検索 - みる会図書館

検索対象: 大人のテーブルマナー―和食、洋食、中華、ビジネスのテーブルマナーがわかる (セレクトBOOKS)

大人のテーブルマナー―和食、洋食、中華、ビジネスのテーブルマナーがわかる (セレクトBOOKS)から 128件ヒットしました。

大人のテーブルマナー―和食、洋食、中華、ビジネスのテーブルマナーがわかる (セレクトBOOKS)


テ ラ ル マ ナ ー 和 食 、 洋 食 、 中 華 、 ピ ジ ネ ス の テ ー カ レ マ ナ ー が わ か る パ ー フ ェ ク ト ・ バ イ カ レ 監 修 : 久 保 香 菜 子 主 婦 の 友 社

大人のテーブルマナー―和食、洋食、中華、ビジネスのテーブルマナーがわかる (セレクトBOOKS)


監 修 ・ 久 保 香 菜 子 料 理 研 究 家 。 高 校 生 の 頃 か ら 京 都 の 老 舗 料 亭 「 た ん 熊 北 店 」 に て 懐 石 料 理 を 学 ぶ 。 同 志 社 大 学 英 文 学 科 卒 業 後 、 辻 調 理 師 専 門 学 校 に 入 学 し 、 調 理 師 免 許 、 ふ ぐ 調 理 免 許 を 取 得 。 そ の 後 、 辻 調 理 師 専 門 学 校 出 版 部 を 経 て 、 東 京 の 出 版 社 で 料 理 書 の 編 集 に 携 わ り 、 独 立 。 和 食 に 造 詣 が 深 く 、 テ ー ブ ル マ ナ ー に も 精 通 。 主 な 著 書 に 「 煮 物 大 好 き 」 「 小 鉢 大 好 き 」 「 き ち ん と 和 食 を 作 り た い 」 ( 文 化 出 版 局 ) 、 「 和 の こ は ん 今 ど き ス タ イ ル 」 ( 講 談 社 ) な ど 。 5 管 0 撮 影 ・ 澤 﨑 信 孝 、 柴 田 和 宣 、 松 木 潤 ( 主 婦 の 友 社 ) 古 谷 卓 、 M 旧 0N0 、 は っ た あ い イ ラ ス ト ・ 中 島 慶 子 、 小 沢 陽 子 、 太 田 み ち ょ 、 編 集 協 力 ・ 池 田 久 美 子 、 内 藤 綾 子 本 文 デ ザ イ ン ・ 為 田 洵 装 丁 ・ ス ー バ ー シ ス テ ム セ レ ク ト BOOKS 編 集 担 当 ・ 金 沢 美 由 妃 ( 主 婦 の 友 社 ) メ イ ク ・ 国 府 田 圭 モ デ ル ・ 中 山 真 由 美 、 権 藤 美 有 紀 、 飯 島 里 奈 大 人 の テ ー ブ ル マ ナ ー 監 修 発 行 者 発 行 所 印 刷 所 久 保 香 菜 子 村 松 邦 彦 株 式 会 社 主 婦 の 友 社 図 書 印 刷 株 式 会 社 ( 販 売 ) 03 ー 5280 ー 7551 電 話 ( 編 集 ) 03 ー 5280 ー 7537 〒 1 01 ー 891 1 東 京 都 刊 弋 田 区 神 田 駿 河 台 2-9 も し 、 落 丁 、 乱 丁 、 そ の 他 不 良 の 品 が あ り ま し た ら 、 お と り か え い た し ま す 。 お 買 い 求 め の 書 店 か 、 主 婦 の 友 社 資 材 刊 行 課 ( 03-5280-7590 ) へ お 申 し 出 く だ さ い 。 ◎ SHUFUNOTOMO CO. ,Ltd. 2004 P 「 inted in Japan lSBN4 ー 07 ー 244989 ー X 囘 本 書 の 全 部 ま た は 一 部 を 無 断 で 複 写 ( コ ピ ー ) す る こ と は 、 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。 本 書 か ら の 複 写 を 希 望 さ れ る 場 合 は 、 日 本 複 写 権 セ ン タ ー ( 容 03-3401-2382 ) に こ 連 絡 く だ さ い 。 え ー 1 12001

