検索 - みる会図書館

検索対象: ジュリスト 2016年 9月号

ジュリスト 2016年 9月号から 155件ヒットしました。

ジュリスト 2016年 9月号


Three-man talk 特 集 震 災 と 企 業 法 務 Special Feature 鼎 談 弁 護 士 ( 森 ・ 濱 田 松 本 法 律 事 務 所 / 司 会 ) 松 井 秀 樹 弁 護 士 ( 丸 の 内 総 合 法 律 事 務 所 ) 中 野 明 安 弁 護 士 ( 芦 屋 西 宮 市 民 法 律 事 務 所 ) 津 久 井 進 震 災 と 企 業 の 対 応 防 災 ・ BCP を 中 心 に は じ め に 松 井 東 日 本 大 震 災 か ら 5 年 が 経 ち ま し た 。 ま た , 最 近 で は 熊 本 で 大 き な 地 震 が 起 き て お り ま す の で , 東 日 本 大 震 災 以 降 の 災 害 の 教 訓 も 踏 ま え , 震 災 時 に 企 業 と し て ど の よ う に 行 動 す る か , ま た , 震 災 が 発 生 す る 前 に , 平 時 に お い て 企 業 と し て 何 を す べ き な の か , を 議 論 す る た め , こ の 鼎 談 を 設 け ま し た 。 ま ず , 自 己 紹 介 を お 願 い い た し ま す 。 中 野 弁 護 士 の 中 野 明 安 で す 。 企 業 法 務 を 主 た る 業 務 と す る 丸 の 内 総 合 法 律 事 務 所 に 所 属 し て い ま す 。 今 回 の , 震 災 時 に お け る 企 業 の 活 動 と い う 観 点 で は , 危 機 管 理 の 1 っ と し て , 私 は 会 社 の 皆 さ ん に い ろ い ろ ご 説 明 す る 機 会 が あ り ま す 。 本 日 は , 皆 さ ん と お 話 で き る こ と を 非 常 に 楽 し み に し て い ま す の で , よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。 津 久 井 兵 庫 県 の 津 久 井 で す 。 私 は , 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 が 起 き た 平 成 7 年 に 弁 護 士 登 録 を し て , そ の 後 災 害 問 題 に い ろ い ろ 関 わ っ て ま い り September 2016 / Number 1497 小 企 業 の 復 興 ・ 再 建 で し た 。 も う 1 つ は , 事 業 ま し た 。 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 の 課 題 の 1 つ が , 中 [ Jurist ] 者 を 含 め た 二 重 ロ ー ン の 問 題 。 こ れ ら 問 題 が 解 決 し な い ま ま , 東 日 本 大 震 災 を 迎 え , ま た 熊 本 地 震 も 迎 え ま し た 。 私 の 場 合 , 地 方 に あ る 中 小 企 業 の 方 々 の ご 相 談 を 伺 う こ と が あ り ま す が , 震 災 時 に ど う 対 応 し た ら い い か と い う 問 題 は , い ま だ 明 確 な 答 え が な く て 悩 ん で い る 最 中 で す 。 本 日 は , 悩 み を ぶ つ け て , 何 か 見 通 し が 立 て ば と 期 待 し て お り ま す 。 松 井 弁 護 士 の 松 井 秀 樹 で す 。 森 ・ 濱 田 松 本 法 律 事 務 所 で 執 務 を し て お り ま す 。 私 自 身 の 震 災 法 務 と の 関 わ り は , 主 に 東 日 本 大 震 災 の 際 に 東 北 地 区 の 企 業 の 相 談 や 訴 訟 に 関 与 し た の が き っ か け で す 。 日 弁 連 の 災 害 に 関 連 す る 委 員 会 で 長 年 活 動 さ れ て こ ら れ た 中 野 さ ん , 津 久 井 さ ん に 比 べ る と , ま だ ま だ 勉 強 不 足 の 点 が あ ろ う か と 思 い ま す 。 本 日 は , 両 先 生 か ら 勉 強 さ せ て い た だ く つ も り で 司 会 を 引 き 受 け て お り ま す 。 ま た , い き な り 余 談 に な り ま す が , 私 ど も の 事 務 所 は 弁 護 士 と ス タ ッ フ を 合 わ せ て 800 人 程 度 の 大 所 帯 で す け れ ど も , 今 後 来 る で あ ろ う と 言 わ れ て い る 首 都 直 下 地 震 の 際 に , 事 務 所 と し て ど う 対 応 す べ き な の か も 含 め , 災 害 対 応 を 立 案 し 実 施 す る 立 場 に も あ り ま す 。 そ う い う 意 味 で ,

ジュリスト 2016年 9月号


企 業 が 震 災 に 直 面 し た 際 , そ の 活 動 を 継 続 ・ 再 開 す る に あ た っ て は , 多 く の 法 的 問 題 と 向 き 合 わ な け れ ば な ら な い 。 東 日 本 大 震 災 か ら 5 年 が 経 過 し , 熊 本 地 震 と い う 新 た な 危 機 が 発 生 し た い ま , 企 業 法 務 に お け る 平 時 の 備 え ・ 緊 急 対 応 の 実 務 を 解 説 す る 。 SpeciaI Feature 震 災 と 企 業 法 務 lndex [ 鼎 談 ] 震 災 と 企 業 の 対 応 震 災 と 株 主 ・ 投 資 家 対 応 震 災 時 の 労 務 対 応 震 災 と 契 約 法 務 震 災 と 金 融 業 務 Page 12 松 井 秀 樹 ・ 中 野 明 安 ・ 津 久 井 進 30 松 井 秀 樹 37 荒 井 太 一 43 荒 井 正 児 小 田 大 輔 ・ 吉 田 和 央 49 [ Jurist ] September 2016 / Number 1497

