検索 - みる会図書館

検索対象: 失踪症候群 (双葉文庫)

失踪症候群 (双葉文庫)から 169件ヒットしました。

失踪症候群 (双葉文庫)


失 踪 症 候 群 貫 井 徳 郎 双 葉 文 庫

失踪症候群 (双葉文庫)


失 踪 症 候 群

失踪症候群 (双葉文庫)


失 踪 症 候 群 著 者 貫 井 徳 郎 発 行 者 井 上 功 夫 発 行 所 株 式 会 社 双 葉 社 一 T110b ワ 3 ー 8 ロ -4 : 0- 東 京 都 新 宿 区 東 五 軒 町 3 番 号 電 話 0 3 ー 5 2 61 ー 4 818 ( 営 業 ) 0 3 ー 5 2 61 ー 4 8 31 ( 編 集 ) 振 替 印 刷 所 有 限 会 社 渡 辺 印 刷 所 製 本 所 株 式 会 社 若 林 製 本 工 場 ◎ Tokurö Nukui 1998 Printed in Japan 落 丁 ・ 乱 丁 の 場 合 は 本 社 に て お 取 り か え い た し ま す 。 ー 表 示 し て あ り ま す 。 定 価 ・ 発 行 日 は カ バ ー : ISBN4 ・ 575 ・ 50636 ・ 2 C0193 JASRAC ま 9801151 ・ 801

失踪症候群 (双葉文庫)


と が で き る 。 そ れ は 、 松 本 と い う 名 の 匿 名 性 で あ る 。 佐 伯 が 公 私 に わ た る 複 雑 な 人 間 関 係 「 ご 落 胤 」 「 警 視 、 「 キ ャ リ ア 組 」 、 夫 、 娘 の 父 、 不 倫 の 恋 の 相 手 ー ー の な か に 居 る の に 対 し 、 松 本 は 娘 を 殺 さ れ た 父 親 で あ り 、 何 を し て 手 に 入 れ た か 知 れ な い 資 産 を 持 っ 男 と し て だ け 現 れ る 。 社 会 的 な 属 性 か ら 遊 離 し た 松 本 と い う 人 間 の 名 は 代 替 可 能 で あ り 、 匿 名 的 で あ る 。 松 本 は 明 日 か ら で も 別 個 の 名 前 を 選 択 し 、 名 乗 り う る だ ろ う 。 ( 必 ず 本 篇 読 後 に 読 ま れ る こ と ) 貫 井 徳 郎 に と っ て 初 の シ リ ー ズ 作 品 と な る 『 失 踪 症 候 群 』 で は 、 戸 籍 を め ぐ る 詐 術 に よ っ て そ れ ま で の 自 分 を 抜 け 殼 に し 、 他 人 の 「 名 前 」 に 間 借 り し て 生 き よ う と す る 青 春 群 像 が 描 か れ る 。 失 踪 す る の は い ず れ も 世 代 的 に は 団 塊 ジ = ニ ア に 属 す る 若 者 た ち で あ る 。 物 心 つ い た 頃 か ら 、 溢 れ か え る ほ ど の 豊 か な モ ノ と 、 相 対 評 価 と 減 点 法 に よ っ て 築 か れ た 不 可 能 性 の し と も 簡 単 に 他 人 の 名 前 で 生 き る こ と を 選 択 す る 。 壁 に 取 り 囲 ま れ た 世 界 を 生 き る 彼 ら は 、 ) こ の よ う な 現 象 は 、 モ ノ と の 関 係 の な か で の み 自 己 像 を 投 影 し う る マ ニ = ア ル 化 の 流 れ と 、 画 一 的 で 無 個 性 な 子 供 を 造 り 出 し て ゆ く 管 理 教 育 シ ス テ ム , ー ー も ち ろ ん そ の 背 後 に は 高 度 管 理 社 会 が 控 え て い る ー ー の 現 況 が 反 映 さ れ て い よ う 。 失 踪 す る 若 者 た ち は 、 地 縁 や 血 縁 か ら 逃 れ る た め 、 ま ず 関 係 性 の 手 垢 に ま み れ た 「 名 前 」 を 捨 て 去 り 、 自 閉 的 な 最 小 限 の 共 同 体 を ま っ さ ら に 造 ろ う と す る ( 例 え ば 、 吉 住 計 志 は 「 フ ァ ミ コ ン 、 と い う モ ノ を 媒 介 に し た 評 価 基 準 の う ち に 他 者 と の 距 離 を 測 り 、 〈 自 分 〉 の 位 置 を 確 認 す る ) 。 46