大人のテーブルマナー―和食、洋食、中華、ビジネスのテーブルマナーがわかる (セレクトBOOKS)


た だ き ま す 。 ス ー プ も テ 1 プ ル に お い た ま ま 、 ち り れ ん げ で す く っ て 飲 む の お い た ま ま 食 べ る が 正 式 で す 。 器 を 直 接 口 に つ け る こ と 中 国 料 理 で は 、 料 理 を と る と き も 食 は 、 タ ブ 1 な の で 気 を つ け ま し よ う 。 べ る と き も 、 お 皿 を 手 に 持 た な い こ と 中 国 料 理 で 手 に 持 っ て い い も の は 、 箸 、 が 、 和 食 と の 大 き な 違 い で す 。 取 り 皿 ち り れ ん げ 、 ) 」 飯 茶 碗 と 飲 み 物 類 だ け は テ ー プ ル に 置 い た ま ま で 、 料 理 を い と 、 い 得 て 。 0 0 洋 食 や 和 食 ほ ど の 決 ま り は あ り ま せ ん が 、 中 国 料 理 な ら で は の 食 べ 方 の ル ー ル が あ り ま す 。 料 理 に よ っ て 食 べ 方 の 基 本 も あ る の で 、 覚 え て お き ま し よ う 。 食 事 中 の マ ナ ー 0 0 中 国 料 理 で は 、 ち り れ ん げ が よ く 使 わ れ ま す 。 と い う の も 、 中 国 料 理 に は ス 1 プ 以 外 に も 、 と ろ み を つ け た 料 理 や デ ザ ー ト の 杏 仁 豆 腐 な ど の よ う に 、 ち り れ ん げ を 使 わ な い と 食 べ に く い 料 理 が た く さ ん あ る か ら で す 。 ち り れ ん げ は 必 須 ア イ テ ム な の で 、 正 し い 使 い 方 を マ ス タ 1 し て く だ さ い 持 ち 方 使 い 方 麺 類 な ど 汁 け の あ る も の を 柄 に 人 さ し 指 を あ て 、 親 指 ス ー プ を 飲 む と き は 、 ま ず 手 食 べ る と き は 、 左 手 に 持 っ と 中 指 で つ ま む よ う に し て 前 か ら す く い 、 ち り れ ん げ を て 受 け 皿 が わ り と し て 使 い 持 つ の が 正 式 で す 。 洋 食 の ロ の 前 に 垂 直 に 運 ん で 静 か に ま す 。 ご 飯 、 汁 類 も ち り れ ス プ ー ン と 同 じ に 持 た な い ん げ を 使 う こ と が 基 本 で す 。 よ う 、 気 を つ け ま し よ う 。 い た だ き ま す 。 9

大人のテーブルマナー―和食、洋食、中華、ビジネスのテーブルマナーがわかる (セレクトBOOKS)


