検索 - みる会図書館

全データから 214291件ヒットしました。

まんがハーバードが絶賛した新幹線清掃チームのやる気革命


教 わ る 側 が 教 わ る 気 持 ち に な り 始 め た 、 教 育 を 抜 本 的 に 変 え 新 し い 姿 を 求 め る 時 期 に 至 っ た と 考 え て い ま す 。 こ れ か ら は 「 矯 育 ・ 脅 育 ・ 恐 育 ー で は な く 、 教 え 導 く の で は な く 、 共 に 育 つ 「 共 育 」 を 。 育 そ し て こ れ ま で 行 っ て き た 、 日 々 一 瞬 一 瞬 を 育 成 の 場 と し て 捉 え 、 実 践 す る 「 今 日 育 」 を 今 後 も 続 け た い 「 気 づ き ・ 共 感 ・ 共 創 ・ 共 育 」 こ れ こ そ 私 た ち が 目 指 そ う と し て い る も の で す 。 「 協 育 ・ 響 育 」 を 清 掃 技 術 研 修 リ ー ダ ー 研 修 共 育 協 育 驚 育 響 育 鏡 育 恭 育 矯 育 脅 育 恐 育 育 怯 育 凶 育 今 日 育 車 両 清 掃 競 技 会 安 全 研 修 お も て な し 研 修 218

子育てがもたらしてくれるもの


子 育 て か ~ , 。 も た ら し す 、 れ る も の . 工 ツ イ ・ コ ノ ク ー ル 受 賞 作 品 集 未 来 を 育 て プ ロ ッ 三 グ ト

子育てがもたらしてくれるもの


う に 過 ご す 姿 を み た 彼 の 友 人 た ち も 、 や が て そ ん な っ て 気 付 か さ れ た よ 」 彼 を 羨 ま し が る 様 に 変 わ っ て い き ま し た 。 『 子 供 を 育 て る 』 な ん て 少 し お こ が ま し い 言 い 方 そ う し て 、 あ っ と い う 間 に 二 年 が 経 ち 、 私 た ち な の か も し れ な い 。 そ ん な こ と を 私 た ち は 学 ん だ は 無 事 に 就 職 先 も 卒 業 も 決 ま り 、 愛 知 県 に 引 っ 越 気 が し ま す 。 何 で も 自 分 一 人 で や っ て い る 気 に な す こ と に な り ま し た 。 そ ん な あ る 日 、 彼 が こ ん な っ て い た 私 た ち を 、 感 謝 の 意 味 さ え 知 ら な か っ た 話 を し ま し た 。 子 供 の 私 た ち を 、 大 人 に し て く れ た の は 子 供 だ っ た の だ か ら 。 私 は こ ん な に 温 か な 人 た ち の 中 で 子 「 俺 さ 、 あ の 時 結 婚 し よ う っ て 決 め て 本 当 に 良 か っ た 。 子 供 が い る 生 活 も す ご く 楽 し か っ た し 、 何 供 を 育 て て い る の だ と い う こ と を 、 こ れ か ら も 忘 よ り 自 分 が 色 ん な 人 に 支 え ら れ て 生 き て き た ん だ れ ず に 生 き て い き た い と 思 い ま す 。 大 和 ま ど か 親 育 て 5 君 に 育 て ら れ て 5 子 育 て と い う 言 葉 は 一 般 的 で よ く 聞 く 。 実 際 に 子 育 て を 始 め て 、 頭 の 中 に 「 親 育 て 」 と い う 一 言 ~ 茱 が 浮 か ん だ 。 親 を 育 て る の は も ち ろ ん 子 供 。 一 歳 三 カ 月 の 小 さ な 君 に 今 、 私 は 育 て ら れ て い る 。 ま た 、 そ れ は 、 と て も 澄 ん だ 美 し い 心 で 育 て て 214

