検索 - みる会図書館

検索対象: 文學界 平成28年11月号

文學界 平成28年11月号から 288件ヒットしました。

文學界 平成28年11月号


こ り と な っ た よ う だ 。 ( 「 新 潮 」 二 〇 一 一 一 年 四 月 号 ) こ こ で 桐 野 は 、 大 江 ら と 同 様 に 震 災 に よ り 失 語 状 態 に あ っ た と 語 っ て い る 。 し か し 、 桐 野 の 言 葉 は 、 大 江 ら の 反 応 と は 少 し 異 質 の も の で あ る 。 桐 野 は 、 想 像 を 絶 す る 事 態 に 失 語 状 態 に な っ た だ け で な く 、 「 言 葉 に な ど し て は い け な い の で は な い か 、 と い う 自 制 が 生 ま れ 」 た と 語 っ て い た 言 語 化 へ の た め ら い 、 言 語 化 す る こ と へ の 忌 避 感 を 口 に し た の は 、 彼 女 だ け で は な か っ た 。 詩 人 で あ り 作 家 で あ る 平 田 俊 子 は 、 こ う 語 っ て い る 。 震 災 を テ ー マ に 詩 を 書 く こ と の 是 非 を 問 わ れ る 気 が し ま し た 。 ど こ に 住 ん で い る の か 、 被 災 地 と の 関 わ り が ど の 程 度 あ る か に よ っ て 、 震 災 を 詩 に す る の か 、 あ る い は 控 え る の か 。 個 々 人 が 試 さ れ た と 思 い ま す 。 私 は 東 北 に 住 ん だ こ と は な い し 、 親 類 縁 者 も い な い 。 何 か 言 い た い け れ ど も 、 自 分 が 言 う 立 場 に あ る の か 、 と も 田 5 う 。 こ の 事 態 と ど う 向 き 合 え ば い い の か 悩 み ま し た 。 ( 「 鼎 談 震 災 と 詩 歌 ー 過 去 、 現 在 、 そ し て 未 来 と 向 き 合 う 『 言 葉 』 た ち , 「 文 藝 」 一 一 〇 一 五 年 夏 季 号 ) 自 身 も 福 島 の い わ き 市 へ と 向 か う 途 上 津 波 に 遭 い 被 災 者 と な り 、 そ の 経 験 を 『 暗 い 夜 、 星 を 数 え て ー 3 ・ Ⅱ 被 災 鉄 道 か ら の 脱 出 』 に ま と め た 彩 瀬 ま る も ま た そ の 後 書 き で 震 災 に つ い て 書 く こ と へ の 忌 避 感 に つ い て こ う 記 し て い る 。 震 災 直 後 、 「 被 災 の ル ポ を 」 と い う 話 を 編 集 さ ん か ら 頂 き 、 ま ず 思 っ た の は 「 は た し て 私 に そ れ を 書 く 資 格 が あ る の か ー と い う こ と で し た 。 私 は あ く ま で 通 り す ぎ て く 一 旅 行 者 と し て あ の 地 に 留 ま っ て い た に 過 ぎ ず 、 現 地 の 方 々 の 生 ま れ た 土 地 を 波 に え ぐ ら れ た 悲 哀 、 大 切 な 人 を 失 っ た 身 の 凍 る よ う な 喪 失 感 、 そ れ ま で の 暮 ら し を 奪 わ れ た 苦 悩 を 、 け し て 分 か ち 合 え る 立 場 で は あ り ま せ 業 作 ん で し た 。 の 喪 平 田 は 、 東 北 に 縁 も ゆ か り も な い 自 分 に 震 災 の こ と を 書 く タ い わ れ が あ る の か を 問 う た 。 福 島 を 旅 行 中 に 被 災 し た 彩 瀬 は 、 カ 自 分 に は 「 書 く 資 格 」 が な い の で は な い か と 言 う 。 二 人 の 疑 念 は 正 当 な も の に 思 わ れ る 。 と す れ ば 、 東 北 で 暮 ン ら し 、 震 災 の 被 害 を 受 け た 者 だ け が そ れ に つ い て 書 く 資 格 が あ る こ と に な る し か し 、 も し 、 そ う な ら 、 な ぜ 震 災 で 家 族 を 失 っ た 者 た ち 合 が 、 そ の 経 験 を 語 る こ と で さ ら に そ の 心 の 傷 を 深 め る こ と に な る の か 。 東 北 に 縁 の な い 平 田 も 東 北 を た ま た ま 旅 行 中 だ っ た 彩 瀬 も 書 く 資 格 が な い と 考 え た 。 そ し て 震 災 で 家 族 を 失 っ 災 た 者 た ち ま で 、 そ の 喪 失 感 を 言 葉 に す る こ と を 躊 躇 し た 。 震 な ら ば 、 一 体 誰 が そ の 経 験 を 言 葉 に す る 資 格 が あ る の か 人 そ れ は 、 震 災 で 最 も 大 き な 損 失 を 被 っ た 者 だ ろ う 。 最 大 の 喪 失 と は 、 生 命 の 喪 失 で あ る 。 本 当 に 震 災 を 語 る 資 格 を 有 す る 者 が い る と し た な ら 、 そ れ は 震 災 で 命 を 失 っ た 者 以 外 に な

文學界 平成28年11月号


評 論 震 災 の 衝 撃 と メ ラ ン コ リ ー 人 は 、 堪 え 難 い 悲 し み か ら ど の よ う に 癒 や さ れ る の だ ろ う 震 災 か ら 五 年 半 余 り の 歳 月 が 流 れ た 。 年 が 明 け て か ら 震 災 フ ィ ク シ ョ ン を 題 材 と し た 虚 構 の 小 説 が 陸 続 と 出 版 さ れ て い る 。 天 童 荒 太 『 ム ー ン ナ イ ト ・ ダ イ バ 1 』 、 彩 瀬 ま る 『 や が て 海 へ と 届 く 』 、 真 山 仁 『 海 は 見 え る か 』 、 穂 高 明 『 青 と 白 と 』 、 桐 野 夏 生 『 バ ラ カ 』 、 熊 谷 達 也 『 希 望 の 海 』 な ど だ 。 こ れ ら の 作 品 の 発 刊 自 体 、 作 家 や 読 者 が 震 災 に 距 離 を 置 い し ゴ 、 イ こ し カ 人 よ 震 災 ) ) 、 に 向 き 合 っ た か メ ラ ン コ リ ー ・ カ タ リ ・ 喪 の 作 業 千 葉 一 幹 て 接 す る こ と が 可 能 に な っ て い る 証 左 と も い え る 。 し か し 、 震 災 が 起 き た 当 初 の 作 家 の 反 応 は 、 現 在 と は 全 く 異 な る も の で あ っ た 。 震 発 生 直 後 、 そ の 惨 事 を 目 の 当 た り に し た 作 家 た ち の 多 く は 表 現 こ そ 違 え 、 同 じ こ と を 語 っ て い た よ う に 田 5 う 。 た と え ば 、 大 江 健 三 郎 は 、 『 晩 年 様 式 集 』 冒 頭 の 「 前 口 上 と し て 」 で 、 震 災 の 衝 撃 に つ い て 語 っ て い る 。 そ こ で 大 江 は 、 そ れ ま で 自 分 の 書 い て い た 「 長 編 小 説 ー へ の 「 興 味 を 失 っ た 」 と し 、 「 こ れ ま で の 仕 方 で 本 を 読 み 続 け る こ と が で き な く な 」 り 、 「 読 み 始 め る と す ぐ 、 心 こ こ に あ ら ず と い う ふ う に . な る 」 と 「 ル し て い る 。 さ 、 ら に 、 こ の 小 説 出 版 を 機 に し た ロ

