検索 - みる会図書館

検索対象: 増補改訂版 写楽は歌麿である

増補改訂版 写楽は歌麿であるから 295件ヒットしました。

増補改訂版 写楽は歌麿である


は 敬 麿 て あ る 1 「 《 ( 一 、 土 淵 正 一 郎 増 補 改 訂 版 新 人 物 往 来 社

増補改訂版 写楽は歌麿である


〈 補 論 ニ 〉 写 楽 の 謎 の 物 的 証 拠 お わ り に , ー ー ・ 増 補 改 訂 版 の 刊 行 に 際 し て 〈 付 表 〉 蔦 屋 、 歌 麿 、 京 伝 、 豊 国 関 係 略 年 表 装 幀 ・ ー ー ー ・ 浅 野 邦 夫 289 286 2 ア 9

増補改訂版 写楽は歌麿である


増 補 改 訂 版 写 楽 は 歌 麿 で あ る 目 次

増補改訂版 写楽は歌麿である


増 補 改 訂 版 写 楽 は 歌 麿 で あ る

増補改訂版 写楽は歌麿である


お わ り に ー ー 増 補 改 訂 版 の 刊 行 に 際 し て 本 書 の 初 版 は 十 年 前 に 刊 行 さ れ た 。 幸 に も 多 く の マ ス コ ミ か ら 好 評 を 頂 き 、 写 楽 愛 好 の 皆 様 の ご 声 援 を 得 て 、 写 楽 二 百 年 の 記 念 す べ き 年 に 、 再 版 の 運 び と な っ た こ と を 光 栄 に 思 っ て い る 。 写 楽 の 謎 解 き は 、 何 度 も く り 返 す よ う に 、 次 の 六 要 件 を 満 足 す る 人 物 を 探 し 当 て る こ と で あ る 。 一 、 超 一 流 の 画 家 一 「 蔦 屋 と 深 い 関 係 の あ る 者 エ ネ ル ギ ッ シ ュ な 画 家 四 、 歌 舞 伎 の 精 通 、 愛 好 者 五 、 「 東 洲 斎 写 楽 」 と い う 雅 号 の い わ れ 六 、 十 ヶ 月 で 消 え た 事 由 世 阿 弥 は 前 掲 「 写 楽 探 究 の 要 諦 ー ー 世 阿 弥 の 芸 術 論 に 学 ぶ 」 で 見 た よ う に 「 因 果 の 花 を 知 る こ と ( 略 ) は 極 意 と い う べ き で あ る 。 一 切 の 事 は 皆 原 因 対 結 果 で あ る 」 と の べ た 。 あ る 人 物 が 写 楽 で あ る 原 因 を 知 る こ と が 、 そ の 謎 を 解 く 最 大 の 秘 決 で あ る 。 そ の 原 因 と い う の は 、 結 局 、 あ る 人 物 が 写 楽 で あ る と い う 、 や 推 理 で は な く 、 確 実 な 「 物 的 証 拠 」 を つ か む こ と に 尽 き る 。 そ こ で 、 初 版 の 本 文 と 「 お わ り に 」 に 最 近 ま で に ま と め た 二 つ の 補 論 を 加 え 、 初 版 の 不 適 切 な 部 分 や 、 誤 字 誤 植 を 訂 正 し た 。 補 論 一 は 、 写 楽 が 、 姿 を 消 し た 際 に 描 い た 二 つ の 扇 面 画 と 歌 麿 筆 の ロ 絵 お よ び 阿 波 藩 能 役 者 説 に つ 286