フリーターズフリー 03号


中 野 冬 美 さ ん は 「 我 が 子 意 識 を 解 体 す る っ て な か な か 大 変 だ っ た わ 5 全 日 共 同 保 育 と い う 試 み 」 で こ う 書 い て い ま す 。 「 共 同 保 育 し よ う 。 そ れ も 、 女 も 男 も 、 親 も 親 で な い も の も ひ っ く る め た 四 時 間 共 同 保 育 Ⅱ 全 日 共 同 保 育 し よ う ー そ れ が 1975 年 の こ と で し た 。 」 「 保 育 所 も ま だ 不 十 分 で ( 働 く 女 は 子 育 て す る 資 格 が な い 、 と ま で 言 わ れ て た ん だ ぞ ) 、 夜 間 保 育 も な か っ た か ら 、 こ の 共 同 保 育 が な か っ た ら 、 子 ど も を 産 ん だ 女 は 活 動 な ん か で き な か っ た の は 確 か で す 。 だ け ど 、 一 番 考 え て い た の は 、 子 ど も は 家 庭 で 両 親 が 、 特 に 母 親 が 育 て る も の 、 と い う 意 識 に 対 す る 挑 戦 で し た 。 男 の 労 働 時 間 の 方 が 女 よ り 長 い か ら 、 家 族 だ け の 子 育 て だ と 子 ど も に 接 す る 時 間 は 女 の 方 が 長 く な っ て 、 結 果 、 熟 練 す る 。 未 熟 な 男 が 手 を 出 そ う と し て も 、 あ あ 、 い ら い ら す る と 、 つ い 女 が 担 っ て し ま う 。 し か も 男 が 「 せ つ か く 」 「 手 伝 お う 」 と し て い る の に と 、 そ れ は 女 の せ い に な っ て い た 。 全 日 共 同 保 育 で は 、 熟 練 度 は 誰 も 同 じ 。 男 も 積 極 的 に 子 育 て で き ま し た 。 ま た 、 育 ち 方 様 々 な 人 間 の 集 ま り だ っ た の で 、 家 事 ・ 育 児 に ま つ わ る 社 会 や 家 族 個 別 の ル ー ル を 問 い 直 す こ と が で き ま し た 。 」 Women ・ s Action Ne → wo 「 k ( h ( 6 ミ wan. 0 「 」 マ ) 家 族 に つ い て の し カ [ ( 、 、 ナ ま 、 七 〇 年 代 以 降 も さ ま ざ ま な 行 な わ れ ま し た が 、 「 女 も 男 も 、 親 も 親 で な い も の も ひ っ く る め た 時 間 共 同 保 育 日 全 日 共 同 保 育 」 と い う も の は 、 お そ ら く 他 に 例 が あ り ま せ ん 。 そ の 共 同 保 育 が ど の よ う な も の だ っ た の か 、 中 野 さ ん に お 話 し を 伺 い ま し た 。 共 同 保 育 と い う 試 み 中 野 冬 美 イ ン タ ビ ュ ー 聞 き 手 生 田 武 志 、 栗 田 隆 子 149

