検索 - みる会図書館

全データから 209900件ヒットしました。

天皇権の起源


天 阜 権 の 起 源 鳥 黌 朝 朝 日 新 聞 社

天皇権の起源


第 五 章 天 皇 権 の 回 復

完訳 日本の古典 第十二巻 枕草子 ㈠


枕 草 子 318 宇 多 天 皇 枕 草 子 関 係 系 図 畠 室 ・ 源 氏 系 図 醍 醐 天 皇 一 品 式 部 卿 敦 実 親 王 村 上 天 皇 一 一 品 中 務 卿 兼 明 親 王 前 中 書 王 西 宮 左 大 臣 源 高 明 安 和 一 一 年 大 宰 権 帥 三 品 中 務 卿 明 親 王 朱 雀 天 皇 左 大 臣 源 雅 信 大 僧 正 寛 朝 左 大 臣 源 重 信 権 大 納 言 源 重 光 ー 冷 泉 天 皇 四 品 ー 致 平 親 王 為 平 親 王 ー 円 融 天 皇 ー 選 子 権 大 納 言 俊 賢 権 中 納 言 、 大 宰 権 帥 、 道 長 猶 子 経 房 明 子 道 長 室 、 高 松 の 上 大 納 言 時 中 済 政 倫 子 道 長 室 、 鷹 司 殿 権 中 納 言 道 方 宣 方 女 子 隆 家 室 女 子 伊 周 室 花 山 天 皇 三 条 天 皇 右 近 衛 権 中 将 、 道 長 猶 子 源 成 信 参 議 源 頼 定 道 隆 女 定 子 皇 后 一 品 准 三 后 脩 子 内 親 王 一 品 式 部 喞 敦 康 親 王 娘 子 内 親 王 諱 懐 仁 一 条 天 皇 諱 敦 成 後 一 条 天 皇 諱 敦 良 後 朱 雀 天 皇 道 長 女 彰 子 中 宮 上 東 門 院

天皇と日本の起源 「飛鳥の大王」の謎を解く


天 皇 と 日 本 の 起 源 、 「 飛 烏 の 大 王 」 の 謎 を 解 く 遠 山 美 都 男 講 談 社 現 代 新 書

古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか


系 」 天 皇 の 時 代 と す る 通 説 に 対 し て 、 こ の 時 代 の 天 皇 が 「 天 智 系 」 で あ っ た と 主 張 し て い る わ け で は な い と 思 わ れ る 。 だ が 、 近 年 は 、 七 〇 一 ( 大 宝 元 ) 年 の 大 宝 律 令 施 行 の 前 後 か ら 天 智 を 皇 天 智 は 皇 統 の 統 の 始 祖 と す る 意 識 が 顕 著 に な っ て き た と す る 見 方 が 強 ま っ て い る 。 始 祖 に あ ら す た と え ば 、 井 上 亘 氏 は 奈 良 時 代 の 皇 統 を 「 天 武 系 」 と す る 通 説 を 鋭 く 批 判 し て 、 持 統 以 降 の 王 権 を 「 持 統 系 、 よ り 本 源 的 に は 天 智 系 と み る の が 妥 当 」 と 理 解 し て い る ( 『 日 本 古 代 の 天 皇 と 祭 儀 』 吉 川 弘 文 館 、 一 九 九 八 年 ) 。 水 林 彪 氏 も こ の 井 上 説 を 基 本 的 に 認 め た 上 で 、 藤 堂 説 に も 依 拠 し な が ら 、 七 世 紀 末 か ら 八 世 紀 初 頭 に か け て の 時 期 に 、 「 天 武 ー 草 壁 ー 文 武 、 と い う 「 天 武 系 」 皇 統 観 念 と 、 「 天 智 ー 持 統 ー 草 壁 ー 文 武 」 と い う そ 、 つ こ く 権 「 天 智 系 」 皇 統 観 念 と の 相 克 が あ っ た と 述 べ て い る 。 水 林 説 に よ れ ば 、 「 天 武 系 」 意 識 と の 智 「 天 智 系 」 意 識 は や が て 「 天 智 系 」 皇 統 観 念 に 一 元 化 さ れ て い っ た と い う ( 「 律 令 天 皇 制 の 皇 統 意 識 と 神 話 ( 上 ) ( 下 ) 」 『 思 想 』 第 九 六 六 号 ・ 第 九 六 七 号 ) 。 出 し か し 、 水 林 氏 が 依 拠 す る 藤 堂 説 が 、 天 智 を 皇 統 の 起 点 と は 見 な し て い な か っ た こ と に 創 留 意 す る 必 要 が あ ろ う 。 藤 堂 説 に よ れ ば 、 天 智 は あ く ま で も 律 令 国 家 の 初 代 天 皇 、 律 令 国 家 の 起 点 と な る 天 皇 と し て 認 識 さ れ て い た の で あ る 。 こ の 点 に 関 し て 、 天 智 の 顕 彰 と 皇 統

