検索 - みる会図書館

検索対象: 天皇と日本の起源 「飛鳥の大王」の謎を解く

天皇と日本の起源 「飛鳥の大王」の謎を解くから 305件ヒットしました。

天皇と日本の起源 「飛鳥の大王」の謎を解く


天 皇 と 日 本 の 起 源 、 「 飛 烏 の 大 王 」 の 謎 を 解 く 遠 山 美 都 男 講 談 社 現 代 新 書

天皇と日本の起源 「飛鳥の大王」の謎を解く


だ い あ ん じ 『 大 安 寺 伽 藍 縁 起 并 流 記 資 財 帳 』 は 、 百 済 大 寺 の 後 身 て あ る 大 安 寺 が 、 七 四 七 年 ( 天 平 十 九 ) に 政 府 に 提 出 し た 同 寺 創 建 の 由 来 書 と 財 産 目 録 て あ る 。 そ の な か に 、 百 済 大 寺 が 子 部 た た 社 の 神 の 祟 り に よ っ て 焼 け 落 ち 、 完 成 に 多 く の 困 難 が 伴 な っ た こ と が 記 さ れ て い る 。 ち い さ こ べ ゅ う り や く 子 部 社 と い う の は 小 子 部 氏 が 祭 る 神 社 て あ る が 田 、 隹 各 天 皇 の 時 代 、 小 子 部 氏 の 始 祖 て す が る 栖 軽 し 」 い - フ 人 物 が 三 輪 山 の 雷 神 を 捕 ら え た と 語 り 伝 え ら れ て い る 。 子 部 社 の 祭 神 の 正 体 は 雷 神 だ っ た 可 能 性 が あ る 。 百 済 大 寺 が こ の 子 部 社 の 神 の 出 示 り を 受 け た と い う の は 、 お そ ら 百 済 大 寺 が 落 雷 て 焼 け 落 ち た こ と か ら 思 い っ か れ た こ と な の て あ ろ う 。 百 済 大 寺 が 、 飛 鳥 寺 の 前 例 に な ら い 、 百 済 の 地 を 新 た な 王 権 の 聖 地 と す る た め に 建 立 さ も ろ れ た と す れ ば 、 残 念 な が ら 、 そ の 目 論 み は 脆 く も 潰 え た と い わ ざ る を え な い 。 百 済 を 王 権 の 聖 地 と す る た め の 宗 教 施 設 て あ る 百 済 大 寺 自 体 が 神 の 祟 り を 受 け た と い う の ぞ あ る か ら 、 そ の 宗 教 性 ・ 神 聖 生 は 傷 つ け ら れ 、 根 底 か ら 否 定 さ れ た に 等 し い 。 舒 明 に よ る 王 権 の 聖 域 創 造 は 事 実 上 失 敗 に 終 わ っ た と い え よ う 。 く ま ′ 」 り な お 、 『 大 安 寺 伽 藍 縁 起 并 流 記 資 財 帳 』 に は 、 大 安 寺 の 起 源 が 厩 戸 皇 子 が 建 立 し た 熊 疑 し よ う じ ゃ 精 舎 に あ り 、 そ れ が 舒 明 に よ っ て 引 き 継 が れ 百 済 大 寺 と な り 、 さ ら に 舒 明 の む す こ の 天 た け ち お お で ら だ い か ん だ い じ 武 天 皇 に よ り 高 市 大 寺 ・ 大 官 大 寺 と な っ て 、 平 城 遷 都 に 伴 な い 大 安 寺 と な っ た 経 緯 が 記 さ て ん び よ う 115 飛 鳥 か 、 百 済 か ー ー 舒 明 天 皇 の 挑 戦

