検索 - みる会図書館

検索対象: 増補改訂版 写楽は歌麿である

増補改訂版 写楽は歌麿であるから 300件ヒットしました。

増補改訂版 写楽は歌麿である


増 補 改 訂 版 写 楽 は 歌 麿 で あ る 目 次

増補改訂版 写楽は歌麿である


増 補 改 訂 版 写 楽 は 歌 麿 で あ る

増補改訂版 写楽は歌麿である


は 敬 麿 て あ る 1 「 《 ( 一 、 土 淵 正 一 郎 増 補 改 訂 版 新 人 物 往 来 社

増補改訂版 写楽は歌麿である


〈 補 論 ニ 〉 写 楽 の 謎 の 物 的 証 拠 お わ り に , ー ー ・ 増 補 改 訂 版 の 刊 行 に 際 し て 〈 付 表 〉 蔦 屋 、 歌 麿 、 京 伝 、 豊 国 関 係 略 年 表 装 幀 ・ ー ー ー ・ 浅 野 邦 夫 289 286 2 ア 9

増補改訂版 写楽は歌麿である


お わ り に ー ー 増 補 改 訂 版 の 刊 行 に 際 し て 本 書 の 初 版 は 十 年 前 に 刊 行 さ れ た 。 幸 に も 多 く の マ ス コ ミ か ら 好 評 を 頂 き 、 写 楽 愛 好 の 皆 様 の ご 声 援 を 得 て 、 写 楽 二 百 年 の 記 念 す べ き 年 に 、 再 版 の 運 び と な っ た こ と を 光 栄 に 思 っ て い る 。 写 楽 の 謎 解 き は 、 何 度 も く り 返 す よ う に 、 次 の 六 要 件 を 満 足 す る 人 物 を 探 し 当 て る こ と で あ る 。 一 、 超 一 流 の 画 家 一 「 蔦 屋 と 深 い 関 係 の あ る 者 エ ネ ル ギ ッ シ ュ な 画 家 四 、 歌 舞 伎 の 精 通 、 愛 好 者 五 、 「 東 洲 斎 写 楽 」 と い う 雅 号 の い わ れ 六 、 十 ヶ 月 で 消 え た 事 由 世 阿 弥 は 前 掲 「 写 楽 探 究 の 要 諦 ー ー 世 阿 弥 の 芸 術 論 に 学 ぶ 」 で 見 た よ う に 「 因 果 の 花 を 知 る こ と ( 略 ) は 極 意 と い う べ き で あ る 。 一 切 の 事 は 皆 原 因 対 結 果 で あ る 」 と の べ た 。 あ る 人 物 が 写 楽 で あ る 原 因 を 知 る こ と が 、 そ の 謎 を 解 く 最 大 の 秘 決 で あ る 。 そ の 原 因 と い う の は 、 結 局 、 あ る 人 物 が 写 楽 で あ る と い う 、 や 推 理 で は な く 、 確 実 な 「 物 的 証 拠 」 を つ か む こ と に 尽 き る 。 そ こ で 、 初 版 の 本 文 と 「 お わ り に 」 に 最 近 ま で に ま と め た 二 つ の 補 論 を 加 え 、 初 版 の 不 適 切 な 部 分 や 、 誤 字 誤 植 を 訂 正 し た 。 補 論 一 は 、 写 楽 が 、 姿 を 消 し た 際 に 描 い た 二 つ の 扇 面 画 と 歌 麿 筆 の ロ 絵 お よ び 阿 波 藩 能 役 者 説 に つ 286

増補改訂版 写楽は歌麿である


写 楽 絵 と 京 伝 絵 写 楽 絵 と 歌 麿 絵 第 十 章 写 楽 Ⅱ 歌 麿 説 の 六 要 件 諏 訪 氏 の 七 項 目 私 の 六 要 件 の 証 明 : 東 洲 斎 写 楽 の い わ れ ・ : 写 楽 が 十 カ 月 で 消 え た 理 由 : 第 十 一 章 写 楽 絵 の 命 運 写 楽 絵 へ の 注 目 と 忘 却 仮 面 の 効 果 と 忘 却 歌 麿 の 死 と 写 楽 の 命 運 〈 追 記 〉 渡 辺 保 氏 の 『 東 洲 斎 写 楽 』 に つ い て 写 楽 探 究 の 要 諦 ー ー 世 阿 弥 の 芸 能 論 に 学 ぶ 〈 補 論 一 〉 「 写 楽 は 歌 麿 で あ る , の 新 証 拠 0 2 9 2 9 ・ 3 2 2 3 2 9 2 -4- 2 2 ヨ 6 2 丿 3 2 0 22 ) 22 )

