検索 - みる会図書館

全データから 28840件見つかりました。
世界史の誕生 : モンゴルの発展と伝統

280 『集史』には、まだ全訳がない。次は、原本の第一巻だけのロシア語訳である。 L. A. Khetagurov, O. I. Smirnova tr. , R 房ミミミ S トミ 0 S ミ・ , Tom l, Kniga pervaya 陸 Kniga vtoraya. lzdatel'stvo Akademii Nauk SSSR, Moskva 年 Leningrad, 1952. なお、前出の The Successors 、 G ミ S K ミは、同じく『集史』の第一巻の、チンギス・ ーン ( 元朝の成宗皇帝 ) までの部分だけの英訳で ーンの息子たちからテムル・オルジェイト・ ある。 『フラーン・デブテル』には、次の日本語訳がある。 稲葉正就・佐藤長訳『フウラン・テプテルーチベット年代記ー』 ( 法蔵館、一九六四年 ) 『元朝秘史』は、十四世紀に、モンゴル語原文を漢字で音訳して漢訳を附した本が、明朝の太祖 洪武帝の命によって編纂刊行された。この本の音訳漢字を口 1 マ字化したのが、次のものである。 白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』 ( 東洋文庫、一九四一一年 ) 『元朝秘史』のモンゴル語原文からの全訳としては、原本が含む漢訳を除けば、次の一九〇六年 に完成した日本語訳が世界でもっとも古い。文体は擬古文である。 那珂通世訳注『成吉思汗実録』 ( 大日本図書、一九〇七年。筑摩書房、一九四三年 ) 「元朝秘史』のロ語体の日本語訳には、次のものがある。ただし正字体の漢字、歴史的仮名遣い を用いる。 小林高四郎訳注『蒙古の秘史』 ( 生活社、一九四〇年 ) もっとも手に入りやすい『元朝秘史』の日本語訳は、次のものである。擬古文とロ語文の折衷の

世界 2016年07月号

6 0 はじめよう、極上の読書朝 2 6 点・釦冊】・出庫日 5 月日 名著・名作再発見 庫 文 新版きけわだつみのこえー日本戦没学生。手記 波学問のす、め 岩 日本戦没学生記念会編・ : 福沢諭吉 : ・ ・ : 本体円 中江兆民三酔人経綸問答君たちはどう生きるか 桑原武夫・島田虔次訳・校注 : 吉野源三郎 : 武士道 忘れられた日本人 新渡戸稲造 / 矢内原忠雄訳 : ・ チベット仏教王伝↓ , 彡女ポ物語 ・ : 宮本常一 : ソナム・ギエルツェン / 今枝由郎監訳 : ・ イスラーム文化ーその根柢にあるもの 代表的日本人 饗宴 内村鑑三 / 鈴木範久訳 : ・ ・ : 卸井筒俊彦 : ・ プラトン / 久保勉訳 : ・ 超国家主義の論理と心理他八篇 人 ド ルソー社会契約論 丸山眞男 / 古矢旬編 : ・ 桑原武夫・前川貞次郎訳・・ ラッセル幸福論 高田真治・後藤基巳訳 : : 安藤貞雄訳・ : 一 6 ① 店貧乏物語 旧約聖書創世記 書 河上肇 / 大内兵衛解題 : ・ : 金谷治訳注 : ・ ・ : 関根正雄訳・ : 波 岩 ロウソクの科学 中国史田下 日本的霊性 ファラデー / 竹内敬人訳 : 宮崎市定・・ : 朝鈴木大拙 / 篠田英雄校訂 : 2016 年 岩波文庫 フェア 青 1193 、を 0 の強 ( 第物 0 、物ー 00 第、 青 498 生〈叩とは何かー物理的にみた生細胞 シュレーディンガー / 岡小天・鎖目恭夫訳・ : 卸 古今和歌集 佐伯梅友校注 : 西行全歌集 久保田淳・吉野朋美校注 : ・ こころ 夏目漱石 : ・ 夏目漱石作 こころ 病牀六尺 正岡子規 : ・ にごりえたけくらべ 樋口一葉 : ・ 夜叉ケ池・天守物語 : ・泉鏡花・ : 銀の匙 : ・中勘助・ :

