が 収 入 が な か っ た に も か か わ ら ず 、 高 額 の 保 険 金 を 掛 け ら れ て い た 点 に つ い て 、 元 保 険 外 交 員 の 女 性 は 「 外 交 員 が 被 保 険 者 の 年 収 や 職 業 を 書 き 換 阯 え る こ と は 簡 単 。 保 険 会 社 は 個 人 の 職 業 ま で 調 べ な い 」 と 言 う 。 方 こ う し た 生 命 保 険 業 界 の シ ス テ ム に も 、 保 険 金 犯 罪 が 絶 え な い 理 由 が あ り そ う だ 。 の 取 詐 金 険 保 保 険 契 約 は 、 ど う や っ て 行 わ れ た か 埼 玉 保 険 金 殺 人 疑 惑 で 掛 け ら れ た 保 険 金 は 、 二 四 億 円 と も い わ れ て い る 。 通 常 な ら 第 ば 考 え ら れ な い 金 額 で あ る 。 八 木 容 疑 者 は 、 こ う し た 生 命 保 険 の 契 約 ご と に 保 険 料 を 支 払 う た め の 銀 行 口 座 を 開 設 し 、 武 容 疑 者 ら 三 人 の 女 性 に 預 金 通 帳 と 保 険 証 書 の 一 部

月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号


厚 生 一 労 働 し た 。 最 も 高 い の は 奈 良 県 る 介 護 報 酬 が 改 定 さ れ る 3 っ た 一 一 一 島 村 は 、 利 用 で き る 全 国 平 均 保 険 料 は 、 年 天 川 村 の 月 8686 円 。 最 年 ご と に 見 直 さ れ る 。 厚 労 ヘ ル バ ー や 施 設 が 不 足 し 、 度 で 月 6771 円 、 年 度 介 護 保 険 料 平 均 円 も 低 額 だ っ た 鹿 児 島 県 三 島 省 に よ る と 、 今 回 最 も 高 か サ 1 ビ ス 利 用 が 少 な い と い で 月 8165 円 に な る 見 込 4 月 改 定 % 超 値 上 が り 村 ( 月 2800 円 ) の 約 3 っ た 天 川 村 は 、 こ れ ま で 借 う 。 ( 蔭 西 晴 子 ) み と い う 。 ( 朝 日 4 ・ 四 ) 倍 の 金 額 だ 。 入 金 で 保 険 料 上 昇 を 抑 え て 人 は 、 狭 心 症 や 心 筋 梗 塞 な 4 月 に 改 定 さ れ た 歳 以 円 ・ 9 % ) 値 上 が り し 歳 以 上 の 保 険 料 は 市 区 き た が 、 そ の 返 済 な ど で 一 コ ー ヒ ー で 上 の 介 護 保 険 料 は 全 国 平 均 た 。 厚 生 労 働 省 が 日 に 全 町 村 ご と に 決 め る 。 介 護 保 気 に 3800 円 以 上 値 上 が ど の 心 臓 病 で 死 ぬ 危 険 性 が で 月 5514 円 で 、 542 国 の 自 治 体 の 保 険 料 を 公 表 険 サ ー ビ ス の 公 定 価 格 で あ り し た 。 一 方 、 最 も 低 額 だ 病 死 の 危 険 減 「 ほ と ん ど 飲 ま な い 」 と し た 1 日 3 、 4 杯 人 に 比 べ て % 低 か っ た 。 コ ー ヒ ー を 一 日 三 ー 四 杯 脳 内 出 血 や 脳 梗 塞 な ど の 脳 飲 む 人 は 、 ほ と ん ど 飲 ま な 血 管 病 は % 、 肺 炎 な ど の 平 訂 礙 6 5545445555655555555565566555555 療 赧 い 人 に 比 べ て 心 臓 や 脳 血 呼 吸 器 病 は % 低 か っ た 。 