失踪症候群 (双葉文庫)


本 篇 の " 環 チ 1 ム 。 が ふ た た び 活 躍 す る 最 新 作 『 誘 拐 症 候 群 』 で は 、 パ ソ コ ン 通 信 や イ ン タ 1 ネ ッ ト を 駆 使 し た 知 能 犯 〈 ジ ー = ア ス 〉 が 小 口 誘 拐 を 繰 り 返 す 。 言 う ま で も な く コ ン ネ ッ ト 上 の 「 名 前 」 に は 匿 名 性 が 保 証 さ れ て い る 。 「 そ の た め 、 モ = タ ー ネ ー ム 本 人 の 年 齢 や 職 業 は も ち ろ ん 、 性 別 す ら は 「 き り し な い こ と が 多 い 。 そ う し た 、 言 葉 だ け の 繋 が り の の 「 べ ら ば う た ち が 、 咲 子 の 友 人 だ 「 た 」 。 ネ ッ ト 上 で は 、 あ ら ゆ る 〈 自 分 〉 の 属 性 か ら 遊 離 し て 生 き る こ と を 可 能 に す る 。 ( 警 告 ! こ の 後 、 『 誘 拐 症 候 群 』 の 内 容 に つ い て 言 及 し ま す 。 「 * 、 で 括 っ た 部 分 は 読 後 に 読 ま れ る こ と ) そ し て 、 『 誘 拐 症 候 群 』 が こ れ を 徹 底 さ せ て い る の は 、 実 に 最 後 ま で 〈 ジ ー = ア ス 〉 の 本 名 が 読 者 に 開 示 さ れ な い こ と だ 。 あ る 官 庁 に 籍 を 置 く 一 リ ー ト だ と い う こ と が 判 る だ け で 、 物 語 が 終 わ る ま で 彼 は 〈 ジ ー = ア ス 〉 と 書 か れ る 。 だ か ら こ そ 彼 は 、 特 別 な 人 間 と し て 登 場 す る の で は な く " 誰 も が 〈 ジ 1 = ア ス 〉 で あ り う る 可 能 性 。 と し て 描 か れ て い る の だ 。 こ こ で 注 視 す べ き は 、 〈 ジ 1 = ア ス 〉 の 小 口 誘 拐 の 標 的 が 、 イ ン タ ー ネ ッ ト 上 で ホ ー ム ペ ー ジ を 開 設 し 、 嬉 々 と し て 個 人 生 活 を 主 張 す る 者 た ち で あ 「 た こ と だ 。 〈 ジ ー = ア ス 〉 は 「 自 分 の よ う な 卓 越 し た 能 力 の 持 ち 主 が 、 愚 民 た ち を 支 配 す る " 神 。 に な る の は 当 然 の こ と だ 」 と 考 え る 。 だ か ら 、 均 質 化 さ れ た 「 の 「 べ ら ば う 」 の 分 限 を は み 出 そ う と す る 者 た ち に は 罰 を 与 え ね ば な ら な い : い ず れ に せ よ 「 顔 の 造 作 も 至 「 て 平 凡 で 、 何 ら 特 徴 的 な と こ ろ が な い 、 〈 ジ ー = ア ス 〉 が 348

失踪症候群 (双葉文庫)