増補改訂版 写楽は歌麿である


歌 麿 、 蔦 屋 「 と び 出 し 」 説 取 材 班 は 、 真 先 に 写 楽 Ⅱ 歌 麿 説 の チ ャ ン ビ オ ン 石 森 章 太 郎 氏 の 門 を 叩 い て い た 。 叙 述 の 都 合 で 、 こ こ に は じ め て 、 歌 麿 、 蔦 屋 と び 出 し 説 を 紹 介 す る 。 川 竹 氏 は 記 す 。 6 「 四 月 下 旬 、 私 た ち は 漫 画 界 の 重 鎮 石 森 章 太 郎 さ ん を 東 京 桜 台 の 工 房 に 訪 ね た 。 静 か な 住 宅 街 の 一 角 、 プ ー ル と 芝 生 の 庭 を 左 右 に 見 な が ら 、 白 壁 に は さ ま れ た 石 段 を の ぼ る と 、 そ こ が 石 森 さ ん の 自 宅 兼 工 房 で あ る 。 玄 関 に は 石 森 さ ん の 代 表 作 の 一 つ 『 仮 面 ラ イ ダ ー 』 の 巨 大 な 人 形 が 立 ち は だ か っ て い た 。 石 森 さ ん は 昨 年 秋 、 大 ヒ ッ ト 作 『 死 や ら く 生 』 ( 中 央 公 論 社 ) の 中 で 、 写 楽 は 歌 麿 で あ る と い う 説 を 発 表 、 漫 画 界 を も 写 楽 プ ー ム に 捲 き 込 ん だ ば か り で あ る 」 石 森 氏 は い う 。 「 私 は 、 写 楽 は 歌 麿 だ と 思 い ま す 。 写 楽 の 指 の 描 き 方 が 歌 麿 に 非 常 に よ く 似 て い る っ て こ と か ら ま ず そ う 思 い ま し た ね 。 第 一 、 写 楽 の よ う な 素 晴 ら し い 絵 は 歌 麿 く ら い に 腕 の い い 大 物 じ ゃ な い と 描 け な い で す よ 。 絵 描 き な ら 誰 で も い い と い う 訳 じ ゃ な い 」 こ れ に 対 し て 、 川 竹 氏 は 次 の よ う な 疑 問 を 抱 く 。 写 楽 の 候 補 者 に 、 歌 麿 だ け が 未 登 場 だ 「 た が 、 そ れ は 「 写 楽 と 歌 麿 の 個 性 、 作 風 が あ ま り に 違 い す ぎ る か ら で あ っ た 」 。 写 楽 は 大 胆 な 誇 張 の 中 に も 、 役 者 一 人 ひ と り の 表 情 や 人 間 的 な 内 面 を 極 め て リ ア ル に 描 い た と こ ろ に あ る 。 一 方 歌 麿 は 類 型 的 で あ る 。 「 歌 麿 は 、 こ れ が 理 想 の 美 人 だ と い う 一 つ の 様 式 、 。 ( タ ー ン を 描 い た だ け で あ り 、 ま し て や 女 た ち の 内 面 を 描 く こ と な ど 、 何 の 興 味 も な か っ た に 違 い な い 。 写 楽 の 人 間 に 対 す る 興 味 の 持 ち 方 と は 一 八 〇 度 違 う 。 例 え 歌 麿 が 写 楽 だ 0 た と し て も 、 一 人 の 人 間 が そ こ ま で 極 端 に 違 う 個 性 を あ わ せ 持 ち 、 し か も 意 識 的 に 描 き わ け る こ と が で き る だ ろ う か 。