増補改訂版 写楽は歌麿である


石 井 良 助 Ⅱ 著 の ー エ 江 戸 町 方 の 制 度 《 。 置 来 幕 府 瓦 解 後 わ ず か 一 一 十 余 年 の ち に 書 か れ た 、 類 本 の な い 貴 重 書 。 江 尸 の 裁 判 ・ 市 政 ・ 下 層 社 ム の 事 象 と 往 ・ 予 価 八 、 五 00 円 物 そ の 沿 革 を 多 方 面 に わ た っ て 生 き 生 き と 記 述 す る 史 新 稲 垣 史 生 Ⅱ 著 武 家 の ち 。 》 史 料 の す べ て を 集 め 、 わ か り や す い 文 章 で 、 将 軍 家 ・ 大 名 、 旗 本 の 奥 向 き を あ ば く 。 正 室 と 側 室 の 正 嗣 を め ・ 定 価 ニ 、 六 00 円 ぐ る 暗 絵 島 に 代 表 さ れ る 大 奥 の 乱 れ 。 名 君 吉 宗 の 女 く せ の 悪 さ 等 満 載 。 堀 越 正 雄 Ⅱ 著 《 増 補 改 訂 》 日 本 の 上 水 古 代 の 日 本 人 は ど の よ う に し て 水 を 得 た か 。 下 っ て 江 尸 期 の 上 水 政 策 と 測 量 ・ 開 削 ・ 施 工 技 術 等 を 、 興 味 ・ 定 価 ニ 、 八 00 円 架 い 挿 話 を 交 え て 詳 細 に 解 明 す る 。 松 好 貞 夫 Ⅱ 著 既 。 戸 大 名 や り く り 帖 《 ー 》 工 富 貴 と 権 勢 の 象 徴 で あ る 大 名 の 台 所 も 実 は 火 の 車 。 幕 藩 体 制 の 本 拠 江 戸 城 の 金 蔵 も か ら 「 ば だ 「 た / ・ 予 価 ニ 、 八 00 円 * ~ そ の 窄 乙 の 原 因 は 、 諸 藩 経 済 の 実 体 は ? ″ 百 鬼 窿 の 武 家 社 会 を 描 く 。

増補改訂版 写楽は歌麿である


著 者 略 歴 土 淵 一 郎 ( っ ち ぶ ち ・ し よ う い ち ろ う ) 大 正 二 年 ( 1913 ) 栃 木 県 栃 木 市 に 生 ま れ る . 東 京 大 学 経 済 学 部 卒 。 満 州 重 工 業 開 発 ( 株 ) , 電 源 開 発 ( 株 ) を 経 て , ( 株 ) 大 本 組 を 退 職 。 著 書 に 『 建 設 業 の 進 路 』 『 人 麿 の 謎 を 解 く 』 『 高 松 塚 は 高 市 皇 子 の 墓 』 。 そ の 他 , 月 刊 『 歴 史 読 本 』 に , 歴 史 ノ ン フ ィ ク シ ョ ン の 「 蘭 学 始 末 記 」 , 「 和 銅 開 珎 秘 譚 」 , 「 『 柿 本 人 麿 水 死 刑 説 』 へ の 疑 問 」 等 を 発 表 。 ま た , 同 人 雑 誌 『 日 月 』 に 「 小 伝 吉 備 真 備 」 , 「 海 嘯 ー ー 川 路 聖 謨 と フ ・ チ ャ ー チ ン 」 , 「 明 治 奇 遇 伝 ー ー 大 江 卓 回 想 談 」 を 発 表 。 現 住 所 〒 236 横 浜 市 金 沢 区 富 岡 東 1 ー 31 ー 1 増 補 改 訂 版 写 楽 は 歌 麿 で あ る 平 成 七 年 七 月 三 十 日 第 一 刷 発 行 著 者 土 淵 正 一 郎 す 発 行 者 菅 英 志 あ 発 行 所 新 人 物 往 来 社 示 表 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 三 ー 三 ー 一 ( 新 東 京 ビ ル ヂ ン グ ) 〒 一 〇 〇 に 4 電 話 東 京 ( 三 一 一 一 一 l) 三 九 三 一 ( 代 表 ) 振 替 〇 〇 一 六 ー 五 ー 一 五 一 六 四 三 帯 印 刷 所 明 邦 印 刷 カ T2 ま — 製 本 所 小 高 製 本 定 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は お と り か え い た し ま す ・ 郎 正 淵

