検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第三十八巻 とはずがたり ㈠

完訳 日本の古典 第三十八巻 とはずがたり ㈠から 351件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第三十八巻 とはずがたり ㈠


完 訳 日 本 の 古 典 38 と は す が た り 一 久 保 田 淳 校 注 ・ 訳 り 0 小 学 館

完訳 日本の古典 第三十八巻 とはずがたり ㈠


完 訳 日 本 の 古 典 第 三 十 八 巻 と は す が た り 曰 昭 和 年 4 月 日 初 版 発 行 定 価 一 五 〇 〇 円 校 注 ・ 訳 者 久 保 田 淳 発 行 者 相 賀 徹 夫 印 刷 所 凸 版 印 刷 株 式 会 社 発 行 所 株 式 会 社 小 学 館 〒 東 京 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 一 一 ー 三 ー 振 替 口 座 東 京 八 ー 二 〇 〇 番 電 話 編 集 ( 〇 三 ) 一 一 三 〇 ー 五 六 六 九 業 務 ( 0 三 ) 二 三 0 ー 五 三 三 三 阪 売 ( 〇 三 ) 二 三 〇 ー 五 七 六 八 ・ 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 万 一 、 落 丁 ・ 乱 丁 な ど の 不 良 品 が あ り ま し た ら お と り か え い た し ま す 。 ・ 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 、 無 断 で 複 写 複 製 ( コ ピ ー ) す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 者 お よ び 出 版 者 の 権 利 の 侵 害 と な り ま す 。 あ ら か し め 小 社 あ て 許 諾 を 求 め て く だ さ い Printed in Japan ◎ Z. Kubota 1985 ( 著 者 検 印 は 省 略 ISB N 4 ・ 09 ・ 556038 , X い た し ま し た )

