検索 - みる会図書館

全データから 28967件見つかりました。
世界史の誕生 : モンゴルの発展と伝統

280 『集史』には、まだ全訳がない。次は、原本の第一巻だけのロシア語訳である。 L. A. Khetagurov, O. I. Smirnova tr. , R 房ミミミ S トミ 0 S ミ・ , Tom l, Kniga pervaya 陸 Kniga vtoraya. lzdatel'stvo Akademii Nauk SSSR, Moskva 年 Leningrad, 1952. なお、前出の The Successors 、 G ミ S K ミは、同じく『集史』の第一巻の、チンギス・ ーン ( 元朝の成宗皇帝 ) までの部分だけの英訳で ーンの息子たちからテムル・オルジェイト・ ある。 『フラーン・デブテル』には、次の日本語訳がある。 稲葉正就・佐藤長訳『フウラン・テプテルーチベット年代記ー』 ( 法蔵館、一九六四年 ) 『元朝秘史』は、十四世紀に、モンゴル語原文を漢字で音訳して漢訳を附した本が、明朝の太祖 洪武帝の命によって編纂刊行された。この本の音訳漢字を口 1 マ字化したのが、次のものである。 白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』 ( 東洋文庫、一九四一一年 ) 『元朝秘史』のモンゴル語原文からの全訳としては、原本が含む漢訳を除けば、次の一九〇六年 に完成した日本語訳が世界でもっとも古い。文体は擬古文である。 那珂通世訳注『成吉思汗実録』 ( 大日本図書、一九〇七年。筑摩書房、一九四三年 ) 「元朝秘史』のロ語体の日本語訳には、次のものがある。ただし正字体の漢字、歴史的仮名遣い を用いる。 小林高四郎訳注『蒙古の秘史』 ( 生活社、一九四〇年 ) もっとも手に入りやすい『元朝秘史』の日本語訳は、次のものである。擬古文とロ語文の折衷の

木田元の最終講義 : 反哲学としての哲学

172 『哲学の古典一〇一物語』新書館、一九九六年三月 『跚世紀思想事典』改訂第一一版 ( 栗原彬、野家啓一と共編 ) 三省堂、一九九七年一〇月 『人間学命題集』 ( 作田啓一ほかと共編 ) 新曜社、一九九八年四月 『日本の名随筆「哲学」』作品社、一九九八年一〇月 『現代思想フォーカス』新書館、二〇〇一年一月 『朝日キーワード 別冊「哲学」』朝日新聞社、一一〇〇一年五月 『知の攻略思想読本ハイデガー』作品社、二〇〇一年八月 『ハイデガー本菊』平凡社、二〇〇一年八月 『世紀思想家事典』誠信書房、一一〇〇一年一一月 『ハイデガーの知』新書館、二〇〇二年八月 『哲学者群像皿』新書館、一一〇〇三年五月 『太宰治滑稽小説集』みすず書房、一一〇〇三年五月 『一日一文』岩波書店、二〇〇四年一月 『哲学キーワード事典』新書館、二〇〇四年一〇月 その他 ・スタイナー『ハイデガー』生松敬三訳 ( 岩波同時代ライブラリ ー ) の新版序文の翻

