検索 - みる会図書館

検索対象: 昭和天皇(上)

昭和天皇(上)から 352件ヒットしました。

昭和天皇(上)


ア イ デ ン テ ィ テ ィ し い 国 家 的 な 帰 属 性 を 獲 得 し た 。 臣 民 と は 、 理 念 上 全 国 民 を 天 皇 の 「 赤 子 」 と 見 な し 、 天 皇 を こ の 拡 大 さ れ た 家 族 の 両 親 ( 父 で あ り 母 で も あ る 存 在 ) と 考 え て 、 天 皇 に 絶 対 的 な 忠 誠 を さ さ げ 、 奉 仕 す る こ と を 意 味 す る 倫 理 的 イ デ オ ロ ギ ー 社 会 観 念 で あ る 。 臣 民 は す べ て 、 勤 勉 と 競 争 を 心 が け 、 国 家 の 起 源 神 話 を 尊 び 、 神 道 を う や ま い 、 国 家 へ の 奉 公 と 天 皇 へ の 服 従 を 個 人 の 利 益 や 快 楽 に 優 先 さ せ る べ き も の と さ れ た 。 迪 宮 も ま た こ の 同 じ 天 皇 制 イ デ オ ロ ギ ー の も と に 、 だ が す べ て の 忠 誠 と 奉 仕 を 一 身 に 受 け る と い う 、 臣 民 と は 逆 の 立 場 で 育 っ た 。 迪 宮 が 生 ま れ た と き 、 天 皇 崇 拝 は す で に 公 的 に 確 立 し て い た 。 天 皇 を お と し め る よ う な 一 一 一 一 口 論 な ど は 一 八 九 三 年 の 出 版 法 、 天 皇 、 皇 族 の 肖 像 と 菊 花 紋 に 関 す る 一 八 九 八 年 、 お よ び 一 九 〇 〇 年 の 内 務 省 の 命 令 で 禁 じ ら れ 、 一 九 〇 九 年 、 抑 圧 的 な 新 聞 紙 法 が こ れ に 続 い た 。 天 皇 と 皇 室 に 関 す る マ ス ・ メ デ ィ ア の 報 道 は 、 特 別 な 敬 語 を 用 い た 画 一 的 な も の に な っ た 。 天 皇 の 写 真 撮 影 も 警 察 法 で 規 制 さ れ た 。 明 治 時 代 の き わ め て 両 義 的 な 遺 産 の な か で 、 明 治 天 皇 か ら 孫 に 渡 さ れ た 憲 法 体 制 と 支 配 イ デ オ ロ ギ ー と は 、 最 重 要 の も の だ っ た 。 憲 法 に よ っ て 受 け 継 い だ 独 裁 支 配 の 政 治 的 伝 統 は 、 天 皇 が そ の 大 権 を 行 使 す る 際 に 自 制 的 で あ る べ き だ と す る 精 神 と 結 び つ い て い た 。 の ち に 皇 位 継 承 準 備 の 教 育 が 始 ま る と 、 彼 は 天 皇 が 初 め に 同 意 し な け れ ば 法 律 も 勅 令 も 制 定 で き な い こ と を 学 ん だ 。 宮 廷 と 内 閣 は 天 皇 自 身 に よ っ て つ な が っ て お り 、 彼 に お い て こ の 二 つ の 世 界 が 一 つ に な る の だ っ た 。 し か し 宮 廷 と 政 府 の 組 織 上 の 区 別 は 、 直 ち に 両 者 の 意 思 疎 通 の 問 題 を 提 起 す る 。 成 長 す る に つ れ て 彼 は こ の 区 別 を 体 得 し 、 憲 法 秩 序 の 創 設 者 が 国 家 の 最 上 層 に 制 度 化 し て し ま っ た 困 難 に つ ね に 直 面 す る こ と に な を 。 憲 法 は 、 天 皇 が 立 法 権 の 行 使 を 帝 国 議 会 と 共 有 す る よ う に 規 定 し て い る が 、 明 治 天 皇 と そ の 側 近 は 、 議 会 は そ れ 自 身 の 意 思 で は な く 、 天 皇 の 意 思 の み を 反 映 す る こ と を 前 提 に し て い た 。 天 皇 と 議 会 が 対 立 し た と き は 、 天 皇 は 裁 可 を 留 保 す る こ と で 拒 否 権 が 発 動 で き た 。 天 皇 の 賜 物 と し て 成 文 化 さ れ た 憲 法 秩 序 は 、 裕 仁 の 誕 生 前 夜 に は す で に 変 化 し て い た 。 一 九 〇 〇 年 、 伊 藤 は 新 政 党 立 憲 政 友 会 を 創 設 し 、 寡 頭 政 府 へ の 議 会 の 支 持 を 取 り つ け 、 憲 法 の 機 能 を 守 ろ う と し て い た 。 主 に 大 地 主 と 実 業 家 の 利 益 を 代 表 す る 政 友 会 は 、 議 会 に お い て 政 党 政 治 を 支 配 す る よ う に な つ 。 元 老 は 明 治 天 皇 せ き し

昭和天皇(上)


