検索 - みる会図書館

全データから 213080件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第三十七巻 方丈記 徒然草


完 訳 日 本 の 古 典 第 三 十 七 巻 方 丈 記 徒 殃 草 昭 和 引 年 3 月 引 日 初 版 発 行 定 価 一 七 〇 〇 円 校 注 ・ 訳 者 神 田 秀 夫 永 積 安 明 発 行 者 相 賀 徹 夫 印 刷 所 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 発 行 所 株 式 会 社 小 学 館 〒 期 東 京 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 二 ー 三 ー 振 替 口 座 東 京 八 ー 一 一 〇 〇 番 電 話 編 集 ( 〇 三 ) 二 九 二 ー 四 七 六 三 業 務 ( 〇 三 ) 二 三 〇 ー 五 三 三 三 阪 売 ( 〇 三 ) 二 三 〇 ー 五 七 三 九 ・ 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 万 一 、 落 丁 ・ 乱 丁 な ど の 不 良 品 が あ り ま し た ら お と り か え い た し ま す 。 ・ 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 、 無 断 で 複 写 複 製 ( コ ピ ー ) す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 者 お よ び 出 版 者 の 権 利 の 侵 害 と な り ま す 。 あ ら か し め 小 社 あ て 許 諾 を 求 め て く だ さ い 。 Printed in Japan ◎ H. Kanda Y. Nagazumi 一 986 ( 著 者 検 印 は 省 略 ISBN4 ・ 09 ・ 556037 ・ 1 い た し ま し た )

完訳 日本の古典 第三十七巻 方丈記 徒然草


方 丈 記 徒 然 草 小 学 館

完訳 日本の古典 第三十七巻 方丈記 徒然草


目 次 方 丈 凡 例 原 文 ・ 注 ・ 現 代 語 訳 ・ 解 説 長 明 略 年 譜 ・ 参 考 地 図 : 徒 然 草 凡 例 一 三 ロ 神 田 秀 夫 校 注 ・ 訳 永 積 安 明 校 注 ・ 訳 ー ヒ メ ヾ 2 日 メ く 丿 し ′ 、 一 ・ ヒ

完訳 日本の古典 第三十七巻 方丈記 徒然草


目 次 方 丈 凡 例 原 文 ・ 注 ・ 現 代 語 訳 ・ 解 説 長 明 略 年 譜 ・ 参 考 地 図 : 徒 然 草 凡 例 一 三 ロ 神 田 秀 夫 校 注 ・ 訳 永 積 安 明 校 注 ・ 訳 ー ヒ メ ヾ 2 日 メ く 丿 し ′ 、 一 ・ ヒ