天皇と日本の起源 「飛鳥の大王」の謎を解く


こ こ に は 、 い た ず ら に 私 利 私 欲 に よ る の ぞ は な く 、 真 摯 に 国 家 の 将 来 を 考 え 果 断 に 行 動 け に 「 諸 王 子 」 「 諸 王 」 が 同 し よ う と す る 入 鹿 の 姿 が 描 か れ て い る 。 そ し て 、 彼 の 呼 び か 意 し 、 し た が っ た こ と に な っ て い る 。 藤 原 氏 の 始 祖 て あ る 鎌 足 の 伝 記 の な か て 、 鎌 足 に よ っ て 討 た れ た 入 鹿 は ど の よ う に 悪 く 描 か れ て も 不 思 議 ぞ は な い の に 、 ま っ た く 正 反 対 の 入 鹿 像 が 示 さ れ て い る の ぞ 、 こ の 記 述 に は 信 憑 性 が あ る と い わ れ て い る 。 ふ じ わ ら の な か ま ろ て ん び よ う ほ う じ し か し 、 『 家 伝 』 上 は 、 七 六 〇 年 ( 天 平 宝 字 四 ) に 、 鎌 足 の 曾 孫 に あ た る 藤 原 仲 麻 呂 ( 恵 美 押 勝 ) が 編 纂 し た も の て 、 そ の 目 的 は 、 よ う や く 翳 り が 見 え 始 め た 彼 の 権 力 を 回 復 す る こ と に あ っ た 。 仲 麻 呂 は 『 日 本 書 紀 』 以 外 の 信 用 の お け る 史 料 を み ず か ら 発 掘 し 、 こ の 部 分 を 書 い た の て は な く 、 あ く ま て 『 日 本 書 紀 』 の 叙 述 を も と に し な が ら 、 そ れ に 彼 の 関 心 や 嗜 好 に よ っ て 大 胆 に 修 飾 を 加 え た に す ぎ な い と 考 え ら れ る 。 し よ う む た と え ば 、 「 皇 后 が 政 務 に 臨 ん て い る が 、 心 に 不 安 な も の が あ る 」 の 一 節 に は 、 聖 武 天 ふ じ わ ら の こ う み よ う し 皇 の 皇 后 て 仲 麻 呂 の 叔 母 て あ り 、 彼 の 権 力 の 源 て も あ っ た 藤 原 光 明 子 の 存 在 と 権 勢 と が 投 影 さ れ て い る よ う て あ る 。 「 こ の ま ま て は 内 乱 が 起 き な い と も 艮 ら よ 、 ド オ し 」 と い う 入 鹿 の せ り ふ た ち ば な の な ら ま ろ 台 詞 は 、 七 五 七 年 に 仲 麻 呂 が 鎮 圧 し た 橘 奈 良 麻 呂 の ク ー デ タ を 意 識 し て 書 か れ た の て は な い か と 思 わ れ る 。 『 家 伝 』 上 に 見 え る エ ピ ソ ー ド に は 、 仲 麻 呂 の 創 作 も 少 な く な か っ た て あ ろ う 。 し た が っ て 、 入 鹿 に は 「 諸 王 子 」 「 諸 王 」 と い う 共 犯 が い た と 『 家 伝 』 上 が 述 み の お し か っ 1 2 8

天皇と日本の起源 「飛鳥の大王」の謎を解く


発 行 者 ー ー 野 間 佐 和 子 発 行 所 ー ー 株 式 会 社 講 談 社 東 京 都 文 京 区 音 羽 一 一 丁 目 一 一 一 ー 二 一 郵 便 番 号 一 一 二 ー 八 〇 〇 一 電 話 ( 出 版 部 ) 0 三 ー 五 三 九 五 ー 三 五 一 一 一 ( 販 売 部 ) 0 三 ー 五 三 九 五 ー 五 八 一 七 ( 業 務 部 ) 0 三 ー 五 三 九 五 ー 三 六 一 五 装 幀 者 ー ー 杉 浦 康 平 十 佐 藤 篤 司 印 刷 所 ー ー 凸 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 所 ー ー ・ 株 式 会 社 大 進 堂 ( 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す ) Printed in Japan 囮 〈 日 本 複 写 権 セ ン タ ー 委 託 出 版 物 〉 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 て の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。 複 写 を 希 望 さ れ る 場 合 は 、 日 本 複 写 権 セ ン タ ー ( 03 ー 34072382 ) に ご 連 絡 く だ さ い 。 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 購 入 書 店 名 を 明 記 の う え 、 小 社 書 籍 業 務 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 科 小 社 負 担 に て お 取 り 替 え い た し ま す 。 な お 、 こ の 本 に つ い て の お 問 い 合 わ せ は 、 現 代 新 書 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。 講 談 社 現 代 新 書 ; 48 に ほ ん き げ ん て ん の う あ す か お お き み 天 皇 と 日 本 の 起 源 「 飛 鳥 の 大 王 」 の 謎 を 解 く 二 00 三 年 一 一 月 二 0 日 第 一 刷 発 行 二 00 四 年 一 0 月 一 日 第 六 刷 発 行 と お や ま み つ お 著 者 ー ー ~ 迅 山 ~ 実 都 Ⅲ 刀 ( OM デ uo Tohyama 2003 と N. D. C. 210 3()6p 18cm ISBN4-06-149648-4