増補改訂版 写楽は歌麿である


た ろ う 」 歌 麿 の 死 と 写 楽 絵 の 復 活 こ の 事 件 の あ と 、 歌 麿 は ノ イ ロ ー ゼ と な り 、 頑 健 な 肉 体 も 次 第 に 衰 弱 し て い っ た 。 そ の 二 年 後 の 文 化 三 年 五 月 三 日 、 二 千 余 点 の 錦 絵 を 描 い た 巨 匠 歌 麿 は 五 十 三 歳 で 没 し た 。 そ の 墓 は 愛 妻 お り よ と 同 じ 浅 草 北 松 山 町 の 専 光 寺 で あ っ た 。 大 正 大 震 災 の 直 後 、 同 寺 は 世 田 谷 区 烏 山 町 一 四 四 七 に 移 転 、 歌 麿 の 墓 も そ こ に 移 っ た 。 幕 府 に と っ て は 、 一 介 の 賤 し い 町 絵 師 に す ぎ な か っ た 歌 麿 で あ る が 、 今 や そ の 名 は 超 一 流 画 家 と し て 世 界 中 に 轟 い て い る 。 も う 一 人 の 超 一 流 画 家 写 楽 は ど う か 。 僅 か 十 カ 月 の 活 躍 の み で 姿 を 消 し て か ら 、 す で に 二 百 年 近 い ク ル ト の 発 掘 か ら で も 八 十 年 を 経 て い る 。 写 楽 の 謎 の 解 明 に は 、 い さ さ か 遅 す ぎ る 程 の 年 月 が 空 し く 流 れ て い る 。 も し も 卑 見 の 写 楽 = 歌 麿 説 が 正 し い と わ か れ ば 、 歌 麿 の 業 績 に 写 楽 の 業 績 が 加 わ り 、 歌 麿 は さ ら に 栄 光 を 増 し て 、 日 本 の 、 い な 世 界 の 有 数 の 大 画 家 と し て 讃 え ら れ る で あ ろ う 。 そ の 時 に は 、 不 運 な 星 の 下 に 生 ま れ た 歌 麿 の 、 独 創 的 な 自 助 自 力 の 苦 闘 と 、 蔦 屋 や 通 用 亭 徳 成 等 の 後 援 支 持 、 鼓 舞 激 励 も 正 し く 再 認 識 す べ き で あ る と 考 え る 。 2 ) 2

増補改訂版 写楽は歌麿である


一 、 超 一 流 の 写 楽 と 同 時 代 の 画 家 一 「 蔦 屋 と 極 め て 親 し い 人 物 三 、 歌 舞 伎 の 精 通 、 愛 好 者 四 、 エ ネ ル ギ ッ シ ュ な 画 家 五 、 「 あ ら ぬ さ ま 」 を 描 き 、 豊 国 に 敗 れ た 画 家 一 の 「 超 一 流 の 画 家 」 は 、 春 信 、 清 長 、 歌 麿 、 写 楽 、 北 斎 、 広 重 の 六 人 で あ る 。 こ の う ち 写 楽 の 時 代 に 活 動 し て い た の は 、 ひ と り 歌 麿 の み で あ る 。 二 の 「 蔦 屋 と 極 め て 親 し い 人 物 」 は 、 無 名 の 時 代 か ら 蔦 屋 に 居 候 を し 、 育 成 さ れ 、 独 立 後 は 大 い に 美 人 画 で 儲 け さ せ た 歌 麿 だ け で あ る 。 三 の 「 欧 舞 伎 の 精 通 、 愛 好 者 」 は 、 勝 川 春 章 一 門 に 多 い が 、 歌 麿 も 精 通 し て お り か な り の 役 者 絵 を 描 い た 。 四 の 「 エ ネ ル ギ ッ シ = な 画 家 」 は 、 活 躍 期 十 八 年 間 に 、 肉 筆 画 や 挿 絵 等 を 除 い て 、 版 画 二 千 百 点 、 即 ち 三 日 に 一 点 を 描 い た 歌 麿 が 群 を 抜 く 。 ち な み に 写 楽 は 十 ヶ 月 に 百 四 十 点 余 、 即 ち 、 二 日 に 一 点 を 描 く 。 こ の 点 で も 歌 麿 は 最 有 力 候 補 で あ る 。 五 の 「 あ ま り 真 を 描 か ん と て あ ら ぬ さ ま に 」 描 い た の で 「 長 く 世 に 行 わ れ ず 」 と い う の が 同 時 代 の 最 高 知 識 人 、 蜀 山 人 の 写 楽 評 で 、 通 俗 的 な 豊 国 絵 の た め に 、 写 楽 芸 術 は 敗 れ た と 暗 喩 し て い る 。 写 楽 と 歌 麿 の 三 つ の 画 前 記 五 の 豊 国 に 敗 れ た 写 楽 が 歌 麿 で あ る こ と に は 次 の よ う な 三 つ の 画 の 「 物 証 」 が あ る 。 そ の 一 つ は 、 〈 補 論 一 〉 に 掲 げ た 新 発 見 の 「 老 人 図 」 の 扇 面 画 で あ る 。 サ イ ン が 写 楽 の 直 筆 で あ る こ と は 、 専 門 家 の 誰 も が 認 め て い る 。 悲 し げ な 面 長 の 老 人 が 歌 麿 で あ る こ と は 、 本 文 一 三 九 頁 の 歌 麿 280