ジュリスト 2016年 9月号


ArticIe Special Feature 特 集 震 災 と 企 業 法 務 震 災 と 契 約 法 務 I. は じ め に 震 災 が 企 業 の 事 業 活 動 に 影 響 を 及 ば す こ と は 避 け が た く , 企 業 は 震 災 の た び に 事 業 活 動 の 再 開 , 継 続 の た め の 対 応 を 迫 ら れ て き た 。 な か で も 東 日 本 大 震 災 で は , 津 波 や 原 発 事 故 と い っ た 未 曾 有 の 事 態 が 生 じ る な ど , 企 業 の 事 業 活 動 に も 多 大 な 影 響 が 生 じ た 。 こ の よ う な 震 災 に よ る 事 業 活 動 へ の 影 響 は , 被 災 地 に 所 在 し 直 接 地 震 等 の 被 害 を 被 っ た 企 業 だ け で は な く , 被 災 地 の 企 業 や 顧 客 と 取 引 関 係 に あ る 企 業 に お い て も 同 様 で あ っ た 。 東 日 本 大 震 災 後 の 企 業 倒 産 の 件 数 で は , 直 接 被 災 に よ り 施 設 ・ 設 備 ・ 機 械 等 に 被 害 を 受 け て 倒 産 し た 直 接 型 よ り も , 取 引 先 ・ 仕 入 先 の 被 災 に よ る 販 路 縮 小 や 部 品 ・ 原 材 料 ・ 資 材 の 入 手 不 足 , 受 注 キ ャ ン セ ル 等 を 契 機 に 倒 産 し た 間 接 型 の 事 例 が は る か に 多 か っ た と の 報 告 も あ る 2 ) 。 震 災 に よ る 事 業 活 動 へ の 影 響 が 注 目 さ れ た 例 に , 自 動 車 等 の 製 造 業 の サ プ ラ イ チ ェ ー ン の 例 が あ る 。 震 災 に よ り サ プ ラ イ チ ェ ー ン の い す れ か の 層 に お い て 部 品 ・ 原 材 料 ・ 資 材 の 入 手 不 足 や 輸 送 手 段 の 途 絶 が 発 生 し た こ と に よ っ て , サ プ ラ イ チ ェ ー ン 全 体 の 機 能 が 一 時 的 に 停 止 し , 最 終 製 品 の 供 給 に ま で 支 障 が 生 じ る 結 果 と な っ た こ と で , そ の シ ス テ ム の 脆 弱 性 が ク ロ ー ズ ア ッ プ さ れ た 。 そ し て , こ の よ う な サ プ ラ イ 弁 護 士 荒 井 正 児 Arai Masaru チ ェ ー ン を 構 成 す る 個 社 の 脆 弱 性 が サ プ ラ イ チ ェ ー ン 全 体 の 脆 弱 性 に つ な が り , そ の こ と に よ る 日 本 経 済 全 体 へ の 影 響 も 計 り 知 れ な い も の と な る と い う 教 訓 を 踏 ま え , サ プ ラ イ チ ェ ー ン に お け る 課 題 を 解 決 し , 将 来 の 震 災 に 備 え る こ と は 日 本 経 済 全 体 に と っ て の 重 要 な テ ー マ の 1 っ と な っ て い る 。 圧 企 業 間 の BCP ・ BCM 連 携 の 強 化 こ の よ う な 過 去 の 震 災 や そ の 他 の 自 然 災 害 で の 経 験 を 踏 ま え , 企 業 は 個 々 あ る い は 業 界 全 体 と し て , BCP ( 事 業 継 続 計 画 ・ Business Continuity PIan) の 策 定 や , BCM ( 事 業 継 続 マ ネ ジ メ ン ト ・ Business Continuity Management) の 実 践 に 取 り 組 ん で い る 。 現 在 で は , BCP や BCM は , 大 手 ・ 中 堅 企 業 を 中 心 と し て 多 く の 企 業 に 浸 透 し て い る が , 従 業 員 規 模 が 小 さ く な る ほ ど 策 定 率 は 低 下 す る 傾 向 に あ る 3 ) 。 ま た , こ の 取 組 を 支 援 す る た め の さ ま ざ ま な ガ イ ド ラ イ ン も 公 表 さ れ て い る 4 ) 。 こ の よ う な ガ イ ド ラ イ ン に お い て も , 震 災 時 に 発 生 し た サ プ ラ イ チ ェ ー ン の 混 乱 は 大 き な 課 題 と 認 識 さ れ て お り , そ こ で は , 企 業 の BCP ・ BCM 対 応 と し て , 各 社 単 独 の 取 組 に と ど ま ら ず , 企 業 間 の BCP ・ BCM 連 携 の 強 化 が 提 唱 さ れ て い る 5 ) 。 こ の よ う な 企 業 間 の BCP ・ BCM 連 携 強 化 の 取 組 の 1 っ と し て , サ プ ラ イ チ ェ ー ン を 構 成 す る [ Jurist ] September 2016 / Number 1497 43