文學界 平成28年11月号


き な 痛 手 で あ っ た は ず だ 。 に も か か わ ら ず 、 彼 は 立 派 に ラ ジ オ の 講 演 を 成 し 遂 げ た 。 し か し そ の ラ ジ オ 講 演 の 成 功 が 彼 に は 母 親 に 対 す る 裏 切 り 行 為 と 感 じ ら れ た の だ 。 講 演 の 成 功 は 、 母 の 死 が あ た か も 大 き な 問 題 で な か っ た か ら だ と 思 わ れ る だ ろ う 。 実 際 は そ う で な い の に 、 何 事 も な か っ た か の よ う に 講 演 を 見 事 に し 遂 げ て し ま っ た 自 分 が 許 せ な い と 彼 は 思 っ た の ご 。 だ か ら 、 錯 乱 に 近 い 混 迷 に 陥 っ こ 。 震 災 の も た ら す サ バ イ 、 ハ 1 ズ ・ ギ ル ト の 問 題 を 考 察 す る う え で よ り 相 応 し い 例 を も う ひ と っ 挙 げ よ う 。 阪 神 淡 路 大 震 災 発 生 直 後 か ら 精 神 科 医 と し て 避 難 所 を 訪 問 し 精 神 科 救 護 活 動 に 従 事 し た 安 克 昌 は 、 震 災 で 家 族 を 亡 く し た 人 の 心 の ケ ア の 問 題 を 考 え る 手 が か り に な っ た も の と し て 娘 を 事 故 で 失 っ た 女 性 患 者 の 例 を 挙 げ て い る 。 「 別 に 生 き て い て も し よ う が な い ん で す 。 娘 の 思 い 出 に ひ た っ て 生 き て い た い ん で す 。 娘 の こ と を 忘 れ た く な い ん で す 。 お 酒 を 飲 む と 、 娘 が い た と き の 記 憶 に も っ と ひ た れ る よ う に な る ん で す 」 。 「 こ う や っ て 落 ち 込 ん で い る 方 が 、 娘 が そ ば に い る 気 が す る 。 私 が 元 気 に な っ た ら 娘 が 遠 ざ か っ て し ま う 」 。 ( 『 心 の 傷 を 癒 す と い う こ と 』 増 補 改 訂 版 ) こ の 女 性 は 、 震 災 で 家 族 を 失 っ た わ け で は な い が 、 彼 女 の 言 葉 は 、 サ バ イ バ ー ズ ・ ギ ル ト が 如 何 な る も の か 端 的 に 示 し て い る 。 娘 の 死 に よ っ て 出 来 た 心 の 傷 か ら 癒 や さ れ る こ と 自 体 が 彼 女 の 罪 責 意 識 を 刺 激 す る の だ 。 家 族 や 恋 人 と い っ た 愛 す る 者 を 失 っ た 人 は 、 心 に 大 き な 痛 手 を 抱 え る 。 そ う し た 人 た ち の グ リ ー フ ・ ケ ア に お い て そ の 体 験 を 言 語 化 す る こ と が 一 時 期 推 奨 さ れ た そ う し た 治 療 法 の 一 つ に O — ( 緊 急 事 態 ス ト レ ス デ ブ リ 1 フ ィ ン グ ) が あ る 。 災 害 発 生 後 七 一 一 時 間 以 内 に 被 災 者 を 集 め 、 そ の 体 験 を 話 し 合 う 機 会 を 提 供 す る も の で あ る 。 こ の に つ い て 、 斎 藤 環 は 、 近 年 そ の 効 果 が 疑 問 視 さ れ 、 業 あ ま っ さ え 、 そ れ は ( 心 的 外 傷 後 ス ト レ ス 障 害 ) を 引 の き 起 こ し や す く す る と い う 研 究 も あ る と 指 摘 す る ( っ フ ク シ 喪 マ 気 あ る い は 被 災 し た 時 間 。 「 新 潮 」 二 〇 一 二 年 一 月 号 ) 。 タ カ 家 族 を 失 っ た 悲 し み を 話 す こ と 、 言 葉 に し て 外 化 す る こ と は 、 体 験 を 自 身 か ら 引 き 離 す こ と に つ な が る か ら こ そ 、 そ れ ン は 癒 や し ど こ ろ か そ の 痛 手 を さ ら に 大 き く す る こ と に つ な が る の だ 震 災 直 後 、 被 災 者 が 慰 め や 励 ま し の 言 葉 を か け ら れ た と き の 特 徴 的 反 応 が あ る 。 池 澤 夏 樹 は 、 山 浦 さ ん と い う 大 船 渡 の 医 師 の 経 験 に つ い て 向 こ , フ っ て い る 。 昔 か ら よ く 知 っ て い る 老 い た 患 者 が や っ て き た 。 診 察 し な が ら 「 生 き て い て よ か っ た な 」 と 言 う と 、 「 だ け ど 、 人 俺 よ り 立 派 な 人 が た く さ ん 死 ん だ 」 、 と 言 っ て 泣 く 。 気 づ い て み る と 患 者 と 手 を 取 り 合 っ て 泣 い て い る 、 医 者 な