い た 。 し か し そ れ ら は 公 認 の 歴 史 観 に し た が っ て そ れ を つ め 込 む も の で あ り 、 民 族 的 起 源 に 関 す る 日 本 人 の 固 定 観 念 を 授 け 、 国 力 、 威 信 、 そ し て 帝 国 の 推 進 者 と し て の 天 皇 の 役 割 を 注 入 す る も の だ っ た 。 Ⅳ 学 習 院 教 授 清 水 澄 は 、 杉 浦 や 白 鳥 と 違 っ て 、 れ つ き と し た 学 界 の 第 一 人 者 と い う わ け で は な か っ た 。 清 水 が 憲 法 の ほ づ み や っ か 教 師 に 選 ば れ た の は 、 小 笠 原 や 元 老 た ち が 、 穂 積 八 束 、 上 杉 慎 吉 、 美 濃 部 達 吉 と い っ た 当 時 の 代 表 的 憲 法 学 者 は 、 皇 太 子 を 指 導 す る に は あ ま り に 問 題 が 多 い と 考 え た か ら に ほ か な ら な い 。 清 水 は と く に 学 派 に 属 さ ず 、 一 九 〇 四 年 に 憲 法 を 叙 述 し た 大 冊 を 出 版 し て い た 。 一 九 一 五 年 、 彼 は 宮 内 省 の 嘱 託 に な り 、 御 学 問 所 に 勤 務 し た 。 そ こ で 、 の ち に は 宮 廷 で 、 清 水 は 憲 法 上 の 政 府 権 限 の 範 囲 に つ い て 有 力 な 二 つ の 学 説 を 解 説 し が 。 ひ と つ は 穂 積 、 上 杉 ら の 天 皇 親 政 説 で 、 天 皇 に 絶 対 性 を 認 め 、 天 皇 は 国 家 の 諸 機 関 を 監 督 す る 責 任 を 持 ち 、 そ の 官 吏 任 免 権 を 直 接 行 使 す る も の と 説 い た 。 こ れ は 陸 軍 の 多 く の 将 校 ( 宇 垣 一 成 は 注 目 す べ き 例 外 で あ る ) と 、 東 郷 、 小 笠 原 ら の 海 軍 将 校 に 支 持 さ れ た 。 も う ひ と つ の 説 は 、 自 由 主 義 的 な 美 濃 部 の 「 天 皇 機 関 説 」 で 、 内 閣 を 天 皇 の 単 一 の 最 高 助 言 者 と し 、 天 皇 に 協 力 す る 憲 法 外 機 関 の 権 限 を 制 限 す る こ と で 、 専 制 権 力 を 抑 制 す る 立 場 だ っ た 。 く み 清 水 は 折 衷 的 で 矛 盾 し た 思 想 を 持 ち 、 表 面 上 は ど ち ら に も 与 し な か っ た が 、 行 文 か ら は 美 濃 部 よ り は る か に 穂 積 に 近 い こ と が 明 ら か で あ る 。 清 水 は 憲 法 解 釈 問 題 の 中 心 点 を 「 統 治 権 、 に 置 き 、 こ れ を 天 皇 に も 国 家 に も 認 め た 。 彼 に よ れ ば 、 国 家 は 「 土 地 、 人 民 及 び 統 治 権 の ( 三 者 が ) 不 可 分 的 に 結 合 し た 」 も の 、 「 法 理 的 観 念 に 於 て 人 格 を 有 し 統 治 権 の 主 体 た る も の 」 で あ つ が 。 そ し て 彼 は 、 「 我 が 国 に 於 て は 統 治 権 は 国 家 に 帰 属 す る と 同 時 に 天 皇 に 帰 属 し 国 家 と 天 皇 と は 此 点 に 於 て 相 同 化 し 一 あ り て 二 な き も の に し て 統 治 権 の 主 体 は 即 ち 天 皇 な り と す 」 と 続 け る 。 こ の よ う な 主 張 は 、 清 水 が 君 主 と 国 家 と の 関 係 を 結 局 は 明 快 に で き な か っ た こ と を 意 味 し て い る 。 東 京 帝 大 に お け る 穂 積 の 弟 子 の 憲 法 学 者 上 杉 は 、 天 皇 は 国 家 そ の も の で あ っ て 、 彼 の 行 為 は ど ん な に 恣 意 的 な も の で も す べ て 正 当 化

昭和天皇(上)


こ の 自 己 認 識 の 中 心 に あ っ た の は 、 裕 仁 自 身 の 存 在 、 権 威 、 一 族 の 浮 沈 、 そ の ほ か 彼 と そ の 国 家 を 支 え る あ ら ゆ る も の の 事 実 上 の 源 泉 で あ る 皇 室 の 祖 先 へ の 、 強 い 道 徳 的 義 務 感 で あ る 。 祖 先 崇 拝 は 、 家 父 長 制 的 な 皇 室 の 将 来 の 家 長 と し て 、 彼 の 双 肩 に か か っ て い た 。 彼 は 祖 先 の た め の 荘 厳 な 祭 儀 の 執 行 を 学 ぶ 義 務 が あ っ た 。 伝 統 と 公 的 義 務 と の こ の 関 係 は 、 「 皇 祖 皇 宗 」 ( 皇 室 の 創 始 者 と そ の 他 の 祖 先 ) と い う 表 現 に 要 約 さ れ て い る 。 皇 祖 は 太 陽 の 女 神 天 照 大 神 に 始 ま り 、 神 武 天 皇 に 至 る 神 話 上 の 祖 先 を 意 味 し 、 皇 宗 は そ れ 以 後 の 代 々 の 天 皇 、 時 代 を 超 え て 皇 位 を 伝 え て き た 歴 史 上 の 天 皇 の 系 譜 を 意 味 し た 。 こ の よ う に 皇 祖 皇 宗 は 、 神 話 と 、 全 体 と し て 人 工 的 に つ く ら れ た 天 皇 制 の 伝 統 に 裕 仁 を 直 接 結 び つ け た 。 そ れ は 彼 の 道 徳 観 の 淵 源 を な し 、 の ち に は そ の 国 家 観 の 基 礎 に も な っ た 。 永 遠 の 公 的 責 務 の 対 象 で あ る 皇 祖 皇 宗 は 、 生 涯 を と お し て 彼 の 奉 仕 の 目 的 と な り 、 在 位 し て い る か ぎ り 「 皇 祖 皇 宗 」 に よ っ て 継 承 さ れ て き た そ の 皇 位 を 守 り と お し た の で あ る 。 「 皇 祖 皇 宗 」 お よ び 「 万 世 一 系 の 皇 統 、 と い う 論 理 に は 、 長 い 歴 史 的 背 景 が あ る 。 そ れ は 、 八 世 紀 末 の 『 続 既 本 紀 』 な ど の 皇 室 に 関 す る 政 治 的 史 書 に ま で さ か の ば る 。 そ れ が 一 八 八 九 年 の 大 日 本 帝 国 憲 法 発 布 の 勅 語 と 上 諭 、 皇 室 典 範 上 諭 、 一 八 九 〇 年 の 教 育 勅 語 を は じ め 、 明 治 天 皇 の お び た だ し い 詔 勅 に 復 活 し た 。 皇 祖 皇 宗 の 文 言 は 裕 仁 の 多 数 の 詔 勅 に も 登 場 し 、 英 米 に 対 す る 宣 戦 に 家 運 を 賭 け た と き の 詔 書 も 例 外 で は な か っ た 。 死 せ る 祖 先 か ら 精 神 的 権 威 を 相 続 し た と い う 裕 仁 の 支 配 者 意 識 、 先 祖 へ の 道 徳 的 責 任 を 、 権 威 の 源 泉 で は な く 、 そ の 従 属 者 に 過 ぎ な い 国 民 に 対 す る 責 任 よ り 優 先 さ せ る 支 配 者 と し て の 意 識 。 皇 祖 皇 宗 は 何 よ り も こ の よ う な 意 識 を 表 現 し て い た 。 「 臣 民 、 で は な く 祖 先 へ の 責 任 意 識 は 、 つ ね に 彼 の 性 格 の い ち じ る し い 特 色 と な っ て ゆ く 。 迪 宮 は 一 一 歳 を 迎 え た 一 九 一 二 年 に 皇 太 子 と な り 、 陸 海 軍 少 尉 の 位 を 授 け ら れ が 。 祖 父 の 長 く 輝 か し い 治 世 は こ の 年 つ い に 終 わ り を 告 げ 、 そ れ に よ っ て 彼 自 身 の 生 活 も 一 変 し た 。 一 八 八 〇 年 代 に 政 治 を 知 悉 し て 以 来 、 明 治 天 皇 は 国 家 の 諸 機 関 を 統 一 し 、 寡 頭 政 治 家 ( 高 齢 に な っ て 元 老 と 称 さ れ る ) を 反 対 派 か ら 保 護 し 、 彼 ら の 意 見 対 立 を 調 停 し な が ら 、 ず っ と 権 力 を 行 使 し て き た 。 君 主 と し て の 役 割 は 、 政 敵 に 囲 ま れ た 寡 頭 政 治 家 た ち が 現 実 に つ く り あ げ た 帝 国 の 栄 光 を 高 め 、 神 聖 化 す る こ と だ っ た 。 そ う す る こ と で 明 治 天 皇 は 日 本 の ナ シ ョ ナ リ ズ ム と 日 本 帝 国 の 、 そ し て 天 皇