完訳 日本の古典 第三十八巻 とはずがたり ㈠


方 丈 記 神 田 秀 夫 ( 武 蔵 大 学 ) 日 本 の 古 典 」 全 巻 の 内 容 永 積 安 明 ( 神 戸 大 学 ) 徒 然 草 荻 原 浅 男 ( 千 葉 大 学 ) 国 古 事 記 国 国 と は ず ・ が た り ・ CÜ 久 保 田 淳 ( 東 京 大 学 ) 小 島 憲 之 ( 大 阪 市 立 大 学 ) 佐 竹 昭 広 ( 成 城 大 学 ) 圄 ー 萬 葉 集 木 下 正 俊 ( 関 西 大 学 ) 囮 回 宇 治 拾 遺 物 語 圄 品 早 稲 田 大 学 ) 中 田 祝 夫 ( 筑 波 大 学 ) 回 日 本 霊 異 記 市 古 貞 次 ( 東 京 大 学 ) 国 ー 平 家 物 語 小 沢 正 夫 ( 中 京 大 学 ) 回 古 今 和 歌 集 囮 謡 曲 集 三 道 小 山 弘 志 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 佐 藤 健 一 郎 ( 武 蔵 野 美 術 大 学 ) 表 章 ( 法 政 大 学 ) 竹 取 物 語 囮 謡 曲 集 0 風 姿 花 伝 佐 藤 喜 久 雄 ( 学 習 院 大 学 ) 片 桐 洋 一 ( 大 阪 女 子 大 学 ) 福 井 貞 助 ( 静 岡 大 学 ) 回 伊 勢 物 語 北 川 忠 彦 ( 京 都 女 子 大 学 ) 安 田 章 ( 京 都 大 学 ) 松 村 誠 一 ( 成 蹊 大 学 ) 囮 狂 言 集 土 佐 日 記 大 島 建 彦 ( 東 洋 大 学 ) 御 伽 草 子 集 木 村 正 中 ( 学 習 院 大 学 ) 伊 牟 田 経 久 ( 鹿 児 島 大 学 ) 回 蜻 蛉 日 記 好 色 一 代 男 康 降 ( 早 稲 田 大 学 ) 松 尾 聰 ( 学 習 院 大 学 ) 永 井 和 子 ( 学 習 院 大 学 ) 回 囮 枕 草 子 冒 好 色 五 人 女 東 明 雅 ( 信 州 大 学 ) 阿 部 秋 生 ( 実 践 女 子 大 学 ) 今 井 源 衛 ( 梅 光 女 学 院 大 学 ) 国 回 ー 源 氏 物 語 田 好 色 一 代 女 和 泉 式 部 日 記 藤 岡 忠 美 ( 神 戸 大 学 ) 谷 脇 理 史 ( 筑 波 大 学 ) 国 日 本 永 代 蔵 中 野 幸 一 ( 早 稲 田 大 学 ) 紫 式 部 日 記 大 養 廉 ( お 茶 の 水 女 子 大 学 ) 万 の 文 反 古 更 級 日 記 神 保 五 彌 ( 早 稲 田 大 学 ) 世 間 胸 算 用 鈴 木 一 雄 ( 明 治 大 学 ) 夜 の 寝 覚 冒 井 本 農 一 ( 実 践 女 子 大 学 ) 中 村 俊 定 ( 早 稲 田 大 学 ) 図 芭 蕉 句 集 堀 信 夫 ( 神 戸 大 学 ) 堀 切 実 ( 早 稲 田 大 学 ) 堤 中 納 言 物 語 稲 賀 敬 一 一 ( 広 島 大 学 ) 栗 山 理 一 ( 成 城 大 学 ) 久 保 木 哲 夫 ( 都 留 文 科 大 学 ) 芭 蕉 文 集 ・ 去 来 抄 顰 ( 実 践 女 子 大 学 ) 無 名 草 子 森 修 ( 大 阪 市 立 大 学 ) 鳥 越 文 蔵 ( 早 稲 田 大 学 ) 国 橘 健 二 ( 岐 阜 女 子 大 学 ) 近 松 門 左 衛 門 集 四 大 鏡 冒 雨 月 物 語 高 田 衛 ( 都 立 大 学 ) 今 昔 物 語 集 吉 馬 淵 和 夫 ( 中 央 大 学 ) 国 東 文 麿 ( 早 稲 田 大 学 ) 中 村 博 保 ( 静 岡 大 学 ) 本 朝 世 俗 部 今 野 達 ( 横 浜 国 立 大 学 ) 春 雨 物 語 新 間 進 一 ( 青 山 学 院 大 学 ) 国 梁 塵 秘 抄 国 蕪 村 集 ・ 一 茶 集 黯 理 一 ( 成 城 大 学 ) CÜ 峯 村 文 人 ( 国 際 基 督 教 大 学 ) 曰 ロ 山 本 健 吉 ( 文 芸 評 論 家 ) 国 国 新 古 今 和 歌 集 当 可 古 典 詞 華 集 松 田 成 穗 ( 金 城 学 院 大 学 ) 石 埜 敬 子 ( 跡 見 学 園 短 期 大 学 ) 丸 山 一 彦 ( 字 都 宮 大 学 ) 松 尾 靖 秋 ( 工 学 院 大 学 ) 増 古 和 子 ( 上 野 学 園 大 学 )