文學界 平成28年11月号


あ る い は 言 葉 の 、 無 力 さ を 素 朴 に 表 明 す る こ と で 被 災 者 の 仲 あ る い は そ う あ る べ き だ と い う 信 仰 告 白 で も あ り 、 そ う し た 意 識 そ の も の が 極 め て 近 代 的 特 権 意 識 の 表 れ で あ る こ と は す 間 に 入 る の で な く 、 そ う し た 言 説 を 茶 化 す こ と で 「 作 家 意 で に ピ エ 1 ル ・ プ ル デ ュ ( 『 芸 術 の 規 則 』 ) ゃ あ る い は ポ ー 識 」 に 批 評 的 距 離 を 置 き 、 安 易 に 当 事 者 性 を 確 保 し よ う と は ル ・ べ ニ シ ュ 1 す ま い と す る こ と で 間 接 的 な が ら 当 事 者 性 を 維 持 し よ う と い ( 『 作 家 の 聖 別 』 ) の 研 究 を 通 じ て 明 ら か に さ う こ と で あ っ た 。 れ て い る か ら だ 。 『 恋 す る 原 発 』 の ク ラ イ マ ッ ク ス と も い え る 、 原 発 の 前 で 二 文 学 の 無 力 さ の 表 明 自 体 、 凄 惨 と も 言 え る 震 災 の 現 実 を 前 万 人 で セ ッ ク ス す る シ ー ン を 撮 影 す る と い う 設 定 の 意 味 も 当 に し た 素 直 な 言 葉 で あ る の だ が 、 そ れ は 悪 意 を 以 て 解 釈 す れ ば 、 家 族 を 失 い 家 を 流 さ れ た 被 災 者 に 対 し て 、 あ な た が た も 事 者 性 に 距 離 を 置 く こ と で か ろ う じ て 当 事 者 性 を 獲 得 し よ う と す る こ と に あ る と 一 言 え よ , フ 大 変 で し よ う が 、 わ れ わ れ 作 家 も ま た 信 じ て い た 文 学 の 無 力 す で に 指 摘 さ れ て い る よ う に こ の 二 万 人 と い う 数 は 、 震 災 さ を 痛 感 さ せ ら れ た 悲 痛 な 経 験 を し た の だ と 告 白 し 、 被 災 の の 死 者 ・ 行 方 不 明 者 の 数 を 示 す も の で あ る 。 そ う し た 数 で の 当 事 者 た ら ん と す る 言 葉 と も 取 れ る の だ セ ッ ク ス シ ー ン は 端 的 に は 死 者 へ の 冒 濆 と い う こ と に な る 。 仙 台 に 住 み 震 災 の 被 害 を 直 接 被 り あ ま っ さ え 故 郷 の 気 仙 沼 そ う し た 冒 漬 的 表 現 が 必 要 と さ れ た の は 、 震 災 発 生 以 後 に 日 の 悲 惨 な 状 況 を 震 災 発 生 直 後 に 目 に し 、 そ の 経 験 を 元 に 作 家 の 中 で も 最 も 激 烈 な 言 葉 を 綴 っ た 熊 谷 達 也 は 、 一 一 〇 一 一 年 七 本 中 を 覆 っ た 死 者 へ の 追 悼 と 自 粛 の 空 気 へ 抵 抗 す る た め で あ る 月 号 の 「 群 像 」 の エ ッ セ イ で 「 三 月 十 一 日 以 後 、 仙 台 に 住 む な ぜ 抵 抗 せ ね ば な ら な い の か 。 そ れ は 、 追 悼 を 、 本 当 に 追 私 は 、 中 央 か ら 発 信 さ れ る 言 葉 の 多 く に 、 妙 に 苛 立 ち 、 腹 が 悼 を 必 要 と し た 者 た ち の 元 へ 送 り 返 す た め だ 。 立 っ て 仕 方 の な い 日 々 が 続 い て い る 。 腹 が 立 っ 言 葉 を 運 ん で 二 万 人 の 死 者 ・ 行 方 不 明 者 が い る と い う こ と は 、 そ の 数 倍 く る 媒 体 も 様 々 だ が 、 い つ も の よ う に 送 ら れ て き た 各 出 版 社 の 遺 族 ・ 関 係 者 が い る と い う こ と で あ る 。 仮 に 十 倍 い る と し の 小 説 誌 ( 四 月 発 売 の 五 月 号 ) に は 、 正 直 、 反 吐 が 出 そ う に よ っ こ 0 て 二 〇 万 人 だ 。 そ れ は 膨 大 な 数 だ が 、 そ れ 以 外 の 者 に は そ の ナ こ ん な と き に 、 暢 気 に 小 説 な ん か 書 い て い る 場 合 か ? 書 か せ て い る ほ う も 阿 呆 だ が 、 書 い て る ほ う も 輪 を か 死 は 無 関 係 な も の で あ る 。 け て 阿 呆 だ 」 と 書 い て い る 。 現 在 日 本 で は 日 々 三 〇 〇 〇 人 前 後 の 人 々 が 病 気 や 事 故 等 で 亡 く な っ て い る 。 一 週 間 で 震 災 の 死 者 ・ 行 方 不 明 者 と 同 等 以 熊 谷 の 言 葉 は 、 被 災 者 の 心 情 を 代 弁 し て あ ま り あ る も の だ 。 上 の 人 が 亡 く な っ て い る こ と に な る 。 し か し 、 わ れ わ れ は 特 作 家 の 表 明 し た 痛 恨 の 念 な ど 実 際 に 被 災 し た 者 に は ヘ の 突 っ 張 り ほ ど の 価 値 も な か っ た は ず だ 。 に 家 族 や 知 人 が そ の 中 に 含 ま れ な い 限 り 、 何 事 も な い よ う に 生 活 を 送 っ て い る 。 震 災 の 時 の み 、 無 関 係 な 人 間 ま で も 追 悼 だ か ら 、 高 橋 が 『 恋 す る 原 発 』 で と っ た 方 法 は 、 文 学 の 、 210

