検索 - みる会図書館

検索対象: 封建主義者かく語りき

封建主義者かく語りきから 263件ヒットしました。

封建主義者かく語りき


本 書 は 、 「 封 建 主 義 者 か く 語 り き 」 ( 「 封 建 主 義 、 そ の 論 理 と 情 熱 」 改 題 増 補 版 、 史 輝 出 版 、 ) を 文 庫 化 し た も の で あ る 。 文 庫 化 に あ た り 、 誤 記 ・ 誤 植 を 訂 正 す る な ど 最 小 限 の 補 綴 を 行 な っ た 。

封建主義者かく語りき


し ナ オ く い の 認 識 は 、 中 学 か 高 校 の 社 会 科 の 副 読 本 に よ く あ る 『 明 る い 民 主 主 義 』 と 、 つ こ こ 。 し か な い の で あ る 。 一 方 で 、 も う す こ し 知 的 な 場 所 で は 、 ト ッ ク ヴ ィ ル や ( イ エ ク の 再 評 価 が 言 わ れ 、 欧 米 で は 「 ア ナ ル コ ・ キ ャ ビ タ リ ズ ム ( 無 政 府 資 本 主 義 ) 」 と い う 新 概 念 の 提 起 ま で 始 ま っ て い る 。 し か し 、 い か ん せ ん 、 専 門 家 た ち は 自 分 の 見 識 を 広 く 有 効 に 伝 え る こ と を せ ず 、 ま た 、 し ば し ば 発 言 が 慎 重 に す ぎ る 。 こ う し た 状 況 を 考 え れ ば 、 十 年 前 に 世 に 問 う た 本 書 は 、 粗 暴 と も 言 え る 知 的 挑 発 性 に お い て 、 今 な お 十 分 な 有 効 性 を 持 っ て い る と 信 ず る 。 未 熟 さ や 不 備 が 気 に な ら な い で は な い が 、 旧 版 の 原 形 を な る べ く そ の ま ま 生 か し て 改 題 増 補 版 と す る の は 、 そ の よ う な 理 由 か ら で あ る 。 旧 版 と の 異 同 に 関 し て は 次 の 通 り 。 ・ 明 ら か な 誤 記 ・ 誤 植 は 訂 正 し た 。 ・ 文 意 を 通 り や す く す る た め の 修 正 、 ま た 、 旧 版 以 来 の 時 間 的 変 化 に 伴 う 表 現 上 の 修 正 は 、 最 小 限 行 な っ た 。 但 し 、 一 七 九 ペ ー ジ で 触 れ た 野 末 陳 平 は 、 そ の 後 さ ら に 所 属 を 変 え て 今 一 九 九 一 年 で は 自 民 党 に 入 党 し て い る が 、 こ の 種 の 記 述 は 旧 版 の ま ま と し た 。 ・ ・ ・ 改 題 増 補 版 あ と が き 26 い ・

封建主義者かく語りき


そ れ ら を 拒 否 し 、 一 種 の 妥 協 案 と し て 『 封 建 主 義 、 そ の 論 理 と 情 熱 』 を 提 起 し た 。 事 実 上 無 名 の 新 人 で あ っ た 私 と し て は 、 こ れ が 精 一 杯 の 抵 抗 だ っ た 。 出 版 社 側 も 、 こ れ な ら ま あ 当 社 の カ ラ ー に 近 い か 、 と 、 よ う や く 折 り 合 い が つ い た の で あ る 。 装 訂 に つ い て は 、 私 は も う 代 案 を 提 起 す る 気 力 も な く 、 出 版 社 の 言 う が ま ま に 任 せ て し ま っ た 。 こ う し て 旧 版 『 封 建 主 義 、 そ の 論 理 と 情 熱 』 は 、 一 九 八 一 年 秋 に 刊 行 さ れ た 。 売 れ 行 き は 、 初 版 一 万 部 、 二 年 ほ ど 後 に 三 千 部 増 刷 、 そ の 五 年 後 に ま た 五 千 部 増 刷 し て い る 。 こ の 度 、 情 報 セ ン タ ー 出 版 局 と の 十 年 と い う 異 常 な ま で に 長 期 の 出 版 契 約 が 切 れ 、 史 輝 出 版 よ り 増 補 版 を 出 す こ と が で き る よ う に な っ た 。 こ れ に 際 し 、 書 名 を 当 初 の 原 案 に 戻 し 、 ま た 装 訂 も 改 め た わ け で あ る 。 次 に 、 こ の 十 年 間 の 状 況 の 変 化 と 増 補 し た 部 分 に つ い て 記 す こ と に す る 。 あ ま ず 、 誰 も 予 測 で き な か っ た も の と し て 、 一 九 八 九 年 に 始 ま っ た 世 界 史 的 大 変 動 を 挙 げ な け れ ば な ら な い 。 同 年 六 月 の 支 那 天 安 門 事 件 、 夏 か ら 暮 に か け て の ソ 連 ・ 東 欧 の 激 題 動 、 そ し て 今 年 一 九 九 一 年 夏 の ソ 連 瓦 解 に 至 る ″ 社 会 主 義 の 崩 壊 〃 で あ る 。 こ の 大 変 動 に 対 し て 、 不 思 議 な こ と に 右 も 左 も ″ 民 主 化 〃 だ と 評 し 、 ほ め ち ぎ る こ と し き り で あ る 。 事 態 そ の も の を 歓 迎 す る の は か ま う ま い 。 私 も 本 文 で 述 べ て い る よ う に 、 2 9 ・ ・