保育ナビ 2016年 10月号


工 の 雰 囲 気 の 良 い 職 場 で は 、 職 員 の モ チ ベ ー シ ョ ン が 上 が り 、 保 育 も ス ム ー ズ に 行 わ れ ま す 。 本 コ ー ナ ー で は 、 園 と い う 組 織 の 文 化 ・ 風 土 を 大 切 に し な が ら 、 よ り 良 い 職 場 づ く り の 方 法 を 一 緒 に 考 え て い き ま し よ う 。 チ ー ム 保 育 の 活 用 人 材 育 成 執 筆 師 岡 章 ( 白 梅 学 園 大 学 教 授 ) ー ) 子 ど も た ち の 多 様 な 興 味 ・ 関 心 に 応 え る 保 育 を 展 開 す る た め に は 保 育 者 間 の 協 力 体 制 が 不 可 欠 。 チ ー ム 保 育 を 導 入 し 、 園 の 保 育 力 を 向 上 さ せ よ う ! 「 チ ー ム 保 育 」 を ご 存 じ で す か ? チ ー ム 保 育 の ポ イ ン ト 複 数 の 保 育 者 が 共 同 し て 保 育 を 進 め た だ 、 複 数 担 当 制 が 一 般 的 で あ る る 方 法 で あ り 、 小 学 校 以 上 の 学 校 教 保 育 所 、 ま た 同 一 学 年 が 複 数 あ る 幼 育 で 導 人 さ れ て い る 「 テ ィ ー ム ・ テ ィ ー チ ン グ (ææ) 」 の 保 育 版 と 言 稚 園 な ど で は 「 す で に 実 践 し て い ま え る も の で す 。 年 の 『 幼 稚 す 」 と い っ た ケ ー ス も 多 い か も し れ 園 教 育 要 領 』 の 改 訂 時 か ら 導 入 が 提 ま せ ん 。 し か し 、 チ ー ム 保 育 を 導 人 す る 意 図 は 今 ま で 以 上 に き め 細 か い 唱 さ れ 、 2 01 年 に 策 定 さ れ た 『 幼 児 教 育 振 興 プ ロ グ ラ ム 』 か ら 財 援 助 や 指 導 を 展 開 す る こ と で す 。 「 形 だ け 、 複 数 の 保 育 者 で 保 育 を 進 め て 政 措 置 も 図 ら れ 、 今 日 に 至 っ て い ま い れ ば 、 そ れ で よ い 」 と い う も の で す 。 一 人 担 任 制 が 主 で あ る 幼 稚 園 業 は あ り ま せ ん 。 界 に と っ て 、 新 鮮 な 取 り 組 み で あ っ 好 む と 好 ま ざ る と に か か わ ら ず 、 た と 思 い ま す 。 よ り 丁 寧 な 保 育 の 推 わ が 国 の 保 育 は 、 多 く の 場 合 、 1 人 の 進 、 ま た 気 に な る 子 ど も へ の 対 応 を 保 育 者 が 多 数 の 子 ど も を 担 当 す る 集 考 え る と 積 極 的 に 導 入 を 図 る こ と が 団 保 育 と し て 展 開 さ れ ま す 。 そ の た 求 め ら れ ま す 。 め 、 あ る 子 ど も に か か わ っ て い る と 、 4 4

保育ナビ 2016年 10月号


保 護 者 ・ 地 域 と の 連 携 が カ ギ 魅 力 あ ふ れ る 園 に 「 食 育 」 で . ・ こ で は 、 創 意 工 夫 を し な が ら 食 育 活 動 で 保 護 者 や 地 域 の 評 価 を 得 て い る 事 例 を 見 な が ら 、 す る 食 育 の 推 進 に つ い て の 方 針 も 示 さ れ て い ま す 。 で す 。 今 年 3 月 に 内 閣 府 か ら 発 表 さ れ た 「 第 3 次 食 育 推 進 基 本 計 画 」 で は 、 就 学 前 の 子 ど も に 対 れ る よ う に な り 、 園 で も 保 育 活 動 の 一 環 と し て 定 着 し つ つ あ り ま す が 、 そ の 実 情 は 園 に よ っ て 様 々 2005 年 ( 平 成 17 年 ) に 食 育 基 本 法 が 施 行 さ れ て 以 来 、 「 食 育 」 と い う 言 葉 が 一 般 的 に 認 知 さ 監 修 / 堤 ち は る 先 生 ( 相 模 女 子 大 学 教 授 ) 園 の 食 育 に つ い て 考 え て み ま し よ う 。 も く じ ・ 第 3 次 食 育 推 進 基 本 計 画 ・ 就 学 前 の 子 ど も に 対 す る 食 育 の 推 進 ・ ・ 事 例 1 事 例 2 事 例 3 ・ ま と め 地 域 と つ な が る 食 育 活 動 学 校 法 人 さ ゆ り 学 園 さ ゆ り 幼 稚 園 ・ ・ 活 動 の 情 報 発 信 に ひ と 工 夫 日 野 市 立 保 育 園 ・ 子 育 て 支 援 に 食 育 を 取 り 入 れ る 山 口 市 立 堀 保 育 園 子 育 て 支 援 セ ン タ ー 「 す く す く ハ ウ ス 」 ・ 食 育 で 園 の 魅 力 を 伝 え る 堤 ち は る 先 生 ・ ・ ・ P 1 3 ・ ・ P 1 4 ~ 1 5 ・ ・ P 1 6 ~ 1 7 ・ ・ P 1 8 ~ 1 9 ・ P20 ~ 21 1 2