文學界 平成28年11月号


す と 、 年 間 の 被 曝 量 は 、 簡 易 計 算 で ・ 行 ミ リ シ ー ベ ル ト に な る 。 こ れ は 、 原 発 事 故 発 生 前 の 年 間 被 曝 許 容 量 で あ る 1 ミ リ シ ー ベ ル ト は お ろ か 、 そ の 後 改 定 さ れ た ミ リ シ 1 ベ ル ト も は る か に 上 回 る 量 で あ る 。 * 2 引 用 に 際 し 、 『 つ な み 被 災 地 の こ ど も 人 の 作 文 集 』 を 参 照 、 引 用 し た 文 章 は 、 森 健 『 「 つ な み 」 の 子 ど も た ち 作 文 に 書 か れ な か っ た 物 語 』 に 依 っ た 。 * 3 野 家 の 「 物 語 の 哲 学 』 で 引 用 さ れ た 箇 所 は 、 「 そ し て 倭 訓 栞 」 以 下 の 箇 所 で あ る が 、 本 論 の 趣 旨 を 明 療 に す る た め 、 野 家 の 引 用 箇 所 よ り 少 し 前 の 部 分 か ら 引 用 し た 。 ー ・ ラ イ ヒ と な っ て し * 4 ラ カ ン の 本 文 で は 、 こ の 分 析 家 は 、 ア ニ る が 、 注 に は マ ー ガ レ ッ ト ・ リ ト ウ ル の 間 違 い と 記 さ れ て お り 、 本 論 に お い て も そ の 注 に 従 っ た 。 * 5 震 災 後 の 文 学 状 況 に つ い て 、 田 中 和 生 は 「 震 災 前 後 を 結 ぶ 」 ( 「 新 潮 ー 一 一 〇 一 五 年 四 月 号 ) で 、 ポ ス ト モ ダ ン 的 小 説 の 書 き 方 が 無 効 と な る 一 方 で 、 私 小 説 的 小 説 が 求 め ら れ て い る と 指 摘 し て い る 。 こ の 私 小 説 を リ ア リ ズ ム と 取 れ ば 、 田 中 の 主 張 に も 賛 同 で き る 。 し か し 、 疑 問 が あ る 。 私 小 説 と ポ ス ト モ ダ ン 文 学 を 両 極 の よ う に 指 摘 す る 点 。 フ ラ ン ス の ヌ ー ヴ ォ ー ロ マ ン に お い て は 、 フ ロ ー ベ ー ル の 「 ポ ヴ ァ リ ー 夫 人 』 が そ の 源 流 と し ば し ば 指 摘 さ れ る 。 「 ポ ヴ ァ 丿 1 夫 人 』 は リ ア リ ズ ム 文 学 の 嚆 矢 で も あ る が 、 そ れ が メ 1 ヴ ・ ロ マ ン っ ま り ポ ス ト モ ダ ン 式 の 物 語 批 判 の 小 説 の 源 流 に も な っ て い る の は 、 そ の 描 写 の 過 剰 が 物 語 の 進 行 を し ば し ば 破 綻 さ せ た り す る か ら だ 。 作 家 の 日 常 を 描 く 私 小 説 は 、 そ の 点 で リ ア リ ズ ム 文 学 と も 言 え る ( 自 然 主 義 か ら 派 生 し た と い う 文 学 史 的 流 れ か ら 言 っ て も リ ア リ ズ ム 系 統 で あ る ) 。 か っ 私 小 説 は 、 話 ら し い 話 が な い 小 説 と し て 物 語 批 判 の 小 説 と も 取 ら れ る こ と が あ る 。 こ う し た 点 か ら 私 小 説 と ポ ス ト モ ダ ン 小 説 と を 対 極 に 置 く の は 、 無 理 が あ る 。 む し ろ 震 災 後 は 、 私 小 説 を 批 判 し た 基 準 と な る よ う な 、 ヨ ー ロ ッ パ の 一 九 世 紀 的 小 説 、 す な わ ち 物 語 性 を 濃 密 に 持 っ た 小 説 こ そ 、 現 実 離 れ し た 小 説 と し て 受 け 入 れ カ た い 状 況 に あ っ た と 言 う べ き だ ろ う 。 * 6 し か し 、 熊 谷 の 虚 構 の 仙 河 海 市 を 舞 台 に し た 連 作 、 仙 河 海 サ 1 ガ の よ う な も の に は 否 定 的 な 見 解 を 持 っ て い る 。 震 災 直 後 あ れ だ け 激 烈 な 言 葉 で 虚 構 の 文 学 を 批 判 し た の だ か ら 、 な ら ば 、 む し ろ 被 災 の 現 実 を 知 る 者 と し て 、 徹 底 的 な リ ア リ ズ ム の 作 品 を 目 指 す べ き で は な い か 。 熊 谷 の 連 作 を 読 ん で も 、 ど こ か き れ い 事 過 ぎ る よ う に わ れ て し ま う 。 た と え ば 、 『 歳 の 語 り 部 』 の 高 校 生 た ち が 記 し て い る よ う に 、 被 災 地 で は 、 窃 盗 も 発 生 し て い た し 、 避 難 所 で も 救 援 物 資 の 奪 い 合 い の よ う な こ と が 起 き て い た 。 す べ て の 被 災 地 で そ う だ っ た わ け で は な い が 、 震 災 発 生 時 で も 人 々 が 整 然 と 我 慢 強 く 待 ち 続 け た と い っ た 礼 節 を 守 る 日 本 人 あ る い は 東 北 人 の イ メ 1 ジ が 喧 伝 さ れ た が 、 そ う で な い 人 々 も 実 際 に い た の だ 。 そ れ を 批 判 し た い の で は な く 、 少 な く と も 美 談 で 固 め る よ う な 書 き 方 に は 違 和 感 を 覚 え る 。 そ の 点 で 桐 野 夏 生 の 「 バ ラ カ 』 は 、 単 な る 美 談 で 終 わ ら ず 、 人 間 の 一 一 面 性 を 描 き 出 し て い る 点 で 震 災 発 生 五 年 後 に 震 災 を テ 1 マ と し て 書 か れ た 小 説 の 中 で は 傑 出 し て い る 。 た だ 、 今 求 め ら れ て い る の は 、 虚 構 の 物 語 よ り も 、 大 岡 昇 平 の 『 レ イ テ 戦 記 』 の よ う な 、 決 し て ル ポ ル タ ー ジ ュ で は な い 、 作 家 の 書 い た リ ア リ ズ ム 文 学 で は な い か と 思 っ て い る 。