0 器 の 扱 い 方 盛 り つ け 同 様 、 器 も 「 料 理 の う ち 」 と い わ れ る よ う に 、 料 理 を つ く っ て 出 す 人 は 、 器 に た い へ ん 気 を 配 っ て い ま す 。 そ の 心 を く み と っ て 、 器 を 大 事 に 扱 い 、 楽 し み な が ら 料 理 を い た だ く こ と は 、 和 食 の た い せ つ な マ ナ ー 手 に 持 っ て 食 べ て 和 食 で は 、 2 本 の 箸 だ け で 食 べ 物 を 口 に 運 び ま す 。 途 中 で は さ ん だ も の を 落 と し た り 、 料 理 の 汁 を た ら し た り し な い た め に 、 持 っ こ と の で き る 器 は 手 に 持 っ て 食 べ ま す 。 器 を 持 っ て 食 べ る ス タ イ ル は 、 洋 食 や 中 国 料 理 な ど で は 見 ら れ な い 和 食 独 特 の も の で す 。 刺 し 身 や 焼 き 魚 、 天 ぶ ら な ど 、 皿 や 大 鉢 に 盛 ら れ た も の は 、 器 を 置 い た ま ま 箸 を つ け ま す が 、 ) 」 飯 茶 碗 や 椀 、 鉢 、 小 皿 な ど 、 5 寸 ( 約 Ⅷ ) く ら い ま で の 大 き さ の 器 は 手 に 持 つ ほ う か よ い で し よ う 。 刺 し 身 や 天 ぶ ら も 盛 り つ け ら れ た 器 は 持 ち ま せ ん が 、 し よ う ゆ 皿 や 天 っ ゅ の 鉢 は 持 っ た ほ う が 安 心 で す 。 吸 い 物 の 椀 つ け 汁 の 器 刺 し 身 ・ 焼 き 物 の 皿 あ え 物 ・ 酢 の 物 の 小 鉢 天 ぶ ら の 器 し よ う ゆ の 小 皿 1 人 用 の お 重 煮 物 の 大 き め の 鉢 こ 飯 茶 碗 ・ ど ん ぶ り 数 人 盛 り の 大 皿 ・ 大 鉢 : こ ー A P A 2 新 S 器 を ど 上 げ る ど き は 必 ず 両 手 で 吸 い 物 や 小 鉢 な ど を 食 べ る と き は 、 ま す 、 箸 を 置 い て 、 両 手 で 器 を と り 上 げ ま す 。 手 前 に 運 ん だ ら 、 一 度 器 を 置 き 、 あ ら た め て 両 手 で 器 を と っ て か ら 箸 を と り ま す 。 ま た 、 受 け る と き 、 渡 す と き も 両 手 で 。 受 け と っ た ら 、 い っ し よ う ゆ や 天 つ ゆ を た ら す の は 見 苦 し い も の 。 ど ん ぶ り や お 重 は 大 ぶ り の 器 だ が 、 持 っ て よ い 。 置 い た ま ま 食 べ る と 「 犬 食 い 」 に な り や す い 。 必 ず 小 皿 は 手 に 持 っ て 。

大人のテーブルマナー―和食、洋食、中華、ビジネスのテーブルマナーがわかる (セレクトBOOKS)