木田元の最終講義 : 反哲学としての哲学

172 『哲学の古典一〇一物語』新書館、一九九六年三月 『跚世紀思想事典』改訂第一一版 ( 栗原彬、野家啓一と共編 ) 三省堂、一九九七年一〇月 『人間学命題集』 ( 作田啓一ほかと共編 ) 新曜社、一九九八年四月 『日本の名随筆「哲学」』作品社、一九九八年一〇月 『現代思想フォーカス』新書館、二〇〇一年一月 『朝日キーワード 別冊「哲学」』朝日新聞社、一一〇〇一年五月 『知の攻略思想読本ハイデガー』作品社、二〇〇一年八月 『ハイデガー本菊』平凡社、二〇〇一年八月 『世紀思想家事典』誠信書房、一一〇〇一年一一月 『ハイデガーの知』新書館、二〇〇二年八月 『哲学者群像皿』新書館、一一〇〇三年五月 『太宰治滑稽小説集』みすず書房、一一〇〇三年五月 『一日一文』岩波書店、二〇〇四年一月 『哲学キーワード事典』新書館、二〇〇四年一〇月 その他 ・スタイナー『ハイデガー』生松敬三訳 ( 岩波同時代ライブラリ ー ) の新版序文の翻

フランス文学と愛

第五章 エリザベ ート・バダンテール『母性という神話』鈴木晶訳、ちくま学芸文庫、一九九八年 フィリップ・アリエス『〈子供〉の誕生』杉山光信・杉山恵美子訳、みすず書房、一九八一年 『万葉集 ( 一 lh 佐竹昭広他校注、岩波文庫、二〇一三年 『ルーヴル美術館展ーー美の宮殿の子どもたち』国立新美術館、朝日新聞社事業本部文化事業部編、一一〇〇九年 ラブレー「ガルガンチュアーーガルガンチュアとパンタグリュエル 1 』宮下志朗訳、ちくま文庫、二〇〇五年 ラブレー『パンタグリュエルーーーガルガンチュアとパンタグリュエル 2 』宮下志朗訳、ちくま文庫、二〇〇六年 スクリーチ「ラブレ ! ーー笑いと叡智のルネサンス」平野隆文訳、白水社、二〇〇九年 セヴィニエ夫人「セヴィニエ夫人手紙抄』井上究一郎訳、岩波文庫、一九八七年 Madame de Sévigné, Correspondance, GaIIimard, «PIéiade», 3 vo 一こ 1973 ー 1978 ール」今野一雄訳、岩波文庫、上・下、一九六二年、一九六四年 パッサン「女の一生』永田千奈訳、光文社古典新訳文庫、一一〇一一年 ジャック・ルゴフ、アラン・コルバンほか「世界で一番美しい愛の歴史』小倉孝誠・後平隆・後平澪子訳、藤原書店、二〇〇四 年 Maupassant, 公 Ga お on. un bock!», C02 s no に . 尸 Gallimard,< 《 Pléiade 》》 , 1996 ゾラ「テレーズ・ラカン』宮下志朗訳〔サントプーヴへの手紙およびテーヌからの手紙の翻訳も収録〕、宮下志朗・小倉孝誠責 任編集「ゾラ・セレクション 1 初期名作集」藤原書店、二〇〇四年 ポール・ヴァレリー『精神の危機他十五篇』恒川邦夫訳、岩波文庫、二〇一〇年 ヴィクトル・ユーゴー「レ・ミゼラブル』豊島与志雄訳、岩波文庫、全四巻、一九八七年 ポードレール「ヴィクトール・ユゴー著『レ・ミゼラブル』書評」「ポードレール全集 2 文芸批評』阿部良雄訳、筑摩書房、一 九八四年 265 参考文献

BASIC800で書ける! 理系英文 (サイエンス・アイ新書)

BA C800 の 和文英訳プロセス はつはつはつは 白紙にするだけじゃ だめじゃぞ、すずめ君 ! 当第ず い / この章では、 BAS ℃ 800 システムの 和文英訳プロセスを学ぶそ ! 1 原文解釈 2 和文和訳 3 訳語選択 4 構文選択 5 直訳・意訳・対応表現 6 英文の完成

