検索 - みる会図書館

全データから 28832件見つかりました。
世界史の誕生 : モンゴルの発展と伝統

280 『集史』には、まだ全訳がない。次は、原本の第一巻だけのロシア語訳である。 L. A. Khetagurov, O. I. Smirnova tr. , R 房ミミミ S トミ 0 S ミ・ , Tom l, Kniga pervaya 陸 Kniga vtoraya. lzdatel'stvo Akademii Nauk SSSR, Moskva 年 Leningrad, 1952. なお、前出の The Successors 、 G ミ S K ミは、同じく『集史』の第一巻の、チンギス・ ーン ( 元朝の成宗皇帝 ) までの部分だけの英訳で ーンの息子たちからテムル・オルジェイト・ ある。 『フラーン・デブテル』には、次の日本語訳がある。 稲葉正就・佐藤長訳『フウラン・テプテルーチベット年代記ー』 ( 法蔵館、一九六四年 ) 『元朝秘史』は、十四世紀に、モンゴル語原文を漢字で音訳して漢訳を附した本が、明朝の太祖 洪武帝の命によって編纂刊行された。この本の音訳漢字を口 1 マ字化したのが、次のものである。 白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』 ( 東洋文庫、一九四一一年 ) 『元朝秘史』のモンゴル語原文からの全訳としては、原本が含む漢訳を除けば、次の一九〇六年 に完成した日本語訳が世界でもっとも古い。文体は擬古文である。 那珂通世訳注『成吉思汗実録』 ( 大日本図書、一九〇七年。筑摩書房、一九四三年 ) 「元朝秘史』のロ語体の日本語訳には、次のものがある。ただし正字体の漢字、歴史的仮名遣い を用いる。 小林高四郎訳注『蒙古の秘史』 ( 生活社、一九四〇年 ) もっとも手に入りやすい『元朝秘史』の日本語訳は、次のものである。擬古文とロ語文の折衷の

木田元の最終講義 : 反哲学としての哲学

172 『哲学の古典一〇一物語』新書館、一九九六年三月 『跚世紀思想事典』改訂第一一版 ( 栗原彬、野家啓一と共編 ) 三省堂、一九九七年一〇月 『人間学命題集』 ( 作田啓一ほかと共編 ) 新曜社、一九九八年四月 『日本の名随筆「哲学」』作品社、一九九八年一〇月 『現代思想フォーカス』新書館、二〇〇一年一月 『朝日キーワード 別冊「哲学」』朝日新聞社、一一〇〇一年五月 『知の攻略思想読本ハイデガー』作品社、二〇〇一年八月 『ハイデガー本菊』平凡社、二〇〇一年八月 『世紀思想家事典』誠信書房、一一〇〇一年一一月 『ハイデガーの知』新書館、二〇〇二年八月 『哲学者群像皿』新書館、一一〇〇三年五月 『太宰治滑稽小説集』みすず書房、一一〇〇三年五月 『一日一文』岩波書店、二〇〇四年一月 『哲学キーワード事典』新書館、二〇〇四年一〇月 その他 ・スタイナー『ハイデガー』生松敬三訳 ( 岩波同時代ライブラリ ー ) の新版序文の翻

世界史の誕生 : モンゴルの発展と伝統

278 ドーソン著、佐ロ透訳注「モンゴル帝国史 156 』 ( 東洋文庫一一〇・一二八 三五・二九八・三六五、平凡社、一九六 —一九七九年 ) 岡田英弘『チンギス・ ーン』 ( 中国の英傑九、集英社、一九八六年。朝日文庫、朝日新聞社、 一九九四年 ) および、 護雅夫・神田信夫編『北アジア史 ( 新版 ) 』 ( 世界各国史一一一、山川出版社、一九八一年 ) の中の第四・五章、 岡田英弘「モンゴルの統一」・「モンゴルの分裂 , および、前出の『中央ューラシアの世界』の中の第三部、 宮脇淳子「モンゴル系民族」 漢字の特異な性格と、漢文が中国語ではないことについては、前出の『アジアと日本人』の第五 章、 岡田英弘「真実と言葉ー および、やはり前出の「漢民族と中国社会』の中の「東アジア大陸における民族」を見よ。 清帝国の種族別の法典については、次を見よ。 島田正郎『清朝蒙古例の研究』 ( 東洋法史論集第五、創文社、一九八一一年 ) モンゴル帝国とルーシの関係については、次を見よ。 Charles J. Halperin, Russia ミ the Go ミ e ミ . lndiana University Press, Bloomington,