友 好 を 深 め る 中 国 料 理 。 マ ナ ー は 比 較 的 自 由 中 国 料 理 は 、 ひ と つ の 器 に 盛 ら れ た 料 理 を 同 席 者 で 分 け 合 う こ と に よ り 、 よ り 深 い 人 間 関 係 と 親 し み を 生 み ま す 。 そ れ こ そ が 、 お 客 様 へ の 温 か い お も て な し と さ れ て い る の で す 。 そ の と き に 便 利 な の が 、 こ の タ 1 ン テ 1 プ ル 。 こ れ の 扱 い 方 に 多 少 の ル 1 ル は あ り ま す が 、 そ れ さ え 覚 え て し ま え ば 、 食 事 中 の マ ナ ー は 、 和 食 や 洋 食 に く ら べ て 厳 密 で は な く 、 食 べ 方 や 飲 み 方 は 比 較 的 自 由 で す 。 し か し そ れ だ け に 、 同 席 し て い る 人 の 目 に 美 し く 、 不 快 感 を 与 ラ を グ ど え な い よ 、 つ に 気 を つ け て く だ さ い し ゃ な な 皿 皿 か お お の 置 た た し を つ つ ん 方 残 皿 べ り い し け 扱 食 取 使 残 い な ん い ま ち み グ 勧 カ ま に 能 り ル 加 き 可 取 プ ど と う ゃ 一 な た ま ノ ン バ さ て サ タ サ 回 倒 第 3 章 中 国 料 理 の マ ナ ー ひ と つ の 皿 の 料 理 を 分 け 合 う こ と で 、 お 互 い に よ り 親 し み が わ く 中 国 料 理 。 こ れ は タ ー ン テ ー ブ ル の 扱 い 方 料 理 は 主 賓 か 一 番 目 上 の 人 か ら 料 理 を と り 分 け る の は 、 主 賓 か 一 番 目 上 の 人 か ら に な り ま す 。 料 理 が 主 賓 か ら 遠 い と こ ろ に 置 か れ て い た ら 、 主 賓 が と り や す い 位 置 に タ ー ン テ ー ブ ル を 回 し て あ げ ま し よ う 。 サ ー バ ー や 取 り 箸 は 、 置 い て あ っ た と こ ろ へ き ち ん と 戻 す サ ー バ ー や 取 り 箸 を 使 い 終 わ っ た ら 、 元 に あ っ た 大 皿 へ 戻 し ま す 。 大 皿 の 右 横 へ 置 い て あ げ る と 、 次 の 人 が と り や す く 、 そ そ う が 防 げ ま す 。 0 ほ か の 人 が と り 分 け て い る と き は 、 回 さ な い タ ー ン テ ー ブ ル を 回 す と き は 、 ほ か の 人 が と り 分 け て い な い か を 確 認 し て か ら 、 ゆ っ く り 回 し ま す 。 9

大人のテーブルマナー―和食、洋食、中華、ビジネスのテーブルマナーがわかる (セレクトBOOKS)


飲 ん で い る 途 中 で す す め ら れ た ら 、 残 っ て い る お 酒 を 飲 ん で さ し 出 す の が 本 来 の マ ナ ー 。 し か し 、 無 理 を す る 必 要 は あ り ま せ ん 。 お 酒 の 弱 い 人 や 、 ゆ つ く り 飲 み た い と き な ど は 、 自 分 の 杯 や グ ラ ス の 上 に 手 を か ざ し て こ と わ り ま す 。 笑 顔 で 、 あ く ま で も 軽 く 添 え て 「 せ つ か く で す が 」 と い う 気 持 ち も 伝 え る よ う に し た い も の で す 。 お 酒 を つ ぐ と き 第 1 章 和 食 の マ ナ ー お 酌 を こ と わ る と き は 、 杯 や グ ラ ス に 軽 く 手 を か ざ し て 。 お 、 ー 8 分 目 目 宀 細 く ・ 大 き く ・ 細 く 、 つ ぐ 和 食 の 席 で は 、 お 酒 は 酌 み 交 わ し な が ら 楽 し む も の 。 手 酌 を 避 け る た め に も 、 相 手 の 杯 や グ ラ ス が 3 分 の 1 く ら い に な っ た ら 、 お 酒 を す す め ま し よ う と っ く り を 静 か に 傾 け て 、 相 手 の 杯 に 、 最 し り 分 酸 す に 数 と 味 ふ れ な い よ 、 つ に し な か ら 、 は じ め は 細 え 。 と ま 自 、 お か 度 う く 与 酒 酒 あ 。 か が な ル ま し く ゆ っ く り 注 ぎ ま す 。 し だ い に 大 き く 、 を 証 、 す 酒 ル お 一 し い む む 食 が ま お テ 、 コ て お う 最 後 に ま た 勢 い を ゆ る め て 細 く し て 、 喇 飲 が す り の ク ら ル っ を よ し 8 分 目 を 目 安 に す れ ば 、 そ そ 、 つ を す る 楽 度 訓 り に 辛 な す や 。 料 ま 適 食 果 あ ロ や イ で ル き り し を に こ も が は や テ 前 一 向 な 意 こ と か あ り ま せ ん 。 酒 胃 で と の 、 一 事 ビ 不 く 注 、 た 店 こ も は ル 食 い は 鈍 ま た 、 つ い で い る 途 中 で と っ く り か 月 は す の る い き フ 。 す の が ん 空 に な る の は 相 手 に 失 礼 で す 。 お 酒 の ・ 食 酒 促 食 れ 強 と る す や も 度 せ 前 を 和 さ の ぶ あ で り い 感 ま 食 欲 、 出 み 選 の め ま 強 の え 残 量 に も 気 を 配 り 、 残 り 少 な い も の は 食 近 て 甘 で 味 す た の 舌 わ 0 と , り ・ か 、 ん て , も ら 、 つ よ 、 つ に し 亠 ま し よ 、 つ す す め る 。 乾 杯 の と き に グ ラ ス を 合 わ せ る の は NGO た だ し 、 上 席 の 人 が グ ラ ス を 合 わ せ た 場 合 は 、 こ ち ら も グ ラ ス を 合 わ せ て 。 4