フランス文学と愛

第一章 参考文献 ( 文中で引用ないし言及したものに限る ) はじめに トーマス・マン「魔の山」高橋義孝訳、新潮文庫、上・下、一九六九年 ヴォルテール『ルイ十四世の世紀』丸山熊雄訳、岩波文庫、全四巻、一九五八 5 一九八三年 アポストリデス「犠牲に供された君主ーールイ十四世治下の演劇と政治』矢橋透訳、平凡社、一九九七年 モリエール「シチリア人あるいは恋する絵描き秋山伸子訳、ロジェ・ギシュメール・廣田昌義・秋山伸子共編「モリエール全 集 6 」臨川書店、二〇〇一年 モリエール『滑稽な才女たち』秋山伸子訳、「モリエール全集 2 』臨川書店、一一〇〇〇年 Madeleine de Scudé「 y, 04 . ・ isto 一、 e き ma 、傘 Hono 「 6 Champion, 5 vo 一じ 200P2005 コルネイユ『ル・シッド』岩瀬孝訳、『コルネイユ名作集』白水社、一九七五年 ラシーヌ「フェードル・アンドロマック」渡辺守章訳、岩波文庫、一九九三年 Racine, CEuvres co p 希 s ト Gallimard, «Pléiade», 1999 モリエール「スガナレルあるいはコキュにされたと思った男』秋山伸子訳、「モリエール全集 2 』 モリエール「いやいやながら医者にされ」鈴木カ衛訳、岩波文庫、一九六一一年 モリエール「ドン・ジュアン」鈴木カ衛訳、岩波文庫、一九七五年 ジャンⅡルイ・フランドラン『性の歴史」宮原信訳、藤原書店、一九九二年 フランソワ・ルプラン「アンシアン・レジーム期の結婚生活藤田苑子訳、慶應義塾大学出版会、二〇〇一年 ポール・べニシュー「偉大な世紀のモラル フランス古典主義文学における英雄的世界像とその解体」朝倉剛・羽賀賢一一訳、法 政大学出版局、一九九三年 261 参考文献

