検索 - みる会図書館

全データから 208326件ヒットしました。

孤独で優しい夜


孤 独 で 優 し い 夜

孤独で優しい夜


集 英 社 文 庫 孤 独 で 優 し い 夜 集 英 社 版

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


物 コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 益 ″ ◆ ヅ 0 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ イ ラ ス ト / ひ だ か な み ◆ ◆ ◆ ◆ 姉 の 死 で 天 涯 孤 独 に な ◆ っ た ゆ き を 、 通 夜 の 日 ◆ 弟 と 名 乗 る 少 年 夫 が 訪 第 ね て き た 。 「 一 緒 に 暮 そ う 」 と 無 邪 気 に 微 笑 む 彼 に 導 か れ 、 招 か れ た 家 で は 幼 い 兄 弟 が ニ 人 暮 し を し て い た ・ ・ ・ ! ? ア マ テ ラ ス の 封 印 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ま 倉 本 由 布

完訳 日本の古典 第三十五巻 新古今和歌集 ㈠


摂 政 太 政 大 臣 の 家 の 歌 合 に 、 「 羇 中 の 晩 の 嵐 」 と い う 題 を 詠 ん だ 歌 藤 原 定 家 朝 臣 ど こ に 、 今 夜 は 宿 を 借 り よ う か 。 日 も タ 暮 に な っ て 、 山 集 の 峰 の 嵐 の 吹 き お ろ す 中 で 。 和 題 意 を 、 夕 暮 の 山 の 嵐 の 中 で 宿 を 求 め る 心 で 満 た し 、 今 そ の 寂 し い 旅 情 を 流 麗 な 音 楽 で 生 動 さ せ て い る 。 古 新 旅 の 歌 と し て 詠 ん だ 歌 旅 人 の 袖 を 吹 き 返 し て い る 秋 風 の 中 で 、 夕 日 が 寂 し く さ し て い る 山 の 掛 橋 よ 。 さ ん ど う 旅 人 が 、 夕 日 の さ す 山 の 桟 道 を 、 秋 風 で 袖 を ひ る が え し な が ら 渡 っ て い る 。 夕 日 の 色 が 、 孤 独 な 旅 人 の 姿 を 浮 彫 り に し て い る 感 が あ る 。 藤 原 家 隆 朝 臣 故 郷 で 聞 い た 嵐 の 音 ま で も 似 て い な い 。 忘 れ て し ま え よ 、 さ や 故 郷 の 人 を 。 こ の 佐 夜 の 中 山 で 。 藤 原 雅 経 白 雲 の か か っ て い る 幾 重 の 峰 を 越 え て き た こ と で あ ろ う か 。 慣 れ て い な い 旅 路 の 嵐 に 、 そ の 吹 く ま ま に 、 袖 を 巻 か せ て 。 山 路 の 旅 を 終 え た 心 で の 作 。 上 句 の 、 越 え て き た 山 々 の 遠 望 の 感 と 、 下 句 の 、 嵐 に 身 を ゆ だ ね た わ び し さ の 追 懐 と が 溶 け 合 い 、 優 雅 で あ る 。 佐 夜 の 中 山 の 旅 寝 の わ び し さ を 詠 ん だ 作 。 す べ て が 故 郷 と は ち が っ て い る 変 化 を 、 「 嵐 の 声 」 で 強 調 し 、 故 郷 の 人 が 忘 れ ら れ な い 心 の 耐 え が た さ を 、 「 忘 れ ね 人 を 」 で 強 調 し て い る 。 激 し い 抒 情 。

孤独で優しい夜


集 英 社 文 庫 や さ 孤 独 で 優 し い 夜 よ る 1999 年 10 月 25 日 2003 年 12 月 8 日 第 1 刷 第 13 刷 か わ 川 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ リ ま す 。 け い 著 者 発 行 者 発 行 所 印 刷 製 本 ゆ い 唯 谷 株 式 会 社 山 尚 義 集 英 社 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 〒 101 ー 8050 ( 3230 ) 6095 ( 編 集 ) 電 話 03 ( 3230 ) 6393 ( 販 売 ) ( 3230 ) 6080 ( 制 作 ) 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 乱 丁 ・ 落 丁 ( 本 の ペ ー ジ 順 序 の 間 違 い や 抜 け 落 ち ) の 場 合 は お 取 り 替 え 致 し ま す 。 購 入 さ れ た 書 店 名 を 明 記 し て 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り 下 さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え 致 し ま す 。 但 し 、 古 書 店 で 購 入 し た も の に つ い て は お 取 り 替 え 出 来 ま せ ん 。 ⑥ K. Yuikawa 1999 Printed in Japan ISBN4-08-747110-1 C0193

