検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第十九巻 源氏物語 ㈥

完訳 日本の古典 第十九巻 源氏物語 ㈥から 426件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第十九巻 源氏物語 ㈥


完 訳 日 本 の 古 典 19 源 氏 物 語 六 阿 部 秋 生 ・ 秋 山 虔 ・ 今 井 源 衛 ・ 鈴 木 日 出 男 校 注 ・ 訳 0 彡 ク 0 小 学 館

完訳 日本の古典 第十九巻 源氏物語 ㈥


完 訳 日 本 の 古 典 第 十 九 巻 源 氏 物 語 因 昭 和 引 年 7 月 引 日 初 版 発 行 定 価 一 七 〇 〇 円 阿 部 秋 生 秋 山 虔 校 注 ・ 訳 者 今 井 源 衛 鈴 木 日 出 男 発 行 者 相 賀 徹 夫 印 刷 所 凸 版 印 刷 株 式 会 社 発 行 所 株 式 会 社 小 学 館 〒 期 東 京 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 一 一 ー 三 ー 振 替 口 座 東 京 八 ー 一 一 〇 〇 番 電 話 編 集 ( 〇 三 ) 二 九 一 一 ー 四 七 六 三 業 務 ( 〇 三 ) 一 一 三 〇 ー 五 一 一 一 三 三 販 売 ( 〇 三 ) 一 一 三 〇 ー 五 七 三 九 ・ 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 万 一 、 落 丁 ・ 乱 丁 な ど の 不 良 品 が あ り ま し た ら お と り か え い た し ま す 。 ・ 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 、 無 断 で 複 写 複 製 ( コ ピ ー ) す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 者 お よ び 出 版 者 の 権 利 の 侵 害 と な り ま す 。 あ ら か ヒ め 小 社 あ て 許 諾 を 求 め て く だ さ い 。 Printed in Japan ( 著 者 検 印 は 省 略 A. Abe K. Akiyama G. lmai H. Suzuki い た し ま し た ) ISBN4 ・ 09 ・ 556019 ・ 3 1986

完訳 日本の古典 第十九巻 源氏物語 ㈥


源 氏 物 語 6 4 見 出 し は 、 本 文 に 付 し た 見 出 し と 同 じ も の を 現 代 語 訳 の 該 当 箇 所 に 付 け た 。 原 文 と 現 代 語 訳 と の 照 合 の 検 索 の 便 を は か り 、 そ れ ぞ れ 数 ベ ー ジ お き の 下 段 に 、 対 応 す る べ ー ジ 数 を 示 し た 。 一 、 巻 末 評 論 は 、 本 巻 所 収 の 巻 々 に 関 連 し て 問 題 と な る テ ー マ を 一 つ と り あ げ て 論 じ た 。 一 、 巻 末 付 録 と し て 、 「 引 歌 一 覧 」 「 各 巻 の 系 図 」 「 官 位 相 当 表 」 「 図 録 」 を 収 め た 。 一 、 本 巻 の 執 筆 に あ た っ て の 分 担 は 、 次 の と お り で あ る 。 本 文 は 、 阿 部 秋 生 が 担 当 し た 。 脚 注 は 、 秋 山 虔 と 鈴 木 日 出 男 が 執 筆 し た 。 3 現 代 語 訳 は 、 秋 山 虔 が 執 筆 し た 。 4 巻 末 評 論 は 、 今 井 源 衛 が 執 筆 し た 。 5 付 録 の 「 引 歌 一 覧 」 は 、 鈴 木 日 出 男 が 執 筆 し た 。 一 、 そ の 他 1 ロ 絵 の 構 成 ・ 選 定 ・ 図 版 解 説 に つ い て は 田 口 栄 一 氏 を 煩 わ し た 。 2 ロ 絵 に 掲 載 し た 『 源 氏 物 語 図 屏 風 』 に つ い て は フ リ ア 美 術 館 の 、 『 源 氏 物 語 若 菜 上 図 色 紙 』 に つ い て は 和 泉 市 久 保 惣 記 念 美 術 館 の 、 『 源 氏 物 語 若 菜 下 図 色 紙 』 に つ い て は 京 都 国 立 博 物 館 の 協 力 を 得 た 。

