検索 - みる会図書館

全データから 28693件見つかりました。
ローマ・フィレンツェ・ヴェネツィア・ミラノ 1999-2000

上手に利用して、気軽に、効率よく小旅行 現地発着ツアー ローマ、ミラノ、フィレンツェ、ヴェネッイアといった大都市に 加え、郊外の中小都市にも魅力いつはいのイタリア。あちこち回 りたいときの強い味方カ地発着ツアーた。少人数で気軽に参加 でき、効率よく観光できるうえ、日本語ガイド付きなので安心。 ※ツアー情報は、 1999 年 9 月までのものです。それ以降に関しては、マイノヾス・イタリー社にお問合せ下さい。 出発都市 ツアー名 催行・出発時間・所要時間・料金 メモ 祝除く毎日 / 出発 A 7 時 B 7 最少催行人員 1 名 / 昼食付き。古代都 ローマ ナポリ・ポンヘイ 1 日観光 時 20 分 C 7 時 30 分 / 所要 1 1 市ポンペイの遺跡、メルジェリーナ港、 時間 / 大人凵 9 月 ナポリ市街、カメオ工場見学など 毎日 / 出発 A8 時 30 分 B8 時 最少催行人員 1 名 / トレヴィの泉、コ ローマ市内午前半日観光 50 分 C9 時 / 所要 3 時間 / 大 ロッセオ、サン・ピエトロ大聖堂なと 人 L 6 万 5000 をまわり、ショッピンクも楽しめる 毎日 / 出発 A7 時 B7 時 20 分 最少催行人員 6 名 / 昼食付き。聖フラ C 7 時 30 分 / 所要 1 0 時間 / 大人 アッシシ 1 日観光 ンチェスコ寺院、聖キアーラ教会を見 学。ノースリープ、短パン不可 L19 月 日祝除く毎日 / 出発 A8 時 IO 分 最少催行人員 1 名 / 特製イヤホン付き。 バチカン美術館半日観光 B 7 時 40 分 C 7 時 50 分 / 所要 世界有数の美術館の見逃せない名作は 3 時間 / 大人 L. 9 万 かりを見学 毎日 / 出発 A20 時 20 分 B 19 最少催行人員 1 名 / 情熱と哀愁のイタ カンツオーネ・ティナー 時 50 分 C20 時 / 所要 3 時間 リア民謡をイタリア料理とともに味わ 30 分 / 大人 LI 5 万 うタベ。 9 歳未満参加不可 毎日 / 出発 A8 時 30 分 B8 時 最少催行人員 6 名 / 午後コースは出発 ローマの休日半日観光 50 分 C 9 時 / 所要 3 時問 30 A 13 時 30 分 B 1 3 時 50 分 C 1 4 時。 分 / 大人 L 6 fi5000 「ローマの休日』のロケ地を訪ねる 月祝除く毎日 / 出発 A8 時 30 分 最少催行人員 6 名 / 午後コースは出発 チホリ半日観光 B8 時 50 分 C9 時 / 所要 3 時 A 1 3 時 30 分 B 1 3 時 50 分 C 14 時。 問 30 分 / 大人 L. 8 h5000 ビラ・テステを散策する 月祝除く毎日 / 出発 A8 時 30 分 最少催行人員 6 名 / 午後コースは出発 オスティア・アンティカ遺跡 B8 時 50 分 C9 時 / 所要 3 時 A 1 3 時 30 分 B 1 3 時 50 分 C 14 時。 半日観光 間 30 分 / 大人 L. 8 fi5000 紀元前 4 世紀の遺跡を見学 月祝除く毎日 / 出発 A6 時 45 最少催行人員 6 名 / 昼食付き。ウフィ フィレンツェ 1 日観光 分 B7 時 05 分 C7 時 15 分 / ツイ美術館、ドウオモ、サン・ジョヴ 所要 13 時間 / 大人 L23 万 アンニ洗礼堂、ヴェッキオ宮殿見学 最少催行人員 6 名 / 午後コース出発は 毎日 / 出発 D 9 時 / 所要 4 時 ヒサ半日観光 D 14 日寺、最少催行人員 1 名。ドウオモ、 間 / 大人 L. 9 万 洗礼堂見学。ピサの斜塔は外から見学 最少催行人員 6 名 / 日本語アシスタン グッチ・アウトレット 日祝除く毎日 / 出発 D8 時 / 所要 ト付き。プラタ・アウトレットツアー 4 時間 / 大人 L. 8 万 もある。出発 D 13 時 / 大人 L. 8 万 最少催行人員 6 名 / 午後コース出発は 毎日 / 出発 E 9 時 / 所要 4 時 E 14 時。数多くの別荘カ泣ち並ぶコモ 間 / 大人 L. 10fi 湖畔を遊覧船で楽しむ 最少催行人員 1 名 / ガレリア・ヴィッ 毎日 / 出発 E 9 時 / 所要 3 時間 / トリオ・エマヌエーレ 2 世、ドウオモ、 大人 L. 6 万 5000 スフォルツェスコ城など見学 毎日 / 出発 F 1 8 時 30 分 ( 冬期は 最少催行人員 1 名 / 夕食付き。夕食な ゴンドラ・セレナーテ 1 6 時 30 分 ) / 所要約 2 時間 / 大 しは所要 1 時間、大人 L. 1 0 万、ゴンド ヴェネッイア 人 L. 1 5 月 ラで運河を散策。悪天候中止 毎日 / 出発 G 1 3 時 45 分 ( 船出発 最少催行人員 6 名 / ウエネッィアン・ ヴェネッイア グラスで有名なムラーノ、レース編み 2 島めぐリ半日観光 14 時 ) / 所要 3 時間 / 大人 L. 9 で有名なプラーノを訪問。悪天候中止 出発場所 : ローマの A はビスコンティ・パレス・ホテル、 B はメトロポ ール・ホテル、 C はマイハス・イタリー社。フィレンツェの D はラツツ マイバス・イタリー社 MyBus イ社前。ミラノの E はホテル・ジョリーツーリング。ヴェネッイアの F Piazza di San Bernardo, 1 05 Roma はサンタ・マリア・テル・ジリオ船着場、 G はドウカーレ宮殿の角 谷 (06) 4827150 ( 9 ~ 18 時 ) FAX : (06) 4827165 ・ローマ / マイハス社 Piazza di San 、港を南 越見イ Bernardo,1 05 M A P/ P 70-A2 してタ ・フィレンツェ / ハス会社ラツツイ Lazzi (MAP/P166-B2) 内 PiazzaAdua ヴらア 工死最 ・ミラノ / ホテル・ジョリー・ツーリング スね大 内 ViaTarchetti,2 MA P / P275- C2 ヴの ・ヴェネッィア / 〔ゴンドラ・セレナーテ オと町 集合場所〕水上バス・サンタ・マリア・テ 火いナ ル・ジリオ船着場 Campo di S. Maria del Giglio MAP/P222-B4 、〔 2 島めぐり集 合場所〕ドウカーレ宮殿 ( M A P / P 223- ヴェスウイオ火山の噴火により、 1 700 年もの間火山灰の下で眠り続けていたポ E 3 ) の角 P a 0 Ducale 。リ ンべイ遺跡が当時の様子を物語る 白い車体のホティーに JTB の ロゴが目印。予約、確認は 前日 16 時までに マママ ロ ロ ロ マママ ロ ロ ロ ローマ フィレンツェ フィレンツェ ミラノ 現地発着ツアー 午前半日ツアー コモ湖半日観光 ミラノ市内半日観光 ノ ラ