現代日本の文学 Ⅱ― 10 五木 寛之 野坂 昭如 集


か す ・ ほ く は 、 そ ん な 君 た ち に 時 に 微 か な 嫉 妬 を 感 じ た こ と も い う も の か も 知 れ な い 。 完 全 な 個 人 主 義 の 下 で 、 君 た ち の あ る 。 だ が 、 ・ ほ く に は ス 。 ヘ イ ン 行 き の た め の 五 百 ド ル の ほ 家 族 は 全 く 自 由 に 生 き て い る ら し か っ た 。 君 が 両 親 の 目 の う が 気 に な っ て い た の だ 。 前 で 男 と ペ ッ テ ィ ン グ を は じ め た 時 の 話 を 、 君 は ・ ほ く に し ・ ほ く ら は 、 一 日 に 十 時 間 以 上 も 練 習 し た 。 君 が 。 ヒ ア ノ を て く れ た 事 が あ る 。 君 の マ マ は 、 チ ェ ス に 夢 中 に な っ て い 弾 い て そ れ を 助 け て く れ た 。 て 、 君 が 意 識 的 に 声 を 立 て る と 、 優 し い 声 で 「 ペ ッ ド ・ ル サ ・ フ は 鋭 い リ ズ ム 感 と 、 正 確 な 音 程 と を 持 っ て い て 、 そ ー ム へ い っ て ち ょ う だ い 。 い ま パ パ に 負 け そ う な ん だ か ら つ ぶ や れ が ひ ど く 君 の 関 心 を そ そ っ た よ う だ 。 サ ・ フ が 歌 う の を 、 静 か に し て ね ー と 呟 い た の だ 。 君 だ け で な く 、 君 た ち の 国 君 は テ ラ ス で じ っ と 聞 い て い た 事 が あ る 。 こ わ ば っ た 君 の の 若 者 た ち は 、 大 人 が す る 事 の 全 て を 許 さ れ て い た 。 禁 止 背 中 に 、 サ ・ フ の 苦 し げ な シ ャ ウ ト が 鋭 く 突 き 刺 さ っ て 行 く も 、 強 制 も 、 将 来 の 不 安 も 、 君 た ち を 圧 し つ ぶ そ う と は し の を 、 ・ ほ く は 感 じ た 。 サ ・ フ は 下 手 な 歌 い 手 で は な か っ た 。 な い 。 そ し て 、 老 人 た ち と 、 大 人 と 、 若 者 た ち が 勝 手 に 孤 だ が 、 そ ん な 事 よ り も っ と 大 事 な 、 フ ィ ー リ ン グ と い う や 立 し て 生 き て い た 。 家 族 、 と い う 感 情 を ぼ く は 好 ま な い 。 つ を 持 っ て い た 。 歌 い 方 に で は な く 、 声 そ の も の 、 表 情 そ だ が 、 君 た ち に は 共 同 生 活 者 と し て の 連 帯 感 さ え も 欠 け て の も の の 中 に 、 で あ る 。 そ れ が 君 の 体 を つ ら ぬ き 、 ひ た し い た よ う に 思 う 。 君 た ち 若 者 は 、 二 十 四 時 間 を 自 由 に 生 き た の に 違 い な い 。 て い た 。 だ が 、 い ず れ は そ の 白 夜 の 季 節 が 去 り 、 な が い 深 「 ひ ど い 声 ね 」 い 暗 黒 の 季 節 が や っ て く る の を 知 っ て い る 。 豪 華 な ア パ ー と 、 君 は 自 分 の 気 持 を お し 隠 そ う と す る 女 の 声 で 言 っ た 。 ト か 、 老 人 ホ ー ム の 庭 で 君 た ち は 、 そ れ を 迎 え る こ と に な ュ - 一 ー ク 「 寄 妙 な と い う ん で も な い し 、 独 自 の 、 と い う 声 で も な い る だ ろ う 。 明 る い 世 界 の 、 明 る い 孤 独 、 そ れ は 〈 白 夜 の 孤 フ リ ー キ ッ シ ュ わ 。 し い て 英 語 で 言 う な ら 、 変 種 の 、 と で も い う の か し 独 〉 だ 。 ら 」 イ ン グ リ ッ ド 、 君 は 他 の 若 者 た ち よ り 一 層 鋭 く そ れ を 感 オ の マ リ メ ッ コ の ・ フ ラ ウ ス の 背 中 に 、 ・ ほ く は 君 の 奇 妙 な 孤 独 じ て い た 。 そ れ に お び え て 、 衝 動 的 に 逃 け 出 そ う と あ が く 、 夜 を 読 み 取 ろ う と し た 。 な ぜ 君 は 子 供 の 頃 に 自 殺 な ん か し ょ 一 匹 の 動 物 が 、 君 だ っ た の で は あ る ま い か 。 白 う と 考 え た の だ ろ う ? な ぜ 君 は 外 の 金 持 ち の 娘 た ち の よ ・ ほ く ら は 、 高 い の で 有 名 な レ ス ト ラ ン か ら 毎 日 、 豪 華 な 8 う に 両 親 た ち と 別 荘 へ 行 か な い の だ ろ う 。 北 欧 風 オ ー プ ン サ ン ド を 取 り 、 赤 い 花 の 咲 い て い る 庭 で 食 今 に し て 思 え ば 、 そ れ が 君 た ち の 言 う 〈 白 夜 の 孤 独 〉 と 事 を し た 。 君 た ち の 国 で 〈 ニ ッ ポ ン 〉 と 呼 ば れ る そ の ・ ハ ラ へ た し っ と び や く や

