検索 - みる会図書館

検索対象: 天皇権の起源

天皇権の起源から 347件ヒットしました。

天皇権の起源


天 阜 権 の 起 源 鳥 黌 朝 朝 日 新 聞 社

天皇権の起源


第 五 章 天 皇 権 の 回 復

天皇権の起源


生 皇 と し て 記 録 す べ き で あ っ た と 思 う 。 誕 ( 独 身 ) ( 妻 帯 ) ( 皇 統 譜 の 天 皇 ) の 王 ー 第 一 子 大 王 ( 祭 事 ) ー 第 一 子 ( 祭 事 権 ) 大 ( 皇 統 譜 の 天 皇 ) 章 ー 第 一 一 子 ( 政 事 権 ) ー 第 一 一 子 男 弟 王 ( 政 事 ) 第 こ れ に 反 し て 、 こ れ か ら 以 後 の 皇 統 譜 に み え る 天 皇 は 、 現 人 神 と し て 妻 帯 し 、 直 系 子 孫 に 皇 位 が 継 承 さ れ る よ う に な る 。 聖 な る 現 人 神 と し て の 天 皇 観 は 、 こ の 時 代 に 起 源 を も つ も の と い っ て よ い そ こ で 当 然 、 皇 位 継 承 は 大 王 の 長 子 へ と 相 続 さ れ る よ う に な っ た 。 仁 徳 天 皇 が 長 子 の 履 中 天 皇 を 太 子 と し 、 皇 位 を 継 承 さ せ た の も そ の た め で あ る 。 も ち ろ ん 前 述 し た よ う な 事 件 か ら 、 反 正 ・ 允 恭 の 弟 に 皇 位 が 移 る が 、 そ れ は 特 殊 な 事 情 に よ っ た も の で 、 原 則 と し て は 長 子 相 続 制 が と ら れ る の で あ る 。 仁 徳 天 皇 は 長 子 に 相 続 さ せ た が 、 そ れ は 文 献 の 上 で 明 ら か な た め に 示 し た の に す ぎ な い 。 そ の 契 機 と な 0 た の は 、 実 で あ 0 た 。 最 後 に そ の 経 緯 を 述 べ て お く 必 要 が あ ろ う 。 前 述 も し た よ う に 第 一 一 子 の 妃 の 弟 媛 が 生 ん だ 誉 屋 別 皇 子 も 生 き 残 っ て い た 。 し か し 仲 哀 天 皇 の 亡 き あ と 、 殊 勲 を あ げ 武 将 を 率 い て 凱 旋 し た 神 功 皇 后 が 、 第 二 の 妃 や そ の 皇 子 に 気 兼 ね す る 必 要 は 少 し も な か っ た 。 生 後 わ す か の 誉 田 別 皇 子 を 擁 し て 、 神 功 皇 后 み ず か ら が 実 権 を 掌 握 し た も の と み て よ い 。 も ち ろ ん 神 功 皇 后 は 神 祭 り を 主 体 と し 、 政 事 一 般 は 大 臣 の 武 内 宿 祢 が 代 行 し た で あ ろ う 。 そ し て 皇 子 の 成 長 を 待 っ た も の と み ら れ る 。

天皇権の起源


古 市 誉 田 古 墳 群 の 起 源 仁 徳 天 皇 は 聖 天 子 で あ っ た か 仁 徳 陵 を 和 泉 に 造 っ た 理 由 イ リ ヒ コ 系 ・ ワ ケ 系 の 分 類 に 疑 問 景 行 ・ 成 務 ・ 仲 哀 を 否 定 す る 説 名 辞 か ら の 河 内 王 朝 説 は 不 可 二 倭 の 五 王 を め ぐ っ て 倭 五 王 の 解 明 の 糸 口 は 何 か 宋 書 に 記 さ れ て い な い 履 中 天 皇 第 三 章 大 王 と 男 弟 王 一 男 弟 王 の 出 現 天 足 彦 と い う 名 辞 兄 な る 王 と 弟 な る 王 日 出 ず る 処 の 天 子 の 真 意 男 弟 王 の 初 見 は 誰 か 暦 日 か ら み た 男 弟 王 の 允 恭 一 一 男 弟 王 の 系 譜 允 恭 天 皇 の 即 位 の 事 情 皇 位 継 承 に か ら む 皇 子 た ち の 殺 戮 大 臣 ・ 大 連 の 設 置 の 起 源 顕 宗 ・ 仁 賢 の 皇 位 を め ぐ っ て 大 兄 皇 子 は 男 115