天皇と日本の起源 「飛鳥の大王」の謎を解く


日 本 史 地 図 の 歴 史 ( 日 本 ) ー 織 田 武 雄 三 く だ り 半 と 縁 切 寺 ー 高 木 侃 将 軍 と 側 用 人 の 政 治 ー 大 石 慎 三 郎 斎 藤 洋 一 為 身 分 差 別 社 会 の 真 実 ー 大 石 慎 三 郎 佐 藤 常 雄 貧 農 史 観 を 見 直 す ー 大 石 慎 三 郎 市 村 佑 一 聞 鎖 国 Ⅱ に ゆ る や か な 情 報 革 命 大 石 慎 三 郎 林 玲 子 流 通 列 島 の 誕 生 大 石 慎 三 郎 常 石 敬 一 七 三 一 部 隊 日 光 東 照 宮 の 謎 ー ー ー ー 高 藤 晴 俊 朧 谷 寿 藤 原 氏 千 年 遠 山 美 都 男 白 村 江 山 本 博 文 参 勤 交 代 1292 1322 1265 1379 1394 1461 1559 1565 1607 川 謎 と き 日 本 近 現 代 史 野 島 博 之 日 本 海 海 戦 の 真 実 ー ー ・ 野 村 實 「 家 族 」 と 「 幸 福 」 の 戦 後 史 三 浦 展 古 代 東 北 と 王 権 ー ー 中 路 正 恒 江 戸 奥 女 中 物 語 畑 尚 子 謎 と き 日 本 合 戦 史 ー 鈴 木 眞 哉 戦 争 の 日 本 近 現 代 史 加 藤 陽 子 山 本 博 文 鬼 平 と 出 世 「 大 東 亜 」 戦 争 を 倉 沢 愛 子 知 っ て い ま す か 天 皇 と 日 本 の 起 源 遠 山 美 都 男 鉄 道 ひ と つ ば な し ー - ー ー 原 武 史 謎 と き 本 能 寺 の 変 ー ー 藤 田 達 生 源 氏 と 日 本 国 王 ー ー ー 岡 野 友 彦 1599 1617 1648 1680 1690 1702 1709 1724 1707 1737 日 本 史 の 考 え 方 ー ー ー 石 川 品 康 参 謀 本 部 と 陸 軍 大 学 校 黒 野 耐 日 本 書 紀 の 読 み 方 遠 山 美 都 男 編 葬 祭 の 日 本 史 高 橋 繁 行 桃 太 郎 と 邪 馬 台 国 ー 前 田 晴 人

天皇と日本の起源 「飛鳥の大王」の謎を解く


こ れ を 承 刃 2 し こ 。 六 人 の 皇 子 は 天 智 ・ 天 武 の む す こ た ち ぞ あ り 、 こ の 時 点 ぞ す て に 成 人 し て い た か 、 ま た は 間 も な く 成 人 を 迎 え る 皇 子 た ち て あ っ た 。 か れ ら は 有 力 な 皇 位 継 承 資 格 者 て あ る が 、 盟 約 へ の 参 加 を 機 に か れ ら の 皇 位 継 承 順 位 の 確 定 も 行 な わ れ た 。 く さ か べ の み こ 六 人 中 、 筆 頭 は 草 壁 皇 子 、 い う ま て も な く 天 武 と 鷓 野 讃 良 の む す こ て あ る 。 第 二 位 と お お つ の み こ お お た の ひ め み こ さ れ た 大 津 皇 子 は 、 鷓 野 讃 良 の 姉 て 故 人 の 大 田 皇 女 の む す こ て 、 草 壁 の 異 母 弟 に あ た っ た け ち か わ し ま お さ か べ た 。 三 位 以 下 は 高 市 ( 天 武 皇 子 ) 、 河 嶋 ( 天 智 皇 子 ) 、 忍 壁 ( 天 武 皇 子 ) 、 芝 基 ( 天 智 皇 子 ) と 続 だ が 、 盟 約 に よ り 晴 れ て 天 武 皇 后 に な っ た 野 讃 良 が 、 か れ ら と は 別 枠 の 有 力 な 皇 位 継 承 資 格 者 だ っ た こ と を 忘 れ て は な ら な い 六 八 一 年 二 月 、 草 壁 皇 子 は 当 時 二 十 歳 て あ っ た が 、 皇 位 継 承 候 補 の 筆 頭 と い う 資 格 て 国 政 に 参 与 す る よ う に な っ こ 。 ナ こ れ は 、 天 皇 と な る 日 に 向 け て の 見 習 い の 意 味 が あ っ た と 思 わ れ る 。 同 日 に 律 令 法 の 編 纂 プ ロ ジ ェ ク ト が 発 足 し て い る の て 、 お そ ら く 草 壁 は 、 こ の プ あ す か き よ み ロ ジ ェ ク ト の 名 誉 総 裁 的 な 地 位 に 就 任 し た の て あ ろ う 。 こ の 事 業 は 、 六 八 九 年 に 飛 鳥 浄 御 は ら り よ う 原 令 と し て 結 実 す る こ と に な る 。 六 八 六 年 五 月 、 天 武 が 病 に 倒 れ る と 、 鷓 野 讃 良 皇 女 と 草 壁 皇 子 が 天 皇 権 力 の 代 行 を 委 ね ら れ た 。 こ れ は 現 皇 后 と 皇 位 継 承 順 位 筆 頭 の 皇 子 が 皇 位 に 最 も 近 い 場 戸 に い た こ と を 示 し 286