海 森 手 城 田 形 島 城 木 馬 玉 葉 京 5 潟 山 川 井 梨 野 阜 岡 知 重 賀 都 阪 庫 良 山 取 根 山 島 ロ 島 川 媛 知 岡 賀 崎 本 分 崎 児 縄 平 管 、 呼 吸 器 の 病 気 で 死 亡 す 五 杯 以 上 飲 む 人 の 場 合 ヒ 青 岩 宮 秋 山 福 茨 栃 群 埼 千 東 奈 新 富 石 福 山 長 岐 静 愛 三 滋 京 大 兵 奈 歌 鳥 島 岡 広 山 徳 香 愛 高 福 佐 長 熊 大 営 沖 国 る 危 険 性 が 四 割 ほ ど 減 る と は 、 数 が 少 な く 詳 細 な 分 析 ( 単 位 ・ 円 、 か 0 こ 内 は 改 定 前 と 比 べ た 増 加 額 ) の 研 究 結 果 を 、 国 立 が ん 研 は 困 難 と い う 。 砂 糖 や ミ ル ■ 都 道 府 県 別 の 介 護 保 険 料 ( 歳 以 上 の 平 均 月 額 ) 究 セ ン タ ー や 東 京 大 な ど の ク を 入 れ る か な ど 飲 み 方 の 研 究 チ ー ム が 七 日 、 公 表 し 違 い は 考 慮 し て い な い 。 チ 【 ジ ュ ネ ー プ Ⅱ 石 黒 穣 】 あ が 世 界 ト ッ プ 、 男 性 ( ラ モ た 。 が ん に よ る 死 亡 と の 関 ー ム は コ ー ヒ 1 に 含 ま れ 血 世 界 保 健 機 関 (*0) が 国 山 イ 連 は 見 ら れ ず 、 全 て の 死 亡 糖 値 や 血 圧 を 調 整 す る ク ロ イ 久 工 版 ・ 幻 歳 ) が 同 4 位 だ っ た 腮 日 発 表 し た 「 世 界 保 健 統 〈 叩 プ の 危 険 性 で 比 較 す る と 幻 % ロ ゲ ン 酸 や 、 血 管 の 健 康 を 位 イ ス フ プ ル 最 が 、 男 女 を 合 わ せ た 全 体 ス ン ノ 計 、 で 首 位 だ っ た こ と が 確 認 計 」 で 、 男 女 合 わ せ た 日 寿 一 減 だ っ た 。 保 つ カ フ ェ イ ン の 効 果 が 考 ン セ 統 歳 が リ 一 ラ ク ン 健 さ れ た 。 一 九 九 〇 年 代 に 十 都 府 県 え ら れ る と し て い る 。 本 の 2013 年 の 平 均 寿 均 キ 4 命 卩 ラ ボ フ ル ラ ノ 保 命 は 歳 で 、 貶 年 に 続 き に 住 ん で い た 四 十 亠 ハ 十 九 緑 茶 も 一 日 五 杯 以 上 飲 む 世 界 最 長 だ っ た 。 貶 年 も 日 歳 の 約 九 万 人 を 一 一 〇 一 一 年 男 性 は 、 ほ と ん ど 飲 ま な い 平 位 年 均 一 一 0 「 → 一 ~ 命 は れ 歳 。 も 短 か 「 た 0 の 首 1 オ 人 プ ラ 本 の 平 均 寿 命 は 別 歳 だ っ ま で 追 跡 し 、 生 活 習 慣 と 日 男 性 に 比 べ て 脳 血 管 病 で 死 テ 丿 キ ス ュ ウ は 西 ア フ リ カ の シ ェ ラ レ オ ネ で 歳 だ っ た 。 ほ か の 主 本 界 せ ド マ ス ィ 一 一 以 本 人 の 主 要 な 死 因 と の 関 係 ぬ 危 険 性 が 幻 % 減 、 呼 吸 器 わ 本 ン ン イ ナ コ 国 ※ を 調 べ た 。 厚 生 労 働 省 が 昨 年 7 月 公 日 世 合 日 ア サ ス カ ン ナ 韓 な 国 で は 、 韓 国 歳 、 米 国 病 で 菊 % 減 だ っ た 。 女 性 は 歳 歳 歳 四 歳 、 中 国 歳 、 ロ シ ア 表 し た 日 本 人 の 腮 年 の 平 均 コ ー ヒ ー を 飲 む 量 が 多 い 心 臓 病 で 死 ぬ 危 険 性 が % 歳 な ど 。 寿 命 は 女 性 ( ( 読 売 5 ・ ) ほ ど 死 亡 の 危 険 性 は 減 り 、 減 っ た 。 「 一 日 三 5 四 杯 」 と 答 え た JO 10 キ