フランス文学と愛

第五章 エリザベ ート・バダンテール『母性という神話』鈴木晶訳、ちくま学芸文庫、一九九八年 フィリップ・アリエス『〈子供〉の誕生』杉山光信・杉山恵美子訳、みすず書房、一九八一年 『万葉集 ( 一 lh 佐竹昭広他校注、岩波文庫、二〇一三年 『ルーヴル美術館展ーー美の宮殿の子どもたち』国立新美術館、朝日新聞社事業本部文化事業部編、一一〇〇九年 ラブレー「ガルガンチュアーーガルガンチュアとパンタグリュエル 1 』宮下志朗訳、ちくま文庫、二〇〇五年 ラブレー『パンタグリュエルーーーガルガンチュアとパンタグリュエル 2 』宮下志朗訳、ちくま文庫、二〇〇六年 スクリーチ「ラブレ ! ーー笑いと叡智のルネサンス」平野隆文訳、白水社、二〇〇九年 セヴィニエ夫人「セヴィニエ夫人手紙抄』井上究一郎訳、岩波文庫、一九八七年 Madame de Sévigné, Correspondance, GaIIimard, «PIéiade», 3 vo 一こ 1973 ー 1978 ール」今野一雄訳、岩波文庫、上・下、一九六二年、一九六四年 パッサン「女の一生』永田千奈訳、光文社古典新訳文庫、一一〇一一年 ジャック・ルゴフ、アラン・コルバンほか「世界で一番美しい愛の歴史』小倉孝誠・後平隆・後平澪子訳、藤原書店、二〇〇四 年 Maupassant, 公 Ga お on. un bock!», C02 s no に . 尸 Gallimard,< 《 Pléiade 》》 , 1996 ゾラ「テレーズ・ラカン』宮下志朗訳〔サントプーヴへの手紙およびテーヌからの手紙の翻訳も収録〕、宮下志朗・小倉孝誠責 任編集「ゾラ・セレクション 1 初期名作集」藤原書店、二〇〇四年 ポール・ヴァレリー『精神の危機他十五篇』恒川邦夫訳、岩波文庫、二〇一〇年 ヴィクトル・ユーゴー「レ・ミゼラブル』豊島与志雄訳、岩波文庫、全四巻、一九八七年 ポードレール「ヴィクトール・ユゴー著『レ・ミゼラブル』書評」「ポードレール全集 2 文芸批評』阿部良雄訳、筑摩書房、一 九八四年 265 参考文献

チャタレイ夫人の恋人 : 完訳

完訳チャタレイ夫人の恋人

チャタレイ夫人の恋人 : 完訳

落部分があるのではないか、この書物は削除版だというがいつまでこんなかたちの出版を放 置しているつもりか。いつのまにか、そういうような質問が編集部に寄せられる時代になっ ていた。昭和二十五年にはじまり、昭和三十二年最高裁判所大法廷にまで争われた「チャタ レイ夫人の恋人ー裁判、あの大文学裁判のことを知っている人々はすでに少数派になってい 伊藤整訳、『チャタレイ夫人の恋人』の完全訳版が出版されたのは、昭和二十五年四月だ った。上下二巻で出版され、下巻は同年五月に発行された。出版元は小山書店。同店の企画 恋した「ロレンス選集、の最初の配本がこれだった。この選集はロレンスの主要作品を含み、 つねあり 全体で十七巻になるはずだった。訳者として伊藤整のほか、吉田健一、福田恆存、中野好夫 にしきみはた などがいた。第二次世界大戦が終わり、一一一一〔論の自由が錦の御旗となり、思想的にも風俗的に も開放的になった時代の空気のなかでの出版だった。 英国貴族の若い奥方が、領地の森の管理人と肉体的な関係を持っ話。その肉体的交渉が赤 裸々に語られる話ということで、この訳書はたちまちベストセラーになった。そうして、当 然のなりゆきとして警視庁当局の目をつけるところとなり、同年六月訳書は出版社の倉庫か らばかりでなく全国の小売店の店頭からも押収された。九月に入って、発行人小山書店主小 わいせつ 山久二郎と訳者伊藤整は猥褻文書頒布のかどで、刑法百七十五条で罰すべきものとして起訴 された。これがチャタレイ事件の発端だった。東京地方裁判所で行なわれた裁判は昭和二十 六年五月八日に始まり、総計三十六回の公判が行なわれ、翌昭和二十七年一月十八日に判決 564 はんぶ