天皇権の起源


子 に 継 承 さ れ て い た 。 と こ ろ が 新 し い 大 王 に は み ず か ら 妻 子 が あ り 、 そ の 子 が 相 続 権 を も っ た 。 そ れ に よ っ て 富 と 権 力 は 大 王 の 手 に 集 約 さ れ 、 男 弟 王 は た だ 政 事 一 般 を 処 理 す る だ け で 、 そ の 子 に は 欠 代 い 経 承 し な ぐ な づ だ の で あ る 。 こ の 男 弟 王 の こ と は 、 第 三 章 で 実 例 を も 0 て く わ し く 論 証 す る つ も り で あ る 。 現 人 神 と し て の 大 王 の 出 現 こ の こ と は 、 そ れ ま で の 大 王 観 を 変 え る 結 果 を も た ら し た 。 皇 統 譜 に み る そ れ ま で の 天 皇 と 称 さ れ る も の は 、 攻 事 権 を も っ 第 二 子 で あ っ た 。 そ し て 祭 事 権 を も ( 亠 ' 刎 T 引 ・ と は 、 記 録 の 上 で は 影 の 薄 い 子 が 天 皇 と し て 皇 統 譜 に 記 さ れ る よ う に な る の で あ る 。 し か も 前 時 代 の 祭 事 権 者 と し て の 第 一 子 は 、 神 を 祭 る た め に 聖 な る 人 と し て 独 身 を 守 っ た 。 そ の た め に 現 人 神 と し て 尊 崇 さ れ た の で あ 「 た 。 と こ ろ が ・ 新 5 い 〔 園 は 、 祭 事 権 者 で あ り な が ら 妻 子 を 持 ち 、 俗 な る 範 疇 に 入 る 富 と 、 自 分 の 子 へ の 相 続 権 を 握 っ た 。 し か し 大 王 が 祭 事 権 者 で あ る と い う 意 味 に お い て 、 こ の 場 合 で も 聖 な る 人 と し て の 立 場 は 失 わ れ ず 、 現 人 神 と し て の 尊 厳 性 は 確 保 さ れ 出 た の で あ る 。 王 さ き に 天 皇 の 起 源 は 俗 な る も の で あ っ た と 述 べ た 。 そ れ は 政 事 権 を も っ 第 二 子 が 、 皇 統 譜 の 上 で る は 天 皇 と し て 記 さ れ て い る か ら で あ る 。 そ れ は 世 0 歴 史 撰 修 時 に 、 父 子 関 係 を た ど っ て 系 譜 を 作 神 成 し た 結 果 に よ 「 た か ら だ と 思 わ れ る 。 実 際 に は 、 独 身 で は あ る カ 祭 事 権 を も っ 第 一 子 を 、 時 の 天 5

天皇権の起源


第 一 章 大 王 の 誕 生 一 祭 政 の 二 重 主 権 神 と し て の 首 長 姉 弟 に よ る 祭 政 一 一 重 主 権 男 性 の 祭 事 権 者 の 出 現 二 大 王 の 継 承 権 天 皇 の 起 こ り は 俗 な る も の 兄 は 聖 な る 祭 事 権 者 大 王 は 第 一 一 子 が 継 承 三 神 な る 大 王 の 出 現 な ぜ 第 一 子 ・ 第 一 一 子 は 謀 叛 し た か 応 神 天 皇 の 皇 子 た ち の 争 い 仁 徳 天 皇 の 皇 子 た ち の 争 妻 帯 し た 祭 事 権 者 の 大 王 現 人 神 と し て の 大 王 の 出 現 第 二 章 諸 学 説 の 批 判 一 河 内 王 朝 説 批 判 序 8