封建主義者かく語りき


本 書 は 、 一 九 八 一 年 秋 、 情 報 セ ン タ ー 出 版 局 よ り 刊 行 し た 『 封 建 主 義 、 そ の 論 理 と 情 熱 』 の 改 題 増 補 版 で あ る 。 旧 版 よ り ち ょ う ど 十 年 を 経 て 改 題 増 補 版 を 出 す こ と に な っ た 事 情 や こ の 十 年 間 の 状 況 の 変 化 な ど に つ い て 、 こ こ に す こ し 記 し て お き た い 。 ま ず 、 旧 版 を 改 題 増 補 し た 事 情 に つ い て 。 旧 版 す な わ ち 『 封 建 主 義 、 そ の 論 理 と 情 熱 』 は 、 私 の 単 行 本 第 一 作 で あ る 。 そ れ ま で 私 は 、 雑 誌 に 短 い 文 章 を 書 い た り 、 他 の 著 者 と 一 緒 に 本 を 出 し た こ と は あ っ た が 、 単 独 で 一 冊 の 本 を 書 い た こ と は な か っ た 。 文 筆 業 を 名 乗 っ て は い て も 、 そ の よ う な 仕 事 の 注 文 は 来 な か っ た 。 も ち ろ ん 、 一 つ に は 、 私 に 力 が な く 無 名 で も あ っ た こ と が 大 き な 理 由 で あ っ た 。 し か し 、 も う 一 つ に は 、 私 の 思 想 が 現 在 の ″ 良 識 〃 な る 通 念 と 拠 っ て 立 っ 基 盤 を あ ま り に も 大 き く 異 に し て い た か ら で あ る 。 改 題 増 補 版 あ と が き こ と 256

封建主義者かく語りき


文 献 案 内 や や 妄 想 的 な あ と が き 補 論 最 近 の ″ 儒 教 再 評 価 〃 に つ い て ① 儒 教 文 化 圏 経 済 発 展 論 に つ い て ② 人 生 読 本 と し て の 「 論 語 』 プ ー ム に つ い て ③ 最 近 の 儒 教 研 究 の 成 果 に つ い て 改 題 増 補 版 あ と が き 228 239 24 み

封建主義者かく語りき


文 献 案 内 や や 妄 想 的 な あ と が き 補 論 最 近 の ″ 儒 教 再 評 価 〃 に つ い て ① 儒 教 文 化 圏 経 済 発 展 論 に つ い て ② 人 生 読 本 と し て の 「 論 語 』 プ ー ム に つ い て ③ 最 近 の 儒 教 研 究 の 成 果 に つ い て 改 題 増 補 版 あ と が き 228 239 24 み

封建主義者かく語りき


八 代 英 太 の 話 で あ る 。 一 九 八 一 年 四 月 、 参 議 院 の 社 会 労 働 委 員 会 で 、 八 代 英 太 議 員 は 、 憲 法 学 者 宮 沢 俊 義 著 『 全 訂 日 本 国 憲 法 』 に 「 日 本 国 憲 法 が い わ ゆ る び つ こ の 両 院 制 を 採 用 し て い る 結 果 と し て : : : 」 な ど と 八 箇 所 も サ べ ツ 用 語 「 び つ こ 、 が 使 わ れ て い る と 指 摘 し た 。 こ れ に 対 し 、 と 答 え 厚 生 大 臣 は 、 こ う い う 表 現 に は 以 後 注 意 願 い た い 、 出 版 社 に も 善 処 を 求 め た い 、 る ま た 、 こ の 話 を 報 道 し た 「 朝 日 新 聞 」 ( 四 月 十 五 日 ) は 、 「 憲 法 の 神 様 も ″ 失 点 〃 故 で 限 無 宮 沢 俊 義 氏 著 書 に 差 別 語 」 と 見 出 し を つ け て い る 。 そ し て 、 こ の サ べ ッ 図 書 は 、 昭 和 三 性 十 年 初 版 で 、 現 在 ま で 増 刷 を 重 ね て き た の だ と い う 。 能 の 昭 和 三 十 年 は お ろ か 、 現 在 で も 、 社 会 科 学 で 「 跛 行 的 、 と い う 言 葉 を 使 う は ず で あ る 。 義 主 「 び つ こ の よ う な 」 と い う 意 味 の 漢 語 表 現 で 、 同 種 の 二 つ の 制 度 ・ 機 構 の う ち 、 一 つ が 建 優 位 に 立 っ て 先 行 し 、 そ れ に 引 き ず ら れ る か た ち で 、 劣 位 の も の が し た が う こ と を 意 味 章 す る 。 第 典 型 的 な 例 は 、 マ ル ク ス 主 義 な ど で 言 う 「 下 部 構 造 ( 経 済 体 制 ) と 上 部 構 造 ( 文 化 形 態 ) の 跛 行 的 進 行 」 と い う 公 式 で あ る 。 共 産 主 義 で は 、 ほ か に も 「 議 会 主 義 ク レ チ ン 病 」 だ の 「 左 翼 小 児 病 」 だ の 「 キ チ ガ イ

