検索 - みる会図書館

全データから 214259件ヒットしました。

大震災のなかで 私たちは何をすべきか


Katsuto Uchihashi 内 橋 克 人 編 大 震 災 の な か で 私 た ち は 何 を す べ き か ン ミ / 学 あ , 滝 パ 岩 波 新 書 1312

大震災のなかで 私たちは何をすべきか


内 橋 克 人 編 大 震 災 の な か で 私 た ち は 何 を す べ き か Katsuto Uchihashi 岩 波 新 書 1312

傷ついた日本人へ


な ぜ 大 震 災 は 起 こ っ て し ま っ た の か あ 今 回 、 日 本 の 方 か ら こ の よ う な 質 問 を 頂 き ま し た 。 由 「 東 日 本 大 震 災 は 、 あ ま り に 悲 惨 な 大 災 害 で し た 。 地 震 だ け で は な く 、 津 波 に も 襲 わ れ 、 必 原 子 力 事 故 も 起 き ま し た 。 こ れ も や は り 因 果 な の で し よ う か 。 私 た ち は そ ん な に 悪 い こ に と を し た の で し よ う か 」 た し か に 、 震 災 が こ の 世 に 生 じ た 事 象 で あ る 限 り 、 必 ず 因 が あ り ま す 。 る 起 直 接 的 な 地 震 発 生 の メ カ ニ ズ ム は 、 す で に あ る 程 度 解 明 で き て い る で し よ う 。 地 球 そ で 世 の も の の 活 動 は 、 カ ル マ と 関 係 の な い 物 質 的 な 因 果 関 係 で 起 こ る か ら で す 。 し か し 、 「 震 災 」 と い う 出 来 事 全 体 、 災 害 全 体 で 考 え た 場 合 、 物 理 の メ カ ニ ズ ム だ け 七 で は な い 複 雑 な 因 果 が は た ら い て い ま す 。 第 今 回 の 震 災 で も 、 地 震 の 衝 撃 が 去 っ た 後 に 、 巨 大 な 津 波 が 襲 っ て き て 街 全 体 が の み こ 169

大震災のなかで 私たちは何をすべきか


河 田 惠 昭 東 日 本 大 震 災 は 、 最 悪 シ ナ リ オ の 重 要 性 を 改 め て 示 し た 。 そ し て 、 東 海 ・ 東 南 海 ・ 南 海 地 震 や 首 都 直 下 地 震 の 発 生 も 懸 念 さ れ る な か 、 こ の 国 難 の 時 代 を ど の よ う に 乗 り 越 え よ う と す る の か 、 そ れ が 今 問 わ れ て い る 。 そ し て 、 そ れ は ま た 、 私 た ち の 社 会 を 構 成 し て き た 近 代 文 明 に 対 す る 大 き な 懸 念 な の だ 。 そ の 解 決 策 の 糸 口 と な る 成 果 を 紹 介 し よ う 。 巨 大 複 合 災 害 筆 者 が 一 九 九 五 年 に 定 義 し た 「 複 合 災 害 」 が 起 こ っ た 。 地 震 、 津 波 、 原 子 力 災 害 の ト リ プ ル ハ ン チ を 日 本 は 被 っ た の で あ る 。 こ の 大 震 災 は 、 巨 大 複 合 災 害 と し て 、 つ ぎ の 九 つ の 特 徴 を も っ て い る 。 最 初 の 三 つ は 、 巨 大 自 然 災 害 と し て 、 つ ぎ の 三 つ は 巨 大 難 対 応 災 害 と し て 、 そ し て 最 後 の 三 つ は 、 巨 大 社 会 災 害 と し て の 特 徴 で あ る 。 な ぜ 、 社 会 災 害 か と い え ば 、 確 か に 混 乱 は 危 険 社 会 か ら 安 全 ・ 安 心 社 会 を め ざ し て 246