天皇と日本の起源 「飛鳥の大王」の謎を解く


し た も の と い う こ と に な る 。 こ の よ う に 内 乱 の な か て 、 従 来 の 大 王 に 代 わ る 、 そ れ を 越 え た 地 位 と 権 力 が 、 ほ か な ら ぬ 天 武 の 手 に よ っ て 確 実 に 準 備 さ れ て い た の て あ る 。 天 武 の 地 位 は 新 た に 天 皇 の 名 て よ ば れ る こ と に な っ た 。 彼 は ど う し て 、 天 皇 と い う 称 号 を え ら ん だ の て あ ろ う か 。 そ も そ も 、 天 皇 と は 一 体 何 て あ ろ う か こ う て ん じ よ う て い て ん こ う た い て い こ れ に つ い て は 、 ① 中 国 に お い て 宇 宙 の 主 宰 神 と さ れ る 昊 天 上 帝 の 別 名 、 天 皇 大 帝 に に も と づ く と 見 な す 説 が あ り 、 由 来 す る と す る 説 、 図 中 国 の 道 教 の 最 高 神 て あ る 天 皇 大 帝 さ ら に 近 年 て は 、 ③ 従 来 の 大 王 号 の 権 威 を 増 す た め に 、 大 を 天 に 、 王 を 皇 に 画 数 を 足 し て 出 来 上 が っ た 日 本 て 作 ら れ た 漢 語 。 て あ っ た と す る 説 な ど が あ る 。 天 武 の 継 承 し た 王 位 ・ 王 権 が 、 天 智 を 介 し て 斉 明 女 帝 か ら 引 き 継 い だ も の て あ っ た こ と 、 そ し て 、 そ の 斉 明 が 飛 鳥 Ⅱ 倭 京 の 建 設 ・ 完 成 を 通 じ て 、 そ の 王 位 と 王 権 と を 道 教 的 な 世 界 観 て 説 明 し 権 威 づ け よ う と し て い た こ と な ど か ら 考 え る な ら ば 、 現 在 の と こ ろ 、 図 説 を 支 持 す る の が 最 も 妥 当 か と 思 わ れ る 。 ヤ 」 う そ 、 つ 六 七 四 年 、 そ れ は 天 武 が 即 位 し て 二 年 目 の こ と て あ る が 、 唐 の 第 三 代 皇 帝 、 高 宗 は 従 来 オ 一 」 れ は 亠 の / \ ↓ の 皇 帝 に 代 え て 天 皇 の 称 号 を 採 用 、 同 時 に 皇 后 を 天 后 と 称 す る こ と に し ご 。 て 高 宗 一 代 限 り の 個 人 的 な 称 号 て あ り 、 厳 密 な 意 味 ぞ の 君 主 号 と は い え な い 。 李 姓 を 称 す ま っ え い る 唐 の 帝 室 は 、 道 教 の 開 祖 と さ れ る 老 子 の 末 裔 を も っ て 自 認 し て お り 、 そ の た め に 唐 の 歴 271 飛 鳥 を め ぐ る 攻 防 - ー ー 大 武 大 皇 の 死 闘