天皇権の起源


生 皇 と し て 記 録 す べ き で あ っ た と 思 う 。 誕 ( 独 身 ) ( 妻 帯 ) ( 皇 統 譜 の 天 皇 ) の 王 ー 第 一 子 大 王 ( 祭 事 ) ー 第 一 子 ( 祭 事 権 ) 大 ( 皇 統 譜 の 天 皇 ) 章 ー 第 一 一 子 ( 政 事 権 ) ー 第 一 一 子 男 弟 王 ( 政 事 ) 第 こ れ に 反 し て 、 こ れ か ら 以 後 の 皇 統 譜 に み え る 天 皇 は 、 現 人 神 と し て 妻 帯 し 、 直 系 子 孫 に 皇 位 が 継 承 さ れ る よ う に な る 。 聖 な る 現 人 神 と し て の 天 皇 観 は 、 こ の 時 代 に 起 源 を も つ も の と い っ て よ い そ こ で 当 然 、 皇 位 継 承 は 大 王 の 長 子 へ と 相 続 さ れ る よ う に な っ た 。 仁 徳 天 皇 が 長 子 の 履 中 天 皇 を 太 子 と し 、 皇 位 を 継 承 さ せ た の も そ の た め で あ る 。 も ち ろ ん 前 述 し た よ う な 事 件 か ら 、 反 正 ・ 允 恭 の 弟 に 皇 位 が 移 る が 、 そ れ は 特 殊 な 事 情 に よ っ た も の で 、 原 則 と し て は 長 子 相 続 制 が と ら れ る の で あ る 。 仁 徳 天 皇 は 長 子 に 相 続 さ せ た が 、 そ れ は 文 献 の 上 で 明 ら か な た め に 示 し た の に す ぎ な い 。 そ の 契 機 と な 0 た の は 、 実 で あ 0 た 。 最 後 に そ の 経 緯 を 述 べ て お く 必 要 が あ ろ う 。 前 述 も し た よ う に 第 一 一 子 の 妃 の 弟 媛 が 生 ん だ 誉 屋 別 皇 子 も 生 き 残 っ て い た 。 し か し 仲 哀 天 皇 の 亡 き あ と 、 殊 勲 を あ げ 武 将 を 率 い て 凱 旋 し た 神 功 皇 后 が 、 第 二 の 妃 や そ の 皇 子 に 気 兼 ね す る 必 要 は 少 し も な か っ た 。 生 後 わ す か の 誉 田 別 皇 子 を 擁 し て 、 神 功 皇 后 み ず か ら が 実 権 を 掌 握 し た も の と み て よ い 。 も ち ろ ん 神 功 皇 后 は 神 祭 り を 主 体 と し 、 政 事 一 般 は 大 臣 の 武 内 宿 祢 が 代 行 し た で あ ろ う 。 そ し て 皇 子 の 成 長 を 待 っ た も の と み ら れ る 。