いまに生きる古代ギリシア

究成果報告書 ) ・参考文献 ・メルクーリ ( 藤枝澪子・海辺ゆき子訳 ) 「ギリシアわが愛」合同出版 ( 古典文献 ) ・ルグレ ( 奥村賢訳 ) 「アンゲロプロス沈黙のパルチザン」フィルム ホメロス ( 松平千秋訳 ) 「イリアス」岩波文庫 アート社 ホメロス ( 松平千秋訳 ) 「オデュッセイア」岩波文庫 納富信留「哲学者の誕生ーソクラテスをめぐる人々」ちくま新書 へシオドス ( 松平千秋訳 ) 「仕事と日」岩波文庫 ・・・ロイド ( 川田殖訳 ) 「アリストテレスその思想の成長と構造」 へシオドス ( 廣川洋一訳 ) 「神統記」岩波文庫 みすず書房 イソップ ( 中務哲郎訳 ) 「イソップ寓話集」岩波文庫 ・ピショ ( 中村清訳 ) 「科学の誕生 ( 下 ) 」「ソクラテス以前のギリシア」 「ギリシア悲劇全集」人文書院、全 4 巻 せりか書房 「ギリシア喜劇全集」人文書院、全 2 巻 ・ダール ( 中村孝文訳 ) 「デモクラシーとは何か」岩波書店 「ギリシア悲劇全集」岩波書店、全昭巻 + 別巻 伊藤貞夫「古典期アテネの政治と社会」東大出版会 ヘロドトス ( 松平千秋訳 ) 「歴史」岩波文庫 橋場弦「丘の上の民主政古代アテネの実験」東大出版会 トウキュディデス ( 久保正彰訳 ) 「戦史」岩波文庫 プラトン ( 三嶋輝夫・田中享英訳 ) 「ソクラテスの弁明・クリトン」講談佐々木毅「よみがえる古代思想」講談社 藤縄謙三「ギリシア文化の創造者たち、社会史的考察」筑摩書房 社学術文庫 同「歴史の父ヘロドトス」新潮社 クセノフォン ( 佐々木理訳 ) 「ソークラテースの思い出」 . 岩波文庫 桜井万里子「ヘロドトスとトウキュディデスー歴史学の始まり」山川出版社 アリストテレス ( 村川堅太郎訳 ) 「アテナイ人の国制」岩波文庫 ヒボクラテス ( 大槻真一郎編訳 ) 「ヒボクラテス全集」全三巻、エンタブ・モース「社会学と人類学」弘文堂 ・ゲルナー「ムスリム社会』紀伊国屋書店 ライズ社 アポロドロス ( 高津春繁・高津久美子訳 ) 「ギリシア神話」講談社 D. FehIing, Die QueIIenangaben bei Herodot Berlin/New York, 1971. オウイデイウス ( 中村善也訳 ) 「変身物語」岩波文庫 (Herodotus and his ・ Sources' 】 Citation, lnvention and Narrative Art, tr. by J. G. Howie, Leeds, 1989 ) ( 研究、その他 ) R. Friedman, "Location and dislocation in Herodotus," in C. DewaId and 桜井万里子編「世界各国史ギリシア史」山川出版社 J. Marinc01a (eds. ) , The Cambridge Companion ( 0 Herod0tus, Cambridge, 2006. 桜井万里子・本村凌二「世界の歴史五ギリシアとローマ」中央公論社 桜井万里子・橋場弦編「古代オリンピック」岩波新書 F.Hartog, Le Miroir d'Hérod0te: Essai sur la représentation de l'autre, Paris, 1980. 西村賀子「ギリシア神話」中公新書 藤縄謙三「近代におけるギリシア文化の復興」藤縄謙三編「ギリシア文化 (The Mirror of Herodotus: The Representation 0f the Other in the Writing の遺産」南窓社 of History,t 「 . by J. LIoyd, Princeton, 1988 ) 木村健治「日本におけるギリシア・ローマ演劇上演史研究」 ( 科学研究費研 G. He 「 man, RituaIised Friendship 年 the G 「 eek City, Cambridge, 1987. 究成果報告書 ) G. E. R. LIoyd, Science, FoIkIore and IdeoIogy:Studies in the Life Science in 久保正彰「ギリシア悲劇とその時代」「ギリシア悲劇全集別巻 1 」岩波書店 Ancient Greece, Cambridge, 1983. 松本仁助、岡道男、中務哲郎編『ギリシア文学を学ぶ人のために」世界思 R. Thomas, Herod0tus in Context: Ethnography, Science and the Art or 想社 Persuasion, Cambridge, 2000 木村健治「日本におけるギリシア・ローマ演劇上演史研究」 ( 科学研究費研 190