封建主義者かく語りき


十 年 と す こ し 前 、 情 報 セ ン タ ー 出 版 局 か ら 私 の と こ ろ に 依 頼 が 来 た の も 、 最 初 は 、 読 書 に つ い て の エ ッ セ ー を 一 冊 書 い て ほ し い と い う 話 だ っ た 。 私 の 思 想 と は 必 ず し も 関 係 が な く 、 今 ま で 読 ん だ 面 白 い 本 に つ い て 体 験 的 に 書 い た エ ッ セ ー を 求 め て い た の で あ る 。 当 時 同 社 は 、 新 し い 書 き 手 を め ざ と く 見 つ け 、 若 い 読 者 に 訴 求 す る 本 を 書 か せ る 新 興 出 版 社 と し て 注 目 を 集 め て い た 。 私 も そ う い っ た ″ 新 し い 書 き 手 〃 と 見 な さ れ た の で あ る 。 依 頼 を 受 け た 私 は 、 読 書 ェ ッ セ ー の 類 は 将 来 書 く と し て も 、 今 は ち が う も の を 書 ぎ た い 旨 を 告 げ た 。 そ の 頃 読 書 ェ ッ セ ー が か な り 流 行 し 、 私 と 同 世 代 の 書 き 手 た ち が あ ち こ ち の 雑 誌 に 読 書 ェ ッ セ ー を 連 載 し て い た 。 言 う ま で も な く 、 読 書 は 程 度 の 差 こ そ あ っ て も 知 的 行 為 な の だ し 、 他 人 に 対 し て 自 ら の 読 書 体 験 を 発 表 す る こ と は 思 想 的 行 為 で も あ る 。 と す れ ば 、 現 在 の 良 識 や 通 念 と 大 き く ち が う 思 想 的 立 場 に 拠 る 私 と し て は 、 ま ず 自 分 の 思 想 を は っ き り 表 明 し て お き た い 。 そ れ は ま た 同 時 に こ れ か ら の 私 の 評 論 活 動 の 原 あ 版 点 に も な る は ず で あ る 。 私 と し て は 〈 封 建 主 義 〉 を キ ー ワ ー ド に し た 一 冊 を 書 き た い 。 補 増 題 こ の よ う に 告 げ た 。 私 の 提 案 に 対 し 、 出 版 社 側 は 内 部 で 検 討 し た 後 、 了 承 の 旨 を 告 げ て き た 。 そ れ か ら 一 年 ば か り 、 悪 戦 苦 闘 の 連 続 で あ っ た 。 最 も ラ デ ィ カ ル な 現 代 批 判 を 、 極 力 面 白 く 書 き た い と 思 っ た か ら で あ る 。 し か も 、 執 筆 中 に 自 ら の 不 勉 強 を 思 い 知 ら さ れ る