完訳 日本の古典 第三十八巻 とはずがたり ㈠


317 巻 か え っ て 退 出 し た 後 は 、 考 え て 気 持 も 慰 ま る よ う で は あ っ 抱 く こ と は あ る ま い 」 と 多 く の 年 々 お 約 束 な さ っ た の に 、 た も の の 、 八 月 九 月 の 、 古 詩 に 言 う よ う に 、 本 当 に 秋 の 夜 ど う し て こ の よ う な こ と に な る の だ ろ う か と 思 う と 、 ち ょ た ま く ら こ と き め た っ と の 間 に も 死 ん で し ま い た い と 、 心 一 つ に 思 う か い も な 長 の 寝 覚 め に は 、 千 声 万 声 の 砧 の 音 も 、 わ た し の 手 枕 を 言 問 う か と 悲 し く 、 空 を 渡 っ て 行 く 雁 の 涙 も 「 物 思 ふ 宿 ( 物 く て 、 車 さ え 待 ち 受 け て い た の で 、 こ れ か ら ど こ へ で も 身 お ぎ う わ ば 思 い に 沈 ん で い る わ た し の 家 ) 」 の 荻 の 上 葉 を 尋 ね て 露 と な っ を 隠 し て し ま い た い と 思 う け れ ど も 、 事 の 訳 も 知 り た く て 、 た の か と 錯 覚 さ れ 、 明 か し 暮 し て そ の 年 の 末 に も な る と 、 二 条 町 の 兵 部 卿 の 家 へ 行 っ た 。 兵 部 卿 は 自 身 対 面 し て 、 「 い っ 死 ぬ 旧 年 を 送 り 新 年 を 迎 え る 準 備 も 、 何 の 張 合 い が あ っ て し ょ 〔 三 巴 閨 怨 を か こ っ う か 、 と て も す る 気 に は な れ な い の で 、 年 末 の 宿 願 で 、 祇 か わ か ら な い 老 い の 病 だ と 思 う 。 こ お ん し ゃ の 頃 に な っ て か ら は と く に 病 気 が ち で 心 細 い の で 、 そ な た 園 社 に 千 日 参 籠 し な け れ ば な ら な か っ た の を 、 今 ま で は 万 た か あ き の こ と も 、 故 大 納 言 も い な い か ら 、 気 の 毒 で 、 善 勝 寺 隆 顕 事 障 害 が 多 く て 籠 ら な か っ た の だ が 、 思 い 立 っ て 、 十 一 月 い わ し み ず お と こ や ま は ち ま ん ぐ う か ぐ ら 二 日 、 初 め の 卯 の 日 で 石 清 水 男 山 八 幡 宮 の 御 神 楽 が あ る の 程 度 の 者 さ え 亡 く な っ て 、 そ う で な く て も 気 の 毒 な と こ ろ に ま ず 参 詣 し た が 、 「 神 に 心 を ( 神 に 真 心 こ め て 祈 願 し な い 時 へ 、 東 二 条 院 か ら こ の よ う に お っ し や ら れ た の を 、 無 理 し 御 所 様 に お 仕 え し て い る の も は ば か り が あ る だ ろ う と 思 わ と て あ り ま せ ん ) 」 と 詠 ん だ 人 の こ と も 思 い 出 さ れ て 、 い つ も た だ 神 に 頼 み を ゆ ふ だ す き か く る か ひ な き 身 を れ る の だ 」 と 言 っ て 、 手 紙 を 取 り 出 さ れ た の を 見 る と 、 ぞ 恨 む る 「 二 条 は 御 所 様 に お 仕 え し て 、 こ ち ら の 御 方 を な い が し ろ ゅ う だ す き ( わ た し は い つ も た だ 神 に 頼 み を か け 、 木 綿 襷 を 掛 け て お 祈 に 振 舞 う の が お も し ろ く な く 思 わ れ る の で 、 た だ ち に そ な り し て お り ま す け れ ど も 、 そ の か い も な い 身 の 不 運 を 恨 ん で た の 所 に 呼 び 出 し て 置 け 。 故 典 侍 大 も い な い か ら 、 そ な た お り ま す ) の ほ か に 指 図 を す べ き 人 も い な い の で 言 う の で あ る 」 な ど 、 ぎ お ん 七 日 の 参 籠 が 終 る と 、 そ の ま ま 祇 園 女 院 ご 自 身 で い ろ い ろ お 書 き に な っ た 手 紙 で あ る 。 〔 三 五 〕 法 華 講 讃 に 参 詣 し た 。 「 今 と な っ て は こ の 世 「 本 当 に 、 こ の う え は 無 理 に お 仕 え す べ き で は な い 」 な ど 、