天皇の歴史01巻 神話から歴史へ


て は ナ ン セ ン ス で あ ろ う 。 や は り そ れ ぞ れ の 時 代 の 中 で ど の よ う な 特 色 が あ り 、 天 皇 制 が 保 た れ て い っ た か を 考 え る こ と が 大 切 な 気 が す る 。 水 林 彪 氏 の 権 威 説 最 近 出 版 さ れ た 水 林 彪 『 天 皇 制 史 論 ー ー 本 質 ・ 起 源 ・ 展 開 』 は 、 法 制 史 ・ 法 社 会 学 の 立 場 か ら 、 記 紀 神 話 か ら 江 戸 時 代 ま で 前 近 代 の 天 皇 制 を 見 通 し た 文 字 通 り の カ 作 で あ る 。 律 令 制 成 立 以 降 、 幕 藩 体 制 消 滅 ま で の 一 一 一 〇 〇 年 間 を 「 前 近 代 天 皇 制 」 と し て 概 念 化 で き る と し 、 天 皇 は 権 力 を 持 た な い 権 威 で あ り 、 天 皇 は 国 制 の 核 と し て 権 力 秩 序 を 正 当 化 し て い く 。 天 皇 制 の 時 代 を 超 え た 存 続 の 理 由 を 「 権 力 を 持 た な い 権 威 」 で あ る こ と に 求 め た の で あ る 。 石 井 良 助 氏 の 不 親 政 論 が 政 治 レ ベ ル だ っ た の を 、 支 配 の 正 当 性 の レ ベ ル に 拡 張 し た と も い え る 。 こ れ に 対 し て は や は り 先 に 述 べ た の と 同 じ く 、 時 代 を 超 え た 天 皇 制 の 本 質 を 想 定 す る と い う 議 論 の 前 提 に 違 和 感 が あ る ( 著 者 は 序 論 冒 頭 で そ の こ と を 断 っ て い る の だ が ) 。 と い う よ り 日 本 の 史 の す べ て の 時 代 の 天 皇 に 共 通 す る な に か を 求 め れ ば 、 権 威 が 残 る の は 当 然 の 結 論 で あ り 、 最 史 歴 初 か ら 答 え は み え て い る よ う な 感 じ も あ る 。 ま た 具 体 的 に ど の よ う な 権 威 な の か と い う 点 、 特 章 序 「 た に 宗 教 的 な 意 味 に つ い て ー ー 本 書 で 議 論 す る の は 法 史 学 の 次 元 で あ り 、 宗 教 間 題 の 次 元 で な い と し て 著 者 が 意 識 し て 避 け て い る の だ が ー ー や は り 検 討 し な け れ ば 意 味 が な い よ う に 思 う 。 さ ら に 古 代 に つ い て い え ば 、 権 力 論 だ け で 権 威 の 問 題 の 考 慮 が な い と 間 題 が あ る の と 同 様 に 、 天

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代


「 < 列 上 の 推 古 九 年 」 の 養 老 五 年 に 何 が 起 こ っ て い た の か ま た 、 太 上 天 皇 ・ 天 皇 ・ 皇 太 子 の 三 者 が そ ろ っ て い た 時 期 は 、 七 一 五 ( 霊 亀 元 ) 年 か ら 七 二 一 ( 養 老 五 ) 年 、 な ら び に 、 七 三 八 ( 天 平 十 ) 年 か ら 七 四 八 ( 天 平 二 十 ) 年 ま で の 二 期 と な り ま す 。 言 い 換 え ま す と 、 こ の 時 期 は 、 「 神 祇 祭 祀 」 と 「 政 治 」 と い う 二 つ の 大 権 を め ぐ っ て 「 太 上 天 皇 。 天 皇 」 と 「 天 皇 皇 太 子 」 と い う 二 つ の あ り 方 が 想 定 さ れ る こ と に な り ま す が 、 権 限 的 に は 「 太 上 天 皇 0 天 皇 ー の ほ う が 優 位 で は な か っ た か と 考 え ら れ ま す 。 そ こ で 、 「 < 列 上 の 推 古 九 年 ー を 見 て み ま し よ う 。 「 列 上 の 推 古 九 年 」 は 七 二 一 年 の 養 老 五 年 と な り ま す 。 養 老 五 年 は 元 明 太 上 天 皇 の 崩 年 と な り ま す 。 そ し て 、 こ の 年 は 、 元 明 太 上 天 皇 の 崩 御 に と も な い 、 元 正 天 皇 と 皇 太 子 首 皇 子 ( の ち の 聖 武 天 皇 ) の 二 者 に よ る 統 治 体 制 、 す な わ ち 、 「 天 皇 。 皇 太 子 」 体 制 が 確 立 さ れ た 年 で も あ り ま す 。 「 太 上 天 皇 ( 神 祇 祭 祀 ) 。 天 皇 ( 政 治 ) 体 制 ー か ら 「 天 皇 ( 神 祇 祭 祀 ) 0 皇 太 子 ( 政 治 ) 体 制 」 へ シ フ ト さ れ た 年 代 と な り ま す 。 こ こ に 、 為 政 者 と し て の 「 皇 太 子 」 が 出 現 す る こ と に な っ た と 言 え る で し よ う 。 第 二 章 に お い て 、 第 二 蔀 の 首 と な る 辛 酉 の 年 と し て 位 置 づ け ら れ る 推 古 九 年 条 に 「 九 年 春 二 月 。 皇 太 子 初 興 ニ 宮 室 于 斑 鳩 ご と 見 え 、 皇 太 子 が 斑 鳩 宮 を 興 し た こ と が 、 極 め て 重 要 な 歴 史 的 事 象 と 認 識 さ れ て い た 可 能 性 を 述 べ ま し た 。 「 << 列 上 の 推 古 九 年 」 の 七 二 一 年 に お い て 、 皇 太 子 首 皇 子 が 「 天 皇 皇 太 子 」 体 制 の も と で 、 名 実 と も に 執 政 権 者 と い う 定 義 に お け る 皇 太 子 と し て の 立 場 を 確 か な も の と し た 年 と な る の で す 。 七 二 一 年 に 皇 太 子 首 皇 子 が 治 天 下 の 権 を 掌 握 し た こ と に 、 推 古 九 200