大人のテーブルマナー―和食、洋食、中華、ビジネスのテーブルマナーがわかる (セレクトBOOKS)


0 和 室 の マ ナ ー ① 入 室 す る 日 常 生 活 が す っ か り 洋 式 化 し て 、 和 室 で ど う ふ る ま う の か よ く わ か ら な い 、 と い う 人 は 多 い の で は な い で し よ う か 。 こ こ で は 、 お 座 敷 に 通 さ れ た と き の 基 本 マ ナ ー を お さ え て お き ま し よ う 。 座 グ や す い 服 装 1 ば ぎ 物 を 脱 ぐ と ぎ ば ー ま っ す ぐ 正 面 を 向 く ア ク セ サ リ ー は 控 え め に は き 物 を 脱 ぐ と き 、 最 も て い ね い な 体 を 斜 め に し て ひ ざ を つ き 、 は き 物 の 和 室 で 食 事 を す る と き は 、 正 座 を す 向 き を 直 し ま す が 、 料 亭 な ど 係 の 人 が る こ と を 考 え て 、 座 り や す い 、 足 元 が 上 が り 方 は 、 正 面 を 向 い た ま ま 、 ま っ い る 場 所 で は ま か せ ま す 。 隠 れ る 服 装 を 心 が け ま す 。 長 め の フ レ す ぐ 上 が る 方 法 で す 。 上 が っ た あ と 、 ア な ど 足 元 が 隠 れ る ス カ ー ト が お す す 广 確 認 め で す 。 プ 1 ツ や ひ も 靴 な ど の 、 は い た 座 る べ き 席 へ 座 る っ た り 脱 い だ り す る の に 時 間 が か か る は お 座 敷 へ 案 内 さ れ た ら 、 ま す 上 座 を き 物 も 避 け て 。 華 美 な ア ク セ サ リ ー や い 向 確 認 し ま し よ う 。 上 座 は 目 上 の 人 や 招 強 い 香 水 は 、 デ リ ケ ー ト な 器 や 香 り を 待 客 の た め の 席 。 上 座 に 座 る の を 避 け 楽 し む 和 食 の 席 に は 不 似 合 い な の で 、 き を は ざ な く て は な り ま せ ん 。 す す め ら れ た 席 控 、 ん ま し よ 、 つ 。 に 座 る の か 基 本 で す が 、 と く に 指 定 さ ・ 床 の 間 の 前 れ な い 場 合 は 、 入 り 口 近 く の 下 座 に 座 掛 け 軸 が か け ら れ て い る と こ ろ り ま す ・ 宴 席 の 正 面 上 座 、 下 座 の 関 係 は 、 そ の 部 屋 の つ ・ 入 り 口 か ら 遠 い と こ ろ ・ 壁 側 く り に よ っ て ち が い ま す が 、 複 数 あ る ・ 庭 や 窓 の 見 え る と こ ろ 上 座 の 条 件 を よ り 多 く 満 た す 位 置 が 、 ・ 正 面 に 向 か っ て 右 そ の 部 屋 で の 上 座 と な り ま す ニ ス カ ー ト は タ イ ト ス カ ー ト 、 避 け 、 ひ ざ ま で 隠 れ る ス カ ー ト で 。 」 A P A 2 新 S