完訳 日本の古典 第三十八巻 とはずがたり ㈠


149 巻 ( 現 代 語 訳 二 九 二 ハ ー ) わ ろ 悪 く う か が ひ し か 。 腹 の 中 に あ り し 折 も 、 心 も と な く 、 い っ か い っ か と 、 手 の ^ わ た し の 女 性 体 験 は 。 九 作 者 の 母 、 藤 原 ( 四 条 ) 隆 親 女 。 ↓ 三 五 ハ ー 注 一 四 。 内 な り し よ り 、 さ ば く り つ け て あ り し 」 な ど 、 昔 の 古 事 さ へ 言 ひ 知 ら せ た ま へ 一 0 藤 原 ( 大 炊 御 門 ) 冬 忠 。 内 大 臣 け ふ み し ほ ば 、 人 や り な ら ず 、 あ は れ も 忍 び が た く て 明 け ぬ る に 、 「 今 日 よ り 御 修 法 始 ま 家 嗣 の 男 。 文 永 五 年 ( 一 = 六 0 没 、 五 十 一 歳 。 だ ん し ょ 一 五 る べ し 」 と て 、 御 壇 所 い し い し ひ し め く に も 、 人 知 れ ず 心 中 に は 物 思 は し き 心 = 久 我 雅 忠 。 作 者 の 父 。 三 み つ と も な く 。 一 三 世 話 を し て い た の だ 。 地 す れ ば 、 顔 の 色 も い か が と 、 我 な が ら よ そ の 人 目 も わ び し き に 、 す で に 、 一 四 他 人 の せ い で は な く 、 自 分 の こ と で 。 「 御 参 り 」 と 言 ふ に も 、 つ れ な く 御 前 冫 。 こ ま べ る に も 、 御 心 の 内 、 い と わ び し 。 一 五 次 々 に 。 一 六 つ か ひ 常 に 御 使 に 参 ら せ ら る る だ に も 、 日 ご ろ よ り も 、 心 の 鬼 と 一 六 後 深 草 院 か ら 「 有 明 の 月 」 へ の 〔 四 〕 逃 れ ぬ 契 り か た し ょ や か や も せ む 方 な き 心 地 す る こ 、 レ い ま だ 初 夜 も ま だ し き ほ ど 宅 良 心 の 苛 責 。 一 ^ 奉 紙 ・ 鳥 の 子 ・ 檀 紙 な ど を 二 し ん ご ん ふ し ん を り が み っ 折 り し た も の 。 こ こ で は 消 息 用 真 言 の こ と に つ け て 、 御 不 審 ど も を 記 し 申 さ る る 折 紙 を 持 ち て 参 り た る に 、 一 九 「 面 影 の 霞 め る 月 ぞ 宿 り け る お も か げ か す け ふ そ く い つ よ り も 人 も な く て 、 面 影 霞 む 春 の 月 、 お ば ろ に さ し 入 り た る に 、 脇 息 に 寄 春 や 昔 の 袖 の 涙 に 」 ( 新 古 今 ・ 恋 二 俊 成 卿 女 ) を 引 く か ね ん じ ゅ ニ 0 彼 女 と 同 じ 世 に な い 身 に し て 三 り か か り て 、 念 誦 し た ま ふ ほ ど な り 。 く だ さ い 。 早 く 死 な せ て く だ さ い み た ら し が は 「 憂 か り し 秋 の 月 影 は 、 た だ そ の ま ま に と こ そ 、 仏 に も 申 し た り つ れ ど も 、 か 三 「 恋 せ じ と 御 手 洗 川 に せ し 禊 ぎ 神 は う け ず そ な り に け ら し も 」 ニ 0 ( 古 今 ・ 恋 一 読 人 し ら す ) の 歌 を く て も い と 堪 へ が た く お ば ゆ る は 、 な ほ 身 に 代 ふ べ き に や 。 同 じ 世 に な き 身 に 引 く 。 「 神 も 」 と い う の は 前 の 「 仏 に も 」 と 対 を な す 。 な し た ま へ と の み 申 す も 、 神 も 受 け ぬ 禊 な れ ば 、 し か が は せ む 」 と て 、 し ば し た み そ ぎ し る ふ る ご と 使 い み そ