いまに生きる古代ギリシア

究成果報告書 ) ・参考文献 ・メルクーリ ( 藤枝澪子・海辺ゆき子訳 ) 「ギリシアわが愛」合同出版 ( 古典文献 ) ・ルグレ ( 奥村賢訳 ) 「アンゲロプロス沈黙のパルチザン」フィルム ホメロス ( 松平千秋訳 ) 「イリアス」岩波文庫 アート社 ホメロス ( 松平千秋訳 ) 「オデュッセイア」岩波文庫 納富信留「哲学者の誕生ーソクラテスをめぐる人々」ちくま新書 へシオドス ( 松平千秋訳 ) 「仕事と日」岩波文庫 ・・・ロイド ( 川田殖訳 ) 「アリストテレスその思想の成長と構造」 へシオドス ( 廣川洋一訳 ) 「神統記」岩波文庫 みすず書房 イソップ ( 中務哲郎訳 ) 「イソップ寓話集」岩波文庫 ・ピショ ( 中村清訳 ) 「科学の誕生 ( 下 ) 」「ソクラテス以前のギリシア」 「ギリシア悲劇全集」人文書院、全 4 巻 せりか書房 「ギリシア喜劇全集」人文書院、全 2 巻 ・ダール ( 中村孝文訳 ) 「デモクラシーとは何か」岩波書店 「ギリシア悲劇全集」岩波書店、全昭巻 + 別巻 伊藤貞夫「古典期アテネの政治と社会」東大出版会 ヘロドトス ( 松平千秋訳 ) 「歴史」岩波文庫 橋場弦「丘の上の民主政古代アテネの実験」東大出版会 トウキュディデス ( 久保正彰訳 ) 「戦史」岩波文庫 プラトン ( 三嶋輝夫・田中享英訳 ) 「ソクラテスの弁明・クリトン」講談佐々木毅「よみがえる古代思想」講談社 藤縄謙三「ギリシア文化の創造者たち、社会史的考察」筑摩書房 社学術文庫 同「歴史の父ヘロドトス」新潮社 クセノフォン ( 佐々木理訳 ) 「ソークラテースの思い出」 . 岩波文庫 桜井万里子「ヘロドトスとトウキュディデスー歴史学の始まり」山川出版社 アリストテレス ( 村川堅太郎訳 ) 「アテナイ人の国制」岩波文庫 ヒボクラテス ( 大槻真一郎編訳 ) 「ヒボクラテス全集」全三巻、エンタブ・モース「社会学と人類学」弘文堂 ・ゲルナー「ムスリム社会』紀伊国屋書店 ライズ社 アポロドロス ( 高津春繁・高津久美子訳 ) 「ギリシア神話」講談社 D. FehIing, Die QueIIenangaben bei Herodot Berlin/New York, 1971. オウイデイウス ( 中村善也訳 ) 「変身物語」岩波文庫 (Herodotus and his ・ Sources' 】 Citation, lnvention and Narrative Art, tr. by J. G. Howie, Leeds, 1989 ) ( 研究、その他 ) R. Friedman, "Location and dislocation in Herodotus," in C. DewaId and 桜井万里子編「世界各国史ギリシア史」山川出版社 J. Marinc01a (eds. ) , The Cambridge Companion ( 0 Herod0tus, Cambridge, 2006. 桜井万里子・本村凌二「世界の歴史五ギリシアとローマ」中央公論社 桜井万里子・橋場弦編「古代オリンピック」岩波新書 F.Hartog, Le Miroir d'Hérod0te: Essai sur la représentation de l'autre, Paris, 1980. 西村賀子「ギリシア神話」中公新書 藤縄謙三「近代におけるギリシア文化の復興」藤縄謙三編「ギリシア文化 (The Mirror of Herodotus: The Representation 0f the Other in the Writing の遺産」南窓社 of History,t 「 . by J. LIoyd, Princeton, 1988 ) 木村健治「日本におけるギリシア・ローマ演劇上演史研究」 ( 科学研究費研 G. He 「 man, RituaIised Friendship 年 the G 「 eek City, Cambridge, 1987. 究成果報告書 ) G. E. R. LIoyd, Science, FoIkIore and IdeoIogy:Studies in the Life Science in 久保正彰「ギリシア悲劇とその時代」「ギリシア悲劇全集別巻 1 」岩波書店 Ancient Greece, Cambridge, 1983. 松本仁助、岡道男、中務哲郎編『ギリシア文学を学ぶ人のために」世界思 R. Thomas, Herod0tus in Context: Ethnography, Science and the Art or 想社 Persuasion, Cambridge, 2000 木村健治「日本におけるギリシア・ローマ演劇上演史研究」 ( 科学研究費研 190

いまに生きる古代ギリシア

メンテイウスの二人が、命を懸けて互いを信じ合うさまを見て、王の心も解けた、という物 語です。 ところで、この物語が古代ギリシアの物語であったことは、ご存知でしようか。この小説 の末尾には「古伝説と、シルレルの詩から」と出所が記されているように、太宰がこの小説 を書くきっかけは、シラーの詩「人質」を読んだことにあったようです。シラー ( 一七五九 5 一八〇五 ) は最近の日本ではあまり読まれていませんが、ドイツでは文豪ゲーテと並ぶ国 民的文学者として今なお愛読されているようです。もちろん日本でも、べートーヴェンの『第 九』の第四楽章「合唱」がシラーの詩に基づいていることは、よく知られています。 太宰はシラーの作品をよく読んでいたようで、『走れメロス』を書くきっかけとなったシ ラーの詩とは、一七九八年に作られた劇詩「人質、です ( 手塚富雄訳「人質〈ダーモンとピンチ アース〉」『シラー』筑摩世界文学大系第巻 ) 。そのシラーの詩が依拠したのが、古代ギリシアの 伝承だったのです。一八世紀後半のドイツでは、ヴィンケルマン ( 一七一七 5 六八 ) がギリシ あが せいひっ ア美術について「高貴なる単純と静謐なる偉大さ」と讃え、古代ギリシアを崇める「新古典 主義」が始まり、一九世紀にはその機運は、ギリシア独立戦争にまで結びついていきます。 シラーもまたそのようなギリシア愛好の精神運動の一翼を担い、それゆえ、古代ギリシアの 伝承を自分の詩に取り入れたのでしよう。ただしシラーは、ラテン語で書かれたギリシア神 話・伝承のアンソロジーを利用したようですが。 『走れメロス』の舞台となっているシラクサは、もちろんシチリア島のシュラクサイで、物