昭和天皇(上)


の 君 主 も 備 え な け れ ば な ら な い 三 つ の 徳 す な わ ち 、 勇 気 、 知 恵 、 お よ び 仁 愛 を 意 味 し て い る の で あ る 。 皇 太 子 は こ の 教 え を め ぐ っ て は っ き り し た 議 論 は し な か っ た が 、 彼 自 身 の 神 器 観 を 持 つ よ う に な り 、 そ れ ら を 主 と し て 彼 自 身 の 政 治 的 ・ 道 徳 的 権 威 の 象 徴 と 見 な し た 。 そ の よ う な も の と し て 、 神 器 は 皇 位 の 安 泰 を 保 証 す る た め に 丁 重 に 管 理 さ れ 、 時 に 応 じ て 陳 展 さ れ な け れ ば な ら な か っ た 。 ま た 彼 は 、 自 分 の 統 治 権 の 究 極 的 起 源 を 血 統 の 正 統 性 に 求 め る こ と が で き な か っ た 。 一 四 世 紀 の 北 朝 の 子 孫 と い う 彼 の 系 統 は 、 一 九 世 紀 の 「 国 学 」 派 の 学 者 か ら も 、 明 治 政 府 か ら も 非 正 統 と 見 な さ れ て い た の で あ る 。 彼 が 尊 重 す る よ う に 教 え ら れ た も う ひ と つ の 規 範 は 、 五 箇 条 の 誓 文 ( 一 八 六 八 年 ) と 教 育 勅 語 ( 一 八 九 〇 年 ) の 内 容 だ っ た 。 こ れ ら の 文 書 は 明 治 天 皇 の 権 力 と 権 威 を 高 め る も の だ っ た 。 す べ て の 臣 民 が 従 う べ き こ れ ら の 理 念 は 、 裕 仁 に と っ て も 将 来 の 基 準 で な け れ ば な ら な い 、 と 杉 浦 は 考 え た 。 杉 浦 の 誓 文 観 は 、 そ の 英 知 を 強 調 し な が ら 、 政 治 的 時 代 背 景 は 無 視 す る と い う も の だ っ た 。 こ こ で も ま た 皇 太 子 は 杉 浦 よ り 進 ん で 、 み ず か ら 学 ん だ 一 九 世 紀 の 日 本 史 の な か に 誓 文 を 位 置 づ け て 理 解 し た 。 一 八 六 八 年 四 月 六 日 の 誓 文 発 布 式 で 明 治 天 皇 が 皇 室 の 神 話 上 の 祖 先 で あ る 太 陽 の 女 神 に 誓 っ た 五 箇 条 の 誓 文 に は 、 封 建 領 主 や 京 都 の 宮 廷 貴 族 な ど の 潜 在 的 反 対 者 を 懐 柔 す る 狙 い が こ め ら れ て い た 。 反 対 勢 力 は 、 武 力 で 改 革 を 強 行 し た 武 士 の 指 導 者 に 挑 戦 す る 可 能 性 が あ っ た 。 誓 文 の 発 布 式 は 、 「 聖 旨 」 そ れ 自 体 を 権 威 に 押 し 上 げ る た め の 最 初 の 一 歩 だ っ た 。 裕 仁 も 後 年 、 誓 文 は 歴 史 と 時 代 を 超 え た 憲 章 、 日 本 の 自 由 主 義 に と っ て の 「 マ グ ナ ・ カ ル タ 」 だ と 述 べ た が 、 し か し 彼 は そ の 治 世 の 最 初 の 二 〇 年 間 、 そ の 「 聖 旨 」 の 実 現 に 務 め た の で あ る 。 教 育 勅 語 と 、 そ の 主 な 語 彙 に 杉 浦 が ほ ど こ し た 解 釈 も 、 深 い 影 響 を 及 ぼ し た 。 教 育 勅 語 の 最 初 の 講 義 で 、 彼 は 「 皇 祖 皇 宗 」 の 語 を 取 り 上 げ 、 そ れ を い か に 認 識 す べ き か を 説 い た 。 彼 は 「 皇 祖 皇 宗 と は 天 皇 陛 下 及 日 本 国 民 の 御 先 祖 を は じ 指 し て 申 す 。 我 等 の 御 先 祖 が 此 の 日 本 国 を 肇 め 給 ふ 事 は 、 天 壌 無 窮 に し て 、 天 地 と 限 り な き も の な り 」 と 述 べ 。 次 い で 杉 浦 は 、 代 々 の 天 皇 が 歴 史 を 通 じ て ど の よ う に 「 皇 祖 皇 宗 の 御 遺 業 、 を 受 け 継 い だ か を 説 し た 。 , 冫 ) ' 彼 よ 日 本 の 君 主 の 道 徳 的 優 越 性 を 強 調 し 、 他 国 の 君 主 よ り 高 い 位 置 に そ れ を 押 し 上 げ た 。