封建主義者かく語りき


か ら の 引 用 を 中 心 に し て 比 較 し て い る 。 の 街 角 に 人 が う じ ゃ う じ や 出 歩 い て い る 写 真 が 二 九 八 四 年 』 ・ オ ー ウ エ ル ( 早 川 書 房 ・ 世 あ る 。 写 真 な ど な く と も 、 「 大 衆 」 ぐ ら い 理 解 界 全 集 川 ) 逆 ュ ー ト ビ ア を 描 い た 傑 作 小 で き る だ ろ う に 、 わ ざ わ ざ 大 衆 の 写 真 を 図 版 と 説 と し て 有 名 。 し て 載 せ た 意 味 が わ か ら な く て 楽 し い 「 罪 と 罰 』 「 悪 霊 」 ・ ド ス ト エ フ ス キ ー ( 各 種 全 集 ・ 文 庫 ) 著 名 な 文 学 作 品 で あ る か ら 解 〇 フ ロ ム に 関 し て は 、 ト ス ト エ フ ス キ ー を こ う し た 思 説 は 要 し な い 。 ・ 「 自 由 か ら の 逃 走 』 ・ フ ロ ム ( 東 京 創 元 社 ) 想 文 脈 上 か ら 読 む の に 、 「 ギ リ シ ャ 正 教 』 高 橋 戦 後 ほ ど な く 翻 訳 さ れ 、 現 在 に ま で 至 る ロ ン グ セ ラ ー 保 行 ( 講 談 社 ・ 学 術 文 庫 ) 、 「 科 学 の 果 て の 宗 フ ロ ム と 同 旨 の 主 張 を 述 べ て い る 学 者 教 』 内 村 剛 介 ( 講 談 社 ・ 学 術 文 庫 ) は 有 用 。 も あ る が 、 一 応 フ ロ ム の 評 価 が 定 ま っ て い る 。 ナ チ ス の 勝 利 は 、 民 衆 に 対 す る 奸 策 と 強 圧 の 結 果 で は な い と い う 見 解 が 随 所 に 述 べ ら れ て い る 。 第 一 章 0 マ ン ハ イ ム と オ ル テ ガ に 関 し て は 、 〇 フ ァ シ ズ ム 論 に 関 し て は 、 も う ら 「 世 界 の 名 著 』 ( 中 央 公 論 社 ) は ・ マ ン ハ 「 フ ァ シ ズ ム 」 山 口 定 ( 有 斐 閣 ) 網 羅 的 で 、 イ ム 「 イ デ オ ロ ギ ー と ユ ト 。 ヒ ア 』 、 ・ オ ル フ ァ シ ズ ム の 全 体 像 を 把 握 す る の に よ い 。 テ ガ 「 大 衆 の 反 逆 』 を 一 冊 に ま と め て い て 、 都 合 が い い 。 余 談 な が ら 、 こ の 「 大 衆 の 反 逆 』 の 〇 大 衆 社 会 論 は 、 ア メ リ カ 系 の 学 者 の 著 作 が 多 三 九 一 ペ ー ジ に は 、 図 版 と し て 、 外 国 の ど こ か か ん さ く ・ ・ ・ 文 献 案 内 229 ・ ・

封建主義者かく語りき


事 態 が 続 出 し 、 に わ か 勉 強 を し た こ と も 再 三 で あ っ た 。 と も か く も 、 そ う こ う し な が ら 、 原 稿 用 紙 た か だ か 三 百 枚 を 一 年 か け て 脱 稿 し た 。 だ が 、 そ の 後 、 出 版 社 側 と 販 売 方 針 を め ぐ っ て 意 見 の 対 立 が 生 じ た 。 す な わ ち 、 書 名 と 装 訂 を ど う す る か で あ る 。 出 版 社 側 は 、 同 社 が そ れ ま で や っ て き た 路 線 で 売 り た が っ た 。 そ れ は 、 旧 来 の 読 書 人 の 意 表 を つ い た ″ 面 白 本 路 線 〃 と で も 言 う べ き も の で あ っ た 。 そ の こ と 自 体 に は 、 私 も 異 論 は な か っ た 。 問 題 な の は 、 そ の 意 表 の つ き 方 と 面 白 さ の 内 容 で あ っ た 。 私 は 、 自 分 の 思 想 そ の も の が 十 分 に 良 識 や 通 念 の 意 表 を つ い た も の で あ り 、 面 白 さ に つ い て も 極 力 配 慮 し た つ も り だ っ た 。 だ か ら こ そ 、 書 名 や 装 訂 は 内 容 を ま っ と う に 前 面 に 押 し 出 し た 正 攻 法 で 行 ぎ た い 、 と 主 張 し た 。 出 版 社 の 提 示 し た 路 線 は 、 譬 喩 的 に 言 え ば 、 お 見 合 い の 成 算 が 十 分 に あ る 娘 に 、 わ ざ わ ざ 髪 を 真 赤 に 染 め さ せ 、 厚 化 粧 を ぬ り た く ら せ 、 ス パ ン コ ー ル の つ い た ラ メ 入 り の ド レ ス を 着 さ せ て 、 相 手 の 男 性 に 引 き 合 わ せ る よ う な も の だ と 、 私 に は 思 え た か ら で あ る 。 私 は 、 書 名 は 次 の 二 つ を 提 案 し 、 こ の う ち の ど ち ら か に し た い と 言 っ た 。 『 封 建 主 義 宣 言 』 「 封 建 主 義 者 か く 語 り き 』 こ れ に 対 し て 、 出 版 社 側 は 、 代 案 と し て 奇 を 衒 っ た 書 名 を 次 々 に 提 起 し て き た 。 私 は 、 2 ラ 8