検索 - みる会図書館

検索対象: 科戸の風 霊鬼綺談

科戸の風 霊鬼綺談から 246件ヒットしました。

科戸の風 霊鬼綺談


247 科 戸 の 風 ( 霊 鬼 綺 談 完 )

科戸の風 霊鬼綺談


科 戸 の 風 霊 鬼 綺 談 小 早 川 恵 美

科戸の風 霊鬼綺談


小 野 不 由 美 怨 讐 の 交 差 点 綺 談 小 早 川 恵 美 ズ 風 の 海 迷 宮 の 岸 国 + = 国 記 幼 き 神 獸 ー ー 勲 の 決 断 は あ ち だ っ た の か ? ( 絵 ・ 山 田 章 博 ) 思 い 出 せ 。 残 酷 で 思 か だ っ た お 前 の 過 去 を 。 ( 絵 ・ 四 位 広 猫 ) 小 野 不 由 美 封 印 さ れ た 夢 震 鬼 綺 談 小 早 川 恵 美 ジ 東 の 、 、 西 の 滄 海 + = 国 記 夜 ご と 、 闇 の 底 に 恐 怖 が 目 覚 め る ー ( 絵 ・ 四 位 広 猫 ) 説 海 の む こ う に 、 幸 福 の 国 は あ る の だ ろ う か ( 絵 ・ 山 田 章 博 ) 小 早 川 恵 美 剞 風 の 万 里 黎 明 の 空 田 + = 国 記 小 野 不 由 美 冬 の 緋 桜 霊 鬼 綺 談 伝 三 人 の む す め が 辿 る 、 苦 難 の 旅 路 の 行 方 は ? ( 絵 ・ 山 田 章 博 ) 赤 い 桜 が 咲 く と 子 供 が 死 ぬ : ・ 伝 説 が 本 当 に ? ( 絵 ・ 四 位 広 描 ) 0 風 の 万 里 黎 明 の 空 + ニ 国 記 小 野 不 由 美 殺 生 石 伝 説 霊 鬼 綺 談 小 早 川 恵 美 高 陽 を 殺 す 夢 を 見 る 勇 帆 。 急 展 開 の 第 5 巻 " " ( 絵 ・ 四 位 広 描 ) 鷲 の な か か ら 旅 立 っ 少 女 た ち の 運 命 は ? ( 絵 ・ 山 田 章 博 ) & の 翼 + = 国 記 小 野 不 由 美 ☆ 科 戸 の 風 震 鬼 綺 談 小 早 川 恵 美 IL ' を 椥 べ る の は 私 ! 瓏 叫 十 一 一 歳 の 決 断 。 ( 絵 ・ 山 田 章 博 ) 衂 帆 と 高 陽 、 一 一 人 の 運 命 は ? 怒 濤 の 最 終 巻 " " ( 絵 ・ 四 位 広 猫 ) 悪 夢 の 棲 む 家 田 ゴ ー ス ト ・ ( ン ト 小 野 不 由 美 闇 の 降 り る 庭 駒 崎 優 「 誰 か 」 が い て い る : ・ 不 可 解 な 恐 の 真 相 " " ( 絵 ・ 小 林 瑞 代 ) 第 5 回 ホ ワ イ ト ( ー ト 大 賞 《 佳 作 》 受 賞 作 ( 絵 ・ ほ た か 乱 ) 悪 夢 の 棲 む 家 国 ゴ ー ス ト ・ ( ン ト 小 野 不 由 美 足 の な い 獅 子 駒 崎 優 運 命 の 日 ー ー ー 過 去 の 惨 劇 が ふ た た び 始 ま る " " ( 絵 ・ 小 林 瑞 代 ) 中 世 英 国 、 誰 よ り も 輝 く 若 者 が い た ・ : 。 ( 絵 ・ 岩 崎 美 奈 子 ) イ の 過 ぎ る 十 七 の 春 小 野 不 由 美 裏 切 り の 聖 女 足 の な い 獅 子 駒 崎 優 「 あ の 」 が 迎 え に く る ・ : 。 戦 慄 の 本 格 ホ ラ ー ! ( 絵 ・ 洳 み ) 中 世 英 国 、 一 一 人 の 騎 士 見 習 い の 冒 険 譚 ! ( 絵 ・ 岩 崎 美 奈 子 ) 庫 文 緑 の 我 が 家 工 。 me, G 「 een 工 。 me 小 野 不 由 美 一 角 獣 は 聖 夜 に 眠 る 足 の な 子 駒 崎 優 皆 が 待 っ ワ イ ン 商 を 殺 し た の は 誰 だ ? 迫 る 恐 怖 。 そ れ は 嫌 が ら せ か ? 死 へ の 、 第 い 卩 ( 絵 ・ 山 内 直 実 ) ( 絵 ・ 岩 崎 美 奈 子 ) 社 か ぐ や 姫 綺 譚 談 妖 狐 の 舞 う 夜 綺 談 小 早 川 恵 美 流 冊 瀬 戸 香 緒 里 鬼 気 の 蠍 ゆ れ る 、 サ イ キ ッ ク ・ ホ ラ ー 開 幕 " ・ ( 絵 ・ 四 位 広 描 ) 千 一 一 百 年 の 流 刑 を 終 え 、 召 喚 さ れ た 姫 は ? ( 絵 ・ 朔 野 安 子 ) ☆ : ・ ・ : 今 月 の 新 刊

