検索 - みる会図書館

検索対象: 書斎の窓 2012年7・8月号

書斎の窓 2012年7・8月号から 88件ヒットしました。

書斎の窓 2012年7・8月号


Books の 作 成 は 、 私 が 個 別 的 多 文 化 主 な る 。 私 が 困 っ て い る と 、 華 氏 か ら 摂 は 、 ど こ の 国 で も 大 変 ら し い 。 で も 、 氏 へ 、 マ イ ル か ら キ ロ へ 、 ス ク エ ア フ 地 方 の 小 さ な 町 に 住 ん で い る の で 、 大 義 の 時 代 と 呼 ん だ 時 代 の 政 策 の 産 物 の 一 つ で あ る 。 そ れ ぞ れ の 民 族 集 団 に そ ィ ー ト か ら 平 米 へ と 、 瞬 時 に 暗 算 で 換 き な 都 市 で は と て も 代 表 に な れ な い よ う な 会 議 ( 算 し て く れ る 。 計 算 が と て も 早 い 。 こ 、 代 表 と し て 出 席 さ せ て も の 文 化 を 保 持 す る よ う に ふ ん だ ん に 予 窓 ら え る と 、 全 国 を 飛 行 機 で 飛 び 回 っ て 算 を 配 分 さ れ た 。 今 残 る 民 族 集 団 ご と 斎 「 自 分 た ち は 、 フ ァ ー ム で 育 っ た 。 の 博 物 館 等 も 、 こ の 時 代 に 建 設 さ れ フ ァ ー ム で は 、 ト 麦 は も ち ろ ん の こ と 、 ハ タ ー も チ ー ズ も 自 分 た ち で 作 っ 工 istory B00k の 存 在 妻 は 、 自 分 で 。 ハ ン を 焼 き 、 餃 子 を 作 何 も 買 う も の は な か っ た 」 。 二 人 の 生 活 能 力 の 高 さ は 、 そ う し た 子 ど も History Book で あ る が 、 妻 の 集 落 る 。 た だ し 、 餃 子 の 中 味 は チ ー ズ と ジ ャ ガ イ モ で あ る 。 彼 ら は 、 そ れ は カ ナ で は 、 校 長 が 熱 心 に と り ま と め を し 、 や 若 い 時 代 の 生 活 経 験 か ら き て い る の だ ろ う 。 一 〇 〇 〇 ペ ー ジ 以 上 に も な る ず い 分 立 ダ の 料 理 で あ る と 信 じ て い る 。 夫 は そ の 間 、 庭 の 草 刈 り を し た り 、 カ ナ ダ で は フ ー ド バ ン ク 等 の 慈 善 活 派 な 書 物 に な っ て い た 。 夫 の 集 落 の も の は 薄 い も の で あ っ た 。 そ の 頃 、 ど こ 落 ち 葉 を 集 め て 袋 に 詰 め た り 、 こ ま ご 動 が 盛 ん で あ る 。 し か し 夫 は 、 「 若 い 人 達 は 働 こ う と し な い で 、 自 分 達 老 人 の 集 落 で も 自 分 た ち の 歴 史 を 残 す 機 運 ま し た 家 の 仕 事 を し て い る 。 リ サ イ ク ル の 仕 分 け を し た り 、 生 ご み の 袋 を 容 に 駆 ら れ て 作 成 さ れ た 。 こ れ ら の H に ほ ど こ し を 求 め る 」 。 夫 妻 の 一 人 娘 は 、 大 学 を 出 て 、 法 律 tory Books は 、 学 校 史 や 地 方 史 、 経 器 に 移 し た り し て い る 。 夕 食 が 終 わ る や 否 や 、 夫 が テ ー プ ル 家 で あ る 。 ア ジ ア の 国 々 を 回 っ た 後 、 済 史 な ど の 貴 重 な 資 料 で あ る 。 私 の 教 卒 業 し た 。 大 学 時 代 に 知 り 合 っ た 人 と 育 研 究 の 軸 の 一 つ は 多 文 化 主 義 ・ 異 文 を 片 付 け に か か る 。 使 っ て い る テ ー プ ル は 、 夫 が 親 か ら 独 立 し た と き 、 最 初 化 接 触 に よ る 人 間 形 成 で あ る が 、 最 結 婚 し て 、 子 ど も が ま も な く 生 ま れ 近 、 多 文 化 関 係 学 会 か ら 、 カ ナ ダ の 話 に 買 っ た 家 具 だ そ う で あ る 。 私 が 食 事 る 。 夫 妻 と は 別 の 北 の 町 に 住 ん で い る 。 若 い 人 が 都 市 部 に 就 職 を す る の を す る よ う に と 招 か れ た 。 History 時 、 最 後 の 一 口 の フ ォ ー ク を 置 く や 否 」 0