週刊エコノミスト 2016年12月13日特大号


FINANCIAL pARK Hot topics 患 の 治 療 で 1 日 以 料 円 円 円 円 円 料 円 健 康 寿 命 延 伸 へ の 願 い を 込 め た つ 「 / っ 4 「 / 4 険 を た 上 入 院 ( 日 帰 り 入 眸 保 8 っ ) 「 / 2 7 ※ 保 っ 0 5 6 1 6 時 払 時 払 9 生 活 習 慣 病 に 備 え る 「 カ ラ ダ 革 命 」 一 1 一 1 一 1 2 っ 4 院 を 含 む ) し た 場 間 新 月 る 合 、 入 院 一 時 給 付 込 保 の 齢 歳 歳 歳 歳 歳 齢 歳 新 料 0 0 0 0 0 ・ 年 O 更 康 2 っ ) 4 5 6 で 険 ネ オ フ ァ ー ス ト 生 命 の 新 商 品 進 や 健 康 寿 命 の 延 伸 に つ な が る 金 と し て 100 万 実 7 て 」 「 カ ラ ダ 革 命 」 ( 正 式 名 称 】 無 解 - 商 品 を 開 発 し て き た 。 今 回 の 商 円 が 支 払 わ れ る 。 身 女 料 円 円 円 円 円 終 を 立 木 齢 よ 約 返 戻 金 型 7 大 生 活 習 慣 病 入 】 品 に も 、 健 康 診 断 の 受 診 率 を 高 入 院 一 時 給 付 金 保 4 4 1 8 7 「 / 9 1 6 っ ) 期 時 払 保 1 1 っ 4 0 乙 っ ) 込 康 観 院 一 時 給 付 保 険 ) は 、 生 命 保 険 め た い と い う 想 い や 、 契 約 者 が は 、 1 年 に 1 回 の 入 月 払 の 健 値 業 界 で 初 め て 保 険 料 の 算 出 に 継 続 的 に 自 分 の 健 康 状 態 を 知 受 け 取 り を 限 度 円 険 齢 歳 歳 歳 歳 歳 保 万 0 び る る 、 健 康 年 齢 を 用 い た 保 険 商 品 だ 。 り 、 健 康 年 齢 を 若 く 保 っ た め 生 と し て 通 算 2 回 実 っ 4 っ ) 4 5 6 0 よ す お と 定 と し 従 来 、 生 命 保 険 料 は 実 年 齢 を 活 習 慣 の 改 善 に つ な げ て ほ し い ~ ま で 受 け 取 る こ 期 険 険 保 保 た 料 円 円 円 円 円 料 円 は 応 険 6 2 5 2 2 険 生 界 0 年 齢 も 生 活 習 慣 0 違 〔 な ど ま た 商 品 開 発 」 際 し り そ ま 「 た 給 付 金 0 一 4 合 対 保 つ な 1 つ 」 0 9 ※ 保 9 0 っ 4 6 5 0 時 払 る 歳 一 1 1 一 1 一 つ 4 ト ネ 業 ま 健 康 状 態 は 一 人 ひ と り 異 な 「 て - な グ ル ー プ ( り そ な 銀 行 、 埼 玉 り 支 払 い は 、 疾 病 の 入 な O 新 月 新 月 た い る 。 