検索 - みる会図書館

全データから 213447件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第五十三巻 万の文反古 世間胸算用


完 訳 日 本 の 古 典 53 万 の 文 反 古 世 間 胸 算 用 神 保 五 彌 校 注 ・ 訳 0 小 学 館

完訳 日本の古典 第五十三巻 万の文反古 世間胸算用


375 解 説 『 万 の 文 反 古 』 東 明 雅 校 注 古 典 叢 書 明 治 書 院 昭 四 三 『 世 間 胸 算 用 』 前 田 金 五 郎 角 川 文 庫 角 川 書 店 昭 四 七 『 井 原 西 鶴 集 三 』 神 保 五 彌 日 本 古 典 文 学 全 集 小 学 館 昭 四 七 『 西 鶴 集 』 宗 政 五 十 緒 ・ 長 谷 川 強 鑑 賞 日 本 の 古 典 新 尚 学 図 書 昭 五 五

完訳 日本の古典 第五十三巻 万の文反古 世間胸算用


完 訳 日 本 の 古 典 第 五 十 三 巻 万 の 文 反 古 世 間 胸 算 用 昭 和 年 4 月 日 初 版 発 行 定 価 一 七 〇 〇 円 校 注 ・ 訳 者 神 保 五 彌 発 行 者 相 賀 徹 夫 印 刷 所 凸 版 印 刷 株 式 会 社 発 行 所 株 式 会 社 小 学 館 〒 期 東 京 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 一 一 ー 三 ー 振 替 口 座 東 京 八 ー 二 〇 〇 番 電 話 編 集 ( 0 三 ) 一 一 三 〇 ー 五 六 六 九 業 務 ( 〇 三 ) 二 三 〇 ー 五 三 一 一 一 三 販 売 ( 〇 三 ) 二 三 〇 ー 五 七 六 八 ・ 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 万 一 、 落 丁 ・ 乱 丁 な ど の 不 良 品 が あ り ま し た ら お と り か え い た し ま す 。 ・ 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 、 無 断 で 複 写 複 製 ( コ ビ ー ) す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 者 お よ び 出 版 者 の 権 利 の 侵 害 と な リ ま す 。 あ ら か し め 小 社 あ て 許 諾 を 求 め て く だ さ い Printed Japan ( 著 者 検 印 は 省 略 ◎ K. Zinbo 1984 ISBN4 ・ 09 ・ 556053 ・ 3 い た し ま し た )

完訳 日本の古典 第三十一巻 今昔物語集 ㈡


完 訳 日 本 の 古 典 31 今 昔 物 語 集 本 朝 世 俗 部 0 0 0 VO%O 小 学 館

完訳 日本の古典 第三十二巻 今昔物語集 ㈢


完 訳 日 本 の 古 典 32 今 昔 物 語 集 三 本 朝 世 俗 部 馬 淵 和 夫 ・ 国 東 文 麿 ・ 今 野 達 校 注 ・ 訳 0 ′ ク 0 0 0 小 学 館

完訳 日本の古典 第五十三巻 万の文反古 世間胸算用


思 う 余 裕 を 持 っ た は ず で あ り 、 ま た 町 人 階 級 の 一 人 と し て 、 同 じ 仲 間 の 運 命 に つ い て 思 う と こ ろ が あ っ た は ず で あ る 。 『 万 の 文 反 古 』 と 『 世 間 胸 算 用 』 は 、 こ の 間 の 西 鶴 の 心 境 と 、 同 時 に こ の 間 に 樹 立 さ れ た 西 鶴 の 用 散 文 精 神 を 反 映 し 、 と り わ け て 『 世 間 胸 算 用 』 の 場 合 、 新 し い 対 象 を 新 し い 方 法 に よ っ て 描 い た 作 品 集 と し 物 て 、 西 鶴 文 学 中 最 も 高 い 評 価 を 受 け て い る も の で あ る 。 世 古 反 一 『 万 の 文 反 古 』 文 の 万 成 立 と そ の 時 期 を め ぐ っ て 『 万 の 文 反 古 』 大 本 五 巻 五 冊 は 、 西 鶴 没 後 三 年 目 の 元 禄 九 年 ( 一 六 九 六 ) 正 月 に 出 版 さ れ た 西 鶴 の 第 四 遺 稿 集 で げ だ い あ る 。 外 題 は 「 西 鶴 文 反 古 」 、 左 下 に 「 世 話 文 章 」 と 付 す る 。 内 題 は 「 万 の 文 反 古 」 。 「 西 鶴 文 反 古 」 は 、 他 お り ど め ぞ く お き み や げ の 遺 稿 集 が 『 西 鶴 置 土 産 』 『 西 鶴 織 留 』 『 西 鶴 俗 つ れ / 、 』 な ど 、 す べ て 書 名 に 「 西 鶴 を 冠 す る こ と か ら 、 し よ し ひ ょ う ば う 生 前 の 流 行 作 家 西 鶴 の 遺 稿 集 で あ る こ と を 標 榜 す る た め の 書 肆 の 命 名 で 、 内 題 「 万 の 文 反 古 」 が 原 題 と 考 え ら れ て い る 。 『 万 の 文 反 古 』 は 遺 稿 集 で あ る た め に 、 西 鶴 作 か 否 か に つ い て 、 多 く の 問 題 が あ る 作 品 集 で あ る 。 他 の 遺 稿 ほ う じ よ う だ ん す い 集 の す べ て が 、 門 人 北 条 団 水 が 西 鶴 作 で あ る こ と を 明 ら か に し た 序 文 を 持 つ の に 対 し 、 本 書 に 団 水 の 序 が な い こ と 、 他 の 遺 稿 集 に く ら べ て 一 部 の 作 品 集 と し て 完 備 し た 形 式 を そ な え て い る に も か か わ ら ず 、 没 後 三 年 は ん し た に し て 出 版 さ れ た 理 由 、 序 文 ・ 本 文 の 板 下 を 西 鶴 筆 と 見 る か 否 か 、 章 末 に 付 し た 短 評 の 未 熟 さ 、 西 鶴 の 旧 作 に よ り か か っ た 章 の 存 在 等 が 問 題 点 で 、 早 く 山 口 剛 に よ っ て 西 鶴 作 で あ る こ と が 疑 わ れ た が ( 日 本 名 著 全 集 お お ほ ん