書斎の窓 2012年7・8月号


や 、 夫 は 立 ち あ が っ て 、 皿 や ら 、 ナ イ で 、 そ ん な に 変 わ り が な い は ず で 薄 切 り 、 レ タ ス の 葉 、 薄 切 り の ハ ム 、 あ る 。 た だ 、 調 理 の 仕 方 と テ ー プ ル フ や ら 、 コ ッ プ や ら 、 全 部 持 っ て 行 っ そ れ に 付 け る ビ ー ト と 西 洋 わ さ び の ソ て し ま う 。 流 し で さ っ と 洗 い 、 食 洗 機 に 出 す 方 法 が 異 な っ て い る ら し い 。 ー ス を 少 し ず つ 皿 に 乗 せ て 、 「 今 日 は 、 の 中 に 並 べ る 。 食 洗 機 が 一 杯 に な る Different と 夫 は 何 度 も 言 っ て い た 。 礼 子 式 に し よ う 」 。 と 、 洗 剤 を 入 れ て 、 ス イ ッ チ を 人 れ 彼 ら の 食 べ 方 は 実 際 、 異 な っ て い た 。 彼 ら は 、 代 わ る 代 わ る い ろ い ろ な も 白 い ご 飯 と み そ 汁 を わ ざ わ ざ 別 に 盛 の を 順 次 に 食 べ る と い う こ と を し な い り つ け て あ る の に 、 味 噌 汁 を ご 飯 に か よ う だ 。 調 味 は 、 台 所 か 、 せ い ぜ い テ 母 を 先 に 亡 く し た 私 が 、 「 私 の 父 も け て し ま っ た り す る 。 あ な た く ら い 家 の 仕 事 を し て く れ た ー プ ル の 上 で 終 わ り 、 で あ る 。 ら 、 子 ど も た ち も 疲 れ き ら ず 、 父 も 晩 皿 の 上 に 、 ヤ ム と い う サ ツ マ イ モ に 「 和 食 」 を 世 界 遺 産 に 登 録 し よ う と 年 も っ と 幸 せ だ っ た で あ ろ う に 」 と 言 似 て い る が そ れ ほ ど 甘 味 が 強 く な い イ す る 動 き も あ る よ う だ が 、 食 材 、 調 理 モ の 煮 も の 、 っ た ら 、 こ こ で は 「 作 ら な か っ た 方 が ー グ 、 ア サ リ と し 法 の み な ら ず 、 彼 ら の 食 べ 方 と 比 較 す 片 づ け を す る こ と に な っ て い る 」 と の よ う ゆ と し よ う が で 味 付 け を し た 青 梗 る と 、 日 本 式 は 確 か に 独 特 の も の が あ こ と 。 遅 く 帰 っ て 来 て 「 作 ら な か っ 菜 と 玉 ね ぎ の 炒 め も の を い っ し ょ に 載 る 。 味 の な い ご は ん を 口 の 中 で 、 お か た 」 私 が 片 づ け を し よ う と す る と 、 せ て 出 す と 、 礼 子 式 だ と 言 わ れ た 。 日 ず の 味 で 自 分 の 好 き な よ う に 味 付 け し 「 そ れ じ や 自 分 が 失 業 し て し ま う 」 。 本 な ら 、 一 皿 で な く 、 そ れ ぞ れ 別 の 小 な が ら 食 べ て い く と い う 食 べ 方 で あ 鉢 等 に 盛 る の だ け れ ど 。 と も か く 、 食 る 。 ご は ん と お か ず を 一 口 食 べ た あ 器 の 中 に 小 鉢 や 深 皿 が な い の で 苦 労 し と 、 ご は ん と 野 菜 の 煮 物 の 一 口 に 切 り な た 。 冷 や や っ こ に し ろ 、 煮 魚 に し ろ 、 か え 、 そ の 次 に ご は ん と 漬 物 を 合 わ せ 酢 の も の に し ろ 、 少 し 深 い 器 が ほ し て 味 わ い 、 さ ら に 味 噌 汁 を 飲 む 。 こ の 窓 、 0 よ う な 食 べ 方 は 、 味 付 け し て い な い ご 斎 書 彼 ら は 、 。 ハ ン と 、 チ ー ズ 、 ト マ ト の は ん の 食 べ 方 と し て は 我 々 に は し ご く ロ 中 調 味 が で き な い 私 が 調 理 す る 時 、 で き る 限 り 日 本 食 に し よ う と し て い た と は い え 、 ふ ん だ ん に 日 本 食 の 材 料 が あ る わ け で は な い 。 食 材 は カ ナ ダ の 物 を 使 っ て い る の