完訳 日本の古典 第十九巻 源氏物語 ㈥


源 氏 物 語

完訳 日本の古典 第十九巻 源氏物語 ㈥


源 氏 物 語 420 △ 、 革 崙 ( 春 日 権 現 験 記 ) 御 殿 油 ( 病 草 紙 ) 紙 燭 ( 年 中 行 事 絵 巻 ) た て じ と み 立 蔀 ( 石 山 寺 縁 起 ) 高 欄 ( 紫 式 部 日 記 絵 巻 )

完訳 日本の古典 第十九巻 源氏物語 ㈥


5 凡 例 2 本 文 の 見 開 き ご と に 注 番 号 を 通 し て 付 け 、 そ の 注 釈 は 見 開 き 内 に 収 め る よ う に 心 が け た 。 だ が 、 ス ペ ー ス の 関 係 で 、 時 に は 前 の ペ ー ジ あ る い は 後 の ペ ー ジ の 注 を 参 照 す る よ う 、 ↓ を 付 し て ペ ー ジ と 注 番 号 を 示 し た 。 3 『 源 氏 物 語 一 ~ 五 』 ( 第 一 冊 ~ 第 五 冊 ) を 参 照 す べ き こ と を 示 す 場 合 は 、 次 の よ う に し た 。 ↓ 帚 木 田 四 九 ハ ー ( 本 文 を 参 照 す る 場 合 ) ↓ 紅 葉 賀 五 七 ハ ー 注 一 一 三 ( 脚 注 を 参 照 す る 場 合 ) ↓ 須 磨 3 〔 一 四 〕 ( 本 文 中 の 太 字 見 出 し の 章 段 を 参 照 す る 場 合 ) 4 語 釈 は 、 ス ペ ー ス の 許 す か ぎ り 、 語 義 ・ 語 感 ・ 語 法 ・ 文 脈 ・ 物 語 の 構 成 ・ 当 時 の 社 会 通 念 な ど に も ふ れ な が ら 、 読 解 ・ 鑑 賞 の 資 と な る よ う 心 が け た 。 段 落 全 体 に わ た る 問 題 、 と く に 鑑 賞 ・ 批 評 な ど に は 、 0 を 付 し て 記 し た 。 6 引 歌 が あ る 部 分 の 注 は 、 当 該 引 歌 と そ の 歌 が 収 録 さ れ て い る 作 品 お よ び 作 者 と を あ げ る に と ど め 、 引 歌 の 現 代 語 訳 と 解 説 と は 、 巻 末 付 録 「 引 歌 一 覧 」 に 掲 げ た 。 7 登 場 人 物 ・ 官 職 ・ 有 職 故 実 に つ い て は 、 本 文 の 読 解 ・ 鑑 賞 に 必 要 な 範 囲 内 に と ど め た の で 、 巻 末 付 録 の 「 系 図 」 「 官 位 相 当 表 」 「 図 録 」 を も 併 せ て 参 照 さ れ た い 。 一 、 現 代 語 訳 に つ い て は 、 次 の よ う な 配 慮 の も と に 執 筆 し た 。 原 文 に 即 し て 訳 す こ と を 原 則 と し た が 、 ま た 独 立 し た 現 代 文 と し て も 味 わ い 得 る よ う に つ と め た 。 2 そ の た め に 、 必 要 に 応 じ て 、 ① 主 語 ・ 述 語 の 補 充 、 ② 語 順 の 変 更 、 ③ 会 話 ・ 独 白 ( モ ノ ロ ー グ ) ・ 心 内 語 ・ 引 用 に お け る 「 」 の 添 加 、 ④ 文 中 の 言 い さ し の 言 葉 に は 下 に 補 い の 言 葉 の 付 加 な ど の 工 夫 を し た 。 3 和 歌 は 、 全 文 を 引 用 し た の ち 、 そ の 現 代 語 訳 を ( ) 内 に 示 し た 。