完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩


完 訳 日 本 の 古 典 23 源 氏 物 語 十 阿 部 秋 生 ・ 秋 山 虔 ・ 今 井 源 衛 ・ 鈴 木 日 出 男 校 注 ・ 訳 館 0 ′ ク 0 0

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


完 訳 日 本 の 古 典 36 新 古 今 和 歌 集 二 峯 村 文 人 校 注 ・ 訳 0 0

完訳 日本の古典 第十八巻 源氏物語 ㈤


完 訳 日 本 の 古 典 18 源 氏 物 語 五 阿 部 秋 生 ・ 秋 山 虔 ・ 今 井 源 衛 ・ 鈴 木 日 出 男 校 注 ・ 訳 館 学 0 彡 ク 0 0 0

完訳 日本の古典 第五十三巻 万の文反古 世間胸算用


で あ る 。 い ず れ に せ よ 、 そ れ ら の 作 品 に し て も 、 平 素 は 隠 さ れ て い る 人 間 の 内 面 が 、 そ こ で は 明 白 に あ ら わ れ る と 用 い う 書 簡 の 性 格 に ふ さ わ し い 内 容 を 、 そ の ほ と ん ど が そ な え て い る こ と ま で は 否 定 で き な い 、 一 一 の 例 外 を 除 い て 男 女 間 の 恋 文 を 交 互 に 配 列 し た 長 編 恋 愛 小 説 で 『 万 の 文 反 古 』 以 前 の 書 簡 体 小 説 が 、 一 あ る の に 対 し 、 『 万 の 文 反 古 』 は 書 簡 一 通 で 完 結 す る 短 編 小 説 の 形 式 を と り 、 し か も き わ め て 現 実 的 な 題 材 反 を と り あ げ 、 多 く は 書 簡 体 小 説 と し て す ぐ れ た 完 成 度 を 見 せ て い る 。 遺 稿 集 と し て 多 く の 問 題 を ふ く み 、 研 の 究 者 に よ っ て さ ま ざ ま な 論 議 を よ び な が ら も 、 収 め ら れ た 短 編 の 完 成 度 か ら 見 て も 、 そ の 大 部 分 の 作 品 は 西 鶴 作 と 認 め ざ る を 得 な い す ぐ れ た 作 品 集 で あ る 。 ニ 『 世 間 胸 算 用 』 西 鶴 最 晩 年 の 作 品 む ね 『 世 間 胸 算 用 』 大 本 五 巻 五 冊 は 、 元 禄 五 年 ( 一 六 九 一 D 正 月 に 出 版 さ れ た 。 外 題 は 「 世 間 胸 算 用 」 、 内 題 は 「 胸 一 し え さ ん よ う ま き え し げ ん ぎ ぶ ろ う 算 用 」 、 そ れ ぞ れ 傍 題 し て 「 大 晦 日 は 一 日 千 金 ー と あ る 。 挿 絵 の 画 工 は 不 明 、 蒔 絵 師 源 三 郎 風 と い う 。 内 題 に 「 む ね さ ん よ う 」 の 振 り 仮 名 を つ け 、 本 文 中 の 「 胸 算 用 」 の 振 り 仮 名 も 、 巻 一 の 四 「 鼠 の 文 づ か ひ 」 に 一 か 所 「 む な さ ん よ う 」 と あ る 以 外 、 す べ て 「 む ね さ ん よ う 」 と あ る の で 、 「 せ け ん む ね さ ん よ う 」 、 あ る い は 「 せ け ん む ね ざ ん よ う 」 と 呼 ぶ 。 さ や ぐ わ ん て う に つ し よ く 成 立 時 期 に つ い て は 、 巻 一 の 二 「 長 刀 は む か し の 鞘 」 の 章 に 、 「 元 朝 に 日 蝕 六 十 九 年 以 前 に あ り て 、 又 元 ば う だ い な ぎ な た げ だ い ま た