ちいさいなかま 2016年 10月号


① 保 育 を め ぐ る お 金 の 話 ① お 金 の 流 れ と 公 定 価 格 今 回 か ら 、 保 育 に 関 す る お 金 の し く み に つ い て 考 え ま す 。 あ た り ま え の こ と で す が 、 保 育 所 で 子 ど も た ち を 保 育 す る に は 、 お 金 が か か り ま す 。 で は 、 そ の お 金 を 、 保 育 所 は ど の よ う に 確 保 し て い る の で し よ う か ? 私 立 保 育 所 の 経 費 も 市 町 村 が 負 担 児 童 福 祉 法 は 24 条 ] 項 で 、 保 育 を 必 要 と し て い る 子 ど も に は 、 市 町 村 が 保 育 を す る 責 任 が あ る と し て い ま す 。 よ っ て 、 市 町 村 は 、 公 立 保 育 所 で 直 接 保 育 を 行 う か 、 私 立 の 認 可 保 育 所 に 委 託 を し て 保 育 を し て も ら う こ と に な り ま す 。 公 立 保 育 所 の 場 合 は 、 そ の 費 用 を 市 町 村 が 直 接 支 払 い ま す 。 一 方 、 私 立 保 育 所 は 、 市 町 村 が 支 払 う 委 託 費 を 受 け 取 っ て 、 自 ら 保 育 士 さ ん を は じ め と す る 職 員 を 雇 い 、 そ の 賃 金 を 支 払 い 、 教 材 や 給 食 の 食 材 等 を 購 入 す る な ど し て 、 や り く り し て い ま す 。 委 託 費 は 公 定 価 格 を も と に 設 定 委 託 費 の 額 は 、 市 町 村 が 決 め ま す が 、 多 く の 市 町 村 で は 、 国 が 設 定 す る 子 ど も ] 人 あ た り の 保 育 の 費 用 額 ( こ れ を 公 定 価 格 と い い 、 月 額 で 示 さ れ ま す ) を 合 計 し た 額 を も と に 設 定 し て い ま す 。 国 は 、 保 育 所 が 守 る べ き 条 件 を 示 し た 最 低 基 準 を 定 め ( 6 月 号 参 照 ) 、 ま た 、 そ の 最 低 基 準 を 維 持 す る 経 費 を 保 障 す る た め に 、 市 町 村 、 都 道 府 県 、 国 で 負 担 を 分 か ち 合 う 補 助 金 制 度 を つ く っ て い ま す 。 公 定 価 格 は 、 こ れ ら の し く み に 基 づ く も の で す 。 公 定 価 格 の 内 容 公 定 価 格 は 、 子 ど も の 保 育 に か か る 費 用 の 総 計 と い え ま す 。 そ の な か で 多 く の 比 重 を 占 め る 項 目 は 、 な ん と い っ て も 、 直 接 保 育 に あ た る 担 任 の 人 件 費 で す 。 そ れ は 、 保 育 所 の 最 低 基 準 で 定 め ら れ て い る 職 員 の 配 置 基 準 に 基 づ い て 設 定 さ れ ま す 。 65