科戸の風 霊鬼綺談


204 よ 、 つ ヤ 」 「 僕 が 生 ま れ る 時 だ 」 ど 現 実 の 世 界 に 身 を 躍 ら せ て 、 妖 狐 は 赤 ん 坊 の 側 に 降 り 立 っ た 。 き れ い 生 ま れ た ば か り な の に 綺 麗 な 顔 を し た 赤 ん 坊 は 、 妖 狐 の 気 配 に 気 づ い た よ う に 顔 を 向 け る と に つ こ り と 笑 っ た 。 妖 狐 の 体 じ ゅ う か ら 喜 び と 使 命 感 が 湧 き 出 て い た 。 「 あ あ 、 妖 狐 が 僕 の 側 か ら 離 れ ま い と 思 っ て い る 。 こ ん な に 強 く 思 っ て い る 」 こ こ ま で 伝 わ っ て く る 妖 狐 の 決 意 を 感 じ て 、 高 陽 は 妖 狐 の 愛 情 を 再 確 認 し た 。 「 捜 さ な き や 。 早 く 妖 狐 を 捜 さ な き や 目 を 閉 じ て ひ た す ら に 高 陽 は 念 じ た 。 ず っ と 長 い 時 間 自 分 を 守 っ て く れ た 妖 狐 。 な に が あ っ て そ う し て い て く れ て い た の か 知 お も こ た ら な け れ ば い け な い 。 妖 狐 の 想 い に 応 え る た め に も 、 妖 狐 を 捜 し だ し 訊 か な け れ ば 。 そ の 一 念 が 高 陽 の 能 力 を 増 幅 さ せ た 。 「 見 つ け た ! わ ず か な 妖 狐 の 思 念 を た ど っ て 、 高 陽 は 飛 ん だ 。 い く つ も の 時 間 の 波 を く ぐ っ て 、 た ど り 着 い た の は 藻 女 と い る 時 代 だ っ た 。 繃 ん と な っ た 自 分 の 側 に 霊 体 と な っ て い る 藻 女 を 妖 狐 は 見 つ め て い た 。 「 妖 狐 : : : 」