昭和天皇(上)


ア イ デ ン テ ィ テ ィ し い 国 家 的 な 帰 属 性 を 獲 得 し た 。 臣 民 と は 、 理 念 上 全 国 民 を 天 皇 の 「 赤 子 」 と 見 な し 、 天 皇 を こ の 拡 大 さ れ た 家 族 の 両 親 ( 父 で あ り 母 で も あ る 存 在 ) と 考 え て 、 天 皇 に 絶 対 的 な 忠 誠 を さ さ げ 、 奉 仕 す る こ と を 意 味 す る 倫 理 的 イ デ オ ロ ギ ー 社 会 観 念 で あ る 。 臣 民 は す べ て 、 勤 勉 と 競 争 を 心 が け 、 国 家 の 起 源 神 話 を 尊 び 、 神 道 を う や ま い 、 国 家 へ の 奉 公 と 天 皇 へ の 服 従 を 個 人 の 利 益 や 快 楽 に 優 先 さ せ る べ き も の と さ れ た 。 迪 宮 も ま た こ の 同 じ 天 皇 制 イ デ オ ロ ギ ー の も と に 、 だ が す べ て の 忠 誠 と 奉 仕 を 一 身 に 受 け る と い う 、 臣 民 と は 逆 の 立 場 で 育 っ た 。 迪 宮 が 生 ま れ た と き 、 天 皇 崇 拝 は す で に 公 的 に 確 立 し て い た 。 天 皇 を お と し め る よ う な 一 一 一 一 口 論 な ど は 一 八 九 三 年 の 出 版 法 、 天 皇 、 皇 族 の 肖 像 と 菊 花 紋 に 関 す る 一 八 九 八 年 、 お よ び 一 九 〇 〇 年 の 内 務 省 の 命 令 で 禁 じ ら れ 、 一 九 〇 九 年 、 抑 圧 的 な 新 聞 紙 法 が こ れ に 続 い た 。 天 皇 と 皇 室 に 関 す る マ ス ・ メ デ ィ ア の 報 道 は 、 特 別 な 敬 語 を 用 い た 画 一 的 な も の に な っ た 。 天 皇 の 写 真 撮 影 も 警 察 法 で 規 制 さ れ た 。 明 治 時 代 の き わ め て 両 義 的 な 遺 産 の な か で 、 明 治 天 皇 か ら 孫 に 渡 さ れ た 憲 法 体 制 と 支 配 イ デ オ ロ ギ ー と は 、 最 重 要 の も の だ っ た 。 憲 法 に よ っ て 受 け 継 い だ 独 裁 支 配 の 政 治 的 伝 統 は 、 天 皇 が そ の 大 権 を 行 使 す る 際 に 自 制 的 で あ る べ き だ と す る 精 神 と 結 び つ い て い た 。 の ち に 皇 位 継 承 準 備 の 教 育 が 始 ま る と 、 彼 は 天 皇 が 初 め に 同 意 し な け れ ば 法 律 も 勅 令 も 制 定 で き な い こ と を 学 ん だ 。 宮 廷 と 内 閣 は 天 皇 自 身 に よ っ て つ な が っ て お り 、 彼 に お い て こ の 二 つ の 世 界 が 一 つ に な る の だ っ た 。 し か し 宮 廷 と 政 府 の 組 織 上 の 区 別 は 、 直 ち に 両 者 の 意 思 疎 通 の 問 題 を 提 起 す る 。 成 長 す る に つ れ て 彼 は こ の 区 別 を 体 得 し 、 憲 法 秩 序 の 創 設 者 が 国 家 の 最 上 層 に 制 度 化 し て し ま っ た 困 難 に つ ね に 直 面 す る こ と に な を 。 憲 法 は 、 天 皇 が 立 法 権 の 行 使 を 帝 国 議 会 と 共 有 す る よ う に 規 定 し て い る が 、 明 治 天 皇 と そ の 側 近 は 、 議 会 は そ れ 自 身 の 意 思 で は な く 、 天 皇 の 意 思 の み を 反 映 す る こ と を 前 提 に し て い た 。 天 皇 と 議 会 が 対 立 し た と き は 、 天 皇 は 裁 可 を 留 保 す る こ と で 拒 否 権 が 発 動 で き た 。 天 皇 の 賜 物 と し て 成 文 化 さ れ た 憲 法 秩 序 は 、 裕 仁 の 誕 生 前 夜 に は す で に 変 化 し て い た 。 一 九 〇 〇 年 、 伊 藤 は 新 政 党 立 憲 政 友 会 を 創 設 し 、 寡 頭 政 府 へ の 議 会 の 支 持 を 取 り つ け 、 憲 法 の 機 能 を 守 ろ う と し て い た 。 主 に 大 地 主 と 実 業 家 の 利 益 を 代 表 す る 政 友 会 は 、 議 会 に お い て 政 党 政 治 を 支 配 す る よ う に な つ 。 元 老 は 明 治 天 皇 せ き し