す で に 大 学 紛 争 の 熱 狂 は 一 九 六 九 年 を ピ ー ク に 急 激 に 冷 め 、 六 〇 年 代 的 な 〈 若 者 〉 と い う 世 代 の 共 同 性 は 失 わ れ つ つ あ っ た 。 「 夢 の 中 へ 」 が ヒ ッ ト し た 一 九 七 三 年 は 、 『 失 踪 症 候 群 』 に お け る 事 件 の 当 事 者 た ち ー ー 団 塊 ジ ュ ニ ア と 呼 ば れ る 七 〇 5 七 五 年 生 ま れ の ベ ビ ー プ ー マ ー 二 世 ー ー が 生 ま れ た 時 期 で も あ る が 、 世 代 の 共 同 性 が シ ラ ケ に 変 わ り 、 や が て 〈 自 分 探 し 〉 が ひ と つ の キ ー ワ ー ド と な る 八 〇 年 代 へ の 助 走 が 始 ま っ た ち ょ う ど 境 目 に あ た る 。 「 夢 の 中 へ 」 は 、 そ の よ う な 時 代 に 必 然 的 に 生 ま れ た 。 「 探 し も の 」 は 〈 自 分 〉 で あ り 、 そ れ は と て も 「 見 つ け に く い も の . だ 。 〈 自 分 探 し 〉 の イ ニ シ ェ ー シ ョ ン を 施 し て く れ る 「 僕 ー ( Ⅱ 他 者 ) は 、 や が て 乱 立 す る 新 興 宗 教 の 神 々 で も あ る 。 貫 井 徳 郎 の デ ビ ュ ー 作 で あ る 『 慟 哭 』 の 松 本 も 、 「 僕 」 と い っ し ょ に 踊 る こ と に な る 一 人 だ 。 と こ ろ で 、 「 夢 の 中 へ 」 の 詞 に は 二 様 の 見 方 が で き る 。 ひ と つ は 、 先 述 し た よ う に 〈 自 分 探 し 〉 の テ ー マ 。 だ か ら こ の 曲 が 、 一 九 八 八 年 、 一 年 を 通 し て 「 昭 和 」 で あ っ た 最 後 の 年 に 、 当 時 の ″ ア イ ド ル 〃 斉 藤 由 貴 に よ っ て リ バ イ バ ル ・ ヒ ッ ト し た こ と に は 何 の 不 思 議 も な い 。 陽 水 が こ の 詞 を 予 見 的 に 歌 っ た と す れ ば 、 斉 藤 由 貴 は 同 時 代 的 に 歌 っ た の だ 。 し か し 一 方 で 、 こ の 曲 ほ ど 〈 潔 癖 さ 〉 を 商 売 道 具 に す る 正 統 派 ア イ ド ル に 不 似 合 い な も の も な い 。 な ぜ な ら こ の 曲 は 、 明 ら か に ド ラ ッ グ ・ ソ ン グ で あ る か ら だ 。 こ の 曲 の 2 番 の 歌 詞 し ゃ は 、 冒 頭 に 引 用 し た 1 番 の よ う な 牧 歌 的 な と こ ろ 、 慰 藉 の 響 き が 決 定 的 に 欠 け て い る 。 休 む 事 も 許 さ れ ず 笑 う 事 は 止 め ら れ て

失踪症候群 (双葉文庫)