自分史の書き方

しょ・つちよく そして遂に終戦のご詔勅がラジオ放送される日を迎える。異常なほどの好天気であっ た。母や幼い弟妹たちは山梨、大月の疎開地の家に。大きな家に妹と一一人きり。 どういうわけか、既に退職していた軍の嘗ての上司が、一緒に「ご詔勅を聞こう」とわ が家を訪ねられた。一一人きりで天皇のラジオ放送を聞く羽目となる。 変な感じ、私は少々緊張気味で、放送の一語、 一語をしつかり聞くことが出来なかっ た。妹を一人きりにしてしまったことも後悔したのだが、突然のことで、妹は一人で泣い ていた。彼が帰られた後、近所から狂わしいほどのお琴の音が響いてきた。何とも、不可 思議な日となったのは突然の訪ね人による。 あとで解ることだが、一回り以上も年上のその彼にはある想いが秘められていたよう 好きでもないのに「上司からの申し込み」に悩みに悩むこととなる。馬鹿な、奥手な 一青年時代。やつばり、「勉強が先、それから考えよう」とお断りしたが : : ・・良か 0 た。 ■サンプル 4 「恋愛、そして家族史の佳作 . 雨宮悠子さんの自分史より さてここで、もう一度、第 1 章で取り上げた雨宮悠子さんの自分史に戻ってみる ( 彼女 262