文學界 平成28年11月号


そ れ で も 、 た く さ ん の 人 の 罹 災 の 話 を 聞 い た け れ ど も 、 「 な ん で 俺 が こ ん な 目 に 遭 わ な け れ ば な ら な い の か ? と い う 恨 み の 言 葉 に は つ い に 出 会 わ な か っ た 。 日 本 人 は 、 東 北 人 は 、 気 仙 人 は 、 あ つ ば れ で あ る と 山 浦 さ ん は 言 う 。 ( 『 春 を 恨 ん だ り は し な い ー 震 災 を め ぐ っ て 考 え た こ と 』 自 身 の 体 験 を 過 小 評 価 す る よ う な 言 葉 は 、 こ の 老 人 に 限 っ た こ と で は な い 。 宮 城 県 で ボ ラ ン テ ィ ア 活 動 を 行 っ て い た チ 1 ム 王 冠 の 伊 藤 健 哉 さ ん が 在 宅 被 災 者 へ の 支 援 活 動 を 続 け る 中 で 出 会 っ た 最 初 の 壁 は 、 津 波 浸 水 地 域 の ど こ に 行 っ て も 、 「 ほ か の 人 を 助 け て あ げ て 」 と い う 言 葉 だ っ た と い う ( 岡 田 広 行 『 被 災 弱 者 』 ) 。 つ ま り 自 分 も 被 災 者 だ が 、 家 族 を 失 い 家 を 流 さ れ た 人 に 比 べ れ ば 、 そ の 不 幸 は 大 し た も の で は な い と い う こ と だ 。 そ し て こ う し た 言 動 が 現 れ た の は 、 東 日 本 大 震 く . た け で は な か っ た 。 安 克 昌 は 、 阪 神 淡 路 大 震 災 時 、 同 僚 と し て 働 い て い る 医 師 や 看 護 師 の 中 に は 、 自 分 自 身 も 被 災 者 で あ る 者 た ち が い た か 彼 ら に 「 『 た い へ ん で し よ う 』 と 声 を 掛 け て も 、 『 命 が 助 か っ た だ け よ か っ た で す 』 、 『 だ い じ よ う ぶ で す 』 、 『 地 震 な ん だ か ら 仕 方 が な い で す 』 、 と 自 分 の 被 害 を 控 え め に 話 」 し て い た と 指 摘 し て い る ( 安 ・ 前 掲 書 ) 。 こ の よ う に 自 分 の 被 災 経 験 を 過 小 評 価 す る の は 、 よ り 大 き な 被 害 を 受 け た 者 が い る か ら だ が 、 そ う し た 言 葉 に も 、 家 族 を 失 っ た 人 た ち が 示 す 癒 や さ れ る こ と へ の 拒 絶 と 同 じ 心 的 機 制 が 働 い て い る と 考 え ら れ る 家 族 を 失 っ た 痛 手 か ら 癒 え る に は 、 そ の 経 験 を 言 語 化 す る こ と が 不 可 欠 だ ろ う 。 し か し 、 失 わ れ た 存 在 が 、 そ の 人 に と っ て か け が え の な い も の で あ れ ば あ る だ け 、 そ の 喪 失 感 を 言 葉 に し て 痛 手 か ら 癒 や さ れ る こ と そ の も の が 当 人 に は 許 し が 力 い 裏 切 り 行 為 に 感 じ ら れ る の だ 。 安 の 患 者 で あ っ た 女 性 の 「 落 ち 込 ん で い る 方 が 、 娘 が そ ば に い る 気 が す る 」 と い う 言 葉 は 、 か け が え の な い 人 を 失 っ た 者 の 心 の 有 り 様 を 直 截 伝 え る も の で あ る 。 こ う し た 痛 切 な 経 験 を 言 語 化 す る こ と へ の 拒 否 に 、 本 論 の 冒 頭 で 触 れ た 作 家 達 が 震 災 直 後 に 示 し た 表 現 す る こ と へ の 疚 し さ の 問 題 を 考 察 す る 上 で の 示 唆 が 見 出 せ る 。 大 江 健 三 郎 や 高 橋 克 彦 と い っ た 作 家 た ち は 、 言 葉 へ の 不 信 感 を 抱 き 、 作 家 と し て 危 機 的 状 態 に あ っ た 。 そ れ は メ ラ ン コ リ 1 だ と し た の だ が 、 こ う し た 作 家 た ち と 同 様 に 言 葉 へ の 不 信 感 を 口 に し た 別 の 作 家 が い た こ の 春 震 災 の 経 験 を お 涙 頂 戴 式 の 安 易 な 美 談 で な く 、 極 め て 批 評 的 な 意 識 を 以 て 書 か れ た 『 バ ラ カ 』 と い う 作 品 へ と 結 晶 化 さ せ た 桐 野 夏 生 で あ る 。 桐 野 夏 生 は 、 震 災 直 後 に 自 身 が 抱 い た 思 い を こ う 記 し て い 激 し い 肉 体 的 苦 痛 と 、 腰 を 抜 か す ほ ど の 恐 怖 の 中 で 死 ぬ の は 絶 対 に い や だ と 思 っ て い た が 、 そ ん な 想 像 な ど 遥 か に 超 え た 災 い と 無 惨 な 大 量 死 を 見 た 。 そ の 時 、 言 葉 に で き な い も ど か し さ 、 い や 、 一 一 一 一 口 葉 に な ど し て は い け な い の で は な い か 、 と い う 自 制 が 生 ま れ て 、 私 の 中 で 硬 い し る 。

