検索 - みる会図書館

検索対象: 傷ついた日本人へ

傷ついた日本人へから 180件ヒットしました。

傷ついた日本人へ


な ぜ 大 震 災 は 起 こ っ て し ま っ た の か あ 今 回 、 日 本 の 方 か ら こ の よ う な 質 問 を 頂 き ま し た 。 由 「 東 日 本 大 震 災 は 、 あ ま り に 悲 惨 な 大 災 害 で し た 。 地 震 だ け で は な く 、 津 波 に も 襲 わ れ 、 必 原 子 力 事 故 も 起 き ま し た 。 こ れ も や は り 因 果 な の で し よ う か 。 私 た ち は そ ん な に 悪 い こ に と を し た の で し よ う か 」 た し か に 、 震 災 が こ の 世 に 生 じ た 事 象 で あ る 限 り 、 必 ず 因 が あ り ま す 。 る 起 直 接 的 な 地 震 発 生 の メ カ ニ ズ ム は 、 す で に あ る 程 度 解 明 で き て い る で し よ う 。 地 球 そ で 世 の も の の 活 動 は 、 カ ル マ と 関 係 の な い 物 質 的 な 因 果 関 係 で 起 こ る か ら で す 。 し か し 、 「 震 災 」 と い う 出 来 事 全 体 、 災 害 全 体 で 考 え た 場 合 、 物 理 の メ カ ニ ズ ム だ け 七 で は な い 複 雑 な 因 果 が は た ら い て い ま す 。 第 今 回 の 震 災 で も 、 地 震 の 衝 撃 が 去 っ た 後 に 、 巨 大 な 津 波 が 襲 っ て き て 街 全 体 が の み こ 169

傷ついた日本人へ


圧 倒 的 な 悲 劇 を 嘆 く の は 当 然 の こ と ら し か し 、 簡 単 に 消 え る こ と の な い 強 い 悲 し み が あ る の も 事 実 で す 。 圧 倒 的 な 運 命 や 悲 冖 劇 を 前 に す れ ば 、 嘆 き 悲 し む の は 当 然 で す 。 特 に こ の た び の 日 本 は 、 東 日 本 大 震 災 と い う 凄 ま じ い 災 害 が 起 こ り ま し た 。 地 震 だ け そ で な く 、 津 波 に よ っ て 街 が の ま れ 、 原 発 事 故 で 放 射 性 物 質 が 飛 び 散 っ て し ま っ た 。 み な 負 さ ん は 凄 ま じ い 悲 し み や 恐 布 を 感 じ た こ と で し よ う 。 私 も あ ま り の 痛 ま し さ に 涙 を 流 さ み 悲 ず に は い ら れ ま せ ん で し た 。 や み た し か に 日 常 の ち ょ っ と し た 嫌 な こ と は 、 気 分 転 換 を し た り 少 し 時 が 経 っ た り す れ ば し 苦 た い て い す ぐ に 消 え 去 る も の で す 。 し か し 、 震 災 の よ う な 妻 ま じ い 悲 し み は 、 簡 単 に 忘 四 れ ら れ る も の で は あ り ま せ ん 。 一 時 的 に 忘 れ て い て も 、 ふ と 気 づ け ば 蘇 っ て き て し ま う 。 消 し 去 る こ と な ど と て も で き ま せ ん 。