書斎の窓 2012年7・8月号


っ て 、 居 間 の テ レ ビ を 見 る 。 妻 が 選 ぶ と を 要 求 す る の か も し れ な い 。 当 た り 前 で あ る 。 番 組 は 、 ク イ ズ 番 組 、 オ ー ク シ ョ ン 番 帰 国 し て か ら 、 「 ロ 中 調 味 」 と い う 夕 食 後 の く つ ろ ぎ 組 、 か わ い い 動 物 も の な ど で あ っ た 。 言 葉 が 、 日 本 独 自 の 食 べ 方 と し て あ る ま だ テ ー プ ル で し ゃ べ っ て い る 私 と の を 知 っ た 。 う ま く ア レ ン ジ さ れ て い る ロ 中 調 味 し な い 西 洋 人 は 、 白 い ご 飯 妻 を 残 し て 、 夫 は 、 居 間 の テ レ ビ や 書 教 会 の ミ サ が 苦 手 な 人 が 多 い 。 豆 腐 も 苦 手 で あ 斎 の コ ン ピ ュ ー タ の 前 に 移 動 す る 。 テ る 。 彼 ら 夫 妻 に と っ て 、 教 会 は ひ じ よ う レ ビ は 、 ニ ュ ー ス や ス ポ ー ツ 番 組 が 主 に 重 要 な 位 置 を 占 め て い る よ う に 思 わ 私 が 調 理 す る と 、 デ ザ ー ト を 用 意 す ら し い 。 試 合 の 戦 況 を 中 継 的 に 知 ら せ れ た 。 ミ サ は 、 朝 の 暗 い う ち か ら と 、 て く る 。 そ れ か ら 、 気 象 状 況 で あ る 。 る の を 忘 れ て し ま う 。 彼 ら は 、 デ ザ ー 日 本 か ら 北 極 を 越 え て 、 冷 た い 空 気 が 遅 い 午 前 、 そ し て 、 夕 方 と 、 一 日 に 三 ト が な い と 、 落 ち 着 か な い ら し い 。 テ カ ナ ダ ま で 伸 び て い る 天 気 図 な ど を 示 回 行 わ れ 、 私 も 色 々 な 時 間 帯 に 出 席 さ ー プ ル の 上 に 並 ん だ の は 、 み な メ イ ン せ て も ら っ た が 、 ど の 時 間 帯 も 、 結 構 し て く れ る 。 デ ィ ッ シ ュ と い う 感 覚 な の だ ろ う 。 そ 夫 妻 は 熱 心 な カ ト リ ッ ク 教 徒 で あ 大 勢 の 出 席 者 が い た 。 日 に よ っ て 、 あ れ ら が 終 わ る と 、 彼 ら は 、 デ ザ ー ト を る い は 他 の 用 事 で 、 出 席 者 の 都 合 の 悪 出 し て く る 。 シ ナ モ ン バ ン で あ っ た る 。 毎 日 曜 日 、 欠 か さ ず 教 会 に 行 く 。 い 時 間 帯 が あ る 。 夫 妻 は 、 そ の 日 の 予 り 、 ケ ー キ で あ っ た り で あ る 。 あ る い 妻 が 質 問 を し て き た の は 、 カ ト リ ッ ク と 比 較 し た 仏 教 や 神 道 に つ い て で あ っ 定 に 合 わ せ て 、 都 合 の よ い 時 間 帯 に 出 は 、 夫 が 、 板 チ ョ コ を 出 し て き て 割 っ た 。 神 話 の 中 の 天 地 開 闢 の 話 な ど を し 席 し て い る よ う だ 。 し か し 、 い ず れ に て 、 話 し こ ん で い る 私 た ち に 配 っ た り す る 。 「 買 い 物 に 行 っ た 時 、 レ ジ 係 が て い る と 、 夫 は 妻 に 、 大 学 に 聴 講 に 出 せ よ 、 皆 勤 で あ る 。 毎 回 、 寄 付 の 袋 を 持 っ て 出 か け る 。 か け た ら 、 な ど と 助 言 を し て い る 。 自 分 の か ご に 板 チ ョ コ を 滑 り 入 れ た 。 い つ も キ リ ス ト 教 の 教 会 の ミ サ に 出 だ か ら 買 わ ざ る を 得 な か っ た 」 と 冗 談 食 洗 機 が 乾 燥 に 入 る と 止 め て 、 洗 っ た 皿 を 棚 に 収 納 す る 。 夫 妻 は 、 寄 り 添 席 し て 思 う の は 、 儀 式 は 、 実 に う ま く を 言 っ た 。 体 が 甘 い も の を 摂 取 す る こ 書 斎 の 窓 2 硼 2 7 ・ 8

書斎の窓 2012年7・8月号


【 表 】 。 し か も そ れ 「 銀 河 鉄 道 の 夜 」 と の 肌 合 い の 違 い も 一 篇 に も 匹 敵 す る 堂 々 た る 一 宇 建 立 の 徒 高 雅 な 精 神 に は 脱 帽 せ ざ る を 得 ま せ ん 信 は た だ 単 に 童 話 の ま た 無 視 で き な い で し よ う 。 教 行 の 異 一 教 中 だ け の 約 東 事 に 「 ビ ヂ テ リ ア ン 大 祭 」 と い う 作 品 に ね 。 た の 宗 と ど ま る も の で は お い て 、 賢 治 は 、 輪 廻 思 想 に 基 づ く 菜 ( な か む ら ・ け い し 日 編 集 、 翻 訳 、 著 述 業 ) 窓 の 斎 食 主 義 の 赫 々 た る 勝 利 に み な が 浮 か れ 民 ス 徒 な く 、 作 者 自 身 、 書 級 ク の そ し て 読 者 自 身 の る シ ー ン に 続 い て 主 人 公 Ⅱ 語 り 手 が こ タ 信 仰 的 立 場 に つ な れ を 「 幻 想 」 と 語 っ て 退 い て し ま う と が っ て い る も の で い う 奇 妙 な オ チ を つ け て い ま す 。 賢 治 す 。 そ こ か ら ま た に は そ う し た 「 退 き 」 の 癖 が あ り ま す 。 ス ド グ マ 的 対 立 が 生 人 生 全 体 に 未 完 成 や 修 正 、 留 保 が っ き 廻 じ る か も し れ ま せ ま と っ て い る 賢 治 と 違 っ て 、 決 し て 思 ン ん 。 い 直 し て 退 い て し ま う よ う な と こ ろ の ス と は い え 、 宣 教 な い ル イ ス 文 学 の 堂 々 た る 完 成 性 の ほ ア 的 な 態 度 を 貫 い て う に こ そ 、 先 ほ ど の 鎌 田 氏 の 辛 口 批 評 い る キ リ ス ト 教 文 は 当 て は ま る よ う な 気 も し ま す 。 学 「 ナ ル ニ ア 国 も し か し 、 そ う は 言 っ て も 、 「 ナ ル ニ た の が た り 」 と 、 法 ア 」 の フ ァ ン タ ジ ー と し て の 面 白 さ 、 の 。 ( の 道 ~ も そ し て 天 地 創 造 の 心 的 イ メ ー ジ と も 言 鉄 国 華 文 学 で あ る と も 河 。 ア な い と も 言 え る よ う べ き 自 然 描 写 の 美 し さ は 格 別 で す 。 う な 曖 昧 な は ざ ま ル イ ス は 作 中 に プ ラ ト ン の 名 を 持 ち 込 を た ゆ と う て い る ん だ り し て い ま す が 、 ま さ し く 「 国 家 倫 理 の 基 盤 窈 例 0 ル