約束


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 視 線 。 「 自 分 」 で い た い た . ・ い こ と な ん て し て い な い ~ / ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ま 茅 野 泉 ◆ イ ラ ス ト / 苳 夜 え ま ◆ 瞳 は 中 学 3 年 生 。 他 校 か ら 赴 任 し ◆ て き た 担 任 の 吉 村 に 、 進 級 早 々 ◆ 目 を つ け ら れ て し ま う 。 も の わ か り の い い 先 生 を 装 っ た 吉 村 の 無 神 経 な 態 度 に い ら だ っ 瞳 。 2 人 の い さ か い は ク ラ ス に も 微 妙 な 影 を 落 と す 。 「 私 は 間 違 っ て な い 」 瞳 の 孤 独 な 戦 い が 始 ま っ た 。 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ . を 4 簽 ミ 、

世界一わかりやすい 英単語の授業


Answer 01 intentlonal[mténsanl] 形 意 図 的 な ③ わ ざ と す る 反 則 A 「 イ ン テ ン シ ョ ナ ル フ ァ ウ ル 」 と は 「 わ ざ と す る 反 則 」 で す 。 例 け wasn'tintentional. 「 わ ざ と し ゃ な か っ た ん だ 」 < 関 連 > intention 面 tén レ 司 「 意 図 」 02A iSO ー a 物 on 面 s n ] 孤 立 ① 孤 立 さ せ る 「 ア イ ソ レ ー シ ョ ン 」 と い う 戦 術 は 「 1 人 だ け 孤 立 し た よ う に 攻 撃 を し か け る 戦 術 」 で す 。 ボ ク は バ ス ケ の マ ン ガ で 覚 え ま し た 。 例 feelings of isolation 「 孤 独 感 」 < 関 連 > isolate [ålSOIélt] 団 「 孤 立 さ せ る 」 03 diVISIon 分 割 ① 分 割 さ れ た 地 域 A ア メ リ カ は 広 い で す か ら 、 NBA の チ ー ム は 「 地 域 こ と に 分 割 さ れ て 」 試 合 を し ま す 。 そ れ そ れ の 分 割 さ れ た 地 区 を division と 呼 ん で い ま す 。 例 the division of labor 「 分 業 」 < 関 連 > divide [dlvåld] 団 「 分 割 す る 」 S 」 一 、 ス ポ ー ツ か ら 覚 え る 245