増補改訂版 写楽は歌麿である


い て の 考 察 で 、 初 版 に は 漏 れ た 、 貴 重 な 『 写 楽 は 歌 麿 で あ る 』 こ と の 新 証 拠 で あ る 。 写 楽 と い う サ イ ン の 側 で 、 豊 国 に 敗 れ た 歌 麿 が 、 将 来 、 豊 国 の 評 価 の 下 落 を 確 信 し て い る 寓 意 は ま こ と に 興 味 深 い 阿 波 藩 能 役 者 説 は 近 頃 一 部 で 格 別 に 注 目 さ れ て い る が 、 「 伝 聞 証 拠 」 と 「 物 的 証 拠 」 の 相 違 に つ い て 再 考 し て 頂 き た い も の で あ る 。 『 歴 史 読 本 』 一 九 八 九 年 二 月 号 に 発 表 し た 。 補 論 ニ は 、 今 回 新 た に 執 筆 、 初 版 の エ ッ セ ン ス と 、 補 論 一 を 、 「 物 的 証 拠 」 と い う 視 点 か ら 整 理 、 解 釈 、 研 究 し た 拙 論 の 総 括 で あ る 。 こ の 「 物 的 証 拠 」 と い う 視 点 か ら み る と 、 直 に 凡 ゆ る 写 楽 候 補 者 の 当 否 が 判 明 す る 。 そ れ の み な ら ず 、 写 楽 Ⅱ 歌 麿 説 を 排 除 し よ う と す る 、 歌 麿 が 写 楽 の 活 躍 期 間 中 だ け 蔦 屋 か ら 「 と び 出 し た 」 と す る 説 が 虚 妄 で あ る こ と も 明 白 と な る 。 さ ら に 、 補 論 ニ は 写 楽 と は 一 見 無 関 係 の よ う な 、 最 近 の サ リ ン 事 件 に 対 す る 当 局 の 捜 査 と 、 マ ス コ 際 ミ の 「 調 査 報 道 型 の 徹 底 的 な 追 及 」 の 立 ち 遅 れ を 「 反 省 」 し た 、 『 朝 日 』 の 勇 気 あ る 社 説 に も ふ れ た 。 垳 サ リ ン 事 件 と 写 楽 と は 異 る 面 も 多 い が 、 そ の 謎 の 解 明 の 鍵 は 「 物 的 証 拠 」 で あ り 、 国 民 の 熱 望 の 的 と の い う 点 で は 一 致 し て い る か ら で あ る 。 「 物 的 証 拠 」 探 索 へ の 消 極 性 が 、 坂 本 弁 護 士 失 綜 事 件 を 松 本 サ リ ン 事 件 、 さ ら に 地 下 鉄 サ リ ン 事 件 へ 増 と 発 展 さ せ て し ま っ た 。 ま た 『 朝 日 』 の 六 月 十 四 日 の 社 説 は 、 「 河 野 さ ん に お わ び す る 」 と 題 し て 、 一 一 つ の 反 省 点 を の べ て そ の 一 は 、 「 先 入 観 に と ら わ れ ず 、 事 実 の 裏 づ け に 努 め る こ と 」 で あ る 。 そ の 二 は 、 「 も う 少 し 科 学 的 な 目 で 事 件 や 捜 査 を 検 証 す べ き だ っ た こ と 」 で あ る 。