保育ナビ 2016年9月号


う で す 。 契 約 社 会 の ア メ リ カ の 様 子 わ れ ま す 。 「 一 斉 の 色 が 強 く て 、 保 含 め た 十 数 人 の グ ル ー プ で 、 み ん な と テ を 観 て 、 け が や け ん か な ど の こ と も 育 者 の 思 い を 押 し つ け て い る と 言 わ 等 し く 1 票 を 持 っ て 新 任 教 員 の 採 用 死 閣 コ ど 内 園 な を 決 め て い く ュ ニ ー ク な シ ス テ ム を き ち ん と 書 い て 、 保 護 者 に 、 園 の コ れ て 。 子 ど も が 主 体 的 に 動 け る 環 境 ン セ プ ト を 理 解 し て も ら い 、 保 育 を を つ く ろ う と 一 生 懸 命 に な っ て い た と っ て い ま す 。 採 用 の 際 に は 、 「 振 タ ら べ セ の レ 理 解 し て も ら う よ う に し て い ま す 。 ん で す 。 け れ ど も 、 そ の 環 境 に お い り 返 る 力 の あ る 人 が 伸 び る し 、 自 分 て 、 ど ん な 時 期 に 、 そ し て 、 ど ん な を オ ー プ ン に で き る 人 が そ の 後 育 セ 「 た ③ 外 部 講 師 と 共 に 歩 む 学 に も 経 験 を と い う と 、 結 局 、 保 育 の 計 画 つ 」 と 語 ら れ ま す 。 政 著 子 「 園 長 の レ ベ ル が 低 い と 、 結 局 そ の 部 分 に な っ て 、 そ の 時 期 そ の 時 期 保 育 者 と 子 ど も の 関 係 性 と 、 園 長 実 場 育 教 の 保 師 育 達 教 保 の 子 ど も の 育 ち を わ か っ て い な い と と 保 育 者 の 関 係 性 は 似 て く る 。 だ か こ ま で し か 園 は 伸 び ず 、 そ れ 以 上 の 発 属 学 顔 附 理 素 力 を も っ 保 育 者 は 園 を 出 て 行 く か 、 で き な い 。 そ し て 、 子 ど も 理 解 に 行 ら 、 子 ど も の 主 体 性 を 伸 ば そ う と 思 同 心 の 授 教 ら 反 発 す る か 」 だ と 思 い 、 一 緒 に 学 ん き 着 い た ん で す 」 。 う と 大 変 だ け れ ど 、 保 育 者 が 主 体 性 で こ ら れ た そ う で す 。 以 前 は 保 育 者 ま た 、 幼 児 教 育 実 践 学 会 で の 発 表 を 発 揮 す る こ と が 楽 し い と 感 じ ら れ 竰 , 育 発 の る よ う に す る こ と を 大 事 に さ れ 、 そ が 「 ど う か か わ る か 」 と 言 っ て い た や 公 開 保 育 な ど の 機 会 を 、 自 分 た ち 学 育 ひ け れ ど も 、 外 部 講 師 の 岡 健 先 生 ( 大 を 振 り 返 る チ ャ ン ス と し て 保 育 者 た し て 、 子 ど も も 保 育 者 も ご 自 身 も 、 大 門 も 妻 女 子 大 学 ) を 招 い て 公 開 保 育 や 研 ち の 学 び の 場 に さ れ て き ま し た 。 園 よ い 仲 間 を た く さ ん も て る こ と を 京 専 に 東 員 修 を 進 め ら れ た こ と で 、 「 『 ど う か か 長 が 「 ご め ん ね 」 と 言 え ば 、 「 い し 願 っ て お ら れ ま す 。 委 で す よ 」 と 返 っ て く る よ う に 、 保 育 「 家 庭 的 な 、 み ん な の 顔 が 見 え る わ る か の 前 に 、 ど ん な 子 な の か 』 と 障 い う の が 、 研 修 の い ち ば ん の 合 一 一 一 一 口 者 た ち も そ の 機 会 を 楽 し ん で く れ て 関 係 の 園 が 地 域 に ち ゃ ん と あ る こ い る と 言 わ れ ま す 。 葉 」 と 考 え ら れ る よ う に な り ま し た 。 と 」 を 目 指 し て 、 他 園 の 風 土 を 学 び 代 労 も 続 け 、 自 園 の 風 土 を 創 り だ し て お ら 「 子 ど も が こ う い う 状 態 で 、 こ ん な ④ 1 人 1 票 の 民 主 的 な ふ う に 育 っ て ほ し い 、 こ ん な 経 験 を れ る リ ー ダ ー の 姿 を 実 感 さ せ て い た 教 員 採 用 イ 会 る だ き ま し た 。 し て ほ し い か ら 、 こ ん な 環 境 や 、 こ フ て め ロ 育 高 プ 子 を ん な か か わ り を 」 と い う こ と だ と 言 園 長 、 副 園 長 、 主 任 、 学 年 主 任 を 39 保 育 ナ ビ