完訳 日本の古典 第三十八巻 とはずがたり ㈠


348 と は ず が た り 巾 發 一 0 一 第 指 貫 さ し た て -4 し 立 烏 帽 子 の う し ( 。 み さ し き 指 貫 か り ぎ 0 し り 狩 衣 の 尻 袖 括 か り ぎ 狩 衣 姿 ( 伴 大 納 言 絵 詞 ) 引 想 ( 闕 腋 ) 衛 の 小 ( 縫 腋 ) し た ょ 下 襲 の 裾 は び ら ^ 半 臂 の 襴 襴 ( 入 襴 ) 闕 腋 の 束 帯 姿 ( 春 日 権 現 霊 験 記 ) け っ て き ほ う え き 縫 腋 の 束 帯 姿 ( 年 中 行 事 絵 巻 )

完訳 日本の古典 第三十八巻 とはずがたり ㈠


一 六 後 深 草 院 の 妃 、 東 二 条 院 。 藤 出 で 来 て 、 い っ し か 女 院 の 御 方 ざ ま 、 心 よ か ら ぬ 御 気 色 に な り も て ゆ く よ り 、 原 公 子 。 よ が 宅 物 に 紛 れ た 有 様 で い た 。 い と ど も の す さ ま じ き 心 地 し な が ら 、 ま が よ ひ 居 た り 。 御 夜 離 れ と い ふ べ き に 一 ^ 院 が 訪 れ な い ま ま に 積 る 日 数 。 ひ か ず し あ ら ね ど 、 積 も る 日 数 も す さ ま じ く 、 ま た 参 る 人 の 出 だ し 入 れ も 、 人 の や う 一 九 取 持 ち 役 。 一 九 ニ 0 十 四 歳 で す で に 達 し た 現 実 へ み ち し ば に 子 細 が ま し く 申 す べ き な ら ね ば 、 そ の 道 芝 を す る に つ け て も 、 世 に 従 ふ は 憂 の あ き ら め の 心 を 記 す 。 一 = 「 な が ら へ ば ま た こ の ご ろ や き な ら ひ か な と の み お ば え つ つ 、 と に か く に 、 「 ま た こ の ご ろ や ば れ む 」 と し の ば れ む 憂 し と 見 し 世 ぞ 今 は 恋 し き 」 ( 新 古 今 ・ 雑 下 藤 原 清 輔 ) を の み お ば え て 明 け 暮 れ つ つ 、 秋 に も な り ぬ 。 一 三 事 実 は 前 年 の 文 永 七 年 九 月 。 ひ が し に で う の ゐ ん ご さ ん す み ご し ょ 八 月 に や 、 東 二 条 院 の 御 産 、 角 の 御 所 に て な る べ き に て あ ニ 三 文 永 八 年 に 四 十 歳 。 〔 九 〕 東 ニ 条 院 の 御 産 ニ 四 七 仏 薬 師 を 本 尊 と す る 修 法 。 一 宝 五 大 明 王 ( 中 央 不 動 、 南 方 軍 れ ば 、 御 年 も す こ し 高 く な ら せ た ま ひ た る う へ 、 さ き ざ き 荼 利 、 北 方 金 剛 夜 叉 、 東 方 降 三 世 、 だ い ほ ふ ひ ほ ふ の 御 産 も わ づ ら は し き 御 事 な れ ば 、 み な 肝 を つ ぶ し て 、 大 法 秘 法 残 り な く 行 な 西 方 大 威 徳 の 各 明 王 ) を 立 壇 に 祭 ニ 四 ニ 六 っ て 修 す る 法 。 し ち ぶ つ や く し ご だ ん み し ほ ふ げ ん え ん め い こ ん が , っ ゾ 」 う じ に よ ほ ふ あ い ぜ ん わ う ニ 六 普 賢 延 命 菩 薩 を 本 尊 と す る 修 は る 。 七 仏 薬 師 、 五 壇 の 御 修 法 、 普 賢 延 命 、 金 剛 童 子 、 如 法 愛 染 王 な ど そ 聞 こ ニ 九 法 。 ぐ ん だ り を は り の く に え し 。 五 壇 の 軍 荼 利 の 法 は 、 尾 張 国 に い つ も 勤 む る に 、 こ の 度 は こ と さ ら 御 心 毛 金 剛 童 子 を 本 尊 と す る 修 法 。 三 0 ニ ^ 愛 染 明 王 を 本 尊 と す る 修 法 。 じ ゃ う ま う ぎ た げ ん じ ゃ ざ し を 添 へ て と て 、 金 剛 童 子 の こ と も 、 大 納 言 申 し 沙 汰 し き 。 御 験 者 に は 常 = 九 雅 忠 の 知 行 国 。 軍 荼 利 法 の み な ら す 、 金 剛 童 子 の 修 法 に つ い て ぢ ゅ う ゐ ん そ う じ ゃ う も 雅 忠 が 費 用 を 負 担 し た 、 の 意 。 住 院 の 僧 正 参 ら る 。 三 0 良 尊 。 藤 原 良 経 の 男 。 常 住 院 は 三 井 寺 の 一 院 。 二 十 日 余 り に や 、 「 そ の 御 気 お は し ま す 」 と て ひ し め く 。 「 い ま い ま 」 と て 二 、 し さ い に よ う ゐ ん か た ニ 三 と し き も き そ く た び し ニ 0 ( 現 代 語 訳 一 一 一 六