大震災のなかで 私たちは何をすべきか


二 〇 一 一 年 三 月 一 一 日 、 東 日 本 を 襲 っ た 大 震 災 は 、 何 を 問 い か け て い る の か 。 大 き な 悲 し み や 喪 失 感 の な か で 新 し い 歩 み を 始 め て ゆ か ね ば な ら な い 被 災 者 ・ 被 災 地 に 、 私 た ち は ど う 向 き 合 い ど ん な 支 援 を し て い っ た ら よ い の だ ろ う か 。 現 地 で 活 動 を 続 け た 医 師 や ボ ラ ン テ ィ ア を は じ め 、 作 家 や 学 者 ら 三 三 名 が 震 災 の 意 味 、 復 興 の 形 を つ づ る

大震災のなかで 私たちは何をすべきか


災 害 は そ れ に 襲 わ れ た 社 会 の 断 面 を 一 瞬 に し て 浮 上 さ せ る 。 東 北 、 北 関 東 一 帯 を 見 舞 っ た 地 震 、 津 波 、 そ れ に 追 い 打 ち を か け る 原 発 事 故 の 「 巨 大 複 合 災 害 」 は 、 日 本 と い う 国 と 社 会 の 実 相 を 余 す と こ ろ な く さ ら け 出 し た 。 滅 多 な こ と で 人 の 目 に 触 れ る こ と な い 真 の 「 断 層 」 の 姿 に 違 い な い 災 害 に 打 た れ た 被 災 者 へ の 救 済 の あ り 方 、 人 権 意 識 、 復 興 の 進 め 方 、 す べ て が 生 身 の 人 間 を 取 り 巻 く 現 実 と な る 。 私 た ち は ど の よ う な 国 と 社 会 に 生 き て い る の で あ ろ う か い ま 、 『 大 震 災 の な か で 私 た ち は 何 を す べ き か 』 を 送 り 出 す 運 び と な り 、 序 の こ と ば を 記 す 。 そ の と き 、 震 災 か ら 二 カ 月 半 を 経 て な お 一 一 万 人 の 人 び と が 生 活 再 建 を 果 た せ ず 避 難 所 に 置 き 去 ら れ て い る 。 行 方 不 明 者 九 〇 〇 〇 人 、 死 者 は 一 万 五 〇 〇 〇 人 を 超 え た ( 五 月 二 三 日 現 在 ) 。 序 の こ と ば 内 橋 克 人