ジュリスト 2016年 9月号


抗 力 事 由 が 列 挙 さ れ る の が 通 例 で あ り , 不 可 抗 力 事 由 と し て 地 震 な ど の 天 災 が 挙 げ ら れ て い る こ と が 一 般 的 で あ る 。 も っ と も , 地 震 を 不 可 抗 力 事 由 と 定 め る だ け で は 実 際 に 発 生 し た 不 履 行 に 常 に 適 用 で き る わ け で は な い 。 地 震 に 起 因 し て 債 務 の 履 行 が 不 能 も し く は 遅 滞 と な る 直 接 の 原 因 と し て は , 地 震 に よ る 当 該 目 的 物 や そ の 製 造 設 備 の 物 理 的 損 壊 の ほ か , 製 造 に 要 す る 部 品 や 原 材 料 の 調 達 不 能 , 製 品 の 輸 送 手 段 の 途 絶 等 も あ る 。 し か し , こ れ ら が 直 接 の 原 因 と な っ て い る 場 合 も 含 め て , 不 可 抗 力 と し て 免 責 さ れ る か 否 か は , 不 可 抗 力 の 概 念 そ の も の の 理 解 や 地 震 と 損 害 と の 因 果 関 係 の 有 無 等 に 左 右 さ れ る 。 そ の た め , 契 約 書 に よ っ て は , 地 震 に 起 因 し た 電 力 , 石 油 , ガ ス お よ び 原 材 料 の 不 足 , 輸 送 手 段 の 途 絶 等 の 場 合 を 具 体 的 に 定 め , 一 定 の 回 避 措 置 を 講 じ た こ と を 前 提 に 免 責 と す る 旨 を 定 め る 例 も あ る 。 も っ と も , 従 前 か ら の 多 く の 取 引 基 本 契 約 書 で は , 不 可 抗 力 免 責 の 規 定 が 設 け ら れ て い た と し て も , 地 震 , 水 害 等 の 自 然 災 害 を 例 示 と し て 挙 げ て , そ の 場 合 に お け る 免 責 を 規 定 す る に と ど ま っ て お り , 結 局 は , 「 不 可 抗 力 」 と い う 概 念 に つ い て の 民 法 上 の 解 釈 問 題 に 帰 着 す る こ と に な る 。 一 般 に は , 「 不 可 抗 力 」 と は , 「 外 部 か ら 生 じ た 原 因 で あ り , か っ 防 止 の た め に 相 当 の 注 意 を し て も 防 止 で き な い 」 も の を い う と 理 解 さ れ て い る 7 ) 。 こ の 理 解 か ら す る と , 地 震 , 水 害 な ど の 自 然 災 害 , 戦 争 , 内 乱 な ど は , そ の 概 念 自 体 は , 「 不 可 抗 力 」 に 含 ま れ る こ と に な る 。 た だ し , 例 え ば 地 震 の 影 響 に よ る 債 務 不 履 行 の 7 ) 奥 田 昌 道 編 「 新 版 注 釈 民 法 ( 10 ) Ⅱ 」 ( 有 斐 閣 , 2011 年 ) 172 頁 [ 北 川 善 太 郎 = 潮 見 佳 男 ] 。 8 ) 東 京 地 判 平 成 11 ・ 6 ・ 22 判 タ 1 開 8 号 2 頁 で は , 平 成 7 年 の 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 に よ り 倉 庫 内 の 化 学 薬 品 が 荷 崩 れ に よ り 漏 出 し , 他 の 貨 物 か ら 流 出 し た 水 分 と 化 合 し て 発 火 し た 火 災 に よ り 貨 物 が 焼 失 し た 事 故 に つ い て , 倉 庫 業 者 の 過 失 に よ る 不 法 行 為 責 任 が 争 わ れ た 。 こ の 事 件 で 裁 判 所 は , 倉 庫 業 者 と し て は 通 常 想 定 さ れ る 事 態 に 対 応 で き る 程 度 の 転 倒 防 止 措 置 を 講 ず る 義 務 が あ る が , 当 該 防 止 措 置 が 講 じ ら れ て い る と し た う え で , 火 災 の 原 因 の 1 つ で あ る 同 大 震 災 に つ い て 特 集 / 震 災 と 企 業 法 務 す べ て が 「 不 可 抗 力 」 と し て 免 責 さ れ る わ け で は な い 。 こ の 場 合 の 免 責 の 判 断 に あ た っ て は , 地 震 の 規 模 , 地 震 被 害 の 直 接 性 , 回 避 措 置 の 十 分 性 , 代 替 措 置 の 有 無 等 が 問 題 と な る 。 す な わ ち , 地 震 の 規 模 と い う 客 観 的 な 事 実 に 加 え , 回 避 措 置 の 十 分 性 な ど 一 定 の 規 範 的 要 素 が 含 ま れ て く る 。 し た が っ て , そ の 具 体 的 な 事 例 を 前 提 に , ど の 程 度 の も の を 予 期 し て 防 止 策 を 講 じ る べ き で あ っ た か を 個 別 具 体 的 に 検 討 し な け れ ば な ら な い 。 2. BCP ・ BCM へ の 取 組 と 不 可 抗 力 免 責 以 上 の よ う な 不 可 抗 力 免 責 の 観 点 で 重 要 と な る の が 被 災 企 業 に お け る BCP や BCM へ の 取 組 状 況 で あ る 。 企 業 の BCP や BCM は さ ま ざ ま な 非 常 事 態 を 想 定 し て 策 定 さ れ る が , な か で も 地 震 に よ る 非 常 事 態 は 実 際 に 発 生 す る 可 能 性 が 高 い も の で あ り , 震 災 に よ る 事 業 継 続 リ ス ク を 想 定 し た BCP の 策 定 や BCM の 実 践 は , 企 業 が 震 災 に よ る 債 務 不 履 行 リ ス ク を 回 避 す る 対 策 と し て も 不 可 欠 の も の で あ る 。 加 え て 近 時 は BCP の 策 定 や BCM の 実 践 を 支 援 す る さ ま ざ ま な ガ イ ド ラ イ ン や ツ ー ル も 整 備 さ れ , 企 業 全 体 の BCP の 策 定 率 も 高 ま っ て い る 。 そ の た め 今 後 の 震 災 発 生 時 に お い て は , そ の よ う な 全 体 的 状 況 を 前 提 と し て , 自 社 の 対 策 が 十 分 で あ っ た か が 問 わ れ る こ と に な り , こ の 点 は と り わ け 東 日 本 大 震 災 の 経 験 を 経 て , そ れ 以 前 と は 大 き く 状 況 が 違 っ て い る と 認 識 す る 必 要 が あ る 8 ) 。 務 ) 違 反 の 過 失 は 認 め ら れ な い と し て , 倉 庫 業 者 の 不 法 行 為 る こ と は で き な か っ た 」 と 判 断 し , 注 意 義 務 ( 結 果 回 避 義 こ の よ う な 規 模 の 大 地 震 が 発 生 す る の を 具 体 的 に 予 見 す は , 「 震 度 は 7 の 未 曾 有 の 大 地 震 で あ る と こ ろ , 被 告 と し て は , る 現 状 で も 具 体 的 な 予 見 可 能 性 が 否 定 さ れ る か は 明 ら か で な ( 2016 年 ) 等 , 震 度 7 ク ラ ス の 地 震 が 数 年 お き に 発 生 し て い 越 地 震 ( 2 開 4 年 ) , 東 日 本 大 震 災 ( 2011 年 ) , 熊 本 地 震 責 任 を 否 定 し た 。 し か し , 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 以 後 , 新 潟 県 中 [ Jurist ] September 2016 / Number 1497 45