大人のテーブルマナー―和食、洋食、中華、ビジネスのテーブルマナーがわかる (セレクトBOOKS)


方 食 】 の " ト ミ 左 切 イ ら に 倒 つ で に バ が 向 に と ク 大 た な 方 横 ひ 一 口 し め 縦 の オ と 刺 ら で は 、 の フ ひ で か フ き ょ も 、 ク を イ と も い ユ え 一 ム ナ い て く 一 さ オ 一 。 く っ に イ 押 フ リ る に 切 べ フ を 、 ク ベ り て 食 ル 端 り に 食 切 し 第 2 章 フ ル ー ツ バ イ や タ ル ト フ ル ー ツ と バ イ 生 地 や タ ル ト は 、 い っ し ょ に 食 べ る の が 原 則 。 フ ル ー ツ だ け を 先 に 食 べ な い よ う に 。 中 央 に ナ イ フ を 入 れ て 2 等 分 に し て か ら 、 ひ と ロ 大 に す る 。 し つ か り し た 生 地 の と き は 、 ナ イ フ を 立 て 気 味 に し て 入 れ る と 切 り や す い 。 洋 食 の マ ナ ー デ ザ ー ト ミ ル フ ィ ー ユ PO ー ー ◆ 飾 り も 食 べ る と よ い ◆ ア イ ス ク リ ー ム 、 シ ャ ー ベ ッ ト は 先 に 食 べ る ル ド な も の か ら 濃 厚 な も の ヘ 食 べ す す め る と お い し く い た だ け ま す 。 店 に よ っ て は 、 ワ ゴ ン に の っ た デ ザ 1 ト の 中 か ら 、 フ ル ー ツ は 好 き な も の を 好 き な だ け 選 い っ し ょ に 食 べ る べ る サ ー ビ ス が あ り ま す ケ 1 キ の 上 の 飾 り は 、 ぜ ひ い っ し ょ し か し 、 頼 み す ぎ て 残 す の に 食 べ ま し よ う 。 飾 り も 、 本 体 と の 味 は 恥 ず か し い こ と 。 十 分 注 0 の バ ラ ン ス を 考 え て つ く ら れ て い ま 意 し ま し よ 、 つ 盛 り 合 わ せ の よ う に し す 。 飾 り か の っ て い て は 切 り に く い 場 て 、 数 種 類 の デ ザ 1 ト を 食 合 は 、 は ず し て 別 々 に 切 り 、 い っ し ょ に 合 わ せ て 口 に 運 ぶ と よ い で し よ う へ る と き は 、 食 べ る 順 番 に も 気 を つ け ま す 。 味 の マ イ フ ォ ー ク で 果 肉 を 押 さ え な が ら 、 右 か ら 3 分 の 2 く ら い ま で 、 皮 に 沿 っ て ナ イ フ を 入 れ る 。 ナ イ フ を 入 れ た 部 分 を 左 側 に し て 、 左 か ら ひ と ロ 大 に 切 っ て ロ へ 運 ぶ 。 た ね の あ る フ ル ー ツ さ く ら ん ぼ や ぶ ど う 、 す い か な ど 、 フ ル ー ツ の 種 を 出 す と き は 、 さ り げ な く 、 目 立 た な い よ う に 。 こ ぶ し を 口 に 近 づ け て そ の 中 に 出 し 、 小 皿 の 端 に ま と め て お く 。

大人のテーブルマナー―和食、洋食、中華、ビジネスのテーブルマナーがわかる (セレクトBOOKS)