ソトコト 2016年 9月号


未 来 を つ く る ソ ー シ ャ ル イ ノ ベ ー シ ョ ン M ー RA T U K U 文 ・ 西 村 勇 哉 CASE: 胛 こ ど も み ら い 探 求 社 「 こ ど も み ら い 探 求 社 』 の 2 人 は 、 イ ン タ ー ネ ッ / ト 上 の 保 育 園 「 ほ う か ご 保 育 園 」 や 、 そ れ ぞ れ 「 asobi 基 地 」 「 オ ト ナ ノ ノ セ ナ カ 」 な ど の マ イ プ ロ ジ ェ ク ト に も 取 り 組 む 。 0 0 ま を 妻 三 一 . = 一 三 一 三 身 三 4 課 題 の 現 象 面 だ け で な く 、 よ り 本 質 的 な 課 題 を 見 出 す こ と で 、 結 果 と し て 両 方 の 課 題 を 解 決 す る こ と が で き る 。 今 回 は 、 保 育 士 の 力 を 生 か し 、 大 人 域 、 社 会 、 す べ て が 子 ど も が 育 っ 場 所 も 子 に も 子 ど も に も 学 び が あ る 子 育 て 研 修 に な る よ う そ れ ぞ れ が 手 を 取 り 合 い ら カ の 場 「 お や こ 保 育 園 」 を 主 宰 す る 『 こ 子 ど も が 育 っ 環 境 を よ り よ く し て い く ー レ 用 こ と が 重 要 だ と 思 い ま す 」 と 保 育 士 の ど も み ら い 探 求 社 』 の 取 り 組 み か ら 、 活 ソ 1 シ ャ ル イ ノ ベ ー シ ョ ン の ポ イ ン ト 強 み や 保 育 の 可 能 性 に つ い て 話 し ま す 。 シ を 紹 介 し ま す 。 現 在 、 保 育 士 の 資 格 を 持 つ 人 は 約 1 観 の 『 こ ど も み ら い 探 求 社 』 は 2 人 の 現 役 25 万 人 い る 一 方 で 、 実 際 に 保 育 士 を め 保 育 士 が 起 業 し 、 立 ち 上 げ た 合 同 会 社 し て い る 人 は 約 肪 ・ 6 万 人 。 全 国 で 必 学 を で す 。 「 お や こ 保 育 園 」 で は 親 子 で 一 緒 要 と さ れ る 保 育 士 数 は 約 ・ 3 万 人 と 点 視 の に 登 園 し 、 午 前 を 子 ど も の 時 間 、 午 後 さ れ 、 川 万 人 近 く の 保 育 士 が 不 足 し て 士 育 保 い る こ と に な り ま す 。 こ れ ら の 保 育 士 を 親 の 時 間 と 分 け 、 そ れ ぞ れ が 主 役 の 親 時 間 を 設 け て い ま す 。 た と え ば 子 ど も 不 足 や 待 機 児 童 と い う 課 題 は 、 保 育 園 で の 時 間 で は 、 テ 1 マ を 決 め た 遊 び を 子 を 子 ど も を 預 け る 場 所 と し て 提 え た 場 時 ど も た ち が 楽 し み 、 親 は 観 察 シ ー ト を 合 に 生 ま れ て く る 視 点 で す 。 の も 「 お や こ 保 育 園 」 で は 、 保 育 士 が 持 っ さ 使 っ て 保 育 士 視 点 の 見 る べ き ポ イ ン ト 子 の を 観 察 し た り 、 親 同 士 で 意 見 交 換 を 行 ま ざ ま な 力 を 生 か す こ と で 、 子 育 て が る い ま す 。 親 の 時 間 で は 子 育 て に お い て よ り 楽 に な る こ と を 目 指 し て い ま す 。 