増補改訂版 写楽は歌麿である


読 み 』 の 図 に 自 画 自 賛 し て 、 他 の 絵 師 を 木 ッ 葉 絵 師 と ま で 呼 ぶ ほ ど の 傲 岸 さ だ っ た 」 ま た 谷 氏 は 、 『 写 楽 は や つ ば り 京 伝 だ 』 で 、 「 蔦 屋 を 離 れ た 」 後 の 歌 麿 の 心 境 を 次 の よ う に の べ る 。 「 写 楽 の 役 者 絵 を ひ そ か に 驚 嘆 と 畏 敬 で 迎 え た は ず の 歌 麿 も 、 他 の 版 元 た ち が 一 様 に 噂 の 対 象 と し て い る こ と に 同 じ 絵 師 と し て の 競 争 意 識 か ら 、 不 愉 快 さ を 感 じ た で あ ろ う 。 蔦 重 に 見 切 り を つ け ら れ た と い う 敗 北 感 、 そ れ に 写 楽 の 実 像 を 看 破 し た が 、 蔦 重 は そ れ を 認 め よ う と は せ ず 、 し か も 実 像 を 教 え よ う と し な い 不 満 、 そ れ ら の 屈 折 し た 心 理 か ら 、 写 楽 画 の 中 傷 に 奔 っ た 。 世 間 で は 歌 麿 の 中 傷 に 躍 ら さ れ 、 役 者 た ち ま で が 苦 情 を い う 始 末 と な っ た 。 歌 麿 の こ の 作 為 的 な 批 判 に 端 を 発 し た 不 評 は 、 街 に 満 ち た 」 谷 氏 は 、 こ の 見 解 が い か な る 根 拠 資 料 に 基 づ く の か を 明 ら か に し て は い な い 。 だ が 、 「 歌 麿 は 蔦 屋 を 離 れ 」 た こ と 「 蔦 屋 に 見 切 り を つ け ら れ た 」 こ と 、 「 世 間 で は 歌 麿 の 中 傷 に 躍 ら さ れ 、 役 者 ま で が 苦 情 を い い 」 、 「 歌 麿 の こ の 作 為 的 な 批 判 に 端 を 発 し た 不 評 は 街 に 満 ち た 」 と い う こ と は 、 単 な る 谷 氏 の 想 像 で あ っ た ら 大 問 題 で あ る 。 谷 説 は 歌 麿 、 蔦 屋 「 と び 出 し 」 説 の 外 に 、 写 楽 絵 の 不 評 判 が 、 歌 麿 の 「 中 傷 」 「 作 為 的 批 判 」 に よ る と い う 、 歌 麿 の 人 格 に ま で 影 響 す る 新 見 解 が 加 わ っ て い る か ら で あ る 。 梅 原 氏 の 説 梅 原 氏 も 写 楽 Ⅱ 説 の >< に 歌 麿 を 擬 す る こ と に は 、 蔦 屋 と 歌 麿 の 「 不 和 」 説 を 説 い て 反 対 す る 。 そ の 論 拠 は 次 の 通 り で あ る 。 こ の 梅 原 説 も 、 谷 説 と 同 じ く 、 信 憑 性 の あ る 証 拠 資 料 を 欠 い た 独 断 で あ る が 、 そ の こ と の 立 証 は 、 次 節 に ゆ ず る 。 、 秘 戯 画 に よ る 蔦 屋 へ の 「 敵 意 」 の 表 示 「 彼 ( 蔦 屋 ) は 喜 多 川 歌 麿 に 雲 母 摺 の 美 人 の 大 首 絵 を 描 か せ 、 こ れ は 大 当 り を と る が 、 ど う や ら そ の ー 0 イ