日 理 三 三 こ の い ろ い ろ 和 食 の 会 食 や 宴 席 で 出 さ れ る こ と の 多 い 「 会 席 料 理 」 に つ い て は 、 先 に ご 紹 介 し ま し た 。 日 本 料 理 の 大 き な 3 つ の 流 れ 「 本 膳 料 理 」 、 お く と 理 解 が 深 ま り ま す 。 本 膳 料 理 日 本 料 理 の 原 型 と し て 伝 わ る 、 正 式 な 饗 応 料 理 室 町 時 代 の 武 家 社 会 の 成 熟 と と も に 確 立 さ れ た 日 本 の 正 式 な 饗 応 料 理 。 武 家 の 厳 し い 礼 法 に も と づ く も の で 、 お も に 宮 中 や 城 中 で の 儀 式 に 用 い ら れ ま し た 。 日 本 料 理 の 原 型 と も い え る 料 理 で す が 、 独 特 の 礼 法 や 食 事 に 時 間 が か か る こ と か ら 、 し だ い に 衰 退 し 、 今 日 、 目 に す る こ と は ま れ に 。 宮 中 の 儀 式 や 、 よ ほ ど 儀 礼 的 な 宴 会 、 婚 礼 料 理 に 用 い ら れ る ほ か は 利 用 さ れ な く な り ま し た 。 料 理 は 、 本 膳 ( ー の 膳 ) と い わ れ る 一 汁 三 菜 ( 刺 し 身 ・ 煮 物 ・ 焼 き 物 ) が 基 本 で す 。 一 人 分 ず つ 膳 に の せ ら れ て 一 度 に 出 さ れ ま す 。 客 や 場 に 応 じ て 、 膳 の 数 を ふ や し 、 5 つ の 膳 が 並 ぶ 三 汁 七 菜 が 最 も 正 式 で 豪 華 な も の で す 。 ① 本 膳 ( ー の 膳 ) 飯 汁 香 の 物 平 ( 煮 し め な ど ) ② ニ の 膳 汁 坪 ( 魚 の す り 身 の 蒸 し 物 な ど ) 猪 ロ ( ち よ く . あ え も の な ど ) ③ 三 の 膳 焼 き 物 ④ 吸 い 物 膳 吸 い 物 他 に 、 作 り 身 、 鉢 肴 な ど 本 膳 料 理 「 ニ 汁 五 菜 」 の 配 膳 例 吸 い 物 吸 い 物 膳 」 A P A 2 新 5 ニ の 膳 本 膳 三 の 膳 精 進 料 理 懐 石 料 理 禅 宗 で 用 い ら れ て き た 、 魚 や 肉 を 使 わ な い 料 理 茶 席 で お 茶 を 点 て る 前 に 供 さ れ る 料 理 茶 道 と と も に 、 千 利 休 に よ っ て 形 式 が と と の え ら れ 鎌 倉 時 代 に 道 元 禅 師 に よ り 基 礎 が つ く ら れ た 、 生 ぐ た 懐 石 料 理 は 、 茶 席 で お 茶 を お い し く い た だ く た め に さ も の を 使 わ な い 料 理 。 も と も と は 、 僧 侶 が 精 進 の 期 供 さ れ る 料 理 の こ と 。 「 懐 石 」 と い う と 高 級 料 理 の イ 間 の 修 行 で 殺 生 を 行 わ ず 、 植 物 性 の 食 品 だ け で つ く っ た 食 事 が は じ ま り で す 。 そ れ が 、 法 事 一 般 の 料 理 と し メ ー ジ が あ り ま す が 、 主 役 は あ く ま で も お 茶 。 胃 を 温 め る た め の 食 事 で す か ら 、 質 素 で 、 も て な し の 心 が た て 普 及 、 近 年 で は 体 に よ い と 、 寺 院 や 専 門 店 で 広 く 親 し ま れ て い ま す 。 献 立 は 、 本 膳 料 理 の 形 式 で 、 一 般 に い せ つ に さ れ て い ま す 。 ー 汁 三 菜 ( 向 付 、 煮 物 、 焼 き 物 ) を 基 本 に 、 箸 洗 い 本 膳 と ニ の 膳 か ら な り ま す 。 寺 院 に よ っ て は 、 厳 し い ( 小 吸 い 物 ) 、 八 寸 ( 酒 の 肴 ) 、 酒 な ど が 出 さ れ ま す 。 作 法 の 伝 統 を 守 る と こ ろ 、 独 自 の 料 理 を 伝 え る と こ ろ な ど 、 さ ま ざ ま な 特 徴 が あ り ま す が 、 変 わ ら な い の は 、 ま た 、 亭 主 が ぜ ひ に と す す め た い 料 理 が あ る と き は 、 強 肴 と し て 加 え ら れ る こ と も 。 料 理 は 一 品 ず つ 運 ば れ 食 事 に 対 す る 感 謝 の 気 持 ち を 大 事 す る こ と 。 全 員 が 着 ま す 。 現 在 、 正 式 な 懐 石 料 理 を 出 す 料 亭 は 少 な く 、 席 し た ら 、 一 同 で 合 掌 し て か ら い た だ き ま す 。 「 懐 石 」 と 名 づ け て い て も 、 「 懐 石 風 」 の 料 理 で あ る こ と が 多 い よ う で す 。 せ っ し よ う む こ う づ け し い ざ か な 54