ジュリスト 2016年 9月号


け れ ば な ら な い と い う と こ ろ に つ な が っ て い く の で は な い か と 思 い ま す 。 V. BCP 策 定 の 法 的 義 務 松 井 防 災 の 話 の 次 に , BCP の 策 定 の 話 に 移 り た い と 思 い ま す 。 特 に 東 日 本 大 震 災 以 降 , BCP の 重 要 性 が 強 調 さ れ て い る か と 思 い ま す 。 津 久 井 さ ん に お 聞 き し た い の で す が , 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 の 後 は , BCP と い う 議 論 も そ れ ほ ど 聞 か な か っ た よ う に も 思 う の で す が , 何 か 理 由 Tsukui Susumu は あ る の で し よ う 津 久 井 あ の 時 点 で は , 企 業 の 事 業 活 動 の 継 続 を 語 る 余 裕 が な い ぐ ら い シ ョ ッ キ ン グ な 社 会 的 イ ン パ ク ト が あ っ た か ら だ ろ う と 思 い ま す 。 っ ま り , 仮 に BCP を 講 じ て い て も 駄 目 だ っ た の で は な い か と い う 諦 め 感 が 被 災 地 に あ っ た 。 2 つ 目 は , 大 阪 が 無 傷 だ っ た の で , 事 津 久 井 進 業 の 継 続 が 必 要 な 企 業 は 拠 点 を 大 阪 等 に 移 し て , 乗 り 切 っ た わ け で す 。 そ れ は , 複 数 の 拠 点 を 持 っ こ と で 乗 り 越 え ま し よ う と い う 教 訓 に 深 化 し て い る の か も し れ ま せ ん 。 し か し , 地 域 経 済 の 視 点 か ら 見 る と , 神 戸 か ら た く さ ん の 企 業 が 流 出 し て し ま い , い ま だ に 民 っ て こ な い の で , 町 と し て BCP を 考 え る べ き な の で は な い か と い う 問 題 意 識 が 生 じ ま す 。 3 つ 目 は , 阪 神 の 被 災 地 は 中 小 企 業 が 多 か っ た の で , 事 業 の 存 続 が 図 れ ず 潰 れ て し ま っ た 企 業 が 結 構 あ っ た の だ と 思 い ま す 。 事 前 に 対 策 を 練 っ て お け ば 何 と か な っ た の で は な い か と い う こ と に 気 づ く の に 10 年 か か っ た と 。 BCP の 議 論 が 本 格 化 し た の は , 2000 年 以 降 ぐ ら い で す 18 [ Jurist ] September 2016 / Number 1497 か ね 。 だ か ら 10 年 と い う と 言 い 過 ぎ か も し れ ま せ ん が , 数 年 間 は , 気 づ き が 教 訓 ま で 高 ま ら な か っ た の だ と 思 い ま す 。 2004 年 の 中 越 地 震 の と き に BCP が 一 気 に 注 目 を 集 め た よ う な 印 象 で す 。 中 野 そ し て , ア メ リ カ の テ ロ の 辺 り で , 話 題 に な っ た の で す よ ね 。 津 久 井 振 り 返 っ て み れ ば , 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 の と き に BCP が も う 少 し 整 備 さ れ て い た な ら ば , ま ず 中 小 企 業 が 倒 産 し た と い う の は 一 定 数 機 会 を 逸 す る こ と な く , 事 業 を 継 続 で き る よ う も , ま た , リ ス ク が 発 生 し た と き で も , 事 業 の も の で は な い と い う こ と で す 。 災 害 時 で あ っ て ば 事 業 を ス ト ッ プ し て も か ま わ な い な ど と い う 続 を 求 め て い る と 考 え て い ま す 。 災 害 時 で あ れ す 。 同 条 に あ る 「 委 任 の 本 旨 」 の 内 容 が 事 業 継 条 の 善 管 注 意 義 務 の 条 項 か ら 導 か れ る も の で け ら れ て い る と 考 え て い ま す 。 そ れ は 民 法 644 る よ う な 対 策 を 講 じ る こ と が 取 締 役 に は 義 務 づ そ の よ う な リ ス ク が 発 生 し て も 事 業 を 継 続 で き で も , 私 は そ れ を 超 え て , 全 て の 企 業 に お い て と し て 事 業 継 続 を 求 め る 規 定 に な っ て い ま す 。 策 に 協 力 す る よ う に 努 め な け れ ば な ら な い 。 」 国 又 は 地 方 公 共 団 体 が 実 施 す る 防 災 に 関 す る 施 的 に 実 施 す る と と も に , 当 該 事 業 活 動 に 関 し , は 「 災 害 時 に お い て も こ れ ら の 事 業 活 動 を 継 続 資 材 又 は 役 務 の 供 給 又 は 提 供 を 業 と す る 者 」 に 害 応 急 対 策 又 は 災 害 復 旧 に 必 要 な 物 資 若 し く は ど 申 し 上 げ た 災 害 対 策 基 本 法 7 条 2 項 で は 「 災 い 」 と 書 い て い る も の で は な い の で す が , 先 ほ 中 野 も ち ろ ん 「 BCP を 作 ら な け れ ば な ら な 義 務 づ け る 法 令 は あ る の で し よ う か 。 策 定 に つ い て は , 企 業 の 責 務 と す る , あ る い は べ き 法 令 が あ る と い う こ と で し た が , BCP の ほ ど 防 災 に つ い て は 消 防 法 な ど , 企 業 が 遵 守 す 思 い ま す が , 法 制 度 は ど う な っ て い ま す か 。 先 松 井 BCP の 重 要 性 は 今 日 で は 異 論 は な い と た の で は な い か と 思 う と 残 念 で す 。 れ も 惜 し ま れ る し , 地 域 外 へ の 企 業 流 出 が 防 げ の 力 を 注 ぐ こ と が で き た か も し れ な い の で , そ は 防 げ た と 思 う し , も う 少 し 復 旧 ・ 復 興 に 企 業