完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡


完 訳 日 本 の 古 典 13 枕 草 子 二 松 尾 聰 永 井 和 子 校 注 ・ 訳

完訳 日本の古典 第四十九巻 御伽草子集


完 訳 日 本 の 古 典 49 御 伽 草 子 集 大 島 建 彦 校 注 ・ 訳 0

完訳 日本の古典 第十一巻 蜻蛉日記


完 訳 日 本 の 古 典 11 蜻 蛉 日 記 木 村 正 中 ・ 伊 牟 田 経 久 校 注 ・ 訳 0 ′ 〃 0 0

完訳 日本の古典 第三十七巻 方丈記 徒然草


斎 本 と 略 称 さ れ る 東 京 大 学 文 学 部 国 語 研 究 室 ・ 宮 内 庁 書 陵 部 そ の 他 に 所 蔵 の 伝 本 群 が あ る 。 従 来 、 流 布 本 系 統 の 内 に 含 め ら れ て き た が 、 形 式 的 に も 内 容 的 に も 独 自 な 本 文 が 認 め ら れ る と し て 、 近 来 は 独 立 の 幽 斎 本 系 草 統 と し て 評 価 さ れ て い る 。 本 書 の 特 色 も 「 校 訂 付 記 」 に 採 り 上 げ て 読 解 の 参 考 に し た と お り で あ る 。 然 以 下 、 『 徒 然 草 』 読 解 用 の 主 要 な 注 釈 書 、 参 考 文 献 解 説 ・ 研 究 書 等 を 発 行 年 月 順 に 列 記 す る 。 兼 好 法 師 家 集 西 尾 実 校 訂 昭 和 肥 岩 波 書 店 徒 然 草 解 釈 大 成 三 谷 栄 一 ・ 峯 村 文 人 昭 和 県 岩 崎 書 店 徒 然 草 通 釈 橘 純 一 上 ・ 中 昭 和 瑞 穂 書 院 下 徒 然 草 全 注 釈 安 良 岡 康 作 上 昭 和 肥 下 昭 和 昭 角 川 書 店 昭 和 炻 慶 文 堂 書 店 徒 然 草 ( 日 本 古 典 文 学 全 集 所 収 ) 永 積 安 明 昭 和 恥 つ れ / \ 草 山 田 孝 雄 昭 和 毬 宝 文 館 学 館 徒 然 草 総 索 引 時 枝 誠 記 昭 和 至 文 堂 ( 昭 和 昭 改 訂 版 ) 徒 然 草 研 究 序 説 桑 原 博 史 昭 和 引 明 治 書 院 徒 然 草 ( 日 本 古 典 集 成 所 収 ) 木 藤 才 蔵 昭 和 新 潮 社 徒 然 草 ( 附 兼 好 自 撰 歌 集 ) 冨 倉 徳 次 郎 昭 和 引 開 文 社 と は ず が た り ・ 徒 然 草 ・ 増 鏡 新 見 宮 内 三 一 一 郎 昭 和 明 治 書 院 方 丈 記 徒 然 草 ( 日 本 古 典 文 学 大 系 西 尾 実 昭 和 徒 然 草 を 読 む 永 積 安 明 昭 和 岩 波 書 店 岩 波 書 店 兼 好 発 掘 林 瑞 栄 昭 和 筑 摩 書 房 徒 然 草 諸 注 集 成 田 辺 爵 昭 和 右 文 書 院 ト 部 兼 好 冨 倉 徳 次 郎 昭 和 吉 川 弘 文 堂 徒 然 草 文 学 の 世 界 西 尾 実 昭 和 法 政 大 学 出 版 局