書斎の窓 2012年7・8月号


使 用 者 責 任 と そ の 周 辺 問 題 に 関 す 〈 研 究 〉 ホ ッ ブ ズ と プ ー フ ェ ン ド ル フ に お け る 再 検 討 中 原 太 郎 岡 田 拓 也 市 場 秩 序 と 消 費 者 保 護 ー ー ー 断 定 的 判 る 政 治 社 会 の 構 造 断 の 提 供 法 理 を め ぐ る 思 想 の ね じ れ ワ 0 〈 学 界 展 望 〉 東 洋 法 制 史 ( 発 売 元 有 斐 閣 ) 張 丹 ・ 西 田 真 之 ・ 李 英 美 ・ 松 原 健 太 郎 牧 佐 智 代 窓 の 三 角 関 係 型 不 当 利 得 に お け る 事 実 上 ( 国 家 学 会 発 行 、 定 価 三 〇 〇 〇 円 ) 斎 ( * 定 価 に は 消 費 税 額 が 含 ま れ て い ま す ) 瀧 久 範 書 の 受 領 者 の 保 護 法 律 上 の 親 子 関 係 の 構 成 原 理 ー ー 私 法 第 号 法 学 協 会 雑 誌 第 巻 第 4 号 ィ ッ に お け る 親 子 関 係 法 の 展 開 を 手 が 〈 シ ン ポ ジ ウ ム 〉 〈 論 説 〉 か り と し て 木 村 敦 子 消 費 者 契 約 法 の 一 〇 年 松 本 恒 雄 ほ か 友 好 的 買 収 の 場 面 に お け る 取 締 役 に 不 当 利 得 法 の 現 状 と 展 望 松 岡 久 和 ほ か 可 分 債 権 の 相 続 と 遺 産 管 理 宮 本 誠 子 対 す る 規 律 ( 8 ・ 完 ) 白 井 正 和 詐 害 行 為 取 消 権 に 関 す る 試 論 ー ー 外 会 社 法 改 正 の 理 論 と 展 望 株 式 買 取 請 求 権 の 構 造 と 買 取 価 格 算 国 法 に よ る 債 権 法 改 正 案 の 検 証 江 頭 憲 治 郎 ほ か 定 の 考 慮 要 素 図 飯 田 秀 総 中 西 俊 二 〈 ワ ー ク シ ョ ッ プ 〉 業 務 上 の ス ト レ ス 性 疾 患 と 労 災 補 ラ ダ イ ム と そ の 教 売 買 に お け る 買 主 の 追 完 請 求 権 の 基 担 保 法 の 新 し い 。 ハ 償 ・ 損 害 賠 償 ー ー 日 米 台 の 比 較 法 礎 づ け と 内 容 確 定 ー ー ド イ ツ に お け 的 考 察 ー ー 育 加 賀 山 茂 徐 婉 寧 る 売 買 法 の 現 代 化 を 手 が か り と し て 非 営 利 法 人 に 関 す る 法 の 現 状 と 課 題 〈 判 例 研 究 〉 田 中 洋 佐 久 間 毅 最 高 裁 判 所 民 事 判 例 研 究 ( 民 集 六 四 米 国 契 約 法 理 論 に お け る フ ォ ー マ リ 東 京 大 学 判 例 研 究 会 商 法 ・ 会 社 法 の 立 法 過 程 に 見 ら れ る 巻 二 号 ) ズ ム の 展 開 と 日 本 の 企 業 間 取 引 契 基 本 的 な 考 え 方 の 変 化 に つ い て ( 法 学 協 会 発 行 、 定 価 四 三 〇 〇 円 ) 小 林 一 郎 約 松 井 秀 征 わ が 国 に お け る 敵 対 的 買 収 と 防 衛 策 〈 研 究 報 告 〉 國 家 學 會 雜 誌 第 巻 第 3 ・ 4 号 に 関 す る 法 ル ー ル の 形 成 に つ い て 慰 謝 料 の 現 代 的 課 題 齋 藤 修 〈 論 説 〉 グ ロ 松 中 学 損 害 賠 償 調 整 の 法 的 構 造 ー ー 過 失 相 ー バ ル な 平 等 主 義 と 移 民 ・ 外 国 殺 に お け る 「 損 害 軽 減 義 務 」 概 念 の 導 企 業 買 収 と 対 象 会 社 従 業 員 と の 関 係 人 の 受 け 入 れ ( 五 ・ 完 ) 浦 山 聖 子 原 弘 明 入 に 関 す る 一 考 察 長 谷 川 義 仁 国 家 責 任 法 の 経 済 学 的 分 析 ( 一 ) グ ル ー プ 再 編 に 関 わ る 取 締 役 の 経 営 森 大 輔 事 業 遂 行 者 の 責 任 規 範 と 責 任 原 理