いまに生きる古代ギリシア

文書院から刊行されました。その翻訳を一瞥す れば、日本における西洋古典学は、このときす でに欧米の古典学と肩を並べるほどの高度なレ ヴェルに達していたことが、明らかです。その 後の人気は最初に述べたとおりです。高度に様 式化された形式の枠内で、人間存在の根本間題 ようしゃ が極限のところまで容赦なく暴かれ、吟味され るという、見るものに大きな重圧をかけてくる のがギリシア悲劇です。そこに、現在の人気の と「、しを - 劇理由があるのかもしれません。それが、日常生 活のなかに埋没されそうな現代人にとって、劇 場という閉鎖的であるだけに、深く解放される 空間において根源的な深部にまで降りていき、 その場に身を晒す経験のできる数少ない機会で あるからでしようか いちべっ 93 第 6 回演劇ー - プロバガンダの提示と事実の相対化

世界史の誕生 : モンゴルの発展と伝統

文体を用いる。 村上正二訳注『モンゴル秘史 3 』 ( 東洋文庫一六三・二〇九・二九四、平凡社、一 九七〇 5 一九七六年 ) 『元朝秘史』の著作の事情と年代については、次を見よ。 岡田英弘「元朝秘史の成立」 ( 『東洋学報』六六 ー一 5 四、一九八五年三月 ) 『蒙古源流』には、まだ日本語訳がない。モンゴル語原本の最良のものは次の「ウルガ本」であ Erich Haenisch, Eine U やよミ、ミ des ミ 0 go Geschichtswerks き Secen S g ( ミ ~ ミ Secen). Akademie ・ Verlag, Berlin, 1955. この「ウルガ本」に脱落している部分は、次の校訂本に収録されている。 C. Nasunbaljur, S ミ g secen E こぎ Tobci. Monumenta Historica, Tomus I. Ulan ・ bator, 1958. 「ウルガ本」の本文を口 1 マ字化して一語索引を附したものが次のものである。ただし全文の英 献訳と注解を含むはずの第三巻は、まだ刊行されていない。 考 lgor de Rachewiltz, John R. Krueger, E e こぎ Tobci ( cio ミ s S ミミき ) ) S ミ g 参 Secen, I II. FacuIty of Asian Studies, The Australian National University, Canberra, 1990 ー 1991. 『蒙古源流』のモンゴル語原文からの全訳には、今のところ次のドイツ語訳しかない。ただしこ る。

フランス文学と愛

第五章 エリザベ ート・バダンテール『母性という神話』鈴木晶訳、ちくま学芸文庫、一九九八年 フィリップ・アリエス『〈子供〉の誕生』杉山光信・杉山恵美子訳、みすず書房、一九八一年 『万葉集 ( 一 lh 佐竹昭広他校注、岩波文庫、二〇一三年 『ルーヴル美術館展ーー美の宮殿の子どもたち』国立新美術館、朝日新聞社事業本部文化事業部編、一一〇〇九年 ラブレー「ガルガンチュアーーガルガンチュアとパンタグリュエル 1 』宮下志朗訳、ちくま文庫、二〇〇五年 ラブレー『パンタグリュエルーーーガルガンチュアとパンタグリュエル 2 』宮下志朗訳、ちくま文庫、二〇〇六年 スクリーチ「ラブレ ! ーー笑いと叡智のルネサンス」平野隆文訳、白水社、二〇〇九年 セヴィニエ夫人「セヴィニエ夫人手紙抄』井上究一郎訳、岩波文庫、一九八七年 Madame de Sévigné, Correspondance, GaIIimard, «PIéiade», 3 vo 一こ 1973 ー 1978 ール」今野一雄訳、岩波文庫、上・下、一九六二年、一九六四年 パッサン「女の一生』永田千奈訳、光文社古典新訳文庫、一一〇一一年 ジャック・ルゴフ、アラン・コルバンほか「世界で一番美しい愛の歴史』小倉孝誠・後平隆・後平澪子訳、藤原書店、二〇〇四 年 Maupassant, 公 Ga お on. un bock!», C02 s no に . 尸 Gallimard,< 《 Pléiade 》》 , 1996 ゾラ「テレーズ・ラカン』宮下志朗訳〔サントプーヴへの手紙およびテーヌからの手紙の翻訳も収録〕、宮下志朗・小倉孝誠責 任編集「ゾラ・セレクション 1 初期名作集」藤原書店、二〇〇四年 ポール・ヴァレリー『精神の危機他十五篇』恒川邦夫訳、岩波文庫、二〇一〇年 ヴィクトル・ユーゴー「レ・ミゼラブル』豊島与志雄訳、岩波文庫、全四巻、一九八七年 ポードレール「ヴィクトール・ユゴー著『レ・ミゼラブル』書評」「ポードレール全集 2 文芸批評』阿部良雄訳、筑摩書房、一 九八四年 265 参考文献