ジュリスト 2016年 9月号


う と い う 規 定 に な っ て い る わ け で す 。 で は , そ 法 律 で す 。 文 字 ど お り 被 災 者 の 生 活 基 盤 を お 金 の た め の 支 援 策 は あ る か と い う と , 特 別 な 支 援 で 支 援 し て 生 活 再 建 を 促 す と い う 仕 組 み で す 。 等 は 用 意 さ れ て い な い と い う こ と な の で , 正 に た だ し , 運 用 場 面 で は , 事 業 と 生 活 を 完 全 に 分 こ れ は 企 業 が 自 身 で 事 前 に 準 備 し な け れ ば い け け , 生 活 の 部 分 に は お 金 を 出 す け れ ど も , 事 業 の 部 分 に は お 金 を 出 さ な い と い う ル ー ル が 非 常 な い 法 体 系 に な っ て い る と い う こ と だ と 思 い ま に 厳 格 に 守 ら れ て い ま す 。 例 え ば タ バ コ 屋 さ ん す 。 が あ っ て , 2 階 が 住 居 だ と す る と , 2 階 部 分 に 圧 ニ 重 ロ ー ン に 関 す る 法 制 は 支 援 金 を 出 す が , 1 階 の タ バ コ 屋 が 壊 れ て も 支 援 は し ま せ ん と い う , 一 般 常 識 に 照 ら す と , 松 井 あ り が と う ご ざ い ま す 。 そ れ で は , 個 々 の 問 題 に 入 っ て い き た い と 思 い ま す 。 ま ず , 東 お か し な 運 用 に な っ て い ま す 。 こ の 3 つ が 代 表 的 日 本 大 震 災 で も 問 題 に な っ た し , 遡 れ ば 阪 神 ・ な 支 援 制 度 で す が , 淡 路 大 震 災 な の で し よ う け れ ど も , 二 重 ロ ー ン 根 底 に あ る 救 助 の 思 の 問 題 が あ り ま す 。 こ ち ら は , 個 人 で あ っ て 想 は 制 度 全 体 に 共 通 も , 事 業 者 で あ っ て も 生 じ う る 問 題 で す が , の 二 重 ロ ー ン 問 題 は 東 日 本 大 震 災 を 経 て , 現 在 し て い る と こ ろ が あ は ど の よ う な 解 決 の 法 律 や 枠 組 み が で き て い る り ま す 。 の で し よ う か 。 松 井 中 野 さ ん は , 津 久 井 個 人 に 対 し て は , 被 災 ロ ー ン 減 免 制 企 業 に 対 し て 防 災 や BCP 等 に つ い て ア 度 , す な わ ち 「 自 然 災 害 に よ る 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 す る ガ イ ド ラ イ ン 」 で 対 応 す る 仕 組 み に ド バ イ ス を し て お ら れ る 立 場 だ と 思 う の な っ て い ま す 。 一 方 , 法 人 に は , 債 権 の 買 取 り を し て , 事 業 の 後 押 し を し て い く と い う 仕 組 み で す け れ ど も , 災 害 後 の 救 済 と い う こ と が あ り ま す 。 東 日 本 大 震 災 だ け の 特 例 と い う こ で は , 津 久 井 さ ん の と で , 東 日 本 大 震 災 事 業 者 再 生 支 援 機 構 が 立 ち 上 げ ら れ ま し た 。 同 種 の 事 業 と し て , 中 小 企 業 お 話 と 同 じ 感 想 を お 庁 の 支 援 に 基 づ い て , 各 被 災 県 に 「 産 業 復 興 相 持 ち で す か 。 松 井 秀 樹 中 野 私 も 正 に 津 久 談 セ ン タ ー 」 や 「 産 業 復 興 機 構 」 が 立 ち 上 げ ら れ て , 債 権 買 取 り を 軸 に 支 援 を し て い ま す 。 今 井 さ ん が お っ し や っ た こ と と 同 感 で す 。 企 業 の 関 係 で 言 う と 支 援 策 回 の 熊 本 地 震 で も , REVIC が 同 種 の も の を 創 は ほ と ん ど な い と 思 っ て い た だ い た ほ う が い い 設 す る と の こ と で , 二 重 ロ ー ン の 対 策 に つ い て は , 個 人 に 対 し て は 自 然 災 害 債 務 整 理 ガ イ ド ラ と 思 い ま す 。 私 が 今 BCP の 話 を し て い る の は , イ ン で , 法 人 に 対 し て は 債 権 買 取 り と い う 2 本 だ か ら こ そ , 事 前 に 被 災 を し な い よ う な 準 備 , 被 災 を し て も 大 き な ダ メ ー ジ を 被 ら な い よ う な 立 て で い く と い う の が 定 着 し つ つ あ り ま す 。 松 井 個 人 に つ い て は 債 務 整 理 に 関 す る ガ イ ド 準 備 を し て い き ま し よ う と い う 意 味 で の 事 業 継 続 計 画 , BCP を 策 定 し ま し よ う と い う こ と を ラ イ ン が 策 定 さ れ , 恒 久 的 な 制 度 と な っ て い ま す ね 。 金 融 機 関 も そ れ に 則 っ て 対 応 す る と い う 推 進 し て い る の で す 。 そ し て , 先 ほ ど 津 久 井 さ ん が お っ し や っ た よ こ と で す が , こ れ は 今 年 の 4 月 1 日 か ら 施 行 さ う に , 企 業 は 支 援 側 に 回 れ , と い う の が , 実 は れ , 熊 本 の 震 災 で も 適 用 さ れ て い る わ け で す 今 の 日 本 の 法 体 系 だ と 思 い ま す 。 災 害 対 策 基 本 ね 。 法 で は , 企 業 は 業 務 を 継 続 し て 被 災 者 支 援 対 津 久 井 は い 。 策 , そ れ か ら 防 災 対 策 に 協 力 す る 努 力 義 務 を 負 松 井 法 人 に つ い て は , 恒 久 的 な 制 度 で は な い 14 Matsui Hideki [ Jurist ] September 2016 / Number 1497