書斎の窓 2012年7・8月号


キ 第 を こ う し た 流 れ か ら す る と 、 ど う や ら あ り 、 中 国 の 八 つ の 銀 行 に 対 し て 四 億 さ れ た 。 た だ 、 今 回 の 商 標 問 題 と は 別 に 、 ア 7 ド ル も の 借 金 を 負 っ て い る こ と で あ ア ッ プ ル は 唯 冠 科 技 が 中 国 で は ″ ッ プ ル の ・ 10.* 0 (.) や ・ 12-« cd が ・ 山 ・ る 。 多 額 の 金 を 貸 し て い る 債 権 者 と し ″ の 商 標 権 を 持 っ て い る こ と を 認 め 、 商 標 権 侵 害 に 対 す る 賠 償 金 を 支 払 て は ア ッ プ ル か ら 少 し で も 多 く の 賠 償 国 お よ び 世 界 で 盛 ん に コ ピ ー 生 産 さ れ 窓 っ た 上 で 、 商 標 権 の 譲 渡 を 受 け る こ と 金 を 獲 得 す る よ う 唯 冠 科 技 を け し か け て い る こ と は 事 実 で あ る 。 中 国 の 深 蜩 斎 書 に な り そ う で あ る 。 目 下 賠 償 額 を め ぐ て い る こ と だ ろ う 。 他 方 、 ア ッ プ ル が 、 市 に は 華 強 北 と 呼 ば れ る 巨 大 な 電 気 街 る 和 解 交 渉 が 進 ん で い る と 伝 え ら れ て 二 〇 〇 四 年 に 固 定 電 話 の 商 標 と し て が あ る 。 こ の 華 強 北 の 一 角 で は 、 深 蜩 い る が 、 事 態 を や や 複 雑 に し て い る の ″ 。 を 登 録 し て い た 漢 に 集 う 一 〇 〇 〇 社 以 上 も の 中 小 携 帯 電 が 、 唯 冠 科 技 が 経 営 的 に は 破 綻 状 態 に 王 科 技 と い う 機 器 メ ー カ ー か ら 一 一 一 話 メ ー カ ー や 関 連 機 器 メ ー カ ー の 製 品 が 販 売 さ れ て お り 、 そ れ ら の 製 品 の 多 六 五 万 ド ル で 買 い 取 っ た 事 例 が あ る こ く は 多 か れ 少 な か れ 他 社 の 知 的 財 産 権 と は 、 今 回 の 賠 償 額 を 決 め る に 当 た っ を 侵 害 し て い る 疑 い が あ る 。 こ れ ら 中 て も 参 考 に さ れ る だ ろ う 。 小 企 業 が 近 頃 熱 心 に 取 り 組 ん で い る の 一 般 に は 、 先 進 国 の 大 企 業 が オ リ ジ ナ ル の 技 術 と 商 標 を 持 っ て お り 、 途 上 が に 類 似 し た タ ブ レ ッ ト O 国 、 と り わ け 中 国 の 企 業 は そ れ を 模 倣 の 生 産 で あ る 。 写 真 1 に 示 し た も の は 、 私 が 見 か け た な か で は 最 も 精 巧 に で き 写 し よ う と す る も の だ と 理 解 さ れ て い る 。 た も ど き で 、 の 特 徴 今 回 の 商 標 問 題 に 際 し て も 日 本 の マ ス メ デ ィ ア が そ う し た 先 入 観 を で あ る ア ル ミ 削 り だ し の ケ ー ス 、 ス イ ッ チ な ど を 思 わ ず 感 心 し て し ま う ほ ど 持 っ て い た た め 、 ど う せ 中 国 企 業 が 商 よ く 似 せ て い る 。 ソ ケ ッ ト が っ 標 を 「 抜 け 駆 け 登 録 ー し た の だ ろ う と い て い る な ど 本 物 よ り サ ー ビ ス 精 神 が 思 い こ み 、 誤 解 を 広 め る 報 道 が 繰 り 返 み ・ 鬣 ト ! 第 第 よ 姦 を