科戸の風 霊鬼綺談


こ 、 つ よ う 隣 の べ ッ ド に 眠 る 高 陽 の 横 顔 を 見 な が ら 、 勇 帆 は 一 晩 じ ゅ う 考 え た 。 か っ て は 恋 し た 相 手 、 そ し て 今 は 大 切 な 友 人 で あ る 一 人 の 少 年 を 救 う た め に は 、 自 分 が な に を し た ら い い の か 、 な に を す る べ き な の か 。 「 お じ さ ん 、 高 陽 が 前 に 意 識 不 明 に な っ た の は 自 分 の 気 持 ち か ら で 、 何 事 も な か っ た よ う に 目 覚 め た っ て 言 っ た よ ね 」 「 あ あ 、 そ う だ よ 、 勇 帆 く ん 。 そ れ が ? 」 よ う こ 「 高 陽 が そ の 時 目 覚 め た の は 妖 狐 の せ い だ と 思 う 」 「 そ れ は ど う い う こ と だ い ? 」 き れ い き つ ね 「 俺 、 妖 狐 を 見 た こ と が あ る ん だ 。 す ご く 綺 麗 な 狐 だ っ た 。 そ れ に す ご く 高 陽 を 大 事 に み ず く め 思 っ て る っ て い う の が 妖 狐 か ら 伝 わ っ て き た ん だ 。 藻 女 と 妖 狐 の 間 に な に か あ っ た か ら 、 き っ と 妖 狐 は 高 陽 を 守 っ て い る ん だ 」 「 私 も 」 く る ま い す 毬 亜 が 身 を 乗 り 出 し て き た 。 今 日 は も う 車 椅 子 を 使 わ ず に 歩 い て き て い た 。 座 っ て い た 風 円 椅 子 が ガ タ ン と 音 を た て た 。 戸 「 私 も あ る の 。 す れ 違 っ た 時 に 妖 狐 が 見 え た の 。 こ ん な 綺 麗 な 守 護 霊 を 持 っ て る 人 っ て ど ん な 人 な ん だ ろ う っ て 思 っ た の よ 。 そ れ く ら い 妖 狐 は 優 し い オ ー ラ だ っ た 」 「 だ ろ ? だ か ら そ の 時 も 妖 狐 が 高 陽 を 現 実 に 引 き 戻 し た ん だ よ 」

科戸の風 霊鬼綺談


203 「 僕 が 生 ま れ る 頃 に 戻 れ ば な に か わ か る か も ・ : も う 一 度 自 分 が 誕 生 し た 頃 に 足 を 向 け た 。 高 陽 が 生 ま れ る 少 し 前 の 、 現 実 で は な く 、 そ れ を 取 り 囲 む 時 間 の 海 に 妖 狐 の 名 残 が あ っ は ざ ま み ず く め 高 陽 が 転 生 し て 生 ま れ る ま で 、 妖 狐 は 時 空 の 狭 間 に い た 。 藻 女 の 生 ま れ 変 わ り を 待 っ 間 、 と ろ と ろ と し た 眠 り に つ い て い た 。 「 妖 狐 だ 。 こ ん な と こ ろ で 眠 っ て る 」 そ の な 寝 顔 に 高 陽 は く す り と 笑 い を 漏 ら し た 。 「 藻 女 の 時 と 違 っ て 顔 も き つ く な く な っ た し 、 こ う し て い る と た だ の 綺 麗 な 狐 に し か 見 え な い よ 」 妖 狐 の 醸 し 出 し て い る 雰 囲 気 が ま る で 違 っ て い た 。 「 万 年 も 悪 の 化 身 と し て 存 在 し て い た 妖 狐 な の に 、 た っ た 何 百 年 か の 間 に ど う し て こ ん な に 丸 く な っ て し ま っ た ん だ ろ う 」 風 妖 狐 が な に か に 気 づ い た よ う に 首 を 持 ち 上 げ 、 立 ち 上 が る と 時 空 の 狭 間 を 抜 け 出 し 時 間 の 海 へ と 体 を 飛 ば し た 。 あ わ 慌 て て 高 陽 も 後 を 追 う 。 の ぞ 妖 狐 は 時 間 の 波 を 覗 い て い た 。 か も き れ い き つ ね よ う こ な ′ 」 り