文學界 平成28年11月号


「 助 け て 」 と い う 叫 び を あ げ 手 を 伸 ば し た 者 の 手 を 握 る こ と の 出 来 な か っ た 者 が い た 。 年 老 い た 祖 母 の 手 を 引 い て 逃 げ る 時 、 津 波 に 飲 み 込 ま れ 思 わ ず そ の 手 を 離 し て し ま っ た 者 が い 親 子 で 倒 壊 し た 家 屋 の 下 敷 き に な り 、 子 供 の 救 出 を 救 助 者 に 依 頼 し つ つ も 自 身 し か 救 助 さ れ な か っ た 者 が い た 。 そ う し て 生 き 残 っ た 者 た ち は 、 そ れ ぞ れ に 自 身 が 助 か っ た こ と に 罪 の 意 識 を 抱 え ね ば な ら な か っ た 。 彼 ら の 罪 責 意 識 ( サ バ イ バ ー ズ ・ ギ ル ト ) は 、 死 ん で い っ た 者 の 無 念 さ の 裏 返 し で あ る 。 だ か ら 、 生 き 残 っ た 者 が そ う し た 経 験 を 語 る こ と は 、 死 そ れ は ま た 、 者 の 無 念 さ を 代 弁 す る こ と に な る は ず だ 。 だ が 、 本 来 な ら ば 、 死 者 が 語 る べ き 言 葉 を 詐 取 す る こ と で も あ る 作 家 た ち が ロ に し た 、 自 分 に は 書 く 資 格 が あ る の か と い う 問 い は 、 死 者 に 成 り 代 わ っ て 書 く こ と の 是 非 を 巡 る 問 い カ け で あ っ た の だ 。 震 災 の 一 番 の 当 事 者 が 、 震 災 で 死 ん で い っ た 者 た ち だ と す れ ば 、 そ れ に つ い て ハ ナ ス こ と の 出 来 る 者 は 、 死 者 の み に な る 。 も と よ り 死 者 は ハ ナ ス こ と は 出 来 な い 。 と す れ ば 、 震 災 に つ い て 本 当 に ハ ナ ス こ と が 出 来 る も の は 誰 も い な い こ と に な る 。 作 家 が 、 震 災 に つ い て 書 く こ と に た め ら い を 感 じ た の も そ う し た こ と で あ っ た は ず だ し 、 ま た 被 災 者 で あ っ た 彩 瀬 で す ら そ の 資 格 を 問 わ ね ば な ら な か っ た の も 、 同 じ 理 由 に よ る 。 被 災 者 が 自 身 の 被 害 の 度 合 い を 過 小 評 価 す る の も 最 大 の 被 害 者 で あ る 死 者 を 意 識 し て の こ と で あ ろ う 。 し か し ま た 、 死 者 以 外 に 本 当 の 当 事 者 が い な い と し た ら 、 誰 も 震 災 の こ と を ハ ナ ス こ と は 出 来 な く な る 。 だ か ら こ そ 人 は た め ら い な が ら も 、 震 災 の 経 験 を 死 者 に 成 り 代 わ っ て 言 葉 に す る の だ 。 そ こ で 問 題 に な る の が 、 で は 、 震 災 の 経 験 を い か に し て 、 一 一 一 口 葉 に す る か だ 。 こ こ で 再 度 ハ ナ シ と カ タ リ の 差 異 が 浮 上 す る こ と に な る 。 『 恋 す る 原 発 』 ー ハ ナ シ と カ タ リ 2 ハ ナ シ は 即 興 性 、 自 由 性 を そ の 特 質 と し 、 カ タ リ は 規 則 性 が そ の 本 質 に あ る と 述 べ た 震 災 の 経 験 を 言 語 化 す る 際 に 求 め ら れ た の は 、 何 よ り 当 事 者 性 で あ っ た 。 桐 野 や 平 田 あ る い は 被 災 者 で あ っ た 彩 瀬 ま で 、 震 災 の 経 験 の 言 語 化 に 疚 し さ を 覚 え た の は 、 自 分 が 当 事 者 性 を 持 ち 得 て い な い 、 あ る い は 現 場 に い た が 単 な る 一 旅 行 者 と し て そ こ に 居 合 わ せ た だ け で 充 分 に 当 事 者 性 を 持 っ て い な い と 考 え た か ら だ っ た 。 先 に ハ ナ シ と カ タ リ の 差 異 に つ い て 論 じ た 際 に ふ れ た 、 少 女 の 作 文 や 『 サ ン ・ ガ ル 年 表 』 が ハ ナ シ に 近 い も の で あ っ た の は 、 そ れ ら に は カ タ リ の 持 っ 特 性 で あ る 規 則 性 、 換 言 す れ ば 、 因 果 性 が 欠 落 し て い る か ら で あ っ た 。 少 女 の 作 文 や 『 サ ン ・ ガ ル 年 表 』 の 脈 絡 の な さ が 、 逆 に そ こ に 記 さ れ た 事 件 の 甚 大 さ を 伝 え ま た 現 場 を 知 る 者 の 衝 撃 の 大 き さ を 示 し て い る と 思 わ れ た の だ 。 裏 を 返 す と 、 規 則 性 す 6 神 様 ー

文學界 平成28年11月号


状 況 だ 。 福 島 県 民 の う ち い ま だ 一 〇 万 人 に 近 い 人 々 が 避 難 生 し て お り 、 何 よ り 明 る か っ た 。 当 時 関 東 で は 、 原 発 事 故 の 影 響 で 電 力 不 足 が 懸 念 さ れ 、 街 で は ネ オ ン が 軒 並 み 消 さ れ 、 駅 活 を 送 っ て い る 。 だ か ら 震 災 経 験 風 化 の 危 機 が 叫 ば れ も す る 。 勿 論 、 震 災 の 経 験 を 忘 れ て よ い わ け は な い 。 し か し 、 そ れ と や デ パ ー ト も 節 電 の た め に 電 灯 が 半 分 外 さ れ た り し て い て 、 は 別 に 死 者 と の 絆 を 断 ち 切 り 、 快 活 な 生 を 人 が 再 度 見 出 す こ ど こ も か し こ も 薄 暗 か っ た 。 だ か ら 名 古 屋 の 駅 や ビ ル の 明 る さ は 驚 き で あ っ た 。 驚 、 ( た た け で な く 、 実 は 正 直 少 し ほ っ と と 、 そ れ は い わ ば 裏 切 り な の だ が 、 そ の よ う な 死 者 へ の 裏 切 り を 肯 定 す べ き だ と 思 う 。 容 易 な こ と で は な い と し て も 。 な ぜ あ の と き 私 は ほ っ と し た の か 私 自 身 震 災 で 何 か を 失 避 難 所 で 悲 劇 に う ち 沈 む 人 た ち の 中 に あ っ て 、 何 事 も な か っ た わ け で は な い が 、 津 波 で 家 族 を 亡 く し 家 を 流 さ れ た 人 に っ た よ う に 微 笑 む 嬰 児 の 姿 は 、 救 い と な ら な か っ た だ ろ う か 被 災 を 知 ら ぬ 者 、 そ れ は 、 や が て は 死 者 へ の 思 い を 切 り 捨 て 業 思 い を 寄 せ 、 ま た 福 島 第 一 原 発 か ら 放 出 さ れ た 放 射 能 に 怯 え の 生 の 方 へ と 歩 み を 進 め る 自 分 の 姿 の 、 遥 か 遠 い 兆 し の よ う に つ つ 関 東 で 暮 ら し た 私 に と っ て 、 そ う し た 震 災 と は 無 縁 に 見 喪 え る 人 々 ( 実 際 は そ う で も な か っ た か も し れ な い が ) 、 そ う し た 思 わ れ な い だ ろ う か タ カ 他 者 の 存 在 が 救 い の よ う に 感 じ ら れ た の だ 村 田 の 小 説 は 、 自 身 の 癌 と ひ た す ら 向 き 合 お う と す る 者 の 姿 を 描 く こ と で 、 そ う し た 被 災 と は 切 り 離 さ れ た 生 の あ り 方 一 フ ロ イ ト の 言 う 喪 の 作 業 の 規 定 を も う 一 度 思 い 起 こ そ う 。 を 描 い て み せ た 。 そ れ は 、 被 災 者 が 、 や が て は 被 災 か ら 切 り 愛 す る 者 を 失 っ た 者 た ち は 、 し ば し ば そ の 死 に 責 任 を 感 じ 、 死 者 と 運 命 を 共 に す べ き と 感 じ た り す る 。 し か し 、 や が て 人 離 さ れ た 生 を 歩 む こ と の で き る 予 兆 で は な い か 。 は 本 当 に 死 者 と 運 命 を と も に す べ き か 決 断 を 強 い ら れ 、 つ い 『 焼 野 ま で 』 の 「 わ た し 」 を 貫 く 放 射 線 の 光 の 東 は 、 鎮 魂 の 一 物 語 と は 別 の 救 済 の 光 を 、 そ の よ う な 形 で の 、 堪 え 難 い 悲 し に は 亡 く な っ た 者 と の 絆 を 断 ち 切 る こ と を 甘 ん じ て 決 断 す る に 至 る 。 こ う し た フ ロ イ ト の 指 摘 は 、 結 局 死 を 他 者 に 起 き た み か ら の 癒 や し の 可 能 性 を 指 し 示 し て い る の で は な い か 。 事 柄 と し て 引 き 受 け る と い う こ と を 示 唆 し て い る 。 な ぜ 、 震 災 と 無 縁 に 見 え る 人 々 の 存 在 が 救 い に な る の か そ れ は 、 愛 す る 者 を 失 っ た 喪 の 悲 し み が い ず れ は 癒 や さ れ る こ と 、 つ ま り 愛 す る 者 の 死 を 他 者 の 死 と し て 引 き 受 け る こ と が 、 そ の よ う に 震 災 と は 無 縁 と 見 え る 他 者 の 存 在 に よ っ て 予 兆 の よ う に 示 さ れ て い る と 感 じ る か ら だ 。 他 者 の 死 は 他 者 の 死 で し か な い と 認 め る こ と 、 そ れ が 生 の 始 ま り な の だ 。 震 災 後 五 年 以 上 の 歳 月 が 過 ぎ て も 、 復 興 し た と は 言 い 難 い 註 * 1 こ の 母 親 が 二 〇 一 一 年 に 一 時 帰 省 し た 際 に 、 郡 山 市 の 自 宅 周 辺 の 放 射 線 量 を 計 測 す る と 雨 樋 の 下 で は 毎 時 4 マ イ ク ロ シ ー ベ ル ト の 値 が 出 た と い う 。 こ の 放 射 線 量 の と こ ろ で 毎 日 4 時 間 過 ご 221 人 は 震 災 に い か に 向 き 合 っ た か