書斎の窓 2012年7・8月号


扇 片 手 に ご 一 読 い た だ け れ ば 幸 い で す 。 編 集 後 記 福 岡 県 の 保 健 医 療 経 営 大 学 か ら 、 こ の 経 済 ・ 人 文 書 編 集 室 か ら ・ : 春 の 入 試 問 題 に 小 誌 を 使 用 し た 旨 の お 知 ら せ を 頂 き ま し た 。 使 用 さ れ た エ ッ セ ー 春 か ら 夏 に か け て い く つ か の 学 会 を 聴 講 さ は 、 六 〇 一 号 掲 載 の 島 井 哲 志 先 生 の 「 幸 せ て い た だ く 機 会 が 編 集 部 に も 訪 れ ま し た 。 福 の 構 造 を 考 え る ー の 一 部 で し た 。 直 接 ・ 間 接 と 震 災 ・ 復 興 関 係 の テ ー マ に 接 す 雑 誌 編 集 室 か ら : ・ そ の エ ッ セ ー の 中 で 、 島 井 先 生 は 、 幸 る こ と が 多 く 、 新 し い 問 題 が 浮 き 彫 り に な っ 福 の 前 提 と し て 、 「 健 康 的 な 食 欲 や 食 行 「 節 電 の 夏 ー を 迎 え ま し た 。 皆 様 ど の よ う た り 、 こ れ ま で 隠 れ て い た 問 題 が 顕 在 化 し た 動 は 、 幸 福 の た め に 必 須 の 条 件 ー で あ る り 、 と 昨 年 と は 違 っ た 局 面 か ら 取 り 組 ま れ 、 な 節 電 対 策 を 講 じ ら れ て い る の で し よ う か 。 と さ れ て い ま す 。 雑 誌 編 集 部 で は 就 業 中 は 冷 房 を 高 め に 設 定 期 待 も 新 た に 、 学 問 と 現 実 の 問 題 は 双 方 向 の 試 験 問 題 の 第 二 問 は そ れ を う け て 、 し 、 黙 々 と 仕 事 に 励 み 、 就 業 後 は 冷 房 を 素 早 関 係 に あ る こ と を 改 め て 実 感 し ま す 。 「 そ し て 、 も し も 、 家 族 も い る よ う な 、 く 切 っ て 、 仲 良 く 街 に 繰 り 出 す と い う 、 し ご そ こ で も 取 り 上 げ ら れ る キ ー ワ ー ド 「 地 き わ め て 人 間 的 な ロ ポ ッ ト ( 鉄 腕 ア ト ム く 健 康 的 な 対 策 を も っ て 夏 を 乗 り 切 ろ う と し 域 」 と 「 リ ス ク 」 か ら 新 刊 を ご 紹 介 し て 参 り の よ う な ) が い た と し て も 、 そ の 最 も 大 て い ま す 。 こ れ で も 、 節 電 効 果 は 抜 群 で す 。 ま す 。 き な 弱 点 は 、 お そ ら く 、 一 緒 に 食 事 を す 効 果 と い え ば 、 ジ ュ リ ス ト の リ ニ ュ ー ア ル 「 地 域 」 か ら は 、 ま ず 中 国 、 朝 鮮 半 島 、 極 東 る 友 人 と し て は ふ さ わ し く な い 点 だ ろ う 」 ロ シ ア 、 そ し て 日 本 に か け て の 歴 史 を 繙 く 効 果 が 気 に な り ま す 。 月 刊 ジ ュ リ ス ト も リ ニ と い う 部 分 に つ き 、 二 〇 〇 字 以 内 で 説 明 ュ ー ア ル か ら 半 年 を 過 ぎ 、 実 務 ニ ー ズ を 意 識 『 北 ・ 東 北 ア ジ ア 地 域 交 流 史 』 の ご 紹 介 で す 。 し な さ い 、 と い う も の で し た 。 し た 紙 面 構 成 が 市 場 に 浸 透 し て き た よ う で 海 は 、 国 を 隔 て る も の で な く 繋 ぐ も の で あ る さ て そ の 昔 、 王 子 製 紙 会 長 の 河 毛 一 一 郎 す 。 八 月 号 の 特 集 は 「 金 融 商 品 取 引 法 ー ー 施 こ と が 伝 わ っ て き ま す 。 テ キ ス ト の 『 地 域 福 祉 氏 の ご 葬 儀 に 参 列 し た 際 、 喪 主 の ご 長 男 か ら 、 「 父 は 酒 が 飲 め ま せ ん で し た 。 で 行 五 年 の 軌 跡 と 展 望 」 で す 。 実 務 と は 切 っ て 援 助 を つ か む 』 で は 、 少 子 高 齢 社 会 や 生 活 ス も 切 れ な い 金 融 商 品 取 引 法 の 全 体 像 を 振 り 返 タ イ ル に 伴 い 変 化 す る ニ ー ズ に 応 え る た め す か ら 生 前 、 何 度 も 酒 が 飮 め た ら 人 生 は り ま す 。 創 刊 一 一 号 と な る 論 究 ジ ュ リ ス ト 夏 号 に 、 地 域 づ く り と ソ ー シ ャ ル ワ ー ク を 車 の 両 も っ と 楽 し か っ た ろ う な 、 と 言 っ て お り ま し た 」 と い う お 話 を 伺 い ま し た 。 そ の は 「 裁 判 員 制 度 三 年 の 軌 跡 と 展 望 」 「 国 際 化 輪 と し て 捉 え 、 具 体 的 に 解 説 さ れ て い ま す 。 時 は 、 た だ そ う い う も の か と 思 っ た も の 次 に 「 リ ス ク 」 を 扱 う 書 籍 の ご 紹 介 で す 。 時 代 に お け る 家 族 法 」 の 特 集 一 一 本 立 て で す 。 創 刊 号 重 版 の 勢 い を そ の ま ま に 、 法 理 論 の 奥 『 は じ め て 学 ぶ 損 害 保 険 』 は 基 礎 か ら 実 践 的 で す 。 と こ ろ で 先 日 、 「 東 大 生 と 共 に 明 治 か 知 識 ま で 網 羅 し た テ キ ス ト で す 。 『 リ ス ク の 深 さ を 市 場 に 印 象 づ け た い と 思 い ま す 。 ら 」 と い う 本 郷 の 食 堂 で 、 昔 の 仲 間 八 社 会 心 理 学 』 は 人 間 の 認 知 ・ 感 情 か ら 社 会 や 月 刊 法 学 教 室 は 「 特 集 判 例 と 法 」 シ リ ー 人 と 旧 交 を あ た た め ま し た 。 酒 が 入 れ ば ズ が 好 評 で す 。 八 月 号 は 行 政 法 の 論 点 と 判 例 技 術 の リ ス ク と ベ ネ フ ィ ッ ト を 考 察 し ま す 。 た ち ま ち 嫌 わ れ 者 の 団 塊 の 集 団 と 化 し ま の 伝 統 あ る 学 会 の 周 年 記 念 『 社 会 経 済 史 学 の 交 錯 を 採 り あ げ ま す 。 し た が 、 確 か に 、 仲 間 が 結 集 す る 場 面 に 斎 「 暑 い 夏 、 ビ ー ル 片 手 に こ の 一 冊 」 と は 、 の 課 題 と 展 望 』 は 、 時 代 と 共 に 変 遷 す る テ ー 書 酒 食 は 必 須 の 条 件 の よ う で す 。 な か な か 言 い づ ら い 雑 誌 で は あ り ま す が 、 団 マ と 最 先 端 の 動 向 が 凝 縮 さ れ て い ま す 。 (;æ) * 編 集 室 の 窓 *