シャルリとは誰か? : 人種差別と没落する西欧

宗教的危機 第 1 章 1960 年における宗教実践 地図 1 ー la 日曜のミサに 参加する成人の割合 - 50 % 以上 - 35 ー 50 % ロ 20 ー 35 % 匚コ 20 % 未満

自分史の書き方

と引いてみる。 、・十年叫ル当法政大学経営学部に入学する。同期には、後にプ 0 野球で活躍する田 淵幸一、山本浩一一がいた 受講する内容がきまり、いよいよ授業開始になる。最初の授業は会計学である。講義の 冒頭より教授から生徒への質問が始まる。 「君たちはベトナム戦争に反対か ? 賛成か ? 次の心理学の授業も、 「ベトナム戦争の是非について意見を述べよ」 英語の時間もベトナム戦争についての質問。授業科目の半分以上がこの質問である。 また、授業の最中に突然数人の生徒が立ち上がって大声で叫ぶ。「我々は 1 、帝国主義 的〇〇は絶対に認めない」。〇〇はなにか政治用語なのか ? よく聴き取れない。すると 教授も授業を中断してこれに応える。「君たちのような〇〇の〇〇は : : : 」これも我々新 入生には理解不能な言語が飛び交う。授業の間中この論戦が終了時間になっても続いてい る。 一同じ一年生で、講義で一緒になり高校時代の話をしたり、食事をしたりした仲間が突然 102

無頼のススメ

正義を声高に語るな 一九七〇年前後のベトナム戦争の頃、私は横浜のドャ街にいて、ロサンゼルスからや 中 おきなかし のって来る兵器輸送船から爆弾を小船に積み込む沖仲士のアルバイトをしていました。 、カ の 暗い海の上での作業は危険を伴いますが、マスコミに取材されたりするとますいので、 夜間ひそかに沖合でやるしかない。朝がた積み込み作業を終えて沖から上がり、日ノ出 、り 町あたりの定食屋でみんなで飯を食べていると、「ベトナムに和平を」、「ようやく終戦 義かーみたいな新聞の見出しが目に飛び込んできます。 正 すると、爆弾を運んだ年寄りたちが口々に言いはじめるのです。 正義なと通らないのが世の中だ

