検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第二巻 萬葉集 ㈠

完訳 日本の古典 第二巻 萬葉集 ㈠から 405件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第二巻 萬葉集 ㈠


完 訳 日 本 の 古 典 2 萬 葉 集 小 島 憲 之 ・ 木 下 正 像 ・ 佐 竹 昭 広 枚 注 ・ 訳 0

完訳 日本の古典 第二巻 萬葉集 ㈠


萬 葉 集 巻 第 三

完訳 日本の古典 第二巻 萬葉集 ㈠


萬 葉 集 巻 第 一

完訳 日本の古典 第二巻 萬葉集 ㈠


萬 葉 集 巻 第 二

完訳 日本の古典 第二巻 萬葉集 ㈠


完 訳 日 本 の 古 典 第 一 一 巻 萬 葉 集 昭 和 五 七 年 一 一 月 三 〇 日 初 版 発 行 定 価 一 七 〇 〇 円 校 注 ・ 訳 者 小 島 憲 之 木 下 正 俊 佐 竹 昭 広 発 行 者 相 賀 徹 夫 印 刷 所 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 発 行 所 株 式 会 社 小 学 館 〒 期 東 京 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 一 一 ー 三 ー 振 替 口 座 東 京 八 ー 一 一 〇 〇 番 電 話 編 集 ( 〇 三 ) 一 一 三 〇 ー 五 六 六 九 製 作 ( 〇 三 ) 一 一 三 〇 ー 五 三 三 三 販 売 ( 〇 三 ) 一 一 三 〇 ー 五 七 六 八 ・ 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 万 一 、 落 丁 ・ 乱 丁 な ど の 不 良 品 が あ り ま し た ら お と り か え い た し ま す 。 ・ 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 、 無 断 で 複 写 複 製 ( コ ピ ー ) す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 者 お よ び 出 版 者 の 権 利 の 侵 害 と な り ま す 。 あ ら か し め 小 社 あ て 許 諾 を 求 め て く だ さ い Printed in Japan N. Kozima M. Kinosita ( 著 者 検 印 は 省 略 A. Satake い た し ま し た ) 1982

完訳 日本の古典 第二巻 萬葉集 ㈠


萬 葉 集

完訳 日本の古典 第二巻 萬葉集 ㈠


た か ま ど あ き は ぎ 高 円 の 野 辺 の 秋 萩 よ 散 っ て く れ る な 皇 子 の 形 見 と し て 見 て は 偲 ぼ う み か さ や ま 三 笠 山 の 野 辺 を 行 く 道 は こ れ ほ ど ま で も 荒 れ て し ま っ た の か 時 も 経 た な 集 い の に 葉 萬 萬 葉 集 巻 第 一 一 し の

完訳 日本の古典 第二巻 萬葉集 ㈠


さ が ら か や ま は か な い 世 の 定 め 故 こ れ ま で 縁 も な か 0 た 相 楽 山 を 今 は 形 見 と し よ う か ( 朝 鳥 の ) 声 を あ げ て 泣 こ う 亡 き 妻 に い ま さ ら も う 逢 う わ け も な い の で 集 右 の 三 首 は 、 七 月 一 一 十 日 に 高 橋 朝 臣 が 作 っ た 歌 で あ る 。 名 前 は わ か ら な い 。 葉 た だ し 奉 膳 の 役 の 男 子 だ と い う 。 萬 萬 葉 集 巻 第 一 一 一

完訳 日本の古典 第二巻 萬葉集 ㈠


萬 葉 集 78 な ら の み や 寧 楽 宮 な が の み こ し き の み こ さ き の み や 長 皇 子 が 志 貴 皇 子 と 佐 紀 宮 で 共 に 宴 を 催 し た 歌 秋 に な っ た ら わ た し が ち ょ う ど 今 思 い 浮 べ て い る よ う に 妻 を 恋 し が っ て 鹿 が 鳴 く 山 で す よ こ の 高 野 原 の 上 は 右 の 一 首 は 、 長 皇 子 萬 葉 集 巻 第 一 一 和 銅 三 年 三 月 、 平 城 京 に 遷 都 し た 後 の 宮 号 。 巻 四 、 五 三 0 の 題 詞 に は 聖 武 天 皇 を 「 寧 楽 宮 即 位 天 皇 」 と 注 し て あ り 、 こ こ も 奈 良 朝 全 体 を 広 く さ す と も 考 え ら れ る 。 し か し 実 際 は 元 明 天 皇 一 代 に 限 る と 思 わ

完訳 日本の古典 第二巻 萬葉集 ㈠


ぎ よ く へ ん 表 す の に 転 用 し た の だ と い わ れ て い る 。 上 代 人 が よ く 使 用 し た 『 玉 篇 』 ( 原 本 系 ) に は 、 「 万 」 に つ い て 『 声 類 』 を 引 用 し 、 「 俗 萬 字 、 萬 十 千 也 」 と し て い る 。 こ れ に よ れ ば 、 「 よ ろ づ 」 を 表 す の に は 「 萬 」 の 方 が 早 く と も か ん ろ く 集 用 い ら れ た か の よ う で あ る 。 も っ と も 、 『 干 禄 字 書 』 に は 「 万 萬 並 に 正 」 と あ り 、 そ れ は 稀 な ケ ー ス の 一 つ 葉 で あ る が 、 唐 代 で は ど ち ら か が 俗 用 ま た は 通 用 と い う 扱 い は な さ れ て い な か っ た 。 古 写 本 に つ い て 見 る 限 り 、 萬 日 本 で も お お む ね 同 様 で あ る が 、 あ る い は 字 画 の 多 い 「 萬 」 の 方 が 正 用 扱 い を 受 け て い た か と 思 わ れ る 形 跡 が あ る 。 特 に 『 万 葉 集 』 に 関 し て は 、 書 名 に は 「 萬 ー が 一 般 的 で 、 本 書 も 正 式 に は こ れ に よ っ た が 、 注 記 や 解 説 の 中 で は 「 万 」 で 統 一 し た 。 ニ 成 立 過 程 『 万 葉 集 』 が ど の よ う に し て 編 纂 さ れ 成 立 し た か 、 と い う 問 題 は 、 万 葉 研 究 者 す べ て に と っ て 最 も 一 般 的 か ち よ く せ ん し ゅ う っ 興 味 あ る テ ー マ で あ る 。 し か し 、 内 部 の ど こ に も 平 安 以 降 の 勅 撰 集 に 添 え ら れ て い る 序 の ご と き も の が な い た め 、 雲 を つ か む よ う な 伝 承 を 手 が か り に し て 、 論 議 が な さ れ て い る 。 す な わ ち 、 『 古 今 和 歌 集 』 巻 十 八 の 、 ぢ ゃ う ぐ わ ん お ん と き 貞 観 の 御 時 、 万 葉 集 は い つ ば か り 作 れ る ぞ と と は ふ ん や の あ り す 京 せ た ま ひ け れ ば 、 よ み て 奉 り け る 文 屋 有 季 ふ る ご と か ん な づ き 神 無 月 し ぐ れ 降 り お け る な ら の 葉 の 名 に お ふ 宮 の 古 言 そ こ れ ( 究 七 ) ま な じ よ と あ る の や 、 同 真 名 序 に 、 へ ん さ ん