傷ついた日本人へ


ま た 高 野 山 で の 講 演 を 終 え た 後 、 ダ ラ イ ・ ラ マ 十 四 世 は 被 災 地 に 赴 き 、 法 要 と 講 演 を 行 っ た 。 十 一 月 六 日 、 仙 台 市 で 次 の よ う に 語 っ て い る 。 「 今 回 は 被 災 さ れ た 方 と 直 接 悲 し み を 共 有 し た い と 思 い 、 被 災 地 に お 伺 い す る こ と を 決 め ま し た 。 宮 城 県 石 巻 市 と 仙 台 市 、 そ し て 福 島 県 郡 山 市 の 三 箇 所 で す 。 津 波 の 被 害 が あ っ た 石 巻 市 で は 、 ま だ 街 が 壊 れ た ま ま 取 り 残 さ れ て お り 、 そ の 想 像 以 上 の 悲 惨 な 光 景 に 大 変 胸 が 痛 み ま し た 。 そ れ で も こ の 町 の お 寺 に 行 く と 、 遺 族 の 方 々 が 涙 な が ら に 迎 え て く だ さ っ た の で す 。 私 も 涙 が 溢 れ て く る の を 止 め る こ と が で き ま せ ん で し た 。 実 際 に 被 災 者 の 方 か ら は 『 今 も 恐 怖 感 が 拭 え な い 』 『 ふ と 悲 し み が 襲 っ て き て し ま う 』 『 自 分 の し て い る こ と に 無 力 感 を 覚 え る 』 と い う 声 を 聞 き ま し た 。 時 が 経 っ て も な お 、 震 災 が も た ら し た 苦 し み や 悲 し み と 戦 っ て い る の で す 。 ま た 東 北 だ け で な く 日 本 中 の み な さ ん も ま た 、 今 回 の 震 災 に 大 き な 不 安 や シ ョ ッ ク を 覚 え た こ と で し よ う 。 突 然 の 大 き な 恐 布 に さ ら さ れ て 、 知 ら ず 知 ら ず の う ち に ず い ぶ ん

傷ついた日本人へ


ダ ラ イ ・ ラ マ 法 王 を 迎 え て チ ベ ッ ト と 日 本 の 絆 因 果 応 報 と 自 業 自 得 死 ん で も 消 え な い カ ル マ を ど う す れ ば い い の か な ぜ 大 震 災 は 起 こ っ て し ま っ た の か 人 間 が 起 こ し た こ と は 人 間 が 解 決 で き る こ れ か ら も 日 本 の み な さ ん と 185 178

傷ついた日本人へ


二 〇 一 一 年 十 月 二 十 九 日 、 ダ ラ イ ・ ラ マ 十 四 世 は 日 本 を 訪 れ た 。 高 野 山 大 学 創 立 百 二 十 五 周 年 の 記 念 講 演 を 行 う た め 、 そ し て 東 日 本 大 震 災 の 被 災 地 で 犠 牲 者 の 慰 霊 と 法 話 を 行 う た め で あ る 。 震 災 後 の 日 本 で 講 演 を 行 う の も 、 被 災 地 を 訪 れ る の も 、 法 王 に と っ て こ れ が 初 め て の こ と だ っ た 。 何 日 に も わ た る 長 時 間 の 講 演 も き わ め て 異 例 の こ と だ 。 本 書 は 、 今 回 の 来 日 で 法 王 が 語 っ た メ ッ セ ー ジ を 、 高 野 山 大 学 を は じ め 、 関 係 各 位 の ご 厚 意 に よ り 収 録 し 再 構 成 し た も の で あ る 。 講 演 の テ ー マ は 仏 教 の 基 本 的 な 教 え に 始 ま り 、 真 の 幸 福 を 得 る に は ど う し た ら い い カ 、 本 書 の な り た ち

傷ついた日本人へ


し み は 、 ま さ に 外 因 的 な も の で す 。 た ぐ い た だ し こ の 類 の 苦 し み は 、 そ の 原 因 さ え な く な れ ば 取 り 除 か れ る も の で す 。 薬 で 病 気 が 治 療 で き れ ば 問 題 な い で す し 、 人 間 関 係 が う ま く い く よ う に な れ ば そ の 苦 し み は 当 然 ら な く な り ま す 。 っ と こ ろ が 今 回 の 震 災 は ど う で し よ う 。 地 震 そ の も の は す ぐ に 収 ま り 、 津 波 も す で に 引 き 、 街 は 少 し ず つ き れ い に な っ て い る 。 震 災 そ の も の の 傷 跡 は 徐 々 に 消 え て い き つ つ あ そ け る の に 、 み な さ ん の 心 の 苦 し み や 悲 し み は な か な か 収 ま っ て い な い よ う に 思 い ま す 。 も ち ろ ん 復 興 の 道 の り が ま だ 遠 い 状 況 を 考 え ま す と 、 苦 し み の 原 因 が す ぐ な く な る と み し い づ ら い で し よ う 。 そ れ で も 、 今 日 も 被 災 者 の 方 が 、 「 悲 し い こ と は 少 し ず つ 忘 れ や み て い き た い け れ ど 、 時 々 ふ と 強 い 悲 し み が わ き 上 が っ て き て し ま う 。 そ れ を 乗 り 越 え て 苦 い く に は も の す ご い 時 間 が 必 要 だ と 思 う 」 と お っ し や っ た よ う に 、 苦 し み が む し ろ 強 く 四 な っ て い る と 感 じ る 人 さ え い る の で す 。 第 実 は 今 、 震 災 で 生 じ た 苦 し み が 、 外 因 的 な も の か ら 精 神 的 な も の ヘ 変 化 し て い る の で