自分史の書き方

年 数 柳沼正秀さんの自分史年表 ( 人生の主なエピソード ) 1962 1963 和暦 西暦 満年齢 主なエピソード S23 S24 . S25 S26 . S27 . S28 S29 : S30 S31 S32 S33 : S34 S35 S36 1948 19491950 1951 1952 195 1954 1955 1956 1957 1958 1959 1960 1961 S37 S38 S39 1964 S40 1965 17 S41 1966 18 S42 1967 19 S43 1968 20 S44 1969 S45 1970 22 S46 1971 23 S47 1972 24 S48 1973 25 S49 1974 26 S50 1975 27 S51 1976 28 S52 1977 29 S53 1978 30 S54 1979 0 2 1 3 4 14 1 5 S55 1980 32 S56 1981 33 S57 1982 34 S58 1983 35 S59 1984 36 S60 1985 37 S61 1986 38 S62 1987 39 S63 1988 40 S64 / H 1 1989 H2 1990 42 H3 1991 43 H4 1992 44 H5 1993 45 H6 1994 46 H7 : H8 . H9 HI 0 . HI 1 : HI 2 . HI 3 . HI 4 . HI 5 . HI 6 . HI 7 : HI 8 . HI 9 . H20 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 47 48 < 誕生から小・中・高校まで > ・春日部市で出生・春日部市で柳沼正六、ときの長男として出生 ・魚・シジミ獲りで小遣稼ぎ ・小学 5 年生の時に大宮に転校 ・中学では野球、陸上、テニス部 ・高校のテニス部時代貧血で倒れる く大学生時代 > ・将棋部に入部 ・海外出張を目論み短期海外留学を企画 ・ゴヤ展のアルバイトが契機で毎日新聞社に入社 < 毎日新聞社時代 > ・卒業後 1 年間のフリー生活 ( 在学中から国内外のヒッピー旅行 ) ・インドへの留学を決めるが第 3 次印パ戦争勃発で中止 ・社会経験を求めてアルバイトを 30 職種以上やることを決意 9 10 1 1 12 13 ・魚・シジミ獲りで小遣稼ぎ・小学 5 年生の時に大宮に転校 6 5 8 7 ・中学では野球、陸上、テニス部 ・高校のテニス部時代貧血で倒れ、 その後新聞部に入部 ・将棋部に入部 ( 1 ) 社会の仕組みを勉強するため、 大学入学時に 1 つの仕事を 1 か月 以上、 30 種類のアルバイトをするこ とを決める。 ( 2 ) 同時に、大学以降は親に頼ら ず自分で生計を立てることを決意 < 5 年ごとに新しい仕事をする > 仕事にチャレンジすることを計画 ために、意識的に 5 年をめどに新しい 「一度しかない人生を何度も楽しむ」 京大の森毅先生の本に啓発され、 く世の中のことを教えられる 先生になりたい > 競争を前提にした教育に疑 問をもち、勉強だけでなく、世 の中の仕組みや人生につ いて語れる中学校の先生に なることを夢見る ・社会経験を求めてアルバイトを 30 職種以上やることを決意 ・インドへの留学を決めるが第 3 次印パ戦争勃発で中止 ・ゴヤ展のアルバイトが契機で毎日新聞社に入社 ・卒業後 1 年間のフリー生活 ( 在学中から国内外のヒッピー旅行 ) ・海外出張を目論み短期海外留学を企画 ・帰国後、編集局に配転を希望 ( 静岡支局配属 ) ・毎日新聞経営危機、新規事業出来ず 1 年間のロンドン留学を決める < 将棋を世界に普及させたい > 週刊将棋を創刊後、世の中に PC が普及し始める。 PC のソフトを作れ ば、初級者のトレーニングマシーンや 日本だけでなく世界に将棋を普及で きるのではないかと、パソコンの雑 誌や通信ゲームの企画をはじめる く自分のやりたいことを仕事にする > 数多くのアルバイト経験から、やりたい 仕事があれば、自分から提案することが 大切。できるだけ企画書を書くことを心 掛ける く FP とキャリア設計は車の両輪 > 自分の経験からミドル世代のサラリ ーマンには、 FP ( ファイナンシャルプ ラン ) とキャリアは不可分の関係。各 企業に FP とキャリアをセットしたライ フ・キャリアデザイン研修を提案 く後半の人生設計を考え始める > 40 歳前後に学生時代の友人が相次 いで亡くなることで、自分の後半人生 を意識しはじめる。 これまでの人生を振り返ると、仕事の 中に自分の自己実現の場があること を確認。生涯現役で働ける仕事、自 分の適性も考えて、 PC の取材で知っ た FP で独立することを決意する ・毎日新聞経営危機、新規事業出来ず 1 年間のロンドン留学を決める ・帰国後、編集局に配転を希望 ( 静岡支局配属 ) ・日本坂トンネル事故運転手逮捕、静岡駅前ガス爆発事故、カレーインパルス墜落などが起こる < 毎日コミュニケーション時代 > ・南米に移住計画中、毎日時代の上司の説得で毎コミに入社 ・「週刊将棋」新聞を日本将棋連盟に企画提案、創刊 ・パソコン雑誌の企画創刊 ・ゲーム雑誌を企画創刊 ・ WS を使っての編集システム ( DTP ) を構築 ・社内大型コンピュータのダウンサイジングと社内イントラネットを構築 ・ 50 歳時以降は独立をしたいと 40 代半ばから独立の準備を始める く FP で独立後 > ・ 50 歳を契機に独立系 FP 事務所を開設する ・団塊の世代や中高年のサラリーマンを中心とした相談業務を開始する ・都内大塚に事務所 ( 自宅 ) を移転 ・ FP 関連書籍を数冊出版 ・日本坂トンネル事故運転手逮捕、静岡駅前ガス爆発事故、ブルーインパルス墜落などが起こる ・南米に移住計画中、毎日時代の上司の説得で毎コミに入社 ・ / ヾソコン雑誌の企画創刊 ・「週刊将棋」新聞を日本将棋連盟に企画提案、創刊 ・ゲーム雑誌を企画創刊 ・ WS を使っての編集システム ( DTP ) を構築 ・社内大型コンピュータのダウンサイジングと社内イントラネットを構築 ・ 50 歳時以降は独立をしたいと 40 代半ばから独立の準備を始める ・ 50 歳を契機に独立系 FP 事務所を開設する ・団塊の世代や中高年のサラリーマンを中心とした 相談業務を開始する ・都内大塚に事務所 ( 自宅 ) を移転 ・ FP 関連書籍を数冊出版