天皇権の起源


王 残 る 者 の 中 で は 、 皇 位 継 承 の 第 一 人 者 と な る も の で あ っ た こ と に よ る 。 さ ら に 従 兄 と し て 皇 位 継 承 男 権 を も っ 磐 坂 市 辺 押 磐 皇 子 も 殺 し て し ま う 。 こ う し て 大 泊 瀬 皇 子 は 、 皇 位 継 承 権 を も っ た だ 一 人 と と な っ た 。 そ し て つ ぎ の 雄 略 天 皇 と し て 即 位 す る の で あ る 。 殺 さ れ た 木 梨 軽 皇 子 が 大 前 宿 祢 の 家 に の が れ 、 ま た 同 じ く 境 黒 彦 皇 子 と 眉 輪 王 が 円 大 臣 の 家 へ 走 章 ぞ れ 時 の 執 政 の 権 を 握 る 重 臣 で あ っ た 。 そ の 3 っ て 隠 れ る 。 大 前 宿 袮 に し て も 円 大 臣 に し て か く ま よ こ し ま だ が こ こ で 本 書 が 述 べ た い の は 、 こ れ ら の 殺 戮 を 通 じ て 、 劈 モ 刊 調 で ・ あ ・ つ た か を 知 る こ と が で き る こ と で あ る 。 男 弟 王 の こ と は 文 献 に 記 さ れ て い な い が 、 少 な く と も こ の 事 件 は 、 そ れ を 明 ら か に 示 し た も の と い え る と 思 う 。 大 臣 ・ 大 連 の 設 置 の 起 源 さ て 、 同 腹 の 兄 た ち ま で 殺 し て 即 位 し た 雄 略 天 皇 が 、 気 性 の 激 し い こ と は い う ま で も な い 。 天 皇 の 強 暴 な ふ る ま い は 雄 略 紀 に 満 ち み ち て い る が 、 そ れ は 後 で 紹 介 し よ う 。 そ れ よ り も 大 切 な こ と は 、 こ の 黽 曜 輒 0 を 譱 ツ ・ 0 ど ・ で お な - 」 世 継 ぎ と な 0 た 清 寧 天 皇 は 、 か ら ひ め さ き の 円 大 臣 な ど を 焼 き 殺 し た と き に 、 円 大 臣 が 献 げ た 娘 の 韓 媛 が 生 ん だ 皇 子 で あ る か ら 、 即 位 の 後 の 出 生 と み て よ い 。 ま た 天 皇 は 兄 た ち を み な 殺 し て 、 兄 弟 は 一 人 も な く な っ て い る 。 弟 王 を ぶ に も 、 周 囲 に は 誰 も い な い 状 態 で あ っ た 。 へ ぐ り ま と り そ の こ と で 興 味 深 く 感 じ る の は 「 日 本 書 紀 」 の 記 事 で あ る 。 「 平 群 臣 真 鳥 を 以 て 大 臣 と な し 、 大 122

天皇権の起源


第 2 章 諸 学 説 の 批 判 古 市 誉 田 古 墳 群 の 起 源 戦 後 の 歴 史 教 育 で は 、 第 十 代 の 崇 神 天 皇 か ら 大 和 朝 廷 が は じ ま っ た と い わ れ る 。 と こ ろ が 、 初 天 皇 が ・ ら 後 の ・ 大 和 朝 廷 ・ ・ も 、 知 舸 ・ 司 代 -0 応 衲 天 皇 が - ら 攻 権 ・ が 国 習 , し 刻 材 っ ・ た ど い ・ デ 鬩 が 聞 ざ れ た 。 そ し て 河 内 王 朝 に 先 行 す る 大 和 朝 廷 を 、 三 輪 王 朝 と し て 命 名 し た 。 そ の 河 内 王 朝 説 に よ る と 皇 の に 可 ・ の 0 く の は 神 武 ・ 崇 神 ・ 応 神 の = 一 天 皇 だ け で 、 そ れ ぞ れ 王 統 の 交 替 を 示 す も の だ と い う 。 ま た 天 皇 風 か ら 、 三 翻 ョ 軻 ば イ ・ 屮 ・ ヒ ・ ・ ゴ 系 、 河 内 王 に ・ プ ゲ 系 ど し て 規 定 し て い る 。 さ ら に れ ま で の 御 陵 が 大 和 に 中 し て い た の に 対 し 、 応 神 か ら 後 は 河 内 に 築 か れ て い る な ど 、 一 応 説 得 力 を も っ 説 と な っ て い る 。 だ が 、 こ れ に は 多 く の 誤 り が あ る 。 河 内 王 朝 説 を 最 初 に 提 唱 し た の は 岡 田 精 志 氏 ( 『 日 本 書 紀 研 究 』 第 三 、 昭 和 四 三 年 一 一 月 ) で あ る 。 そ れ は 前 述 し た よ う に 、 応 神 朝 以 前 の 天 皇 陵 が 大 和 に 集 中 し て い る の に 対 し 、 五 世 紀 以 降 の 応 神 陵 か 一 河 内 王 朝 説 批 判