完訳 日本の古典 第十九巻 源氏物語 ㈥


家 後 の 独 り 身 と は い え 、 源 氏 と の 、 恋 の 再 燃 の 不 都 合 さ を ぶ れ ば 信 太 の 森 の 千 重 は も の か は 」 ( 出 典 末 詳 ) を 掲 げ る 。 『 源 氏 釈 』 な ど は 他 の 歌 を 掲 げ る な ど 、 古 来 諸 説 が あ る 。 4 思 っ て い る 。 む ら と り た ま も 9 な . っ 、 ・ 0 1 春 の 池 の 玉 藻 に 遊 ぶ に ほ 鳥 の 足 の い と な き 恋 も ・ 矼 ・ 3 群 鳥 の 立 ち に し わ が 名 い ま さ ら に 事 な し ぶ と も 語 ( 後 撰 ・ 春 中 ・ 七 = 宮 道 高 風 ) す る か な し る し あ ら め や ( 古 今 ・ 恋 三 ・ 六 七 四 読 人 し ら ず ) 物 う わ ~ 春 の 池 の 、 玉 の よ う に 美 し い 藻 の 間 を 泳 ぎ め ぐ っ て い る に お 群 鳥 の 羽 ば た く よ う に 、 私 の 噂 が ば っ と 立 っ て し ま っ た が 、 氏 源 鳥 の 、 そ の 足 は せ わ し く 動 い て い る 。 私 も ま た 同 じ よ う に 、 い ま さ ら 何 も な い よ う な 顔 を し て も 、 効 果 が あ る だ ろ う か 。 お ば ろ づ き ょ 心 の 余 裕 の な い 恋 に 苦 し む こ と で あ る 。 前 出 ( ↓ 行 幸 同 四 〇 三 ハ ー 下 段 ) 。 物 語 で は 、 朧 月 夜 と の 再 会 を ち ゅ う ち ょ 願 い な が ら 躊 躇 し て も い る 源 氏 が 、 こ の 歌 に 即 し て 「 立 ち 第 一 句 か ら 「 に ほ 鳥 の 」 ま で 序 詞 。 「 に ほ 鳥 」 は 、 水 中 に に し わ が 名 、 今 さ ら に 取 り 返 し た ま ふ べ き に や 」 と 思 い 直 長 く も ぐ る 習 性 を 持 つ 。 和 歌 で も そ の 習 性 を 連 想 さ せ る 例 が 多 い 。 物 語 で は 、 源 氏 と 朧 月 夜 の 再 会 す る 条 に 引 か れ た 。 す と こ ろ か ら 、 再 会 が 決 意 さ れ て い く 。 な お 、 こ こ で の 1 一 1 ロ 「 い と な き 恋 も す る か な 」 の 情 感 を 底 流 さ せ な が ら 、 物 語 「 わ が 名 」 と は 、 相 手 の 朧 月 夜 に 即 し た 言 い 方 で あ る 。 し の だ く す の き い づ み は 一 気 に 恋 の 場 面 へ と 展 開 す る 。 な お 、 も と の 「 に ほ 鳥 」 和 泉 な る 信 太 の 森 の 楠 の 千 枝 に わ か れ て 物 を こ を し ( 古 今 六 帖 ・ 第 一 一 「 森 」 ) そ 思 へ を 、 夫 婦 仲 の よ さ を 連 想 さ せ る 「 鴛 鴦 」 に 替 え て 引 い た と 和 泉 国 に あ る 信 太 の 森 の 楠 が 、 た く さ ん の 枝 に 分 れ て 生 い 立 こ ろ か ら 、 い よ い よ 恋 の 熱 い 情 感 を そ そ り た て る 表 現 に な っ て い る 。 っ て い る 。 同 じ よ う に 、 あ な た を 思 う 私 の 心 も 千 々 に 乱 れ る ば か り で あ る 。 ・ ・ 6 今 日 の み と 春 を 思 は ぬ と き だ に も 立 っ こ と や す ( 古 今 ・ 春 下 ・ 一 三 四 凡 河 内 躬 恒 ) き 花 の か げ か は 第 一 句 か ら 「 楠 の 」 ま で が 序 詞 。 物 語 で は 、 源 氏 が 和 泉 前 今 日 限 り と 春 を 惜 し ま ぬ 日 で さ え も 、 容 易 に は 立 ち 去 り が た 司 を 案 内 人 に 仕 立 て て 、 朧 月 夜 に 強 引 に 逢 い に 行 こ う と す い 花 の 陰 で あ る よ 。 ま し て 春 の 果 て の 今 日 は 、 立 ち 去 れ る も る 文 脈 に 引 か れ た 。 和 泉 前 司 の 案 内 を 「 こ の 信 太 の 森 を 道 の で は な い の し る べ に 」 と す る 表 現 に は 機 知 的 な お も し ろ さ も 含 ま れ 春 の 果 て に 詠 ま れ た 歌 。 物 語 で は 、 朧 月 夜 の 君 に 再 会 し た る が 、 下 句 の 「 千 枝 に わ か れ て : ・ 」 が ひ び い て い る だ け に 、 源 氏 が 、 執 着 の あ ま り 立 ち 去 り が た い と す る 表 現 。 朧 月 夜 再 会 を 直 前 に 千 々 に 乱 れ る 源 氏 の 動 揺 が 暗 示 さ れ て い る 。 お う せ な お 、 『 紫 明 抄 』 な ど で は 「 わ が 思 ふ こ と の し げ さ に な ら 本 人 と は も ち ろ ん 、 過 往 の 逢 瀬 を 思 い 起 さ せ る 藤 の 花 の も