世界 2016年07月号

6 0 はじめよう、極上の読書朝 2 6 点・釦冊】・出庫日 5 月日 名著・名作再発見 庫 文 新版きけわだつみのこえー日本戦没学生。手記 波学問のす、め 岩 日本戦没学生記念会編・ : 福沢諭吉 : ・ ・ : 本体円 中江兆民三酔人経綸問答君たちはどう生きるか 桑原武夫・島田虔次訳・校注 : 吉野源三郎 : 武士道 忘れられた日本人 新渡戸稲造 / 矢内原忠雄訳 : ・ チベット仏教王伝↓ , 彡女ポ物語 ・ : 宮本常一 : ソナム・ギエルツェン / 今枝由郎監訳 : ・ イスラーム文化ーその根柢にあるもの 代表的日本人 饗宴 内村鑑三 / 鈴木範久訳 : ・ ・ : 卸井筒俊彦 : ・ プラトン / 久保勉訳 : ・ 超国家主義の論理と心理他八篇 人 ド ルソー社会契約論 丸山眞男 / 古矢旬編 : ・ 桑原武夫・前川貞次郎訳・・ ラッセル幸福論 高田真治・後藤基巳訳 : : 安藤貞雄訳・ : 一 6 ① 店貧乏物語 旧約聖書創世記 書 河上肇 / 大内兵衛解題 : ・ : 金谷治訳注 : ・ ・ : 関根正雄訳・ : 波 岩 ロウソクの科学 中国史田下 日本的霊性 ファラデー / 竹内敬人訳 : 宮崎市定・・ : 朝鈴木大拙 / 篠田英雄校訂 : 2016 年 岩波文庫 フェア 青 1193 、を 0 の強 ( 第物 0 、物ー 00 第、 青 498 生〈叩とは何かー物理的にみた生細胞 シュレーディンガー / 岡小天・鎖目恭夫訳・ : 卸 古今和歌集 佐伯梅友校注 : 西行全歌集 久保田淳・吉野朋美校注 : ・ こころ 夏目漱石 : ・ 夏目漱石作 こころ 病牀六尺 正岡子規 : ・ にごりえたけくらべ 樋口一葉 : ・ 夜叉ケ池・天守物語 : ・泉鏡花・ : 銀の匙 : ・中勘助・ :

岸信介 : 権勢の政治家

戦争は終わった。昭和一一〇年八月一五日正午、敗戦の詔書を読みあげる天皇の声が 敗戦 ラジオを通じて全国民に伝えられた。日本政府は米英中ソ四カ国にたいしては、す でにスイスおよびスウェーデンを経由してポッダム宣一一一一口受諾に関する通告 ( 八月一四日付 ) を出 していたが、日本国民はこの玉音放送によって、初めてみずからの完膚なき敗北を知ることに なる。真珠湾攻撃から三年八カ月、そして太平洋戦争への軌道をつくった満州事変から実に一 三年一一カ月、日本はついに刀折れ矢尽きてしまったのである。翌日の新聞は、「民草びとし く断腸の思ひにすすり泣いた」と書いている ( 朝日新聞、昭和一一〇年八月一六日付 ) 。 「無条件降伏ーという名の敗戦は、文字通り日本に惨憺たる結果をもたらした。軍人・軍 属・一般国民の死者はざっと三〇〇万人を数えた。このなかには、沖縄戦での犠牲者一一十数万 人、広島・長崎の両都市を合わせた原爆死者三〇万人などが当然含まれる。『国史大辞典』に よれば、戦費は、昭和一二年から一一〇年までの八年間、一七〇〇億円を上回る公債をもってそ のほとんどが賄われた。しかも、この期間、国民は「職場や隣組を通じて貯金を強制され、公 債を押しつけられた」のである。戦後のインフレが貯金通帳や公債を「紙きれ同然」にしてし まったことはいうまでもない。 しかし、この戦争は、日本国民を被害者にしたばかりではない。同戦争は中国、朝鮮半島を はじめとするアジア諸国民にも償いがたい災禍と汚辱をもたらした。日本はその「皇民化政 112

