検索 - みる会図書館

全データから 93272件見つかりました。
世界史の誕生 : モンゴルの発展と伝統

280 『集史』には、まだ全訳がない。次は、原本の第一巻だけのロシア語訳である。 L. A. Khetagurov, O. I. Smirnova tr. , R 房ミミミ S トミ 0 S ミ・ , Tom l, Kniga pervaya 陸 Kniga vtoraya. lzdatel'stvo Akademii Nauk SSSR, Moskva 年 Leningrad, 1952. なお、前出の The Successors 、 G ミ S K ミは、同じく『集史』の第一巻の、チンギス・ ーン ( 元朝の成宗皇帝 ) までの部分だけの英訳で ーンの息子たちからテムル・オルジェイト・ ある。 『フラーン・デブテル』には、次の日本語訳がある。 稲葉正就・佐藤長訳『フウラン・テプテルーチベット年代記ー』 ( 法蔵館、一九六四年 ) 『元朝秘史』は、十四世紀に、モンゴル語原文を漢字で音訳して漢訳を附した本が、明朝の太祖 洪武帝の命によって編纂刊行された。この本の音訳漢字を口 1 マ字化したのが、次のものである。 白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』 ( 東洋文庫、一九四一一年 ) 『元朝秘史』のモンゴル語原文からの全訳としては、原本が含む漢訳を除けば、次の一九〇六年 に完成した日本語訳が世界でもっとも古い。文体は擬古文である。 那珂通世訳注『成吉思汗実録』 ( 大日本図書、一九〇七年。筑摩書房、一九四三年 ) 「元朝秘史』のロ語体の日本語訳には、次のものがある。ただし正字体の漢字、歴史的仮名遣い を用いる。 小林高四郎訳注『蒙古の秘史』 ( 生活社、一九四〇年 ) もっとも手に入りやすい『元朝秘史』の日本語訳は、次のものである。擬古文とロ語文の折衷の

長谷川伸全集〈第7巻〉

布立曾 458U9 長谷川伸全集第七巻 相楽総三とその同志はか 全十六巻・第十回配本 一三〇〇円 昭和四十六年十二月十五日発行 著者長谷川仲 発行者朝日新聞社角田秀雄 印刷所凸版印刷 発行所朝日新聞社 東京大阪北九州名古屋 装幀原弘 帯挿画岩田専太郎 6 0393 ー 240107 ー 0042

長谷川伸全集〈第15巻〉

当市立、、 . 4581 ? 長谷川伸全集第十五巻 戯曲 - 臉の母ほか 全十六巻・第三回配本 一三〇〇円 昭和四十六年五月十五日発行 著者長谷川伸 発行者朝日新聞社角田秀雄 印刷所凸版印刷れ 発行所朝日新聞社 東東大阪北九州名古屋 0 装幀原弘 帯挿画岩田専太郎◎ 0393 ー 240 ⅱ 5 ー 0042

世界 2016年07月号

6 0 はじめよう、極上の読書朝 2 6 点・釦冊】・出庫日 5 月日 名著・名作再発見 庫 文 新版きけわだつみのこえー日本戦没学生。手記 波学問のす、め 岩 日本戦没学生記念会編・ : 福沢諭吉 : ・ ・ : 本体円 中江兆民三酔人経綸問答君たちはどう生きるか 桑原武夫・島田虔次訳・校注 : 吉野源三郎 : 武士道 忘れられた日本人 新渡戸稲造 / 矢内原忠雄訳 : ・ チベット仏教王伝↓ , 彡女ポ物語 ・ : 宮本常一 : ソナム・ギエルツェン / 今枝由郎監訳 : ・ イスラーム文化ーその根柢にあるもの 代表的日本人 饗宴 内村鑑三 / 鈴木範久訳 : ・ ・ : 卸井筒俊彦 : ・ プラトン / 久保勉訳 : ・ 超国家主義の論理と心理他八篇 人 ド ルソー社会契約論 丸山眞男 / 古矢旬編 : ・ 桑原武夫・前川貞次郎訳・・ ラッセル幸福論 高田真治・後藤基巳訳 : : 安藤貞雄訳・ : 一 6 ① 店貧乏物語 旧約聖書創世記 書 河上肇 / 大内兵衛解題 : ・ : 金谷治訳注 : ・ ・ : 関根正雄訳・ : 波 岩 ロウソクの科学 中国史田下 日本的霊性 ファラデー / 竹内敬人訳 : 宮崎市定・・ : 朝鈴木大拙 / 篠田英雄校訂 : 2016 年 岩波文庫 フェア 青 1193 、を 0 の強 ( 第物 0 、物ー 00 第、 青 498 生〈叩とは何かー物理的にみた生細胞 シュレーディンガー / 岡小天・鎖目恭夫訳・ : 卸 古今和歌集 佐伯梅友校注 : 西行全歌集 久保田淳・吉野朋美校注 : ・ こころ 夏目漱石 : ・ 夏目漱石作 こころ 病牀六尺 正岡子規 : ・ にごりえたけくらべ 樋口一葉 : ・ 夜叉ケ池・天守物語 : ・泉鏡花・ : 銀の匙 : ・中勘助・ :

長谷川伸全集〈第6巻〉

市立夢 45808 長谷川伸全集第六巻 上杉太平記ほか 全十六巻・第十三回配本 一二〇〇円 昭和四十七年三月十五日発行 著者長谷川伸 発行者朝日新聞社角田秀雄 印刷所凸版印刷 発行所朝日新聞社 東京大阪北九州名古屋 0 装幀原弘 帯挿画岩田専太郎◎ 0393-240106 042