完訳 日本の古典 第三十八巻 とはずがたり ㈠


3 凡 例 凡 例 一 、 本 書 は 、 現 在 の と こ ろ 孤 本 で あ る 宮 内 庁 書 陵 部 蔵 本 ( 五 冊 ) を 底 本 と し た 。 一 、 本 書 は 第 一 冊 、 第 二 冊 に 分 冊 し て お り 、 本 巻 第 一 冊 に は 、 主 に 宮 廷 社 会 に お け る 生 活 を 回 想 し た 巻 一 、 巻 二 、 巻 三 を 収 め る 。 一 、 底 本 は 、 正 確 に 活 字 化 す る べ く 努 め た が 、 読 み や す さ と 理 解 し や す さ へ の 配 慮 か ら 、 つ ぎ の よ う な 操 作 を 加 え た 。 適 宜 、 段 落 を 分 け て 改 行 し 、 内 容 上 の ま と ま り に 応 じ て 、 小 見 出 し を 新 設 し た 。 変 体 仮 名 を 通 行 の も の に 改 め 、 ま た 仮 名 づ か い は 歴 史 的 仮 名 づ か い に 統 一 し た 。 3 濁 点 ・ 半 濁 点 は 、 当 時 の 発 音 に 沿 っ て 施 し 、 ま た 、 句 読 点 お よ び 会 話 ・ 心 中 表 現 ・ 引 用 句 な ど に 「 ー を 付 し た 。 4 漢 字 を 仮 名 に 、 仮 名 を 漢 字 に 改 め た と こ ろ が あ る 。 当 字 や 異 体 字 も 通 行 の も の に 改 め た 。 助 動 詞 ・ 補 助 動 詞 は 、 お お む ね 仮 名 表 記 に 統 一 し た 。 助 動 詞 「 ら ん 」 「 け ん 」 「 ん 」 は 、 す べ て 「 ら む 」 「 け む 」 「 む 」 に 統 一 し た 。 7 動 詞 の 送 り 仮 名 は 活 用 語 尾 を 送 る こ と を 原 則 と し た 。 8 反 復 記 号 ( / 、 ゝ ) は 用 い ず 、 漢 字 一 字 の 場 合 の み 「 々 ー を 用 い た 。