文藝春秋2016年8月号

同じく二十八歳で、元首相・田中角栄も衆議院議員バきなかった。演壇は軽トラックの上だった。地元の国会 ッジを着けた。田中が国政に登場したのは敗戦から二年議員らに続いて進次郎が軽トラに上がると、演説前、進 後の昭和二十二年 ( 一九四七年 ) 四月、進次郎は平成一一次郎に地元で収穫したトマトのカレーを提供した若者た 十一年 ( 二〇〇九年 ) 八月であり、二人が登場した時代ちが「進ちゃーん」と声を上げた。彼らは、衿に「メン はまるで異なる。しかし、政治家で田中が昭和の時代ズ農業 , と書かれた、そろいの緑色の半纏を着ていた。 「 ( 声援に ) ありがとう ! 大蔵村の皆さん、おはよう の、進次郎は平成の大スターであることは間違いない。 かって田中と何度も会い、進次郎とも定期的に会ってございます ! 味来館の中の皆さんも、おはようござい ます。そして、 ( くるっと後ろを向いて田んばに一礼 ) 美 いる政治記者は、今、周りを見渡すと私以外にいない。 政治記者歴三十七年、時代を代表する二人のヒーローとしい棚田にも、おはようございます ( 一同ワハハハ ) 巡り会えたのは幸運だった。その幸運を生かし、田中とりませんね、メガホン ( と地声で語りだす ) 。 こんな街頭演説、初めてです。おそらく、少なくとも いうフィルターを通して、進次郎を見つめてみたい。そ うすれば、彼の強さと、そして、これから鍛えなければ戦後の歴史の中でこんな三点セットありません。ステー ジは軽トラ ( ワハハ ) 。マイクではなくて、メガホン。 ならないところが見えてくるだろう。 そして撮るのはドローン ( と、上を飛ぶドローンを指差 演説の「つかみ」の秘訣す。一同笑う ) 。こんな演説、ほかにありません。そし てこんな美しい棚田もほかにはない ( イイヨー ! と声が 参院選が公示された六月二十一一日午前、進次郎は山形飛ぶ ) 」 郎 蠍県大蔵村の棚田の前で第一声を上げた。参院山形選挙区進次郎は話し始めると、三十秒もたたないうちに、集 泉 は自民党が厳しい戦いを強いられた東北一帯の中でも最まった聴衆の心をわしづかみにして、一体感をつくり上 げた。落語家が高座に上がった時の心得を「まず、お客 栄も不利と目された選挙区だった。 中拡声器の使用許可証をほかの街頭宣伝車に優先的に回との垣根を低くすることーと話すのを聞いたことがあ したため、進次郎は公職選挙法の関係で拡声器を使用でる。落語をよく聞きに行く進次郎は、落語を聞きながら ( 95 )

世界史の誕生 : モンゴルの発展と伝統

4 たいぎよう るところに燕が飛んで来て卵を落とした。女脩はその卵を呑んで妊娠し、大業を生んだ。 大業の子孫は西戎に居り、周の第八代の孝王の馬飼いとなり、初めて秦 ( 甘粛省清水県 ) に住んだ。それからの歴代は、みな西戎と戦った。周の平王が陝西を放棄して河南に移っ かんしゆく た後、秦は岐山以西の陝西・甘粛の地を領有するようになり、初めて諸侯の仲間入りをし ぼくこう た。春秋時代の秦の繆公 ( 前六五九 5 六二一年在位 ) は、東方では黄河の湾曲部まで進出し、 は 西方では戎王を撃破して十二の都市と千里の土地を手にいれ、西戎の覇 ( 「伯」と同じで、 けいぶんおう 年長者、筆頭の意味 ) となった。戦国時代に入っては、秦の恵文王は前三二五年、初めて 王と称した。恵文王の四代後の子孫が始皇帝で、前一一一一一年、他の都市国家をことごとく 征服して「天下」 ( 中国世界 ) を初めて統一し、最初の皇帝となったのである。 『史記』で「秦本紀、の次に来る「秦始皇本紀」から、司馬遷が仕えた主人の漢の武帝の きんじよう 治世を描いた「今上本紀」までは、前一三一年に初めて成立した中国世界の歴史であって、 ここからが本当の意味での中国史になる。言い換えれば、『史記』の冒頭の五篇、「五帝本 紀」から「秦本紀」までは、中国以前の歴史である。ここに語られる物語を通して見ると、 最初の君主とされる黄帝から始めて、夏の初代の禹も、殷の初代の湯も、「天子」となっ たとわざわざ記されている。「天子」は「皇帝ーと同義語である。全「天下ーを統治する 皇帝という地位は、実際には秦の始皇帝から始まったのであるが、司馬遷がここで主張し たかったことは、皇帝は歴史の最初から、別の名前ではあるが存在していたのであり、従 しんしこうほんぎ こ、つお、つ