長谷川伸全集〈第11巻〉

市、立朝 45813 長谷川伸全集第十一巻 股旅の跡ほか 全十六巻・第十一回配本 一三〇〇円 昭和四十七年一月十五日発行 著者長谷川伸 発行者朝日新聞社角田秀雄 印刷所凸版印刷 発行所朝日新聞社 東京大阪北九州名古屋 装幀原弘 帯挿画岩田専太郎◎

長谷川伸全集〈第13巻〉

当市立匆 45815 長谷川伸全集第十三巻 短篇—夜もすがら検校ほか 全十六巻・第八回配本 一二〇〇円 昭和四十六年十月十五日発行 著者長谷川伸 発行者朝日新聞社角田秀雄 印刷所凸版印刷 発行所朝日新聞社 東京大阪北九州名古屋 0 装幀原弘 帯挿画岩田専太郎◎

長谷川伸全集〈第16巻〉

〔小説〕百番目の女 ( 「オール読物』三月号 ) 高橋お伝の血 ( 「キン 昭和三十四年 ( 一空九 ) 七十五歳 グ』八月夏の読切小説集 ) 新日本捕虜志その劇は週刊朝日』八月一月五日夜、「私の秘密」テレビ) の対面で、五十四年ぶり・ に国府台野砲兵第一連隊補充大隊時代の友人 ( 笹本正時 ) に逢う。 十日特別号 ) 相手の眼で、とっさに昔の友人であることが判ったという。十月十 〔戯曲〕七九六名収容 ( 七月作未上演 ) 日夜、「人生はドラマだ」 (Z9>) の第一回、「長谷川伸」に出演 . 〔ラジオドラマ〕同じ奴 ( 六月八日夜 Z 市村羽左衛門・細川 する。 ちか子 ) 〔戯曲〕金百両如来 ( 「舞台』〈第二次〉四月号未上演、ただし作品 昭和三十ニ年 (IR") 七十三歳 一月十日、冬夏会 ( 勉強会 ) 発足。出席者は、土師清二、山岡荘そのものは昭和二十六年三月に完成していた ) 昭和三十五年 ( 一九六 0 ) 七十六歳 、村上元三、一尸川幸夫、鹿島孝一一、棟田博、玉川一郎、志智双 六、池波正太郎、邱永漢、赤江行夫、西川満。このころは、健康状久々に、大作「印度洋の常陸丸」の執筆にかかる。十月、二十六日・ 態があまりよくなかったにもかかわらず、二十六日会 ( 戯曲 ) 、新鷹会、新鷹会、冬夏会は、長谷川伸の喜寿の記念として「長谷川伸戯 会 ( 小説 ) 、冬夏会、八日会 ( ラジオドラマ ) などの勉強会が自宅で曲集』上、下を刊行した。この秋、紫綬褒章を辞退。 〔小説〕印度洋の常陸丸 (r 大衆文芸』一月号ー昭和三十六年二月・ 行われ、後進の指導、相談相手などで、ゆっくり療養するひまもな 号 ) かった。二月初旬から風邪ぎみだったのが悪化し、二月二十八日、 〔ラジオドラマ〕阿丁という名の万吉 ( 四月十六日夜 Z 松本 築地明石町聖路加病院に入院、治療の結果、三月二十三日退院し 幸四郎 ) た。内外タイムスに随筆「生きている小説」の連載をはじめる。 昭和三十六年 ( 一九六 D 七十七歳 〔小説〕三代目扇歌と女 ( 『週刊朝日』三月二十九日特別号 ) ガラ 永年にわたって資料を蒐集し、また小説としては最後の作品となっ シャ夫人由縁の母子 ( 『オール読物』十月号 ) 〔ラジオドラマ〕飛騨の旅笠 ( 九月六日夜松本幸四郎・水た「日本敵討ち異相」の執筆を始める。 〔小説〕日本敵討ち異相 ( 「中央公論』十二月号ー昭和三十七年十・ 谷八重子・市川中車・守田勘弥 ) 一一月号 ) 昭和三十三年 ( 一空 0 七十四歳 昭和三十七年 ( 一九六一 D 七十八歳 譜「わが一代記」 ( 一月二十・二十一・二十二日 Z X) 「絵本太閤記 の教科書」 ( 九月二十日 ) 「お便り有難う」 ( 十月二十一日文一月、大衆文学と演劇に尽した多年の功績と「長谷川伸戯曲集』 年化放送 ) 「随想あれこれ」 ( 十一一月八・九・十・十一日 ZXX) な ( 昭和三十五年十月上巻十二月下巻新小説社 ) の完成に対し 9 ど、ラジオ随筆を通じての活躍が目立った。また、各勉強会を通て、朝日新聞社より、「朝日文化賞」を贈られた。また、長谷川伸の じて、後進の創作指導と人づくりに心血をそそぐ。 最後の仕事となり、文字通り絶筆となった随筆「我が足許提灯の記い

チャタレイ夫人の恋人 : 完訳

新潮文庫 完訳 チャタレイ夫人の恋人 ロレ 伊藤 伊藤 新 潮 ンス 整訳 礼補訳 社

長谷川伸全集〈第12巻〉

市立 4581 ゑ 2 長谷川伸全集第十二巻 よこはま白話ほか g 全十六巻・第十五回配本 一三〇〇円 昭和四十七年五月十五日発行 著者長谷川伸 発行者朝日新聞社角田秀雄 印刷所凸版印刷 発行所朝日新聞社 1 東京大阪北九州名古屋 0 装幀原弘 帯挿画岩田専太郎◎