「 カ ラ ダ 革 命 」 は 、 契 約 時 の - そ な 銀 行 、 近 畿 大 阪 銀 行 ) と 共 早 期 治 療 に つ な 歳 歳 歳 歳 歳 齢 歳 間 年 ス 険 0 0 0 0 0 - 年 0 が 齢 康 っ っ 0 4 5 6 始 保 険 料 算 出 に は 実 年 齢 を 用 い 同 で 女 性 プ ロ ジ ェ ク ト を 立 ち 上 一 が り 、 症 状 悪 化 の 実 7 齢 年 年 実 実 は 叩 る が 、 3 年 ご と の 更 新 時 に は 、 そ - げ 、 コ ン セ プ ト や マ ー ケ テ ィ ン グ - 防 止 が 期 待 で き 一 保 の 料 男 料 円 円 円 円 円 例 者 険 6 つ な っ ) 1 9 の う し た 個 々 の 健 プ ラ ン な ど を 検 討 し た こ と も 注 - る だ ろ う 。 険 保 保 9 っ 0 5 6 6 保 の 料 時 払 被 後 険 康 診 断 等 の 検 査 】 目 さ れ る 。 そ こ で の 議 論 か ら 、 保 ま さ に 「 カ ラ ダ 険 入 月 幡 新 付 保 お フ 」 一 項 目 結 果 に 基 づ - 険 が 自 分 の 健 康 状 態 を 知 る き っ 革 命 」 は 、 顧 客 の 齢 歳 歳 歳 歳 歳 給 に △ ロ 時 日 場 新 の つ 」 3 4 5 6 い て 算 出 し た 健 か け に な っ た り 、 健 康 に 気 を つ け 健 康 増 進 や 健 康 更 こ 止 け 入 康 年 齢 を 用 い て - て い る 人 ほ ど 保 険 料 が 安 く な る 寿 命 延 伸 に 取 り 、 イ 年 芻 慣 保 険 料 を 決 定 し 、 と い っ た 、 女 性 の 感 性 を 生 か し - 組 む 第 一 生 命 グ ル ー プ の 一 員 で 「 カ ラ ダ 革 命 」 の 取 り 扱 い は 、 り 生 健 康 年 齢 が 若 い た 商 品 の 骨 格 が 形 づ く ら れ て - あ る 、 ネ オ フ ァ ー ス ト 生 命 な ら - そ な グ ル 1 プ で 月 1 日 よ り 大 7 グ 商 ほ ど 保 険 料 が 安 - い っ た の で あ る 。 で は の 商 品 と い え る 。 同 社 の ウ ェ 】 開 始 さ れ て い る 命 新 ※ 1 生 命 保 険 協 会 加 盟 の 生 命 保 険 会 社 が 取 り 扱 金 く な る 。 保 障 面 も 、 7 大 生 活 習 慣 病 で プ サ イ ト に は 、 健 康 診 断 結 果 等 う 保 険 商 品 の 中 で の 同 社 調 べ に よ る 。 生 る ( 2016 年 9 月 日 現 在 ) 返 ネ オ フ ァ ー ス ト あ る 、 が ん ( 上 皮 内 が ん を 含 む ) 、 の 検 査 項 目 結 果 を 入 力 す る と ※ 2 「 健 康 年 齢 」 は 日 本 医 療 デ ー タ セ ン タ ー の 解 第 定 登 録 商 標 。 今 回 使 用 す る 「 健 康 年 齢 」 は 、 無 生 命 は 、 こ れ ま で - 心 ・ 血 管 疾 患 、 脳 血 管 疾 患 、 腎 疾 - 自 分 の 健 康 年 齢 が 算 出 で き る 7 大 生 活 習 慣 病 に 関 す る リ ス ク を 評 価 し て 独 自 に 算 出 し た も の で 、 日 本 医 療 デ ー タ セ ン も 人 々 の 健 康 増 患 、 肝 疾 患 、 糖 尿 病 、 高 血 圧 性 疾 ペ ー ジ も 開 設 さ れ て い る 。 な お 、 タ ー の 健 康 年 齢 と 算 出 基 準 が 異 な る 。 0

埼玉「生命保険加入」血も凍る全手口