書斎の窓 2012年7・8月号


い 上 が れ ず に 貧 困 に 閉 じ こ め ら れ る 。 歴 史 観 、 国 家 の 正 統 性 の 解 釈 、 政 治 ・ も 、 富 に も 貧 に も 一 方 的 に 偏 ら な い 、 経 済 ・ 社 会 の 構 成 が ま る で 正 反 対 で あ グ ロ ー バ ル 経 済 の 優 等 生 と し て 韓 国 輸 バ ラ ン ス 感 覚 に 富 ん だ 認 識 の 軸 を 構 築 る 。 同 じ な の は 言 語 と 民 族 だ け だ と い 出 産 業 の 華 々 し い 活 躍 が 世 界 中 で 驚 異 す る こ と で は な い だ ろ う か 。 そ れ な の っ て も よ い ほ ど だ 。 体 制 や 歴 史 観 が 違 を も っ て 語 ら れ て い る 中 、 国 内 で は 閉 に 、 日 本 の 朝 鮮 半 島 認 識 は い ま だ に う か ら 、 人 び と の 心 性 も 大 い に 異 な っ 塞 感 が 浸 透 し て い る 。 自 殺 率 は す で に 「 偏 っ た も の 」 が 「 善 な る も の ー だ と て し ま っ て い る 。 日 本 を 超 え た 。 北 朝 鮮 と の 緊 張 関 係 に さ れ て い る 。 も し 大 学 の 講 義 な ど で そ も 国 民 に は 疲 労 の 色 が 見 ら れ る 。 の よ う な 「 偏 っ た 」 認 識 を 植 え 込 ま れ 朝 鮮 半 島 は 、 地 図 の 上 で も イ デ オ ロ ギ ー や 心 性 の 上 で も 、 ひ き 裂 か れ て い 今 年 一 一 一 月 の 大 統 領 選 挙 で 韓 国 人 が た ら 、 悲 惨 な 結 果 に な る 。 ど の よ う な 方 向 性 を 示 す か が 、 決 定 的 そ の よ う な 考 え を 持 っ て 、 今 回 、 る 。 一 つ の 民 族 で あ り な が ら 、 ソ ク ラ テ ス の い う 、 「 実 は 一 つ で は な く 、 少 に 重 要 だ と い え よ う 。 李 明 博 路 線 を 継 「 韓 国 認 識 の ど 真 ん 中 の 直 球 」 と い う な く と も 二 つ に 分 か れ 、 一 方 は 富 め る 続 し て あ く ま で 大 企 業 中 心 の 経 済 成 長 コ ン セ プ ト で 編 集 し た の が 、 『 現 代 韓 者 の 国 、 他 方 は 貧 し い 者 の 国 と し て お 路 線 を 突 き 進 み 、 北 朝 鮮 と は 対 峙 路 線 国 を 学 ぶ 』 と い う 本 な の で あ る 。 書 き 互 い に 敵 対 し て い る 」 ( ・ ・ プ ラ を 堅 持 す る の か 、 あ る い は 盧 武 鉉 政 権 手 の み な さ ん は 、 既 存 の 右 や 左 の 立 場 の 時 代 に 戻 っ て 北 朝 鮮 と の 宥 和 路 線 を ッ ク 、 内 山 勝 利 訳 『 プ ラ ト ン 入 門 』 岩 に 安 易 に 同 化 せ ず に 、 独 自 の バ ラ ン ス 波 文 庫 、 一 九 九 一 l) と い う 状 況 な の 前 面 に 打 ち 出 す の か 。 感 覚 で 韓 国 を 認 識 し て き た 人 た ち で あ あ ら ゆ る こ と は 未 知 数 だ 。 い ず れ 朝 る 。 つ く づ く 思 う の は 、 韓 国 あ る い は そ れ だ け で は な い 。 実 は 、 韓 国 の 国 鮮 半 島 は 統 一 す る だ ろ う が 、 そ の 道 筋 朝 鮮 半 島 認 識 に お い て 最 も 大 切 な の は 7 内 も ま た 、 同 じ よ う に 分 裂 し 、 敵 対 し や 行 程 も 混 沌 と し て い る 。 今 、 私 た ち 「 バ ラ ン ス 」 で あ る の に 、 実 際 そ れ が 硼 て い る の で あ る 。 「 富 益 富 、 貧 益 貧 ー が す べ き な の は 、 と に か く 現 在 の 時 点 い か に 難 し い か と い う 事 実 で あ る 。 窓 で 手 に 入 れ ら れ る あ ら ゆ る 情 報 を 正 確 ( お ぐ ら ・ き ぞ う 日 京 都 大 学 総 合 人 間 学 部 教 授 ) 斎 と い う 一 言 葉 が そ れ を 象 徴 し て い る 。 富 書 に 解 釈 し 、 右 に も 左 に も 、 〕 に 、 も ~ に め る 者 は ま す ま す 富 み 、 貧 し い 者 は 這

書斎の窓 2012年7・8月号


善 行 が 世 界 の が こ ば れ る 」 よ う な 賢 治 は 人 と 人 が 心 に お い て 一 致 で き 勿 ジ ョ バ ン ニ の 一 念 三 千 あ ち ら と こ ち ら で 行 わ れ た と き に 、 そ る 幸 福 な 一 点 を 絶 え ず 求 め て い ま す 。 の 当 事 者 で あ る 死 者 ど う し が 、 そ し て 前 三 回 は 宮 沢 賢 治 の 「 銀 河 鉄 道 の 夜 」 こ の 一 点 は 、 実 は こ の 物 語 の 中 で 、 少 な ぜ か 生 者 ジ ョ バ ン ニ が 神 秘 的 な 出 会 な く と も 一 回 は 実 現 し て い ま す 。 そ れ を 取 り 上 げ 、 こ の 国 民 的 フ ァ ン タ ジ ー い を し て い る わ け で す 。 は 他 で も あ り ま せ ん 、 ジ ョ バ ン ニ の 見 の 中 に 、 書 く べ き も の は 宣 教 か 文 学 か 、 こ こ で 思 い 出 さ れ る の は 「 人 の 一 念 た 汽 車 の ヴ ィ ジ ョ ン の 中 で の 、 ジ ョ バ 輪 廻 の 枠 組 み は 説 得 的 か 否 か と い う ジ ン ニ 自 身 、 カ ム 。 ハ ネ ル ラ 、 そ し て 海 難 に は 地 獄 ・ 餓 鬼 か ら 菩 薩 ・ 仏 ま で 宇 宙 レ ン マ が 潜 在 し て い る こ と を 眺 め て ま 丿 ー が 含 ま れ て い る ー と い い り ま し た 。 こ う し た ジ レ ン マ が 注 目 で 死 ん だ ク リ ス チ ャ ン の 姉 弟 と 家 庭 教 の 全 力 テ ゴ ー う 法 華 信 仰 の 一 念 三 千 の 思 想 で す 。 南 さ れ る の は 、 も ち ろ ん 、 賢 治 北 ジ ョ バ 師 の 青 年 の 一 行 の 出 会 い で す 。 カ ム 。 ハ ネ ル ラ と ク リ ス チ ャ ン 一 行 は 無 妙 法 蓮 華 経 の 題 目 も こ れ と 結 び つ い ン ニ の 基 本 姿 勢 が 「 み ん な の ほ ん た う て い る の で す が 、 い わ ば こ の 神 学 的 な 他 人 を 救 う た め の 死 を 遂 げ た 死 者 で す 。 の さ い は ひ ー を 求 め て 「 ど こ ま で も ど 「 セ ロ の 「 連 帯 」 の 思 想 の 童 話 ヴ ァ ー ジ ョ ン と こ の 一 種 の 犠 牲 死 と い う こ ま で も 一 緒 に 行 か う 」 と い う 、 ひ た ゃ う な 声 」 の 持 ち 主 の 言 い 方 で は 「 涙 し て 、 ジ ョ バ ン ニ の 一 念 の 中 で 、 「 菩 む き な 、 求 、 い 的 な も の だ か ら で す 。 〔 連 載 〕 児 童 文 学 の 宗 教 的 ロ ジ ッ ク ン ヨ バ ン ニ と エ ド マ ン ド 0 ・ cn ・ ル イ ス 「 ナ ル ニ ア 国 も の が た り 」 中 村 圭 志 第 4 回 書 斎 の 窓 2072 7 ・ 8