文學界 平成28年11月号


の だ ろ う 。 そ の こ と は 、 ホ ワ イ ト が ヘ 1 ゲ ル の 「 歴 史 哲 学 」 を 援 用 し て い る こ と か ら も 推 測 可 能 だ 「 道 徳 」 と い う 語 を そ れ が 通 常 意 味 す る 善 悪 の 判 断 基 準 と い う も の よ り も 広 く 、 歴 史 を 編 成 す る 起 動 力 と な る 「 目 的 Ⅱ 終 末 」 と い う 意 味 で 使 っ て い る と 解 釈 す れ ば 、 理 解 可 能 だ ろ う 。 地 震 と 津 波 に よ る 被 害 を 目 に し た 作 家 た ち が 、 一 様 に 作 家 と し て の 無 力 感 を 訴 え た の も 、 地 震 や 津 波 と い っ た 自 然 災 害 に は 、 「 道 徳 ー を 設 定 し 、 そ れ を 歴 史 化 Ⅱ 物 語 化 す る こ と は 不 可 能 だ か ら だ 。 当 時 都 知 事 で あ っ た 石 原 慎 太 郎 が 地 震 と 津 波 に 対 し て 「 天 罰 」 と 呼 び 、 大 き な 反 感 を 買 っ た こ と が そ の こ と を 裏 打 ち し て い る 。 石 原 の 言 葉 が 、 津 波 で 家 族 や 親 し い 者 を 失 っ た 遺 族 の 傷 口 に 塩 を 塗 る よ う な 発 言 で あ っ た こ と も さ る こ と な が ら 、 自 然 災 害 を 「 天 罰 」 と い う 、 あ ま り に 単 純 な 物 語 へ と 回 収 し よ う と す る こ と へ の 違 和 感 が 、 そ の 反 感 の も う 一 つ の 要 因 と し て あ っ た 。 4 ハ ナ シ と カ タ リ 歴 史 を 構 成 す る 元 素 と な る 事 件 や 経 験 を 「 道 徳 」 に よ っ て 歴 史 へ と 編 成 す る こ と は 、 も と よ り 事 後 的 に お こ な わ れ る こ と だ 。 事 件 と 事 件 と を 因 果 の 糸 で 結 ぶ こ と は 、 そ れ が 経 験 さ れ て い る 最 中 で は 困 難 で あ る か ら だ 。 言 う ま で も な く 『 サ ン ・ ガ ル 年 表 』 に し ろ 、 震 災 の 被 災 者 と な っ た 少 女 の 作 文 も 事 後 的 に 書 か れ た も の で あ る 。 し か し 、 そ れ ら が あ る 生 々 し さ の 感 覚 を 持 っ て い る の は 、 そ こ に 因 果 と い う 事 後 性 の 一 つ の 指 標 と な る 要 素 が 欠 け て い る か ら だ 。 少 女 の 作 文 の 持 っ 特 性 は 、 た と え ば 同 じ よ う に 実 際 の 被 災 者 の 書 い た 文 章 を 集 め た 『 3 ・ Ⅱ 慟 哭 の 記 録 』 と 比 べ れ ば 明 ら か に な る た と え ば 、 石 巻 市 の 大 川 小 学 校 に 通 う 娘 を 亡 く し た 女 性 の 文 章 は こ う だ 。 3 月 日 長 女 の 無 事 を 伝 え る た め 自 宅 に 帰 り ま し た 。 そ の 日 の 午 後 、 震 災 か ら 五 日 目 、 初 め て 釜 谷 の 現 場 に 行 き ま し た 。 娘 を 探 し て あ げ た く て 、 大 川 小 学 校 の あ る 現 場 へ 夫 と 一 一 人 自 転 車 で 向 か い ま し た 。 震 災 後 初 め て 見 た 大 川 小 学 校 校 舎 と 釜 谷 部 落 。 何 が ど う な っ た の か 、 な ん で 校 舎 の 上 に カ レ キ が い つ ば い あ る の か ? 北 上 大 橋 も 途 中 で 切 れ て る し : ・ あ の 街 並 み は 涙 が あ 子 供 達 の 笑 顔 は ふ れ て き ま し た 。 ダ メ だ あ こ ん な 所 ま で 津 波 が 来 た ん だ あ ? 愛 は ど こ ま で 行 っ た の か 、 探 し て あ げ る 事 で き る か な あ ? で も 、 も し か し た ら 山 に 逃 げ て い る か も し れ な い と い う 一 途 な 願 い を 胸 に 、 そ の 日 か ら 捜 索 の 日 々 が 始 ま り ま し た 。 ( 中 略 ) 毎 日 毎 日 ガ レ キ の 上 、 山 の 中 、 水 の 中 と 生 死 の わ か ら な い 我 が 子 を 探 す た め に 歩 き ま し た 。 も し か し た ら と 思 い 、 山 に 向 か っ て 「 愛 " ・ お か あ さ ん だ よ " " 迎 え に 来 た よ D も う 布 く な い か ら 出 て お い で " 【 と 呼 び か け 事 6 し た 。