天皇権の起源


ロ ポ ッ ト と し て 推 古 女 帝 を 擁 立 崇 峻 天 皇 の あ と の 皇 位 継 承 に つ い て 、 馬 子 は 悩 ん だ 。 崇 岐 天 皇 を 弑 し た こ と が 突 然 の 出 来 事 で あ っ た だ け に 、 つ ぎ の 皇 位 に 蘇 我 一 族 の 中 の 誰 を 選 ふ べ き か に つ い て 迷 「 た 。 こ こ に 「 蘇 我 一 族 の 中 」 と 述 べ た が 、 皇 位 の 継 承 権 は 馬 子 ひ と り の 掌 中 に あ 0 た か ら で あ る 。 実 際 、 天 皇 を 誰 に す る か と い う 決 定 権 、 と い う よ り も 、 天 皇 家 を 廃 止 す る 権 力 さ え 、 時 の 馬 子 は 握 「 て い た の で あ る 。 馬 子 が 崇 峻 天 皇 を 弑 し 、 し か も そ の 日 に 埋 葬 し て 、 墳 墓 地 を 不 明 に す る こ と が で き た の も そ の た め で あ っ た 。 天 皇 家 に と っ て 、 最 初 に 訪 れ た 危 機 で あ っ た と い え る 。 我 こ の と き 馬 子 は 天 皇 の 制 度 を 廃 し 、 み す か ら 主 権 者 に な ろ う と 思 え ば 、 で き な い こ と は な か 0 こ 。 し く つ か の 理 由 が あ っ た と 思 わ れ る 。 と あ え て そ の 行 動 を 起 こ さ な か っ た の に は 、 、 教 仏 一 つ に は 、 天 皇 は 国 家 的 立 場 に お い て 神 祭 り を す る と い う 、 聖 な る 人 と し て の 天 皇 の 存 在 価 値 を 、 飛 政 治 的 に も 社 会 的 に も 必 要 と さ れ て い た 時 代 で あ 「 た こ と で あ る 。 す な わ ち 統 治 が 、 な お 古 代 的 宗 三 飛 鳥 仏 教 と 蘇 我 氏 173

天皇権の起源


横 教 観 念 に 規 制 さ れ て い た か ら で あ る 。 の こ の と き か ら 九 年 の ち の 推 古 朝 八 年 の 遣 隋 使 が 、 わ が 国 の 政 治 の あ り 方 を 隋 の 皇 帝 に 述 べ た 内 容 我 に つ い て は 、 第 三 章 一 節 で 紹 介 し て お い た が 、 そ れ を 想 起 さ れ た い と 思 う 。 す な わ ち 天 皇 は 夜 の 明 ま つ り ご と け な い う ち に 政 を 聞 き 、 そ れ を 神 に 奉 告 す る こ と が っ と め で あ っ た 。 そ し て 実 際 の 政 務 は 、 男 弟 章 王 が と り し き 「 て い た の で あ る 。 そ う し た 立 場 の 天 皇 の 地 位 に 、 馬 子 は 魅 力 を 感 じ な か 0 た の で あ ろ う 。 二 つ に は 、 天 皇 家 に 蘇 我 一 族 の 血 を う け た 者 が 幾 人 も あ る の で 、 あ え て 天 皇 を 廃 す る と い う 冒 険 を 犯 さ な く て も 、 彼 ら の 中 か ら 天 皇 を 選 ぶ こ と が で き た 。 そ れ に よ っ て 、 実 質 的 に は 天 下 の 権 を 馬 子 が 掌 握 す る こ と が 可 能 で あ っ た か ら で あ る 。 さ き に 馬 子 の 甥 の 用 明 天 皇 を 即 位 さ せ た と き は 、 大 連 と し て の 物 部 氏 が 健 在 で あ っ た 。 し か し そ の 崩 御 と と も に 、 物 部 氏 は 壊 滅 し た 。 そ し て 同 じ く 甥 の 崇 峻 天 皇 を 皇 位 に つ け た 。 こ の と き ま で は 、 天 皇 家 の 外 戚 と し て 権 威 を 得 る こ と が 、 馬 子 に と っ て の 唯 一 の 願 い で あ っ た で あ ろ う 。 し か し 崇 峻 天 皇 を 弑 す る に 至 っ た 段 階 か ら は 、 事 情 が 変 わ っ た と み て よ い 。 こ の と き こ そ 天 皇 家 を 廃 し 、 み ず か ら 主 権 者 と な る こ と が で き た 好 機 で あ っ た 。 し か し 馬 子 は 、 強 い て そ の 行 動 を と ら な か っ た 。 蘇 我 氏 の 血 を う け た 皇 子 の 中 で 、 皇 位 継 承 の 順 位 か ら い う と 、 用 明 天 皇 の 子 の 厩 戸 皇 子 ( 聖 徳 太 お あ ね の き み は し ひ と の あ な 子 ) に な る べ き で あ っ た 。 厩 戸 皇 子 の 母 も 、 馬 子 の 妺 の 小 姉 君 と 欽 明 天 皇 と の 間 に 生 ま れ た 塰 部 穴 穂 部 皇 女 で あ っ た 。 父 も 母 も 馬 子 の 二 人 の 妺 か ら 生 ま れ た も の で あ る 。 皇 子 の 年 齢 は 時 に 十 九 歳 、 174