書斎の窓 2012年7・8月号


れ 正 れ 局 現 代 中 国 政 治 [ 第 3 版 ] ぞ 依 ー グ ロ ー バ ル ・ パ ワ ー の 肖 像 ー れ 然 毛 里 和 子 著 毛 沢 東 か ら 胡 錦 濤 営 異 へ と 至 る 政 治 の 巨 大 な 変 容 を 、 い 経 長 年 の 研 究 に 基 づ き 包 括 的 に 叙 述 、 第 一 人 者 に よ る も っ と も 信 頼 の 厚 い 解 説 書 、 大 幅 改 訂 に よ 全 競 た 多 る 待 望 の 最 新 版 。 2940 円 保 争 ン 構 で 成 治 な 一 国 の 歴 日 本 石 油 産 業 の 競 争 力 構 築 シ 史 限 配 橘 川 武 郎 著 産 業 の 創 始 か ら 今 丁 経 日 ま で の 初 の 本 格 的 通 史 に よ り 、 主 応 エ ネ ル ギ ー 安 全 保 障 の 核 心 的 課 な 民 題 を 掴 み だ し 、 危 機 回 避 と 産 業 ご 基 競 争 力 の 再 構 築 に 向 け た 道 筋 を 示 す 必 読 の 成 果 。 5985 円 鮎 川 義 介 と 的 国 際 主 義 け 他 ー 満 洲 問 題 か ら 戦 後 日 米 関 係 ヘ ー の 変 井 口 治 夫 著 日 産 自 動 車 を 創 業 し 、 日 産 財 閥 を 率 い て 満 洲 の 経 を 人 存 成 済 開 発 を 一 手 に 担 っ た 男 の 、 経 の 国 済 的 自 由 主 義 の ヴ ィ ジ ョ ン に 基 づ く 日 米 開 戦 回 避 と 戦 後 の 再 架 橋 に 向 け た 苦 闘 を 描 く 。 6300 円 。 解 、 四 ピ グ ー 富 と 厚 生 分 カ 助 本 八 木 紀 一 郎 監 訳 / 本 郷 亮 訳 貧 で 政 か 疑 困 や 失 業 が 存 在 す る 現 実 の 経 済 を 扱 え る 「 実 践 経 済 学 」 た る べ 越 以 と 響 く 、 資 源 配 分 や 分 配 、 景 気 変 動 を 論 じ 、 福 利 の 視 点 か ら 政 策 の 評 価 ・ 検 討 に 及 ぶ 。 7140 円 ア ダ ム ・ ス ミ ス 法 学 講 義 ー ー 1762 ~ 1763 ー で 行 わ れ た ス ミ ス の 法 学 講 義 を 手 稿 か ら 再 現 。 司 法 = 正 義 と 統 ば な ら な い リ シ ヤ ら ず E 統 性 と 効 の バ フ ス し な け も り い ゅ 大 い 学 ち 学 院 総 文 化 研 科 准 教 授 た め で あ れ E U も に 国 境 も 慮 民 対 的 な と を 願 - つ て や ま な い あ れ 辛 斤 し 安 障 成 環 対 に す る ン ス と れ た 欧 州 理 の と な . る ロ ル な 済 に す る た め で と が わ る わ け で は な い 圭 が バ な 意 バ 味 州 で 支 路 に し か か つ て い る グ お い て も 巨 大 で 要 な ア ク タ あ る 欧 統 ′ Z ゝ 、 の プ ロ シ ク ト は い ろ い ろ る D P 背 と し て 国 際 治 に の で あ ん 上 州 の G 豊 危 か な と 世 界 の の を 思 見 を る 集 切 糸 勺 し て な け れ ば な ら い が 機 に あ つ て も 欧 州 五 億 人 づ い て 運 さ れ る か 説 構 政 様 そ し て 国 そ ハ フ マ ン ス に ま ま 問 が と に 仕 ら れ た 行 す る 国 0 ) 付 さ る よ っ な つ て い る し し 欧 と し て 的 験 と そ の の も グ ロ ノ レ の 示 彡 み ・ 組 す 枠 化 の す 済 ノ 経 治 政 ォ 既 構 て を に ム ス な に 水 田 洋 ほ か 訳 グ ラ ス ゴ ー 大 学 治 の 歴 史 を 描 き 出 し 、 自 由 で 公 正 な 社 会 を 展 望 し た 壮 大 な 文 明 史 論 。 本 邦 初 訳 。 6930 円 名 古 屋 大 学 出 版 会 〒 4 9814 名 古 屋 市 千 種 区 不 老 町 名 大 内 TEL052 ( 781 ) 5353 / FAX ( 781 ) 0697 http://www.unp.0「.jp 21 書 斎 の 窓 2 2 7 ・ 8