ジュリスト 2016年 9月号


う 形 で 辞 令 を 発 出 し て い る 例 は 拝 見 す る よ う に 本 震 の 後 の 余 震 に つ い て は 具 体 的 な 予 見 可 能 性 な り ま し た 。 そ の 意 味 で は , 東 日 本 大 震 災 以 の 認 定 は あ り う る と 思 い ま す が , 本 震 と い う の 降 , こ れ は や は り 他 人 事 で は な い な と い う 印 象 は 予 見 可 能 性 が あ り ま す と は , な か な か 強 く は を , 企 業 の 皆 さ ん は 持 た れ て い る と 思 い ま す 。 言 え な い の か な と い う 気 が し て い ま す 。 た だ し , そ れ は 科 学 技 術 の 問 題 で す か ら , 科 学 技 術 Ⅳ . 安 全 配 慮 義 務 と 予 見 可 能 性 が ど ん ど ん 高 ま っ て い っ て , 地 震 の 予 知 と か , 松 井 東 日 本 大 震 災 で は , 津 波 の 被 害 が あ っ た 地 震 の 予 測 に つ い て も 相 当 程 度 高 ま っ て く る の の が 1 つ の 特 徴 で す 。 そ の 津 波 の 被 害 に 関 し で あ れ ば , そ れ は 予 見 可 能 性 が 高 ま り , ち ゃ ん て , 多 数 の 訴 訟 が 提 起 さ れ , 判 決 が 出 た り , 和 と 対 応 で き る よ う に し て お か な け れ ば い け な い 解 で 解 決 し た り し て い ま す 。 そ の 判 決 を 一 通 り よ , と い う よ う に な っ て く る の で は な い か と 見 て い く と , 問 題 に な っ て い る の は 津 波 被 害 を 思 っ て い ま す 予 見 で き た か と い う 予 見 可 能 性 の 部 分 で す 。 判 松 井 津 久 井 さ ん は , こ の 点 は ど の よ う に お 考 決 に よ り け り で は あ り ま す け れ ど も , 全 体 と し え で す か 。 て は , 抽 象 的 に 津 波 が 来 る こ と の 予 見 可 能 性 に 津 久 井 災 害 に 対 す る も の の 見 方 , 災 害 観 が , と ど ま ら ず , 当 該 事 案 に お い て 津 波 に よ る 具 体 日 本 は 災 害 大 国 だ と い う こ と も あ っ て , 特 に 的 な 被 害 の 発 生 を 予 見 で き た か 否 か を 基 準 に , の 20 年 間 で 目 覚 ま し い 進 化 を 遂 げ て い ま す か 企 業 側 に 安 全 配 慮 義 務 違 反 が あ っ た か 否 か が 判 ら , 20 年 前 で あ れ ば 許 さ れ た こ と も , 今 で は 断 さ れ て い る よ う に 思 わ れ ま す 。 東 日 本 大 震 災 午 さ れ な く な っ て い る と い う 傾 向 が あ り ま す 。 以 降 , 首 都 直 下 地 震 や 南 海 ト ラ フ 地 震 な ど , 大 そ の こ と が , 予 見 可 能 性 の 判 断 に 間 違 い な く 影 震 災 の 可 能 性 が 頻 繁 に 指 摘 さ れ る よ う に な り ま 響 を 与 え て い る で し よ う 。 具 体 的 に ど こ ま で 予 し た が , そ の よ う な 情 勢 に お い て は , 今 後 , 見 す べ き だ っ た か と い う の は , 一 言 で は い え ま の 予 見 可 能 性 に つ い て は , 認 め ら れ や す く な っ せ ん が , 平 時 の 備 え と い い ま す か , ハ ザ ー ド が 起 き る 前 に 何 を 準 備 し た の か と い う こ と が 重 視 て い く と お 考 え で す か 。 中 野 津 波 と い う の は , 地 震 が あ っ た 後 の 津 波 さ れ る 可 能 性 が 高 い 。 だ と , 予 見 可 能 性 と い う の は か な り 具 体 的 な 予 い ず れ に し て も , 世 の 中 の 考 え が 深 ま っ て い 見 可 能 性 と か , そ う い う も の に 高 ま っ て く る と る の で , 訴 訟 リ ス ク は 間 違 い な く 比 較 的 高 ま っ 思 い ま す 。 そ う で は な く て , 首 都 直 下 も そ う で て い ま す 。 勝 ち 負 け は と も か く , こ う す れ ば よ か っ た , あ あ す れ ば よ か っ た と い う 知 見 は い っ す し , 南 海 ト ラ フ も そ う で す け れ ど も , 地 震 自 体 の 予 見 可 能 性 が あ る と い う よ う な 判 断 は な か ば い あ る の で , や る べ き こ と は や っ て お く と い な か 出 な い と 思 う の で す 。 う こ と で な い と , 訴 訟 リ ス ク の 回 避 は 難 し い だ ろ う と 思 い ま す 。 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 の と き に も , 三 菱 倉 庫 と い う 会 社 の 事 件 が あ っ て , 預 か っ て い た 荷 物 が 荷 中 野 私 も そ の よ う に 思 い ま す 。 と に か く 大 き な 損 害 が 発 生 し た 場 合 に は , 必 ず そ れ は 誰 の 責 崩 れ を 起 こ し て , 荷 物 の 物 質 同 士 が 化 学 反 応 を 任 だ と い う 訴 訟 な ど の 話 に な る わ け で す 。 で す 起 こ し て 火 事 に な っ て 燃 え て し ま い ま し た 。 そ か ら , 損 害 を 発 生 さ せ て し ま っ た 時 点 で , も う の 荷 物 の 賠 償 み た い な 形 で 争 い に な っ た 事 件 が 企 業 と し て は マ イ ナ ス な の で す 。 そ う い う 訴 訟 あ り ま す 。 判 決 は , 日 本 は 災 害 大 国 な の だ か ら 地 震 が あ る こ と は 分 か っ て い る , と い う よ う な に な る こ と 自 体 が , 我 々 に と っ て は ダ メ ー ジ の あ る こ と だ か ら , そ れ 自 体 を 防 ぐ と い う の が 防 抽 象 的 な 予 見 可 能 性 で は 予 見 可 能 性 あ り と は 言 災 だ と も 思 い ま す 。 た と え 裁 判 に 勝 っ た と し て わ な い , よ り 具 体 的 な 予 見 可 能 性 が 求 め ら れ る も 損 害 発 生 と い う ダ メ ー ジ は 随 分 残 る と い う こ と 言 っ た の で す ( 東 京 地 判 平 成 11 ・ 6 ・ 22 判 タ と に な り ま す の で , そ れ を 踏 ま え た 準 備 を し な 一 旦 あ っ た 地 震 , 1008 号 288 頁 ) 。 で す か ら , 特 集 / 震 災 と 企 業 法 務 一 三 ロ [ Jurist ] September 2016 / Number 1497

ジュリスト 2016年 9月号


2016 September 9 # 1497 会 社 法 判 例 速 報 労 働 判 例 速 報 独 禁 法 事 例 速 報 知 財 判 例 速 報 時 論 国 際 ビ ジ ネ ス 紛 争 処 理 の 法 実 務 鼎 談 文 特 集 震 災 と 企 業 法 務 Special Fe 猷 u 「 6 震 災 と 企 業 の 対 応 ー 防 災 ・ BCP を 中 心 に 震 災 と 株 主 ・ 投 資 家 対 応 震 災 時 の 労 務 対 応 震 災 と 契 約 法 務 震 災 と 金 融 業 務 松 井 秀 樹 ・ 中 野 明 安 ・ 津 久 井 進 子 会 社 の 粉 飾 決 算 と 親 会 社 の 不 法 行 為 責 任 東 京 高 判 平 成 28 ・ 1 ・ 21 歓 送 迎 会 終 了 後 の 送 迎 行 為 の 業 務 遂 行 性 一 行 橋 労 基 署 長 事 件 最 ニ 小 判 平 成 28 ・ 7 ・ 8 >IT 事 業 分 野 で の 事 業 統 合 に つ い て 水 平 型 及 び 混 合 型 の 企 業 結 合 が 審 査 さ れ た 事 例 ー 公 取 委 発 表 平 成 28 。 6 。 8 延 長 登 録 さ れ た 特 許 権 の 効 力 東 京 地 判 平 成 28 。 3 。 30 外 国 公 務 員 。 民 間 贈 収 賄 の 防 止 法 制 ス ポ ー ツ 界 の 特 殊 性 を 念 頭 に 第 6 回 国 際 的 な 証 拠 調 べ INTRODUCTION 外 国 所 在 書 類 の 提 出 命 令 道 垣 内 正 人 。 古 田 啓 昌 外 国 か ら の 要 請 に 基 づ き 日 本 で 行 わ れ る 証 拠 調 べ 島 田 ま ど か ー 井 泰 淳 松 井 秀 樹 荒 井 太 一 荒 井 正 児 小 田 大 輔 ・ 吉 田 和 央 弥 永 真 生 森 戸 英 幸 東 貴 裕 小 泉 直 樹 広 瀬 元 康 Page 66 67 70 12 30 37 43 49 2 4 6 8 58