現代日本の文学 18 石川 淳 集


三 十 九 歳 い 」 「 タ ル チ ュ フ 」 「 小 人 愛 銭 」 訳 を 逐 次 刊 行 。 八 月 、 「 偶 感 」 を 「 作 昭 和 十 三 年 ( 一 九 三 八 ) 品 」 に 、 十 月 、 カ ミ イ = ・ モ オ ク レ = ル 「 ラ ル メ の 美 学 」 訳 を 一 月 、 「 ル ス の 歌 、 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 こ の 作 品 の 反 軍 国 調 に 「 新 詩 論 」 第 三 輯 に 、 十 一 月 、 「 「 背 徳 者 」 訳 文 の 脱 字 」 を 「 作 品 」 よ っ て 、 同 誌 は 発 禁 処 分 に あ っ た 。 五 月 、 「 曾 呂 利 咄 」 を 「 文 芸 汎 に 、 十 二 月 、 ジ イ ド 「 マ ッ ク ス ・ ス テ ィ ル ネ ル と 個 人 主 義 , 訳 お よ 論 」 に 発 表 。 四 十 歳 び ジ イ ド 「 ニ イ チ ェ 」 訳 を 「 思 想 と 随 想 」 ( 小 山 書 店 刊 ) に 、 そ れ 昭 和 十 四 年 ( 一 九 三 九 ) ぞ れ 寄 稿 。 三 月 、 「 白 描 」 を 「 長 篇 文 庫 」 ( 三 笠 書 房 ) に 連 載 、 九 月 に 完 結 。 四 十 一 歳 昭 和 十 五 年 ( 一 九 四 〇 ) 昭 和 九 年 ( 一 九 三 四 ) 三 十 五 歳 二 月 、 「 ジ イ ド の 日 記 に つ い て 」 を 「 作 品 」 に 、 六 月 、 「 Nadja に ふ 三 月 、 「 短 篇 小 説 の 構 成 」 を 「 現 代 文 章 講 座 」 ( 三 笠 書 房 刊 ) 第 一 巻 れ て 」 を 「 作 品 」 に 、 七 月 、 「 モ ン テ ェ ニ 、 の 「 徳 」 に つ い て 」 を に 、 「 悪 文 の 継 力 」 を 同 巻 月 報 に 寄 稿 。 五 月 、 「 文 章 の 形 式 と 内 容 」 「 文 体 」 ( モ ン テ ー ニ ュ 研 究 号 ) に 、 十 二 月 、 「 年 齢 に つ い て 」 を 「 作 を 同 講 座 第 三 巻 に 寄 稿 。 六 月 、 「 白 描 」 を 三 笠 書 房 よ り 刊 行 。 四 十 一 一 歳 昭 和 十 六 年 ( 一 九 四 一 ) 品 」 に 寄 稿 。 昭 和 十 年 ( 一 九 三 五 ) 三 十 六 歳 三 月 、 「 渡 辺 崋 山 」 を 三 笠 書 房 よ り 刊 行 。 十 月 、 「 張 柏 端 。 を 「 文 五 月 、 小 説 処 女 作 「 佳 人 」 を 、 八 月 、 「 貧 窮 問 答 」 を 「 作 品 」 に 発 庫 」 に 、 十 一 月 、 「 外 と リ ル ケ 」 を 「 文 庫 」 に 発 表 。 十 二 月 、 「 森 表 。 十 月 、 「 葦 手 」 を 「 作 品 」 に 連 載 、 十 一 一 月 に 完 結 。 十 月 、 ラ ミ 外 」 を 三 笠 書 房 ( 現 代 叢 書 ) よ り 刊 行 。 四 十 三 歳 ュ ズ 「 悩 め る ジ ャ ン ・ リ ュ ッ ク 」 訳 ( 世 界 名 作 文 庫 ) を 春 陽 堂 よ り 昭 和 十 七 年 ( 一 九 四 一 D 刊 行 。 三 月 、 「 蓮 酒 」 を 「 文 庫 」 に 発 表 。 四 月 、 雅 川 滉 と の 対 談 「 森 外 ー そ の 代 表 作 に つ い て 」 を 「 新 潮 」 に 掲 載 。 五 月 、 「 祈 と 祝 詞 と 昭 和 十 一 年 ( 一 九 三 六 ) 三 十 七 歳 一 月 、 「 山 桜 」 を 「 文 芸 汎 論 ー に 、 四 月 、 「 秘 仏 」 を 「 作 品 」 に 発 散 文 , を 「 現 代 文 学 」 に 発 表 。 七 月 、 「 雪 の は て 」 を 「 文 学 界 」 に 、 表 。 五 月 、 「 牧 野 信 一 を 悼 む 」 を 「 作 品 」 に 寄 稿 。 六 月 、 「 普 賢 」 を 「 散 文 小 史 、 一 名 、 歴 史 小 説 は よ せ 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 、 現 代 語 訳 「 作 品 」 に 連 載 、 九 月 に 完 結 。 十 一 一 月 、 「 古 風 な 話 」 を 「 文 芸 懇 話 日 本 古 典 叢 書 「 秋 成 ・ 綾 足 集 」 を 小 学 館 よ り 刊 行 。 八 月 、 「 渡 辺 崋 会 」 ( 横 光 利 一 編 集 号 ) に 寄 稿 、 「 知 ら れ ざ る 季 節 ー を 「 作 品 」 に 発 山 」 ( 少 年 た ち の た め の ) を 三 省 堂 よ り 刊 行 。 九 月 、 「 文 学 大 概 」 を 小 学 館 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 「 善 隣 の 文 化 に つ い て 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 こ の 年 、 他 に 「 一 休 咄 」 を 「 文 芸 汎 論 」 に 発 表 。 昭 和 十 ニ 年 ( 一 九 三 七 ) 三 十 八 歳 表 。 十 一 一 月 、 小 説 集 「 山 桜 」 を 昭 南 書 房 よ り 刊 行 。 こ の 年 、 他 に 三 月 、 「 普 賢 」 を 版 画 荘 よ り 刊 行 。 「 普 賢 」 に よ り 第 四 回 芥 川 賞 を 受 「 鉄 拐 」 の 作 が あ る 。 四 十 四 歳 賞 。 受 賞 の 弁 「 感 銘 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 寄 稿 。 四 月 、 「 作 品 」 誌 の 昭 和 十 八 年 ( 一 九 四 三 ) 「 普 賢 」 受 賞 記 念 号 特 集 に 感 想 「 礼 義 ー を 寄 稿 。 六 月 、 「 千 羽 鶴 」 を 三 月 、 「 江 戸 人 の 発 想 法 に つ い て 」 を 「 思 想 」 に 、 コ 一 葉 亭 四 迷 ー を 「 近 代 日 本 文 学 研 究 ( 明 治 文 学 作 家 論 上 ) 」 ( 小 学 館 刊 ) に 発 表 。 九 「 若 草 」 に 、 十 月 、 「 履 霜 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。

完訳 日本の古典 第二十巻 源氏物語 ㈦


完 訳 日 本 の 古 典 20 源 氏 物 語 七 阿 部 秋 生 ・ 秋 山 虔 ・ 今 井 源 衛 ・ 鈴 木 日 出 男 校 注 ・ 訳 0 ′ ク 0 0 0 小 学 館