文藝 2015年 summer


2 330 8 230 【 新 連 載 】 【 掌 篇 シ リ ー ズ 】 古 川 日 出 男 糸 機 内 灯 が 消 え た / サ マ 1 レ イ ン / 百 年 草 ・ 卒 塔 婆 小 町 少 年 は 守 ら 、 四 歳 児 は 戦 い 、 老 女 優 は 語 る 。 と ら ど ら の 糸 で 編 れ る 、 小 さ な 物 語 た ち 松 田 青 子 4 少 年 と い う 名 の メ カ / ポ ン ド / 金 / あ な た の 好 な 少 女 が ら い 物 語 た ち が 、 縦 横 無 尽 に 駆 け 巡 る 一 期 一 会 の 掌 篇 シ リ ー ズ 、 開 幕 ! 【 短 篇 シ リ ー ズ 】 山 内 マ リ コ 選 ん だ 孤 独 は よ 〕 孤 独 男 子 は 街 か ら 出 な い そ の 「 孤 独 」 は 、 ど こ か で 誰 か を 満 た し て い る ー ー そ れ ぞ れ の 温 度 と 、 そ れ ぞ れ の あ り 方 【 鼎 談 】 横 尾 忠 則 >< 保 坂 犁 ( >< 磯 﨑 憲 一 郎 ア ト リ エ 会 議 一 一 〇 一 五 年 一 一 月 二 〇 日 4 し ゃ べ ら 移 ら ゆ く 〈 今 〉 を 語 ろ ? ー ー 画 家 と 作 家 の 愉 快 な 対 話 【 連 載 完 結 】 。 岸 本 佐 知 子 編 コ ド モ ノ セ カ イ 最 終 回 ジ イ ス ・ キ ャ ロ ル ・ オ ー ツ 「 追 跡 」 平 野 啓 一 郎 斎 藤 美 奈 子 成 田 龍 一 1980 年 代 再 亠 最 終 回 地 方 ・ フ 才 ク ・ ~ る め す 【 論 考 】 女 の 一 一 = ロ い ぶ ん , ー 鵐 外 と 漱 石 の あ 〔 だ で 小 説 に 、 日 記 に 、 手 紙 に 。 そ こ か し こ に 潜 む 「 女 の 言 い ぶ ん 」 か ら 浮 か び 上 が る 新 た な 作 家 像 2

替歌研究


こ の 。 ハ ロ デ ィ 集 で 目 に つ く の は 七 七 七 五 の 一 一 十 六 文 字 の 歌 詞 で 、 「 ア ル プ ス 一 万 尺 」 「 デ カ ン シ ョ 節 」 「 ど ど い つ 」 「 ソ ー ラ ン 節 」 「 小 原 節 」 「 ト コ ト ン ヤ レ 節 」 と 、 自 由 に 歌 え る 替 歌 が 多 い こ と で あ る 。 オ デ コ が 広 い の 殿 様 バ ー ゲ で 後 ろ が な い の が 家 来 ハ ゲ ス ダ レ の 向 こ う に 三 日 月 見 え る は 月 食 ハ ゲ と も 人 は 呼 ぶ プ ラ ネ タ リ ュ ー ム に ジ ャ リ ッ パ ゲ 入 れ ば ど ち ら が 夜 空 か 頭 だ か ツ ル ッ パ ゲ お や じ の ト コ ヤ の 料 金 高 い ぞ お 毛 毛 の 探 し 賃 頭 の 上 に ゆ げ を た て て す ぐ に 怒 鳴 る の ヤ カ ン ハ ゲ オ リ ン ピ ッ ク で 優 勝 し た の か 月 桂 樹 じ ゃ な い カ ッ バ ハ ゲ 年 を 隠 し て か つ ら を か ー ぶ り 粋 に ス マ す は 見 栄 っ パ ゲ ハ ン ド ル 握 っ て お じ ぎ を す る の は ヘ ッ ド ラ イ ト の ハ ゲ と い 、 つ ハ ゲ た ハ ゲ だ と バ カ に す る な よ イ ン デ ィ ア ン と コ ジ キ に や ち ょ い と い な い ◆ 豪 気 節 ( 大 学 か ぞ え う た 替 歌 ) 一 時 と せ 一 流 大 学 あ き ら め て 深 夜 の ラ ジ オ を 友 と す る ( そ い つ は ご も っ と も そ い つ は お っ か れ さ ん ) 二 時 と せ 二 度 と 来 る ま い こ の 地 獄 孤 独 に 不 安 に 不 眠 ぜ め 678