昭和天皇(上)


本 書 は 、 昭 和 天 皇 、 天 皇 制 、 お よ び か っ て 「 天 皇 イ デ オ ロ ギ ー 」 を 構 成 し て い た 概 念 、 価 値 、 信 念 に 焦 点 を あ て 、 日 本 の 二 〇 世 紀 を 再 検 討 し た も の で あ る 。 本 書 で 読 者 が 出 合 う の は 、 ゆ が め ら れ た 公 的 な 天 皇 像 と は ま っ た く 異 な っ た 天 皇 で あ る 。 こ の 伝 記 で 取 り 上 げ た 昭 和 天 皇 は 、 受 け 身 の 立 憲 君 主 で も 、 日 本 き っ て の 平 和 主 義 者 ・ 反 軍 国 主 義 者 で も な か っ た 。 そ れ ど こ ろ か 天 皇 は 、 昭 和 時 代 に 起 き た 重 要 な 政 治 的 ・ 軍 事 的 事 件 の 多 く に 積 極 的 に 関 わ り 、 指 導 的 役 割 力 し ら い を 果 た し た 。 そ の 指 導 性 の 独 特 な 発 揮 の 仕 方 は 、 「 独 裁 者 」 か 「 傀 儡 」 か 、 「 主 謀 者 , か 「 単 な る 飾 り 」 か と い う 単 純 な 二 分 法 で は 理 解 で き な い 。 天 皇 が 全 権 を 握 っ た り 、 独 力 で 政 策 を 立 案 し た り す る こ と は な か っ た が 、 天 皇 と 宮 中 グ ル 1 プ は 、 内 閣 の 決 定 へ が 正 式 に 提 出 さ れ る 前 に 、 天 皇 の 見 解 や 意 思 が 決 定 に 盛 り 込 ま れ る よ う 尽 力 し た 。 そ し て 、 天 皇 の 賛 否 こ そ が 決 者 読 定 的 だ っ た 。 天 皇 が 賛 否 を 口 に し な く と も 、 何 も 言 わ な い と い う 行 為 自 体 が 、 天 皇 の 意 思 を 実 行 に 移 す 当 局 者 を 日 大 き く 左 右 し た 。 日 本 の 読 者 へ

昭和天皇(上)