ロ 応 え な ど は 許 さ ず 、 万 事 に 亘 っ て 自 分 を 見 習 え と 教 育 し て き た 。 小 沼 は 己 を 、 子 供 が 手 本 と す る に 足 る 人 間 だ と 自 認 し て い た の だ 。 そ う し た 方 針 の 甲 斐 も あ っ て 、 豊 は 親 に 逆 ら わ な い 従 順 な 子 供 と し て 成 長 し た 。 世 間 の 子 供 た ち が 反 抗 期 に 入 る 時 期 に も 、 豊 は 取 り 立 て て そ う し た 兆 候 を 見 せ な か っ た 。 そ れ も こ れ も 、 自 分 の 教 育 方 針 が 正 し か っ た こ と を 証 明 し て い る の だ と 、 小 沼 は 自 負 し て い た 。 豊 は そ う し た お と な し い 態 度 の 下 に 、 ) し つ か 逃 げ 出 し て や ろ う と い う 不 埒 な 考 え を 養 っ て い た の だ 。 そ れ は 徹 底 し て 痕 跡 を 消 し た 失 踪 ぶ り か ら も 窺 え る 。 親 に 対 し て の 裏 切 り 以 外 の 何 物 で も な か っ た 。 い っ か ら そ ん な 逃 亡 の 夢 を 抱 い て い た の か と 考 え る と 、 小 沼 は く ら く ら と 眩 暈 を 覚 え る ほ ど の 怒 り に 駆 ら れ た 。 親 許 に い た 当 時 の 、 何 事 に も 素 直 な 返 事 を し て い た 豊 を 思 い 出 す 。 高 校 時 代 か ら す で に 、 い や も し か し た ら 中 学 生 の 頃 に も 、 心 の 中 で 親 を 裏 切 っ て い た の か も し れ な い 。 大 学 に 行 く ま で は お と な し く し 、 そ し て 親 の 視 界 か ら 逃 げ 出 す 計 画 を 、 隠 微 な 空 想 の 中 で 練 っ て い た の か 。 そ れ ほ ど 政 治 家 に な る の が い や だ っ た の な ら 、 一 言 そ う い え ば よ か っ た の だ 。 小 沼 は 瞼 の 裏 に 浮 か ぶ 息 子 に 向 か っ て 、 怒 り の 言 葉 を 投 げ つ け た 。 何 も 政 治 家 に な る の だ け が 立 派 な 人 生 で は な い 。 も し 豊 が 望 む な ら ば 、 東 京 の 一 流 会 社 に 就 職 す る な り 、 司 法 試 験 の 勉 強 を す る な り 、 い く ら で も 選 択 肢 を 与 え て や る こ と は で き た 。 親 が 自 慢 で き る よ う な 息 子 に な っ て く れ さ え す れ ば 、 進 む 道 は 何 で も か ま わ な か っ た の だ 。 ー 88

失踪症候群 (双葉文庫)


簡 単 に 倉 持 は 締 め く く っ た 。 失 踪 の 動 機 が わ か っ た だ け で そ れ 以 上 の 成 果 が 得 ら れ な か っ た こ と を 、 少 し も 悪 び れ て い る 様 子 は な い 。 そ こ で 原 田 が 口 を 挟 ん だ 。 「 広 沢 良 美 の 住 民 票 は ど う な っ て い る 」 ふ と 自 分 の 捜 査 結 果 を 反 芻 し な が ら 思 い つ い た 疑 問 だ っ た が 、 倉 持 は そ れ に に や に や 笑 い な が ら 応 じ た 。 「 調 べ て な い と 思 っ た だ ろ 。 本 題 は こ れ か ら さ 。 住 民 票 が ど う な っ て い る か 調 べ て み て 、 面 白 い こ と が わ か っ た 」 「 面 白 い こ と ? 」 妙 な 予 感 が 兆 し 、 原 田 は 尋 ね 返 し た 。 「 ま さ か 都 内 を 転 々 と し て い る ん じ ゃ な い だ ろ う な 」 倉 持 は 笑 み を 収 め て 真 顔 に な り 、 首 を ね じ っ て 原 田 の 方 を 見 た 。 「 と 言 う こ と は 、 そ ち ら も 同 じ 結 果 だ っ た わ け か 「 ど う も そ の よ う だ 」 「 倉 持 さ ん か ら 聞 か せ て く だ さ い 」 環 が 初 め て 言 葉 を 発 し 、 先 を 促 し た 。 倉 持 は 「 あ あ 」 と 低 い 声 で 頷 い た 。 「 失 踪 当 時 広 沢 良 美 が 住 ん で い た の は 、 大 田 区 の 北 千 束 一 一 丁 目 だ 。 そ こ か ら 失 踪 直 後 に 住 民 票 は 、 港 区 高 輪 二 丁 目 、 住 所 で 言 う と 泉 岳 寺 そ の も の が あ る 場 所 に 移 動 し て い る 。 も ち ろ ん そ ん な 場 所 に 住 め る わ け が な い か ら 、 こ れ は 仮 の 移 動 な の だ ろ う 。 そ こ か ら さ ら に 、 渋 谷 区 恵 比 寿 南 、 世 田 谷 区 野 沢 と 移 動 し て い る 。 今 日 は 渋 谷 区 で 住 民 票 を 見 る こ と ま で し か で き な 8