完訳 日本の古典 第三十八巻 とはずがたり ㈠


155 巻 ( 現 代 語 訳 二 九 六 ハ ー ) は た ん か く て し ば し も 里 住 み せ ば 、 今 宵 に 限 る べ き こ と に し あ ら ざ り し に 、 こ の 暮 て 破 綻 し て ゆ く さ ま を 、 哀 感 を も っ て 語 る 。 九 い っ 治 る の か わ か ら な か っ た つ わ り 不 快 な 気 分 。 悪 阻 の 苦 し み を い う 。 秋 の 初 め に な り て は 、 い っ と な か り し 、 い 地 も お こ た り ぬ る 一 0 な お っ た が 。 〔 0 真 言 の 御 談 義 = 男 を 近 づ け て は な ら な い 程 度 し め ゅ に 、 「 標 結 ふ ほ ど に も な り ぬ ら む な 。 か く と は 知 り た ま ひ の 意 。 一 ニ 「 有 明 の 月 」 は 、 そ な た が ご 自 た よ 分 の 子 を 宿 し て い る と ご 存 じ か 。 た り や 」 と 仰 せ ら る れ ど も 、 「 さ も は べ ら ず 。 い つ の 便 り に か 」 な ど 申 せ ば 、 一 三 「 何 か そ れ に よ る べ き 。 よ る 「 何 事 な り と も 、 我 に は っ ゅ は ば か り た ま ふ ま じ 。 し ば し こ そ っ つ ま し く お ば べ き こ と な ら ず 」 と い う と こ ろ を 続 け て 言 っ た 文 脈 。 「 そ れ 」 は 前 の ち か ら な し ゆ く せ の が 「 つ つ ま し く お ば し め す 」 を 受 け る 。 し め す と も 、 カ 無 き 御 宿 世 、 逃 れ ざ り け る こ と な れ ば 、 な か な か 、 何 か そ れ に 何 も ご 遠 慮 な さ る べ き で は な い 。 よ る べ き こ と な ら ず な ど 、 申 し 知 ら せ む と 思 ふ そ 」 と 仰 せ ら る れ ば 、 何 申 し ゃ 一 四 自 身 に 関 す る こ と で あ る の に 、 い か に も 冷 静 に 判 断 す る 心 を 持 っ て い る 様 子 で あ ろ う と 、 の 意 か 。 る 方 な く 、 人 の 御 心 の 中 も さ こ そ と 思 へ ど も 、 「 い な 、 か な は じ 」 と 申 さ む に 「 数 な ら ぬ 身 を も 心 の 持 ち が ほ に つ け て も 、 な ほ も 心 を 持 ち 顔 な ら む と 、 我 な が ら 憎 き ゃ う に や と 思 へ ば 、 「 何 浮 か れ て は ま た 帰 り 来 に け り 」 ( 新 古 今 ・ 雑 下 西 行 ) を 念 頭 に 置 く か 。 、 一 と は 一 五 真 言 の 教 義 に 関 す る 講 義 。 三 と も よ き ゃ う に 御 計 ら ひ 」 と 申 し ぬ る よ り ほ か は 、 ま た 言 の 葉 も な し 。 『 五 代 帝 王 物 語 』 に も 、 後 嵯 峨 院 が し ん ご ん だ ん ぎ 「 止 観 の 御 談 義 」 を 行 っ た こ と が 記 そ の こ ろ 、 真 一 言 の 御 談 義 と い ふ こ と 始 ま り て 、 人 々 に 御 尋 ね な ど あ り し つ い さ れ 、 宮 廷 で 法 文 ( 仏 法 に 関 す る し 、 : っ ほ ふ も ん で に 、 御 参 り あ り て 、 四 、 五 日 御 伺 候 あ る こ と あ り 。 法 文 の 御 談 義 ど も 果 て て 、 文 章 ) の 講 義 の 盛 ん だ っ た こ と が 想 像 さ れ る 。 く こ ん は い ぜ ん 一 六 「 有 明 の 月 」 が 。 九 献 ち と 参 る 。 御 陪 膳 に さ ぶ ら ふ に 、 「 さ て も 、 広 く 尋 ね 、 深 く 学 す る に つ き れ に 、 「 と み の こ と あ り 」 と て 、 車 を 賜 は せ た り し か ば 、 参 り ぬ 。 か た さ と ず が く