完訳 日本の古典 第十九巻 源氏物語 ㈥


源 氏 物 語 72 ち ょ う あ い 御 お ば え 、 い と こ の 年 ご ろ の や う に は お は せ じ 。 す こ し は 劣 り な ん 」 な ど 言 ひ 一 源 氏 の 紫 の 上 へ の ご 寵 愛 。 ニ 源 氏 の 紫 の 上 へ の ご 情 愛 が 、 け る を 、 い ま す こ し 深 き 御 心 ざ し 、 か く て し も ま さ る さ ま な る を 、 そ れ に つ け 女 宮 降 嫁 後 か え っ て 深 ま っ た が 。 三 皇 女 な の に 冷 遇 さ れ る な ど と 。 て も 、 ま た や す か ら ず 言 ふ 人 々 あ る に 、 か く 憎 げ な く さ へ 聞 こ え か は し た ま へ ◆ 紫 の 上 の 、 苦 衷 を 封 じ こ め る 処 身 の 知 恵 が 、 六 条 院 の 人 間 関 係 を つ な か ら く も 繋 ぎ と め て い る 点 に 注 意 。 ば 、 事 な ほ り て め や す く な ん あ り け る 。 四 四 初 冬 。 以 下 の 紅 葉 と 霜 枯 れ の か み な づ き み だ う 神 無 月 に 、 対 の 上 、 院 の 御 賀 に 、 嵯 峨 野 の 御 堂 に て 薬 師 仏 野 辺 が 特 徴 的 。 紫 の 上 が 源 氏 四 + 〔 三 〕 紫 の 上 の 薬 師 仏 供 賀 を 主 催 。 延 長 四 年 ( 九 一 一 六 ) 九 月 二 せ ち 養 と 精 進 落 し の 祝 宴 供 養 じ た て ま つ り た ま ふ 。 い か め し き こ と は 、 切 に 諫 め 申 十 八 日 、 京 極 御 息 所 に よ る 法 皇 六 十 賀 ( 李 部 王 記 ) を 准 拠 と す る か 。 五 源 氏 が 造 営 。 絵 合 3 一 九 六 ハ し た ま へ ば 、 忍 び や か に と 思 し お き て た り 。 仏 、 経 箱 、 帙 簀 の と と の へ 、 ま こ 六 ↓ 四 二 ハ ー 注 一 。 ′ 」 く ら く さ い そ う わ う き ゃ う こ ん が う は ん に や ず み や う き ゃ う ち っ と の 極 楽 思 ひ や ら る 。 最 勝 王 経 、 金 剛 般 若 、 寿 命 経 な ど 、 い と ゆ た け き 御 祈 セ 経 巻 な ど を 包 む 帙 。 〈 半 ば は 紅 葉 見 物 を 主 目 的 に 。 か む だ ち め み だ う 九 六 条 院 の 女 君 た ち 。 り な り 。 上 達 部 い と 多 く 参 り た ま へ り 。 御 堂 の さ ま お も し ろ く 言 は ん 方 な く 、 一 0 精 進 落 。 も み ぢ か げ み も の 紅 葉 の 蔭 分 け ゆ く 野 辺 の ほ ど よ り は じ め て 見 物 な る に 、 か た へ は き ほ ひ 集 ま り = 六 条 院 は 、 大 勢 の 女 君 が 集 っ て 隙 間 も な い の で 、 の 意 。 し - も が お と し げ た ま ふ な る べ し 。 霜 枯 れ わ た れ る 野 原 の ま ま に 、 馬 、 車 の 行 き ち が ふ 音 繁 く 響 三 二 条 院 が 紫 の 上 所 有 と は 初 出 。 源 氏 が 須 磨 退 去 の 折 に 贈 っ た か 。 ず き ゃ う 九 一 三 源 氏 の 当 日 の 御 装 束 き た り 。 御 誦 経 、 我 も 我 も と 御 方 々 い か め し く せ さ せ た ま ふ 。 一 四 紫 の 上 の 方 で 。 二 条 院 西 の 対 。 す き ま 一 五 六 条 院 の 女 君 た ち 。 二 十 三 日 を 御 と し み の 日 に て 、 こ の 院 は 、 か く 隙 間 な く 集 ひ た ま へ る 中 に 、 た い の や 一 六 二 条 院 の 東 西 の 対 屋 で は 。 ま う わ た く し と の 一 三 さ う ぞ く わ が 御 私 の 殿 と 思 す 二 条 院 に て 、 そ の 御 設 け は せ さ せ た ま ふ 。 御 装 束 を は じ 宅 女 房 た ち の 数 々 の 私 室 。 ( 現 代 語 訳 二 七 三 ハ ー ) く や う ほ と け 六 う く る ま 五 さ が の や く し ば と け