フランス文学と愛

第一章 参考文献 ( 文中で引用ないし言及したものに限る ) はじめに トーマス・マン「魔の山」高橋義孝訳、新潮文庫、上・下、一九六九年 ヴォルテール『ルイ十四世の世紀』丸山熊雄訳、岩波文庫、全四巻、一九五八 5 一九八三年 アポストリデス「犠牲に供された君主ーールイ十四世治下の演劇と政治』矢橋透訳、平凡社、一九九七年 モリエール「シチリア人あるいは恋する絵描き秋山伸子訳、ロジェ・ギシュメール・廣田昌義・秋山伸子共編「モリエール全 集 6 」臨川書店、二〇〇一年 モリエール『滑稽な才女たち』秋山伸子訳、「モリエール全集 2 』臨川書店、一一〇〇〇年 Madeleine de Scudé「 y, 04 . ・ isto 一、 e き ma 、傘 Hono 「 6 Champion, 5 vo 一じ 200P2005 コルネイユ『ル・シッド』岩瀬孝訳、『コルネイユ名作集』白水社、一九七五年 ラシーヌ「フェードル・アンドロマック」渡辺守章訳、岩波文庫、一九九三年 Racine, CEuvres co p 希 s ト Gallimard, «Pléiade», 1999 モリエール「スガナレルあるいはコキュにされたと思った男』秋山伸子訳、「モリエール全集 2 』 モリエール「いやいやながら医者にされ」鈴木カ衛訳、岩波文庫、一九六一一年 モリエール「ドン・ジュアン」鈴木カ衛訳、岩波文庫、一九七五年 ジャンⅡルイ・フランドラン『性の歴史」宮原信訳、藤原書店、一九九二年 フランソワ・ルプラン「アンシアン・レジーム期の結婚生活藤田苑子訳、慶應義塾大学出版会、二〇〇一年 ポール・べニシュー「偉大な世紀のモラル フランス古典主義文学における英雄的世界像とその解体」朝倉剛・羽賀賢一一訳、法 政大学出版局、一九九三年 261 参考文献

帰ってきたメアリー・ポピンズ (岩波少年文庫 53)

ケストナー少年文学全集黯巻 〈小学 3 ・ 4 年以上〉 エーリヒ・ケストナー作 / 高橋健ニ訳 ナチスにより著書を焼かれーエーミールと探偵たち 執筆を禁止されながらも、 2 エーミールと三人のふたご 次代を担う子どもたちに期 待をかけ、ひたすら子ども 3 占子ちゃんとアントン のための小説を書き続けた 4 飛ぶ教室 ケストナーの、日本で唯一 の完全訳全集。ューモアに 5 五月三十五日 あふれた話の中にも、涙を さそう悲しい物語の底にも、 6 ふたりのロッテ 人生の真実が輝いています。 7 わたしが子どもだったころ イ品の風格を伝えるトリヤ ーとレムケのさし絵つき。 8 動物会議 判変型上製・平均二二二頁 別サーカスの小びと

フランス文学と愛

第三章 ンヨルジュ ・バタイユ「文学と悪』山本功訳、ちくま学芸文庫、一九九八年 Robert Mauzi, ト 'Id du bonheur dans a ミ幇 lapensée 2n2A2 au X ミ、。 sRcle, Albin Michel, 1994 Maupassant, «Jadis», Contes nou 帋 2 , t. 1 , Gallimard, 《《 P ま一 ade» , 1996 スタンダール「アルマンス』小林正・冨永明夫訳、『スタンダール全集 5 』人文書院、一九七七年 スタンダール『赤と黒』野崎歓訳、光文社古典新訳文庫、上・下、一一〇〇七年 StendhaI, æu 斉き m き 29 に compétes, t.l, Gallimard, «Pléiade 》》) 2005 ルソー『告白録』井上究一郎訳、新潮文庫、上・中・下、一九五八年 Ency 、 clopédie Diderot d'AIembert, http://www.alembert.fr/ ( 「百科全書』フランス語オンライン版 ) バルザック「谷間の百合』石井睛一訳、新潮文庫、一九七三年 Sainte-Beuve, blup 竄 , GaIIimard, 《《ま一一 0 classique», 1986 Balzac, ト ettres ~ Madame Hanska, Robert La 「 bn ご«Bouquins», 2 vol., 1991 ジャン・フラ。ヒ工『アーサー王物語とクレチャン・ド・トロワ』松村剛訳、朝日出版社、一九八八年 サマセット・ モーム「世界の十大小説』西川正身訳、岩波文庫、上・下、一九九七年 フローベール「感情教育』山田欝訳、河出文庫、上・下、一一〇〇九年 「世界の文学新集Ⅱフロべール』山田欝訳・解説、中央公論社、一九七二年 第四章 スタンダール『恋愛論』生島遼一・鈴木昭一郎訳、「スタンダール全集 8 』人文書院、一九七一一年 ッヴァイク『三人の自伝作家ーー・か刀ヴァ、スタンダール、トノストイ』吉田正己・中田美喜・堀内明訳、「ツヴァイク全 265 参考文献