増補改訂版 写楽は歌麿である


内 容 に つ い て 、 十 二 分 の 検 討 が 必 要 な の で あ る 。 何 故 か と い う と 、 そ れ は 大 田 蜀 山 人 が 寛 政 初 年 に 、 浮 世 絵 師 に つ い て 簡 単 な 記 事 を 書 い た の ち 、 多 く の 人 々 が 追 考 、 補 記 を 加 え て 今 日 の 体 裁 に な っ た の で あ る が 、 そ の 記 事 内 容 が 一 〇 〇 。 ( ー セ ン ト 正 し い と い う 保 証 は 何 も な い か ら で あ る 。 こ こ で 『 浮 世 絵 類 考 』 が 、 今 日 の 姿 に な る ま で の 経 緯 を た ど っ て み よ う 。 ま ず 、 寛 政 十 二 年 大 田 蜀 山 人 が 、 自 撰 の 記 事 に 、 付 録 と し て 、 縫 箔 師 笹 屋 新 七 邦 教 の 書 い た 浮 世 絵 師 の 「 始 系 」 を 付 し 、 さ ら に 享 和 二 年 山 東 京 伝 の 書 い た 「 追 考 」 を 加 え 、 こ の 三 部 に よ っ て 『 類 考 』 が 成 立 し 、 多 く の 人 々 に よ り 書 写 さ れ た 。 享 和 二 年 ( 一 八 〇 一 I) の 近 藤 重 蔵 正 斎 の 書 写 本 を 伊 勢 の 神 宮 文 庫 か ら 、 由 良 哲 次 氏 が 発 見 し た が 、 こ れ が 正 に そ の 原 典 で あ る 。 『 類 考 』 は 後 世 多 く の 追 記 を 加 え た 増 補 写 本 が 幾 つ も 生 れ た が 、 由 良 氏 は 、 こ れ 等 を 悉 く 蒐 集 し て 、 昭 和 五 十 四 年 『 総 校 日 本 浮 世 絵 類 考 』 の 名 著 を 刊 行 し た 。 そ の 中 に は 、 坂 田 本 ( 東 大 図 書 館 蔵 ) 風 山 本 ( 神 宮 文 庫 蔵 ) と い う 、 文 化 四 年 筆 記 さ れ 、 長 く 退 蔵 さ れ た 珍 し い 異 本 も あ る 。 後 世 流 布 し た 『 類 考 』 は 蜀 山 人 の 原 典 に 、 加 藤 曳 尾 庵 、 式 亭 三 馬 、 渓 斎 英 泉 、 斎 藤 月 岑 、 龍 田 舎 秋 錦 、 渡 辺 庄 三 郎 等 が 、 補 記 、 追 録 を 行 な っ た も の で あ る 。 以 下 に 、 写 楽 が 筆 を 絶 っ て か ら 数 年 後 に 、 そ の 真 髄 を 喝 破 し た 蜀 山 人 の 名 言 と 、 多 く の 追 補 と を 示 す 。 こ の 追 補 は 、 全 面 的 に 正 し い と 、 断 言 で き ぬ こ と 前 述 の 通 り だ が 、 写 楽 の 謎 の 解 明 の た め の 貴 重 な 資 料 で あ る こ と は 間 違 い な い 。 以 下 、 そ の 内 容 を 見 て み よ う 。 一 、 大 田 蜀 山 人 、 寛 政 十 二 年 ( 一 八 〇 〇 ) 「 哥 舞 伎 役 者 の 似 顔 を う っ せ し が 、 あ ま り 真 を 画 か ん と て あ ら ぬ さ ま に か き な せ し か ば 、 長 く 世

増補改訂版 写楽は歌麿である


写 楽 の 謎 の 物 的 証 拠 写 楽 の 謎 は 「 論 よ り 証 拠 」 で 写 楽 が 消 え て か ら 二 百 年 。 世 界 三 大 肖 像 画 家 の 一 人 だ け に 、 そ の 正 体 の 謎 へ の 関 心 は 、 ま す ま す 高 ま っ て い る 。 ど う 推 測 し よ う と も 各 人 の 自 由 だ が 、 謎 解 き は 、 「 論 よ り 証 拠 」 と い う 諺 の 通 り 、 万 人 納 得 の 証 拠 が 不 可 欠 で あ る 。 単 に 「 俺 は こ う 考 え る 」 で は 証 拠 に な ら な い 。 証 拠 は 「 伝 聞 」 で な く 「 物 証 」 写 楽 に 限 ら す 、 世 の 中 の 証 拠 に は 、 「 ま た 聞 き 」 即 ち 「 伝 聞 」 と い う 不 確 か な 証 拠 と 、 動 か ぬ 「 物 的 証 拠 」 と が あ る 。 現 行 の 「 刑 事 訴 訟 法 」 に は 「 伝 聞 」 に は 証 拠 能 力 を 認 め ぬ 旨 が 明 記 さ れ て い る 。 こ れ は 娑 婆 の 世 界 の み で な く 、 写 楽 に も 当 て は ま る 。 写 楽 の 謎 の 正 解 も 「 物 証 」 か ら テ レ ビ の ク イ ズ で は 、 予 め 用 意 の 正 解 が 、 裁 判 で は 証 拠 に 基 づ く 判 決 が 決 定 的 役 割 を 果 す 。 誰 も が 証 拠 に は 勝 て な い 。 と こ ろ で 写 楽 の 謎 に は 用 意 さ れ た 正 解 も 、 裁 判 官 も な い 。 と は い え 物 的 証 拠 は た の の く さ ん 残 っ て い る 。 そ れ は 、 写 楽 の 絵 と そ の 絵 を 描 い た 画 家 及 び 刊 行 し た 蔦 屋 に 関 す る 事 実 で あ る 。 楽 写 楽 の 「 物 証 」 の 五 要 件 写 9 そ の 写 楽 画 か ら 導 き 出 さ れ る 物 的 証 拠 は 、 次 の 五 つ で あ る 。 こ の 条 件 を 満 足 さ せ る 人 物 が 写 楽 に 間 7 2 違 い な 、 。 〈 補 論 一 一 〉