は 「 教 学 振 興 」 「 国 体 観 念 養 成 」 を 主 唱 す る 「 思 想 善 導 に 関 す る 声 明 」 を 発 し た 。 そ の 九 カ 月 後 、 別 の 内 閣 〔 浜 口 雄 幸 内 閣 〕 が 、 摂 政 期 の 初 め か ら 宮 中 グ ル ー プ が 望 ん で き た 事 業 に 着 手 し た 。 反 体 制 的 大 衆 運 動 の 危 険 性 と 、 「 経 済 生 活 の 改 善 を 図 り 、 国 力 を 涵 養 す る こ と 」 に 関 し て 、 国 民 を 指 導 ・ 啓 発 す る 官 製 運 動 で あ る 。 こ の 教 化 動 員 運 動 は 同 時 に 、 「 国 体 観 念 を 明 徴 に し 、 国 民 精 神 を 作 興 す る こ と 」 も 宣 伝 し た 。 こ れ ら の 多 様 な 目 標 に 合 わ せ て 、 文 部 省 は 間 も な く 訓 令 を 発 し 、 全 国 の 各 学 校 に 新 し い 思 想 運 動 の 実 施 を 指 令 し た 。 こ の よ う に 昭 和 の 君 主 制 は 、 国 民 大 衆 に 日 本 精 神 へ の 信 仰 と 、 聖 な る 統 治 者 へ の 深 い 畏 敬 ー ー む し ろ 崇 拝 ー ー の 念 を 注 人 す る こ と に よ っ て 、 イ デ オ ロ ギ ー 的 に 強 化 さ れ た の だ っ た 。 日 本 の 国 家 主 義 の こ う し た 傾 向 が 、 大 恐 慌 前 夜 の 一 九 二 〇 年 代 末 期 に 、 イ タ リ ア の フ ァ シ ズ ム が 最 初 に 国 際 的 関 心 を 呼 び 、 ド イ ツ の ナ チ 党 が 選 挙 で 躍 進 し 始 め た の に 符 節 を 合 わ せ て 登 場 し て い る 点 を 見 過 ご す こ と は で き な い 。 昭 和 の 国 家 主 義 の 主 張 や 妄 想 は 、 初 め は 一 般 国 民 の 間 か ら 起 こ っ た の で は な く 、 時 の 文 化 の 潮 流 に 対 し て 「 上 か ら 」 下 さ れ た 。 そ れ が 広 ま る 過 程 で 、 新 国 家 主 義 は 神 道 の 正 統 的 観 念 と 再 結 合 し 、 明 治 憲 法 体 制 を 腐 食 さ せ て い っ た 。 昭 和 天 皇 の 治 世 の 四 年 め に な る と 、 戦 争 と 帝 国 主 義 的 膨 張 が 引 き 起 こ し た 国 民 の 熱 狂 が 新 し く 「 下 か ら 」 の 要 素 と 動 機 を 備 え さ せ 、 憲 法 秩 序 を さ ら に 転 換 さ せ て ゆ く 。 彼 の 統 治 が 始 ま っ た と き に は 、 天 皇 制 イ デ オ ロ ギ 1 は 明 白 に む し ば ま れ て お り 、 心 理 的 重 圧 に な っ て い た 。 天 皇 と 側 近 は 最 義 初 か ら 、 皇 位 に ま つ わ る 非 合 理 的 思 念 す べ て に 活 気 を 吹 き こ む た め 、 最 大 限 の 努 力 を 傾 け た 。 彼 ら は 国 民 に 対 し て 、 家 天 皇 を 彼 ら の 道 徳 の 源 泉 、 宗 教 的 権 威 を 備 え た 政 治 ・ 軍 事 上 の 全 能 の 統 治 者 と 見 な す よ う 、 積 極 的 に 働 き か け た 。 天 皇 と 宮 中 グ ル ー プ の 政 治 的 行 動 は 、 君 主 制 に 、 日 本 の 国 家 主 義 を い っ そ う 軍 事 的 な も の に す る 方 向 づ け を 与 え し 新 た 。 明 治 天 皇 の 人 格 と 「 徳 」 を 顕 彰 し て 明 治 の 過 去 を 飾 り 上 げ 、 昭 和 天 皇 を 同 時 に 賞 賛 す る こ と で 、 彼 ら は 一 九 三 〇 彼 の も と で 、 彼 の 積 極 的 な 奨 励 に よ っ 皇 年 代 の 天 皇 崇 拝 教 の 足 が か り を 用 意 し た 。 昭 和 天 皇 は そ の 手 段 で あ っ た が 、 , た く ら し て 、 こ の 企 み は た ち ま ち 軌 道 に 乗 っ た の で あ る 。 そ し て 多 岐 に 分 裂 し 、 手 詰 ま り に な っ て い た 日 本 の 政 治 を 変 化 さ せ 章 て い っ た 。 五 そ れ に 加 え て 、 昭 和 天 皇 の 即 位 と 神 格 化 は 、 政 党 が そ の 勢 力 の 絶 頂 に あ っ た 時 期 に あ っ て 、 現 人 神 か つ 大 元 帥 と い 第 167

昭和天皇(上)


注 ( 第 9 章 278 ー 285 ペ ー ジ ) 言 力 ( そ し て 、 そ れ ゆ え に そ の 側 近 ) を 、 強 化 し て い た 。 即 位 の ( 芝 大 江 志 乃 夫 『 御 前 会 議 』 中 公 新 書 、 一 九 九 一 年 、 一 〇 一 ペ ー ジ 。 御 前 会 議 の 正 式 な 議 事 録 は な い 。 し か し 、 『 杉 山 メ モ 』 と し 当 初 一 〇 年 、 昭 和 天 皇 が 軍 部 に 対 し て 失 っ た 権 力 は 、 戦 争 が 拡 大 し 、 そ し て 日 本 の 総 力 戦 体 制 の 欠 陥 が 明 ら か と な る に つ れ 、 段 々 て 知 ら れ る 杉 山 元 将 軍 に よ る 書 き 取 り 、 そ の 大 部 分 は 眞 田 穣 一 郎 と 回 復 し て い っ た 。 の 書 き 取 り に よ る 、 が 重 要 な 史 料 と な っ て い る 。 一 九 四 〇 年 か ら 一 九 四 一 年 の 会 議 に つ い て は 、 参 謀 本 部 編 『 杉 山 メ モ 上 』 原 書 ( ) 瀬 島 龍 三 「 体 験 か ら 見 た 大 東 亜 戦 争 」 軍 事 史 学 会 編 『 第 二 次 世 界 大 戦 ( 三 ) ー 終 戦 』 錦 正 社 、 第 三 一 巻 第 一 ・ 一 一 合 併 号 ( 一 九 房 、 一 九 九 四 年 を 参 照 。 ( ) 『 東 京 日 日 新 聞 』 『 東 京 朝 日 新 聞 』 は 、 御 前 会 議 を 一 九 三 八 年 九 五 年 九 月 ) 三 九 八 ー 三 九 九 ペ ー ジ 。 重 大 な 政 策 に 関 す る 大 本 営 一 月 一 二 日 付 、 一 九 四 〇 年 七 月 二 八 日 、 九 月 二 〇 日 、 一 一 月 一 四 の 最 終 的 な 意 思 決 定 は 、 大 本 営 政 府 連 絡 会 議 に お け る 重 要 な 決 定 の 場 合 と 同 様 に 、 天 皇 臨 席 の 会 議 を 要 件 と し た 。 し か し な が ら 、 日 付 、 並 び に 一 九 四 一 年 七 月 二 日 、 三 日 付 で 伝 え て い る 。 対 米 英 開 戦 を 決 定 し た 最 も 重 要 な 一 九 四 一 年 九 月 六 日 、 一 一 月 五 日 の 御 山 田 朗 氏 が 指 摘 し た よ う に 、 時 に 、 陸 海 統 帥 部 の 二 人 が 、 正 式 な 会 議 を 開 く こ と な く 、 大 本 営 の 意 思 決 定 を し て し ま う こ と が あ っ 前 会 議 に つ い て 、 管 見 の 限 り で は 報 道 さ れ て い な い 。 ( 芻 ) 御 前 会 議 の 出 席 者 は 、 首 相 、 枢 密 院 議 長 、 陸 相 、 海 相 、 蔵 た 。 そ の よ う な 決 定 で も 、 天 皇 に 奏 上 さ れ 、 天 皇 の 裁 可 を 得 れ 目 、 外 相 、 内 閣 企 画 院 総 裁 、 陸 軍 参 謀 総 長 、 海 軍 軍 令 部 総 長 、 陸 ば 、 自 動 的 に 有 効 な 決 定 と な っ た 。 山 田 朗 、 前 掲 七 〇 ペ ー ジ を 参 照 。 海 軍 省 の 軍 務 局 長 。 参 加 者 は 自 ら の 見 解 を 述 べ 、 枢 密 院 議 長 は 、 ) 一 九 四 一 一 年 一 一 月 か ら 一 九 四 五 年 一 月 ま で 大 本 営 の ス タ ッ フ し ば し ば 、 天 皇 の 代 わ り に 質 問 を 促 し 、 そ し て 通 常 、 天 皇 は 進 行 ( を 務 め た 源 田 実 は 、 後 に 、 天 皇 だ け が 大 本 営 を 機 能 さ せ る こ と が の 間 、 黙 っ て 座 っ て い る 。 例 外 な く 、 合 意 に よ っ て 決 定 に 達 す る で き た と 述 べ て い た 。 と い う の は 、 「 機 構 全 体 は 陸 軍 、 海 軍 、 そ こ と と な っ て い る 。 ( ) 安 田 浩 『 天 皇 の 政 治 史 ー 睦 仁 ・ 嘉 仁 ・ 裕 仁 の 時 代 』 青 木 書 し て 所 謂 、 政 府 の 三 つ に 分 か れ て お り 、 こ の 三 者 を 調 整 で き た の は 天 皇 だ け だ っ た 」 か ら で あ る 。 Leon V. Sigal, F ミ g 、 0 店 、 一 九 九 八 年 、 二 七 二 ー 二 七 三 ペ ー ジ 。 「 無 責 任 の 体 系 」 と い う 君 主 制 の 概 念 は 、 政 治 学 者 丸 山 真 男 に よ り 、 最 初 に 提 起 さ れ 3 こ s 澤 The ミ s 、 一 、 ミ 7 ミ ゞ ミ the U ミ ミ States ミ ミ . 、 心 ド 7945 , Cornel University Press, 1988 , P. 74. 8 ) 森 茂 樹 、 前 掲 三 七 ー 三 八 ペ ー ジ 。 ( 肪 ) 昭 和 天 皇 の 大 本 営 は 、 軍 事 機 密 を 知 る 権 限 は な い と の 理 由 か ( 3 ら 文 民 を 排 除 し て い た 点 で 、 明 治 天 皇 の 大 本 営 の 運 営 と は 異 な っ ( ) 山 田 朗 「 十 五 年 戦 争 の 諸 相 昭 和 天 皇 の 戦 争 指 導 ー 情 報 集 中 と 作 戦 関 与 」 「 季 刊 戦 争 責 任 研 究 』 第 八 号 ( 一 九 九 五 夏 季 号 ) て い た 。 昭 和 天 皇 の 大 本 営 で は 、 軍 部 が 明 治 天 皇 の 時 と 比 べ て よ 日 本 の 戦 争 責 任 資 料 セ ン タ —' 一 八 ペ ー ジ 。 山 田 氏 は 、 さ ら に 同 り 特 権 的 な 立 場 か ら 、 国 策 や 世 界 戦 略 の 作 成 に 参 加 し て い た 。 か っ て の 大 本 営 と は 反 対 に 、 軍 や 政 治 的 意 思 決 定 に お け る 天 皇 の 発 論 文 の 一 九 ペ ー ジ で 、 最 初 の 大 陸 命 が 一 九 三 七 年 一 一 月 一 三 日