文學界 平成28年11月号


古 川 の 『 馬 た ち ょ 、 そ れ で も 光 は 無 垢 で 』 は 、 小 説 家 が 一 一 万 に 近 い 死 者 ・ 行 方 不 明 者 の 出 た 現 場 に 赴 き そ れ に 向 き 合 い そ れ を 渾 身 の カ で 描 こ う と し た 「 無 残 な 」 し か し 貴 重 な 成 果 で あ る 。 こ こ に お い て 、 古 川 の 作 品 と 川 上 や 高 橋 の 作 品 と の 差 異 が 浮 上 し て く る 。 古 川 の 作 品 に 現 れ る 引 き 裂 か れ た 感 覚 が 、 上 や 高 橋 の 作 品 に は な い の だ な ぜ だ ろ う 。 そ れ は 、 川 上 の 『 神 様 2011 』 も 高 橋 の 『 恋 す る 原 発 』 も 福 島 第 一 原 発 の 放 射 能 汚 染 を 主 題 化 し た も の で あ る か ら だ 。 対 し て 、 古 川 の 『 馬 た ち ょ 、 そ れ で も 光 は 無 垢 で 』 は 、 放 射 能 汚 染 の 問 題 と 同 時 に 津 波 に よ る 被 害 を 視 野 に 収 め て い る 。 こ こ に 東 日 本 大 震 災 に お け る 、 も う 一 つ 別 の 当 事 者 性 の 問 題 が 露 頭 し て い る 。 8 津 波 と 放 射 能 汚 染 地 震 に よ り 関 東 圏 で 暮 ら す 者 た ち も そ れ な り の 被 害 が あ っ 液 状 化 現 象 で 家 に 住 め な く な っ た 者 も い た し 、 崩 落 事 故 に 巻 き 込 ま れ 死 ん だ 者 も い る 。 し か し 、 東 北 の 沿 岸 部 を 襲 っ た 津 波 の 被 害 に 比 べ れ ば 、 関 東 で の 被 害 の 多 く は 、 被 災 し た と い う の も 憚 ら れ る よ う な も の だ っ た 。 地 震 と そ の 後 の 津 波 の 被 害 に つ い て は 、 関 東 も 含 め 、 東 北 以 外 の 地 に 暮 ら す ほ と ん ど の 者 に と っ て そ れ は 、 敢 え て 言 え ば 、 他 人 事 で あ っ た 。 し か し 、 原 発 事 故 は 、 関 東 に 暮 ら す 者 も 一 挙 に 被 災 者 に し た 。 と い う よ り も 、 こ れ は 斎 藤 環 が 「 ク フ ク シ マ 気 あ る い は た 災 だ 事 つ あ 津 い を 事 だ ウ 津 に 発 被 う な 被 が ら 先 と ー い 災 っ さ 古 か し 他 。 故 い り 波 え 発 川 者 。 ン 波 暮 に 災 に こ っ と 者 た ら 川 ら た 方 に て え の 、 表 上 に そ 事 に ら お し 、 ろ の い に は に は だ と 古 よ は た 直 被 し ゃ な れ 故 関 す け た 関 で 要 う は ず 南 、 0 同 川 る 当 か 接 災 得 高 つ に は し 人 る 時 東 、 因 矛 な だ 下 作 時 が 放 事 ら 的 者 た 橋 た よ 、 て 間 メ 間 で 放 で 盾 り 。 す 品 に 引 射 者 で 被 と の が 。 り 一 他 の ル 暮 射 あ し 得 し れ の 原 き 能 と あ 害 し は わ 挙 人 多 ト で ら 能 る た な か ば 中 発 裂 汚 い つ 者 た 、 震 れ に 事 く ダ 繰 す 汚 。 あ い し 、 で か か 染 う た で 原 関 災 わ 自 で を ウ り 者 染 り 。 ま 当 。 な 発 東 発 れ 分 あ 潜 ン 返 ら れ に も の 方 当 た 時 被 の る つ は っ く 事 に 生 も た っ 在 の し 原 被 が 事 、 確 曝 の い 遠 ま と 故 暮 後 ま ち た 性 問 強 発 災 、 者 彼 実 せ は て い り も を ら の た に 地 と 題 調 事 に 古 で は に よ 能 、 作 す 早 、 降 震 し は し は と 故 は 川 あ 、 放 汚 福 当 こ 川 原 品 者 い 地 り と て 、 て に も の り そ 射 と 染 島 事 ろ 上 発 の を 時 震 か い の 福 い 作 な の 能 ロ で の 者 に も 事 テ 、 期 の か う 被 島 る つ う 品 が 地 に に 被 沿 で あ 高 故 ー 潜 に 被 っ 出 災 の 点 て つ に ら を よ す 災 岸 あ っ 橋 な マ 在 震 害 た 来 者 避 だ し 部 っ た も ら に 的 災 の 災 事 に 難 が は 別 お 、 訪 る る た 一 津 ば し な を 現 厄 を し 勧 当 の け 当 れ 被 た は 、 た 告 福 と 方 波 、 た レ 扱 場 に 事 問 る 事 て 曝 実 地 者 題 分 者 も の 際 で 津 い で の 当 か べ つ に 変 メ 。 地 島 い え ル っ 区 第 で が 裂 た 津 値 相 も 波 う 、 被 事 ら ル た こ 原 害 者 だ と 小 あ あ の り 波 は 馬 あ で る た ト ま 以 一 っ 被 と 発 に で 。 は 説 当 の ダ り 外 原 も 得 の 上 か 2 リ 人 は 震 災 に い か に 向 き 合 っ た か メ ラ ン コ リ ー ・ カ タ リ ・ 喪 の 作 業