ジュリスト 2016年 9月号


津 久 井 「 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 す る 法 で , 事 前 の 備 え の 実 効 性 を 高 め る 必 要 が あ る と 律 」 が 強 化 さ れ て , 耐 震 診 断 が 義 務 化 さ れ た と 思 い ま す 。 し つ か り 対 策 し て い る ビ ル の 隣 に い い 加 減 な 雑 居 ビ ル が あ っ て , 飛 び 火 し た ら 元 も い う こ と は 知 ら れ て い ま す が , さ ら に 一 歩 進 ん で , 「 マ ン シ ョ ン の 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 す る 子 も あ り ま せ ん 。 松 井 多 数 の 者 が 出 入 り , 勤 務 す る ビ ル や 高 層 法 律 」 も , 平 成 26 年 に 大 改 正 さ れ ま し た 。 マ ビ ル に つ い て は , 建 物 の 管 理 権 原 者 が 防 火 管 理 ン シ ョ ン の 管 理 に 関 連 す る 企 業 も 多 い で し ょ 者 を 定 め て 防 火 管 理 を さ せ な け れ ば な ら な い こ う 。 具 体 的 に い う と , 耐 震 性 を 備 え て い な い マ ン シ ョ ン は , 要 除 却 マ ン シ ョ ン 認 定 を 受 け ま と に な っ て い ま す ね 。 中 野 基 本 は , そ う い う 準 備 を さ せ な け れ ば な す 。 そ し て , 特 別 多 数 決 な ど 一 定 の 要 件 を 備 え ら な い , し な け れ ば い け な い 立 場 な の が 防 火 ・ れ ば , 建 替 え や 売 却 も で き る 。 防 災 管 理 者 な の で 耐 震 性 の 劣 る 建 物 に つ い て , 今 は 次 々 に メ ス す 。 準 備 は 管 理 者 が が 入 っ て い る と こ ろ で す 。 日 弁 連 で は , 耐 震 性 全 部 や る こ と に な っ の 劣 る 建 物 に つ い て は , 耐 震 改 修 を 義 務 化 す べ き だ と い う 意 見 書 を 出 し て い ま す 。 て い て , そ れ を や ら 松 井 耐 震 の 診 断 に と ど ま ら ず , 耐 震 改 修 の 義 な い と 罰 せ ら れ る の は 権 原 者 , と い う 関 務 化 を 訴 え て い る の で す ね 。 津 久 井 直 ち に 実 現 す る か ど う か は さ て お い 係 の 中 で や り ま す 。 て , 自 分 の マ ン シ ョ ン の 耐 震 性 は , 自 分 の 建 物 ホ テ ル ニ ュ ー ジ ャ ノ ヾ ン 火 災 の と き に は , だ け の 問 題 で は な く て , 周 囲 に 迷 惑 を か け る と 管 理 権 原 者 で あ る 社 い う 意 識 を 持 た な い と い け ま せ ん 。 長 が 刑 事 責 任 ( 禁 固 松 井 あ り が と う ご ざ い ま す 。 中 野 さ ん は , 防 3 年 の 実 刑 ) を 問 わ 災 に つ い て も 企 業 に 対 し て 助 言 さ れ て い る と 思 う の で す け れ ど も , 東 日 本 大 震 災 以 降 , 防 災 に れ ま し た 。 防 火 管 理 者 も 有 罪 ( 執 行 猶 予 つ い て 企 業 の 対 応 に 大 き な 変 化 は 見 ら れ て い ま 付 き ) と な っ た の で す か 。 中 野 耐 震 診 断 に 関 す る ご 質 問 は 増 え て い ま す 。 中 野 明 安 津 久 井 災 害 に 対 応 す 。 耐 震 診 断 を や ら な け れ ば い け な い け れ ど も 例 え ば , 常 時 お 客 様 が 来 る よ う な 所 で 耐 震 診 断 す る 現 業 組 織 と し て は , 自 衛 隊 , 警 察 , 消 防 が あ り ま す が , 法 令 を す る と , ま ず お 客 様 が び つ く り す る と か , 商 上 , 災 害 の エ キ ス パ ー ト は , 本 当 は 消 防 で す 。 業 施 設 で あ れ ば , 売 場 面 積 が 少 な く な っ て し 国 が 所 管 す る 自 衛 隊 ば か り に ス ポ , ト カ : 当 た 。 ま っ て , 営 業 上 非 常 に 問 題 だ と か , ネ ガ テ イ プ て い ま す が , 本 当 は 市 町 村 や 東 京 都 な と の 所 管 な 印 象 を 持 た れ る こ と が あ り ま す 。 そ れ で も , す る 消 防 が , 職 能 上 は , ど 真 ん 中 ス ト ラ イ ク な 最 近 の 経 営 者 は , 「 で も , や ら な け り ゃ い け な の で す 。 地 域 防 災 に , 地 域 の 人 々 や 企 業 が 一 体 い ん じ ゃ な い の 」 と い う こ と で 前 向 き に や っ て と な っ て 取 り 組 む 際 , 消 防 が 官 民 連 携 の 核 に な く れ る よ う に な っ て き て い ま す 。 ら な い と い け な い と 思 う の で す 。 し か し , 何 か も う 1 つ は , 正 に 災 害 が あ っ た と き の 緊 急 , う ま く い っ て い な い 。 そ う い う 法 整 備 が 消 防 法 応 急 救 助 と い う か , そ の 段 階 で の 準 備 要 員 と に は あ ま り な い の で す 。 消 防 組 織 法 に 少 々 書 い か , 企 業 の 災 害 対 策 本 部 を 立 ち 上 げ る た め の 要 て あ る 程 度 で す 。 員 を 設 定 し て い て , 企 業 の 近 隣 に 住 ん で い る 若 松 井 消 防 法 の ほ か に は 重 要 な 法 律 と し て 何 が 手 の 従 業 員 に 対 し て , 対 策 要 員 と し て い ざ と あ り ま す か 。 な っ た ら そ こ へ 是 非 駆 け 付 け て も ら い た い と い 3 Nakano Akiyasu [ Jurist ] September 2016 / Number 1497