昭和天皇(上)


で 、 「 国 体 、 イ デ オ ロ ギ ー の 正 統 版 と 天 皇 の 権 威 と を と も に 強 化 す る こ と で 、 こ れ に 対 処 し よ う と し た 。 摂 政 時 代 に 、 国 民 の 上 下 を 問 わ ず 盛 ん に 交 わ さ れ た 「 国 体 . 論 議 は 、 君 主 制 へ の 信 頼 が 目 に 見 え て 弱 ま っ て い る こ と 、 将 校 団 の あ る 層 と 皇 室 と の 精 神 的 き ず な が 薄 れ て い る こ と 、 そ し て 正 統 「 国 体 」 観 念 そ れ 自 体 へ の 崇 敬 が ゆ る ん で い る こ と の 反 映 だ っ た 。 摂 政 期 の 最 後 に は 、 「 国 体 」 な る 言 葉 は 、 非 現 実 的 な 神 話 の 概 念 を 離 れ て 、 誰 で あ れ 不 満 の 是 正 を 求 め 、 敵 を 攻 撃 し 、 権 力 を 強 め 、 あ る い は 日 本 国 民 の 政 治 的 将 来 を 切 り 開 こ う と す る 個 人 や グ ル ー プ の 必 要 ゅ う ず う む げ に 応 じ て 、 融 通 無 碍 に 使 わ れ 、 流 布 し た の で あ る 。 日 本 の 一 九 二 〇 年 代 は 、 思 想 的 ・ 文 化 的 に 激 し い 抗 争 の 時 代 だ っ た 。 政 府 と 摂 政 と 宮 中 側 近 が 、 み な 公 的 な 「 国 体 」 解 釈 に 無 批 判 に し が み つ い て い た の に 対 し て 、 各 分 野 で 努 力 を 重 ね て 改 革 を 志 向 す る 人 々 は 、 日 本 国 民 の 社 会 観 念 を 、 近 代 の 科 学 的 な 思 考 に 適 合 さ せ 、 非 人 間 的 な 官 僚 支 配 に 対 抗 で き る よ う な も の に 変 え よ う と し た 。 「 国 体 ー は 政 界 で 、 軍 人 の 間 で 、 宗 教 界 で 、 大 学 の 教 授 た ち の 間 で 論 じ ら れ た 。 そ こ で は 、 議 論 は 相 変 わ ら ず 天 皇 統 治 の 正 統 性 と 、 天 皇 お よ び 天 皇 制 が 日 本 社 会 に 保 持 し 、 ま た は 保 持 す べ き ひ と つ の 道 徳 的 価 値 を 強 調 せ ざ る を え な い の だ っ た 。 少 数 派 の 自 由 主 義 者 は 、 皇 室 と 大 正 デ モ ク ラ シ ー の 精 神 を 調 和 さ せ よ う と し た 。 時 代 の 大 勢 が 「 国 体 」 を 論 ず る な 危 か で 、 彼 ら は 西 洋 式 の 議 会 制 民 主 主 義 に 沿 っ た 政 治 制 度 を 模 索 し 、 皇 室 を 政 治 か ら 完 全 に 切 り 離 し て 存 続 さ せ よ う と 一 し た 。 し か し ほ と ん ど の 改 革 論 者 は 、 国 民 の 政 治 的 地 位 を 正 当 化 す る 「 起 源 神 話 」 を 単 に 手 直 し す る こ と し か 考 え な シ ラ か っ た 。 彼 ら の 前 に は 、 「 国 体 」 の 基 礎 を も つ ば ら 天 皇 の 血 統 の 継 承 に 求 め 、 皇 位 を 受 け 継 ぐ 男 子 の 天 皇 に よ る 親 政 ク . モ と 、 彼 ら の 絶 対 的 な 政 治 的 権 威 と を 強 調 す る 、 伝 統 保 守 主 義 者 が 立 ち は だ か っ て い た 。 伝 統 主 義 者 は 日 本 が 西 洋 に 従 テ 大 属 す る こ と に 憤 慨 し 、 民 主 主 義 を 取 り 入 れ る こ と に 反 対 し た 。 彼 ら に は 「 国 体 . は 不 変 の 存 在 で あ り 、 天 皇 を 単 な る 代 象 徴 に し よ う と す る 者 は 不 敬 罪 に 相 当 す る の だ っ た 。 政 支 配 エ リ 1 ト に と っ て 、 「 国 体 」 論 議 は 必 ず 危 険 思 想 の 取 り 締 ま り と 結 び つ い て い た 。 日 本 の 政 治 に は 、 信 頼 で き る 安 定 し た 道 徳 基 盤 と し て 、 「 国 体 」 が 広 く 受 け 入 れ ら れ る こ と が 必 要 な の だ っ た 。 し か し 「 国 体 」 が 議 論 の 的 に な 章 四 第 り 、 問 題 に さ れ 、 解 釈 さ れ れ ば さ れ る ほ ど 、 そ れ を 広 い 道 徳 基 盤 に し て お く こ と は 難 し く な っ た 。 民 主 主 義 的 潮 流 に 対 抗 139