完訳 日本の古典 第十九巻 源氏物語 ㈥


し ふ つ つ か に も の も の し き 気 添 ひ て 聞 こ ゅ 。 大 将 も 、 声 い と す ぐ れ た ま へ る 人 0 四 人 の 楽 器 が そ れ ぞ れ か け が え な い 組 合 せ で あ り 、 そ の 演 奏 に も そ の 人 と な り が 見 出 せ る 。 タ 霧 は に て 、 夜 の 静 か に な り ゆ く ま ま に 、 言 ふ 限 り な く な っ か し き 夜 の 御 遊 び な り 。 語 そ れ を 評 定 す る 第 三 者 的 存 在 。 野 と う ろ 物 分 巻 で の 彼 の 役 割 も 想 起 さ れ る 。 月 、 心 も と な き こ ろ な れ ば 、 灯 籠 こ な た か な た に か け て 、 〔 一 〈 〕 源 氏 、 女 性 四 人 を 氏 一 下 旬 で 、 月 の 出 が 遅 い 源 そ れ ぞ れ 花 に た と え る ひ ニ 源 氏 が 、 女 三 の 宮 を 。 以 下 、 灯 よ き ほ ど に と も さ せ た ま へ り 。 宮 の 御 方 を の ぞ き た ま へ 源 氏 は 女 君 た ち を 順 に 観 察 。 れ ば 、 人 よ り け に 小 さ く う つ く し げ に て 、 た だ 御 衣 の み あ る 心 地 す 。 に ほ ひ や 三 小 柄 を 強 調 し た 表 現 。 四 女 ら し い つ や や か な 美 し さ 。 お く か な る 方 は 後 れ て 、 た だ い と あ て や か に を か し く 、 二 月 の 中 の 十 日 ば か り の 青 五 一 一 品 内 親 王 の 高 貴 さ を い う 。 六 後 の 三 者 が 花 で あ る の と 異 な う ぐ ひ す る 。 『 紫 式 部 日 記 』 の 小 少 将 の 君 と 柳 の 、 わ づ か に し だ り は じ め た ら む 心 地 し て 、 鶯 の 羽 風 に も 乱 れ ぬ べ く あ え か も 似 る 。 『 枕 草 子 』 「 三 月 三 日 は 」 み ぐ し ひ だ り み ぎ で の 、 柳 の 芽 ぶ き の 賞 美 と も 類 似 。 に 見 え た ま ふ 。 の 細 長 に 、 御 髪 は 左 右 よ り こ ば れ か か り て 、 柳 の 糸 の さ ま し 士 「 白 雪 ノ 花 繁 ク シ テ 空 シ ク 地 ニ 撲 ッ 緑 糸 ノ 条 ハ 弱 ク シ テ 鶯 ニ 勝 へ ズ 」 ( 白 氏 文 集 巻 六 十 四 ) 。 「 鶯 こ れ こ そ は 、 限 り な き 人 の 御 あ り さ ま な め れ と 見 ゆ る に 、 女 御 の 君 は 、 同 じ の 羽 風 に な び く 青 柳 の 乱 れ て も の を 思 ふ こ ろ か な 」 ( 河 海 抄 ) 。 ↓ 一 四 七 ハ ー 二 行 。 ゃ う な る 御 な ま め き 姿 の い ま す こ し に ほ ひ 加 は り て 、 も て な し け は ひ 、 い に く く 、 〈 九 「 青 柳 」 に 対 照 的 な 色 彩 。 よ し あ る さ ま し た ま ひ て 、 よ く 咲 き こ ば れ た る 藤 の 花 の 、 夏 に か か り て か た は 一 0 身 分 の 高 貴 さ を い う 。 = 女 宮 と 対 照 的 な 美 質 に 注 意 。 し と ふ く ら か な る ほ ど 三 野 分 3 八 四 ハ ー で も 、 藤 の 花 に ら に 並 ぶ 花 な き 朝 ば ら け の 心 地 そ し た ま へ る 。 さ る は 、 、 喩 え ら れ た 。 『 枕 草 子 』 で も 藤 は こ と 「 あ て な る も の 」 「 め で た き も の 」 。 に な り た ま ひ て 、 な や ま し く お ば え た ま ひ け れ ば 、 御 琴 も 押 し や り て 、 脇 息 に ( 現 代 語 訳 三 二 四 ハ ー ) や ぎ ほ そ な が け ふ そ く あ を た と