傷ついた日本人へ


が 亡 く な っ て し ま っ た と き の こ と で す 。 普 段 で あ れ ば 、 ど ん な こ と に も な る べ く 感 情 に 左 右 さ れ な い よ う 気 を つ け て い た の で す が 、 そ の と き は あ ま り に 悲 し く 、 そ の シ ョ ッ ク を ず っ と 引 き ず っ て し ま い ま し た 。 ら で も 、 私 は 彼 が 生 き て い る 間 に 、 た く さ ん の 教 え を 自 分 に 与 え 残 し て く れ た こ と に 気 冖 づ い た の で す 。 先 生 の 教 え を 必 ず 実 現 し よ う 、 意 志 を 引 き 継 い で い こ う 、 そ う 思 っ た と き 、 悲 し み は 前 向 き な 力 や 勇 気 に な り ま し た 。 彼 の 存 在 が と て も 偉 大 で 、 そ の 死 の 悲 し そ み が 大 き か っ た か ら こ そ 、 決 意 は よ り 強 く な っ た の で す 。 負 み も ち ろ ん 震 災 に 限 ら ず 、 逆 境 に 苦 し む 人 、 悩 み を 抱 え る 人 、 悲 し み に 心 砕 か れ て い る 悲 人 は 大 勢 い る は ず で す 。 人 生 を 生 き て い く 限 り 、 必 ず 何 度 も 難 し い 状 況 に 直 面 す る も の み で す 。 苦 し か し 、 落 ち 込 ん で い る だ け で は 前 に 進 め ま せ ん 。 な ん と か 乗 り 越 え ら れ る は ず と 自 四 分 を 信 じ て く だ さ い 。 そ の 気 持 ち 一 つ で 次 の 一 歩 が 踏 み 出 せ ま す 。 そ し て 、 そ の 逆 境 を 成 長 で き る チ ャ ン ス だ と 切 り 替 え る の で す 。 そ う や っ て ど ん な 苦 8

傷ついた日本人へ


こ う し て 復 活 を 遂 げ た 日 本 の み な さ ん で す か ら 、 今 回 も 同 じ よ う に 復 興 を 遂 げ 、 さ ら に 良 い 国 づ く り を な さ る 力 が あ る 、 そ う 私 は 信 じ て い ま す 。 か っ て の 戦 争 を 知 ら な い 若 い 方 に は 特 に そ れ を 信 じ て 欲 し い 。 か ね て よ り 、 日 本 人 は 大 変 勤 勉 な 国 民 性 と 強 い 精 神 防 力 を 持 っ て い る の で す 。 由 震 災 を 元 に 戻 す こ と は で き ま せ ん 。 悲 し い こ と で す が 、 す で に 起 き て し ま っ た こ と で ず す 。 も ち ろ ん 震 災 に 限 ら ず 、 み な さ ん の 周 り に は た く さ ん の 苦 難 や 困 難 が あ ふ れ て い る 必 で し よ 、 つ 。 で も 、 そ の 事 実 に 悲 し ん だ り 怒 っ た り し 続 け る の で は な く 、 こ の 苦 難 を 必 ず 乗 り 越 え る 起 よ う と い う 意 志 に 変 え て い っ て く だ さ い 。 そ し て そ の 決 意 や 自 信 を も っ て 苦 難 に 立 ち 向 で 世 か っ て く だ さ い 。 そ の 姿 勢 に よ っ て 現 実 的 な ビ ジ ョ ン を 見 通 す こ と が で き 、 問 題 解 決 の 糸 口 に た ど り つ け る で し よ う 。 七 ま た 、 一 生 懸 命 努 力 し て 再 び 立 ち 上 が る こ と が で き た な ら ば 、 そ れ は み な さ ん の 強 い 3 第 自 信 に な る は ず で す 。 人 は よ き 方 向 、 正 し い 理 由 に 基 づ い て 行 動 し て い る と き に 強 い 信