昭和天皇(上)


制 支 配 の 正 当 性 そ の も の の 生 き た 象 徴 と な っ た 。 一 九 一 二 年 七 月 二 九 日 、 五 九 歳 で の そ の 死 は 、 こ の 複 合 的 象 徴 の 消 滅 を 意 味 し 、 以 後 の 天 皇 制 の あ り か た を 模 索 さ せ る こ と に な っ た 。 、 無 気 力 で 、 政 治 的 三 三 歳 で 天 皇 に な っ た 父 の 嘉 仁 は 、 明 治 天 皇 の 遺 産 を 受 け 継 ぐ こ と が で き な か っ た 。 体 が 弱 く ま 何 ひ と っ 持 ち 合 わ せ な か っ た 。 そ の 即 位 で 大 正 時 代 決 定 が 行 え な い 彼 は 、 い ま や 最 高 司 令 官 で あ っ た が 、 軍 事 知 識 。 ( 一 九 一 二 ー 二 六 年 ) が 始 ま っ て ひ と 月 た た な い う ち に 、 新 聞 は 侍 医 の 増 員 を 報 じ た 。 一 九 一 二 年 一 二 月 、 海 軍 大 将 ま っ か た ま さ よ し や ま も と ご ん べ え 山 本 権 兵 衛 は 、 次 期 総 理 大 臣 に 推 薦 さ れ た 元 老 の 松 方 正 義 に 、 大 正 天 皇 は ( 才 智 に お い て ) 「 先 帝 の 場 合 と は 恐 れ な た と え し ゆ っ ろ が ら 異 な る と こ ろ あ り 。 自 分 の 所 信 に て は 仮 令 ( 大 正 天 皇 の ) 御 沙 汰 な り と も 出 盧 国 家 の 為 に 不 得 策 な り と 信 ず れ ば 御 沙 汰 に 随 は ざ る 方 却 て 忠 誠 な り と 信 ず る 」 と 語 っ て い る 。 制 度 上 は 何 の 変 化 も 起 こ ら な か っ た が 、 一 九 一 二 年 の 父 の 即 位 は 、 こ の よ う に 国 政 運 営 の 重 要 な 転 換 点 に な っ た 。 元 老 と く に 山 県 は 、 宮 廷 へ の 関 与 を さ ら に 強 め 、 新 天 皇 の 衝 動 的 で 予 測 不 可 能 な 意 思 を 抑 制 し 始 め た 。 法 律 と 同 じ カ が あ り 、 統 制 し に く い 議 会 や 国 務 大 臣 に 対 抗 し て 最 近 ま で 寡 頭 政 治 家 が よ く 利 用 し て き た 勅 令 は 、 と っ ぜ ん 激 し い 論 争 の 的 と な り 、 少 な か ら ず 権 威 を 失 っ が 。 新 し い 憲 法 解 釈 、 国 家 を 至 高 の 位 置 に 置 き 、 君 主 も 諸 機 関 の 一 つ と し て 国 た っ き ち み の べ 家 に 従 属 す る と い う 、 美 濃 部 達 吉 の 「 天 皇 機 関 説 」 が 登 場 し た 。 議 会 政 治 家 の 間 で は 、 明 治 天 皇 の 保 護 で 日 本 を 統 治 し て き た 「 薩 長 閥 」 の 恣 意 的 支 配 か ら 憲 法 を 守 る た め 、 「 護 憲 運 動 」 が 新 し く 台 頭 し た 。 〔 一 九 〇 〇 年 の 衆 議 院 議 員 選 挙 法 産 の 改 正 で 〕 日 露 戦 争 後 は 選 挙 権 保 持 者 が 二 倍 に な っ て い た た め 、 多 く の 政 治 家 は 男 子 普 通 選 挙 法 の 制 定 も 要 求 す る よ う に な っ た 。 歴 史 家 は 、 一 九 一 二 年 の 政 治 変 動 を 頂 点 と す る 日 露 戦 争 後 の 時 代 を 、 日 本 の 「 大 正 デ モ ク ラ シ ー 」 運 動 の 始 ま り と 家 と ら え て い る 。 こ の 米 英 起 源 の 用 語 は 、 男 子 普 選 、 多 数 党 の 党 首 が 組 織 す る 内 閣 に よ る 政 治 、 議 会 に 超 然 と し た 古 い 藩 閥 支 配 に 代 わ っ て 議 会 政 党 が 主 導 す る 政 治 の 実 現 を 求 め る 、 政 治 家 、 ジ ャ ー ナ リ ス ト 、 知 識 人 ら を 中 心 と し た 一 連 の 民 衆 運 動 を 指 す 。 第 一 次 世 界 大 戦 後 に は 、 「 大 正 デ モ ク ラ シ 1 」 は ア メ リ カ の 文 化 的 ・ 政 治 的 産 物 、 生 活 様 式 、 個 第 人 主 義 な ど の 社 会 観 念 の 受 容 も 含 意 す る よ う に な っ た 。 な か で も 個 人 主 義 の 思 潮 は 、 個 人 を 基 礎 に し な い 独 自 の 道 徳 し た が か え っ