完訳 日本の古典 第三十八巻 とはずがたり ㈠


と は ず が た り 174 と こ 一 九 品 往 生 で の 最 高 の 位 。 ↓ 一 ま に 言 ひ 契 り つ つ 、 「 形 は 世 々 に 変 は る と も 、 相 見 る こ と だ に 絶 え せ ず は 、 、 六 六 ハ ー 注 モ じ ゃ う ば ん じ ゃ う し ゃ う う て な わ ら や か な る 上 品 上 生 の 台 に も 、 と も に 住 ま ず は 物 憂 か る べ き こ 、 冫 い か な る 藁 屋 の ニ 「 世 の 中 は と て も か く て も 同 じ こ と 宮 も 藁 屋 も は て し な け れ 床 な り と も 、 も ろ と も に だ に あ ら ば と 思 ふ 」 な ど 、 夜 も す が ら ま ど ろ ま ず 語 ら ば 」 ( 新 古 今 ・ 雑 下 嬋 丸 ) 。 三 乳 母 の 家 の 方 に 。 四 わ た し の 宿 っ て い る 乳 母 の 家 。 ひ 明 か し た ま ふ ほ ど に 、 明 け 過 ぎ に け り 。 五 ご 当 人 。 「 有 明 の 月 ー を さ す 。 か き ね 六 「 有 明 の 月 」 の 突 然 の 死 と い う 出 で た ま ふ べ き 所 さ へ 垣 根 っ づ き の 主 が 方 ざ ま に 、 人 目 繁 け れ ば 、 包 む に つ 悲 し み の 直 前 の 静 け さ は 、 『 源 氏 け た る 御 有 様 も し る か る べ け れ ば 、 今 日 は 留 ま り た ま ひ ぬ る 、 そ ら 恐 ろ し け れ 物 語 多 顔 巻 で タ 顔 が 急 死 す る 直 前 の 叙 述 「 た と し へ な く 静 か な る し ゆ く し ょ ゅ ふ べ ど も 、 心 知 る 稚 児 一 人 よ り ほ か は 知 ら ぬ を 、 わ が 宿 所 に て も い か が 聞 こ え な す タ の 空 を な が め た ま ひ て 」 に 通 う 。 セ 出 雲 路 で 逢 っ た 際 の 後 朝 の 別 こ 、 ) ち む ね 、 ) と は ら む と 思 ふ も 、 胸 騒 が し け れ ど も 、 主 は さ し も お ば さ れ ぬ ぞ 、 言 の 葉 な き 心 地 れ を さ す 。 ↓ 一 〇 八 ハ ー 二 ~ 七 行 。 ^ 突 如 、 そ な た が 行 方 不 明 に な っ た と 聞 い た 時 に も 。 女 楽 事 件 で す る 。 六 作 者 が 行 方 不 明 と な っ た 時 の こ と 。 あ り あ け 今 日 は 日 暮 ら し の ど か に 、 「 憂 か り し 有 明 の 別 れ よ り に は 九 五 種 の 大 乗 仏 典 。 大 方 広 仏 華 三 三 〕 鴛 鴦 の 夢 厳 経 ・ 大 方 等 大 集 経 ・ 大 品 般 若 経 か た ・ 妙 法 蓮 華 経 ・ 大 般 涅 槃 経 。 か に 雲 隠 れ ぬ と 聞 き し に も 、 か こ っ 方 な か り し ま ま に 、 五 一 0 竜 樹 菩 薩 が 竜 宮 の 宝 蔵 を 開 き だ い じ よ う き ゃ う み づ ぐ き ひ と ま き ひ と も じ 部 の 大 乗 経 を 手 づ か ら 書 き て 、 お の づ か ら 水 茎 の 跡 を 、 一 巻 に 一 文 字 づ つ を 加 大 乗 経 典 を 得 た と い う 伝 え に よ る い ま ど た い ぐ わ ん へ て 書 き た る は 、 か な ら ず 下 界 に て 今 一 度 契 り を 結 ば む の 大 願 な り 。 い と う た = 数 え 方 に よ り 、 計 百 九 十 巻 、 ま た 二 百 五 巻 に な る と い う 。 し よ し ゃ た び だ び て あ る 心 な り 。 こ の 経 、 書 写 は 終 は り た る 、 供 養 を 遂 げ ぬ は 、 こ の 度 一 所 に 生 三 死 ん だ 後 、 遺 骸 が 荼 毘 に 付 さ げ か い め し あ る じ か た と ど も の う く や う 四 あ ひ み ひ と め し げ