ジュリスト 2016年 9月号


Three-man talk 特 集 震 災 と 企 業 法 務 Special Feature 鼎 談 弁 護 士 ( 森 ・ 濱 田 松 本 法 律 事 務 所 / 司 会 ) 松 井 秀 樹 弁 護 士 ( 丸 の 内 総 合 法 律 事 務 所 ) 中 野 明 安 弁 護 士 ( 芦 屋 西 宮 市 民 法 律 事 務 所 ) 津 久 井 進 震 災 と 企 業 の 対 応 防 災 ・ BCP を 中 心 に は じ め に 松 井 東 日 本 大 震 災 か ら 5 年 が 経 ち ま し た 。 ま た , 最 近 で は 熊 本 で 大 き な 地 震 が 起 き て お り ま す の で , 東 日 本 大 震 災 以 降 の 災 害 の 教 訓 も 踏 ま え , 震 災 時 に 企 業 と し て ど の よ う に 行 動 す る か , ま た , 震 災 が 発 生 す る 前 に , 平 時 に お い て 企 業 と し て 何 を す べ き な の か , を 議 論 す る た め , こ の 鼎 談 を 設 け ま し た 。 ま ず , 自 己 紹 介 を お 願 い い た し ま す 。 中 野 弁 護 士 の 中 野 明 安 で す 。 企 業 法 務 を 主 た る 業 務 と す る 丸 の 内 総 合 法 律 事 務 所 に 所 属 し て い ま す 。 今 回 の , 震 災 時 に お け る 企 業 の 活 動 と い う 観 点 で は , 危 機 管 理 の 1 っ と し て , 私 は 会 社 の 皆 さ ん に い ろ い ろ ご 説 明 す る 機 会 が あ り ま す 。 本 日 は , 皆 さ ん と お 話 で き る こ と を 非 常 に 楽 し み に し て い ま す の で , よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。 津 久 井 兵 庫 県 の 津 久 井 で す 。 私 は , 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 が 起 き た 平 成 7 年 に 弁 護 士 登 録 を し て , そ の 後 災 害 問 題 に い ろ い ろ 関 わ っ て ま い り September 2016 / Number 1497 小 企 業 の 復 興 ・ 再 建 で し た 。 も う 1 つ は , 事 業 ま し た 。 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 の 課 題 の 1 つ が , 中 [ Jurist ] 者 を 含 め た 二 重 ロ ー ン の 問 題 。 こ れ ら 問 題 が 解 決 し な い ま ま , 東 日 本 大 震 災 を 迎 え , ま た 熊 本 地 震 も 迎 え ま し た 。 私 の 場 合 , 地 方 に あ る 中 小 企 業 の 方 々 の ご 相 談 を 伺 う こ と が あ り ま す が , 震 災 時 に ど う 対 応 し た ら い い か と い う 問 題 は , い ま だ 明 確 な 答 え が な く て 悩 ん で い る 最 中 で す 。 本 日 は , 悩 み を ぶ つ け て , 何 か 見 通 し が 立 て ば と 期 待 し て お り ま す 。 松 井 弁 護 士 の 松 井 秀 樹 で す 。 森 ・ 濱 田 松 本 法 律 事 務 所 で 執 務 を し て お り ま す 。 私 自 身 の 震 災 法 務 と の 関 わ り は , 主 に 東 日 本 大 震 災 の 際 に 東 北 地 区 の 企 業 の 相 談 や 訴 訟 に 関 与 し た の が き っ か け で す 。 日 弁 連 の 災 害 に 関 連 す る 委 員 会 で 長 年 活 動 さ れ て こ ら れ た 中 野 さ ん , 津 久 井 さ ん に 比 べ る と , ま だ ま だ 勉 強 不 足 の 点 が あ ろ う か と 思 い ま す 。 本 日 は , 両 先 生 か ら 勉 強 さ せ て い た だ く つ も り で 司 会 を 引 き 受 け て お り ま す 。 ま た , い き な り 余 談 に な り ま す が , 私 ど も の 事 務 所 は 弁 護 士 と ス タ ッ フ を 合 わ せ て 800 人 程 度 の 大 所 帯 で す け れ ど も , 今 後 来 る で あ ろ う と 言 わ れ て い る 首 都 直 下 地 震 の 際 に , 事 務 所 と し て ど う 対 応 す べ き な の か も 含 め , 災 害 対 応 を 立 案 し 実 施 す る 立 場 に も あ り ま す 。 そ う い う 意 味 で ,