昭和天皇(上)


を 説 い て 、 内 閣 に さ え 政 党 員 を 登 用 す る 政 党 政 治 の 新 し い 現 実 を 容 認 さ せ た 。 伊 藤 は 明 治 天 皇 の 反 対 を 断 念 さ せ る の に 、 再 び 中 心 的 な 役 割 を 果 た し た 。 し か し こ の と き 伊 藤 は 、 総 理 大 臣 と そ の 他 の 国 務 大 臣 の 任 免 権 に 関 し て は 政 友 会 は ロ を 出 さ ず 、 完 全 に 天 皇 の 裁 量 に 委 ね る こ と を 約 束 し た 。 こ う し て 伊 藤 は 専 制 に こ だ わ る 天 皇 の 偏 見 に 屈 し 、 衆 議 院 に お け る 多 数 党 の 党 首 が 内 閣 を 組 織 す る と い う 議 会 主 義 の 基 本 原 則 を 放 棄 し た の で あ る 。 彼 よ 閣 内 の 論 争 で は つ ね に 軍 部 明 治 天 皇 は 総 じ て 専 制 主 義 者 で あ り 、 憲 法 制 定 後 も 何 ら そ の 見 解 を 変 え な か っ た 。 , 。 の 側 を 支 持 し た 。 元 老 は 独 裁 権 力 の 発 揮 を つ つ し み 、 合 議 制 の 範 囲 内 で 行 動 す る よ う 天 皇 を い さ め 続 け た 。 天 皇 が 憲 法 制 定 以 前 に は 不 可 能 だ っ た か た ち で 総 理 大 臣 そ の 他 の 高 官 を 任 免 で き る こ と は 、 伊 藤 ら 元 老 が 総 理 大 臣 の 独 占 的 任 命 権 を 維 持 す る こ と を 意 味 し た 。 明 治 天 皇 の 主 な 側 近 は ま た 、 古 代 以 来 の 宗 教 意 識 と 国 家 意 識 と の 融 合 に 基 づ く 支 配 の イ デ オ ロ ギ ー を 入 念 に つ く り だ し 、 天 皇 を 介 し て 迪 宮 に 伝 え た 。 伊 藤 は 、 日 本 で は す べ て の 宗 教 は 無 力 で 国 家 の 基 礎 と は な り え な い と 断 定 し て い ゝ 。 一 八 八 九 年 る 。 従 っ て 、 天 皇 が そ の 代 わ り と な り 、 皇 位 の 保 持 者 が 国 家 組 織 全 体 の 権 威 の 源 泉 で な け れ ば な ら な し に 刊 行 さ れ た 有 名 な 『 憲 法 義 解 』 で 、 伊 藤 は 神 権 的 天 皇 の た め の 古 代 的 な 説 明 を 用 意 し た 。 お も て き ん ぎ よ う ほ 、 フ は ん 恭 て 按 ず る に 、 天 地 剖 判 し て 神 聖 位 を 正 す 。 蓋 し 天 皇 は 天 縦 惟 神 至 聖 に し て 臣 民 群 類 の 表 に 在 り 。 欽 仰 す べ も と し こ う か ん ば ん く し て 干 犯 す べ か ら ず 。 故 に 君 主 は 固 よ り 法 律 を 敬 重 せ ざ る べ か ら ず 。 而 し て 法 律 は 君 主 を 責 問 す る の 力 を 有 せ し せ き ・ : 指 斥 一 言 議 の 外 に 在 る 者 と す 。 し か し 、 こ れ ほ ど 顕 著 に 宗 教 的 神 話 に い ろ ど ら れ た 天 皇 制 イ デ オ ロ ギ 1 は 、 じ つ は 古 代 以 来 の も の で は な か っ た 。 年 教 派 神 道 に 対 置 さ れ る 非 教 団 的 な 国 家 神 道 な る も の は 、 日 本 は 神 道 の 神 々 に 守 ら れ 、 太 陽 の 女 神 〔 天 照 大 神 〕 の 子 孫 で あ る 天 皇 が 統 治 す る 聖 な る 国 で あ る と い う 観 念 か ら 、 明 治 天 皇 の 治 世 下 に 直 接 形 成 さ れ た 。 神 道 の 核 心 的 要 素 の 国 第 家 化 に 伴 い 、 太 陽 の 女 神 を 祭 る 大 神 宮 と し て 、 伊 勢 神 宮 の 権 威 づ け が お こ な わ れ た 。 伊 勢 神 宮 は 、 神 道 の 中 心 的 象 つ つ し み て ん し よ う い し ん