完訳 日本の古典 第十九巻 源氏物語 ㈥


「 移 し 」 は 移 し 染 め に す る 材 料 。 「 水 鳥 の 」 は 枕 詞 。 『 古 今 前 出 ( ↓ 胡 蝶 団 四 三 四 ハ ー 下 段 ) 。 物 語 で は 、 紫 の 上 の 、 女 三 の 六 帖 』 第 二 帖 「 山 」 に は 初 句 「 白 露 は 」 。 同 第 三 帖 「 水 鳥 」 宮 に 親 交 を 求 め よ う と す る 言 辞 と し て 引 か れ た 。 こ こ で は 、 に は 初 二 句 「 紅 葉 す る 秋 は 来 に け り 」 。 こ の 詞 句 の 異 同 な 出 家 な ど と い う 歌 意 と は 無 関 係 で 、 「 同 じ か ざ し 」 に 、 紫 語 の 上 と 女 三 の 宮 の 従 姉 妹 同 士 と い う 縁 故 関 係 の 意 を こ め て ど か ら も 、 平 安 時 代 の 伝 承 古 歌 で あ っ た と 知 ら れ る 。 物 語 物 氏 の 紫 の 上 が 、 ひ と り 手 習 に 心 慰 め て い た と あ る が 、 こ の よ む し ろ だ っ ぬ き か は 源 う な 古 歌 や 、 あ る い は そ れ を ふ ま え た 自 作 歌 を 書 い て い た 席 田 の 席 田 の 伊 津 貫 河 に や 住 む 鶴 の 住 の で あ ろ う 。 紫 の 上 の 「 身 に ち か く ・ : 」 の 歌 は 、 右 の 古 歌 む 鶴 の 住 む 鶴 の 千 歳 を か ね て そ 遊 び あ へ る 千 歳 を ( 催 馬 楽 「 席 田 」 ) か ね て ぞ 遊 び あ へ る の 「 青 葉 の 山 の 色 づ く 」 景 が 、 男 ( 源 氏 ) の 心 変 り と し て 席 田 の 、 席 田 の 伊 津 貫 河 に よ 、 住 む 鶴 が 、 住 む 鶴 が 、 住 む 鶴 捉 え 直 さ れ る と こ ろ か ら 発 想 さ れ て い る 。 ま た 源 氏 の 返 歌 が 、 千 年 も の 長 寿 繁 栄 を 祈 念 し て 、 舞 い 合 っ て い る 、 千 年 ま も そ れ に 対 し て 、 「 水 鳥 の 青 羽 は 色 も か は ら ぬ を ー と 反 発 で も と 、 舞 い 合 っ て い る 。 す る と こ ろ か ら 詠 ま れ る 。 ・ 間 ・ 1 秋 萩 の 下 葉 色 づ く 今 よ り や ひ と り あ る 人 の 寝 ね 「 席 田 」 は 美 濃 国 の 郡 名 、 現 在 の 岐 阜 県 本 巣 郡 。 