世界 2016年08月号

創刊 3 年一 男の絆の比較文化史ー桜と少年 ー現代フランス郎の終焉、 : 本体 2500 円 佐伯顧子 : : 本体 2500 円 渡邊啓員・ 「幸せ」の経済学 私たちの声を議会へー代表制民主主義の再生童謡の近代ーメディアの変容と子ども文化 ・ : 本体 1700 円 橘木俊詔・ ・ : 本体 2500 円 周東美材・・ : 本体 2000 円 三浦まり : ・ 交響曲とオペラの 第ニ次世界大戦から 原典でよむ日本デモクラシー論集 コンサートという文化装置ー ヨーロッパ近代 インテリジェンスの世界史ー スノーデン事件まで : 本体 2100 円 堀真清編・ : 本体 2200 円 宮本直美・・ : 本体 2000 円 小谷賢 : いまを生きるための政治学 ん別一アロ国際社会はどう対処すればよいか : 本体 2100 円 山口ニ郎・ ◎自然科学・科学史 ・ : 本体 2000 円 金惠京 : 農業と人間食と農の未来を考える 円周率が歩んだ道 : ・本体 2100 円 生源寺眞一 : ◎文学・芸術 : ・本体 2100 円 上野健爾 : 人権をめぐる十五講ー現代の難問に挑む 変格探偵小説入門ー奇想の遺産 脳と機械をつないでみたらー品た : 本体 2400 円 辻村みよ子 : : 本体 1900 円 : 本体 2300 円 櫻井芳雄・ 谷口基・ 多文化であることとはー新しい市民社会 東アジア流行歌アワー ー交錯する音楽人科学をいまど、つるかー啓蒙から批評、 : 本体 2300 円 宮島喬・ ・ : 本体 2100 円 尾関章 : : 本体 2300 円 責志俊彦・ ~ 環境の経済史ー森林・市場・国家 中国医学と日本漢方ー医憲想の立場から 歌よみ人正岡子規齪ぬとも ・ : 本体 2100 円 斎藤修 ・ : 本体 2300 円 舘野正美 : : 本体 2300 円 復本一郎 : 西洋と日本 9 ・Ⅱ以後のイスラーム政治 図説人体イメージの変遷ー 川端康成魔界の文学 古代早リシャから現代まで : 本体 2300 円 本体 2100 円 小杉泰 : : 本体 2200 円 坂井建雄・ 富岡幸一郎・ 生活の質の データから読むアジアの幸福度 ー国篦較絵画の向こう側・ばくの内側ー棗、の旅人類発祥の地を求めてー最後のアフリカ行 ・ : 本体 2100 円 猪ロ孝 : ・ : 本体 1900 円 : 本体 2500 円 伊谷純一郎 / 伊谷原一編・ 横尾忠則 ゲノム科学への道ーノーベル賞講演でたどる 戦後韓国と日本文化「倭色」禁止から「韓流」まで特講漱石の美術世界 ・ : 本体 2200 円 : 本体 2400 円 金成蚊・ : 本体 2300 円 古田亮 : 憲法と知識人ー憲法問題研究会の軌跡 地球科学の開拓者たちー黯本 古典注釈入門ー歴史と技法 : ・本体 2300 円 : 本体 2300 円 邱静・ : 本体 2400 円 諏訪兼位 鈴木健一 : 占領空間のなかの文学痕跡・寓意・差異近代医学の先駆者ハンターとジジナー ジャーナリズムは再生できるか英国メディア ・ : 本体 1900 円 ・ : 本体 2400 円 山内一也 : : ・本体 2400 円 日高昭ニ : ・ 門奈直樹・ 19 4 5 ・、 2 015 クロニクル日本の原子力時代 徹底討論日本の政治を変えるこれまでとこれから俳人井月幕末維新風狂に死す ・ : 本体 2000 円 ・ : 本体 1900 円 ・ : 本体 2500 円 常石敬一 : 宮本太郎・山口ニ郎 : 北村皆雄・ 白居易と柳宗元混迷の世に生の讃歌をダーウインの遺産↓化耆のー 国勢調査日本社会の百年 ・ : 本体 2100 円 : 本体 2400 円 ・ : 本体 2100 円 渡辺政隆・ 下定雅弘 : 佐藤正広・・ 原典でよむタ . ゴール 原典でよむ世紀の平和思想 ・ : 本体 2600 円 : 本体 2300 円 森本達雄編訳 : ・ 小菅信子編・ 9- 2

フランス文学と愛

BaIzac, Une double ille, suivi du CO de m 譴 e et de ト - ゞ、 c ロ 0 ド Gallimard,< 《 f0ーー0 classique», 1973 Jean ・ Jacques Rousseau, Correspondance compléte . édition critique établie annotée pa 「内 . A. Leigh, 一ョ ti 日 musée V01taire, 「 . II ( 1744 ー 1754 ) , 1965 . IX (jurn-décembre 1761Y 1988 プラトン「国家』藤沢令夫訳、岩波文庫、上・下、一九七九年 ルソー「孤独な散歩者の夢想』今野一雄訳、岩波文庫、一九六〇年 ュゴー「ヴィクトル・ユゴー文学館第一巻詩集』辻昶・稲垣直樹・小潟昭夫訳、潮出版社、二〇〇〇年 Victor Hugo, に espoéご 9 に e t.l, Gallimard,< 《 Pléiade». 1964 バルザック「ゴリオ爺さん』高山鉄男訳、岩波文庫、上・下、一九九七年 ゾラ「居酒屋』古賀照一訳、新潮文庫、一九七一年 ジュール・ヴァレス『子ども』朝比奈弘治訳、岩波文庫、上・下、二〇一二年 ルナアル「にんじん』岸田国士訳、岩波文庫、一九七六年 柏木隆雄『イメージの狩人評伝ジュール・ルナール』臨川書店、一九九九年 プルースト「失われた時を求めて』鈴木道彦訳、集英社文庫ヘリテ 1 ジシリーズ、全一三巻、二〇〇六、一一〇〇七年 三島由紀夫「新恋愛講座三島由紀夫のエッセイ 2 』ちくま文庫、一九九五年 第六章 シモーヌ・ド・ポーヴォワール「おだやかな死』杉捷夫訳、紀伊國屋書店、一九九五年 エレーヌ・ド・ポーヴォワール「わが姉ポーヴォワール』福井美津子訳、平凡社、一九九一年 シモーヌ・ド・ポーヴォワール『娘時代』朝吹登水子訳、紀伊國屋書店、一九六一年 シモーヌ・ド・ポーヴォワール『女ざかり』朝吹登水子・二宮フサ訳、紀伊國屋書店、上・下、一九六三年 シモーヌ・ド・ポーヴォワール『決定版第二の性」『第二の性』を原文で読み直す会訳、新潮文庫、全三巻、二〇〇一年 サガン「プラームスはお好き』朝吹登水子訳、新潮文庫、一九六一年 266