科戸の風 霊鬼綺談


よ う こ し ず 「 泰 成 殿 、 妖 狐 を 鎮 め ま す 。 術 を か け て く だ さ い 」 義 純 の 念 が 送 ら れ て き た 。 「 そ う だ 、 気 を 抜 い て い る 場 合 じ ゃ な い 。 二 人 が 全 身 全 霊 で 戦 っ て い る の だ か ら 」 泰 成 は 気 を 引 き 締 め る と 、 も う 一 度 専 念 し て 術 を か け た 。 大 き な 痛 手 を 受 け た 妖 狐 は 、 泰 成 の 術 に 立 ち 向 か う 余 力 も な く 、 雨 の 重 さ に 押 さ れ て 地 上 に 倒 れ 込 ん で し ま っ た 。 藻 女 が 浮 上 し て 友 衛 を 移 動 さ せ た こ と も 、 カ の 消 耗 に 影 響 し て 子 は 組 ん で い た 手 を ほ ど い た 。 不 死 鳥 が 花 火 が 散 る よ う に 消 え て い く 。 「 行 く ぞ 、 義 純 」 や り 槍 を 持 っ て 広 常 は 妖 狐 に 向 か っ て 足 を 踏 み 出 し た 。 「 あ あ 、 こ れ で 最 後 に し よ う 」 義 純 は 弓 を 左 手 に 擱 ん だ 。 ま な こ 用 心 を し な が ら 一 一 人 は 一 歩 一 歩 妖 狐 に 近 づ い た 。 そ の 様 子 を ギ ラ ギ ラ と 血 走 っ た 眼 で 妖 に ら 風 狐 は 睨 む 。 だ が 二 人 を 押 し の け る だ け の 気 力 が な か っ た 。 ま と 戸 二 人 が 進 む と そ こ だ け 雨 が 止 む 。 濡 れ る こ と な く 、 銀 色 の オ 1 ラ を 纏 っ て じ り つ じ り つ う め と 妖 に 歩 み 寄 っ た 。 歯 噛 み を し た 妖 狐 の 口 か ら 呻 き が 漏 れ た 。

科戸の風 霊鬼綺談


「 ち ょ っ と だ め 。 ま だ 頭 ン 中 し び れ て る : ・ ぐ っ た り と し た 勇 帆 を 抱 き か か え た ま ま 、 高 陽 は ト モ を 見 上 げ た 。 は ざ ま 「 普 通 ス ポ ッ ト は 時 間 の 波 の 狭 間 に 開 く は ず な の に 、 こ ん な と こ ろ に 開 い た か ら 通 り 抜 け ら れ な く な っ て い る の か も し れ な い な 」 「 じ ゃ あ 、 や つ ば り 僕 た ち は 帰 れ な い の か : : : 」 「 い や 、 お ま え た ち 人 間 に は 無 理 か も し れ な い が 、 も し か し た ら 妖 狐 や 俺 に は 通 れ る の か も し れ な い 腕 組 み を し て ト モ は 、 ス ポ ッ ト に 近 づ い て 鼻 先 を ヒ ク ヒ ク さ せ て い る 妖 狐 を 見 た 。 高 陽 や 勇 帆 が 近 づ い た 時 の よ う に 火 花 を 散 ら し て ま で 放 電 し て い る わ け で は な か っ た が 、 そ れ で も か な り の 電 気 が 流 れ て い る よ う だ っ た 。 き れ い そ う ぼ う ひ と み 妖 狐 が 金 色 の 双 眸 を 高 陽 に 向 け た 。 綺 麗 な 黄 金 の 瞳 は な に か を 語 り か け て い る よ う で 、 け れ ど な に も 伝 わ っ て こ な か っ た 。 よ ぎ 一 瞬 高 陽 に 不 安 が 過 っ た 。 ほ お 一 尸 妖 狐 は 勇 帆 に 近 づ く と 頬 を な め た 。 そ れ は ま る で 我 が 子 を 託 す 母 親 の よ う に 見 え た 。 「 妖 狐 、 な に す る 気 ? ス ポ ッ ト へ 歩 き 始 め て い た 妖 狐 は 立 ち 止 ま り 、 高 陽 を 振 り 返 っ た 。 た く よ う こ