文學界 平成28年11月号


こ り と な っ た よ う だ 。 ( 「 新 潮 」 二 〇 一 一 一 年 四 月 号 ) こ こ で 桐 野 は 、 大 江 ら と 同 様 に 震 災 に よ り 失 語 状 態 に あ っ た と 語 っ て い る 。 し か し 、 桐 野 の 言 葉 は 、 大 江 ら の 反 応 と は 少 し 異 質 の も の で あ る 。 桐 野 は 、 想 像 を 絶 す る 事 態 に 失 語 状 態 に な っ た だ け で な く 、 「 言 葉 に な ど し て は い け な い の で は な い か 、 と い う 自 制 が 生 ま れ 」 た と 語 っ て い た 言 語 化 へ の た め ら い 、 言 語 化 す る こ と へ の 忌 避 感 を 口 に し た の は 、 彼 女 だ け で は な か っ た 。 詩 人 で あ り 作 家 で あ る 平 田 俊 子 は 、 こ う 語 っ て い る 。 震 災 を テ ー マ に 詩 を 書 く こ と の 是 非 を 問 わ れ る 気 が し ま し た 。 ど こ に 住 ん で い る の か 、 被 災 地 と の 関 わ り が ど の 程 度 あ る か に よ っ て 、 震 災 を 詩 に す る の か 、 あ る い は 控 え る の か 。 個 々 人 が 試 さ れ た と 思 い ま す 。 私 は 東 北 に 住 ん だ こ と は な い し 、 親 類 縁 者 も い な い 。 何 か 言 い た い け れ ど も 、 自 分 が 言 う 立 場 に あ る の か 、 と も 田 5 う 。 こ の 事 態 と ど う 向 き 合 え ば い い の か 悩 み ま し た 。 ( 「 鼎 談 震 災 と 詩 歌 ー 過 去 、 現 在 、 そ し て 未 来 と 向 き 合 う 『 言 葉 』 た ち , 「 文 藝 」 一 一 〇 一 五 年 夏 季 号 ) 自 身 も 福 島 の い わ き 市 へ と 向 か う 途 上 津 波 に 遭 い 被 災 者 と な り 、 そ の 経 験 を 『 暗 い 夜 、 星 を 数 え て ー 3 ・ Ⅱ 被 災 鉄 道 か ら の 脱 出 』 に ま と め た 彩 瀬 ま る も ま た そ の 後 書 き で 震 災 に つ い て 書 く こ と へ の 忌 避 感 に つ い て こ う 記 し て い る 。 震 災 直 後 、 「 被 災 の ル ポ を 」 と い う 話 を 編 集 さ ん か ら 頂 き 、 ま ず 思 っ た の は 「 は た し て 私 に そ れ を 書 く 資 格 が あ る の か ー と い う こ と で し た 。 私 は あ く ま で 通 り す ぎ て く 一 旅 行 者 と し て あ の 地 に 留 ま っ て い た に 過 ぎ ず 、 現 地 の 方 々 の 生 ま れ た 土 地 を 波 に え ぐ ら れ た 悲 哀 、 大 切 な 人 を 失 っ た 身 の 凍 る よ う な 喪 失 感 、 そ れ ま で の 暮 ら し を 奪 わ れ た 苦 悩 を 、 け し て 分 か ち 合 え る 立 場 で は あ り ま せ 業 作 ん で し た 。 の 喪 平 田 は 、 東 北 に 縁 も ゆ か り も な い 自 分 に 震 災 の こ と を 書 く タ い わ れ が あ る の か を 問 う た 。 福 島 を 旅 行 中 に 被 災 し た 彩 瀬 は 、 カ 自 分 に は 「 書 く 資 格 」 が な い の で は な い か と 言 う 。 二 人 の 疑 念 は 正 当 な も の に 思 わ れ る 。 と す れ ば 、 東 北 で 暮 ン ら し 、 震 災 の 被 害 を 受 け た 者 だ け が そ れ に つ い て 書 く 資 格 が あ る こ と に な る し か し 、 も し 、 そ う な ら 、 な ぜ 震 災 で 家 族 を 失 っ た 者 た ち 合 が 、 そ の 経 験 を 語 る こ と で さ ら に そ の 心 の 傷 を 深 め る こ と に な る の か 。 東 北 に 縁 の な い 平 田 も 東 北 を た ま た ま 旅 行 中 だ っ た 彩 瀬 も 書 く 資 格 が な い と 考 え た 。 そ し て 震 災 で 家 族 を 失 っ 災 た 者 た ち ま で 、 そ の 喪 失 感 を 言 葉 に す る こ と を 躊 躇 し た 。 震 な ら ば 、 一 体 誰 が そ の 経 験 を 言 葉 に す る 資 格 が あ る の か 人 そ れ は 、 震 災 で 最 も 大 き な 損 失 を 被 っ た 者 だ ろ う 。 最 大 の 喪 失 と は 、 生 命 の 喪 失 で あ る 。 本 当 に 震 災 を 語 る 資 格 を 有 す る 者 が い る と し た な ら 、 そ れ は 震 災 で 命 を 失 っ た 者 以 外 に な