傷ついた日本人へ


ま れ た り 、 原 発 事 故 に よ る 放 射 能 汚 染 が 日 本 中 に 広 が っ た り と 、 災 害 は 二 重 三 重 に 重 な り ま し た 。 多 く の 人 が 家 族 を 亡 く さ れ た り 、 家 を 失 っ た り 、 住 む 場 所 を 追 わ れ た り し ま し た 。 被 災 の 状 況 は 人 に よ っ て 様 々 で し よ う が 、 そ れ ぞ れ 色 々 な こ と で 傷 つ き 、 不 安 に な り 、 苦 労 を さ れ た こ と で し よ う 。 こ れ ほ ど の 震 災 と な る と 、 そ の 大 き さ と 複 雑 さ ゆ え 、 因 果 関 係 を 単 純 に 読 み 解 く こ と は 大 変 難 し い こ と で す 。 カ ル マ は 長 い 時 間 を か け て 積 み 重 な っ て 巨 大 化 し 、 因 や 縁 が 非 常 に 複 雑 に 絡 ま り あ い な が ら 、 様 々 な 条 件 が つ い に 揃 っ て し ま っ た 。 そ れ が あ の 三 月 十 一 日 だ っ た の で す 。 あ る 因 は 津 波 の 被 害 と な り 、 あ る 因 は 原 発 事 故 と な り 、 そ う や っ て 様 々 な 被 害 が 次 々 引 き 起 こ さ れ て し ま い ま し た 。 だ か ら と い っ て 、 被 災 者 の 方 が 特 別 に 悪 い カ ル マ を 抱 え て い た か と い う と 、 決 し て そ う で は あ り ま せ ん 。 こ の よ う に 強 大 で め っ た に 発 生 し な い 出 来 事 は 、 個 人 の カ ル マ で 引 き 起 こ さ れ る レ ベ ル で は な く 、 社 会 全 体 と し て の カ ル マ 、 世 界 共 通 の カ ル マ の レ ベ ル の 出 来 事 で す 。 大 勢 の 方 が 一 度 に 同 じ 類 の 苦 し み を 味 わ っ た と い う こ と が そ の 現 れ で し ょ 170

傷ついた日本人へ


苦 し み や 悩 み を ど う コ ン ト ロ ー ル す る か 、 こ の 世 界 の 成 り 立 ち や 生 命 ・ 字 宙 の し く み 等 々 、 非 常 に 多 岐 に わ た る 。 一 貫 し て い る の は 、 仏 教 の 教 え を 根 底 に し て 、 人 類 共 通 の 真 理 を 追 究 し 、 世 界 の 平 和 と 人 々 の 幸 福 を 実 現 し た い と い う 願 い だ っ た 。 ま た 、 震 災 を 通 じ て 傷 つ い た 日 本 人 の 心 を い た わ り 、 い か に し て こ の 苦 し み と 向 き 合 う べ き か を や さ し く 解 き 明 か し 、 そ し て 必 ず や 困 難 を 乗 り 越 え ら れ る と 強 く 励 ま し た 。 ダ ラ イ ・ ラ マ 十 四 世 は 、 こ の 高 野 山 で の 講 演 を 振 り 返 っ て こ う 語 っ て い る 。 「 こ れ ほ ど 長 い 時 間 、 日 本 の み な さ ん と お 話 し す る こ と は ほ と ん ど あ り ま せ ん で し た か ら 、 私 に と っ て も 非 常 に 充 実 し た 時 間 で し た し 、 様 々 な 刺 激 を 頂 き ま し た 。 日 本 仏 教 の 伝 統 に ふ れ る こ と で 、 共 に 仏 教 を 学 ぶ 者 同 士 の 絆 も 強 く 感 じ ま し た 。 ま た 、 今 回 特 に 特 別 だ っ た の は 、 高 野 山 と い う 講 演 場 所 で す 。 霊 場 で も あ る 非 常 に 神 聖 な 場 所 に 長 く 滞 在 し な が ら 講 演 が で き た こ と は 、 大 変 貴 重 な 機 会 で し た 。 み な さ ん に と っ て こ の 講 演 が 、 生 き る 意 味 を 見 つ め 直 す き っ か け と な り 、 『 心 の 平 和 』 を 築 く 手 立 て に な っ た ら と 願 っ て い ま す 」