世界史の誕生 : モンゴルの発展と伝統

文体を用いる。 村上正二訳注『モンゴル秘史 3 』 ( 東洋文庫一六三・二〇九・二九四、平凡社、一 九七〇 5 一九七六年 ) 『元朝秘史』の著作の事情と年代については、次を見よ。 岡田英弘「元朝秘史の成立」 ( 『東洋学報』六六 ー一 5 四、一九八五年三月 ) 『蒙古源流』には、まだ日本語訳がない。モンゴル語原本の最良のものは次の「ウルガ本」であ Erich Haenisch, Eine U やよミ、ミ des ミ 0 go Geschichtswerks き Secen S g ( ミ ~ ミ Secen). Akademie ・ Verlag, Berlin, 1955. この「ウルガ本」に脱落している部分は、次の校訂本に収録されている。 C. Nasunbaljur, S ミ g secen E こぎ Tobci. Monumenta Historica, Tomus I. Ulan ・ bator, 1958. 「ウルガ本」の本文を口 1 マ字化して一語索引を附したものが次のものである。ただし全文の英 献訳と注解を含むはずの第三巻は、まだ刊行されていない。 考 lgor de Rachewiltz, John R. Krueger, E e こぎ Tobci ( cio ミ s S ミミき ) ) S ミ g 参 Secen, I II. FacuIty of Asian Studies, The Australian National University, Canberra, 1990 ー 1991. 『蒙古源流』のモンゴル語原文からの全訳には、今のところ次のドイツ語訳しかない。ただしこ る。

いまに生きる古代ギリシア

メンテイウスの二人が、命を懸けて互いを信じ合うさまを見て、王の心も解けた、という物 語です。 ところで、この物語が古代ギリシアの物語であったことは、ご存知でしようか。この小説 の末尾には「古伝説と、シルレルの詩から」と出所が記されているように、太宰がこの小説 を書くきっかけは、シラーの詩「人質」を読んだことにあったようです。シラー ( 一七五九 5 一八〇五 ) は最近の日本ではあまり読まれていませんが、ドイツでは文豪ゲーテと並ぶ国 民的文学者として今なお愛読されているようです。もちろん日本でも、べートーヴェンの『第 九』の第四楽章「合唱」がシラーの詩に基づいていることは、よく知られています。 太宰はシラーの作品をよく読んでいたようで、『走れメロス』を書くきっかけとなったシ ラーの詩とは、一七九八年に作られた劇詩「人質、です ( 手塚富雄訳「人質〈ダーモンとピンチ アース〉」『シラー』筑摩世界文学大系第巻 ) 。そのシラーの詩が依拠したのが、古代ギリシアの 伝承だったのです。一八世紀後半のドイツでは、ヴィンケルマン ( 一七一七 5 六八 ) がギリシ あが せいひっ ア美術について「高貴なる単純と静謐なる偉大さ」と讃え、古代ギリシアを崇める「新古典 主義」が始まり、一九世紀にはその機運は、ギリシア独立戦争にまで結びついていきます。 シラーもまたそのようなギリシア愛好の精神運動の一翼を担い、それゆえ、古代ギリシアの 伝承を自分の詩に取り入れたのでしよう。ただしシラーは、ラテン語で書かれたギリシア神 話・伝承のアンソロジーを利用したようですが。 『走れメロス』の舞台となっているシラクサは、もちろんシチリア島のシュラクサイで、物