天皇と日本の起源 「飛鳥の大王」の謎を解く


見 た わ け て あ る 。 推 古 の 豊 浦 宮 や 小 墾 田 宮 を 飛 鳥 の 範 囲 に ふ く め れ ば 、 彼 女 が こ れ ら 宮 殿 に 君 臨 し た 時 代 を 飛 鳥 時 代 と よ ん て 何 ら 差 し 支 え な い て あ ろ う 。 寺 跡 古 田 遺 台 が 、 す て に 述 べ た よ う に 、 豊 浦 や ト 山 畤 蟲 飛 。 飛 墾 田 は 飛 島 に は 入 ら な い し た が っ て 、 厳 密 な 意 味 て 飛 鳥 時 代 と い え \ 宮 浦 ば 、 そ れ は 舒 明 天 皇 が 飛 鳥 岡 本 宮 を 豊 造 営 し 、 そ こ に 遷 り 住 ん だ 六 三 〇 年 ョ 「 父 平 し J い - フ 一 」 し J に た 6 る そ し て 、 通 説 の い う よ う に 、 飛 鳥 時 代 の 終 わ り を 藤 原 へ 遷 都 し た 六 九 四 年 と 見 な す な ら ば 、 六 三 〇 年 か ら 六 九 四 年 ま て の お よ そ 六 十 年 間 が 飛 鳥 時 代 と い う こ と に な る の ぞ あ る 。 こ の わ ず 六 十 「 天 皇 」 と い う 君 け て 、 飛 鳥 と し う 土 地 が 、 さ ら に そ こ て 展 開 し た 歴 史 が 、 「 天 皇 」 や 「 日 本 」 を 生 み 出 し た と い っ て も 決 し て い い す ぎ ぞ は な い 。 飛 島 に 「 天 皇 」 と 「 日 本 」 の 起 源 が あ る と い え よ 磐 余 と 天 香 久 山 地 図 城 ー の △ 三 輪 山 古 下 川 墳 上 み わ つ つ 、 海 石 榴 市 道 さ く ら い 備 池 廃 寺 △ 鳥 見 山 中 っ 道 山 成 、 ( や ま 磐 余 天 香 久 0 藤 原 宮 跡 橋 倉 御 破 裂 山 多 武 峰 0 談 山 神 社

天皇と日本の起源 「飛鳥の大王」の謎を解く


な に わ な が ら と よ さ き の み や 翌 六 五 四 年 の 十 月 、 孝 徳 天 皇 は 難 波 長 柄 豊 碕 宮 て 死 去 し た 。 そ れ を 受 け て 翌 年 の 正 月 、 あ す か い た ぶ き の み や さ い め い ち ょ う そ 皇 極 天 皇 は 飛 鳥 板 蓋 宮 て 再 び 即 位 ( こ れ を 重 祚 と い う ) し た 。 斉 明 天 皇 の 誕 生 て あ る 。 以 下 、 彼 女 の こ と は 斉 明 の 名 て よ ぶ こ と に し た い 。 お は り だ の み や 孝 徳 の 在 位 中 、 斉 明 は 小 墾 田 宮 を 居 所 と し て い た 可 能 性 が あ る 、 と 前 に 述 べ た 。 難 波 か ら 飛 鳥 に 帰 る と 、 彼 女 は す ぐ に 飛 鳥 河 辺 行 宮 に 入 っ た が 、 即 位 の 儀 式 は か っ て の 飛 鳥 板 蓋 宮 て 挙 行 し た の て あ る 。 そ れ は 、 飛 鳥 板 蓋 宮 が 大 王 家 の 本 居 地 て あ り 、 王 権 の 聖 地 て あ る あ め の し た を し ろ し め す お お き み 飛 鳥 の 中 枢 を な す 、 そ の 意 味 て 治 天 下 大 王 の 地 位 と 権 力 の 象 徴 と な る 建 物 だ っ た か ら て あ ろ う 。 大 王 位 を 正 式 に 継 承 す る 以 上 、 そ の 儀 式 を 執 り 行 な う 場 所 は こ の 宮 殿 以 外 に は 考 え が た か っ た に 違 い な い 。 そ の 後 、 同 年 十 月 、 斉 明 は 小 墾 田 の 地 に 新 た な 宮 殿 の 造 営 を 開 始 し て い る 。 こ の 宮 殿 を か わ ら ぶ 斉 明 は 何 と 瓦 葺 き に し よ う と し た と い う 。 そ れ は 結 局 、 失 敗 に 終 わ っ た が 、 瓦 葺 き の 宮 殿 と い う の は 、 大 王 の 居 所 を 一 般 の 豪 族 た ち の そ れ と は ま っ た く 異 質 の 、 そ れ を 超 越 し た も の に し ょ - フ と い - フ 企 て に ほ か な ら な い こ れ に よ っ て 、 大 王 の 地 位 を 高 め 、 そ の 権 力 を 強 化 し よ う と い う 意 図 が あ っ た と 田 5 わ れ る 。 小 墾 田 宮 は 推 古 女 帝 以 来 、 飛 鳥 建 設 の 起 点 て あ り 、 拠 点 て も あ っ た 。 斉 明 が 即 位 早 々 に 、 そ の 宮 殿 を 一 般 の 豪 族 層 の 居 宅 を 凌 駕 し た も の に し よ う と 企 て た の は 、 大 王 の 地 位 を 179 飛 鳥 = 倭 京 の 完 成 - ー 済 明 女 帝 の 創 造