大震災のなかで 私たちは何をすべきか


宮 本 太 郎 大 震 災 の 衝 撃 に よ っ て 、 被 災 地 の 人 々 は も ち ろ ん 、 数 知 れ ぬ 日 本 人 が 呆 然 と 立 ち 尽 く し た 。 そ れ は 、 直 接 に は す さ ま じ い 災 害 の 爪 痕 を 目 の 当 た り に し て の こ と で あ る が 、 お そ ら く は そ れ ば か り で は な い 。 こ の 震 災 は 、 こ の 国 が 、 少 子 高 齢 化 、 貧 困 と 社 会 的 排 除 な ど 社 会 の 持 続 可 能 性 に か か わ る 様 々 な 困 難 に 直 面 し 、 生 活 保 障 の 刷 新 を 模 索 し て い た そ の さ な か に 起 き た 。 喩 え て い え ば 、 社 会 が 内 部 疾 患 か ら の 回 復 を 図 っ て い る 時 に 、 深 い 外 傷 を 負 っ た の で あ る 。 少 な か ら ぬ 人 々 が 、 立 ち 上 が り が た い 脱 力 感 を 口 に し た の も 無 理 は な い 。 だ が 大 震 災 は 終 わ っ た わ け で は な い 。 被 災 地 支 援 の 緊 急 性 が 続 い て い る の み な ら ず 、 中 長 期 的 に は 、 震 災 と 生 活 保 障 の 危 機 と い う 二 重 の 困 難 の 相 関 を 見 抜 き 、 ど こ ま で 総 合 的 に 対 処 で き る か で 、 震 災 の 本 当 の 帰 結 が 決 ま る 。 外 傷 へ の 対 応 を 口 実 に 内 部 疾 患 へ の 対 処 を お ろ そ か に す れ ば 、 外 傷 か ら の 回 復 す ら お ば っ か な い は ず で あ る 。 に も か か わ ら ず 、 震 災 を 契 機 に も は や 雇 大 震 災 と 生 活 保 障 ー ー い か な る 転 換 点 と す る の か 230

婦人之友 第110 巻9号 2016年9月1日発行


知 っ て い ま す か 通 電 火 災 が 危 な い 大 規 模 地 震 時 に お け る 火 災 の 発 生 状 況 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 東 日 本 大 震 災 そ の 他 そ の 他 30 件 ( 22 % ) 、 27 件 ( 24 % ) 設 器 具 大 規 模 地 震 時 に 発 生 し た 火 災 の 、 過 半 数 が 電 気 に 起 因 す る 火 災 ※ 号 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 、 東 日 本 大 震 気 の 復 旧 後 、 地 震 発 生 時 に 使 用 し に マ グ ニ チ ュ ー ド 7 級 の 首 都 直 下 月 災 で は 、 原 因 が 特 定 さ れ た 建 物 火 て い た 電 化 製 品 が 再 び 作 動 し て 起 地 震 の 場 合 、 死 者 は 関 東 1 都 3 県 友 之 人 で 約 2 万 3 千 人 で 、 火 災 に よ る 死 災 の 6 割 が 「 通 電 火 災 」 で し た 。 き る 火 災 で す 。 婦 年 通 電 火 災 と は 、 地 震 で 停 電 し 、 電 内 閣 府 は 、 冬 の 夕 方 ( 風 速 coE ) 者 は 約 7 割 と 試 算 し て い ま す 。 0 電 気 関 係 ー 。 , ・ 71 件 ( 65 % ) 電 気 関 係 85 件 ( 61 % ) 件 ( ⅱ % ) 件 ( Ⅳ % ) 1 1 0 件 の 火 災 の う ち 、 電 気 火 災 は 71 件 ( 約 6 割 ) ※ 出 火 原 因 が 確 認 さ れ た も の 139 件 の 火 災 の う ち 、 電 気 火 災 は 85 件 ( 約 6 割 ) 内 閣 府 HP 「 防 災 情 報 の ペ ー ジ 」 よ り 対 策 は 、 ブ レ ー カ ー を 落 と し て 避 難 す る こ と 通 電 火 災 に は 、 大 き く 2 つ の 対 策 が あ り ま す 。 1 つ は 、 避 難 時 に ブ レ ー カ ー を 落 と す こ と で す 。 も う 1 つ 、 よ り 確 実 な の が 、 一 定 の 揺 れ を 感 知 し て 自 動 的 に 通 電 を ス ト ッ プ す る 「 感 震 プ レ ー カ ー 」 を 分 電 盤 に 取 り つ け る こ と で す 。 地 域 一 帯 で の 普 及 が 促 進 さ れ 、 自 治 体 に よ っ て は 、 各 世 帯 に 取 り つ け を 義 務 づ け て い る と こ ろ も 。