失踪症候群 (双葉文庫)


本 作 品 は 一 九 九 五 年 十 一 月 双 葉 社 よ り 単 行 本 刊 行 さ れ ま し た 。

失踪症候群 (双葉文庫)


は い つ く ば っ て は い つ く ば っ て い っ た い 何 を 探 し て い る の か 探 す の を や め た 時 見 つ か る 事 も よ く あ る 話 で 踊 り ま し よ う 夢 の 中 へ 行 っ て み た い と 思 い ま せ ん か ? 周 知 の 通 り 、 陽 水 は か っ て マ リ フ ァ ナ 煙 草 を 吸 引 し 、 一 九 七 七 年 に 大 麻 取 締 法 違 反 で 警 視 庁 に 逮 捕 さ れ て い る 。 留 置 場 の 中 で 刑 事 た ち が 持 参 し た 山 の よ う な 色 紙 に サ イ ン を し た 後 、 陽 水 は 執 行 猶 予 つ き で 懲 役 八 カ 月 の 判 決 を 受 け た 。 ″ 夢 の 中 〃 へ 連 れ て 行 っ て く れ る 心 優 し き 「 僕 , は 、 イ リ ー ガ ル ・ ド ラ ッ グ で も あ る の だ 。 「 夢 の 中 へ 」 の 2 番 の 歌 詞 は 、 必 死 に な っ て ド ラ ッ グ を 求 め る 中 毒 者 の 身 ぶ り ( プ ラ ッ ク ・ ユ ー モ ア ? ) に も 変 容 す る だ ろ う 。 貫 井 徳 郎 の 長 篇 に は 最 新 作 の 『 誘 拐 症 候 群 』 を 除 く す べ て に イ リ ー ガ ル ・ ド ラ ッ グ が 出 て く る の た か 、 こ の こ と に つ い て は ま た 後 で ふ れ る 。 さ て 、 こ の 曲 が 正 統 派 ア イ ド ル に 似 つ か わ し く な い こ と は 以 上 で 明 ら か で あ ろ う 。 し か し 、 ノ み カ ま さ に フ ァ ン が 自 己 を 投 影 す る こ れ を 〈 自 分 探 し 〉 の 文 脈 か ら 、 八 〇 年 代 の ″ ア イ ド レ 、 ゝ 装 置 と し て 対 象 を 肥 大 化 さ せ て ゆ く こ と を 考 え る と き 、 非 常 に ア イ ロ ニ カ ル な 意 味 合 い を も つ 。 祭 り 上 げ ら れ 偶 像 と な っ た 〈 自 分 〉 は 、 一 体 ど こ へ 行 け ば い い の か ? こ の こ と は 、 実 際 に 出 来 過 ぎ た く ら い の ピ ー ス と な っ て 絵 柄 に 嵌 め こ ま れ る 。 「 夢 の 中 へ 」 を リ バ イ バ ル ・ ヒ ッ ト さ せ た 斉 藤 由 貴 は 、 そ の 三 年 後 、 一 九 九 一 年 に ″ 若 者 の 教 祖 〃 尾 崎 豊 と の 不 倫 を 取 り 沙 汰 さ れ る 。 こ の 際 、 尾 崎 が イ リ ー ガ ル ・ ド ラ ッ グ を 所 持 し て い た こ と に よ 342