天皇と日本の起源 「飛鳥の大王」の謎を解く


も な い だ ろ う 。 だ が 、 世 代 や 年 齢 が 王 位 継 承 の 条 件 と し て 重 視 さ れ て い た 当 時 、 十 代 半 ば の 彼 が 直 ち に 即 位 て き る 立 場 に あ っ た と は と て も 考 え ら れ な い 。 た か ら の ひ め み こ 翌 年 正 月 に 新 大 王 と し て 立 っ た の は 、 舒 明 の 大 后 だ っ た 宝 皇 女 て あ っ た 。 皇 極 天 皇 て あ る 。 び だ っ お し さ か の ひ こ ひ と の お お え ち ぬ の お お き み 皇 極 は 、 敏 達 天 皇 の 皇 子 、 押 坂 彦 人 大 兄 の む す こ て あ る 茅 渟 王 ( 舒 明 の 異 母 兄 ) と 、 き ん め い さ く ら い の み 」 き び の ひ め み こ 欽 明 天 皇 の む す こ 、 桜 井 皇 子 の む す め て あ る 吉 備 姫 王 と の あ い だ こ ( 生 ま れ た む す め て あ っ か る の み こ 弟 に 軽 皇 子 ( 後 の 孝 徳 天 皇 ) が い た よ う め い た か む く の お お き み あ や の み こ 彼 女 は 最 初 、 用 明 天 皇 の 孫 て 高 向 王 と 結 婚 し 、 漢 皇 子 と い う む す こ を も う け て い た う ま や と の み こ た む ら の み こ だ が 、 「 外 相 」 厩 戸 皇 子 が 亡 く な り 、 田 村 皇 子 と よ ば れ て い た 舒 明 が 推 古 後 継 と し て 注 目 を 集 め る よ う に な る 頃 、 彼 女 は 舒 明 に 請 わ れ て 彼 と の 結 婚 に 踏 み 切 っ た 。 舒 明 は 皇 極 の 父 の 異 母 弟 て あ っ た か ら 、 彼 女 の 叔 父 に あ た る 。 こ の 時 代 、 王 族 の あ い て 叔 父 ・ 姪 の 結 婚 は さ し て 珍 し い も の て は な か っ た 。 舒 明 が 皇 極 と の 結 婚 を 望 ん だ の は 、 彼 が 即 位 し た 時 に 彼 女 を 大 后 に 立 て る た め て あ っ た 。 大 后 は 大 王 の 政 治 を 輔 佐 、 ま た は 大 王 の 権 力 の 一 部 を 分 掌 す る 地 位 て あ っ て 、 そ れ ゆ え に 大 王 の て き る だ け 近 い 血 縁 者 か ら 選 出 す べ き も の と さ れ て い た 。 史 上 最 初 の 大 后 に な っ た 後 の 推 古 天 皇 は 、 敏 達 の 異 母 妺 て あ り 、 そ の 配 偶 者 て も あ っ た 。 彼 女 が 敏 達 大 后 と し て 117 板 蓋 宮 の 政 変 ー ー ー 皇 極 女 帝 の 陰 謀