ジュリスト 2016年 9月号


lnformation Lounge 総 務 省 自 治 財 政 局 公 営 企 業 課 理 事 官 ( 前 熊 本 県 総 務 部 長 ) Kimura Takashi 木 村 敬 Jurist CoIumn September 2016 ん な 事 態 が 起 き る と は 全 く 想 像 も つ か な か っ た 。 役 場 を 出 た の が 午 後 10 時 。 そ れ か ら 3 時 間 後 に , あ ら の 応 援 職 員 を 増 や し て 頑 張 り ま し よ う , と 握 手 し て 後 の 対 応 を 語 り 合 い , 翌 日 か ら さ ら に 県 や 他 自 治 体 か 城 町 役 場 に 向 か い , 旧 知 の 西 村 博 則 町 長 や 町 幹 部 と 今 に 大 き な 被 害 が 出 て い な か っ た 。 15 日 夕 刻 , 私 も 益 役 場 も 機 能 し て い た 。 ま し て や , 熊 本 市 は 冒 頭 の よ う 益 城 町 は 混 乱 は し て い た も の の , 電 気 も 通 っ て お り , 源 地 の 上 益 城 郡 益 城 町 が 震 度 7 を 記 録 し た 。 し か し , 4 月 14 日 の 前 震 で は , 熊 本 市 の 東 隣 に 位 置 す る 震 震 に 見 ら れ な い 特 徴 と 言 え る 。 支 払 わ な け れ ば な ら な い と い う 構 造 が , こ れ ま で の 地 わ る 事 態 へ の 対 応 に 行 政 が に 殺 さ れ , 多 大 な コ ス ト を し た こ と に よ り 大 量 の 避 難 者 が 発 生 し , 日 々 刻 々 と 変 郊 を 震 源 と す る 地 震 で , 大 都 市 の ラ イ フ ラ イ ン が 寸 断 「 都 市 ラ イ フ ラ イ ン 寸 断 型 災 害 」 だ と 考 え る 。 都 市 近 当 た り に し た 現 実 か ら , 私 な り に 熊 本 地 震 の 特 徴 は 度 は 政 府 現 地 対 策 本 部 員 と し て 熊 本 に 赴 い た 私 が 目 の と し て 関 わ り , ま た , 発 災 1 カ 月 後 の 5 月 下 旬 に 今 の で は な い 。 し か し , 初 期 の 対 応 に 熊 本 県 庁 で 当 事 者 月 ( 本 稿 執 筆 時 ) の 現 段 階 で は , 軽 々 に 断 定 で き る も 熊 本 地 震 の 特 徴 と は 何 か 。 地 震 発 生 か ら ま だ 3 カ 大 震 災 に な る と は , そ の と き 夢 に も 思 っ て い な か っ 後 に , ま さ か 本 震 が 起 き , 18 万 人 も の 避 難 者 を 生 む に 揺 ら れ な が ら 私 は そ う 願 っ て い た が , そ の 28 時 間 な く や っ て き た 。 「 大 事 に 至 ら な け れ ば 良 い が 」 バ ス て い た も の の , 街 灯 は 普 段 通 り つ い て お り , バ ス も 程 る と , 繁 華 街 の ア ー ケ ー ド は 屋 根 の 一 部 が は が れ 落 ち 遽 会 を 散 会 さ せ て 熊 本 県 庁 へ と 向 か っ た 。 店 の 外 に 出 ら の 送 別 会 中 だ っ た 私 は , 余 り の 強 い 揺 れ に 驚 き , 急 震 が 発 生 し た 。 東 京 へ の 帰 任 が 決 ま り , 熊 本 市 内 で 自 平 成 28 年 4 月 14 日 木 曜 日 午 後 9 時 26 分 , 熊 本 地 [ Jurist ] September 2016 / Number 1497 益 城 町 役 場 か ら 熊 本 市 内 の 家 に 戻 り , 2 日 ぶ り の 風 56 熊 本 地 震 の 現 場 か ら 呂 に 入 っ て 眠 り に つ い た 矢 先 の 4 月 16 日 土 曜 日 午 前 1 時 25 分 。 大 き な 地 鳴 り の よ う な 音 と 共 に , 再 び 大 地 が 激 し く 動 い た 。 マ グ ニ チ ュ ー ド が 6.5 の 前 震 に 比 べ , 7.3 の 本 震 は 私 が 体 感 し た 熊 本 市 に お い て 全 く 質 が 異 な っ た 。 前 震 時 , 食 器 タ ン ス は 中 身 が 大 き く 崩 れ る に 留 ま っ た が , 本 震 時 に は 完 全 に 扉 が 開 き , ほ ば 全 て 床 に 叩 き 付 け ら れ て 粉 々 に 割 れ た 。 そ し て , 電 気 ・ ガ ス ・ 水 道 全 て カ 阯 ま っ た 。 夜 が 明 け て か ら , 私 た ち 公 務 員 は ラ イ フ ラ イ ン が 寸 断 さ れ た こ と の 重 大 さ を 思 い 知 ら さ れ る こ と と な る 。 本 震 発 生 後 , 直 ち に 県 庁 に 赴 き , 県 の 災 害 対 策 本 部 に 常 駐 し た 私 は , 総 務 部 長 と し て 所 管 す る 消 防 の 動 き を 把 握 す る と 共 に , 地 域 振 興 局 等 の 出 先 機 関 や 既 に 前 震 の 被 災 自 治 体 に 派 遣 し て い た 職 員 を 通 じ て , 夜 中 で あ っ た が 情 報 収 集 に 奔 走 し , 前 震 と は 比 べ も の に な ら な い 甚 大 な 人 的 被 害 ・ 住 家 被 害 が 生 じ て い る 可 能 性 が 高 い と 悟 っ た 。 蒲 島 郁 夫 知 事 を 筆 頭 に , 県 の 危 機 管 理 部 局 が 自 衛 隊 や 警 察 , 消 防 な ど と 連 携 し , 人 命 救 助 を 最 優 先 に 必 死 の オ ペ レ ー シ ョ ン で 初 動 対 応 を 行 っ た 。 こ う し た 初 動 対 応 は , 私 も 当 事 者 で は あ る が , 大 き な 成 果 を 上 げ た と あ え て 高 く 評 価 し た い 。 特 に 熊 本 市 と 阿 蘇 地 方 を 結 ぶ 大 動 脈 の 国 道 57 号 線 や 阿 蘇 大 橋 , 俵 山 ト ン ネ ル が 崩 壊 し , 熊 本 市 か ら の 輸 送 路 が ほ ば 途 絶 し た 絶 体 絶 命 の 状 況 の 中 で , 自 衛 隊 ・ 警 察 ・ 消 防 に よ る 大 分 県 側 か ら の 部 隊 投 入 や 米 国 オ ス プ レ イ 機 な ど あ ら ゆ る 手 段 を 駆 使 し て , 人 命 救 助 も さ る こ と な が ら , 孤 立 状 態 に あ っ た 阿 蘇 地 域 の 山 間 集 落 へ の 物 資 搬 送 な ど も 達 成 す る こ と が で き た こ と は , 平 時 か ら の 想 定 と 準 備 , 連 携 し た 訓 練 の 賜 物 で あ っ た 。 と こ ろ が , 人 命 救 助 と 孤 立 集 落 対 策 と い う 当 初 想 定 し て い た 初 動 対 応 に 行 政 機 関 が 奔 走 す る 中 , 熊 本 市 な ど で は , 夜 明 け 前 か ら 新 た な 問 題 が 発 生 し て い た 。 街 に 避 難 者 が 溢 れ 出 た の で あ る 。 4 月 16 日 は , 本 震 の ほ か に 震 度 6 が 3 回 , 震 度 5