天皇誕生


と 結 婚 し た の か ? ハ ッ ク ニ シ ラ ス 天 皇 ー ー ー ・ 崇 神 天 皇 ・ 垂 仁 天 皇 ・ 神 々 を 祭 る こ と の 起 源 祭 祀 ・ 葬 礼 に 関 わ る 王 た ち 四 道 に 将 軍 を 遣 わ す ふ た り も い た ? 初 代 天 皇 疾 風 、 ヤ マ ト タ ケ ル ー ー 景 行 天 皇 ・ 成 務 天 皇 ・ 景 行 天 皇 ー ー そ れ は 、 顔 の な い 巨 人 無 名 の 武 人 た ち の 墓 碑 銘 ヤ マ ト タ ケ ル の た た か い ( 一 ) ち び っ 子 ス ー ー マ ン 、 西 東 ー ー ヤ マ ト タ ケ ル の た た か い ( 一 D 国 や 県 、 そ し て 郡 も で き た ー 5 皇 后 、 海 を わ た る ー ー 仲 哀 天 皇 ・ 神 功 皇 后 ・ 夫 は 英 雄 の 遺 児 、 妻 は 巫 女 : な ぜ 、 新 羅 征 伐 な の か ? 神 功 皇 后 の た た か い ( 一 ) な ぜ 、 身 重 の 皇 后 な の か ? ー ー ー 神 功 皇 后 の た た か い ( 二 ) 「 神 功 皇 后 は 卑 弥 呼 で あ る 」 ? 6 胎 中 天 皇 の 栄 え ー ー 応 神 天 皇 ・ 「 誉 田 の 日 の 御 子 」 ー ー 応 神 の 原 像 応 神 朝 は 渡 来 ブ ー ム ? 103 1 2 1