「 伊 津 貫 ( 古 今 ・ 秋 上 ・ 一 一 = 0 読 人 し ら ず ) か て に す る 河 」 は 現 在 の 糸 賀 川 。 も と も と 、 美 濃 国 の 民 謡 で あ っ た ろ ね や 秋 萩 の 下 葉 が 色 づ く こ れ か ら が 、 ひ と り 閨 に あ る 者 が 寝 つ き う 。 「 か ね て 」 「 遊 ぶ 」 は 、 繁 栄 を 予 祝 し て 、 歌 舞 を す る 意 。 に く く な る の だ 。 典 型 的 な 予 祝 の 歌 で あ る 。 物 語 の 、 紫 の 上 主 催 の 薬 師 仏 供 秋 夜 の 孤 の 悲 愁 を 詠 ん だ 歌 。 物 語 の 源 氏 の 歌 で は 、 こ の 養 の 宴 で 、 人 々 が 禄 の 白 い 衣 装 を 肩 に か け て 歩 む さ ま を 、 歌 の 「 秋 萩 の 下 葉 色 づ く 」 景 を 女 の 男 へ の 恨 み と 捉 え 、 自 「 千 歳 を か ね て あ そ ぶ 鶴 の 毛 衣 」 に 見 ま が う ほ ど だ と す る 。 六 条 院 の ま す ま す の 繁 栄 を 思 わ せ る 表 現 で あ る 。 分 の 心 は 変 ら ぬ の に 紫 の 上 が 勝 手 に 恨 ん で い る と 反 発 し た 。 ご ろ も ・ 別 ・ 8 お き な さ び 人 な と が め そ か り 衣 今 日 ば か り と ぞ ・ 間 ・ わ が 宿 と 頼 む 吉 野 に 君 し 入 ら ば 同 じ か ざ し を さ し こ そ は せ め ( 後 撰 ・ 恋 四 人 一 0 伊 勢 ) ( 伊 勢 物 語 ・ 百 十 四 段 ) 鶴 も 鳴 く な る と が 私 が 年 寄 ふ う に ふ る ま う の を 咎 め て く だ さ る な 。 狩 の お 供 の こ の 世 が 厭 わ し く な っ た 時 の 住 み か に し よ う と 思 っ て い る 吉 狩 衣 を 着 る の も 今 日 限 り 、 鶴 も 今 日 限 り と 鳴 い て い る よ う だ 。 野 の 山 に 、 あ な た も い っ し ょ に 入 ろ う と い う の な ら ば 、 同 じ せ り か わ か ざ し を 仲 よ く さ し て 暮 す こ と に し よ 、 つ 。 光 孝 天 皇 の 芹 河 行 幸 で 、 年 老 い た 供 人 の 詠 ん だ 歌 。 『 後 撰 か り ぎ ぬ み の の く に