《 本 庄 市 内 の 金 融 業 者 の 知 人 の 元 バ チ ン コ 店 員 が 多 額 の 生 命 保 険 金 を 掛 け ら れ た 上 に 昨 年 五 月 、 本 庄 市 内 の 自 宅 で 変 死 し た 保 険 金 殺 人 疑 惑 に 絡 み 、 県 警 捜 査 一 課 と 本 庄 署 は 一 一 十 四 日 、 金 融 業 者 と 男 性 の 妻 ら が 共 謀 し 、 保 険 金 目 的 で 男 性 を 偽 装 結 婚 さ せ て い た 疑 い が あ る と し て 、 公 正 証 書 原 本 不 実 記 載 ・ 同 行 使 容 疑 で 、 金 融 業 者 と 男 性 の 戸 籍 上 の 妻 ら 女 性 三 人 の 計 四 人 を 逮 捕 し た 。 四 人 は 容 疑 を 否 認 し て い る 。 県 警 は 同 日 、 金 融 業 者 ら に よ る 保 険 金 目 的 の 殺 人 、 殺 人 未 遂 事 件 の 可 能 性 が 強 い と み て 、 本 庄 署 に 捜 査 本 部 を 設 置 、 事 件 の 全 容 解 明 に 全 力 を 挙 げ る 》 「 本 庄 の 金 融 業 者 逮 捕 」 の 見 出 し で 始 ま る こ の 記 事 が 、 埼 玉 新 聞 の 紙 面 に 掲 載 さ れ た の は 二 〇 〇 〇 年 一 二 月 二 五 日 の こ と だ っ た 。 一 九 九 九 年 七 月 一 一 日 、 産 経 新 聞 が 一 面 ト ッ プ で 《 薬 物 ? で 保 険 金 殺 人 》 、 さ ら に 翌 一 二 日 の 夕 刊 で も 《 保 険 金 殺 人 疑 惑 埼 玉 の 金 融 業 者 す で に 3 億 円 受 領 》 と 報 じ て 以 来 、 週 刊 誌 、 テ レ ビ の ワ イ ド シ ョ ー な ど が 派 手 に 報 道 合 戦 を 続 け て き た 「 埼 玉 保 険 金

埼玉「生命保険加入」血も凍る全手口


契 約 年 月 九 九 年 四 月 一 日 保 険 金 額 五 〇 〇 万 円 受 取 人 ・ ア ナ リ エ 朝 日 生 命 契 約 年 月 九 九 年 三 月 一 日 保 険 金 額 五 〇 〇 〇 万 円 受 取 人 ・ ア ナ リ エ 埼 玉 コ 1 プ 契 約 年 月 九 八 年 八 月 一 二 日 保 険 金 額 二 〇 〇 〇 万 円 受 取 人 ・ 法 定 相 続 人 契 約 年 月 九 八 年 九 月 一 日 保 険 金 額 四 〇 〇 万 円 受 取 人 ・ 法 定 相 続 人 契 約 年 月 九 八 年 九 月 一 一 九 日 保 険 金 額 四 〇 〇 万 円 受 取 人 ・ 法 定 相 続 人 県 民 共 済 契 約 年 月 九 九 年 一 一 月 一 日 保 険 金 額 八 〇 〇 万 円 受 取 人 ・ 法 定 相 続 人 全 労 済 契 約 年 月 九 八 年 六 月 一 一 〇 日 保 険 金 額 六 〇 〇 万 円 受 取 人 ・ 法 定 相 続 人 計 一 三 社 二 二 ロ 九 億 八 七 〇 〇 万 円 程 ※ 川 村 さ ん に は 、 他 に 「 ア メ リ カ ン ホ ー ム 、 「 ア メ リ カ ン ラ イ フ 」 な ど の 契 約 も あ る が 金 額 は 不 の 明 。 川 村 さ ん に 掛 け ら れ て い た 生 命 保 険 は 二 四 ロ 、 一 〇 億 一 三 〇 〇 万 円 と も い わ れ て い る 。 取 詐 0 建 脇 保 さ ん 分 保 日 本 団 体 生 命 契 約 年 月 九 七 年 五 月 一 日 保 険 金 額 三 億 円 第 受 取 人 ・ 武 ま ゆ み 計 一 社 一 口 三 億 円 さ ら に 同 誌 に よ る と 、 八 木 容 疑 者 に 生 命 保 険 を 掛 け ら れ た 人 は 他 に も 存 在 し て い た

埼玉「生命保険加入」血も凍る全手口