チャタレイ夫人の恋人 : 完訳

完訳チャタレイ夫人の恋人

現代の哲学

託ャ 1 コプソン『一般言語学』 ( 川本監訳、みすず書房 ) ャーコプソン「失語症と言語学』 ( 服部監訳、岩波書店 ) オグデン / リチャーズ『意味の意味』 ( 石橋訳、べりかん社 ) ヴィゴッキー「言語と思考」 ( 柴田訳、明治図書 ) サピア / ウォーフ『文化人類学と言語学』 ( 池上訳、弘文堂 ) カッシーラー『シンポル形式の哲学』 ( 第一巻、生松・木田訳、第二、三巻近刊、岩波文庫 ) カッシーラー「人間』 ( 宮城訳、岩波書店 ) ランガー「シンボルの哲学』 ( 矢野ほか訳、岩波書店 ) ウエルナー / カプラン『シンボルの形成』 ( 柿崎監訳、ミネルヴァ書房 ) 丸山圭三郎「ソシュールの思想』 ( 岩波書店 ) 文化人類学および構造主義に関するものとしては デュルケム「宗教生活の原初形態』 ( 古野訳、岩波文庫 ) モース『贈与論』 ( 有地訳、勁草書房 ) レヴィプリュール「未開社会の思惟』 ( 山田訳、岩波文庫 ) レヴィストロース『悲しき熱帯』 ( 川田訳、中央公論社「世界の名著」所収 ) レヴィストロース「親族の基本構造』 ( 馬淵・田島監訳、番町書房 ) レヴィストロ 1 ス「構造人類学』 ( 荒川ほか訳、みすす書房 )

世界 2016年08月号

完訳論語 岩波書店 / 既刊・電子書籍・雑誌 ( 月刊・季刊 ) ほか ◎対話のなかに紡がれた、力強い肯定の思想ー , ~ 井波律子訳 「仁」とは誠実な思いやり、人間愛 のびやかにして剛毅、おおらかな楽観主 学 義と陽性の健やかさに満ちた、人間・孔 子。はつらっと弟子たちと語り合い、学頁 問や音楽を心から愛し、どんな不遇のど ん底でもユ 1 モアを失わずに生きぬいた、バ円書 力強い「肯定の思想」とは。今こそ新鮮 8 田 上 8 な大古典の魅力を存分に味わえる、必携判 2 六体劇 本国 評刊一の一冊。 好既 6 月の省デ書藉文庫・新亭ニア新亭科学ライプラリー少年文庫を毎月定期記信 / ・岩波文庫く 1 点 3 冊〉「風と共に去りぬ」 ( 1 ・ 2 ・ 3 ) マーガレットミッチェル / 荒このみ訳・・、価格 1 ・ 2 = 840 円 / 3 = 1020 円・岩波新書く 4 冊〉「ことばと思考」今井むつみ・・・価格 800 円「ガルプ レイスーアメリカ資本主義との格司伊東光晴・・・価格 800 円「学びとは何かーく探究人〉になるために」今井 、一むつみ・・・価格 800 円「 1 8 歳からの民主主義」岩波新書編集部編・・・価格 840 円・岩波ジュ ニア新書く 1 冊〉「知ろう食べよう世界の米」佐藤洋一郎・・・価格 82 。円・岩波科学ライ プラリーく 1 冊〉「数の発明」足立恒雄・・・価格 12 。。円・岩波少年文庫く 2 冊〉「ドリトル先 生と緑のカナリア」ヒュー・ロフティング作 / 井伏鱒二訳・・・価格 760 円「ドリトル先生の楽しい 家」ヒュー・ロフティング作 / 井伏鱒二訳・・・価格 720 円 * 6 月 1 6 日以降 . 順次配信 / 詳細は小社ホームページをこ覧ください / 表示価格は税別 * 8 頁のこ案内も合わせてこ覧ください 0 いつも . どこも『広辞苑』 ケータイ , スマートフォン , iPhone でも「広辞苑」がこ利用頂けます月額 = 100 円 ( 税別 ) http://kojien.mobi/ ※本案内中の各種のご案内に対してお送りいただいた個人情報は . 当該物の発送および小社のマーケティングに利用させていただきます . 23