大人のテーブルマナー―和食、洋食、中華、ビジネスのテーブルマナーがわかる (セレクトBOOKS)


カ ト ラ リ ー を 美 し く 使 う 和 食 に お い て 箸 づ か い が た い せ つ な よ う に 、 洋 食 で は カ ト ラ リ ー を じ よ う ず に 使 い こ な し た い も の 。 ひ じ を 張 っ て 、 5 本 の 指 で ぎ ゅ っ と 握 っ て は 、 そ れ だ け で 格 闘 し て い る よ う な 印 象 に 。 ま ず 、 肩 と 腕 の 力 を 抜 き ま し よ う 。 切 り た い も の を フ ォ ー ク で し つ か り お さ え 、 ナ イ フ は 軽 く 動 か す と ス ム ー ズ で す 。 洋 食 の マ ナ ー ど ん な 料 理 も ー ロ 分 だ け 切 っ て か ら ロ へ 肉 や バ ン の 大 き な か た ま り を ほ お ば っ て 、 い つ ま で も か ん で い る と 、 見 栄 え も 悪 く 、 ロ の 中 に 常 に も の が 入 っ て い る の で 、 会 話 に 加 わ れ ま せ ん 。 ひ と ロ で は 無 理 、 と 判 断 し た ら 、 必 ず ひ と ロ 大 に 切 っ て 食 べ ま す 。 ー ロ 分 切 っ て は ロ へ 、 と い う 一 連 の 動 作 を 自 然 に 行 い ま し よ う 。 音 に は 十 分 注 意 し て レ ス ト ラ ン の 雰 囲 気 を こ わ す よ う な 音 に は 十 分 注 意 が 必 要 。 カ ト ラ リ ー と 食 器 が 出 す 音 や 、 も の を か む 音 、 ゲ ッ プ 、 響 く 大 き な 声 な ど 。 静 か な し ぐ さ が 好 感 を も た れ 、 テ ー ブ ル の 空 気 を な ご や か に 保 ち ま す 。 美 し い 姿 勢 を 心 が け て 食 事 中 、 美 し い 姿 勢 を 保 つ こ と は 、 つ ね に 心 が け て い た い こ と 。 背 筋 を す っ と の ば し て 脇 を 締 め 、 手 は 軽 く 握 っ て テ ー ブ ル へ 。 ひ じ を つ い た り 、 足 を 組 ん だ り す る こ と は 、 落 ち 着 き が な い よ う に 見 え て し ま う も の 。 非 日 常 的 空 間 で 味 わ う 、 ひ と と き の 緊 張 感 を 楽 し む よ う に し ま し よ う 。 5 /