114 で は な か ろ う か 。 だ か ら 、 報 道 陣 に 対 し て 「 ど ん な に 調 べ て も 森 田 の 遺 体 か ら は 毒 物 は 出 な い 」 と 豪 語 し て い た の で あ る 八 〇 年 代 か ら 現 在 に か け て 、 マ ス コ ミ が 取 り 上 げ た 様 々 な 疑 惑 事 件 。 そ の い す れ も 状 況 証 拠 は 、 す べ て 渦 中 の 人 間 の 黒 を 示 し て い た 。 し か し 、 周 辺 の 状 況 や 証 言 よ り 物 的 証 拠 が も の を い う こ と は 、 彼 ら の よ う な 犯 罪 者 に 限 ら す 一 般 人 に も 広 く 知 れ 渡 る こ と に な っ た 。 誰 が 判 断 し て も 見 え み え の 事 件 ほ ど 、 解 明 し に く い も の は な い 。 和 歌 山 の 事 件 も 埼 玉 保 険 金 殺 人 疑 惑 も 、 疑 惑 が 発 覚 し て か ら 逮 捕 に 至 る ま で 、 捜 査 に 多 大 な 時 間 を 要 し た 。 そ れ だ け 、 証 拠 が 集 ま り に く か っ た の だ ろ う 。 今 後 の 、 埼 玉 県 警 の 取 り 調 べ に 期 待 し た い 。 保 険 金 犯 罪 の 分 類 生 命 保 険 や 傷 害 保 険 を 搾 取 す る 手 口 を 分 析 し て み よ う 。 大 き く 分 け る と 、 以 下 に 述 べ る 三 種 類 に 集 約 さ れ る 。 今 回 の 、 埼 玉 保 険 金 殺 人 疑 惑 は 、 和 歌 山 ヒ 素 カ レ ー 事 件 や 長 崎 ・ 佐 賀 殺 人 事 件 な ど

週刊アスキー 2015.5. 26 No.1028


官 民 に 広 が る “ 埼 玉 ポ ー ズ ″ の 輪 ! 玉 ポ - て を 生 み 出 し た 動 画 制 サ だ 曲 ン こ 。 や と 一 ~ 心 新 0 動 ス と け の か 身 つ 出 き 玉 の 奇 イ 土 メ 生 こ 誕 伽 し ズ 振 な 。 ポ ス す 品 玉 ン 用 作 埼 ダ 起 た や を つ 會 作 一 わ あ の 有 名 タ レ ン ト か ら 人 気 の 声 優 さ ん ま で ! そ う た 埼 玉 打 倒 神 奈 川 ! 千 葉 と は 和 解 ! 埼 玉 県 民 の 逆 襲 http://www.youtube.com/watch?v=RU-OQ2AcHX4 そ ) た 端 玉 ェ 、 を 、 を ま ・ を 物 第 ← 會 ロ ッ ク ア ー テ ィ ス ト の ダ イ ア モ ン ド ・ ユ カ イ さ ん ( 左 ) や 、 「 ラ ブ ラ イ ブ ! 」 の 星 空 凛 役 な ど で 知 ら れ る 声 優 の 飯 田 里 穂 さ ん ( 上 ) な ど 、 埼 玉 県 に 縁 の あ る 有 名 人 に よ る ′ ラ : 物 = ; 投 稿 が 埼 玉 ポ ー ズ ブ ー ム の き 0 か け に ! 埼 玉 県 下 の 市 長 さ ん た ち も 嬉 々 と し て イ ) : 日 猶 物 0 ! ま み は を い 機 物 羅 対 み 勲 、 物 : り 第 埼 玉 中 に 名 が 轟 く 有 名 企 業 が 全 面 協 力 は し め ま し な 、 と ど ろ 、 物 ロ 0 み 第 。 1 十 万 石 水 城 公 園 店 を を 市 の ズ そ も そ も の き っ か け で し た 」 れ は 僕 自 身 も 感 じ て い る 埼 玉 県 民 2 也 ポ と こ ろ が 最 初 の う ち は 、 鷺 谷 さ が 郷 上 に 抱 く 純 粋 な 思 い な の か な 在 は っ 現 真 ろ ん の 構 想 に 協 力 し て く れ る 企 業 や と 。 