女房 - みる会図書館


検索対象: 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡
156件見つかりました。

1. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

ことばづかいと見るのである。この段のみならず全体的にであったが、そこで先生が指摘なさったのは、そんざいな 「ことば」を使うことや、目上に対する敬意を欠いた「こ このような傾向を私共の訳は持っている。会話の概念は今 日と異なっているのであるが、中宮の女房に対する発言は、とばづかい」の不適正のほかに、目下 ( たとえば弟妹 ) に対 全般的には発言そのものを直接話法で記したというよりも、する「ことばづかい」、友人との会話の「ことばづかい」 女房である清少納言の立場からの敬意をやや濃厚にかかえの不適正でもあった。要するに時と場合によっては「丁寧 た間接話法に近い性格を持っと思うのだが、いかがであろな」ことばばかりではなく、身分に応じたことばや、容赦 うか。即ち「『 : ・ : 』と仰せられた」とあっても実はのない断固としたことばを使えなくてはいけないのだし、 「 : : : のおもむきの仰せ言があった」という意識が強いよまた自在で対等の関係であるべき友人に対し、個性的では うに思うのである。その中においてみると、「香炉峰」のない決り切ったことばを使えば、これまた「いやしい」の 場合は、上に「少納言よ」という呼びかけの語があるから、であった。しかもそれは女性語で、しかも子供のことばで なくてはならなかった。いまだに「いやしい」ことばやこ 7 かなり直接的なことばの面が強いとみてよいであろう。私 共の訳はいわば男性語でもなく女性語でもない、一種の架とばづかいしかできないことを、私自身、大変恥ずかしく、 空語のような訳であるかもしれない。やや不統一の面もあまた先生に対し申しわけないことに思っている。少し前ま しつけ るが、今後の問題として考えていきたいと思う。なお現在では日本人のことばの躾には、程度の差こそあれこうした における宮中の御言葉のうち、特に上↓下への場合につい下のものに対することばづかいや、「場」に応じた柔軟な そくぶん て仄聞したところでは、次第に「普通」に近づいていらっ ことばの対応への、きびしい要求があったのではないだろ しやるということであった。 うか。目下に対することばは、目上に対するそれよりずつ 私は女子だけの私立学校で初等教育を受けたが、低学年とむずかしいと実感している。 のころ「ことば」にきびしい先生が何度もおっしやったの清少納言は中宮のいわば公的な場に於ける発言やふるま は「いやしい」ということばであった。このことばを伺う いと、私的な場に於ける人間としての親しいそれとを、よ しゅうち さんこう 度に、全存在の核が揺らぐような激しい羞恥を覚えたものく区別して見つめている。そのどちらも清少納言には讃仰

2. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

はかま 八月ばかり、白き単衣、なよらかなる、袴よきほどにて、紫苑の衣の、いと一以下別段とする考えもある。 ニ「なよらかなるに」の意とみる。 かさね あざやかなるをひきかけて、胸いみじう病めば、友だちの女房たちなど、かは三襲の色目としては表薄紫また もえギ一 すおう は蘇芳、裏青または萌黄。 子 れい 四何でもないような様子で。さ るがはる来つつ、「いといとほしきわざかな。例もかくやなやみたまふ」など、 草 なげ 枕事なしびに問ふ人もあり。心かけたる人は、まことにいみじと思ひ嘆き、人知 = 『名義抄』に「嘔」を「ツク」「ハ ク」と読む。一説、物の怪が憑く。 六かばいたくなるような可憐な れぬ仲などは、まして人目思ひて、寄るにも近くもえ寄らず、思ひ嘆きたるこ 美しさ」い , っ ゅ そをかしけれ。いとうるはしく長き髪をひき結ひて、物つくとて、起きあがりセ主上。病む女房は主上付きの 女房なのであろう。 〈主上のために清涼殿で随時御 たるけしきも、いと心苦しく、ら , ったげなり。 経を読む僧。 みどきゃう うへにも聞しめして、御読経の僧の、声よき、給はせたれば、とぶらひ人ど九お与えになっているので。 一 0 三巻本「見」ナシ。 ももあまた見来て、経聞きなどするも、隠れなきに、目をくばりつつよみゐた = その女房たちに僧が目を配り 配り経を読むのこそは。 三女性に気を取られるようでは るこそ、罪や得らむとおばゆれ。 仏罰を得ているであろう、の意。 一三相手の行為・様子が自分の心 とかけはなれて同感できない、の 三〇六心づきなきもの 意。気に入らない、いとわし 一四邪推をして。 ま、つ 一五根拠もないことでむやみに恨 心づきなきもの物へも行き、寺へも詣づる日の雨。使ふ人の、「われをば、 むこと。 めのと 人思はず。なにがしこそ、ただいまの人」など言ふを、ほの聞きたる。人より一六後文からみると子の乳母。 きこ 一 0 き ひとへ ゅ しをんきめ

3. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

くろいあそばしていらっしやるのを、女房たちが集って、 が、この時は、あの女の身に、たった今なりたいものだと じようだん 冗談。 こくやしがって何やかや言うようだ。 感じられた。 琴や笛など習う場合、これもまた、文字を書く場合のよ 男も、女も、坊さんも、よい子を持っている人は、た、 うにこそ、未熟のうちは、あの人のように早くなりたいと へんうらやましい。髪が長くきちんと整っていて、下がっ とうぐう しゅじよう めのと 当然感じられるようだ。主上や、東宮の御乳母はうらやま ている端などがすばらしい人。身分の高い人が、人にオし ほうばうきさきによう 1 」 せつにかしずかれなさるのも、とてもうらやましい。文字しい。主上付きの女房で、方々の后や女御がたに出はいり さんまい よいあかっき じよ、つ がうまく、歌を上手に詠んで、何かの折にまっ先に選び出することを許されているの。三昧堂を建てて、宵や暁に祈 すごろく っておられる人。双六を打つのに、相手の賽のよい目が出 される人。 し第一う ひじり りつば ているの。ほんとうに世間を思い捨てている聖。 立派なお方の御前に、女房がとてもたくさん伺候してい る時に、おくゆかしいお方の所へお届けあそばすはずの代 一六三とくゆかしきもの 筆のお手紙などを、だれだって鳥の足跡みたいな文字では、 まきぞめ しもつばね 早く結果が知りたいもの巻染、むら濃、くくった物な どうして書いているはずがあろうか。けれど、下局などに すずり どを染めている時。人が子を生んだのは、男か女か早く聞 いるのを、わざわざお呼び寄せになって、御自分の御硯を きたい。身分の高い人については言うまでもない。つまら 取りおろしてお書かせになるのは、うらやましい。そうし ねんちょうしゃ ない者や、身分の低い人の場合でさえ聞きたいものだ。除 段たことは、そのお仕えする場所の年長者の女房なんかとな 一もく 目のまだ早い翌朝、必ずしも知っている人で任官するはず ってしまうと、ほんとうに難波津の歌を書く程度から遠く へた の人などがない折も、結果を聞きたいものだ。愛する人が もないような下手な人も、事柄次第で書くのだが、これは かんだちめ みやづか 第 よこしている手紙 そうではなくて、上達部のもとや、また、はじめて宮仕え 1 ) んじよう に参上しようなどと、人が言上させているだれかの娘など 一六四心もとなきもの には、特に気をつかって料紙をはじめとして、何かとおっ なにわづ 0 じ

4. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

つばさうぞく まう 詣でつらむ」とまで、涙落ちてやすむに、三十あまりばかりなる女の、壺装束一三巻本「四十よばかりなる女」。 うわぎ 五 ニ当時の女子の旅行の姿。表着 ななたび などにはあらで、ただ引きはこえたるが、「まろは七度詣でしはべるぞ。三度を腰にはさみ、単衣の衣をかぶり、 いちめがさ 子 その上に市女笠をかぶる。 ひつじ たび すそ 三着物の裾をたくし上げること。 草は詣でぬ。いま四度はことにもあらず。未には下向しぬべし」と、道に会ひた 四男女ともに用いる自称代名詞。 ゅ 五上中下の三社を一日に七度参 る人にうち言ひて、くだり行きしこそ、ただなる所にては、目もとまるまじき 詣し、七日詣での代りとする。 六午後二時ごろ。 事の、かれが身に、ただいまならばやとおばえしか 七参拝して下山すること。 」も 男も、女も、法師も、よき子持たる人、いみじううらやまし。髪長くうるは ^ あの女の身に。 九整った端麗なうつくしさ。 ひたいがみ しう、さがりばなどめでたき人。ゃんごとなき人の、人にかしづかれたまふも、一 0 額髪の左右に垂下がった末端。 = 大切に仕えられていらっしゃ いとうらやまし。手よく書き、歌よくよみて、物のをりにもまづ取り出でらるるのも。 三ます選び出される人。 一三「つかはす」は尊敬動詞。お届 る人。 けになる。 おまへ よき人の御前に、女房いとあまた候ふに、、いにくき所へつかはすべき仰せ書一四高貴な方が女房に代筆させる 手紙。 などを、たれも鳥のあとのやうには、などかはあらむ。されど、しもなどにあ一五下手な文字の形容。鳥の足跡 のように一字ずつ書く文字。 すずり るを、わざと召して、御硯取りおろして書かせたまふ、うらやまし。さやう一六「などかは書きてあらむ」の約 とみる。下手な字を書く人はいる た 4 一には 一 ^ おとななに はすはない の事は、所の大人何となりぬれば、まことに難波わたりの遠からぬも、事にし しもつぼね 宅下局。女房の自室。 かんだちめ たがひて書くを、これはさはあらで、上達部のもと、また、はじめてまゐらむ天年功のある先輩の女房たち。 キ ) ぶら 一四がき たび たんれい

5. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

317 第 256 段 ( 原文一四九ハー ) こわかぎみ てお笑いあそばすのを、女房の小若君が、「けれどもそれら、自然中宮様がお聞きつけあそばして、きっと車をお差 は、少納言がいち早く見て、『雨に濡れているのなど、不し回しくださるでしよう」などと、みなで笑い合って立っ めんばく ている前を通って、ほかの女房たちは一つにかたまって、 面目なことだ』と言ったのでございました」と申しあげな あたふたと乗り終って、出て来て、「これでおしまいか」 さると、関白様はひどくおくやしがりあそばすのもおもし と一言うので、「まだここにいる」とこちらで答えると、中 しき ようかここのか それから八日九日のころにわたしが里に下がるのを、中宮職の役人が近寄って来て、「だれだれがいらっしやるの ですか . とたずね聞いて、「ひどく妙なことでしたね。も 宮様は、「もうすこし当日近くなってにしたらどうか」な うみなさんお乗りになってしまっているだろうと思ったの どとおっしやるけれど、出てしまった。いつもよりもよく 。どうしてこんなにお遅れになっていらっしやるの 日が照っている昼ごろ、「花の心はひらけているか。どう とくせん です。今は得選を乗せようとしたのに、めったにないこと 返事をするか」と仰せあそばしているので、「秋はこのよ わたくしひとよ ですよ」などと、驚いて車を寄せさせるので、「それでは、 うにまだ先のことでございますけれど、私は一夜に九回も たましい 魂がのばる気持がいたしております」などと御返事申しわたしたちより先に、その乗せようとすでにお思いになっ ていよう人をお乗せになって、次にでも」とわたしが一 = ロう あげた。 しき 声を聞きつけて、職の役人が、「はなはだもって意地悪く 中宮様が内裏から、外の二条の宮にお出あそばした夜、 ていらっしやるのでしたね」などと一言うので、乗ってしま 車の順序もなく、女房たちが、「自分がだれより先に先に」 った。その次につづくのは、ほんとうに御厨子の女官の車 と騒いで乗るのが気にくわないので、わたしはしかるべき たいまっ なので、道を照らす松明のあかりもひどく暗いのを笑って、 女房三人と、「やはりこの車に乗る様子がひどく騒がしく、 けんぶつ 二条の宮に参着した。 祭のかえさ見物などのように、今にも倒れてしまいそうに 中宮様の御輿は疾うにお入りあそばして、すっかりお部 しただもう、どうと あわてふためくのは、ひどく見苦し、 もなれ、乗るべき車がなくて、参上することができないな屋の設備を整えて座にお着きあそばしていらっしやったの で へ

6. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

親しく話し込んで愛情を持っている」などと、うわさをし 詩を吟ずると、わたしも「います」などと言う。中宮様に しきみぞうし て人々が笑うころ、中宮様が職の御曹司においでになった 「こうこう」などとお話し申しあげると、お笑いあそばさ れる。 ところに源中将が参上して、「時々は、御宿直など御奉仕 うこんそうかんみつ しゅじよう ものいみ 申しあげなければならないのですけれど、それにふさわし 主上の御物忌ということで、右近の将曹光なんとかとい たとうがみ いように女房がたなどが待遇してくださらないので、たい う者を使いとして、畳紙に書いてよこしているのを見ると、 とのいどころ みやづか きようあす へん宮仕えがおろそかになっております。せめて宿直所を 「参上しようと思うのに、今日明日は主上の御物忌ですか なりといただけますなら、たいへん忠実にきっと御奉仕申 ら。『三十の期におよばず』はいかがですか」とあるので、 しあげましようのに」などと言って座っていらっしやった 返事に、「その期はお過ぎになってしまっているのでしょ しゅばいしん ので、女房たちが、「いかにも」などと言っている折に、 う。朱買臣が妻を教えたという年には、まだおよばないで ふ しようが」と、わざとその畳紙に書いて届けたのを、また、わたしが「ほんとうに人は『うち臥し』て休む所があるの こそ、 いいものですね。そういうあたりにはしげしげと参 くやしがって、主上にもそのことを奏上したので、主上は 中宮様の御殿にお越しあそばされて、「どうしてこうした上なさるというふうに聞いていますのに」と横からロを出 ことは知ったのか。『四十九になった年にこそ朱買臣は妻して言ったといって、「あなたにはいっさい何も申しあげ のぶかた ない。味方として頼りにし申しあげていると、人が言い古 をいましめたのだった』と言って、宣方は『気がめいるよ したとおりに、わざと事をお取りになる」などと、ひどく うな言われ方をしてしまった』と言うようだよ」とお笑い 段 あそばされたのこそ、源中将はひたむきで気違いじみたお真剣になってお恨みになる。「まあ妙なこと。どういうこ とを申しあげましたか。い っこうに、聞いてお、いにおとめ 方だったことよと感じられた。 こきでん に・よエノ′一 第 になるようなことはありません」などとわたしは言う。そ 弘徽殿とは、閑院の太政大臣の女御のことを申しあげる。 ばにいる女房をゆさぶるので、「そんなはずのこともない その弘徽殿の御方に、「うち臥し、という者のむすめが、 のに、あらわにのばせてかっかとしていらしやるのは、き 左京という呼名で伺候しているのだったのを、「源中将が かんいん ふ とのい

7. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

( 原文八八ハー ) あかっき つばね おおきみ 暁には、早く局に下がろうなどと、自然急がれること 上に献上させたのだったが、「ともあきらの王」と書いて かずらき であるよ。中宮様が、「葛城の神だって、もうちょっとい あったのを、たいへんおもしろがりあそばされたのだった。 なさい」などと仰せになるので、「なんとかしてはすかい ふ 一八二宮にはじめてまゐりたるころ にでも御覧あそばすように」と思って、臥す姿勢でいるか とのもりづかさにようかん み・うし ′ ) てん ら、お部屋の御格子もお上げしない。主殿司の女官が参上 中宮様の御殿にはじめて参上したころ、何かと恥ずかし して、「これをお上げになってくださいまし」と一 = ロうのを、 いことが数知らずあって、涙も落ちてしまいそうなので、 よる みきちょう 毎日、夜出仕して、中宮様のおそばの三尺の御几帳の後ろ女房が聞いて上げるのを、「そうするな」と仰せになるの で、女官は笑って帰って行った。中宮様が何かとおたずね にひかえていると、中宮様は絵などをお取り出しになって になったり、仰せになったりするうちに、長い時間がた お見せあそばしてくださるのさえ、それに手も出せそうに もなく、わたしはむやみと困惑した気持でいる。「この絵てしまったので、中宮様は、「局へ下がってしまいたくな ってしまっているのだろう。では、早くお下がり」と言っ はこうこうだ、あの絵はかくかくだ」などと仰せになるの とも、しび - たかっき に、高坏におともし申しあげている御灯火なので、髪の筋て、「夜になったら早く来るように」と仰せになることよ。 しつ・一う わたしが膝行して、御前から隠れて局に退出するやいな なども、かえって昼よりははっきり見えて恥ずかしいけれ むぞうさ そで がまん や、局の格子を無造作に上げたところ、雪がたいへんおも ど、我慢して見などする。ひどく冷えるころなので、袖か しろい。「今日は、昼ごろ参上せよ。雪空で曇ってまる見 段らお出しあそばしていらっしやる御手がちらっと見えるの うすこうばい えでもあるまい」などと、中宮様が、たびたびお召しにな が、たいへんつやつやとしている薄紅梅色であるのは、こ あるじ のうえもなくすばらしくていらっしやると、こうした世界るので、この局の主の女房も、「そうばかり引きこもって 第 いらっしやろうとするのですか。あっけないほど簡単に、 を見知らない民間の人間の気持では、「どうしてかしら。 かた 町こうした方が、世にいらっしやったのだった」と、自然は御前に伺うことを許されたのは、中宮様にはそうお思いあ そばすわけがあるのでしよう。人の好意にそむくのはにく っとした気持になるまで、お見つめ申しあげる。

8. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

00 - - 00 、を 2 ノご一ざ 住吉物語絵巻 東京都・静嘉堂文庫蔵 平安時代の女性にとって四季折々の戸外の遊びは またとない解放感に満ちたものであったことが本 書一一〇四段などからも、つかがわれる。この議社」 は正月子の日の小松を引くために、今しも嵯峨野 に車から下り立った姫君たちをつつしたもので、 女房たちや従者、車 ( ①二二段参照 ) や植物もふ くめて、動的で華麗な場面を構成している 「物語は住士巳」 ( 一九五段 ) と見える『住吉物語』 は十世紀末に成立した継子物語であるが、現存本 は十三世紀頃の改作と考えられている。この絵巻 は鎌倉時代 ( 十三世紀後半 ) の制作であるが、本 図に続いて物語の内容に即した場面が色彩ゆたか に展開し、『住吉物語』の当時における人気のさ まん」、つかがわせる 、ごんの

9. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

すずしひとへくれなゐはかまとのゐもの どよりも過ぎて立てるに、しろき生絹の単、紅の袴、宿直物には濃き衣のいた一練らない絹で作った単衣。夏 に用いる。 うは萎えぬを、すこしひきかけて臥したり。 六 三紫または紅をいう。 とうろ ふたま すたか わらは 四主語はこの家に住む女性。作 灯籠に火ともしたる、二間ばかりさりて、簾高うあげて女房二人ばかり、童 草 者のことではなく客観描写である。 ^ とり 枕など、長押によりかかり、また、おろいたる簾にそひて臥したるもあり。火取 = 軒に下げてある釣り灯籠。 六「間」は柱と柱との間。柱の間 うづ 二つぐらい離れて。 に火ふかう埋みて、いばそげににほはしたるも、いとのどやかに、いにくし。 すのこ セ簀子から一段高くなっている おと 九 よひ かど 宵うち過ぐるほどに、しのびやかに門たたく音のすれば、例の心しりの人き廂との間の下長押。女房たちは簀 子にいる。 たきもの て、けしきばみ立ちかくし、人まもりていれたるこそ、さるかたにをかしけれ。 ^ 火取香炉。薫物をくゆらす。 九事情をよく知っている女房。 ものがたり なびは 一 0 いわくありげに。 かたはらにいとよく鳴る琵琶のをかしげなるがあるを、物語のひまひまに、 = 人目をはばかって。 三大通りに近い家の中で。 音もたてず、爪弾きにかき鳴らしたるこそをかしけれ。 第」と′、としんさう ぎきゅう 一三「佳人尽ク晨粧ヲ飾ル、魏宮 しよう ニ鐘動ク、遊子ナホ残月ニ行ク、 くわんこく 函谷ニ鶏鳴ク」 ( 和漢朗詠集・暁 ) に 七大路近なる所にて聞けば よる。「遊子」は旅人。 一四馬の両脇に覆いたれる泥よけ すだれ おほぢちか の馬具。馬の走行につれてばたば 大路近なる所にて聞けば、車に乗りたる人の、有明のをかしきに簾あげて、 たと音がする。毛皮製。 いうし こゑ ず 一五やりかけの用事。 「遊子なほ残りの月に行く」といふ詩を、声よく誦したるもをかし。馬にても、 一六一体どんな風雅な人かと期待 していたのに、つまらない者を見 さやうの人の行くはをかし。 な なげし す す つまび た た ゅ くるまの ありあけ ふたり む きめ

10. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

っ 一南の院の、西の対。 つ」など告ぐ。 からはふづくり ひさし ニ唐破風造にした家の廂。 、うぞ わたどの さて、まことに寅の時かと、装束きたててあるに、明け過ぎ、日もさし出で三いる限りの女房が全部渡殿を 通って行く時には。 子 わたどのゆ 四ます女房を、道隆様が車にお ぬ。「西の対の唐廂になむ、さし寄せて乗るべき」とて、ある限り渡殿行くほ 草 乗せあそばすのを。 枕どに、まだうひうひしきほどなる今まゐりどもは、、 しとつつましげなるに、西」、道隆の二女原子。東宮女御淑 景舎。 との 六道隆の北の方貴子の妹三人。 の対に殿住ませたまへば、宮にもそこにおはしまして、まづ女房、車に乗せさ 「おとうと」は「劣人ーで年下のきょ みすうち しげいしゃ 六 せたまふを御覧ずとて、御簾の内に、宮、淑景舎、三、四の君、殿のうへ、そうだい。弟妹いずれにもいう。 みところ な セ伊周、二十一歳。 の御おとうと三所、立ち並みておはします。 ^ 隆家、十六歳。 さんみの ふたところ すだれ 車の左右に大納言、三位中将二所して、簾うち上げ、下簾引き上げて乗せた九乗車順を記した書付。 一 0 「たてまつり」不審。「たまひ」 九 まふ。みなうち群れてだにあらば、隠れ所やあらむ、四人づっ書き立てにしたの意に訳す。 = たくさんの方の眼の中でも。 あゆ がひて、「それ、それ」と呼びたてて乗せたてまつり、歩み行く心地、いみじ三うまくエ夫して。三巻本「か らうじて」の方がわかりやすい うち うまことにあさましう、顕証なりとも世の常なり。御簾の内に、そこらの御目一三「いみじう」以下大納言と三位 中将の様子。 一四自分が偉いのか、厚かましい どもの中にも、宮の御前の見苦しと御覧ぜむは、さらにわびしき事限りなし。 のかと我ながら感じられるが。 ながえ 一五牛車から牛をはずした時、轅 身より汗のあゆれば、つくろひたてたる髪なども、あがりやすらむとおばゅ。 のくびきを支える台。乗降の踏台 にーも一した。 かしこうして過ぎたれば、いみじうはづかしげに清げなる御さまどもして、う あせ からびさし む けせう したすだれ 四 ここち