科戸の風 霊鬼綺談


そ う り よ よ う こ 妖 狐 も 人 間 も 藻 女 の 願 い に 耳 を 貸 そ う と は し な か っ た 。 目 の 前 で 僧 侶 が 死 ん で い く の を 見 な が ら 、 な に も で き な い は が ゆ さ と 悲 し み に 打 ち ひ し が れ て い た 。 「 こ ん な こ と を 続 け て い て も 、 あ な た の た め に な ら な い の に : こ ぼ 霊 体 と な っ た 藻 女 は 、 生 き て い た 頃 に は ほ と ん ど 流 す こ と の な か っ た 涙 を 零 し た 。 落 ち た 涙 は 白 い 石 に 形 を 変 え た 。 つ ら 「 辛 い で し よ う ? 苦 し い で し よ う ? 死 ん で も ま だ そ ん な 思 い を 持 ち 続 け な け れ ば な ら な い な ん て 、 本 当 は 妖 狐 も 悲 し い の で し よ う ? お お 白 い 石 は 次 々 に 現 れ 、 こ ろ こ ろ と 転 が り あ た り を 埋 め 尽 く し て い っ た 。 石 が 一 面 を 覆 い 白 い 河 原 の よ う に な っ て も 、 妖 狐 は 藻 女 の 前 に 意 識 を 出 す こ と は な か っ た 。 「 私 が 泣 い た と こ ろ で 妖 狐 の 心 が 癒 や さ れ る と は 思 わ な い け ど 、 で も 、 私 に は も う 泣 く こ と し か で き な い わ 。 妖 狐 が 楽 に な る よ う に 祈 っ て 泣 く し か : ほ お す 藻 女 は 岩 肌 に 頬 を 擦 り 寄 せ て 泣 き 続 け た 。 ど れ く ら い 泣 き 続 け た の か 、 岩 肌 に び っ し り と 浮 き 出 て い た 水 滴 が 、 鼻 を つ く 悪 臭 か ら 無 臭 へ と 変 わ り 、 蒸 気 を 上 げ て い た の を 止 め 戸 「 ま っ た く : い つ ま で 泣 け ば 気 が す む の だ 」 あ き 何 日 か ぶ り の 妖 狐 の 気 が 藻 女 を 包 ん だ 。 呆 れ た よ う な 、 そ れ で い て 柔 ら か い 温 か さ が あ っ た 。

科戸の風 霊鬼綺談


ひ さ ん あ わ 勇 帆 は 絶 望 的 な 声 を 漏 ら し た 。 そ の 悲 惨 な 死 に ざ ま を 目 の 当 た り に し て 、 貞 ノ 助 が 哀 れ で な ら な か っ た 。 「 あ い つ 、 こ こ か ら ず っ と 俺 た ち の 時 代 ま で さ ま よ っ て い る ん だ : ・ 思 わ ず 勇 帆 は 高 陽 の 顔 を 見 、 考 え て い る こ と が わ か っ た 高 陽 は 頷 い た 。 「 僕 た ち に で き る か な ? 貞 ノ 助 の 浄 化 」 「 俺 た ち だ か ら で き る ん じ ゃ ね ー の ? 」 一 一 人 は 貞 ノ 助 の 前 に 降 り 立 っ た 。 体 が 死 ん で 霊 体 と な っ た 貞 ノ 助 は 状 況 が み 込 め て い な い ら し く 、 何 度 も 自 分 の 体 に 戻 ろ う と し て い た 。 「 貞 ノ 助 、 も う ゆ っ く り 眠 ら な い か ? 」 声 を か け た 勇 帆 に 驚 い て 、 貞 ノ 助 は 敵 意 剥 き 出 し で 振 り 向 い た 。 「 お ま え は = ・ 成 ? 、 死 ん で 記 憶 が 蘇 っ た ら し く 貞 ノ 助 は 嬉 々 と し た 。 よ う こ 「 泰 成 、 い い と こ ろ へ 来 た 。 西 軍 を 動 か し て い る 妖 狐 を や つ つ け て く れ 。 お ま え な ら で き る だ ろ う 。 あ の 妖 狐 を 石 に 変 え た く ら い な の だ か ら 。 今 度 は 完 全 に 消 滅 さ せ て く れ 」 「 妖 狐 は 西 軍 を 動 か し て は い な い よ 勇 帆 の 後 ろ か ら 出 て き た 高 陽 と 妖 狐 を 見 て 、 貞 ノ 助 の 顔 は 一 変 し た 。 う な ず