や の 迷 い や す い テ 1 マ を 設 定 し た 対 話 を 通 そ れ は 保 育 士 に と っ て も 、 子 ど も を 預 お ち じ て 子 育 て の 軸 を 築 い て い き 、 新 し い か る 以 上 の 新 し い 役 割 を 得 る こ と で よ 親 子 の サ ポ ー ト を 行 っ て い ま す 。 り や り が い を 感 じ ら れ る 可 能 性 が あ り 『 こ ど も み ら い 探 求 社 』 を 運 営 す る 小 ま す 。 結 果 、 保 育 士 に な り た い 人 の 増 笠 原 舞 さ ん と 小 竹 め ぐ み さ ん は 、 「 保 加 や 、 保 育 園 を 必 要 と す る 人 の 低 下 に 育 士 に は 、 保 育 の 専 門 知 識 に 加 え て 、 子 つ な が り 、 複 数 の 課 題 が 同 時 に 解 消 し ど も 、 保 護 者 、 地 域 の 方 な ど と の 対 話 て い く 新 た な 視 点 を 提 供 し て く れ ま す 。 の 中 で 育 っ た コ ミ ュ ニ ケ 1 シ ョ ン カ や 、 科 本 ア ラ 肥 マ 異 ソ り 組 ッ ク ラ ス 運 営 で 培 わ れ た 観 察 力 、 瞬 発 的 間 日 イ ミ 一 ど た く を ラ 人 人 ダ 人 テ な え づ ノ ミ て 法 た 法 記 を 学 超 ム 、 ヨ 人 な 判 断 力 、 そ し て 状 況 に 合 わ せ て 柔 軟 大 を 一 シ 法 オ 一 0 ⅳ 完 財 始 引 る 、 一 開 に す 政 タ へ ん な 対 応 を 行 う プ ロ デ ュ 1 ス カ が あ り ま 大 業 り 年 現 行 ク ッ ノ 学 企 よ ⅱ 実 O' セ ラ イ む . E す 。 親 が 働 く た め の サ ポ 1 ト も も ち ろ 大 成 囲 ⅳ を プ 燿 阪 育 0 に 性 z わ ン 聰 大 材 身 能 業 加 、 ヨ 一 に 〃 ん 大 切 で す が 、 同 じ よ う に 子 ど も の サ 人 、 前 ・ 可 企 が シ 、 発 て を の 、 ち 一 う ポ 1 ト も 必 要 で す 。 そ し て 、 子 育 て に や 亂 経 動 〔 来 家 た ~ 一 「 ゅ を 部 窈 る 起 の イ 刔 事 事 つ い て の 親 向 け の 学 び の 場 づ く り も 大 ら 士 本 設 在 会 場 ル と だ 理 む 修 性 m を こ 社 立 ャ 業 ん 表 し の 産 グ ク 既 、 る シ 企 込 代 に 学 生 ロ ン 、 ( に な 一 と み ク 切 で す 。 保 育 園 だ け で は な く 、 家 庭 、 地 117 SOTOKOTO September 2016

婦人之友 第110 巻9号 2016年9月1日発行


今 、 考 え た い 「 し つ け 」 大 日 向 雅 美 ( 恵 泉 女 学 園 大 学 学 長 ) 子 ど も と の 生 活 97 多 く の 情 報 が 氾 濫 す る 中 で の 子 育 て は 、 と き に 親 を 迷 わ せ た り 、 プ レ ッ シ ャ ー を 与 え た り し が ち で す 。 、 、 き ち ん と 子 育 て し な い と ″ 、 、 、 い い 子 に 育 て な い と ″ と い う 思 い や 焦 り は 、 と き に 、 子 ど も に 向 け ら れ て し ま う こ と も ・ ・ ・ 「 し つ け 」 と は な ん で し よ う 。 写 真 は 、 婦 人 之 友 社 乳 幼 児 グ ル ー プ の 子 ど も た ち 。 2016 年 婦 人 之 友 9 月 号