他 県 の 方 に は 、 想 像 し に く い 心 情 か も し れ ま せ ん が : : : 」 自 治 体 は ほ ば 皆 無 。 地 道 に 動 画 へ - つ る 隊 そ て の 出 演 を 依 頼 し た 企 業 数 は 、 最 終 話 題 が 埼 玉 の 県 民 性 に 及 ぶ と 、 話 が 止 ま ら な く な る 鷺 谷 さ ん 。 的 に 社 以 上 に の ば っ た 。 一 「 城 一 寄 忍 「 よ う や く 協 力 に こ ぎ つ け た の ち 「 ど の 方 も 最 初 は ク ダ ン ス な ん て で 本 が と 日 真 , も 、 各 地 で 行 な う 撮 影 の ス ケ ジ ュ き な い ッ っ て 言 っ て る の に 、 い ざ 撮 し 写 佐 ー リ ン グ に 加 え 、 撮 影 当 日 も す べ 影 と な る と キ レ キ レ で 踊 っ て く れ 0 の 長 言 , ま ズ 市 て 自 分 が 立 ち 会 っ た り し て 。 撮 影 る ( 笑 ) 。 自 分 か ら は 前 に 出 な い け る ポ 久 阯 期 間 中 は ほ ば 無 収 入 。 手 弁 当 で 埼 れ ど 、 他 人 か ら 頼 ま れ る と 思 い っ あ 玉 る 長 き り や っ て く れ る と こ ろ は 、 埼 玉 に 埼 写 市 玉 各 地 を 飛 び 回 っ て い ま し た 」 県 ら ラ 田 玉 か ャ 行 ち な み に 、 こ の 『 そ う だ 埼 玉 』 と の 県 民 性 な ん だ な っ て つ く づ く 思 埼 長 キ る 會 市 る と い う タ イ ト ル に は 、 埼 玉 を 指 す 蔑 っ た し 、 そ れ は 典 型 的 な 日 本 人 像 ← の ゆ を 称 で あ る ク ダ 埼 玉 ク を 、 あ え て 入 れ で も あ る の か な と 。 だ か ら 、 埼 玉 県 民 は ク 究 極 の 日 本 人 ク な ん だ っ て 、 て み よ う と 思 っ た と の こ と 。 「 決 し て 自 虐 で も 開 き 直 っ て い る 密 か に 思 っ て る ん で す 」 そ ん な 鷺 谷 さ ん だ が 、 今 後 は さ わ け で も な く 、 広 く 認 知 さ れ て い ら な る ク 埼 玉 ポ ー ズ ク の 拡 散 を 狙 う る し 、 語 感 も 良 い の で 入 れ た い な と 。 い っ か は ク ダ 埼 玉 ク を ク そ う だ 埼 と と も に 、 県 民 か ら 募 っ た ス マ ホ : っ て の は 、 カ ッ コ 動 画 で 埼 玉 県 全 鬨 市 を つ な ぐ と い 玉 に し た い : う 新 た な 企 画 を 進 行 中 だ 。 つ け す ぎ で す か ね ( 笑 ) 」 「 ク 埼 玉 ポ ー ズ ク に 関 し て は ク ダ 埼 埼 玉 県 民 と は 玉 ク の 生 み の 親 で あ る タ モ リ さ ん 究 極 の 日 本 人 で あ る ? に や っ て も ら う の が 、 究 極 の 目 標 「 『 そ う だ 埼 玉 』 の 歌 詞 に 、 ) こ の で し よ う か ( 笑 ) 」 埼 玉 県 民 が ク ダ 埼 玉 の 呪 縛 ツ か ら 町 に 生 ま れ て よ か っ た と 毎 日 思 わ な い け ど 嫌 だ と 思 っ た こ と は な 完 全 に 解 き 放 た れ る 日 は 、 も う 目 前 か も し れ な い い ぜ ) っ て あ る ん で す け ど 、 こ - ト ボ コ 、 イ 玉 - っ サ 奇 い 時 報 と 同 情 ち の た 美 開 載 女 玉 田 ・ 気 公 満 美 埼 の の ・ タ 住 う 奇 ネ ・ 在 そ 民 メ る 内 る ぞ わ 県 す る 県 型 そ っ 、 み 場 あ 「 ま プ 登 も 玉 加 動 県 ォ ズ ナ 玉 も 一 一 埼 参 會 「 山 田 う ど ん 」 や 「 十 万 石 ま ん じ ゅ う 」 と い っ た 、 埼 玉 を 代 表 す る 46 の 企 業 や 公 共 団 体 な ど が 参 加 し 、 約 10 、 カ 月 間 か け て 撮 影 し た 。 SAITAMA POSE 0 新 着 事 「 物 、 を ミ 毎 今 週 の 捜 査 員 よ っ し い ~ モ ノ 系 レ ビ ュ ー か ら ボ ー ト レ ー ス の ニ ュ ー ス ・ 展 望 の 執 筆 、 果 て は 有 名 人 メ ル マ ガ の 制 作 お 手 伝 い ま で 、 な ん だ か 幅 広 く 手 掛 け て し ま っ て い る 雑 食 系 ラ イ タ ー

埼玉「生命保険加入」血も凍る全手口


業 界 の 内 情 を 知 り 、 医 療 機 関 の 内 部 に 協 力 者 さ え い れ ば 、 簡 単 な こ と で あ る 。 こ の 前 提 が ク リ ア さ れ て い な い と 詐 欺 は 成 立 し な い の だ 林 夫 妻 が 、 騙 し 取 っ た と み ら れ る 保 険 金 疑 惑 の 種 類 は 、 生 命 保 険 、 損 害 保 険 の ほ か に ( 農 協 ) 共 済 に ま で 及 ぶ 。 埼 玉 保 険 金 疑 惑 事 件 の 保 険 契 約 に も 、 コ ー プ ( 共 済 組 合 ) や 県 民 共 済 、 全 労 済 が 含 ま れ て い る 。 こ れ ら は 、 民 間 の 保 険 会 社 と 異 な り 、 処 理 に あ ま り 慣 れ て い な い 。 当 然 、 調 査 力 も 件 金 欠 如 し て い る だ ろ 、 つ 。 こ こ を 狙 う な ど は な か な か 賢 い と い え る 。 保 林 健 治 ・ 真 須 美 両 被 告 が 、 保 険 業 界 か ら 騙 し 取 っ た 保 険 金 は 、 こ の 一 〇 年 で 六 億 円 を 超 え る 。 し か し 、 他 人 の た め の 無 断 契 約 や 殺 人 を も く ろ ん だ 第 三 者 の 保 険 金 は 、 ま 驚 っ た く こ の 一 部 に し か す ぎ な い 。 を 六 億 円 の ほ と ん ど が 、 二 度 に わ た る 健 治 被 告 の 後 遺 障 害 保 険 金 と 、 真 須 美 被 告 の 実 世 母 に 掛 け ら れ た 死 亡 保 険 金 で あ る 。 こ れ に 反 し 、 真 須 美 被 告 自 身 の 保 険 か ら 受 け 取 っ や け ど 四 た 保 険 金 は 、 九 六 年 一 一 月 に 両 足 の 火 傷 で 入 院 し た 際 の 入 院 給 付 金 ( 生 命 保 険 ) と 、 入 第 院 保 険 金 ( 損 保 、 交 通 傷 害 保 険 ) の み で あ り 、 一 〇 〇 〇 万 円 に 達 し な い の だ 。 こ れ で は 、 前 述 し た 保 険 金 犯 罪 の 分 類 の 「 自 分 の 体 を 痛 め る 」 に は 入 ら な い 。 こ だ ま